ガンバレルーヤ 関連記事

  • 映画『Bの戦場』プレミア上映会の様子

    速水もこみち、ガンバレルーヤよしこに“アゴクイ”挑戦も「顔の脂で滑った」

    映画

     お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこが映画初主演を果たした『Bの戦場』のプレミア試写会が7日、都内で開催され、相方のまひる、速水もこみち、大野拓朗、有村藍里、おのののか、並木道子監督が舞台挨拶に登壇した。@@cutter 本作は、自他ともに認める“ブス”のウェディングプランナーの、本人にとっても予想外の恋模様を『最高の離婚』などの人気ドラマの演出で知られる並木監督がコミカルに描き出す。  「小雪です」と得意のネタから入ったよしこは、相手役のもこみちとの久々の再会に「元カレに会ったような気まずさがある」と謎めいた発言。もこみちもノリノリで周囲に「そこはあんまり突っ込んでいただくのはちょっと…」と恋人匂わせ風のコメントで笑いを誘う。  “ブス”や“ブス専”といった刺激の強い言葉が多く使用される本作だが、もこみちは「聞こえは悪いかもしれないけど、現場ではピュアなラブストーリーを演じてました」と語る。劇中、壁ドンやアゴクイといった王道の胸キュンポイントがあるが「慣れていなくて…」と苦笑い。「アゴクイも、クイッとやってみたら、(よしこの)素敵な顔の脂で滑ってしまって…(笑)」と明かし、会場は笑いに包まれた。  三角関係の一角を担う大野は、撮影後に何度かよしこを食事に誘ったそうだが、よしこは「全部お断りしています。軽い女と思われちゃいけないなと思って」とピシャリ。大野は「『女優に手を出すな』とか言い出すんですよ…」と苦笑を浮かべる。  また、映画にちなんだ理想の結婚式に関するトークでは、有村は「あんまり呼べる人間がいないので、好きな方と2人でハワイとか行って、静かなところで慎ましくできれば…」とバラエティなどでおなじみの自虐モードで会場をわかせる。よしこは現場での有村について「『お休みの日は何してるんですか?』って聞いたら『渋谷に行って、ゴミ箱をあさるネズミを見てます』って言ってて、怖かった!」と有村の闇の深さを暴露し、会場は再び笑いに包まれていた。  映画『Bの戦場』は3月15日より公開。

  • 『Bの戦場』場面写真

    ガンバレルーヤよしこ、速水もこみちからバックハグ!『Bの戦場』予告編解禁

    映画

     お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこが映画初主演を務める『Bの戦場』のが3月15日より全国公開することが決定し、あわせて予告映像が解禁となった。本作は、2016年にノベル大賞を受賞したゆきた志旗著の同名作(集英社オレンジ文庫刊)を原作とする、絶世のブスとエキセントリックなB専男の恋の駆け引きを描くラブコメディ。解禁となった映像には、共演の速水もこみちがよしこをバックハグする姿などが収められている。@@cutter 主人公の香澄(よしこ)は、誰もが認める「絶世のブス」であるため、自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働いていたが、ある日、イケメン上司・久世(速水)から突然のプロポーズ!しかし久世は、自称“意識の高いB専”で、香澄のことを「ドブス」と好意を持って言い放つ。断じて事態を受け入れられない香澄は、久世を無視し仕事に没頭するが、トラブル勃発。おまけに一緒に結婚式を彩るフラワーコーディネーター・武内にも好意をよせられ、まさかの三角関係に…。 @@insert1  公開された予告では、香澄と久世の衝撃的な出会いから始まり、女子社員から熱視線をそそがれる久世が香澄に想いを寄せていく過程が描かれている。香澄のことを「カリスマブス」「絶滅危ブス」と評する久世や、よしこの絶妙な変顔など、コメディ映画としての見所も満載だ。  監督は『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『最高の離婚』など、大ヒット恋愛ドラマの演出を手掛けた並木道子が務め、並木はこれが映画監督デビューとなる。  共演には、よしこ、速水のほか、フラワーコーディネーター・武内役で大野拓朗が参加。さらに、高橋ユウ、有村藍里、おのののか、山田真歩、安藤玉恵など、様々なジャンルで活躍する俳優陣が集結している。  映画『Bの戦場』は3月15日より全国公開。

