ナオミ・ワッツ 関連記事

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚ドラマに出演するジェイミー・キャンベル・バウアー

    『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚、ジェイミー・C・バウアーら新キャスト入り

    海外ドラマ

     4月に全米放送予定のシーズン8で終幕する人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のスピンオフ前日譚ドラマ。昨年11月に出演することが明らかになった女優のナオミ・ワッツに加えて、新たに俳優のジェイミー・キャンベル・バウアーを含む8人がキャスト入りしたという。@@cutter E!Onlineによると、残りの7人は映画『スター・ウォーズ』エピソード9に出演する女優のナオミ・アッキー(Naomi Ackie)、『ナショナル・シアター・ライヴ2018/エンジェルス・イン・アメリカ』の俳優デニース・ゴフ、女優のシーラ・アティム(Sheila Atim)、海外ドラマ『ヒューマンズ』の俳優イヴァノ・ジェレマイア、映画『ナルニア国物語』シリーズの女優ジョージー・ヘンリー、映画『パーティで女の子に話しかけるには』の俳優アレックス・シャープ、そして海外ドラマ『クイーン・メアリー』の俳優トビー・レグボ。  タイトル未定の前日譚ドラマには、映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』の俳優ジョシュ・ホワイトハウスも出演が決まっている。  ナオミの時と同様に、キャラクターの詳細は伏せられたままだ。パイロット版の監督は、『MISTRESS<ミストレス>』シリーズや『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』などの海外ドラマを手がけるS・J・クラークソンが務めるという。製作総指揮を兼任するとのことだ。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚ドラマに出演するというナオミ・ワッツ

    『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚ドラマ、ナオミ・ワッツが出演か

    海外ドラマ

     2019年に米HBO局で放送予定のシーズン8が最終章となる海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。その前日譚ドラマに映画『ザ・リング』シリーズの女優ナオミ・ワッツが出演するという。@@cutter 架空の大陸にある七王国の王座をめぐり、複数の名家が熾烈な覇権争いを繰り広げる『ゲーム・オブ・スローンズ』。前日譚ドラマはその時代を何千年もさかのぼり、英雄たちが活躍する黄金時代から暗黒の時代へと移り変わるさまを描く。ウェスタロスの歴史に潜む恐ろしい秘密や、ホワイトウォーカーの真の起源など、これまで語られていなかった数々のストーリーが明らかになると報じられている。  Varietyによると、ナオミが演じる役の詳細は不明だが、「暗い秘密を隠し持ったカリスマ性のあるソーシャライト」とのことだ。ナオミ以外のキャストは不明。  前日譚ドラマは映画『キングスマン』シリーズのジェーン・ゴールドマンと、『ゲーム・オブ・スローンズ』原作者のジョージ・R・R・マーティンが企画・製作総指揮に名を連ねる。2人が物語を練り、ゴールドマン氏がパイロット版の脚本を執筆すると共に、ショーランナーを務めるという。  同ドラマは今後制作されるという『ゲーム・オブ・スローンズ』関連シリーズの1つになるとのこと。ほかの作品もスピンオフというより、前日譚的なドラマになると報じられている。

  • 交際当時のヒース・レジャー&ナオミ・ワッツ(2002年当時)

    ナオミ・ワッツ、元彼ヒース・レジャーの没後10周年で追悼メッセージ

    セレブ&ゴシップ

     2008年1月22日に28歳の若さで急逝した映画『ダークナイト』『ブロークバック・マウンテン』の俳優ヒース・レジャー。没後10年の命日に2002年から2004年にヒースと交際していた女優ナオミ・ワッツが、自身のインスタグラムにヒースの写真を投稿。「この美しい魂に思いを寄せている」と、ヒースを追悼した。@@cutter ヒースとは、2003年の日本劇場未公開映画『ケリー・ザ・ギャング』での共演で交際に発展したナオミ。結婚間近と伝えられた時期もあったヒースとは2004年に破局したが、ヒースが両手のこぶしを前につき出している白黒の写真に、「10年前に彼はこの世を去った。唯一無二の人だった。いつも心をさらけ出し、最高に強力なカリスマ性があって、ユーモアと才能に満ちていた。彼の優しい心は絶対に忘れない」とコメントし、ヒースを称えた。  処方薬の過剰摂取による急性中毒で、突如帰らぬ人となったヒース。亡くなってから10年の月日が経ち、映画『ブロークバック・マウンテン』で共演したジェイク・ギレンホールもヒースとの思い出をインタビューで語るなど、多くの人々が早世の名優を偲んでいる。

