平岡祐太 関連記事

  • 『インハンド』最終回場面写真

    今夜『インハンド』最終回、山下智久は新型エボラウイルスと戦い…

    エンタメ

     山下智久が変わり者の天才科学者役で主演を務める金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の最終話が今夜放送される。最終話では、紐倉(山下)が新型エボラウイルスのワクチン開発に取り掛かるが…。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  紐倉(山下)と高家(濱田)が訪れた高家の故郷・相羽村で新型エボラウイルスが発生し、日本中が大パニックに。高家と共に、封鎖された相羽村に残った紐倉は、牧野(菜々緒)らと情報共有をしながら、現地対策室で調査を始める。だが感染は日に日に拡大、死者も増えていく一方だった。  そんな絶望的な状況の中、紐倉はワクチンの開発に取り掛かることに。必死に開発を進める紐倉だったが、ワクチンは完成しないまま、ついに高家も感染してしまう。  『インハンド』最終回は、TBS系にて今夜6月21日22時放送。

  • ドラマ『インハンド』第10話にゲスト出演した平岡祐太

    『インハンド』第10話 山下智久、平岡祐太、濱田岳の共演に「懐かしい!尊い」

    エンタメ

     山下智久が主演を務めるドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)第10話が14日に放送された。今話に平岡祐太がゲスト出演し、山下と濱田岳の3人が約11年ぶりに共演を果たし、視聴者から「懐かしい!尊い」と反響が集まっている。@@cutter 福山(時任三郎)が計画する科学研究所・BSL4施設誘致をめぐり反対運動が行われる高家(濱田)の故郷・相羽村を訪れた紐倉。自然の豊かさを堪能していたが、施設の建設をやたらと急ごうとする福山に対して疑念を抱くようになる。  そんな中、高家の幼馴染・美園(石橋杏奈)の父・実喜男(中本賢)が吐血をして倒れ、病院へ搬送される。その症状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性を指摘。さらに続々と吐血者が発生し、村は封鎖されてしまう。  平岡が演じたのは、誘致反対運動を行う青年会の会長であり高家の古い友人でもある棚橋。山下、濱田、平岡の共演はドラマ『プロポーズ大作戦』(2007年・2008年/フジテレビ系)で仲良しトリオを演じて以来11年ぶり。  SNSには「まさかまたこの3人が集まるなんて(涙)」「シリアスな回なのに微笑ましい」と共演を懐かしむ声が続々。さらに終盤、棚橋の行動によって事態を招いたことが判明すると、「日本を救えるのは紐倉たちしかいないだろ」「この3人で力合わせて救ってあげてくれ〜〜〜〜〜!!!」と叫びにも近いエールが寄せられていた。  “日本国内でエボラウイルスが発生する”という恐怖の展開をリアルに描いた第10話。「リアルすぎて怖すぎる…」「映画並みの展開。ドラマで終わるのがもったいないくらい」「どんどん引き込まれていく…もはや映画」と物語のスケールの大きさに感嘆する声も多く上がっている。

  • 『インハンド』第10話で11年ぶりに共演する(左から)山下智久、平岡祐太、濱田岳

    平岡祐太『インハンド』出演 11年ぶりに山下智久&濱田岳と仲良しトリオ復活

    エンタメ

     山下智久が主演を務め、濱田岳が共演するドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第10話(6月14日)より、俳優の平岡祐太が出演することが発表された。3人の共演は、ドラマ『プロポーズ大作戦』(2007・2008年/フジテレビ)で高校生の仲良しトリオを演じて以来、約11年ぶりとなる。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じる右手が義手の天才科学者・紐倉哲、濱田演じるお人好しの助手・高家春馬、菜々緒演じる美人官僚・牧野巴の凸凹トリオが、科学が巻き起こすさまざまな事件を爽快に解決していくヒューマンサイエンスミステリーだ。6月14日放送の第10話からは、同21日放送の最終回に向けて最終章に突入、紐倉たちが最後の難題に挑む。  平岡が演じるのは、高家の故郷・相羽村でBSL4施設(ウイルスなどの病原体を取り扱う施設のうち、最も危険性の高い病原体を対象とする施設)の誘致反対運動を行う青年会の会長・棚橋。高家の幼なじみであり、高家の憧れの女性だった美園(石橋杏奈)の恋人でもある。正義感の強い棚橋が取った行動が、とんでもない事態を引き起こすきっかけになる…。  本作でコンビを組む山下と濱田をうらやましく思っていたという平岡は、オファーを受け、「思いが叶ってすごくうれしいです」と歓喜。約11年ぶりの共演にもかかわらず、「久々という感じが全然しなくて。休憩時間に自然と3人でしゃべっている時に『あ、この感じ!』って、どこか昔の続きのような不思議な気持ちになりました。こうして再共演できたことで改めて、素敵な青春を一緒に過ごしてきた仲間だということが身に染みました」と語っている。  山下と濱田もそれぞれ、「すごくうれしいです。懐かしい気持ちもありますが、11年経ってまた違った平岡くんを見られるのではと期待しています」(山下)、「やっぱり久々にこうして3人揃うと、旧友と会ったみたいな楽しさがありますね」(濱田)と再共演を喜んでいる。  金曜ドラマ『インハンド』第10話は、TBS系にて6月14日22時放送。

  • 映画『女の機嫌の直し方』完成披露舞台挨拶にて

    新婚の早見あかり、男女の間には「許与する心も必要」

    映画

     女優の早見あかりが22日、都内で開催された映画『女の機嫌の直し方』完成披露舞台挨拶に出席。早見は男女のトラブル解決を描く本作への出演を「許与する心も必要だなと。本当に勉強になりました」と振り返り、苦手な男性のタイプなども明かした。@@cutter 本作は、大学でAIの研究を行っている真島愛(早見)が、卒論用のデータを集めるために結婚式場でアルバイトを始め、さまざまな男女のトラブルを脳科学に基づき解決に導いていく様を描く。舞台挨拶には早見のほか、平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介監督が登壇した。  作品について早見は、「自分でなんでイライラしているのか分からないことって、女性ってあると思うんです。それが、明確に言葉にされている。それを脚本として読んだときに、私がイライラしてもやもやしていた理由は、こうだったんだっていうのが分かった」とコメント。  また「男性がなぜこんなふうにイライラさせるのか、女性はなんでイライラしてしまうのかっていうのが、言葉にして明確になっていると、自分自身も笑えちゃうというか。自分が求めすぎていたのかもしれないとも思いましたし、相手に対して、求めるじゃなくて、許与する心も必要だなと。本当に勉強になりました」と作品への思いを語った。  その後、理想の夫婦像に話が及ぶと、愛が初めて担当する結婚式場の新婦・北澤茉莉に扮した松井は自身の両親に言及し、今でも手を繋いだり腕を組んで出かけていることを紹介。「子どもがいても、子どもと手はあんまり繋いでくれず、夫婦でずっとルンルンルンみたいな。お出かけ~みたいな感じだったので(笑)。いつまでも腕を組んだり、手を繋いでお出かけしてるっていうのは、すごく素敵な夫婦像というか。その背中が素敵だなと思いましたね」と白い歯を見せた。  これを受けた既婚の早見は「4年間お付き合いして、結婚して半年経たないんですけど、手も繋がないし腕も組まない(笑)」と告白したうえで「心は本当、通じ合ってる」と補足。その後、物語にちなんで、レッドカードを出したくなる男の言動を聞かれた早見は「自分の家族だったり、大切な人のことを大切にしてくれない人は、ちょっと一緒にいられないかな」とも話していた。  映画『女の機嫌の直し方』は、6月15日より全国順次公開。

