アンジェリーナ・ジョリー 関連記事

  • やはり復縁の可能性はなさそうなブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー、泥沼離婚のブラッド・ピットにまさかの復縁を申し込み?

    セレブ&ゴシップ

     2016年9月の電撃破局から6人の子供たちの親権をめぐる泥沼離婚劇を繰り広げる俳優のブラッド・ピットと女優のアンジェリーナ・ジョリー。裁判所の外で調停を進めていたが、アンジェリーナがブラッドとの復縁を求めているとThe Sunが報じた。@@cutter 事実なら衝撃的な急展開を迎えることになるブラッドとアンジェリーナの離婚劇。アンジェリーナからブラッドに離婚を突きつけ、親権をめぐって長きにわたり争ってきたが、情報筋はブラッドに未練のあるアンジェリーナが、離婚協議を引き伸ばしていると話しているとのことだ。  「アンジェリーナはブラッドにはっきり復縁したいと伝えた」と情報筋。「また家族になりたいと願っていて、先に進めないようだ。だからアンジェリーナは離婚の詳細に難癖をつけてブラッドを困らせている」とのことだ。  ブラッドはアンジェリーナにヨリを戻す気がないことを伝えたが、子供たちのために円満な関係を維持したがっているという。情報筋いわく、ブラッドが一番気にかけているのは子供たちのこと。「ブラッドが(離婚に関して)何も語らないのは、子供たちのことを大切に思っているからだ」と語っている。  The Blastはブラッドとアンジェリーナが現地時間12日、互いを独身とする書類を裁判所に提出したと報じている。財産分与などの協議は済んでおらず、最終的な調整は今後数ヵ月かけて行うことになると報じている。

  • 6人の子供たちと一緒に試写会に出席したアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー、映画の試写会に総勢6人の子供たちと登場

    セレブ&ゴシップ

     俳優ブラッド・ピットとの親権争いが一段落した女優のアンジェリーナ・ジョリーが、久々に6人の子供たち全員とカメラの前に姿を現した。すっかり成長した子供たちがキラキラの笑顔をカメラに向けているのが印象的だ。@@cutter E!Onlineによると、アンジェリーナ御一行は現地時間25日、ニューヨークで行われたNetflix映画で俳優のキウェテル・イジョフォーの長編監督デビュー作となる『The Boy Who Harnessed the Wind(原題)』の試写会に出席したという。  現在17歳の長男マドックス、15歳の次男パックス、14歳の長女ザハラ、12歳の次女シャイロ、10歳の三女ヴィヴィアンと三男のノックス。ザハラちゃん以外は皆、ズボン姿で上の子4人は黒系のカジュアルフォーマルでオシャレにキメている。双子のヴィヴィアンちゃんとノックスくんもきちんとした服装だが、スニーカー姿で子供らしい。ズボンのポケットに両手を入れて立っているノックスくんの姿は、どこかブラッドの立ち姿に似ている。  会場ではキウェテルや、映画の原作者ウィリアム・カムクワンバが登壇し、Q&Aが行われたそうだが、アンジェリーナはモデレーターを務めたとのこと。アンジェリーナを見守り応援していた子供たちだが、近いうちに公式イベントなどでブラッドと一緒にいる姿も見せてくれることに期待したい。

