ベッキー 関連記事

  • 映画『麻雀放浪記2020』完成報告&舞台挨拶の様子

    斎藤工、『麻雀放浪記2020』公開決定に安堵「誰よりも待ちわびている」

    映画

     俳優の斎藤工が20日、都内でおこなれた主演映画『麻雀放浪記2020』完成報告会見&舞台挨拶に、共演のもも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、そして白石和彌監督らと出席。同日朝にノーカット公開が決まった本作について、斎藤は「(公開日の)4月5日を誰よりも待ちわびている人間の一人です」と思いを語った。@@cutter 作家・阿佐田哲也のベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジし、和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤が主人公の天才ギャンブラー・坊や哲を演じる。  斎藤は、本作に出演するピエール瀧の逮捕など、紆余曲折を経ての公開決定への思いを聞かれると「今朝、公開すると発表があるまで、本当にどうなるかわからない、不安の中で過ごしてました」としたうえで「本当にほっとした気持ちでいっぱいです」とコメント。  一方の白石監督は「(ノーカットでの公開決定が)正しかったのか正しくなかったのか、わからない状態ではあるんです」と本音を吐露。自身の監督作でたびたびタッグを組んできたピエール瀧に関しては「長い時間を共にした作品もあったし、その中で気づけなかったのは、自分の不徳の致すところ」と反省の弁を述べ、過去作品で禁止薬物を描写してきたことにも言及。「啓発運動だったりとか。そういうことは作品とはまた別に、個人的に取り組んでいきたい」と胸中を明かしていた。  その後、一同は舞台挨拶にも登壇。斎藤は和田誠版について「映画というフィクションを見ているはずなんですけど、本当にドキュメントを見ている(ような)、子ども心に、ある種のトラウマを覚えた映画でもありました」と発言。続けて「戦後、日本の人々はこうやって立ち上がって、自分を犠牲にしながら、何かをつかんで、今に至ったんだなっていう、見えない何かを強烈に成分として吸収しちゃったんですよね。だから自分の一部じゃないですけど、そういう作品でした」と振り返っていた。  イベントでは和田誠版が上映され登壇者が観客とともに鑑賞したほか、本作のムビチケカードが観客にプレゼントされた。  映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

  • ベッキー

    ベッキー、体のラインくっきり! アンドロイド役コスチューム姿に反響

    エンタメ

     タレントのベッキーが20日、自身のインスタグラムにて映画『麻雀放浪記2020』(4月5日全国公開)に出演することを報告。自身が演じるAI役のコスチューム姿を披露すると、「スタイル良すぎる」「セクシー」と反響が寄せられた。@@cutter 昨日20日、本作で「ヒト」と「アンドロイド」の2役を演じることが発表となったベッキーは、「4月5日に公開される映画『麻雀放浪記2020』でAIユキの役も演じさせて頂いてます。戦後のシーンでは八代ゆきとして、2020年のシーンではAIユキとして、2役を」と報告。同時にユキの体のラインがくっきりと出る衣装を着用した場面写真を掲載した。  主演の斉藤工は、結婚後初の映画出演となるベッキーに対し「ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ“憑依”されていました。麻雀も体得されていて、特にAIユキのハマり具合は衝撃的」とコメント。監督を務める白石和彌は「感情を持たないAIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました」と語っていることから、ベッキーは「斎藤工さん、白石監督、素敵なお言葉ありがとうございました」と感謝の気持ちをつづっている。  コメント欄にはスタイル抜群のアンドロイド役ベッキーに「セクシー」「脚ながぁ!!」「スタイル良すぎる」といった絶賛の声が相次いでおり、「本当に本当に楽しみ」「観に行きます」といった期待の声も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/becky_dayo/

  • 『麻雀放浪記2020』に出演するベッキー

    ベッキー、『麻雀放浪記2020』AI搭載アンドロイド役で1人2役

    映画

     俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』で、タレントのベッキーが、1人2役に挑戦していることが分かった。結婚後初の映画出演となるベッキーは、「ヒト」と「アンドロイド」という2つのハードな役どころに挑む。@@cutter 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジし、和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤が主人公・坊や哲を演じる。メガホンをとるのは、映画『孤狼の血』の白石和彌監督。  ベッキーは、1945年の【戦後】で斎藤演じる坊や哲が通っていた麻雀クラブのママ・八代ゆき役と、2020年の新たな【戦後】で、哲の前に現れる謎のAI搭載アンドロイド・ユキの2役に挑戦。東京オリンピックの中止を清算しようと、国家が新たな国策利用のため創造した“セクサロイド”ユキに扮し、端正な顔立ちと佇まいで、人工知能のもたらす利便性の裏に潜む無機質ゆえの不気味さを体現する。  結婚後初の映画出演となるベッキーは「二役もやらせていただけて嬉しかったです。二役と言っても、“人間と人間”ではなく“人間とAI”なので、かなりやりがいがありました。AIに心はないけれど、AIなりの心の動きがほんの少し伝わったらいいなぁと思っています」と、アンドロイドという難しい役を務める意気込みを語った。  主演の斎藤は「ベッキーさんは演じるを超えて、ほぼ“憑依”されていました。麻雀も体得されていて、特にAIユキのハマり具合は衝撃的。ベッキーさんにしか務まらない役柄でした」と絶賛のコメント。  白石監督は「感情を持たないAIという難役で大変だったと思いますが、見事に演じてくれました。AIという役の経験は結婚には役立たないかもしれませんが、八代ゆきの妖艶さは是非とも結婚生活に役立ててください!」と冗談交じりにコメントした。  映画『麻雀放浪記2020』は4月5日より全国公開。

