中村靖日 関連記事

  • 『デジタル・タトゥー』第2回場面写真

    今夜『デジタル・タトゥー』、高橋克実の元へ以前担当した痴漢事件の被告人が

    エンタメ

     俳優の高橋克実と瀬戸康史がダブル主演を務めるドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK総合/毎週土曜21時)の第2回が今夜放送される。新たに立ち上げた岩井法律事務所のホームページを見て一人の男が訪ねてきた。彼はかつて岩井(高橋)が検事時代に担当した痴漢事件の被告人で、ネット上にさらされた事件に関する書き込みを削除してほしいと迫る。@@cutter 本作は、インターネットには全く疎い50代のヤメ検弁護士・岩井と、動画サイトで荒稼ぎする20代YouTuberのタイガ(瀬戸)がバディを組んで、ネット上の中傷や個人情報の拡散に苦しむ人々と向き合い、救いだす姿を描くサスペンスドラマ。  自分の命を狙う者の正体を突き止めたいと転がり込んできたタイガが、岩井法律事務所のホームページを立ち上げる。すると、それを見た大野(中村靖日)が岩井の元を訪ねてきた。  大野は岩井が地方検事だった時に担当した痴漢事件の被告人で、その後新潟に移り住み、小さな塾を営んでいた。だが、最近になって過去の事件がネットで蒸し返され、生徒が皆やめてしまったという。書き込みを削除してほしいと迫る大野は、その時の被害女性が「痴漢された」と騒いでは示談金をせしめる詐欺の常習者だったと岩井に告げる。  土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』第2回は、NHK総合にて今夜5月25日21時放送。

  • 『舞台 PSYCHO‐PASS サイコパス Virtue and Vice』九泉晴人(鈴木拡樹)

    舞台『サイコパス』9名のソロビジュアル公開 花澤香菜らボイスキャストも発表  

    アニメ・コミック

     アニメ『PSYCHO‐PASS サイコパス』の初舞台化となる『舞台 PSYCHO‐PASS サイコパス Virtue and Vice』より、キャスト9名のソロヴィジュアルが公開。併せて、ボイスキャストとして、アニメーション作品『PSYCHO‐PASS サイコパス』シリーズの常守朱(花澤香菜)、禾生壌宗(榊原良子)、ドミーネーター(日高のり子)が、声のみのボイスキャストとして登場するが発表された。@@cutter 『PSYCHO‐PASS サイコパス』は、フジテレビ“ノイタミナ”にてTVシリーズが第2期まで放送され、劇場版も公開されたシリーズ作品。人々の精神が数値化される近未来で、正義を問われる刑事のドラマが描かれる。  舞台版は、シリーズの脚本家・深見真が舞台用に書き下ろした完全オリジナルストーリー。公安局刑事課三係にスポットが当たり、オリジナルキャラクターたちによるストレートプレイ作品が上演される。ストーリー監修はProduction I.G、演出はTV1期&劇場版で総監督を務めた本広克行が担当。主演は鈴木拡樹が務める。  今回解禁となったビジュアルは、鈴木拡樹、和田琢磨、中村靖日、多和田任益、小澤雄太、町井祥真、池田純矢、高橋光臣、山崎銀之丞ら9名。アニメ『PSYCHO‐PASS サイコパス』の世界をイメージした、グリーンが印象的なビジュアルで、公安局メンバーはブラックスーツ、対立するテロ組織“ヒューマニスト”は鋭い眼光から力強さを感じさせ、登場人物それぞれの個性が垣間見える表情にも注目だ。  『舞台 PSYCHO‐PASS サイコパス Virtue and Vice』は、4月18日から30日まで東京・日本青年館ホール、5月3日から6日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