  • 親権問題が決着したアンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット

    ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーが裁判回避、親権で合意

    セレブ&ゴシップ

     2016年9月の電撃離婚発表以来、親権をめぐって泥沼の争いを繰り広げてきた俳優ブラッド・ピットと女優アンジェリーナ・ジョリー。協議では折り合いがつかず、今月4日(現地時間)から法廷闘争に突入すると報じられていたが、親権について合意に至ったという。@@cutter E!Onlineによると、アンジェリーナの代理人が声明の中で、数週間前にブラッドとアンジェリーナが親権で合意し、2人と判事が署名したことを発表したという。合意内容は明かせないとのことだが、親権を評価する専門家の推薦に基づいているとのこと。これにより裁判が不要になったという。  Us Weeklyは情報筋の話として、共同親権になると報じている。「ブラッドとアンジェリーナは共同親権を持つことになる。今後6~8週間のうちに監視付きの訪問はなくなる。子どもたちはすぐに父親の家に宿泊できるようになる。ブラッドのリクエストにより、最初の数回の宿泊には監視人の付き添いがある」と、情報筋が語っているそうだ。ブラッドが監視人をクリエストしたのは、これまでの状況からの移行をスムーズに行うためという。  親権問題が決着したブラッドとアンジェリーナ。これで離婚が成立する日が近くなりそうだ。

  • 『ボーン・コレクター』がテレビドラマ化か

    『ボーン・コレクター』、テレビドラマ企画が進行中

    海外ドラマ

     1999年に俳優デンゼル・ワシントンと女優アンジェリーナ・ジョリー共演でヒットしたサスペンス『ボーン・コレクター』。米NBC局でテレビドラマ化される可能性が高まっているという。@@cutter 米作家ジェフリー・ディーヴァーの同名小説を映画化した『ボーン・コレクター』。仕事中の事故で全身不随となった元科学捜査官のリンカーン・ライムが、残虐な殺人事件をきっかけに若手刑事アメリアと組んで真犯人を追うさまを描く。  Varietyによると、NBC局がテレビシリーズ向けの脚本を買い上げたとのこと。海外ドラマ『S.W.A.T.』のVJ・ボイドと、映画『グッド・ネイバー』のマーク・ビアンクリが脚本と製作総指揮を兼任するという。海外ドラマ『HOMELAND』のアヴィ・ニールや、海外ドラマ『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』のアロン・シュトルツマンやレイチェル・カプランらも製作総指揮に名を連ねる。  小説は『ボーン・コレクター』以降、リンカーン・ライムを主人公にシリーズ化されており、2018年の新刊『The Cutting Edge(原題)』まで14冊が刊行されている。ドラマ版がどの時期の作品をベースにするかは不明。あらすじやキャストなどを含む今後の続報に注目だ。

  • 親権争いが続くブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー

    ブラッド・ピット、親権争いでアンジェリーナ・ジョリーに示談を呼びかけか

    セレブ&ゴシップ

     俳優のブラッド・ピットと女優のアンジェリーナ・ジョリーの間で長引いいている離婚闘争。6人の子供たちの親権が焦点になっているが、法定闘争を避けたいブラッドが、アンジェリーナに示談を求めて接触しているという。Us Weeklyが報じた。@@cutter 2016年9月の離婚発表から2年以上が経過した現在も、マドックスくん(17)、パックスくん(14)、ザハラちゃん(13)、サイロちゃん(12)、ノックスくんとヴィヴィアンちゃん(12)の6人の子供たちの親権で、合意に至らないブラッドとアンジェリーナ。いよいよ12月4日(現地時間)に法廷で争うことになったと報じられているが、ブラッドはそんな状況を望んでいないという。  「ブラッドは法廷での審理が子供たちに長期的な心理ダメージを与えると、必死になってアンジーを説得しようとしている」と情報筋。「判事がどのような判決を下そうと、勝者は出ない」と考えているという。  別の情報筋の話では、アンジェリーナも法廷の外でブラッドと協議を進めて合意に至りたいと考えているとのことだが、共同親権を求めるブラッドと単独親権を求めるアンジェリーナの間の溝はなかなか埋まらず、最初の情報筋いわく、アンジェリーナには「譲歩するつもりがない」という。  佳境に入ってきたブラッドとアンジェリーナの離婚闘争。最終的にどのような結末を迎えるのか、引き続き続報に注目したい。