  • エル・ファニング主演『アバウト・レイ 16歳の決断』日本公開決定

    エル・ファニングがショートヘアに!『アバウト・レイ 16歳の決断』公開決定

    映 画

     エル・ファニングがトランスジェンダー役に挑むにあたって、象徴的だったロングヘアーから一転、ショートヘアーに。そんなエルが観られる映画『アバウト・レイ 16歳の決断』の日本公開が決定し、予告映像も解禁された。@@cutter 本作は、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル)を中心に描かれるヒューマンドラマ。16歳の誕生日に“男の子として生きる”と決断したレイに、恋多きシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は「突然、息子を育てることになるなんて…」と動揺を隠せず、レズビアンのおばあちゃん・ドリー(スーザン・サランドン)も理解できずにいたが、次第に家族の秘密が明らかとなる…。  今回、解禁された予告編映像はレイ、マギー、ドリーとそのパートナーらが食卓を囲み語り合うシーンから展開。やがて、「僕はNYで育った」というレイの独白から、物語のシーンが断片的に映し出される。  「普通になりたい」と口にするレイ。それに対し、「なぜ“普通”? “本物”は?」と返すドリー。さらに、レイの決断を支えるため、ホルモン治療の同意書へのサインを、別れた元夫に求めに行くマギーの姿など、家族が織り成すストーリーに期待もふくらむ。  映画『アバウト・レイ 16歳の決断』は、2018年2月3日より公開。

  • 海外ドラマ『ツイン・ピークス The Return』新ビジュアル解禁!

    『ツイン・ピークス』新シリーズ、7月22日日本放送決定! 新ビジュアル解禁

    海外ドラマ

     90年代にカルト的人気を誇った海外ドラマ『ツイン・ピークス』の続編となる、『ツイン・ピークス The Return』が、7月22日よりWOWOWプライムにて放送されることが決定し、あわせて新ビジュアルが解禁となった。@@cutter 『ツイン・ピークス』は1990~91年に全米ABCネットワークで放送。『エレファント・マン』『ブルーベルベット』を手掛けた奇才デヴィッド・リンチ監督が、製作総指揮として初めて手がけたTVドラマとして話題となり、その人気は社会現象にまでなった。  日本では、1991年からWOWOWで初放送され、作品に魅了された“ピーカー”と呼ばれる熱心なファンが出現。それに合わせて“カルト” “ハマる”などの言葉が普及し、海外ドラマブームの火付け役ともいわれる伝説のテレビシリーズと称された。  今回のシリーズは、前作のTVシリーズ最終回で、ドラマの事件の中心となるヒロインのローラ・パーマーが、主人公のクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げた25年後の世界を描く。  前作同様デヴィッド・リンチが監督をする本作は、米SHOWTIME局で5月21日に放送スタート。カイル・マクラクラン、アマンダ・セイフライド、ナオミ・ワッツ、モニカ・ベルッチなどキャスト217人が発表されるものの、内容は謎のまま…期待は膨れ上がる一方となっている。  新ドラマ『ツイン・ピークス The Return』は、WOWOWプライムにて7月22日より日本独占放送。

