秋元康 関連記事

  • 『あなたの番です‐反撃編‐』ヒント動画公開

    『あなたの番です』、重大なヒントが隠されたスペシャル動画公開

    エンタメ

     俳優の田中圭と女優の原田知世がダブル主演を務める日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2章『あなたの番です‐反撃編‐』が6月30日から始まるのを記念して、ドラマの重大なヒントが隠されたスペシャル動画が番組公式HPにて公開された。@@cutter 本作は、都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”が、幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの交換殺人ゲームに巻き込まれていく姿を描くミステリードラマ。企画・原案は秋元康。4月から9月にかけて2クール連続で放送されている。  第1章の最終回では、菜奈(原田)が何者かによって毒殺されるという衝撃的な展開で幕を閉じた。また、23日に放送された「特別編」では、菜奈の葬儀を終え、自宅に戻った翔太(田中)のもとに、犯人からの挑戦状とも言える、菜奈の「最期」を記録したビデオメッセージが届く。  30日に放送される第2章第1話では、凶悪事件の捜査にも使われ始めているという人工知能・AI を研究する大学院生・二階堂(横浜流星)が304号室に引っ越してきて、新たな展開を迎える。  なお、第2章『‐反撃編‐』の展開が気になるところでの公開となったスペシャル“ヒント”動画には「純粋にドラマを楽しみたい方は視聴をご遠慮ください」との注意書きが。ドラマを紐解く重大なヒントが隠されている動画だが、“ヒント”とは果たしてどのようなものなのか注目だ。  また、You Tube日テレ公式チャンネルでは、第1章の全10話を2本にまとめた『あな番まとめPART1』と『PART2』も配信中。  日曜ドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』スペシャル“ヒント”動画は、番組公式HPにて公開中。  日曜ドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』第1話は、日本テレビ系にて6月30日22時30分放送。

  • (左から)『あなたの番です』にW主演する原田知世&田中圭

    原田知世&田中圭が15歳差新婚夫婦に 日テレ2クール連続ドラマにW主演

    映画

     女優の原田知世と俳優の田中圭が、4月スタートの新日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)で15歳差新婚夫婦としてダブル主演を務めることが発表された。企画・原案を秋元康が手掛け、4月から9月にかけて2クール連続で放送されるミステリー作品となっている。@@cutter 都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”の2人が、幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの交換殺人ゲームに巻き込まれていく姿を描く本作。交換殺人とは、複数の人物が殺したい相手を交換して殺人を行うこと。殺意がある人物にはアリバイがあり、実行犯には動機がないため容疑者が特定されにくい。日本テレビで2クール連続ドラマが放送されるのは、1994年10月期から1995年1月期に放送された『静かなるドン』以来、25年ぶり。  東京オリンピックを翌年に控え、活気づく東京の下町。隅田川のほど近くに建つ中級マンションに、年の差結婚をした一組のカップルが引っ越してきた。スポーツウェアなどのデザインを手掛けるデザイナー、手塚菜奈(原田)は、仕事で知り合ったスポーツジムのトレーナー、翔太(田中)に猛アタックされ、15歳の年の差を乗り越えて結婚。菜奈と翔太は共にミステリー好きで、2人で人間観察をして、その人物像を推理するのを楽しんでいる。引っ越し当日も、マンション住民を観察し、明るい未来を想像する2人。しかし、菜奈が「住民会」に出席したことで、運命が大きく動いていき…。  日本テレビの連ドラ出演は『ストレートニュース』(2000)以来19年ぶりとなる原田は「思いもよらない方向へ進んでいくストーリーの中で浮かび上がる人の心の脆さや危うさに底知れぬ怖さを感じました。この物語がどこへ着地するのか、私もまだわかりませんが、田中圭さん、そして、素敵なキャストの皆さんと共に、じっくりと物語を紡いでいきたいと思います」とコメント。  一方、原田の夫役を務める田中は、「続きが気になる。連ドラの醍醐味を作る挑戦ができることに喜びを感じています。しかも2クール連続。普段できないこと、2019年、新しい元号になる1発目のテレビドラマに関わる事ができて幸せです!」と充実感をにじませた。  企画・原案の秋元は「面白い推理小説を読んでいると、ページをめくる手が止まらず徹夜してしまうことがよくあります。『この先はどうなんだろう?』と来週が楽しみになる連続ドラマを作りたいと思いました」と本作に込めた意図を明かした。  新日曜ドラマ『あなたの番です』は、日本テレビ系にて4月スタート。

  • ※「高橋みなみ」インスタグラム

    AKB歴代メンバーが秋元康の還暦祝いに集結! 「豪華すぎる」と話題

    エンタメ

     AKB48グループ歴代の人気メンバーが、総合プロデューサーの秋元康の還暦パーティーに集結した。ファンからは、そのそうそうたる顔ぶれに対して「豪華すぎる」といった声が集まっている。@@cutter 25日、AKB48グループの初代総監督、高橋みなみが自身のインスタグラムに投稿したのは、5月2日に還暦を迎えた同グループ総合プロデューサー秋元の誕生日会の模様だ。「先日はサプライズで秋元さんの 還暦バースデーパーティー 久しぶりに集合できて楽しかった」といったコメントとともに投稿した集合写真には、AKB48グループのOG、現役メンバーのそうそうたる面々が顔をそろえている。  秋元を囲んでいるのは、高橋をはじめOGの前田敦子、小嶋陽菜、板野友美、北原里英、島崎遥香、宮澤佐江、河西智美、現役メンバーからは今年のAKB選抜総選挙で初の1位となったSKE48の松井珠理奈、中間発表で2年連続の1位となったNGT48の荻野由佳、AKB48チームB現キャプテンの高橋朱里、AKB48現役唯一の1期生、峯岸みなみといった顔ぶれだ。そのほかにも、AKB総選挙で前人未到の3連覇を達成した指原莉乃が写る写真もある。  歴代の人気メンバーに囲まれた秋元は花束を抱え、「祝還暦」の文字が入ったバースデーケーキを前にしてニッコリ。還暦らしく赤いちゃんちゃんこを着ている写真も。高橋は「秋元さんがいたから 今があります 感謝してもしきれません」とこれまでの活動への感謝を記し、「お忙しいとは思いますがお身体には気をつけて 長生きして下さい!!」と、還暦を迎えた秋元の健康を気遣った。  ファンからは「秋元さんおめでとう」といったお祝いの言葉が殺到。また、秋元の還暦という機会に集結した歴代の人気メンバーにも注目が集まり、「参加メンバーが豪華すぎる」「豪華メンバーだ」といった声も。「AKBがあったから楽しい毎日があった ある意味青春のすべてをAKBに捧げた感ある」と、思い出にひたるファンも見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/taka37_chan/