  • 映画『女の機嫌の直し方』劇場版ポスター

    早見あかり主演『女の機嫌の直し方』予告編&劇場版ポスター完成

    映画

     女優の早見あかり主演の映画『女の機嫌の直し方』の予告編と劇場版ポスタービジュアルが完成した。3月に日本テレビで放送された連続ドラマの劇場版となり、クライマックスとなる嫁&しゅうとめの戦いが描かれる。@@cutter 本作は、著書『妻のトリセツ』が話題のAI研究者・黒川伊保子氏による『女の機嫌の直し方』(集英社インターナショナル刊)を原案として、連続ドラマ&映画化したもの。6月15日の全国公開に先駆けて、4月18日から4月21日に沖縄で開催される「島ぜんぶおーきな祭第11回沖縄国際映画祭」のTV DIRECTOR’S MOVIE部門に正式出品されることも決定している。  「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒業論文を執筆中に、データ収集のため“男女トラブルの宝庫”結婚式場でアルバイトすることにしたリケジョの主人公・真島愛(早見)。先輩ウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とともに、結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを男女脳の違いを分析した最新のAI研究をもとに次々と解決していく。  解禁された予告映像は、式の準備を進めるにつれ不満爆発の新婦・芙莉(松井玲奈)とその不満が理解できない新郎・悠(佐伯大地)のトラブルシーンからスタート。新郎同僚女子・梓(水沢エレナ)と同僚男子・林(前田公輝)や、新婦の伯母(原日出子)と伯父(金田明夫)、さらに芙莉と姑・晴美(朝加真由美)と悠など、続々と発生する問題をテンポ良く紹介しつつ、そのトラブルに対し男女脳の違いに基づいた理論で冷静にアドバイスしていく主人公・愛の姿が印象的だ。  併せて公開された劇場版ポスタービジュアルは、結婚式場で起こる数々の男女トラブルをウエディングケーキのケーキスタンドに配置したキュートなデザインとなっている。  映画『女の機嫌の直し方』は6月15日より全国順次公開。

  • 『女の機嫌の直し方』メインカット

    早見あかり主演、ベストセラー『女の機嫌の直し方』ドラマ&映画化決定

    エンタメ

     女優の早見あかりの主演で、人工知能(AI)研究者・黒川伊保子氏のベストセラー書籍『女の機嫌の直し方』を原案とした連続ドラマの放送と映画公開が決定した。共演に平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地を迎えるほか、お笑いタレントの横澤夏子が脚本協力&カメオ出演することも発表された。@@cutter 本作は、著書『妻のトリセツ』が話題のAI研究者・黒川氏による『女の機嫌の直し方』(集英社インターナショナル刊)を原案として、連続ドラマ&映画化したもの。結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを、男女脳の違いを分析した最新の脳科学やAI研究を基に、次々と解決していくハートフルコメディーとなっている。連続ドラマ(全3回)が日本テレビにて3月16日から放送され、クライマックスとなる嫁&しゅうとめの戦いが劇場版で2019年初夏に公開される。  大学でAIの研究をしている真島愛(早見)は「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマとした卒業論文のデータ収集のため、結婚式場でアルバイトすることに。その初日、上司の青柳誠司(平岡)とともに担当した結婚式の直前、新婦・北澤茉莉(松井)のウェディングドレスがワインで汚れてしまう。「すぐに代わりのドレスをご用意します!」と、青柳と新郎の悠(佐伯大地)は式に間に合わせようと動き出すが、茉莉は「私、これがいい。これじゃないと…」と首を縦に振らない。やがて開宴時間は過ぎ、茉莉の口から最悪の言葉が。「結婚、やめます!」。困り果てた悠、絶望的な青柳を前に、愛が口を開く。「茉莉さんが欲しかったのは、解決策じゃなく、共感です」―。  主演の早見は「『何でわかってくれないの?』『何にそんなに怒ってるの?』、一度は経験したことがあると思います。そんな皆さんに朗報です! その謎が解ける素晴らしい作品が生まれました!」とコメント。青柳役の平岡は「このドラマ・映画の舞台は結婚式。男女のすれ違いが多発! 幸せな結末は訪れるのか!? 脳科学のハウツーとしても楽しんで頂ける作品になると思います」としている。  本作に脚本協力&カメオ出演する横澤は「初めて原案の本を読んだとき、私の取り扱い説明書かと思うくらい、ズバズバと考え方や言動などを分析され、気づくと私の機嫌が直っていました。不思議でわかりやすい本をもとにした映画に携われる事が出来てとっても嬉しかったです」とメッセージを寄せた。  『女の機嫌の直し方』は、連続ドラマ(全3回)が日本テレビにて3月16日より毎週土曜24時55分放送、劇場版は2019年初夏に全国公開。