  • 映画『ダイバージェント FINAL』場面写真

    『ダイバージェント FINAL』公開決定! 怒涛の展開を見せる予告編解禁

    映 画

     作家ベロニカ・ロスの世界的ベストセラー原作『ダイバージェント』シリーズ第3弾にして完結編の『ダイバージェント FINAL』が8月19日より全国公開されることが決定、これに併せて予告とポスターも解禁となった。@@cutter 第16回ティーン・チョイス・アワードで4冠を達成した他、第42回ピープルズ・チョイス・アワードでお気に入りのアクション映画賞を受賞するなど、アメリカで大ヒットとなり、日本にも多くのファンを有する本シリーズ。  FINALの舞台は、近未来、人類が【無欲】【平和】【高潔】【勇敢】【博学】の5つの派閥に分類・管理される社会体制がクーデターによって崩壊、新たな支配者たちが勢力を拡大する時代。シカゴは巨大なフェンスに囲まれ、重いゲートで閉鎖されていた。そんな混迷の中、トリスは仲間と共に外の世界へ脱出することを決意するが、そこに待ち受けていたのは【異端者ダイバージェント】にまつわる驚愕の事実と、人類の記憶を消去し世界を“リセット”させようと企む巨大組織の恐ろしい陰謀だった…。  本作でメガホンを取ったのは、前作『ダイバージェント NEO』に続き、『きみがぼくを見つけた日』を手掛けたロベルト・シュヴェンケ。主人公トリスを演じるのは、ゴールデン・グローブ賞のノミネート経験があるシャイリーン・ウッドリー。トリスの恋人フォーを演じるのはテオ・ジェームズ。  その他、『きっと、星のせいじゃない。』でシャイリーンと息の合った演技を見せたアンセル・エルゴート、映画『セッション』での熱演が記憶に新しいマイルズ・テラー、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で印象的な役柄を演じたゾーイ・クラヴィッツ、『NIKITA ニキータ』で主演を務めたマギー・Q、『ダイアナ』で元英皇太子妃を好演したナオミ・ワッツらが脇を固める。  予告編では、遂に壁の外の世界へ踏み出したトリスたちが、それぞれの描く正義のため別々の道を歩む様子が描かれており、胸高鳴るアクション・シーンでは、近未来感を追求したシリーズファイナルを飾るに相応しい完成度を感じさせている。  映画『ダイバージェント FINAL』は8月19日より角川シネマ新宿、角川シネマ有楽町ほかにて全国公開。

  • 映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』ジェイク・ギレンホールのヒゲ推移

    ジェイク・ギレンホール、“ヒゲ”で繊細な男心を表現!? 変化していくヒゲに注目

    映 画

     映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(2月18日公開)で主演を務めるジェイク・ギレンホールは、過去に「世界で最もセクシーなひげ面」TOP10で、英国王室ヘンリー王子やサッカー界のデヴィッド・ベッカムと肩を並べてTOP10入りしたことのある見事なヒゲの持ち主だが、そのヒゲが本作で重要な役割を果たしていることが明らかとなった。@@cutter 本作は『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの待望の最新作。妻を亡くしても泣くことができず、自分の周りにあるものを破壊することで再スタートしようとする主人公の葛藤を描く。  マルク・ヴァレ監督は本作について「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気いる旅路が美しかったんだ」と語っている。『ナイトクローラー』に出演したジェイク・ギレンホールが主演を務め、妻を亡くし、自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で表現。また、ナオミ・ワッツが、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーを演じている。  富も地位も手に入れたエリート銀行員時代のデイヴィスは毎日欠かさずヒゲを剃っていたが、妻が亡くなった後は常に無精ヒゲ。妻を亡くし涙の一滴も流れない自分に、哀しみさえ無感覚になっていることに気づき、あることをきっかけに、身の回りのあらゆるモノを破壊していくのだが、その頃になってくるとヒゲの伸び方も加速化。  まさに破壊する野獣にぴったりのヒゲ面で、主人公の心情が変化していく様子を可視化している。また、途中伸びきったヒゲを剃るシーンでは、そのヒゲ剃りのシーンを丁寧に描くことによって、主人公の気持ちが徐々に晴れていくことを表し、そしてヒゲを剃ってからは、主人公が立ち直っていくことに自然に気づくだろう。  映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』は2月18日より新宿シネマカリテほかにて全国公開。

  • 9月に破局したリーヴ・シュレイバーとナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツ、リーヴ・シュレイバーとの破局に言及「いつだって変化は怖い」