  • 「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」×福山雅治「ウタフクヤマ」合体新年会SP

    福山雅治&天海祐希&石田ゆり子が豪華共演!『あけぼの橋×ウタフクヤマ』SP放送

    エンタメ

     女優の天海祐希と石田ゆり子がMCを務め、集まった有名人がトークや歌声を披露する『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』と、福山雅治が架空のスナックに豪華な友人たちを招いてトークやセッションをする『ウタフクヤマ』が豪華コラボレーションした『「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」×福山雅治「ウタフクヤマ」合体新年会SP』が5日に放送される。@@cutter 『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』には、『ウタフクヤマ』から福山雅治、リリー・フランキー、蒼井優が来店。また、ゲストとして松山ケンイチが登場し、近所のベテランママ・友近、近所の警察官・ずんの飯尾和樹、イワイガワの岩井ジョニ男も乱入する。福山が上京したてのころのアルバイトの裏話を披露するほか、福山とリリーが口をそろえて「お酒が強いという!」という蒼井が、好きな男性のタイプを質問されて思わず答えてしまう場面も。  チイママ・石田が作った手料理を食べながら、料理の話に花が咲き始めると、松山が地元では食べたことがなく、上京してはじめて食べた、ある料理の話を始める。すると「その料理を食べたことがないって人なかなか聞いたことがない!」と全員が仰天し、大盛り上がりを見せる。お酒も入り、盛り上がった勢いでカラオケタイムに突入すると、天海と石田が振り付けつきでデュエットを披露。さらに、福山もカラオケのステージに立つことになり、福山は昔から好きで、カラオケでよく歌うという“あるアーティス”トの曲を大熱唱する。  続く『ウタフクヤマ』には、スペシャルゲストとして天海と石田が来店し、秋元康、野田秀樹、小室哲哉、浦沢直樹、蜷川実花、ヒャダインという豪華クリエイターたちが集まり、スナックのマスターであるリリー、ママの蒼井とともに、「クリエイター ワタシの持論」をテーマにスペシャルなトークを展開。  秋元が「俳優はいくつになっても監督や演出家に指示をされたり、怒られたりする。この職業でこの年齢になるとそういうことがなく、うらやましい…」と本音をポロリ。それを聞いた天海・石田・蒼井ら女優陣からは“演じる”ことについてや“役作り”について持論が展開され、野田からは演出家の視点からの意見も飛び出す。また、人生で経験したことがない役を演じるときの気持ちの意外な気持ちをリリーが語り、蒼井は野田にもらって、今でも大切に持っているという手紙の存在も明かす。  最後に、福山が自身の思い出に深く刻まれたある曲のエピソードを語り、ギターで弾き語りを披露。さらに、収録中に飛び出した印象的な言葉をすべて書き出して、みんなで選び出し一曲の歌を制作。歌詞が完成に近づくと、福山がその場で即作曲。収録中の短時間に作り上げられた奇跡の一曲を、福山のギターを中心に、小室とヒャダインのキーボード、浦沢のギターなど、皆思い思いの楽器を手にして演奏する。  『「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」×福山雅治「ウタフクヤマ」合体新年会SP』は、フジテレビ系列で1月5日22時から23時52分まで放送。

  • ドラマ初主演が決定したけやき坂46(TOKYO IDOL FESTIVAL 2017出演時の模様)

    けやき坂46が連ドラ初主演 ファンからは「楽しみ」と期待の声

    エンタメ

     欅坂46内のグループ・けやき坂46(ひらがなけやき)が10月から放送の連続ドラマ『Re:Mind』(テレビ東京系)で主演を務めることがわかった。欅坂46はこれまで『徳山大五郎を誰が殺したか?』『残酷な観客達』と2本の連続ドラマに出演しているが、けやき坂46としてはドラマ初主演となる。@@cutter  本作は、4月からテレビ東京に新設された木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」の第3弾で、Netflixでも先行配信。メンバーの井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依が出演し、企画・原作は秋元康が手掛ける。目が覚めると突如閉じ込められた女子高生達の目の前には異様な光景が飛び込んでくるが、逃げ出すことのできない理由があった。必死に原因や脱出方法を思い出す彼女達だが、閉じ込めたのはいったい誰なのか…という密室サスペンス。  欅坂46と兼任している長濱は「不安もありますが、サスペンス系の話が好きなので、すごく楽しみです」とコメント。欅坂46としてドラマ出演経験があるが「けやき坂46でドラマをやらせていただくのは、本当にありがたいことだと思うので、みんなで精一杯頑張ります」と意気込んでいる。  けやき坂46として単独ライブは開催していたが、ドラマ初出演のニュースにファンは「サプライズ発表キターーー」「楽しみ」「めっちゃ面白そう」「今ひらがなが熱い」「おめでとう!絶対見る」などと喜びの声や期待の声が多く集まっている。  ドラマ『Re:Mind』は10月19日よりテレビ東京で毎週木曜25時放送。

