丸山桂里奈 関連記事

  • (左から)小峠英二、小宮浩信、丸山桂里奈、西村瑞樹

    2018年最もドッキリにかけられた芸能人 松本人志も納得の1位は…

    エンタメ

     20日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系/毎週水曜22時)が、毎年恒例となっている「2018年最もドッキリにかけられたタレント」を調査、番組内でランキングを発表した。@@cutter 8位には、3人の芸能人がいずれも7回でランクイン(同率8位)。その顔ぶれは、バイきんぐ・小峠英二、元なでしこジャパン丸山桂里奈、コロコロチキチキペッパーズ・ナダルだった。  ちなみに小峠は、2014年からの同番組でのランキング調査以来、5年連続トップ10入り。この快挙にダウンタウン浜田雅功も「すごい!」と感心。ランキングのプレゼンターを務めた小峠も照れ笑いを浮かべていた。  続く7位は、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(同系/毎週木曜20時)などでも活躍しているジャングルポケット・おたけで8回。人を信じて疑わない性格に、VTRを見ていた松本人志も「(ドッキリの)かけがい、あるわなぁ」と、しみじみ。また6位は、おかずクラブ・オカリナの9回だった。  第5位には10回で小峠の相方、バイきんぐ・西村瑞樹。通常、コンビだと一方がドッキリにかけられるケースが多い中、どちらもターゲットになることから、松本も「珍しいコンビだよね」と指摘。小峠は「情けないですよ本当に…」と、つぶやいていた。  続いて同率3位には、女性コンビ・ガンバレルーヤのよしこ、そしてFUJIWARA藤本敏史がいずれも11回でランクイン。第2位は、14回でパンサー尾形貴弘。ドッキリでのテンパリぶりがウケているのか起用される機会も急増。番組では「ドッキリでセカンドブレイク中」と紹介されていた。  そして栄えある第1位に輝いたのは、2017年の同ランキング2位だった三四郎・小宮浩信で15回だった。これには松本ら共演者も大いにうなずき納得。ちなみにこの日、スタジオには出川哲朗もゲストとして来ていたが、最近のドッキリの頻度について聞かれると、「あっても年2回ぐらい、季節の変わり目に」と話していた。

  • 元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈

    丸山桂里奈、うっかり月収を明かし騒然 浜田も困惑「値段言っちゃった」

    エンタメ

     元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈が14日、『ダウンタウンDX』(読売テレビ系/毎週木曜22時)に出演。現在の収入について聞かれ、うっかり金額を漏らしてしまう一幕があった。@@cutter W杯優勝メンバーで国民栄誉賞を授与されながら、突如として“ぶっちゃけタレント”へ転身した丸山。なぜはっきりと物を言ってしまうかという問いかけに「聞かれたことに誠実に返すっていうのが人間としての役目」であると持論を展開。丸山が「分かります?」と興奮気味に問いかけるとMCのダウンタウン松本人志は「ぶっちゃけ言うとわからない」と困惑した表情で返し、スタジオは爆笑の渦に包まれた。  同じくMCの浜田雅功が「選手時代と今だったら今の方がお給料的にはいいんですか?」と投げかけられると、丸山はすかさず「おぞましいぐらい」と独特の表現で返答。現役のプロじゃなかった時は給料は0、代表に選ばれてもプロは1万円、アマチュアは8000円であると選手時代の厳しい台所事情を披露した。  そこで、同じゲストのTKO木下隆行が現在の給料は選手時代の何倍か、と質問したときだ。丸山は何のためらいもなく「月で言うと290~300万円ぐらいなので」とぶっちゃけ、スタジオは騒然。  画面上では「※ある月の給料」とテロップが表示されていたが、浜田が「値段言っちゃったよ!?」とツッコめば、聞いた本人の木下も「オブラート包んで聞いてるのに数字言うた!」と驚くばかり。「何倍だろうって考えてたら数字が出てきちゃった」と笑う丸山。その表情からは「聞かれたことに誠実に返す」彼女の魅力が溢れ出ていた。

