粗品 関連記事

  • 名前を変えて、生き残れ!改名バーガーズ PR発表会に登場した宇垣美里

    宇垣美里「したくないことはしない」 自身の“生き残り術”を明かす

    エンタメ

     フリーアナウンサーの宇垣美里とお笑いコンビの霜降り明星(せいや、粗品)が7日、都内で開催された日本マクドナルド「名前を変えて、生き残れ!改名バーガーズ」に出席。芸能界における生き残り術を聞かれた宇垣は「自分のしたくないことはしない」と語り、せいやは粗品の過去を「めちゃくちゃ気色悪い」とイジった。@@cutter 今回のキャンペーンでは「かるびマック」が「乗カルビ」に、「たまごダブルマック」が「ニコタマ」に、「アイコンチキンソルト&レモン」が「レモモモン」に改名。当日は、それぞれが、AIから改名の提案を受ける一幕もあった。イベント後、囲み取材に応じた粗品は、コンビ名がどのように生まれたのか聞かれると、自分が明星、せいやが霜降りという案を出して組み合わせたものだと説明した。  そんな粗品について、せいやは「17歳くらいから出会ってるんですよ。まだプロなる前。その当時から自分のこと粗品って名乗って。めちゃくちゃ気色悪いでしょう?」と愛のあるイジりを見せる。これを受けた宇垣が、当時から周囲に粗品と呼ばれていたのか聞くと、粗品は「僕が粗品って名乗ってるのは、みんな知らなかったです。さっちゃんって呼ばれてました。(名字が)佐々木なので」と明かして宇垣を笑わせた。  その後、フリーアナウンサーとしての生き残り術を聞かれた宇垣は「自分のしたくないことはしない」と答え「自分にうそをついて生きていると、あとで自分で苦しくなっちゃうので。素直に生きた方が、かえってのびのびと、長く生きていけるのかなって。それに挑戦中です」とも。違うと思ったことは積極的に言うそうで「『それは違いますね』と言った方が、相手も『そっか違うんだ。じゃあこうしよう』と思ってくださった方が、生き残りやすい環境が自然と作られていくというか。何でも受け入れるよりは『私はこっちがいいと思う』っていうのは、折に触れて言っていきたい」と話していた。  同じく、お笑い芸人としての生き残り術を問われた粗品は「毎度ね、一生懸命にはやっていますよ。全部の仕事を」と発言。一方のせいやは「ものまね芸人さんって、ずっとテレビに出てるんですよ。僕も正直、ものまねをやったりしているので、それは生き残る術かな」と言い、昴生(ミキ)の「ボルテージ上がりすぎたときのツッコミ」のものまねを披露し、会場を沸かせていた。

  • 霜降り明星・粗品、千鳥ノブ

    千鳥ノブとの飲み会に霜降り・粗品が苦情 漫才の相談したかったのに…

    エンタメ

     お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が16日、『超特大さんま御殿!坂上忍&ヒロミも大モメ!?豪華芸能人が春満開SP』(日本テレビ系)に出演。所属事務所の先輩、千鳥・ノブの飲み会での行動にクレームを入れた。@@cutter 番組では「若者に我慢している事」としてトークを展開。ゲストの千鳥・大悟は、飲みの席での後輩の振る舞いを振り返り「真面目な話になったと思ったらちょっと箸を置いて聞きますよっていう動作とか、飲んでるときでも今は飲みながらじゃなくて一回置いて聞こうとかそういうのをしてほしい」と先輩の話を聞くときの姿勢について主張した。  大悟の話を受けて粗品は「良い話だったら良いんですけど」と切り出し、大悟の相方ノブとの飲み会での出来事を明かした。ノブと飲むのは初めてだったこともあり「お笑いのこととか、漫才の悩みとかを相談したかった」としたが「ノブさん朝までずっと推しのアイドルの話を…。『◯◯っていうグループは全曲良いのよ』って4時間ぐらい」とクレームを入れた粗品。「あまりにも同じ話が続くから、いつまでアイドルの話してるんですかってツッコんだら、残った酒を全部飲んで『本当に良いのよ』って…」とリアクションに困ったノブの行動を振り返った。  この話にMCの明石家さんまが乗っかり「そしたら今日俺と飲みに行こうや」と誘ったが粗品は「いや、一番しんどいわ」と拒否。まさかの展開にスタジオは爆笑に包まれ、大悟も思わず「誰が一番しんどいじゃ」とツッコミを入れていた。