    セレブ&ゴシップ

     去る9月に11年間の交際に終止符を打った女優ナオミ・ワッツと俳優リーヴ・シュレイバー。破局後もお互いの誕生日にお祝いのコメントを送るなど良好な関係を維持している様子の2人だが、ナオミがリーヴとの破局について初めてインタビューで語ったという。@@cutter Us Weeklyによると、ナオミはオーストラリアのDaily Telegraphとのインタビューで、「自分の人生の中でいい状態にいると実感している。子供達が健康で幸せであること、そして全てがうまくいくことを確実にしてあげたい。それらが今の私の願いであり、私達みんなの願いなのよ」と語ったという。  結婚はしなかったものの、11年間連れ添ったリーヴとの間に2人の息子サシャとサミュエルを授かったナオミ。「有名人であろうとなかろうと、変化は誰にとっても怖いものよ。私にとって変化はいつだって怖いものだけど、何かが変わるというのは新しいことだし、どのように変わっていくのかと思いを巡らせてしまうから怖く感じてしまうのね」と、これまでそばに居たリーヴがいなくなり、これから起きる変化に期待と不安を感じているようだ。  ナオミとリーヴは9月に「この数ヵ月間で、家族としての今後の最善の道はカップルとして別れることという結論に至りました。今後は大きな愛と尊敬、友情をもって一緒に子供を育て、私たちの関係における新しい段階を探求することを楽しみにしています」と共同声明を発表し、破局を伝えた。

  • 『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』ポスター

    ジェイク・ギレンホール、妻を亡くした夫を熱演! 感動の新作、予告解禁

    映 画

     映画『ナイトクローラー』で狂気的な演技を披露し人々を魅了した俳優・ジェイク・ギレンホール出演の最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』のポスタービジュアルと予告編が初解禁となった。予告では、妻の死を機に身のまわりのものを“破壊”してゆく主人公の、喪失と再生をエモーショナルに描き出している。@@cutter 本作は『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの最新作。富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員・ディヴィス(ギレンホール)が、突然の妻の死に直面することから始まる物語。しかし一滴の涙も出ず、悲しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィスは、「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ」という義父からの言葉が引き金となり、身の回りのあらゆるものを破壊し始める。ものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが…。  ギレンホールは「この映画は、それまで存在していたものをぶっ壊すんだ。それが幸せな思い出であろうと、苦しい記憶であろうとね。そして『破壊する』とは『変化する』ことの暗喩なんだ」とその本質を説く。そして「深く悲しむべき状況で自分が変わる必要がある時に、文字通り自宅を破壊し始めるんだよ!悲しさから癒やされるためにしたことが“破壊行動”というのはユーモアがあるし、それが何よりこの映画の魅力だと思う」と語った。  公開された予告映像では、空虚感にさいなまれる男デイヴィスが、様々な出会いを通し、やがてあるきっかけを掴み、自身の家を破壊し続けることでその空虚感から解放されていく様子が描かれている。ナオミ・ワッツが、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーを演じており、豪華共演にも注目だ。   映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』は2月18日より、新宿シネマカリテ他にて全国公開

  • ナオミ・ワッツ&リーヴ・シュレイバーが破局

    ナオミ・ワッツ&リーヴ・シュレイバー、11年間の交際の末に破局

    セレブ&ゴシップ

     俳優ブラッド・ピットと女優アンジェリーナ・ジョリーの突然の離婚劇にハリウッドが騒然としているが、結婚はしていなかったものの事実婚にあった女優ナオミ・ワッツと俳優リーヴ・シュレイバーも破局を迎えたという。Us WeeklyやPeopleなどが伝えている。@@cutter ナオミとリーヴは現地時間26日、共同声明を発表。「この数ヵ月間で、家族としての今後の最善の道はカップルとして別れることという結論に至りました。今後は大きな愛と尊敬、友情をもって一緒に子供を育て、私たちの関係における新しい段階を探求することを楽しみにしています」と語り、メディアに対して子供達のプライバシーを尊重するよう要請したという。  2005年に出会い交際を始めた2人は結婚していないが、現在9歳の長男サシャと7歳の次男サミュエルがいる。2人は息子達と共に仲睦まじく自転車に乗って外出する姿や買い物している姿を目撃されていたが、破局の理由は不明。リーヴが主演を務める海外ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』の関係者は、「2人の関係はずっと行き詰まっていた」とPeopleに語っていたそうだ。

  • ホラー映画を彩る美女が勢揃い!恐怖を盛り上げるスクリームクイーン<フォト特集>

    ホラー映画を彩る女優が勢揃い!美しすぎるスクリームクイーン<フォト特集>

    映 画

    夏の定番ジャンル「ホラー映画」に必要不可欠な美しすぎる“スクリームクイーン”たちを一挙紹介!