  • ドラマ『マジで航海してます。~Second Season~』製作発表会にて、飯豊まりえ、武田玲奈

    武田玲奈、仲の良い飯豊まりえのサプライズ“アーン”に「マジで甘い」

    エンタメ

     女優の飯豊まりえと武田玲奈が、23日に都内で開催されたドラマ『マジで航海してます。~Second Season~』(MBS・TBS系)の制作発表会に登壇。27日で21歳になる武田へのサプライズバースデーも行われた。@@cutter 本作は、2017年7月期に放送された『マジで航海してます。』の続編となる“海のお仕事”コメディー。前作で大奮闘した実習船を降り、海洋大学を卒業した真鈴(飯豊)と燕(武田)が、夢をつかみ船乗りとしての第一歩を踏み出した後の物語を描く。会見には、平岡祐太、宮崎秋人、BOYS AND MENの水野勝、そして井口昇監督が出席。また、主題歌「炎・天下奪取」を担当しているBOYS AND MENから田村侑久、田中俊介、勇翔も応援に駆け付けた。  飯豊は武田とのシーンについて、「2人のシーンの撮影のスピードがものすごい早くなった」と明かし、武田も「いつのまにか同じ表情をしていたり、シンクロしていました」と、互いに共演シーンに手応えを感じたそう。そんな2人を間近で見ていた井口監督は「阿吽の呼吸ができていて、2人のお芝居が漫才的ないい掛け合いになっていました」と賛辞の言葉を贈り、平岡も2人を「キラキラしてる」と絶賛した。  また井口監督いわく、現場ではアドリブも多かったらしく、飯豊は「台本以外のところで、ユルさや面白さを出せたらと思ってやりました」というアドリブにも注力したそう。だが、ラッパー姿を披露していう指示だけ嫌だったそうで、それが出てくる第4話の撮影を「本当に恥ずかしかった」と振り返った。  イベント終盤には、27日に21歳の誕生日を迎える武田へのサプライズセレモニーが行われ、燕の写真をあしらったケーキが登場。飯豊にケーキを“あーん”してもらった武田は「ありがとうございます。おいしい! マジで甘いです」と満面の笑み。  この夏やりたいことを聞かれた武田が「海に行きたい! 新しい水着買ったから」と告白すると、飯豊も同調して女子2人で盛り上がり、飯豊が「女子の会話になっちゃった」と苦笑いするひと幕もあった。  『マジで航海してます。~Second Season~』は、MBSにて7月29日より毎週日曜24時50分から(初回放送は25時50分開始)、TBSにて7月31日より毎週火曜25時28分から(初回放送は25時30分開始)放送。

  • 『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEAON』制作発表&防犯イベントに出席した小泉孝太郎

    小泉孝太郎、『ゼロ係』第3弾も「大杉漣さんととにも突っ走る!」

    エンタメ

     俳優の小泉孝太郎が、14日に都内で開催された新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON』(テレビ東京系/毎週金曜20時)の記者会見と防犯イベントに出席した。イベントには共演の松下由樹、片岡鶴太郎、平岡祐太、安達祐実、木下隆行、戸塚純貴、岸明日香も参加した。@@cutter 富樫倫太郎の『生活安全課0係』シリーズ(祥伝社)を映像化してきた『ゼロ係』シリーズ。第3弾となる本作でも、“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリア刑事・小早川冬彦(小泉)が、“男勝りで口が悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(松下)、そして個性的なゼロ係メンバーとともに、さまざまな事件の解決に挑む。  小泉は共演者について「(サッカーの)日本代表が、ベルギーと素晴らしい試合をしましたけど、日本代表のような組織力・チームワークには絶対の自信があります」とコメント。シリーズ初参加の片岡が、「もしこのパート3で終わったら、すべて私の責任でございます」と話すと、小泉は「間違いなく、私の責任です!でも、それを言えるだけの自信があります」と胸を張ってフォローした。  また、1・2シーズンと係長役で出演していた故・大杉漣さんについて「皆さんが見てくださったら、漣さんを感じるシーンというのを、プロデューサーの皆さんが作ってくださっている」と言い、「僕のなかでは、漣さんとともに、THIRD SEASONも最後まで突っ走るぞ!という気持ちです」と胸の内を明かした。  一方、毒舌な事務員・本条靖子に扮する安達は「(靖子は)自分では事件解決できないくせに一番偉そう」と役柄にツッコミ。松下との“小競り合い”シーンにも触れ「THIRD SEASONともなると、『ここから、寅三と靖子いがみ合う』と書いてあるだけで、もう台詞すら書いてくれなくなるんだなって(笑)。必死で頑張っております。ほとんどアドリブですね」と明かして会場を沸かせた。  新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON』は、7月20日よりテレビ東京系で毎週金曜20時放送。

  • (左から)水野勝、平岡祐太、宮崎秋人

    『マジで航海してます。』平岡祐太ら追加キャスト発表 主題歌はボイメン

    エンタメ

     飯豊まりえと武田玲奈がダブル主演するドラマ『マジで航海してます。~Second Season~』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)に、平岡祐太、宮崎秋人、水野勝の出演が決定。併せて主題歌として、水野の所属するBOYS AND MENの『炎・天下奪取』が発表された。@@cutter 本作は、飯豊と武田が2017年7月に主演を務めた同名ドラマの続編。駆け出しの三等航海士・坂本真鈴(飯豊)と三等機関士・石川燕(武田)の2人が、航海中の自動車運搬船「アンピトリテ号」であらゆるトラブルに巻き込まれつつ、一人前の船乗りを目指していく“海のお仕事コメディ”だ。  平岡は、真鈴ら後輩航海士たちを厳しく指導する「鬼のチョッサー(一等航海士)」の神崎拓也に扮する。真鈴に恋心を寄せる奥手な犬系メガネ男子の新人機関士・如月光を宮崎が、「筋肉が俺のコスチューム」と公言する筋トレ狂の二等航海士・晴海修作役を水野が務める。  平岡は「撮影初日から、まずこの制服にテンションが上がっています」とコメント。加えて、「今回はプロのお仕事ものになっているので、働く人たちにも楽しんで見ていただけるように、ビシビシやっていきたいなと思っています」と宣言した。宮崎は前作から受けるプレッシャーを告白しつつ、如月役に「自分と近い部分が多く、自分の可能性も広がると思いますので今回この役を演じるのが楽しみでたまりません」と意欲をみせた。  また、BOYS AND MEN『炎・天下奪取』が本作のオープニングテーマに、ココロオークションの楽曲がエンディングテーマとなることも決定。『炎・天下奪取』はヒャダインが作曲を担当し、汗だくになって一緒にシンガロングできる壮快感全開の楽曲に仕上がった。水野は「ギラギラの太陽に負けず自分自身を奮い立たせ進んでいこうという応援メッセージも込められています!」と、この曲の持つ意図を明かしている。  ドラマ『マジで航海してます。~Second Season~』は、MBSにて7月29日より毎週日曜24時50分、TBSにて7月31日より毎週火曜25時28分放送。