  • 『IPPONグランプリ』に出演する粗品

    霜降り明星・粗品、今夜『IPPONグランプリ』に満を持して初参戦

    エンタメ

     霜降り明星の粗品が、今夜放送の土曜プレミアム『IPPONグランプリ』(フジテレビ系/4月20日21時)に初参戦することが分かった。粗品は『M‐1グランプリ2018』『R‐1ぐらんぷり2019』に続き、最年少優勝を目指す。@@cutter 『IPPONグランプリ』は、大会チェアマンに松本人志を迎え、大喜利が好きな10名の芸人がシンプルに大喜利のみを行い、勝者を決めるバラエティー番組。2009年12月に深夜番組としてひっそりと放送されて以降、回を重ねるごとに人気、知名度を上げ、今回は第21回大会となる。  今回初出場するのは、粗品のほか、インパルス・板倉俊之、さらば青春の光・森田哲矢の3名。そのほかには、秋山竜次(ロバート)、川島明(麒麟)、千原ジュニア(千原兄弟)、バカリズム、塙宣之(ナイツ)、堀内健(ネプチューン)、又吉直樹(ピース)が出場。塙と又吉を除く5名が優勝経験者という実力者ぞろいの大会となる。また、観覧ゲストとして、田辺誠一、夏菜、吉田沙保里も出演する。  今回初参戦の粗品は、出場が決まったときの気持ちとして「芸人になってから、ずっと出たいと思っていたのでうれしかったです。『M‐1グランプリ』で優勝して、『IPPONグランプリ』に出るのが夢でした」とコメント。また、『M‐1』『R‐1』と『IPPONグランプリ』の舞台の違いについて問われると「別物ですけど、緊張感はありました。『IPPONグランプリ』では同じ土俵で戦う方々が、『M‐1グランプリ』や『R‐1ぐらんぷり』と比べて、ベテランの方々ばかりでしたので、すごく良い経験をさせて頂きました」と話している。  土曜プレミアム『IPPONグランプリ』は、フジテレビ系にて今夜4月20日21時放送。

  • 霜降り明星・粗品

    霜降り明星・粗品の「俺が母ちゃんを守る」 その言葉の理由とは

    エンタメ

     お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が11日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系/毎週木曜23時20分)に出演。母親の心配性な性格を明かしたほか、父親を亡くした当時の決意を吐露した。@@cutter 昨年の「M‐1グランプリ2018」で優勝を飾った際、獲得した賞金1000万円の使い道について「母ちゃんの欲しいものを10個買ってあげたい」と話すなど母親思い一面を見せていた粗品が今回「お母さん大好き芸人」として登場した。  母親の性格については「心配性過ぎて。息子のことが気になってしゃあないんでしょうね」と明かした粗品。さらに「母ちゃんはよくツイッターで僕の名前で検索をする」とし、ネット上で自身と俳優の小栗旬が似ているというまとめ記事があがっていた際の出来事を振り返った。  記事のコメント欄には、「めちゃくちゃブスやんけ」「お前の旬はいつやねん」など自身に対する誹謗中傷の言葉が並んでいたそうだが、「1個だけフォローのコメントが入ってて」と粗品。「『私はめちゃくちゃかっこいいと思います。日本で1番男前だと思います。彼は自慢の息子です』って、母ちゃんやないかい!」と母親が書き込みをしていたのを見つけたと話し「かわいくないですか。心配してくれてるなあって」とその思いやりに感謝していた。  番組では、そんな母親からのアンケートを紹介。「うれしかったこと」として「お父さんが亡くなった時、『俺が母ちゃんを守るから』と言ってくれた。大学を中退した時に『必ず結果を出すから』と言って夜遅くまでネタを作っていたのを覚えています。今まで息子を信じてきて良かったと思います。お父さんに今の直人を見せたかった」とつづられていた。  母親からの言葉を受け、粗品は「一人っ子なので、母ちゃんと2人っきり…」と話し、「(母親が)60数年生きてきて、一番弱っている時期やと思って。僕に出来ることは力強い言葉をかけてあげないといけないなと思って、絶対守るって話はしましたね」と、父親が亡くなった当時に決意した心境を振り返りっていた。このエピソードに共演者らがしんみりする中、最後はおなじみの“粗品節”で「好感度がうなぎのぼり」と決めセリフを吐いてスタジオを沸かせていた。