  • 菅井友香、欅坂46『欅のキセキ』制作発表に登壇

    欅坂46・菅井友香、初の野外ライブに「ひとつになれた」 メンバーでBBQも堪能

    アニメ・コミック

     欅坂46の菅井友香、石森虹花、上村莉菜、小池美波、土生瑞穂、守屋茜、渡辺梨加、渡邊理佐、長濱ねる、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花、原田葵が、同グループ初の公式ゲームアプリ『欅のキセキ』の制作発表イベントに出席。キャプテンの菅井はイベントの前日・前々日に山梨・富士急ハイランドで行われた初の野外ライブについて、「またひとつメンバーの絆が深まったし、ひとつになれた気がしました」と満足そうに振り返った。@@cutter 『欅のキセキ』は、グループが歩んだキセキ(軌跡/奇跡)とメンバーの成長をたどるドキュメンタリーライブパズルゲームで、プレイヤーは新米マネージャーとして、メンバーとともに成長し、グループを支えていく。当日は、今秋にリリースされること、総合プロデューサーの秋元康がサウンドプロデューサーを務めることが新たに発表された。  前日に放送されたバラエティ番組『欅って、書けない?』で鞄にネタ帳をしのばせていることが明らかになった菅井は、「お話しする機会とかが増えてきて、メンバーの細かい部分とかをいっぱいメモして、ちょっとニヤニヤしたりしています」とコメント。また、イベントの前日・前々日に行われた初の野外ライブにも言及し、「笑わないっていうイメージを持ってくださる方が多いと思うんですけど、最初から最後まで楽しいライブになって。花火が最後上がったんですけど、そのときに本当に感動して。またひとつメンバーの絆が深まったし、ひとつになれた気がしました」と満足そうに振り返った。  続けて長濱も、「ライブの合間に、スタッフさんがサプライズでバーベキューを用意してくださって、みんなでバーベキューをして、お肉とか野菜を食べて、メンバーもお肉を焼いてくれたりして、すごく夏らしい思い出になりました」と笑顔でライブを述懐。一方、ゲームの内容に合わせ、当日にメンバーが歴代の楽曲の衣装をまとって登場したことに絡めて、今後着てみたい衣装を問われた守屋は、「黒を基調にした、おしゃれでかっこいい衣装を着てみたい憧れがあります」と語った。  ゲームアプリ『欅のキセキ』は、今秋配信予定。

  • 映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』より

    二宮和也主演『ラストレシピ』特報映像&新ビジュアル解禁

    映画

     嵐の二宮和也が主演を務める映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』から、特報映像と新ビジュアルが解禁。二宮が、西島秀俊、宮崎あおい、綾野剛、西畑大吾、竹野内豊ら豪華キャスト演じるキャラクターと織りなす、壮大なドラマの模様が一部明らかになった@@cutter 本作は、田中経一による同名小説の実写版。どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)が、70年前に天皇の料理番だった山形直太朗(西島)が考案した幻のフルコースの謎を追う姿を描く。  解禁された映像では、佐々木が山形の考案したフルコースを再現するように要請されるシーンが映し出されるほか、投獄された山形に銃がむけられる緊迫の場面なども収められており、シリアスなドラマが展開することがうかがえる内容に仕上がっている。  メガホンを取ったのは、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』の滝田洋二郎監督。企画を秋元康が手掛けたほか、脚本は『永遠の0』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した林民夫が担当した。さらに、絢爛豪華なメニューの映像化と出演者への調理指導には、料理界の重鎮・服部幸應が全面協力している。  映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』は11月3日より全国公開。

  • 川口春奈&福士蒼汰、『愛してたって、秘密はある。』クランクインを報告 ※「川口春奈」インスタグラム

    川口春奈『愛してたって、秘密はある。』クランクインを報告

    エンタメ

     女優の川口春奈が、11日に自身のインスタグラムを更新。秋元康の企画原案による7月スタートの新ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ)がクランクインしたことを報告した。また、同作の公式ツイッターアカウントでもその前日、主人公・奥森黎役の福士蒼汰の撮影がスタートしたことが伝えられた。@@cutter ドラマ『愛してたって、秘密はある。』は「愛する人の秘密をどこまで許せるか?」をテーマにした“自問自答”ラブミステリー。中学3年生の夏、母親の奥森晶子(鈴木保奈美)をDVから守るため、父親(堀部圭亮)を殺害した過去を持つ黎。事件から8年後、法科大学院で立花爽(川口)と出会った黎は結婚を決めるが、その矢先に過去の“秘密”を知る者から不気味なメッセージが届く。  11日の投稿で「クランクインしました」と報告した川口は、移動中とみられる車内で撮影したメガネ姿のオフショットをアップ。「立花爽を全力で楽しんで頑張っていこうと思います」と意気込みを示した。  また前日に更新された同作の公式ツイッターアカウントでは、「奥森黎役の福士蒼汰さんでーす!」という内容と共に、福士がキャストやスタッフから拍手で迎え入れられる瞬間のショットをアップ。投稿のハッシュタグでは「スーツ姿新鮮」「だいぶイケてる」というメッセージも添えられていた。  それぞれの投稿について、川口のインスタグラムには「メガネをかけた春奈ちゃんもとっても可愛くてステキ!」「ハーフみたい」などの感想がみられ、同作のツイッターアカウントには「蒼汰くんのスーツ姿、凄く素敵です」「スーツめっちゃ似合ってるし、カッコいい」などのコメントが寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/haruna_kawaguchi_official/    https://twitter.com/aiaru_ntv

  • 秋元康が企画原案、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』福士蒼汰が殺人犯役に

    秋元康、12年ぶりにテレビドラマの企画原案! 福士蒼汰が殺人犯に

    エンタメ

     2005年公開の『着信アリ』以来、秋元康がおよそ12年ぶりに企画原案を手がけた新ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ)が7月期からの日曜ドラマとして放送することが決定。主人公にミステリー初挑戦となる福士蒼汰を迎え、川口春奈、鈴木保奈美、遠藤憲一、小出恵介、鈴木浩介ら豪華キャストらが顔を揃える。@@cutter 本作は、愛する人の秘密をどこまで許せるか?という愛の極限が問われる“自問自答ラブミステリー”。中学3年生の夏、母親の奥森晶子(鈴木)をDVから守るため父親(堀部圭亮)を殺害した過去を持つ黎(福士)。事件から8年後、法科大学院で立花爽(川口)と出会った黎はやがて結婚を決めるが、その矢先に過去の“秘密”を知る何者かから不気味なメッセージが届く……。  企画原案を務めた秋元は「恋人のことをどれぐらい知っていますか?」が、本作のコンセプトであると公言。「もし、婚約者が“母親を守るために実の父親を殺してしまった”と知ったら?」「恋人がいる人もいない人も、真実の答え合わせをしてください」とみどころを伝える。  主演の福士は「過去にとても大きな秘密を抱えていて、その秘密が故に思い悩むシーンが多く出てきます」と作品の雰囲気を解説。共演者について「川口さんは、爽の元気で明るいキャラクターにぴったり」と述べるほか、「鈴木さんは初共演ですが、初めてお会いしたときからやわらかく包み込むような優しさを感じたので、どんな母子関係が築けるのかが楽しみ」とそれぞれの印象を話す。  また、川口は「脚本を読んで本当に面白いと思いました」と感想を吐露。撮影が進むにつれて「自分自身もどうなっていくのか、本当にワクワク楽しみにしています。見ごたえのある大人のラブストーリーですので、一生懸命演じていきたいです」と意気込みを示している。  新日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』は、日本テレビ系列にて7月より放送スタート。