  • 待望の初ブルーレイ化が決定した特撮TVドラマ『MM9』場面写真

    『シン・ゴジラ』樋口真嗣が総監督、伝説の特撮ドラマ『MM9』初BD化

    エンタメ

     2009年版「SFが読みたい!」国内編第2位に選ばれた山本弘によるコミックを原作に、2010年7月から9月にかけ毎日放送で放送された全13話のテレビドラマ『MM9』が初めてブルーレイ化され、7月27日に発売されることがわかった。@@cutter 本作は、特異生物“M(モンスター)”が多発する日本を舞台に、その出現を予報・分析・周辺地域への警報発令をする「気象庁特異生物部対策課」(通称「気特対」)に所属する公務員たちが、日夜災害に備えて戦う物語。  7月29日公開の話題作『シン・ゴジラ』で監督を務める樋口真嗣が総監督を務め、『ウルトラマンX』の田口清隆を始めとした豪華スタッフ陣が集結した。また、本作の主役ともいえる“M”は、今の日本を代表する特撮スタッフの英知が結集され、シッポン、スカイウォーカー、フルドネラなど、想像をはるかに超えるモンスターたちが登場し、特撮ファンを魅了する。  主演は、ダブルヒロインで石橋杏奈と尾野真千子が務めるほか、「気特対」職員として高橋一生、中村靖日、松重豊、そして謎の美少女役で橋本愛ら個性派が顔を揃えている。  今回発売されるブルーレイには、映像特典として職員3人に焦点を当てたスピンオフドラマやメイキング映像を収録。また、各種設定資料や樋口総監督による絵コンテ、“M”デザイン画なども盛り込まれた解説本をデータ化した「M災害警戒対策情報の利活用の手引き 気象庁」も特典として同封される。  『MM9 Blu‐ray BOX』は、7月27日発売。価格は1万6000円(税抜)。

  • 多部未華子、人生初のドSキャラを、人生初の前髪パッツンで熱演!

    多部未華子、「レオン」マチルダ風のボブヘア披露!『ドS刑事』で鮮烈なイメチェン

    エンタメ

     多部未華子が初の“ドS”役を演じるということで話題の日本テレビ系連続ドラマ『ドS刑事』(4月11日スタート)。今回、多部が役作りのため「生まれて初めて」というパッツン前髪のボブヘアにも挑戦していることが判明。さらに、吉田羊、 勝村政信、八乙女光ほか豪華俳優陣の出演も決定した。@@cutter 本作は、「悪人をいたぶりたい」という理由だけで刑事になったドS女・黒井マヤ(多部)と、それに振り回される巡査・代官山修介(関ジャニ∞・大倉忠義)の姿を描く異色ポリスコメディ。今回公開された画像では、ボブヘアのほか、黒いパーカーに黒いコートという、これまでの多部とは違うハードな印象を与えるルックスになっている。  このビジュアルについて監督は「スーパーキャラクター『デカワンコ』から4年ぶりの作品。多部さんのコスチュームは更に“超ド級”が求められました」と説明。シルエットは『スターウォーズ』のダース・ベイダー、髪型は『レオン』のマチルダをイメージしたと明かし、「悪者を公然と“S”れるヒロイン・黒井マヤがほぼ完成です。またまた多部未華子が変身します」と自信満々な様子。  そして、こんな濃いキャラクターを囲む共演陣も発表。黒井と代官山の上司である川﨑青空署の刑事課一課長・白銀不二子役に吉田羊、器は小さいが憎めない強硬犯罪捜査係の係長・有栖川恒夫役に勝村政信、代官山を見て自らのドM気質に目覚める若き刑事・浜田宗一郎役に早乙女光(Hey!Say!JUMP)が名を連ねる。  また、岸本加世子、伊武雅刀、ミッツ・マングローブ、石井正則、中村靖日、瀬戸さおり、菅裕輔など、個性豊かな面々も物語を盛り上げていく。『ドS刑事』は日本テレビ系にて、4月11日より毎週土曜21時放送。

  • 『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』完成披露試写会舞台挨拶(堀北真希)

    中居正広、キスマイ玉森の人気に嫉妬!? 「俺よりキャーキャーが多い!」

    映画

     3日、映画『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』の完成披露試写会舞台挨拶が都内で行われ、本作に出演するSMAPの中居正広、北村一輝、栗山千明、Kis-My-Ft2の玉森裕太、堀北真希、村上弘明、千原せいじ、中村靖日、庄野崎謙、AKB48の島崎遥香、光宗薫、中村昌也、三好博道、そして監督の木村ひさしの総勢14名が登壇した。@@cutter 2012年4月から放送され、最高19.9%という高視聴率を記録した中居正広主演の大ヒットドラマ『ATARU』。サヴァン症候群に起因する特殊な能力を持った主人公が、迷宮入りしかけた難事件を解決するストーリーが世代を問わず話題を呼び、今回待望の映画化が実現した。本作でも、ドラマでお馴染みのキャストが総出演するほか、スペシャルドラマでゲストとして登場した岡田将生、堀北真希、そしてアタルを追いつめる義足の車椅子女性管理官という新キャラクターとして松雪泰子が出演する。  会場に放たれた無数のシャボン玉に包まれるようにして登場した中居ら14名。2階席まで埋め尽くされた会場からは大歓声が沸き起こったが、中居は「客席は僕らの方からは一切見えてないので、僕らと目が合ったと勘違いしないでください!(笑)」と登場早々に笑いを誘うと、北村は「びっくりするくらい面白い映画になっています! きっと帰る頃には涙を拭っているのではないでしょうか」と本作の出来に自信を見せた。また、玉森も「自分の役を精一杯演じました!」と胸を張ったが、ジャニーズの先輩にあたる中居は「俺よりキャーキャーが多いじゃねえか!」と首を傾げ、玉森の人気に嫉妬していた。  アタルと同じ天才的能力を持った謎の女性・マドカを演じた堀北は「自分でもこのような役を演じることは意外でしたが、自分なりに一生懸命演じました」と充実の表情。「ロサンゼルス、ラスベガスで暑い中での撮影でしたが、中居さんは優しい言葉をかけてくれました」と撮影を振り返ったが、中居から具体例を聞かれると「なんか、優しいっぽい感じ…。2ヵ月も前のことなので忘れました!」といたずらな笑顔で切り返し、中居をガッカリさせた。  10代に見えて実は36歳の美魔女という役柄を演じた島崎は「こうして映画にも参加出来て嬉しく思います。ありがとうございます…以上です…」と相変わらずな受け答えで周囲を唖然とさせたが、中居から「言い残したことはないの?」と聞かれると「あ、中居さん、お小遣いありがとうございました」とポツリ。気になるお小遣いの金額を聞かれた島崎は「500円です」と暴露し、会場はこの日一番の爆笑に包まれた。さらに、約1年ぶりに公の場に姿を見せた元AKB48の光宗は「先日、試写で観たのですが、途中から涙が止まらなくなり、大好きな映画の一つになりました!」と笑顔で語った。    映画『劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-』は9月14日より全国東宝系にて公開。