  • 『ホリデイラブ』第5話場面写真

    『ホリデイラブ』第5話、平岡祐太演じるヒロインの親友はいい奴?黒幕? SNSで論争

    エンタメ

     女優の仲里依紗が主演を務めるドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第5話が放送され、平岡祐太演じるヒロインの親友の行動に「いい奴すぎる」「この人が黒幕では?」という正反対の意見がSNS上で錯そう。視聴者の間で大きな反響を呼んだ。@@cutter 『ホリデイラブ』は、人気マンガアプリ「マンガボックス」で連載され、紙・電子累計で40万部の販売数を超える人気コミック『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』を実写化。夫に浮気される正妻を主人公に、不倫という“日常に潜む罠”をサスペンスフルに描写しながら、夫婦が本当の意味でのパートナーとして成長していく姿をつづる純愛ドラマ。  第5話は、里奈(松本まりか)の策略により、杏寿(仲里依紗)と経営者・黒井になりすました謎の男(山田裕貴)とのホテル密会写真が純平(塚本高史)に見られてしまう。一線を越えたようにしか見えない写真に動揺を隠せない純平は、単身赴任先の寮から杏寿を締め出してしまう。その姿にかつての自分の姿を見た杏寿は、娘の待つ東京の自宅へ戻るのだった。  一方、里奈の夫・渡(中村倫也)の行動はエスカレート。ついに里奈がパート勤務している純平の建設会社へ乗り込み、想像を絶する言動で純平と里奈の心を踏みにじろうとする。そんな中、里奈は純平を手に入れるため、杏寿をジリジリと追い詰めていく…。  前回と第5話で、黒井と名乗っていた人物がなりすましであることが確定。ここで杏寿の親友の春田(平岡祐太)が謎の解明に動き出す。黒井になりすました男や運命系アプリを開発した謎の女・麗華(壇蜜)の陰に不穏なものを感じ取り、杏寿を全力でサポートする春田の姿にSNS上では「杏寿は旦那と別れて春田と一緒になれ」「ハルちゃん、いい男」「ハルちゃんには杏寿に恋心を持っててほしい!」などの絶賛が殺到。しかし一方で、春田の行動力と勘の良さについて一部の視聴者の間では「この親友もなんか怪しい」「春田が優しすぎて変に疑ってしまう…」「もしかして春田が黒幕!?」など、絶賛とは正反対の意見も多く投稿され、今後は春田の行動からも目が話せない様相を呈している。  また黒井と名乗る男に騙され、浮気をしそうになった杏寿を拒絶する純平に対しては「お前は何も言える立場じゃねー!」「自分のことを棚に上げて、自分だけが辛いみたいにいうな」など辛辣な意見が投稿されていた。

  • 『ホリデイラブ』制作発表記者会見の様子

    仲里依紗、浮気夫には“入国禁止令” 「国外へ行ってほしい」

    エンタメ

     女優・仲里依紗が、塚本高史、中村倫也、松本まりか、山田裕貴、飯島寛騎、岡田龍太郎、壇蜜、平岡祐太と共に、22日に都内で実施された新ドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系/1月26日より毎週金曜23時15分)の制作発表会見に出席。仲は物語に絡めて、自分がパートナーに浮気された場合の思いを聞かれると「一生会わないであろう、国外へ行ってほしい」と語った。@@cutter 本作は、こやまゆかり原作、草壁エリザ漫画のコミック『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』を実写ドラマ化。主人公の高森杏寿(仲)が、夫の純平(塚本)に浮気されたことをきっかけに、夫婦関係の再構築に奮闘する姿を描く。主演の仲は「高森杏寿という女性は、すごくいい母であり、なぜこの方が浮気されてしまうんだろうという完ぺきな奥様」と役柄を評しつつ「最初に台本を読んだときに心が苦しくなりました」と述懐した。  もし杏寿のようにパートナーが浮気した場合、自分がどんな行動を取るかに話が及ぶと、仲は「一生会わないであろう、国外へ行ってほしい。時差があってほしい。同じ時間に寝てるんだとか、起きてるんだとか考えるのもすごく嫌なので」と笑いを交えて回答。「入国禁止令というか。私は日本が好きなので」とも語り、浮気相手への制裁については「引っ掛かる方が悪い」としたうえで、特に何もしないと話した。  一方の塚本は、松本が演じる浮気相手の井筒里奈に関して「本当に悪い女で、こんな子にね、帰りたくないなとか、素直に好きって言われたら、どうかなっちゃうだろうということがいっぱい出てくる」としつつ「実際の僕は違いますよ!」と役柄が本来の自分とは違うことを強調。現場では、娘の七香に扮する子役の渋谷南那になつかれているそうで「撮影以外で戯れていることの方が多い」と告白し、これを聞いた仲は「すごくチューされてる」と暴露していた。

  • 仲里依紗主演ドラマ『ホリデイラブ』に塚本高史、中村倫也、壇蜜、山田裕貴ら出演決定

    塚本高史、 仲里依紗主演ドラマで浮気夫に 中村倫也、壇蜜、山田裕貴も出演​

    エンタメ

     仲里依紗が主演を務める1月放送スタートのドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)で、俳優の塚本高史が浮気夫役を演じることが発表された。また、中村倫也、壇蜜、山田裕貴ら共演者も明らかになり、キービジュアルと塚本のコメントも解禁となった。@@cutter 『ホリデイラブ』は、共感度200%のサレ妻主人公・高森杏寿(仲)が、浮気夫・高森純平(塚本)との“夫婦再構築”を目指して正々堂々と戦う姿を描くホームドラマ。塚本は「台本を読み、どこにでもある幸せの家族が、本当に一瞬の魔が差したせいで壊れてくのは怖いな、と思いました」としつつ、「でも、その魔も仕組まれてる可能性があるんですよね!? いやー、もっと怖いですね。この家族にはぜひ最後、幸せになってほしいです」と思いを明かす。  また、初共演となる仲や役柄については「ポスター撮影で数時間ご一緒したときは、凛とした印象を受けました。そんな仲さん演じる杏寿ら、家族のことが大好きな純平は、現時点では本当に真面目で優しい人。一瞬の魔さえ差さなければ、幸せだったのに…かわいそう…」とコメント。「さすがに魔が差すところには共感できませんが(笑)、家族が大好きなところは自分自身も同じ。演じるにあたっては、悪気のない優しさの中に男気もにじませながら、男性からも会社の後輩からも好かれる雰囲気を出したいです」とも語っている。  中村と松本まりかが演じるのは、高森夫婦の“脅威”となるもう一組の夫婦。可愛らしい顔の裏で強い執着を持って“純平を誘う女”・井筒里奈を松本が、その夫で“一見エリートだが実はパワハラ夫”の井筒渡を中村が鬼気迫る演技で立体化する。一方の山田は、杏寿に接近する正体不明の男・黒井由伸役をつとめ、壇蜜は杏寿の心をざわめかせる霊的能力の強い謎の女・坂口麗華を演じる。平岡祐太は杏寿の親友で良き相談相手でもある春田龍馬を担当し、純平の後輩社員で里奈に一目惚れする小泉駿役には飯島寛騎が、同じく純平の後輩社員・一ノ瀬真人役には岡田龍太郎が抜擢され、杏寿の姉・橘亜沙美役には三津谷葉子が演じることとなった。  ドラマ『ホリデイラブ』は、テレビ朝日系にて2018年1月より毎週金曜23時15分放送。