  • 渡辺麻友、主演ドラマで“平成の阿部定”役に

    AKB48渡辺麻友、主演ドラマで“平成の阿部定”役に 「刺激的な夜をお届けしたい」

    エンタメ

     AKB48の渡辺麻友が、企画・原作を秋元康が務めるコメディドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』で主演を務めることがわかった。「阿部定事件」で知られる阿部定をほうふつさせる役柄に挑む渡辺は「毎週日曜深夜、皆様に刺激的な夜をお届けしたいと思います!!」と意気込みを語っている。@@cutter 本作は、AKB48グループメンバーが各話で主演を務めた『AKBラブナイト 恋工場』(2016年4月~9月)の主演女優バトルで、渡辺が第1位に輝いたことから製作されたドラマ。渡辺扮する不器用な愛を貫く主人公・桐山さおりが、出会ったサイテー男たちを成敗していく姿が、コメディタッチで描かれる。  渡辺が演じるさおりは、1936年に起こった“阿部定事件”で、交際相手の男性の下腹部を切断したことで知られる阿部定のように、純愛を貫くがゆえに男性の下腹部を切断してしまうというショッキングでセンセーショナルなヒロイン役。渡辺は「お話をいただいた時は驚きました。あの衝撃的な事件、阿部定事件がドラマ化?私が平成の阿部定?!今まで演じた事のない役柄です!」とコメント。  また「私自身も大きな挑戦となります。純愛を求め過ぎたが故に行き着く果て。毎週日曜深夜、皆様に刺激的な夜をお届けしたいと思います!!」と意気込みを語っている。阿部定事件は、仲居・阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断したこの衝撃的な事件。のちに数々の小説や映画の題材になり、人々の興味を引きつけてきた。  前代未聞のショッキング痛快純愛コメディードラマ『サヨナラ、きりたんぽ』は、テレビ朝日にて4月より毎週日曜24時40分から放送(関東地区、及び一部地域で放送)。

  • “デジタルアイドルプロジェクト”「22/7」(ななぶんのにじゅうに)

    秋元康×アニプレ、“デジタルアイドルプロジェクト”グループ名&ビジュアル発表

    アニメ・コミック

     秋元康がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースする「デジタルアイドル」のオーディション最終審査が24日に行われ、最終的に12名が合格となった。またグループ名も合わせて発表、グループ名は「22/7」(ななぶんのにじゅうに)となることが発表された。@@cutter 秋元が命名したこのグループのコンセプトは「0から1を生み出す時には、そこにないもの、まだ見えないものを信じる力が必要である。22/7は、想像の象徴だ。どんな意味を持っているのだろう?答えは、未来にある」というもの。  2016年10月17日のプロジェクト発表と共にオーディションがスタート、全国から総勢1万325通もの応募が集まり、書類、2次、3次、SHOWROOM審査、最終と数々の関門をくぐり抜け、最終的に12名が合格。またその場で12名の中から暫定的に、発表されているキャラクター8名の声優も決定している。但し、あくまでも暫定の役柄であり、今後この12名の中での変更や、新たなメンバーが追加などの可能性もある。    秋元は「今回は、初めての試みです。例えば、AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46等のようにアイドルからスタートして声優になりたいという子が多い中、今回は逆をやってみてはどうだろかと思いました。声優からアイドルを作るという試みは、僕にとっても初めての経験なので、オーディションも今までとは全く違う選出をしました」と今回のプロジェクト発足に関するコメントを寄せている。  さらに、グループ結成とともに新たなメインビジュアルも発表された。これまでは、それぞれのキャラクターデザイナーが描いたキャラクタービジュアルのみが公開されていたが、「滝川みう」のキャラクターデザインを担当している堀口悠紀子が、8人のキャラクター全員を描いた絵を公開した。 各キャラクター名とオーディション合格者SHOWROOMエントリーNo.は以下の通り。 河野都(こうのみやこ)SHOWROOMエントリーNo.21 斎藤ニコル(さいとうにこる)SHOWROOMエントリーNo.7 佐藤麗華(さとうれいか)SHOWROOMエントリーNo.4 滝川みう(たきがわみう)SHOWROOMエントリーNo.19 立川絢香(たちかわあやか)SHOWROOMエントリーNo.25 戸田ジュン(とだじゅん)SHOWROOMエントリーNo.9 藤間桜(ふじまさくら)SHOWROOMエントリーNo.11 丸山あかね(まるやまあかね)SHOWROOMエントリーNo.22 (以下、暫定キャラクター未決定のオーディション合格者SHOWROOMエントリーNo.) SHOWROOMエントリーNo.2 SHOWROOMエントリーNo.15 SHOWROOMエントリーNo.18 SHOWROOMエントリーNo.20