  • 泥沼離婚バトル展開中のアンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット

    ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー、親権めぐり法定闘争に突入

    セレブ&ゴシップ

     2016年9月に電撃離婚を発表した俳優のブラッド・ピットと女優のアンジェリーナ・ジョリー。6人の子どもたちの親権について、当事者間での協議で決着がつかず、裁判で争うことになったという。@@cutter 共同親権を求めるブラッドと単独親権を求めるアンジェリーナの間で勃発していた親権バトル。8月にはアンジェリーナの方が、ブラッドの養育費の支払いが不十分として不服を申し立てる泥沼離婚劇に発展していた。    アンジェリーナは弁護士を変えて体制を再調整していたが、E!Onlineによると、親権をめぐる裁判は来月12月4日(現地時間)から始まるという。二人は先にプライベート・ジャッジ(権限を有する退官した元判事)にジョン・オウダーカーク(John Ouderkirk)判事を臨時任命していたが、オウダーカーク判事の任命を2019年6月末まで延長し、審理してもらうことになったという。  情報筋は「協議は何ヵ月も行ったり来たりで、2二人が合意に至るまでには程遠い」と話しているとのこと。アンジェリーナが単独親権を求めていると報じられているが、別の情報筋は、2人がまだ裁判外での調停を進めようとしていて「アンジェリーナは単独親権を求めていない。子どもたちと父親の和解を望んでいる」と話していたという。  ブラッドとアンジェリーナは婚前契約を結んでおらず、判事は資産の分配についても判断する必要があると、TMZなどは報じている。

  • 長男&次男と共に韓国を訪れたアンジェリーナ・ジョリー

    留学? アンジェリーナ・ジョリー、長男マドックスくんと韓国で大学見学

    セレブ&ゴシップ

     俳優のブラッド・ピットと正式離婚間近と報じられている女優のアンジェリーナ・ジョリーが、ブラッドとの確執を伝えられる長男のマドックスくんを連れて韓国を訪問。ソウル市内の大学を見学したという。Us WeeklyやPeopleなどの海外メディアが報じた。@@cutter ブラッドとの間に実子と養子の6人の子供がいるアンジェリーナ。韓国には次男のパックスくんも同伴していたとのことだ。アンジェリーナは今回、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使として韓国を訪問。パク・サンギ法務部長官と面会し、イエメンの難民を同国に迎え入れ、内戦状態のイエメンに停戦を呼びかけたことに感謝したという。  公務で多忙だったアンジェリーナだが、プライベートの時間を設け、マドックスくんとはソウル市内の大学を訪問。どの大学だったかは不明だが、Peopleによると、17歳になるマドックスくんは韓国語を勉強しており、韓国に留学することを考えているという。大学のキャンパスを見学したのは今回が初めてとのことだ。  アンジェリーナはマドックスくんがホテルで休んでいる間に、パックスくんとも外出。焼肉レストランで食事しているところを目撃されていたという。

  • 泥沼の離婚バトルを展開中のブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー

    アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとの離婚争議中に弁護士を交代

    セレブ&ゴシップ

     2016年9月に離婚することを発表して以来、6人の子供たちの親権などをめぐり、俳優のブラッド・ピットと泥沼の離婚バトルを展開している女優のアンジェリーナ・ジョリー。「子供たちの利益を最優先にして守るため」弁護士を変えたという。@@cutter 養育費の支払いで新たなバトルを勃発させたアンジェリーナ。E!Onlineによると、これまで雇っていた離婚協議専門の敏腕弁護士ローラ・ワッサーと決別し、サマンサ・ブレイ・デジーン(Samantha Bley DeJean)を迎え入れたという。  アンジェリーナの代理人が声明を出しており、アンジェリーナがデジーン氏を選んだ理由を「サマンサの専門が子供の利益を最優先にして守ること」であるためと、説明している。「アンジェリーナはローラがこの数週間、案件を移行する上で協力してくれたことに感謝する」とのことだ。  アンジェリーナとブラッドは先週、一時的な親権について合意したと報じられたが、情報筋はその報道が間違いで、まだ決着していないと話しているという。  2年間の結婚生活が破綻してから9月で2年。2人が養育費や親権で最終的な合意に至るのはいつになるのか。アンジェリーナの弁護士が変わり、新しい展開が見られるのか、注目される。

  • 2018年「世界で最も稼いだ女優」1位のスカーレット・ヨハンソン

    「世界で最も稼いだ女優2018」、スカーレット・ヨハンソンが大差で1位!

