グザヴィエ・ルグラン 関連記事

  • (左から)トーマス・ジオリア、グザヴィエ・ルグラン監督 『ジュリアン』インタビュー

    長編初監督&初演技コンビが挑んだ家庭内暴力映画が評価「なり切り、伝え切った」

    映画

     11歳の少年が、愛する母を狂気的な父から守ろうと奔走するさまをスリリングに描き、第74回ヴェネチア国際映画祭で監督賞を獲得した映画『ジュリアン』。本作が長編監督デビューとなったグザヴィエ・ルグラン監督と、演技未経験ながら主人公を熱演したトーマス・ジオリアがインタビューに応じ、フランスにおける家庭内暴力の現状や、俳優業への思いなどについて語ってくれた。@@cutter 主人公のジュリアン(トーマス)が、離婚した父のアントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)から、母のミリアム(レア・ドリュッケール)を守ろうとする姿を、緊張感あふれる演出とともに描く本作。家庭内暴力に焦点を当てた意図を問うと、ルグラン監督は「男女間における暴力というのは、古くから変わらない問題としてずっと存在してきました。家族の問題、特に家庭内における暴力や虐待などを扱うことは、テーマ自体として普遍的であり、取り組む意味があるのではないかと思ったのです」と語る。  現在のフランス本国における家庭内暴力の有様を、ルグラン監督は「3日に1日の割合で、DVの被害に遭った女性が亡くなっているという現実があります。虐待も多く目にしますね。これは全ての階層において起こることで、医者や弁護士などの社会的地位が高い人々の配偶者においても同じような状況があるのです」と指摘する。その要因には「ナポレオン法典」における家父長制を挙げ「『不服従な妻に対しては暴力をふるっても良い』といった父権優位が続いてきたことが、現状を生んだ大きな原因なのではないかと思います」と考えを述べる。 @@insert1  ルグラン監督は「この映画に出てくるアントワーヌは、怪物ではなく人間なのだということも表現したかったのです。アントワーヌが暴力的なのは、遺伝ではなくさまざまな外的要因によって苦しんでいるからです」とも発言。そして「そういったこと(=家庭内暴力)を繰り返す人に対して、フランスのみならず、社会が何か手立てを与えなければいけないと思っています」と持論を展開。  一方、演技初挑戦にして狂気的な父親に怯える少年を熱演したトーマスは「いろいろな感情を、このジュリアンという役を通じて経験しました。ジュリアンになり切るため、彼が経験した悲しみや笑いを感じ、涙を流したのです。一言では言い表せませんが、ジュリアンという役そのものになり切り、感じて、経験しました」と撮影を述懐する。@@separator そんなトーマスについて、ルグラン監督は「こういった極限状態を実際に演じ切ることができる俳優がいるのだろうかと思っていましたが、トーマスはその壁を乗り越えて、私が思った以上のことを表現しました。そして、感情面でも私が思った通りのことを伝え切ることに成功していると思います」と頬を緩める。 @@insert2  本作の演技が評価され、第2回マカオ国際映画祭の最優秀新人俳優賞などを受賞したトーマスは、今後も俳優業を続けていくつもりだという。俳優としても活動しているルグラン監督は「芝居において大切なのは、誠意を持って演じることです。その人物を演じるうえでは、心から演じ切り、それによって観客から信頼を得ることが大事だと思います」と提言。また「今後いろいろな役のオファーが来たときに、その役を選ぶ必然性があり、本当に演じたいから演じるということに注意すると良いのかなと思います」とアドバイスを送る。  これを聞いたトーマスは「監督のおっしゃる通りで、何も反論する余地がありません(笑)。情熱をもって、本当に好きなこと、自分の心に正直に向き合って出演作を選んでいきたいですね」と白い歯を見せていた。(取材・文・写真:岸豊) @@insert3  映画『ジュリアン』は1月25日より全国順次公開。

  • 『ジュリアン』場面写真

    少年は嘘をつく、母を守るために…衝撃サスペンス『ジュリアン』予告到着

    映画

     2017年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞したサスペンス映画『ジュリアン』から、予告編と場面写真が到着した。映像には、父親から母親を守ろうと嘘をつき続け、追い詰められていく幼い主人公の姿が収められている。@@cutter 本作は『シェイプ・オブ・ウォーター』が金獅子賞を受賞した第74回ヴェネチア国際映画祭にて、最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を獲得。本作が長編監督デビューとなるグザヴィエ・ルグラン監督がメガホンを取り、家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る者を襲うサスペンスを作り上げた。  主人公は、離婚した父親アントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)と母親ミリアム(レア・ドリュッケール)の間で揺れ動く息子ジュリアン(トーマス・ジオリア)。まだ11歳のジュリアンは、アントワーヌからミリアムを守るため、必死に嘘をつき続けていく。  解禁された予告編は、幼いジュリアンの親権について取り決める、アントワーヌとミリアムの緊迫した様子から始まる。ミリアム、そして姉と共に暮らすことになったジュリアンは、隔週末だけアントワーヌと過ごさなければならないことになるが、アントワーヌをミリアムに近づけたくないジュリアンは、嘘をつき続ける。その結果、アントワーヌは苛立ちを募らせ、徐々に狂気を帯びていき…。  執念深く追ってくるアントワーヌの行動は、どこまでエスカレートしていくのか。時計の針が刻む音が圧迫感や緊張感を漂わせ、映像のラストは「家族は衝撃の結末を迎える」という意味深な一文で締めくくられる。  作風は異なるものの、親権を題材にした名作『クレイマー、クレイマー』(1979)を念頭に置き本作のメガホンを取ったというルグラン監督。母親ミリアム役の髪型や服装については「メリル・ストリープにオマージュを捧げた」と明かしている。公開された場面写真では、ミリアムの姿をはじめ、執念深い父親アントワーヌの姿も確認できる。  映画『ジュリアン』は、2019年1月25日より全国順次公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access