  • 高橋みなみ、秋元康との歩みを回想

    高橋みなみ、秋元康からの「ありがとう」に涙 AKB48の10年間を振り返る

    エンタメ

     AKB48のメンバーとして8日に最後の劇場公演を終えた高橋みなみが、8日放送のトークバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)に出演。2015年12月に行った卒業宣言からの経過や思いなどを、秋元康総合プロデューサーらとともに語った。@@cutter 高橋との思い出の集約が、卒業コンサートの開始前に高橋と顔をあわせた時だったと明かす秋元は、車で会場の関係者口につけた際、高橋はそこに立ち、開演前なのにすでに泣いていたという。「どこかで3時間、4時間と語り合うよりも、その瞬間に10年間があっという間に過ぎ去ったような気持ちになりました。この一瞬のために頑張ってきたのかなって気がしましてね」と、その瞬間に感じた思いを語る。  また、改めて高橋は秋元への思いを「感謝しかないですね。秋元さんじゃなかったら辞めていたと思うし、秋元さんが途中でAKB48を辞めると言ったら、辞めていました」と感謝の気持ちとともに振り返っていた。  その秋元から、この日は高橋へのメッセージが届けられ、現総監督の座がメンバーの横山由依に引き継がれることを決めた際に、高橋が「こんな思いをするのは私だけでいい」とリーダーの重責を引き継ぐことに悩んでいたの見て「(高橋が)背負っていた荷の重さに、申し訳ない思いで一杯になりました」とAKB48のリーダーとして掛けてきた苦労を悔やんでいる思いが明かされる。  そして最後に「頑張れ。僕もこれから応援します。最後に気の利いた言葉を贈ろうと思ったのですが、これしか浮かびませんでした。『ありがとう』」と、激励とともに感謝の言葉でメッセージが終えられると、高橋は感激のあまり涙を流し、言葉を詰まらせる場面も。そして「『ありがとう』は、私が言わなきゃいけない言葉だと思いました。本当に助けられたし」とその言葉に返答、続けて「私は船を下りるけど、これからも続いていってほしいです」と、残されたAKB48へのメンバーに対するエールで締めくくられた。

  • 高橋みなみ、握手会襲撃事件を語る

    「握手会襲撃事件」を高橋みなみが語る 「AKB48は終わりました」解散危機だった

    エンタメ

     4月8日にAKB48を卒業した高橋みなみが、8日放送のトークバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)に、AKB48のメンバーとして出演。AKB48グループの初代総監督として「握手会襲撃事件」等の事件とともに激動の時を過ごした自身の10年を、同席した小嶋陽菜、峯岸みなみら、そして秋元康総合プロデューサーと振り返った。@@cutter 2014年5月に岩手県で起きた「握手会襲撃事件」を振り返り、当時現場から秋元へ「AKB48は終わりました」と一言で現場の状況を報告したという高橋は「とっさに言ってしまいました、秋元さんにそんな言葉は言ってはいけなかったと思うけど」と、悔しかった事件の中にあったエピソードの一部を回想。  当時の凄惨な現場の状況の中で皆を落ち着かせていたことも知っている峯岸は、事件発生後にメンバーとスタッフとの会議の席上で、状況を把握していないスタッフから握手会再開の意見を高橋が一喝するのを見て「(再開は無理と)皆言える状況じゃなかった中で、たかみなが全メンバーを背負って意見をしてくれた。その一言で皆がハッとしたと思います」と、高橋の行動に助けられた思いを改めて明かした。その後、“誰も知らない2人だけの会話”として、高橋と秋元の間で「解散」についても話し合ったことが明かされると、小嶋は「解散の危機になっていることは知らなかった」という。  また、AKB48の第一期である高橋みなみは、結成当時は皆の足を引っ張っていたものの、秋元は「誰よりも真剣で『背中を見せていた』し、皆が認めると思った」と、一目置いていたことを告白。高橋は、グループ内で親友である前田敦子の躍進を見て、そのポジションにいけないことを思いつつグループ内での居場所を見つける上で「たまたま空いていたというリーダーという枠に自分の居場所を見出したんです」と、グループの先頭に立つ決意を固めた時の思いを告白する。  その高橋が当初は年上のメンバーもいる中で、グループをリードできないことを悩んでいた中、秋元より「嫌われる勇気を持ちなさい」というメッセージを受けたことで奮起し「誰にも打ち明けたことが無いのに何で分かったの?ってビックリしました。でもその言葉に本当に救われました」と、秋元への感謝の念を表していた。

  • 映画監督で振付師、ケニー・オルテガはどんな人物?

    秋元康、ドリカムとも交流 『THIS IS IT』監督の影響力に迫る

    映画

     キング・オブ・ポップの圧倒的なパフォーマンスと知られざる素顔に迫った映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』や若者から絶大な支持を誇る『ハイスクール・ミュージカル』シリーズを手掛けたハリウッドきっての大物プロデューサー、ケニー・オルテガ。実は彼、日本の音楽業界とも深い関わりがある人物なのだ。@@cutter ケニーは映画監督、プロデューサー、振付師、ディレクターとしてその名を知られるハリウッドの大物プロデューサーだ。彼の名を知らしめたのは、1981年に公開されたオリヴィア・ニュートン・ジョン主演の『ザナドゥ』。ここで振付を担当した。その後は、マドンナの「マテリアル・ガール」を始めとするミュージックビデオだけでなく、アトランタオリンピックやソルトレイクシティオリンピックなどの世界的イベントの振付も手掛けている。    またメガホンをとったミュージカル映画『ハイスクール・ミュージカル』は世界的大ヒットを記録。マイケル・ジャクソンとも親交が深く、マイケル最期のコンサートツアーとなった「THIS IS IT」の演出を務め、ドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』でも監督を担うなど、ポップ音楽業界で絶大な信頼と実績を誇る人だ。     日本においては、1995年にDREAMS COME TRUEの全国ライブツアー「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 1995」に演出家、振付師として参加。ドリカムの中村正人は、ラジオ番組で自らの音楽体験を振り返るなか、「学んだことがすごく財産になっている」とケニーとの出会いについて語っている。また秋元康とも交流があり、「AKB48選抜総選挙」を見るために福岡ヤフオク!ドームまで駆けつけたことも話題となった。秋元はトークアプリ755で「ケニー・オルテガ監督と一緒に企画を進めています」ともつぶやいており、二人のタッグの展開に期待大。日本のトップアーティストたちに影響を与えている人物でもあるのだ。@@separator そんなケニーの最新作は、12月18日20:00、ディズニー・チャンネルにて日本初放送となるオリジナル・ムービー『ディセンダント』だ。「ディセンダント」とは英語で“子孫”を意味する言葉。『マレフィセント』や『白雪姫』『美女と野獣』など、歴代のディズニー・キャラクターに子孫がいたら?という、「めでたし、めでたし」のその後を綴る物語だ。    ケニーは「自分が一番心に感じていたものは、人生というのは出身や生い立ちということよりも、自分自身で決めたことによって、自分がどういう人になるかが決まっていくということ」と本作に込めた思いを告白。「マレフィセントの娘、クルエラ・ド・ビルの息子、(白雪姫の)邪悪な女王の娘や(アラジンの悪役の)ジャファーの息子は、とても良い親の元で育ったとは言い難いが、そういったことを考えた時に、彼らはどういう選択をするのだろうか?人生は自分で決めたことに影響されるのだということを、若者にぜひ想像してほしい」と若い世代にメッセージを贈る。    もちろん、ケニーが手掛けた作品だけあって、ご機嫌な歌とダンスシーンもたっぷり用意。「ストーリーが力強く、音楽もダンスも力強く素晴らしく、内容も共感してもらえると思うよ。みなさんが応援をしたくなるような物語なんだ」と見所を明かしている。