  • 吉本坂46メンバーお披露目会開催&囲み取材にて

    トレエン斎藤司、吉本坂46暫定センター抜擢!目標は「嵐になりたい」

    エンタメ

     20日都内で、秋元康プロデュースのアイドルユニット「吉本坂46」のメンバーお披露目会が行われた。スパイクの小川暖奈と共に、暫定センターに選ばれたトレンディエンジェルの斎藤司は、アイドルとして「嵐になりたい」と理想像を掲げた。@@cutter 吉本坂46は、乃木坂46や欅坂46に続く坂道シリーズのアイドルユニット。性別・年齢・芸歴・活動ジャンルを問わず、よしもと所属のタレントで構成される。3月22日から始まったオーディションには1747名の応募があり、これまでに書類選考や自己PR動画の発表、水着審査、ダンス審査、そして秋元康氏の最終審査などが実施された。  20日のお披露目会では、第5次オーディションをくぐり抜けた80名のうち、山本圭壱(極楽とんぼ)やおばたのお兄さん、河本準一(次長課長)、遠藤章造(ココリコ)など計46名に合格が言い渡され、暫定センターに斎藤と小川が選ばれた。  驚きを隠せぬ山本は「加藤(浩次)に『仕事を選んでいる場合じゃない』と言われて吉本坂46を受けた。受かった以上は、(加藤がMCを務める)『スッキリ』でちょっと扱ってもらえるのでは」と期待をあらわに。しかしMCの千原ジュニアに「山本さんが入ったことで紅白出場は難しいかもしれない」とツッコまれていた。  遠藤は「バツイチで、子ども三人いますけど頑張っていきたい。奥さんをはじめ、喜びを千秋さんにも伝えたい」とコメントして会場の笑いを誘った。また河本は「嫁が、OPD(大阪パフォーマンスドール)という吉本が作ったアイドルのユニットだった。今度は、親父がアイドルになる。不思議な感覚」と率直な心境を語った。  暫定センターの斎藤は「盆と正月が一気に来た気分」と喜びを吐露。アイドルとして「嵐になりたい」と理想像を掲げ、「あっちゃんがメル友なので、センターの極意を聞きたい」とニヤリ。CDの売上目標枚数を問われて「ミリオンを目指したい」と意気込んだ。

  • 『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』「果てからの念波」に出演する映画『カメラを止めるな!』の濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚

    今夜放送『ほん怖』に話題の映画『カメラを止めるな!』監督役家族が出演

    エンタメ

     今夜放送の『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』(フジテレビ系/8月18日21時)に、今話題の映画『カメラを止めるな!』で、主人公の監督とその家族を演じた濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚が、そのまま3人家族として出演する。@@cutter “ほん怖”は1999年から始まったオムニバス形式の実録心霊ドラマ。恐怖の再現ドラマを観たナビゲーターの稲垣吾郎と“ほん怖クラブ”の子どもたちが、怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが名物となっている。  『カメラを止めるな!』は、新人監督と無名の俳優たちがわずか300万円で撮った映画。6月に都内2館で上映されてから口コミで評判が広がり、全国150館以上での上映拡大が決まった。濱津、しゅはま、真魚は、映画の中で、ゾンビ映画を撮影中に本物のゾンビが出現してもカメラを回し続ける主人公の監督、その妻、娘役を演じている。  3人は今回の“ほん怖”に、映画と同じ父・母・娘という家族設定で、映画とのコラボ出演を果たす。3人が出演する「果てからの念波」は、北村一輝演じる会計士がリサイクルショップで購入した年代物の短波ラジオから、人のうめき声が聞こえてきて…というストーリーで、吉田羊が北村の妻を演じる。  「6月末に映画の上映が始まってから、舞台挨拶でほぼ毎日会っているので、“ずっと家族だね”、という感じ」「久しぶり! みたいなのは全然ないんです」としゅはまと濱津が語るように、本当の家族のように距離が縮まっているという3人の、“家族”演技に注目したい。  ほかに、菜々緒が看護師を演じる「毟り取られた居場所」、ガンバレルーヤよしこがドラマ初出演にして初主演を果たす「ナニワ心霊道」、平祐奈が女子高校生を演じる「迷い道に憑く女」、葵わかながレストランのアルバイト店員に扮する「姿見」、神木隆之介が14年ぶりに“ほん怖”に出演する「見えない澱」などもラインナップされている。  『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』は、フジテレビ系にて今夜8月18日21時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access