    セレブ&ゴシップ

     米経済誌「Forbes」が現地時間16日、毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングを発表。2018年版は映画『アベンジャーズ』シリーズでブラックウィドウを演じるスカーレット・ヨハンソンが、2位に1250万ドル(約13億8500万円)の大差をつけて1位に輝いた。@@cutter 2017年6月1日から2018年6月1日までを対象期間とし、税抜き前の概算収入に基づいて計算された「世界で最も稼いだ女優」ランキング。スカーレットの推定年収は4050万ドル(約44億9000万円)とのことだ。昨年はトップ10圏外だったが、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開され、昨年比で年収が4倍になったという。  2位は推定年収2800万ドル(約31億400万円)でアンジェリーナ・ジョリー。近年は国連の活動や監督業で忙しくしていたが、2014年の大ヒット・ディズニー映画『マレフィセント』の続編『Maleficent 2(原題)』に出演するギャラが、推定年収の大半を占めるとのことだ。  今回、トップ10に初登場したのは、映画『ワンダーウーマン』のガル・ガドット。続編出演のギャラの前払金や、コスメブランド「レブロン」のグローバルアンバサダー就任などが、ランクインに貢献したという。  米「Forbes」誌発表、「世界で最も稼いだ女優」トップ10は以下の通り。 1位 スカーレット・ヨハンソン/4050万ドル(約44億9000万円) 2位 アンジェリーナ・ジョリー/2800万ドル(約31億400万円) 3位 ジェニファー・アニストン/1950万ドル(約21億6100万円) 4位 ジェニファー・ローレンス/1800万ドル(約19億9500万円) 5位 リース・ウィザースプーン/1650万ドル(約18億2900万円) 6位 ミラ・クニス/1600万ドル(約17億7300万円) 7位 ジュリア・ロバーツ/1300万ドル(約14億4100万円) 8位 ケイト・ブランシェット/1250万ドル(約13億8500万円) 9位 メリッサ・マッカーシー/1200万ドル(約13億3000万円) 10位 ガル・ガドット/1000万ドル(約11億800万円)

  • 養育費の支払いで揉めているアンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット

    ブラッド・ピット、A・ジョリーを批判「メディアを操ろうとしている」

    セレブ&ゴシップ

     俳優のブラッド・ピットが離婚係争中の女優アンジェリーナ・ジョリーに、十分な養育費を支払っていないと主張されたことに反論。アンジェリーナには既に900万ドル(約9億9730万円)以上を渡しており、アンジェリーナ側の動きは「メディアを操ろうとしている」ものだと批判している。PeopleやUs Weeklyなどの海外メディアが報じた。@@cutter ブラッド側は養育費に関するアンジェリーナ側の申し立てを「不必要。重要な情報を除外して、メディアの報道を操ろうとしているのが見え透いている」としている。  ブラッドは「十分な養育費を払っていないという主張に断固反論する。(アンジェリーナに)現在の住居を購入する支援として800万ドル(約8億8640万円)を融資し、(アンジェリーナと)未成年の子供たちのために130万ドル(約1億4400万円)以上を支払っている」とのことだ。  情報筋の話では、アンジェリーナは最近、裁判所に申請するまで、ブラッドに対して一切養育費の支払いを要求していなかったという。  JustJaredによると、ブラッド側の言い分に対して、アンジェリーナ側は昨日の申し立てが「法的にも正当で全面的に事実」と反論。「ブラッド側は事実を曖昧にし、養育費に関する義務を果たしていないという事実を曲げようとしている」と主張し、両者が歩み寄る姿勢は見られないとのことだ。  今年の9月で破局から2年が経つことになるが、ブラッドとアンジェリーナが正式に離婚するまで、今後もしばらくは波乱含みの展開になりそうだ。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access