  • 『東京タラレバ娘』に出演する坂口健太郎と平岡祐太のツーショット写真※『東京タラレバ娘』公式インスタグラム

    『タラレバ』坂口健太郎&平岡祐太、2人男子会に「かっこよすぎる」「混ざりたい!」

    エンタメ

     ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系/毎週水曜21時)に出演する坂口健太郎と平岡祐太の撮影中のツーショット写真を番組公式インスタグラムが公開。第8話(8日放送)の1シーンで、平岡演じる涼の部屋で坂口演じるKEYと男子2人会のショットに、ファンからは「参加したい」「混ざりたい」「かっこよすぎる」と反響を呼んでいる。@@cutter このインスタグラムのツーショット写真では、ギターを持っているはバンドマン役の平岡だけでなく、ドラマではモデル役の坂口もギターを手にしている。ハッシュタグで「#8話でまた涼ちゃん歌います」「#香のための歌らしい 」「#注目してみて」と予告。ドラマ視聴者からは、「涼ちゃんに何を伝えたの?」「来週が楽しみ」と多くの期待のコメントが寄せられている。  さらに、「#そしてKEYとギター」「#最近どこかで見たような」「#君100アナザーストーリー」「#嘘ですごめんなさい」と投稿。坂口は2月公開『君と100回目の恋』でバンドマンだったこともあり、坂口のギターを持つ姿にファンから「公式さんありがとうございます」とファンから歓喜の声が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/tarareba_ntv/

  • 広瀬アリス、古川雄輝・平岡祐太らイケメンを翻弄? 『L-エル-』場面写真公開

    広瀬アリス、古川雄輝・平岡祐太らイケメンを翻弄? 『L-エル-』2ショット写真公開

    映画

     広瀬アリスが主演し、古川雄輝、平岡祐太、成田凌、弥尋らイケメンたちが共演することで話題となっている映画『L-エル-』の場面写真が公開となった。広瀬と恋に落ちるイケメンたちとの2ショットで、幻想的で美しい世界観が広がっている。@@cutter 本作は、絶大な人気を誇るロックアーティストAcid Black Cherryのコンセプトアルバムを映画化した作品。愛を探し求め続けた一人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生を描く。  “色のない街”で生まれ、両親に愛情を注がれて育った少女エルは、両親の突然の事故死により、人生が一変していく。悲しみに打ちひしがれる幼きエルを元気付けたのは幼馴染の絵描きの少年オヴェス。しかし、成人したエルは、“ある選択”を迫られ、故郷から去ることに。二人は離れ離れとなってしまう。襲いかかる運命に翻弄されながら波乱の人生を懸命に生きるエル。そして遠い故郷からエルを想い続けるオヴェス。二人の生涯を綴った壮大な物語が、“真実の愛”とは何かを描き出す。  公開された写真は、広瀬演じる主人公エルが人生で出会う男たちとの幸せなひと時を切り取ったもの。古川演じる幼馴染のオヴェスと満点の星空の下で語らい、平岡演じる劇団青年と楽しそうにダンスの練習をし、弥尋演じる元銀行員と降りしきる雨の中で抱き合い、そして成田演じるパン屋と見つめ合う…。  広瀬は、「エルは純粋すぎて優しすぎるから、相手の男性がそれに甘えてしまい、エルも悪い方向に落ちていってしまう」と、自身が体当たりで熱演したエルという役柄について語っているが、この幸せそうな2ショットから、どのように翻弄され堕ちていくのか、物語に期待が高まる。  映画『L-エル-』は11月25日より3週間限定公開。

  • 広瀬アリス「かなかハードだった」と主演作を振り返る

    広瀬アリス「体力的にも精神的に辛すぎた」 主演作の撮影を振り返る

    映画

     映画『L-エル-』の完成披露上映会が6日、都内で開催され、主演の広瀬アリス、共演の古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、弥尋、古畑星夏、下山天監督が登壇。広瀬はかなりハードだった撮影を「レッドブルを飲んで乗り切った」と明かした。@@cutter Acid Black Cherryによるコンセプトアルバム「L-エル-」を基に、色のない街で生まれた主人公・エル(広瀬)が、幼なじみのオヴェス(古川)ら3人の男と織りなすドラマを描く本作。  波乱万丈な人生を歩むエルを演じた広瀬は、「二度とこんな人生送りたくないなって思いながら(笑)。撮影がなかなかハードだったんです。体力的にも精神的にもきつすぎて、辛すぎましたね。でも、だからこそ撮れたシーンも沢山あったので、良かったです」と振り返った。  ハードな撮影を乗り切った方法として、「レッドブルをガンガン飲んでいた」と下山監督に暴露された広瀬は「朝、『おはようございまーす!』って現場に入って行って、一発目にレッドブルを(笑)」と苦笑い。撮影では、平岡が演じる劇団青年から暴力を受けるシーンが特に大変だったそう。気丈に振舞ったという広瀬だが、撮影後に平岡から「本当に大丈夫でしたか」と聞かれると、「大丈夫なわけないじゃないですか!」と答えたことをばらされ、照れ笑いを見せた。  エルに共感する部分を質問されると、「純粋すぎるのと、優しすぎるが故にこういう人生を送ってしまったんだなと思っていて。でも、好きな人に尽くしたい、優しくしたいという気持ちは理解できます」と答えた。また、Acid Black Cherryの大ファンである実兄が会場に来ていたことを明かした広瀬は、「入ってきた瞬間すぐわかりましてね。ねえ、おにいちゃーん!」と呼びかけ、会場を沸かせていた。  映画『L-エル-』は11月25日より全国公開。

  • 『べっぴんさん』第6週「笑顔をもう一度」

    『べっぴんさん』、容態が悪化する君枝…すみれと明美の気持ちは君枝の夫に伝わるのか

    エンタメ

     連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分で、すみれ(芳根京子)は、仲間の明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)とともに、子供服の店「ベビーショップあさや」をオープンする。だが夫が戦地から帰還した良子は「夫を支えたい」と店を辞める。さらに君枝も夫の帰還により店を離れることに。一方、梅田の闇市で生活する姉・ゆり(蓮佛美沙子)は、夫の潔(高良健吾)が闇市の元締め一派のやり方に反発しないことに不満を募らせ、元締めと直接対峙するが鼻であしらわれてしまった。@@cutter 今週放送の第6週分では、テーブルクロスの仕事の依頼を受けた、すみれと明美は、徹夜で完成させる。依頼主のランディ夫妻はその出来栄えに大喜びし、君枝にも感謝を伝えるが、その光景を見た君枝の夫・昭一(平岡祐太)に働いていたことを知られてしまう。君枝も一度は昭一を説得し、再び働くことを許されるが、無理がたたって体調を崩して入院し、結局店を辞めてしまうことになる。  しばらくしてすみれと明美が見舞いに行くと、君枝の容態は悪化していた。心配する昭一と義母の琴子(いしのようこ)に、生きていくには希望が必要だと訴える明美。その言葉とすみれの君枝を思う気持ちに動かされた昭一は…。  NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

