山下美月 関連記事

  • 『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』に出演する山下美月

    乃木坂46・山下美月、連ドラ初主演 『電影少女』新作4月スタート

    エンタメ

     乃木坂46の山下美月が、4月スタートのドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』(テレビ東京/毎週木曜25時)で連続ドラマ初主演を務めることが発表された。山下は「前回の西野さんが出演した『電影少女』はリアルタイムで見ていたのですが、この作品に自分が出演できるって聞いた時は、すごく驚きました」と語っている。@@cutter 本作は「週刊少年ジャンプ」で1989年から1992年まで連載された漫画家・桂正和の代表作『電影少女』を原作に、2018年1月期に元・乃木坂46の西野七瀬主演で実写化された連続ドラマのシリーズ第2弾。悪のビデオガール・神尾マイ(山下)と彼女によって道を踏み外していく少年の姿を描いたダークファンタジーとなっている。  高校生の叶野健人は、ある日、学校の放送室でビデオテープを発見。それを再生してみると、突然画面から神尾マイと名乗る少女が飛び出してきた。そこから、マイと健人の奇妙な共同生活が始まる…。健人の望みを叶えるため、マイは手段を選ばず目的を遂行していく。そんな彼女に、健人は次第にのめり込んで行き…。そして健人の望みの先には、過去現在を股にかけた、恐るべき因縁が待ち受けていた…。  山下は本作について「西野さんの時とは違うビデオガールをお届けできたらいいなと思います」とコメント。さらに前作で西野が演じたアイと自身が演じる役柄の関係について「マイちゃんは、アイちゃんと敵対しているビデオガールなのですが、原作ではなかった部分がオリジナルで描かれているので、原作ファンの方にも新たに楽しんで頂ける作品になればいいなと思っています」と意気込みを語った。  また前作でヒロインを演じた西野は「本作が、こういった形で始まると聞いて驚きました。美月が演じる新しいビデオガールを楽しみにしてます! 応援してます!」と後輩にエールを贈った。  ドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』はテレビ東京にて、4月より毎週木曜25時放送。

  • ドラマ『ザンビ』未解禁キャスト発表 囲み会見にて

    乃木坂46・山下美月、先輩をいじめる立場に「光栄」

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務める、1月23日スタートのドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の追加キャストが発表され、秋元真夏、与田祐希ら19名の出演が明らかになり、都内で記者会見が行われた。@@cutter 昨年の舞台公演に続く『ザンビ』プロジェクト第2弾として制作され、齋藤飛鳥の連続ドラマ初主演作ともなる本作。これまで齋藤に加えて、堀未央奈の出演が発表されていたが、新たに与田祐希、秋元真夏、山下美月、星野みなみ、梅澤美波、久保史緒里、大園桃子、渡辺みり愛、佐藤楓、鈴木絢音、新内眞衣、寺田蘭世、伊藤純奈、吉田綾乃クリスティー、伊藤理々杏、岩本蓮加、向井葉月、阪口珠美、中村麗乃の出演が明らかになった。  フリージア学園で奇妙な現象に巻き込まれていく生徒たちの姿を描く本作だが、秋元は「YouTubeで流れている予告映像だとサスペンス要素が強いけど、友情や仲間との絆を描いたヒューマンドラマになっています」と見どころを語り「アイドルとして新ジャンルに一歩踏み入れた」と自信をのぞかせる。  スクールカースト、いじめなどの描写もかなり激しくなっているようで、与田は「アイドルのキラキラした私たちではなく、闇深い、罪深い一面を見てゾクゾクしていただけるんじゃないかと思います」と明かす。  いじめっ子グループのリーダー・金村優衣を演じるのは山下。「クラスのカーストのトップで医者の娘で学校一のいじめっ子。一番の悪役的ポジションをいただきましてすごく光栄に思っております(笑)」と語ったが、いじめの標的となる佐倉鈴音を演じるのは、乃木坂では先輩である渡辺ということで、やりづらさもあったよう。「タメ口、大丈夫かな?とか思ったし、いじめさせていただいた後は、謝らせていただきました。みり愛さんはすごく優しいので『大丈夫だよ』と言ってくださり、先輩は温かいなぁと思いながら罵倒させていただきました」と語り、周囲からは笑いと共に「敬語がおかしい(笑)!」などといったツッコミが飛んでいた。  ドラマ『ザンビ』は、日本テレビにて1月23日より毎週水曜24時59分放送。

  • (左から)土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』記者会見&1話試写会に登場した三浦貴大、安藤政信