  • 秋元康と横山由依のバースデー2ショット

    篠田麻里子、横山由依のバースデーショット公開 総監督継承にも祝福メッセージ

    エンタメ

     「AKB48」卒業後、女優・タレント・モデルなど幅広い活躍をみせる篠田麻里子が、8日に誕生日を迎えた同グループ後輩の横山由依と、総合プロデューサー秋元康のツーショットをインスタグラムで公開した。@@cutter 横山は8日、現役メンバーや卒業生が勢揃いした「AKB48劇場10周年記念特別公演」に出席。記念すべき誕生日に、来年3月に卒業が決まった高橋みなみからグループ総監督を引き継ぎ、二重にめでたい日となった。  このインスタグラムには「ゆいはん、誕生日おめでとう!そして総監督就任おめでとう!」「ゆいさん、おめでとうございます!あなたの人生はあなた自身が創っていくのだ。頑張れ!」「総監督頑張って下さい♪応援してます!」「横山由依新総監督!新しい一歩を」といった祝福のメッセージが届いている。

  • 秋元康、“叱られたい”願望にタモリも同意

    タモリと秋元康、男の“叱られたい”願望を告白「普通の顔をして心をツネってほしい」

    エンタメ

     22日、『ヨルタモリ』(フジテレビ系)に秋元康がゲスト出演し、叱られたい願望を吐露。タモリと共に、“いかに叱られたいか”、“どのように叱られるのが一番気持ちよいか”語り合った。@@cutter 同番組の女将である宮沢りえから、「AKBとか少女たちの気持ちを歌詞に書くじゃないですか。あれはどういう気持ちで書くんですか?」という質問を受けた秋元。「僕が中学の時代はラブレターですけど、今はLINEとかメール。その返事が来るか来ないかというのは今の時代も変わらない」と断言。「好きな子が振り向いてくれるかとか表情を探る訳じゃないですか。それと同じでLINEで送られてきたものが疑問系で終わるかスタンプで終わるかによって、どれくらい自分に興味を持っているかわかる」と力説した。  また、秋元は「叱られたい願望がある」と告白。「なんでこの人に叱られたのかわからないのがいいんですよね。我々、“叱られ隊”は」とタモリに同意を求めつつ、「普通の顔をして心をツネってほしいんだよね」と秋元。タモリは「50過ぎた男は、大体立場があるから、自信と自負がある。横からそんなものは大したことがないっていう風にツネってほしいんだよね」と乗っかっていた。  ほかにも、秋元は「昔、僕は『タモリのオールナイトニッポン』の初期の構成作家として入っていた。タモリという人は面白い人で打ち合わせもしないで、本番前に突然ジョン君の袋を作ったり…」と述懐。同番組出演する能町みね子が「ジョン君っていうのは男性のですよね」と説明すると、秋元は「そういうのを見てたから、仕事というのはそのとき楽しいと思うことが一番じゃないかと思うようになった」と打ち明けた。

  • 秋元康、AKB48は「全力で集めたかわいい娘」クラスの3番目は都市伝説

    秋元康、「AKB48は効率が非常に悪い」 お金儲けは考えてないと告白

    エンタメ

     『アナザースカイ』(日本テレビ系)が20日に放送され、ゲストに秋元康が登場。番組で秋元はロンドンを訪れ、ワン・ダイレクションをプロデュースしたサイモン・コーウェルに会いに行くなど“、とにかく面白いと思うことを追求する”という秋元の凄みが表出された。@@cutter “海外にある第2の故郷”を“アナザースカイ”と呼び、ゲストの人生を掘り下げる本番組。秋元は何度も訪れるというロンドンを“アナザースカイ”に指定した。ロンドンではワン・ダイレクションやスーザン・ボイルをプロデュースしたサイモン・コーウェルに会い、スイスではクイーンのプロデューサーを務めたジム・ビーチと打ち合わせをした秋元。コーウェルからは「AKB48は不思議なことをやっているな」という感想を聞いた。  「企画を1つ生み出すことは、世界中どこであろうが変わらない。仕事というよりも“面白そうだな”という好奇心のほうが強い」と明かす秋元は高校2年生の夏休みから仕事を始めている。そして、秋元は「皆から『お金儲けうまいですよね』と言われるんですけど、考えたことないですね」と続ける。  また、「AKB48は効率が非常に悪いと思う。最初はお客さんが7人しかいなかった。友人などに『売れてよかったですね。本当に辛い時期を頑張りましたね』と言われた。だけど、その当時の僕は『これは楽しいし、イケてる』と思っていた」と振り返り、「僕らの世代は欧米に憧れて、ああいうものを作りたいと思っていた。しかし、それは逆だと。自分たちの作りたいもの、欧米にないものを作れば、勝手に欧米の人たちが面白がってくれるんじゃないかと思うようになった」と独自の理論を展開した。  司会の今田耕司がAKB48について「アイドルのコンセプトって“かわいい”じゃないですか。クラスで3番目にかわいい娘を集めるってどういうことですか?」と聞くと、秋元は「そんなことは言ってないんです。多分、都市伝説になってる。全力でかわいい娘を集めたつもりなんです」と全否定。続けて秋元は「ただ、自分の1番目は誰かの3番目かもしれない。オーディションのときは総合点ではなく、誰かが絶対入れたいという娘を入れた。だから、『エー!?』っていう娘も入っている」と明かした。