  • 広瀬アリスの視線に釘付け『L』ポスタービジュアル解禁

    広瀬アリスの視線に釘付け 『L』ポスタービジュアル解禁

    映画

     絶大な人気を誇るロックアーティストAcid Black Cherryのコンセプトアルバムを原作とした映画『L-エル-』(11月25日公開)のポスタービジュアルが解禁された。主人公エルを演じる広瀬アリスのミステリアスな瞳に、吸い込まれそうな妖艶なビジュアルとなっている。@@cutter 本作は「色のない街」で生まれ、両親からの愛情とともに幸せに育った少女エル(広瀬アリス)が、両親の死や幼なじみの少年オヴェス(古川雄輝)との別れなど、様々な哀しみに立ち向かいながら生きる姿を描く。キャストは広瀬、古川のほか高橋メアリージュン、平岡祐太、前川泰之、成田凌、弥尋、Mikako(FAKY)、古畑星夏、田中要次、高橋ひとみらが名を連ねる。  映画『L-エル-』の原作は、波乱の人生を送った一人の女性“エル”の「愛」をテーマに、孤独で壮絶な人生を綴った物語とAcid Black Cherry の音楽が絡み合う、壮大なコンセプトアルバム「L−エル−」。「CDショップ大賞2016」の入賞作品に選出され、総計20万枚以上の驚異的なセールスを記録するなど大きな反響を呼んでいる。  アルバムのみならず、昨秋には物語部分が書籍化され5刷されるなど、ミュージックシーンにあって異例の展開を見せている一方で、本作では「L−エル−」の哀しくも美しい世界観を、最新映像技術を駆使して完全映画化している。本作でメガホンをとったのは、下山天監督。映像化は困難と思われていた「L−エル−」の独創的な世界観を、VFXを多用したファンタジックなヴィジュアルと生々しい演出で、リアルに再現している。  先日は主演の広瀬の他に、古川、平岡、成田、弥尋の劇中写真が発表されたが、これらの写真に引き続きこの度、ポスタービジュアルが解禁。このビジュアルでは、「欲しかったのは、愛。」「家族と故郷を失った少女“エル”。愛を求め、人生を彷徨う女の哀しくも美しい物語―。」というコピーが表すように、エルという一人の女性の孤独で壮絶な人生、そしてそのエルを愛し続けるオヴェスの一途な姿、想いを表現したドラマティックなビジュアルに仕上がっている。

  • 映画『L-エル-』のキャスト陣

    広瀬アリス主演『L-エル-』、成田凌出演決定でトラブル乗り切る

    映画

     広瀬アリス主演の映画『L-エル-』の公開日が、2016年11月25日に決定。併せて、『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』などで知られる成田凌が出演することも明らかになった。@@cutter 本作は、 「色のない街」で生まれて、両親から愛情を注がれながら幸せに育った少女エル(広瀬アリス)が、両親の事故死や、幼なじみの絵描きの少年オヴェス(古川雄輝)との別れなど、様々な哀しみを乗り越えながら生きる姿を描く。成田の役どころは、エルの波乱の人生に影響を与える実直なパン屋というものだ。  原作は、愛を探し求め続けた一人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生を綴った物語と、Acid Black Cherry(アシッド・ブラック・チェリー)による音楽が融合したコンセプトアルバム「L-エル-」。昨年リリースされた同アルバムは、総計20万枚以上の驚異的なセールスを記録。昨秋には物語部分が書籍化され、5刷されるという大ヒットを飛ばしていた。  その哀しくも美しい世界観を、最新映像技術を駆使して完全映画化する本作には、広瀬と古川に加え、高橋メアリージュン、平岡祐太、古畑星夏ら若手実力派キャストが出演、さらに、前川泰之、田中要次、高橋ひとみらベテラン俳優陣が脇を固める。製作サイドによれば、一部キャストの変更、そして再撮影など、完成するまでには、様々なトラブルがあったそうだ。  映画『L-エル-』は2016年11月25日より公開。

  • 平成28年度後期連続テレビ小説『べっぴんさん』新たな出演者

    朝ドラ『べっぴんさん』ももクロ百田の夫に田中要次 30歳差に「ドッキリですか!?」

    エンタメ

     10月より放送のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の新キャスト発表会が29日、大阪放送局で開かれ、新たに永山絢斗、平岡祐太、田中要次らの出演が発表された。すでに出演が決まっているももいろクローバーZ・百田夏菜子演じる多田良子の夫役に決まった田中は百田とは30歳差。これには本人も戸惑ったようで、「もしかしたらこれは、ドッキリの番組じゃないかと。みなさんも、もしかしたら仕込みの方ですか?」と報道陣に投げかけ会場を笑いに包んでいた。@@cutter 『べっぴんさん』は戦後の神戸・大阪を舞台に子ども服作りにまい進したヒロイン・坂東すみれ(芳根)と、その周囲の人情劇を描いたドラマ。すみれの夫・田中紀夫役に永山、すみれの女学校時代の同級生・君枝(土村芳)の夫・村田昭一役に平岡、同じく女学校に通った多田良子(百田)の夫・小澤勝二役に田中が決定。  永山は今回、なんと60歳を超える年齢を演じることになるそうで「新境地をとても楽しみにしています」と期待を語る。朝ドラ初出演の平岡は「僕、初めて念願の朝ドラに参加することができて、本当に嬉しく思います」と喜びを語り、「学校に行く時、これから仕事に向かう人など、明るい気持ちで外へ出ていけるようなドラマになっていると思いますので、ぜひみなさん見てほしいなと思います」と作品をアピール。  田中は「みなさま、今日はご足労いただきまして、誠にありがとうございます」と挨拶すると、百田の夫役ということを気にして「もしかしたら、キャスティングの連絡ミスで田中圭くんに連絡するはずが僕の事務所にいってしまったとか。それで、もう後に退けなくなったとか」と終始疑うそぶりを見せ会場を沸かせた。  対して百田は「最初聞いた時はすごくびっくりして『私、大丈夫かなぁ』ってちょっと不安だったんですけど、それをスタッフさんに言ったら『いやぁ、向こうの方が戸惑ってるよ』って言われまして(笑)」とエピソードを明かすも、最後には「徐々にいい夫婦になれるように頑張りたいなと思います」と笑顔で語っていた。  この日はほか、松下優也、いしのようこ、滝裕可里、堀内正美、曾我廼家文童、宮田圭子の出演が発表となった。NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』は総合テレビにて10月3日より放送。