  • 『タンク・ガール』場面写真

    超カルト作『タンク・ガール』初BD&DVD化 砂漠を戦車で暴れ回る!過激予告が解禁

    映 画

     初のブルーレイ&DVDが発売される90年代カルト映画『タンク・ガール』のオリジナル予告編が解禁。さらに深見梨加、亀井芳子、大塚芳忠、大塚明夫らが担当した、1996年のビデオ発売当時の日本語吹替え版の収録も決定した。@@cutter 『タンク・ガール』(95)は、イギリスの人気パンクコミックを映画化した作品。2033年の近未来、巨大彗星の衝突でほぼ壊滅した地球を舞台に、水を牛耳る大悪党たちに戦車で闘いを挑むスパンキーなヒロインの活躍を描いたSFアクション作品だ。  過激な言動で過激なファッションに身をつつみ、“タンクガール”として戦車に乗って荒野を暴れまくる主人公レベッカを演じるのは、『ハートブルー』(91)で一躍有名となったロリ・ペティ。さらに、レベッカとともに悪党と戦うことになる黒髪・メガネのさえない女性ジェット・ガール演じるのは、ハリウッド進出したばかりのナオミ・ワッツ。  また本作は、全編にポーテスヘッド、ホール、L7、ビョーク、リチャード・ヘルなどパンク/オルタナティヴロックが流れ、イギー・ポップがカメオ出演していることも特徴。映画ファンのみならず、音楽ファンにも知られた作品となっている。  映像特典には、オリジナルの予告編のほか、監督とロリ・ペティによる音声解説。そして本作のプロダクションデザインと手掛け、のちに『トワイライト~初恋~』(08)の監督として一躍注目を浴びたキャサリン・ハードウィックとロリのインタビューを収録している。  『タンク・ガール』ブルーレイは4800円(税別)、DVDは3800円(税別)で5月18日発売。

  • 『ツイン・ピークス』新シリーズに出演すると伝えられたナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツ、『ツイン・ピークス』新シリーズに出演

    海外ドラマ

     米Showtime局向けに2017年全米放送予定で撮影が進んでいる人気海外ドラマ『ツイン・ピークス』の新シリーズに、ドラマのクリエイターであるデヴィッド・リンチ監督の映画『マルホランド・ドライブ』(02)でブレイクした女優ナオミ・ワッツが出演するとDeadlineが伝えた。@@cutter 正式な発表はなく誰もコメントしていないとのことだが、ナオミと共に映画『プライベート・ライアン』(98)のトム・サイズモアも出演する予定とのことだ。また、マーク・フロストと共に製作を進めているリンチ監督が、オリジナルシリーズで演じたクーパー捜査官の上司、FBI地方担当主任のゴードン・コール役を再び演じる可能性があるという。  Deadlineによると、リンチ監督は昨年10月の時点でナオミに出演を打診していたとのこと。事実であれば、ナオミとトムは先に出演すると伝えられたローラ・ダーンやジェニファー・ジェイソン・リー、アマンダ・セイフライド、ロバート・ネッパー、バルサザール・ゲティなど、新キャストの仲間入りを果たすことになる。  実際の所、出演することがShowtimeより正式に発表されているのは、クーパーFBI捜査官役のカイル・マクラクランのみだが、オリジナルキャストではほかにローラー・パーマー/マデリーン・ファーガソン(ローラの従姉妹)役のシェリル・リー、ボビー役ダナ・アッシュブルック、オードリー役シェリリン・フェンなど、多くの懐かしい顔が揃うことが予想される。

  • 2016年の年男・年女セレブが大集合!

    2016年の年おとこ・年おんなセレブが大集合!

    セレブ&ゴシップ

    2016年の干支は「申」と言うことで、第一線で活躍する申年の年男・年女セレブを紹介します。※()内年齢は今年迎える歳

  • ナタリー・ポートマン&ホアキン・フェニックス、「世界で最もセクシーなベジタリアン」に選出!

    ナタリー・ポートマン&ホアキン・フェニックス、「最もセクシーなベジタリアン」に!