  • 『死霊のはらわた』PRイベントに登場した元SDN48の野呂佳代

    元SDN48野呂佳代、死霊の力を借りて篠田麻里子を「全力で潰したい」

    映画

     6月8日に行われる「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙」に名乗りを上げた元AKB・SDN48メンバーの野呂佳代が16日、都内で行われたスプラッターホラー映画『死霊のはらわた』PRイベントに、グロテスクなメイクを施した“死霊ちゃん”として登場した。@@cutter 呪いの力で操作したい人物を「篠田麻里子!」と即答した野呂は「前回の総選挙で『全力で潰しに来て』と言っていたので、死霊の力を借りて全力で潰したい」とタンカを切るものの、素に戻ると「潰す覚悟のある人が潰せばいい。今さらだけれどフューチャーガールズに入りたいので、私の範疇ではない」と総選挙を前に戦線離脱していた。  同作は、映画『スパイダーマン』3部作や『オズ はじまりの戦い』などで知られるヒットメーカー、サム・ライミ監督の長編監督デビュー作にしてスプラッター映画の金字塔的作品のリメイク版。不気味な山小屋を訪れた若者が禁断の「死者の書」を開いてしまったことから、邪悪な死霊たちに次々と憑依されてしまう。  2人がかりで1時間かかったというリアルなメイクにご満悦の野呂は、終始“死霊ちゃん”になりきり「秋元康先生を呪いたい。というかセンターを考え直す時間を呪いたい。たくさんの会議があってのセンターだと思うので、その会議を呪いたい」と憎しみも露わ。特に「SDN48については考え直してほしい」そうで「当時は皆で卒業って言っていたけれど、事実上の解散だからね」と未練タラタラ。さらに司会者が売れっ子の元メンバー・芹那の名を出すと「呪い殺そうか!」と逆上していた。  選挙当日に仕事が入っていることから立候補受理も危ぶまれたものの、卒業メンバーとして決戦に挑む構えの野呂は「6月の総選挙は秋元先生がくださったチャンス。確実にレシーブで返したい」と意気込みも十分。卒業メンバーの中では、ラジオなどでAKB48と接する機会が多いことから「ファンの方にも知ってもらえるので、リスナーを引き寄せて大きな輪を作っていきたい」と草の根運動に期待していた。  映画『死霊のはらわた』は、5月3日より新宿ピカデリーほかにて全国公開

  • シュガー・ラッシュ

    秋元康、AKB挿入歌でアニー賞音楽賞を受賞!「シュガー・ラッシュ」

    アニメ・コミック

     アニメ界のアカデミー賞と言われるアニー賞が、2日(現地時間)に米ロサンゼルスで行われ、ディズニー新作映画「シュガー・ラッシュ」(3月23日公開)が、最多となる5部門を受賞した。受賞部門には音楽賞も含まれ、AKB48が歌う挿入歌を作詞した秋元康氏が、ほか5人の作曲家と共に受賞を果たした。@@cutter 人間たちが知らないゲームの世界を舞台に、ヒーローになれない“悪役”のラルフと、レーサーになれない“ひとりぼっち”の少女が大冒険を繰り広げる感動の冒険ファンタジー「シュガー・ラッシュ」。  「シュガー・ラッシュ」は、秋元氏が受賞した音楽賞のほか、作品賞、監督賞、声優賞、脚本賞の5部門で受賞。また、本作と同時上映される短編アニメーション「紙ひこうき」も短編映画賞に輝いた。  「シュガー・ラッシュ」は、2013年3月23日(土)より全国公開 短編アニメーション「紙ひこうき」も同時上映

  • 卒業記念フォトブック「あっちゃん」の発売イベントに出席した前田敦子

    前田敦子がAKB48卒業後初イベント、理想の男性は「頭のいい人」!デートで映画館に行きたい

    エンタメ

      人気グループAKB48を卒業した前田敦子が、卒業記念フォトブック「あっちゃん」の刊行を記念した握手会イベントが都内にて行われ、イベント前に囲み取材を行った。AKB48卒業後初イベントとなる。「AKB48として生活してきた7年間が詰まっています」と写真集について説明した。前田は今まで振り返ったすることがなかったので、新鮮な気持ちで写真集を作り上げていったことを告白。このイベントには100人を超す報道陣、ファン1500人が出席した。 @@cutter  同写真集には7年間にわたって“絶対的エース”の座に君臨し活動してきたAKB48を卒業して女優としての道を歩み始めた前田敦子の撮り下ろしグラビアのほか、内気な幼少期からグループ卒業後の夢までを語った2万字におよぶインタビュー、“育ての親”秋元康氏や、メンバーたちとの対談も掲載されている。   AKB48卒業から一週間がたち、前田は「確実に自分の時間ができた。でもまだせかせかしている自分がいる」とハードスケジュールだったAKB48時代の自分の生活を振り返った。いまも秋元氏やメンバーたちとよく会い、食事もしているという。時間ができたことで、恋愛に話が及ぶと「したいですね。デートするなら映画館」と普通女の子としての素顔も覗かせていた。理想の男性のタイプは「頭のいい人」だそうで、映画を観た後に意見交換がしてみたいのだとか。   写真集については「今まで振り返ったりすることがなかったので、新鮮な気持ちで作り上げていった」と説明した。内容盛りだくさんの188ページ。沖縄と地元・千葉、本拠地・AKB48劇場を舞台にしたグラビアや、メンバーが撮影した“無防備あっちゃん”の姿などが満載の本作、お気に入りの写真はポスターにもなっている沖縄の砂浜で花火をしている写真だそう。「行きたかった沖縄に行けたし、素の私が出ています」とにっこり。インタビューでは、内気だったという幼少期から、笑いも涙もあったAKBでの7年間、そして卒業後の進路や夢を語り尽くしている。   AKB48としては「やりきった。やり残したことは何もないと」きっぱり。さらに、「AKB48には感謝です。これからもいい仲間であり、家族であり、ライバルでいてほしい」とエールを送った。今後については「お仕事は受身、何でもやって生きたい」と謙虚に応えた。大好きな歌もソロとして歌って行きたいと話し、「一人でライブをしたり、アルバムも出したい」と抱負を語った。これから新しいスタートを切った前田だが、注目度とともに期待度も大きい。   「前田敦子AKB48卒業記念フォトブック『あっちゃん』」(8月24日発売/講談社)は発売されるや大きな反響を呼び、初週5.0万部を売り上げ、9/3付“本”ランキングBOOK(総合)部門で初登場首位となった。男女通じてソロ写真集が総合首位を獲得するのは、2008年4月の調査開始以来初の快挙。   前田敦子卒業記念フォトブック「あっちゃん」は発売中