    安藤政信「台本をあまり読まないので」 過去出演作のセリフをアドリブで引用

    エンタメ

     俳優の三浦貴大と安藤政信が10日、ダブル主演を務めるテレビ東京の新ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』の記者会見に出席。安藤は過去の出演作品のセリフをアドリブに引用していることを明かした。@@cutter 医療事故で患者を死なせてしまったことで働き場所を失い、VIP専門の「神酒クリニック」で働くことになった若き医師・九十九(三浦)と神酒院長(安藤)を中心に、さまざまな事件や無理難題に挑む医師、看護師たちの姿を描き出す。  主題歌をASIAN KUNG‐FU GENERATIONが担当し、第1話ゲストの国交大臣役で小林幸子が出演するなど、豪華な顔ぶれが目を引くが、三浦は「アジカンさんは僕も昔から聴いていたので嬉しいです。ゲストの方も毎回豪華で、普段、なかなか芝居でお会いしないような方とお仕事ができるのが刺激になっています。どんな風に映像で映っているのか僕も楽しみです」と語る。  安藤は、一流の外科医という設定だが「医療に関してはちょうど(医師役を)『コード・ブルー』でやってたので」といきなり他局の出演ドラマの名前を出し、さらに、女医役の松本との共演についても、前クールで他局のドラマ『ブラックスキャンダル』で共演したことに触れ「(前作では役柄で)彼女にとんでもない酷いことをしてしまったので…(苦笑)、今回はちゃんと最後まで思いやっていきたい」とマイペースに語り笑いを誘っていた。  松本は安藤とのやりとりを「セッションのよう」と語り「アドリブをたくさん飛ばしてくるし、何をしてくるかわからない」と明かすが、安藤は「台本をあまり読まないので…(笑)」と告白。「いままでの(出演作品の)覚えているセンテンスを組み合わせて言ってたりしてて、『キッズ・リターン』のセリフも言ったりしてる」と1996年公開のデビュー映画のタイトルなどを挙げ、現場について「この中では一番年上ですが、10歳、20歳も離れてる人たちと芝居するのが楽しい」と笑顔を見せていた。  この日の会見には、山下美月(乃木坂46)、栁俊太郎、松本まりか、板垣李光人、原作者で現役内科医でもある知念実希人が出席した。  土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』は、BSテレ東にて1月12日より毎週土曜21時放送。

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • 『神酒クリニックで乾杯を」に出演する乃木坂46・山下美月

    乃木坂46・山下美月、新ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』で初ヒロイン

    エンタメ

     乃木坂46の山下美月が、俳優の三浦貴大と安藤政信がダブル主演を務める2019年1月期放送のドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東/毎週土曜21時)に出演が決定。ヒロインの一ノ瀬真美を演じる山下は「神酒クリニックのメンバーを愛して頂けるように、一ノ瀬真美ちゃんをたくさんの方に愛して頂けるように頑張ります」と語っている。@@cutter 知念実希人の人気シリーズ小説を基にする本作は、医療事故で患者を死なせてしまったことで働き場所を失い、VIP専門の医院「神酒クリニック」で勤務することになる生真面目な若手外科医・九十九勝己(三浦)と、同院の院長・神酒章一郎(安藤)らが織りなすドラマを描くメディカルエンタメミステリー。現役医師作家である知念の初の映像化作品となる。  今回、山下が演じる一ノ瀬真美は、超VIPな患者に高度な医療を提供する神酒クリニックの看護師。凄腕で個性的な神酒クリニックのメンバーから愛される、おっとり清純派でマイペースなキャラクターだ。  今作で、初のヒロイン役を演じることになった山下は「凄いびっくりしたし、嬉しかったです!」と語ると「本作のキャストの皆さんは色んな作品で活躍されている俳優陣の方々ばかりなので、そんな皆さんとご一緒させて頂けるというのは、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と意気込みを吐露。  自身が演じる真美という役柄については「普段おっとりしていて、ちょっと抜けているところがあるドジな女の子だけど急に突然エンジンがかかっちゃう一面を持っているところに凄く惹かれました」とコメント。  普段はグループで活動している彼女は「一人でお仕事をさせて頂くというのは不安でいっぱいです」と語りつつも「でも西野(七瀬)さんや高山(一実)さんとか、ほかのメンバーからも“楽しみにしてる”“頑張ってね”“おめでとう”などの言葉を頂きましたので、精一杯頑張ります!」と決意を新たにした。  土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』は、BSテレ東にて2019年1月より毎週土曜21時放送。