    セレブ&ゴシップ

     女優のナタリー・ポートマンが、世界で最もセクシーな女性ベジタリアンに選ばれた。昨年菜食主義になったばかりでランキング2位につけたマイリー・サイラスとは対照的に、ナタリーは幼い時に自身で肉を食べないことを選択して以来ずっと菜食主義を貫いており、「9歳の時から菜食主義で、たびたび(乳製品なども食さない)ヴィーガンになったりしてきたわ。おいしいパスタが私のお気に入りの食事よ」とコメントしている。@@cutter 3位にランクインしたのはナオミ・ワッツ。続いて、青春映画『クルーレス』でお馴染みであり菜食主義を勧める本『ザ・カインド・ダイエット』まで執筆したアリシア・シルヴァーストーンが4位、さらにミシェル・ファイファーが5位という結果に。  一方、男性部門では、ホアキン・フェニックスが世界で最もセクシーな男性ベジタリアンの称号を手にし、2位にトビー・マグワイア、3位にクリスチャン・ベイルがそれぞれランクインした。  ダイエット商品を取り扱うフォルツァ・サプリメンツ社が1000人を対象に行った調査によると、女性の67パーセントと男性の38パーセントが「菜食主義になった期間があった」と答えたという。同社のマネージング・ディレクターであるリー・スミス氏は「このリストに選ばれたベジタリアンのセレブリティの皆さんは、とても素晴らしいルックスです。容姿を良くするため、そして健康的に生きることに肉を食べる必要がないことを証明しています」と語っている。  フォルツァ・サプリメンツ社調査、「最もセクシーなベジタリアントップ10」は以下の通り。 【女性部門】 1位 ナタリー・ポートマン 2位 マイリー・サイラス 3位 ナオミ・ワッツ 4位 アリシア・シルヴァーストーン 5位 ミシェル・ファイファー 6位 グウェン・ステファニー 7位 ケイト・ウィンスレット 8位 エレン・デジェネレス 9位 シャナイア・トゥエイン 10位 エリー・ゴールディング 【男性部門】 1位 ホアキン・フェニックス 2位 トビー・マグワイア 3位 クリスチャン・ベイル 4位 ウディ・ハレルソン 5位 ラッセル・ブランド 6位 リッキー・マーティン 7位 ジャレッド・レト 8位 クリス・マーティン 9位 ブライアン・アダムス 10位 ポール・マッカートニー

  • 食欲の秋! 食べ盛りのセレブたちが大集合

    食欲の秋! 食べ盛りのセレブたちが大集合

    セレブ&ゴシップ

    「食欲の秋」ということで食事中のセレブたちをご紹介!食べる瞬間の“素”の表情から、普段のセレブの様子を垣間見ることができます。

  • 『ダイバージェントNEO』 10月16日、日本公開決定

    『ダイバージェントNEO』10月日本上陸! 観る者を圧倒する映像解禁

    映 画

     世界的ベストセラーを原作とした近未来SFアクションシリーズ第2弾『ダイバージェントNEO』が10月16日に日本公開が決定した。さらに、前作よりはるかにスケールアップした世界を映し出した予告編映像とポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 舞台は、全人類を性格で振り分け、「勇敢」「無欲」「高潔」「平和」「博学」の5つの共同体で管理される世界。危険分子「異端者=ダイバージェント」の認定を受けた主人公トリスは、「博学」の権力者ジェニーンから逃れているが…。解禁となった映像では、「博学」の指導者が「異端者」を排除しようとする理由、そして今は亡きトリスの両親が命懸けで守ろうとした「箱」の秘密など、益々謎が深まる内容になっている。  本作は、2週連続1位を狙う『シンデレラ』を抜き、全米初登場第1位の大ヒットスタートを記録。『ハンガー・ゲーム』シリーズで知られる映画製作・配給会社ライオンズゲートの共同社長エリック・フェイグも「心を惹き付けるプロットや豪華なキャスト、そしてたくさんの愛情と、激しいスタントや視覚効果を結び付け、非常に満足できるユニークな映画体験だ」と太鼓判を押した。  主人公トリス役には、前作『ダイバージェント』の大ヒットで大注目の若手女優シェイリーン・ウッドリー。宿敵ジェニーン役には『タイタニック』などで知られるオスカー女優ケイト・ウィンスレット。さらに、『ヘルプ 心がつなぐストーリー』のオクタヴィア・スペンサー、『セッション』のマイルズ・テラー、実力派ナオミ・ワッツらが、物語の鍵を握る人物として登場し、グレードアップしたキャスト陣が物語を彩る。