  • ゆきりん、ソロデビュー決定

    AKB柏木由紀のソロデビューが決定! 初のソロライブ中にサプライズ発表

    エンタメ

     AKB48の柏木由紀(20)がソロデビューすることが、総合プロデューサーの秋元康のGoogle+の投稿で発表された。@@cutter 秋元は、「打ち合わせが長引いてしまい、中野サンプラザに行けなかった。柏木、ごめん。直接、伝えようと思っていたんだけど、ぐぐたすで発表しておきます。『柏木由紀をソロデビューさせます』フレンチ・キスも続行するので、心配しないでください。柏木のバラードに惚れました。」と、柏木のソロデビューについてコメント。  この時、柏木は東京・中野サンプラザで初めての単独ライブ「1stソロライブ~寝ても覚めてもゆきりんワールド~」を開催中で、ステージではアンコールで柏木が所属するユニットのフレンチ・キスのメンバー高城亜樹と倉持明日香がサプライズで登場して会場が盛り上がる中、所属事務所の先輩、ネプチューンの名倉潤も突然ステージに登場。  秋元に頼まれたと言うことで、ステージに秋元の投稿が映し出され、名倉が「柏木由紀をソロデビューさせます」と読み上げると、何が起こったか分からない状況の柏木だったが、会場からは「おめでとう」の大歓声が。  それでも信じられない柏木は何度も秋元のコメントを読み返すと「人はびっくりと嬉しいが一緒に来ると何を話していいか分からなくなるんですね。いつかはソロデビューしたいと思っていましたが、ファンの皆さんの前で発表を聞けてうれしいです。これからも柏木由紀、フレンチ・キスをよろしくお願いします。」と喜びを気持ちを表し、今月18日発売のフレンチ・キス新曲「ロマンス・プライバシー」を熱唱した。

  • 今度の舞台は“プリズン”

    「マジすか学園2」から1年…AKB48ドラマ「マジすか学園3」放送決定!舞台は“プリズン”!!

    エンタメ

      企画・原作を秋元康、AKB48メンバー総出演で人気を博した“ヤンキー達の青春”ドラマ「マジすか学園3」の放送が決定したことが発表された。今度の舞台は“プリズン”となる。 @@cutter   前作「マジすか学園2」から1年。これまで主演を務めていた前田敦子はAKB48を卒業するため、誰が主演となるかも気になるところだ。   「マジすか学園3」は、7月13日(金)よりテレビ東京系のドラマ24枠(毎週金曜深夜00時12分から00時53分)で放送。AKB48だけでなくSKE48のメンバー他も多数出演予定。

  • 「私立バカレア高校」遂に映画化決定

    ジャニーズJr.×AKB「私立バカレア高校」映画化決定、各グループから新キャラも登場

    映画

      ジャニーズJr.×AKB48、2大アイドルグループ単体として初競演した学園ドラマ「私立バカレア高校」の映画化が決定した。公開は2012年10月を予定している。@@cutter  秋元康原作の「私立バカレア高校」は、2012年4月14日から日本テレビで放送している連続ドラマ。バカだけど熱い最凶ヤンキー高校=馬鹿田高校の生徒役には、ジャニーズJr.の森本慎太郎、松村北斗、京本大我。そして馬鹿田高校と合併する学業優秀&ルックス極上…最強のお嬢様高校=第2カトレア学院の生徒役には、AKB48の島崎遥香、大場美奈、光宗薫がドラマから引き続き出演。また、内博貴、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、高木雄也(Hay!Say!JUMP)らのキャスト続投も決定した。   映画化が決まったことについて、桜木達也役に扮するジャニーズJr.の森本慎太郎は「テレビドラマの撮影で築いた仲間達との輪が途切れる事なく、映画版の撮影に入れたことは、とても嬉しいです。良い作品になるように、やる気一杯で頑張っています」と意気込みを見せており、真行寺文恵役のAKB48の島崎遥香も「私にとっても初めての映画撮影で、馬鹿田仕込みの体当たりで撮影に挑みました。映画版になり、よりパワーアップしたバカレアを見て欲しいです。皆さん楽しみにしていてください」と気合十分。   映画版では、ジャニーズJr.とAKB48から新キャラクターも続々登場するという。6月30日にドラマは最終回を迎えるが、早くも今年の秋には劇場でバカレア旋風が巻き起こりそうだ。  「私立バカレア高校」は2012年10月 全国ロードショー

  • 卒業時期が明らかになった前田敦子

    前田敦子、卒業のXデーが明らかに!秋元康が電撃発表

    エンタメ

     3月25日に埼玉スーパーアリーナで行われたAKB48のコンサート最終日に、卒業を電撃発表した前田敦子。その卒業時期に関しては未定であり、今まで様々な憶測が飛び交っていたが、このほど総合プロデューサーの秋元康氏が自身のGoogle+でXデーを発表した。 @@cutter  秋元氏は「先日、久しぶりに前田敦子とミーティングした。スタジオなどではすれ違っていたが、じっくり話すのはあのさいたまスーパーアリーナ以来だ。AKBのこと、仲間のこと、後輩のこと、ファンのこと、前田自身の将来のこと………決して、雄弁ではないが、ひとつひとつのことを真摯に話してくれた。人見知りで、いつも殻に閉じ籠っていた14歳の少女が20歳になり、自分のことだけではなく、みんなのことを思いながら話しているその成長ぶりに感動した。相変わらず表現は下手だが、その分、ストレートに伝わって来る。時々見せるはにかんだ表情は、あの頃の“あっちゃん”のままだ」と語っている。  そして、注目される卒業日程については「というわけで、前田敦子は東京ドームのコンサートと翌日のAKB劇場の公演をもって卒業することになりました。」と発表。詳しいスケジュールは、後日発表するそうだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access