  • 大島優子、黒髪&昭和ファッションで役作りも完璧!

    大島優子、黒髪&昭和ルックに変身! 「優子ちゃんは輝いている」草なぎ剛も絶賛

    エンタメ

     SMAPの草なぎ剛が天才漫画家・手塚治虫役を演じることで話題の『関西テレビ放送 開局55周年記念ドラマ 神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~』に、AKB48大島優子が、ヒロイン・小田町咲良役として出演することが決定した。@@cutter 大島が演じるのは、出版社の漫画編集部に配属された新米編集部員・小田町咲良。努力の本質を理解できていない現代っ子で、漫画を好きになれない咲良は、ひょんなきっかけで昭和48年へタイムスリップし、編集者アシスタントとして、手塚治虫の身近で仕事をする羽目に。しかし、猛烈な努力家であった“漫画の神様”と言われた手塚の姿を目の当たりにし、咲良の心情にも次第に変化が訪れる…という原作にはないドラマオリジナルの役を演じる。  大島は、役作りのために髪を茶色から黒色へ、前髪も短く揃え、これまでとは違う一面を披露。衣装もタイムスリップした瞬間から、裾幅が広いワイドパンツや柄物に柄物を合わせるなどの昭和ルックとなって登場する予定だ。  今回の起用について番組プロデューサーは、「昭和50年前後の手塚治虫の姿を現代の視聴者に橋渡しする重要な役を、大島優子さんが持ち前の明るさと笑顔で颯爽と演じてくれると思ったから」と話している。  大役を任された大島は「時代を越えて愛されている作品を創った手塚さんの生き方に、ドラマを通して触れることができて嬉しい」とコメント。また、「容姿もさることながら、手塚さんの雰囲気や愛される人柄をしっかり表現されていて凄いと思った」と、ドラマ初共演となる草なぎの印象も語った。  大島も絶賛する草なぎの容姿だが、トレードマークのベレー帽と黒縁メガネ以外に、体型については恰幅を良く見せるため、草なぎのアイデアでお腹の部分に綿を入れているのだという。何にでもこだわりを見せる草なぎらしいエピソードだ。  そんな草なぎは大島について「アイドルと芝居の両方こなすというところで親近感がある。それと感覚的にとても優れているので、(役を)掴むのが早いと思った。この番組が上手くいくか、いかないかは優子ちゃん次第。でも志も高く、精神力もあるから、多少のプレッシャーがあっても大丈夫。輝いている」とコメント。昭和ファッションについても「似合っていて可愛いし、優子ちゃんの魅力が出ていると思う」とベタ褒め。大島との共演を心から楽しんでいる様子。  さらに今回、新たなキャストも明らかに。咲良の先輩編集者を田中圭と岡田義徳、バーのママを麻生祐未、咲良をタイムスリップさせた謎の男を小日向文世が演じるほか、赤塚不二夫としてピースの又吉直樹が登場する。ほか、眞島秀和、マギー、浅利陽介、中村靖日、大竹浩一、松尾諭など個性的な面々が顔をそろえた。  豪華競演で贈るスペシャルドラマ『関西テレビ放送 開局55周年記念ドラマ 神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~』は、関西テレビ・フジテレビ系にて9月24日21時より放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access