  • 第68回カンヌ国際映画祭

    「第68回カンヌ国際映画祭」フォト特集

    映 画

    現地時間5月13日からフランスで開催中の「第68回カンヌ国際映画祭」。注目作品が集結し、豪華キャスト陣らが登場したフォトコール・レッドカーペットの様子をお届けします!(随時更新)

  • ナオミ・ワッツに影響を受けたと明かす真木よう子

    真木よう子、『マルホランド・ドライブ』のナオミ・ワッツに影響受ける

    映 画

     映画『脳内ポイズンベリー』(5月9日公開)で主演を務める女優・真木よう子が、デヴィッド・リンチ監督作品『マルホランド・ドライブ』のナオミ・ワッツに影響を受けていることをインスタグラムで明かした。@@cutter 日本で2002年に公開された『マルホランド・ドライブ』は、ナオミ・ワッツがブレイクするきっかけになったミステリー。“デヴィッド・リンチ”ワールド全開で、一度見ただけでは分からない難解なストーリーが公開当時、話題になった。  この映画で注目すべきポイントの一つとして、ワッツの体当たりの熱演と美しさがあげられる。そんなワッツの演技に影響を受けたという真木のコメントに対して、「マルホランド・ドライブを観てるなんてますますファンに」「お二人とも素敵です」など、ファンから続々とコメントが届いている。

  • 前作に続きトリスを演じるシェイリーン・ウッドリー

    『ダイバージェント』全米大ヒットの続編日本公開!パワーアップした本編映像解禁

    映 画

     2014年に公開された大ヒットSFアクション『ダイバージェント』の続編『The Divergent Series:Insurgent(原題)』が年内に日本公開されることが決定、その最新映像が初解禁となった。なお、ひと足早く3月20日に全米公開された本作は、全米初登場第1位の大ヒットスタートを記録した。@@cutter ヴェロニカ・ロス原作の『ダイバージェント』シリーズ2作目である本作は、5つの派閥に管理された未来都市に立ち向かう異端(ダイバージェント)の少女トリスの活躍を描くSF超大作。1作目『ダイバージェント』は全世界で約2億9千万ドルのヒットを記録し、この反響の大きさを受け、本作の製作費は前作の8500万ドルから1億2000万ドルに大幅アップした。  前作に続き、主人公トリスをシェイリーン・ウッドリーが演じるほか、『アンダーワールド』最新作の主演を務める英国イケメン俳優テオ・ジェームズ、本作でシャイリーンと3度目の競演となる若手俳優アンセル・エルゴート、また本年度アカデミー賞3部門受賞の『セッション』で主演を務めた実力派マイルズ・テラーなど、ハリウッドの次世代スターが集結。  さらには主人公の敵役をオスカー女優のケイト・ウィンスレットが演じ、今作からナオミ・ワッツも物語の鍵を握るキーパーソンとして参戦。監督には『フライトプラン』『RED/レッド』のロベルト・シュヴェンケを迎え、アクションも映像もさらなるスケールアップを果たしている。  最新映像では壮絶なSFバトルを予感させる映像が映し出されているが、主演のシェイリーンは、「特に野外撮影は壮大になっていて、1作目よりも格段にスケールアップしているし、エモーショナルな部分も深くなっているの」と自信をのぞかせている。

  • あの俳優もこの女優も、ブレイク前にはホラー映画に出演していた!