  • 映画「L-エル-」出演者一覧

    古川雄輝、広瀬アリスを“生涯愛す”男役 映画『L-エル-』追加キャスト発表

    映画

     人気ロックアーティストAcid Black Cherryが昨年リリースした4枚目のアルバムを原作とした映画『L-エル-』(2016年秋公開)。先に発表されていた主演の広瀬アリスに続き、古川雄輝、高橋メアリージュンらをはじめとした追加キャストが発表された。@@cutter 『L-エル-』は今年発表された『CDショップ大賞2016』の入賞作品に選出され、総計20万枚以上の驚異的なセールスを記録、昨秋には物語部分が書籍化されるなど、大きな反響を呼んでいるAcid Black Cherryのアルバムで、愛を探し求め続けた一人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生を綴った物語と、音楽が絡み合う。  先日、映画化決定が発表されると、ネット上では「アルバムが映画になるなんて凄い」と感想が飛び交う中でツイッターでは主演の「広瀬アリス」の名前が注目のトップワードにあがるなど、SNSを中心に大きな反響を呼んでいる。  広瀬演じるエルを生涯かけて愛し続ける男・オヴェス役に、ドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』、映画『ライチ☆光クラブ』『太陽』などに出演している若手俳優の古川が決定。また、エルと同じキャバレーで働く親友・アンナ役には、モデル以外に映画『ホーンテッド・キャンパス』『闇金ウシジマくん Part3』など女優業へも活動の幅を広げている高橋メアリージュン。さらに、エルを取り巻く男性俳優陣には、平岡祐太、前川泰之、高畑裕太らの豪華俳優陣が決定した。  古川は「今回のコンセプトアルバムを映像化するという企画は、とても斬新なアイデアだと思いました」と強い興味をひかれたようで「幼少期から老人まで演じる役柄をファンタジーの世界観でどう生きるか、主人公エルに対してのオヴェスの想いをどう表現するのかなどを考え、監督と現場で相談しながらじっくり時間をかけることができたので、とても楽しい撮影となりました。僕自身、CGが加わった映像を楽しみにしています」とクリエイティブな時間を過ごした様子を明かしている。

  • 連続ドラマ『スペシャリスト』場面写真

    草なぎ剛、初の刑事役で新境地 『スペシャリスト』プロデューサーが舞台裏を語る

    エンタメ

     現在放送中の連続ドラマ『スペシャリスト』(テレビ朝日系)で、SMAPの草なぎ剛が初の刑事役で新境地を拓いている。“犯罪心理を知り尽くした元受刑者”というかつてないキャラクターはいかにして生まれたのか。そして、『相棒』『科捜研の女』シリーズなどの名脚本家・戸田山雅司が生み出す予測不能なストーリーは、最終回に向かってどのような展開を見せるのか。プロデューサーを務める川島誠史氏に話を聞いた。@@cutter 本作は、冤罪で10年間服役した異色の経歴を持つ刑事・宅間善人(草なぎ)の活躍を描いたスペシャルドラマ(「土曜ワイド劇場特別企画」テレビ朝日系)を連続ドラマ化したミステリー。舞台を京都府警から本丸・警視庁に移し、犯罪者の心理を知り尽くした“スペシャリスト=宅間”がさらなる難事件に挑む。お馴染みの刑事仲間、姉小路千波(南果歩)、松原唯子(芦名星)、堀川耕平(平岡祐太)に加え、今回、新たに女刑事・我妻真里亜(夏菜)、捜査一課刑事・野方希望(和田正人)がチームに新風を吹き込んでいる。  スペシャルドラマとして過去に4回放送されていた本作がこの時期に連続ドラマ化された理由について川島氏は、「スペシャルドラマ4作の中で、主人公・宅間の過去や背後にあるものをじっくり描いてきたので、そろそろ(連ドラの)1クールをかけて、そこに対峙していく構成ができると判断しました」と説明。さらに、名脚本家・戸田山に全幅の信頼を置く川島氏は、「2時間枠でやってきたものが、連ドラになって“どう受け止められるのか”という思いもありましたが、2転、3転、4転と、予測不可能な展開を見せる戸田山さんの脚本が視聴者を飽きさせないはずです」と自信をのぞかせる。  そして、その卓越したミステリーに命を吹き込んでいるのが、草なぎ演じる主人公・宅間だ。このキャラクターはどのような経緯で生まれたのか。「草なぎさんに新しい刑事ものをやってもらうとしたら“どんなキャラクターが面白いか”という発想でこの企画がスタートし、宅間という自由でマイペースな主人公が浮かび上がった」と述懐。「人のことを気にせず、やりたいことをやる人って、普通は嫌われるものですが、草なぎさんが演じると不思議と嫌な感じを与えない。また、劇中、オン・オフのスイッチを自在に切り替えられるところも草なぎさんならではの魅力」と絶賛する。@@separator 今回、新キャストとして夏菜と和田が加わったが、この意図について川島氏は、「スペシャルドラマの京都組はチームとして出来上がっていますが、連ドラで本作を初めて見る人にとって、宅間という変人を全員が受け入れていると違和感を覚えるのではないかと。『何なの?この人』といった視聴者と同じ目線が必要だと思いました」と解説。特に夏菜の起用については、「宅間と一番近い距離にいる役なので、彼の奇行に新鮮なリアクションが取れる女優さんということでオファーさせていただいた」とのこと。草なぎとの関係は最終的どうなるのか?という質問には、「二人の関係に関しては何とも言えませんが…、夏菜さんの役に大きな変化があることは確かですね」と期待を持たせた。  いよいよ17日の放送で最終回を迎える『スペシャリスト』。前話で殺人の疑いをかけられ逃走した宅間は、逃走しながらネット上で“あるゲーム”を始める。このゲームが意味するものは何なのか?そして、宅間のゲームに振り回される千波ら総合事犯対応係の運命はどうなるのか?宅間を追う中で、徐々に明らかになっていく“我々”の正体とは何か?今から楽しみで仕方ない。  そんな、最終回の展開について川島氏は「これまで謎だったすべてのことが明らかになります。詳しいことは言えませんが、そこには、誰もが驚く驚愕の真実が待ち受けています。スペシャルドラマから見てくださっている方も、連続ドラマから見てくださった方も楽しみにしていてください!」とアピールした。(取材・文・写真:坂田正樹)  木曜ドラマ『スペシャリスト』の最終回は17日21時より放送。