  • (左から)丸山桂里奈&ジジ・ハディッド&AYA、「Reebok × ジジ・ハディッド トークイベント」に登場

    丸山桂里奈、スーパーモデルのジジ・ハディッドと初対面で「ワーオ!」

    エンタメ

     グローバルフィットネスブランド「Reebok(リーボック)」のグローバルアンバサダーを務めるスーパーモデルのジジ・ハディッドが来日し、元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈とクロスフィットトレーナーのAYAと共に、14日に都内で行われたReebokのトークイベントに参加した。@@cutter ジジと初対面した丸山は、手で仰いで匂いを嗅ぎつつ「かわいいし、今まで会った人の中で一番スタイルがいい。頭の先から爪先までワーオ!みたいな感じ」と美貌にほれぼれ。そのジジは「日本のファン、日本の食事、日本の滞在含めて日本が大好き。アリガト!」とあいさつ。美の秘訣について問われると「私はハッピーになれることが大好き。それは乗馬であり、バレーボールであり、ボクシングもやっている。それらが私をハッピーにする」と明かした。  一方、元アスリートの丸山は「選手時代はいきなりここぞとばかりにドーピング検査があるので、普段から薬という薬を飲むことができず、風邪をひいても人間の治癒力や食事で治さなければならなかった。体調を崩せない、ということが大変」と現役時代の苦労を回想。  しかしその反動で、現在は「現役のときに薬を飲めなかった分、毎日クスリ漬けになっている。風邪かもしれないと思ったらすぐ薬を飲んだりして、毎日お世話になっている」と危うい表現で語り、笑わせた。  また、同ブランドのスポーツブラを着用して登場した丸山は「このスゴブラはつけている感じがしなくて、しかも動いたときは胸にフィットする感じもあって、胸も喜んでいるスゴブラだと思った。それくらい胸との相性がよくて、胸のサイズにも平等。男性にも着けてほしいくらいのスゴブラ」と着心地を絶賛していた。

  • バカリズム

    丸山桂里奈のセンスほとばしるお土産にファン大ウケ バカリズムが披露

    エンタメ

     お笑い芸人のバカリズムが12日、自身のインスタグラムで、元なでしこJAPANで現在タレントととして活動中の丸山桂里奈から受け取ったメキシコ土産のマスクを着用した姿を披露。ファンは「丸山さん流石のセンスですwww」「声出して笑っちゃった笑」などの反応を見せている。@@cutter バカリズムは「丸山桂里奈さんにメキシコのお土産をいただきました」という言葉とともに、赤とエメラルドグリーンのカラーリングが施されたマスクを着用した姿を収めた写真を投稿している。  写真を見たファンは「誰だか分からないです!笑」「バカリさんお似合いです」「お土産のセンスがスゴい」「マスクドバカリズム」「まぁサイズぴったり」「印象が変わりますね!」「丸山さん流石のセンスですwww」「声出して笑っちゃった笑」「メキシコ感あるおみやげですね(笑)」「かわいいいいい」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/bakarhythm/

  • 「Booking.com Traveler of the Year 表彰式」に登壇した丸山桂里奈、デヴィ夫人

    デヴィ夫人、『イッテQ!』への不満を明かす「もう頭に来ます」

    エンタメ

     タレントのデヴィ夫人と、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈が、18日に都内で開催された「Booking.com Traveler of the Year 表彰式」に出席した。デヴィ夫人は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系/毎週日曜19時58分)への不満をいつもの調子でぶちまけた。@@cutter 「Booking.com Traveler of the Year」は、トラベル業界を盛り上げた人を称える賞。デヴィ夫人と丸山は、海外旅行で撮影した写真を発表するなどイベントを盛り上げた。  最近訪れた海外でのエピソードを聞かれた丸山は、「ワールドカップの前にコロンビアに視察に行って」と回答。仕事の一環で街中をドリブルしたそうで「ドリブルすると、(人々が)周りから全員ボールを取りに来るんですよ(笑)。それくらい、サッカーの文化が根付いているんだなって感じました」と笑顔で振り返った。  デヴィ夫人はイベント初共演の丸山について「なでしこ(ジャパン)で活躍している彼女しか知らなくて、隣に座っていろいろな発言を聞いて、ちょっとびっくりしました。面白いことをおっしゃる」とニッコリ。そんなデヴィ夫人について、丸山は「人間の中ではいないと思っています。ここまでオーラがある方っていうのは」と珍発言で返して会場を沸かせていた。  バラエティー『世界の果てまでイッテQ!』での最もつらい海外ロケに話が及ぶと、デヴィ夫人は長時間の車移動を挙げ「でこぼこ道が多くて、それに閉口しますね」とコメント。また「監督さんによっては、いろいろなところを撮るんですよ。実際使われないのに。それが非常に不満ですね。10いくつシーンを撮って、使われるのが4つくらいって、もう頭に来ます」と愚痴をこぼしていた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access