  • 霜降り明星(左からせいや・粗品)

    霜降り・粗品、たけしに大失態!? 相方せいやも「死ぬかと思いました」

    エンタメ

     お笑いコンビ霜降り明星が、11日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系/毎週月曜22時)に出演。ツッコミの粗品が、お笑い界の大先輩ビートたけしに対してしでかした失態を明かした。@@cutter 昨年の『M‐1グランプリ2018』(テレビ朝日系)優勝から3ヵ月で約120本の番組に露出した霜降り明星の粗品と相方のせいや。今回はそんな中でも「失敗した」あるいは「全く手応えのなかった」出演番組をランキング形式で発表していった。  その第2位で粗品が挙げたのが『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系/毎週月曜20時)出演だった。粗品の自己採点はなんとたったの7点というかなりの体たらくだったよう。  2人がゲスト出演した回では、刑務所から壁の下に穴を掘って逃走した犯人のVTRを確認したそう。スタジオではたけしが、「トランプ(米大統領)が今、アメリカに壁造ろうとしている」と切り出し、そこからトランプ政権の話になったのだとか。  ところがたけしの話がいつまでも続いていたため、粗品はたけしが「ボケでこの話をしていた」と解釈したそう。そこで思い切って「ずっと何の話しとんや!」とツッコミを入れたのだとか。  するとスタジオは「シーン」と静まり返ってしまったそう。たけしはボケではなく、マジメに語っていたのだ。当時、隣にいたせいやも、たけしの話を「勉強になるな」と感心しながら聞いていたそう。そのため相方が急に「ずっと何の話しとんや!」とツッコんだことに「ヤバっ! こいつ!」とびっくりしたといい、「死ぬかと思いました」と振り返っていた。  幸い、静まり返ったスタジオであるが、1テンポをおいて所ジョージが「これがいいんだよ」とフォロー。たけし本人も、後輩芸人からのまさかの一言にも関わらず笑ってくれていたという。

  • 霜降り明星の粗品

    史上初「M-1」「R-1」2冠の粗品 “高速フリップネタ”は19歳で完成していた!