  • 「anan 2120」(9月26日発売号)に登場した乃木坂46

    乃木坂46、「anan」最新号をまるごとジャック 総勢39人を一挙撮り下ろし

    エンタメ

     乃木坂46が、9月26日に発売となる女性誌「anan」(マガジンハウス)の2120号をジャックする。「女子の流行モノ!」を大特集する本号では、白石麻衣や西野七瀬らが表紙を飾るほか、総勢39人のメンバーも撮り下ろしで登場している。@@cutter 新曲『ジコチューで行こう!』が大ヒット中で、シングルが5作連続でミリオン突破を果たした乃木坂46。本号では彼女たちが、今女子に人気のトレンドをレポートする。表紙には、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、生田絵梨花、堀未央奈、与田祐希、山下美月の7名が登場。グラビアでは「One Day Trip」をテーマに、貴重な温泉浴衣ショットを披露している。  また、グルメやファッション、カルチャーなどさまざまなジャンルで、メンバーが案内役となり、話題のショップやトレンド、人気のアイテムを紹介する。【FASHION】では白石麻衣がオータムカラーを、桜井玲香、若月佑美、高山一実は秋冬こものを担当するほか、【CULTURE】では西野七瀬がゲームを紹介。【FOOD】では堀未央奈がスパイス最前線に、松村沙友理がはふはふ飲茶、梅澤美波と岩本蓮加がとろ~りチーズに、秋元真夏ががっつり塊肉に、斉藤優里と北野日奈子がわいわい焼肉に、衛藤美彩と吉田綾乃クリスティーがスタンド酒に迫る。  特集だけでなく、連載であるファッションやインタビューのページにもメンバーが登場しており、39名にも及ぶメンバーたちが、一冊を通してさまざまな形で登場するという奇跡のコラボレーションを実現。特別付録として、浴衣姿の両面特大ポスターもついており、大好評のチェキプレゼントは登場メンバー勢揃いで実施される。一冊まるごと乃木坂46づくし、合計100ページにわたる豪華な特集は必見だ。  乃木坂46がジャックする「anan」2120号は、マガジンハウスより9月26日発売。価格は650円(税込)。

  • 『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』完成披露上映~ホーク生誕祭~にて

    梶裕貴、『七つの大罪』豚のホーク生誕祭で豚しゃぶ愛を熱弁!

    映 画

     『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』完成披露上映会が6日、都内にて開催され、声優を務める梶裕貴、久野美咲、応援隊長のよゐこの有野晋哉&濱口優らが出席した。@@cutter この日は、8月6日(ハムの日)ということで、豚のホークの誕生日となっており「ホーク生誕祭」と銘打って上映会が行われたが、「暴食の罪」にちなんで好きな食べ物を問われると、梶は「豚しゃぶです」とキリリと真顔で即答。「実際、TVのアフレコ収録後にみんなで豚しゃぶをよく食べに行きます。それも愛のひとつです。せっかくの誕生日なので、今日も豚しゃぶを食べたいと思います」とさわやかに言い切った。  気になるホーク役の久野の感想だが「最初にこの役をいただいた頃は豚が食べられなくなって…」と苦悩を口にしたかと思いきや「いまでは楽しく豚シャブみんなで行ってます。豚汁が好きです!」とニッコリ。さらに、梶に乗せられてキュートなホークの声で「俺は、豚汁が好きだな!」と絶叫し、会場は爆笑に包まれた。  また、新婚の濱口は妻の南明奈の一番好きな手料理を尋ねられ「オムライスを最近作ってくれたんです。味はおいしいけど、最後に卵かけるのに失敗して、ボロボロの網タイツみたいになってて…。味はおいしいけど『最後に失敗した!』って泣きだしたんです」とたっぷりとのろけて会場の笑いを誘っていた。  この日のイベントには、主題歌を担当した乃木坂46の梅澤美波、山下美月、与田祐希も登壇した。乃木坂メンバーの中での一番の大食漢は? との問いに、山下は「みんな食べるんですけど、その中でも松村沙友里さんは、ずっと楽屋で食べてます」と暴露。特に白米が好きで「昨日も大阪でライヴだったんですけど、37度とかある中で、曲中に炊飯器を持ち出して歌いながら食べ始めて…。プロのアイドルだなって思いました」と先輩の所業を明かし、周囲から「アイドルはそういうことしないでしょ!」とツッコミが飛んでいた。  『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』は、8月18日より全国公開。