    ジョニデ、レオ、ブラピにアルバ… ホラー映画で育ったハリウッドスターたち

    映 画

     今日は、奇しくも13日の金曜日。あの恐怖の殺人鬼ジェイソンを思い浮かべた方も多いことだろう。ところで、映画『13日の金曜日』(80)といえば、ブレイク寸前のケヴィン・ベーコンが出演していたことでも知られているが、今をときめくハリウッドスターの下積み時代をたどって行くと、なかなかの確率でホラー映画にぶち当たる。というわけで、ちょっと思い出巡りをしてみよう。@@cutter まずはケヴィン同様、映画ファンの間では有名な『エルム街の悪夢』(86)のジョニー・デップ。ヒロインの恋人役に抜てきされたものの、これといった見せ場もなくあっさり殺されるが、その死に様は超ド派手なものだった。  もともとミュージシャンだったジョニーが、ニコラス・ケイジと出会い、俳優を勧められたことから本作での映画デビューが決まったと言われているが、人気テレビシリーズ『21ジャンプストリート』(87~90)への出演に繫がったと考えれば、まさに人生の転機となった作品といえる。  今では風格さえ漂うレオナルド・ディカプリオも、ホラー映画が原点。極悪非道のエイリアンが大暴れする『クリッター3』(未)で、美少年ぶりをいかんなく発揮しているが、この作品を足がかりに、わずか2年後には、『ボーイズ・ライフ』で名優ロバート・デ・ニーロを唸らせ、『ギルバート・グレイプ』ではアカデミー賞助演男優賞候補になるという快進撃を繰り広げる。@@separator 女優にも目を向けてみよう。『ラストサマー』や『スクリーム』など学園ホラーの絶叫女優は数多くいるが、意外性でいえばジェシカ・アルバだ。デビュー作ではないものの、1999年、『25年目のキス』と共に注目を浴びたホラー『アイドル・ハンズ』は衝撃だった。  悪魔が取り憑いた少年の“右手”に少女ジェシカが襲われるというB級感たっぷりの映画だったが、この2作品で波に乗り、翌年、ジェームズ・キャメロン製作総指揮のSFテレビシリーズ『ダークエンジェル』の主演に大抜てきされる。  ちなみに、キャメロン監督も、今でこそ巨匠として映画界に君臨しているが、彼の長編監督デビュー作は、ジョー・ダンテ監督作『ピラニア』(78)の続編『殺人魚フライングキラー』(81)。完成後、「クレジットから外してくれ」と直訴するほど納得のいかない作品だったようで、巨匠もまた、低予算のB級ホラーを撮りながら、もがき苦しみ大きくなった。  そのほか、『処刑教室‐最終章‐‬』(未)のブラッド・ピット、『ハイスクールはゾンビテリア』(未)のジョージ・クルーニー、『スティーブン・キング/アーバン・ハーベスト2』(96)のナオミ・ワッツ、『悪魔の寄生虫パラサイト』(未)のデミ・ムーア、さらにカメオ出演ながら『ドリラー・キラー』(未)のブルース・ウィリスなど…枚挙に暇がないとはこのことだ。  ホラー映画は「若手俳優の登竜門」とよく言われるが、確かに演技の未熟な部分を怯えや絶叫でなんとか乗り切る、という点では、最初の第一歩として最適な場所なのかもしれない。  もちろんその中で、なんらかの爪痕を残した者だけが大スターへの切符をつかんでいることも、また事実。あの往年の名優スティーヴ・マックィーンだって、『マックイーンの絶対の危機(ピンチ)』(65)でアメーバと必死に戦ったからこそ、大スターの座をつかみ取ったのだから。(文:坂田正樹)

  • <フォト特集>ブレイク前に出演!あの人気俳優たちがホラー映画で大ピンチ!?

    <フォト特集>人気スターがブレイク前に出演したホラー映画

    映 画

    ジョニー・デップ、ブラッド・ピット、クロエ・モレッツ…今や大スターとなったあの俳優、この女優たちが駆け出し時代に出演していたホラー映画。懐かしいものから新しめの作品まで画像でまとめてみました。

  • キス・キス・キスの嵐!ラブラブ・セレブが大集合

    キス・キス・キスの嵐!ラブラブ・セレブが大集合

    セレブ&ゴシップ

    2月のバレンタインデーも近いということで、恒例となりつつあるセレブ・カップルたちのラブラブ・キス現場を新たにご紹介いたします。

  • 意外な関係が明らかに!? 仲良しセレブが大集合!

    意外な関係が明らかに!? 仲良しセレブが大集合!

    セレブ&ゴシップ

    家族ぐるみのお付き合いから、夢を語り合った仲間、不遇時代を支え合った友、クラスメイト、ルームメイトまで、意外なセレブたちの交友関係を写真で紹介!

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access