    エンタメ

     10日に開催された『R‐1ぐらんぷり2019』(カンテレ・フジテレビ系)で、2542人の頂点に立った霜降り明星・粗品。昨年末の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)に続いて、史上初の2冠を達成した。しかも、両大会の史上最年少覇者と記録づくしだ。今大会で披露した2本のネタは、弱冠19歳で完成していたというから、トリプルの驚きだ。@@cutter■ 史上初の2冠も「心残り」を生んだ異例の勝利  粗品は、「R‐1」で2年連続2度目の決勝進出を果たすと、決勝1回戦Bブロックでは同じよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の大先輩・おいでやす小田と同点(6点)に並び、審査員の数で上回った者が勝ちという大会ルールにのっとり、1名の差で薄氷の勝利となった。続くファイナルステージでも、Aブロック勝者のセルライトスパ大須賀と同点(7点)。結果、審査員数が2名多く、初の栄誉をゲットした。  2007年にチュートリアル・徳井義実があと一歩まで迫りながらも達成できなかった「M‐1」との2冠だが、粗品にとって“完勝”とならなかったのは、無念の材料のようだ。審査員数が決め手となった異例の勝利に、「圧勝したほうがカッコよかった。なんか怪しいですよね。その怪しさを残してしまったのは心残り」と漏らした。しかし、ここまでの道程と「R‐1」への執念はホンモノだ。 ■ 19歳で完成していた“高速フリップ芸”  「R‐1」に焦点を絞ったのは、高校3年生のとき。霜降り明星を結成する2年前だ。翌年となる2012年、若手芸人の登竜門といえる大型特番『オールザッツ漫才2012』(毎日放送)で、まさかの初優勝。番組史上最年少記録となる弱冠19歳にして、よしもと所属前というダブルインパクトだった。このとき、司会者の笑い飯からマイクを向けられた粗品は、「今、未成年ですけど、成人したらスーツ着て、漫才をやりたいです」と願望を語っている。  今大会で披露した高速フリップネタの半分は、この『オールザッツ漫才2012』優勝時に完成していた。使用した手描きフリップ(ネタ)は、19歳のときにあまたの先輩芸人を大爆笑させたものだった。 ■ 苦杯を舐め続けたR‐1をついに制覇 それでも口にしたのは“コンビ愛”  「R‐1」は2009年の第7回大会から出場している。12年が唯一の3回戦敗退で、11年と以降の13年から17年までは、準決勝まで駒を進めている。何度も苦杯をなめてきた。事前VTRで、「R‐1でした嫌な思いは、R‐1でしか仕返しできひんと思ってる。M‐1では優勝しましたけど、R‐1の恨みは晴らせてない」と語ったのも、納得できる。  高校生のときからすでに周囲から「天才」と呼ばれ、進学した同志社大学を中退してまで、お笑い一本に絞った。ピン芸人から漫才師に転向する際、仲間の多くは反対した。それでも、漫才師という夢を選んだ。誰もが注目した相方は、同じく高校生のときからアマチュア活動をしていたせいや。    しかし2人は、「第38回ABCお笑いグランプリ」、「第7回ytv漫才新人賞」、昨年末の「M‐1」で優勝。“偉才”粗品が見定めたせいやもまた、たしかな腕の持ち主だった。優勝直後、粗品は相方と電話で話している。「『めちゃくちゃおもろかったわ』と言われました。『M‐1で優勝したときより、俺はうれしかったわ』と。そんなヤツいます? 僕も気が引き締まる。早くせいやに会いたいですね」。粗品は、美しくも熱い相方愛を口にしている。そして、深夜にツイッターを更新。「R‐1優勝しました そんな僕より間違いなく面白いのが、せいやです 霜降り明星をよろしくお願いします」。重んじたのはやはり、せいやだった。  4月から2人は拠点を大阪から東京に移す。“霜降り無双”に拍車をかかるのは、確実だ。(文:伊藤雅奈子)

  • 霜降り明星・粗品、「R‐1ぐらんぷり2019決勝戦」優勝者囲み会見に登場

    R‐1優勝の霜降り明星・粗品「そんな奴います?」 相方せいやからの祝福に感動

    エンタメ

     お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、10日に開催された『R‐1ぐらんぷり2019』(カンテレ・フジテレビ系)で優勝。昨年末の『M‐1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)とあわせて史上初の2冠を達成するとともに、R‐1とM‐1で平成最後および史上最年少王者となった粗品は「記録を作らせてもらってうれしいですね」と心境を明かし、準決勝で敗退した相方のせいやについては「会いたいですね。早く」と白い歯を見せた。@@cutter 決勝には、松尾(チョコレートプラネット)、こがけん、ルシファー吉岡、おいでやす小田、大須賀(セルライトスパ)、河邑ミク、前野悠介(クロスバー直撃)、三浦マイルド、松本りんす(だーりんず)、粗品、そして敗者復活から復活を果たした岡野陽一、マツモトクラブが出場。ファイナルステージには大須賀、松本りんす、粗品が駒を進め、粗品は大須賀と7票で同点となったが、投票した審査員数の多さが基準となり優勝となった。  粗品は高校生時代から挑んできたR‐1制覇の心境を問われると「お笑い向いてるんちゃうかなっ思って始めたきっかけが『R‐1ぐらんぷり』やったんで、こうやって優勝できるのは本当に光栄です。うれしいです」と感慨深そうにコメントした。  相方のせいやには、優勝後、会う前に電話をしたそうで「『めちゃくちゃおもろかったわ』って言ってくれました。電話で。そんな相方、いないじゃないですか。で、もう一言『これほんまに、M‐1優勝したときより、俺うれしかったわ』って言ってくれたんですよ。せいやが。そんな奴います? すごいうれしかったですね」とコンビ愛の深さを見せていた。  優勝者には冠番組を持つ権利が与えられる。粗品はせいやと共に番組を持ちたいと語り、「スプーンに映った小栗旬」というネタがあるからか「まだ僕、小栗旬さんにお会いしたことなくて。呼べるなら、対面したいと言いますか。小栗旬さんとお会いしたいですね」と話し、会場を沸かせていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access