  • 映画『日日是好日』ポスタービジュアル

    黒木華×樹木希林の茶道師弟映画『日日是好日』予告&追加キャスト解禁

    エンタメ

     黒木華が主演を務める映画『日日是好日』より、本予告と本ポスター、そして映画初出演となる乃木坂46・山下美月ら追加キャストが発表された。予告映像では、黒木演じる主人公が、次第にお茶の魅力を見出していく様子、そして彼女を取り巻くキャラクターたちの姿が魅力的に描き出されている。@@cutter 森下典子の人気エッセイ『日日是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫)を基にする本作。劇中では、自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた主人公の典子(黒木)が、いとこの美智子(多部未華子)に誘われたことを機に、“武田のおばさん”(樹木希林)の茶道教室に通うことで、人間的に成長するドラマを描く。  「世の中には『すぐわかるもの』と『すぐわからないもの』の二種類がある。すぐにわからないものは、長い時間をかけて、少しずつわかってくる」。その言葉とともに、本予告には蹲(つくばい)、掛け軸、柄杓(ひしゃく)などの茶道具の数々、そして“武田のおばさん”の指導のもと、茶道に奮闘する典子や美智子の姿が映し出される。また、本当にしたいことがなんなのかわからないまま悩む典子が、就職の挫折や失恋、大切な人との別れを経て、次第に「お茶」の魅力に気づいていく様子も確認できる。  本ポスターは、典子と美智子が、武田先生と並んでお茶室の縁側に座る様子を写したもの。その緊張感ある表情や凛とした佇まいが印象的だ。また、師匠の武田先生と、柄杓を不安げに手にしている典子の稽古の風景も切り取られている。  併せて、追加キャストも解禁。典子をあたたかく見守る父に扮するのは鶴見辰吾。武田先生の親戚で、典子の憧れでもある雪野は鶴田真由が演じる。茶道教室の後輩で、本予告で「足がしびれて動かないです」と困り果てて足をくずす15歳の高校1年生・ひとみ役は、本作が映画初出演となる乃木坂46の山下。ひとみは実は茶道の素質があり、やがて披露される美しいお手前も本作の見どころとなっている。  映画『日日是好日』は10月13日より全国公開。

  • 「セブンマイルプログラム」記者イベントに出席した与田祐希

    乃木坂46の与田祐希、欲しいものは超能力「時間を止められたら」

    エンタメ

     乃木坂46の与田祐希が28日、都内で行われた「セブン&アイ・ホールディングス・セブンマイルプログラム記者イベント」に出席。欲しいものを問われ、「最近時間に追われていることが多いから、パッ! と時間を止められたらいいな」と話した。@@cutter 「セブンマイルプログラム」は、セブン&アイグループの統一ID「7iD(セブンアイディ)」を活用したプログラム。グループ各企業での購買金額に応じて、さまざまな特典を入手できる。サービス開始を記念して、6月28日~7月1日の4日間限定で、東京ミッドタウン(ガレリアB1F アトリウム)にて乃木坂46とコラボレーションした3Dサイネージダンスライブを展開する。  同グループの3期生選抜メンバーである与田、大園桃子、山下美月、中村麗乃、伊藤理々杏、岩本蓮加、阪口珠美の七人はこの日、マイルポイントにちなんでCA姿で登場。セブンマイルプログラムのオリジナル曲「mile mile please」に合わせて、3Dサイネージに映るもう一人の自分と一緒にスペシャルダンスライブを披露した。   与田はガラスボックスに入って行う“ハコダンス”映像(6月28日14時よりウェブ公開)の撮影を振り返って「CA風の衣装で、全員ノリノリで楽しく撮影しました」とニッコリ。ボックス内での楽屋風オフショットについて「ひたすら5分間ずっとセブンイレブンの商品を食べ続けました。おにぎりとかケーキとか、普段食べないような組み合わせでもずっとモグモグしていました。幸せな気持ちでモグモグしていました」と笑った。  さらに、今欲しいものを問われると与田は「最近時間に追われていることが多いから、パッ! と時間を止められたらいいな。ダンスの振り入れをしたいです」と超能力をおねだり。一方、大園は「幸せがほしいです。今が幸せではないと言っているわけではないですけど、幸せになるためにがんばっていけたらいいなと思っています」とホッコリ温まる回答でメンバーを笑顔にした。  「乃木坂46 3Dサイネージ DANCE LIVE」は、6月28日から7月1日まで東京ミッドタウン(ガレリアB1F アトリウム)にて展開中。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access