  • 平岡祐太、『進撃の巨人』オリジナルドラマでの撮影を振り返る

    『進撃の巨人』平岡祐太、石原さとみと共に「作品の世界観の中に落とし込んだ」

    エンタメ

     8月1日に公開された実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と完全連動したオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』(全3話)が、映像配信サービスdTVにて15日から配信される。本作で、治安統制局担当官・イズルという新しいキャラクターを務めるのが俳優・平岡祐太だ。映像配信という形のスピンオフドラマに「すごく面白い企画」と目を輝かせて語った平岡に作品の見どころや自身の話を聞いた。@@cutter 前後篇2部作で描き切れなかった兵器隊長ハンジやサシャ、新しいキャラクターであるフクシ&リルらのバックボーンに迫る本作。平岡は新キャラクターとして作品に参加しているが「今年パナマに行ったとき、現地の子供たちも『進撃の巨人』を知っているんですよ。本当に世界的に人気の作品なんだなって実感しました。プレッシャーはあまりありませんでしたが、原作の世界観は大事にしたいなって思って臨みました」と撮影当時の心境を語った。  平岡演じるイズルは、治安統制局員として巨人を駆逐するための武器開発費などの予算を決める役柄だ。「イズルは戦場に出る前線の人ではないので、巨人をまだ知らない、見たことがないという設定。そういう人物を原作で探して、イメージをつけていきました。また立体機動装置が出来るまでの話なので、そのエピソードが描かれている原作の部分の雰囲気を大事にしました」。  劇中では、巨人研究に没頭し、突っ走るハンジに圧倒されるイズルというコントラストがよく描かれている。ハンジを演じた石原さとみは、徹底的に役柄を作り込んで作品に臨んだ。「石原さんのハンジは、僕の原作のイメージのハンジのまんまでした(笑)。ドラマの構造上、コンビものっぽかったりもするのですが、あまり現場では演技の話はせず、僕は石原さんを見ながら、作品の世界観の中に落とし込んでいった感じです。でも僕の演技もやり過ぎたなって思う部分もありました(笑)」。@@separator 本作は、劇場公開の間に、dTVという映像配信サービスで展開される。「こういう仕掛けは面白いですよね」と笑顔を見せると「僕もスマホで動画を見たりすることが多いのですが、世間が求めているメディアに対する感覚も変わってきているのかなって、演じている側も実感します。30分という枠も、よりシンプルにわかりやすい方法で伝えていかなくてはならないという意識もありますしね」とこうした試みに大いなる興味を示していた。  「演じている側」という視点で語られたが、現在、平岡は自主制作映画にも興味があるのだという。「脚本書いたり、撮ったり……。外側の視点で役者を見られるというのはすごく楽しいし面白いんですよね」と語りつつも「でもやればやるほど、まだ全然実力がないので、プロの方たちってすごいなって実感します」と謙虚な発言。  本作の現場もかなり刺激的だったようで「ワイヤーアクションを含めCGなどめちゃくちゃ勉強になりますね。3本あるドラマもそれぞれ監督が別なので、カラーも全然違う。特に3本目の『自由への旅立ち』の西村喜廣監督はハマりました」と目を輝かせる。  「影の社会……ロスチャイルド家みたいなのが好きなんです」という平岡。「『進撃の巨人』って社会の縮図を壁の内側でやっているみたいな世界観だと思うんです。そういう部分が大好きなんです」と作品の魅力を語ると「そうした世界観の中、映画で描き切れなかった人物背景が見られます。実写版映画の回想のように観ていただけると面白いと思います」とドラマ版の見どころをアピールしてくれた。(取材・文:磯部正和)  dTVオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』は、8月15日よりdTVにて独占配信。

  • 平岡祐太・倉科カナ、野村萬斎企画の舞台で共演

    平岡祐太&倉科カナ、野村萬斎企画の舞台で共演

    エンタメ

     平岡祐太と倉科カナが、野村萬斎監修の舞台『道玄坂綺譚』で共演することが分かった。三島由紀夫原作・マキノノゾミ演出による同作への出演にあたり倉科は「稽古で沢山恥をかき、丁寧に作品を紡いで行けたら」と意欲を見せている。@@cutter 本作は、野村萬斎企画監修シリーズの第8弾。三島の能楽集「卒塔婆小町」「熊野」をもとに、古典芸能と現代演劇の融合というテーマで、11月に上演。平岡、倉科のほか、共演には眞島秀和、一路真輝が名を連ねる。  久々に舞台に出演するという平岡は、「三島由紀夫さんの世界が現代にアレンジされ、どのような変化を起こし初日を迎えられるか、共演者の方々と稽古を重ねながら新たな作品を作りあげたい」とコメント。  倉科は「三島さん原作の物語はいつか演じてみたいと思っていたので、こ参加出来て本当に光栄」と喜びを口にし、「マキノノゾミさんは映画で役者としてご一緒していてその時また一緒にお仕事出来たら…と思っていました。どんな演出をされるのか、今から楽しみです」と期待を膨らませている。   現代能楽集VIII『道玄坂綺譚』は世田谷パブリックシアターにて11月8日から21日上演。

  • 石原さとみ、dTVオリジナル『進撃の巨人』制作発表会にて

    石原さとみ『進撃の巨人』ハンジ声優からアドバイス「留守電に声を吹き込んでくれた」

    エンタメ

     動画配信サービスdビデオの新戦略発表会が2日に行われ、オリジナルドラマ『進撃の巨人』の制作が発表された。発表会には、ドラマ出演キャストの石原さとみ、平岡祐太、桜庭ななみ、渡部秀、武田梨奈、水崎綾女らが登壇。作品に対する意気込みや撮影時の壮絶なアクションシーンのエピソードなどを語った。@@cutter 本ドラマは、今夏に公開される実写映画『進撃の巨人』と連動した新作のオリジナルドラマ。各キャストが実写映画と同じ役柄を演じる他、ドラマオリジナルのキャラクター“イズル”を平岡が演じる。ドラマ版では主役となるハンジ役の石原は本作について「立体起動装置の誕生、巨人研究などが描かれ、ワクワクする内容になっています」とストーリーの一端を明かす。  また、石原は「(映画)本編よりもハンジの内面や過去を描いていて、難しく感じました」とコメント。本編より演技のバリエーションを豊富にしたいと考え、アニメ版のハンジの声優、朴ロ美(ぱく・ろみ)にアドバイスを求めたことを告白。「撮影中も、叫び方が『もっと他にないかな』と悩んでその場で電話をかけたら、ハンジの叫び方を伝授してくれました。留守電に声を吹き込んでくださって」と感謝を口にする。  空手の黒帯を持つ武田は、アクションシーンについて、膝に手を当て「アザになるくらい、本気で当て合う感じでやっていました。今までにないアクションシーンができたのでは」と手応えを語る。隣にいた渡部から、本気でみぞおちに打撃を受けたことを明かし、その時の渡部の第一声が「『大丈夫?』じゃなくて、『今、“入ったね”だった』」と訴えると、負けじと渡部も「(武田の)ハイキックが鼻の下に命中しまして」と痛みを伴った撮影を振り返った。  また今回、「dビデオ」は4月22日よりサービスを大幅リニューアルし、「dTV」として生まれ変わることも発表。『ニュー・シネマ・パラダイス』や『海の上のピアニスト』で高い評価を得たジュゼッペ・トルナトーレ監督×日本人俳優や紀里谷和明監督×ハリウッド俳優によるオリジナルドラマの制作も予定している。(配信日・タイトルは未定)  dTVオリジナル『進撃の巨人』は、2015年8月配信予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access