  • ベッキー

    ベッキーが巨人・片岡治大コーチと結婚! 友人・水川あさみらも祝福

    エンタメ

     タレントのベッキーが13日、自身のインスタグラムでプロ野球・読売ジャイアンツの片岡治大2軍内野守備走塁コーチと結婚したことを報告。「これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます」との報告に、ファンからは祝福の声が殺到している。@@cutter ベッキーは同日、「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました」と自身のアカウントで報告。「これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と綴っている。  ベッキーは、一部で交際が報じられた直後の昨年6月26日には、同アカウントで「今日は朝から多くの方に温かいメッセージをいただきました。 ありがとうございます。 ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」とコメント。先日10日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系/毎週日曜21時)に出演者した際にも「楽しくしてるんだよね?今は」と質問されると、「まぁまぁまぁ、ありがたいことに」と答え、交際が順調なことを伺わせていた。  片岡コーチは社会人野球・東京ガスから2004年秋のドラフト会議で西武ライオンズから指名を受けて入団。西武時代は4年連続で盗塁王に輝くなど活躍。その後、巨人に移籍し2017年に引退。昨年より同球団の2軍内野守備走塁コーチを務めている。  ファンからはベッキーの発表に対して祝福の声が殺到。また、普段から親交がある女優の水川あさみはインスタグラムで「おめでとーーーーー」とコメントし、ベッキーが早速「ありがとう」と返事をしている。 引用:https://www.instagram.com/becky_dayo/

  • 映画『麻雀放浪記2020』に出演する(左から)竹中直人、チャラン・ポ・ランタンもも、斎藤工、ベッキー

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』 ベッキー、竹中直人ら追加キャスト発表

    映画

     俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』の第2弾キャストが発表され、竹中直人、ベッキーらの出演が明らかになった。第2弾キャスト発表と併せて、出演者の劇中での姿も解禁された。@@cutter 『麻雀放浪記2020』は、不朽の名作として読み継がれている阿佐田哲也のベストセラー小説『麻雀放浪記』が原案。2020年、オリンピックが中止されてしまった東京を舞台に、1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が、麻雀で死闘を繰り広げる。映画『凶悪』(2013)『孤狼の血』(2018)などで知られる白石和彌監督がメガホンをとる。  本作で竹中が演じるのは、地下アイドルたちを抱える芸能プロダクションの社長・クソ丸。竹中は「クソ丸という強烈なキャラクターを演じてみて、まだまだやり足りない感じです」と語ると、続けて「もっともっとクソになりたかったな…と思っています」と撮影を述懐。さらに斎藤との共演について「たくみくんとは久しぶりの共演でとてもうれしかったです。そして楽しかった…」と振り返った。  ベッキーが演じるのは、斎藤演じる主人公・坊や哲がいた元の時代で哲に麻雀を教えたアパートの大家であり、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママでもある・ゆき。演じるベッキーは白石監督について「周りを緊張させない明るさと元気さがあり、会った瞬間に『あ!これは撮影楽しくなるかも!』と思わせてくださる方でした」とコメント。さらに撮影について「笑えるシーンも、シリアスなシーンも、明るい雰囲気で撮影が進んでいったのが印象的です」と語った。  また本作には、坊や哲の面倒を見ることになる地下アイドル・ドテ子役として、姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のヴォーカル、ももが出演。ももは今回の映画出演について「ぶっ飛んだ設定とキャラクターに最初は少し驚きましたが、演じた“ドテ子”というキャラクターに親近感や共感を覚えながら、次第に白石監督のリクエストに応えることにものすごくやり甲斐を感じられるようになって、緊張はいつの間にか消えていました」と語っている。  映画『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日より全国公開。

  • ベッキー

    交際報道のベッキーがインスタグラム更新 応援の声が殺到

    エンタメ

     交際報道があったタレントのベッキーが26日、自身のインスタグラムを更新し、「ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」と誓った。ファンからは「おめでとう」「幸せになって下さい」といったコメントが相次いだ。@@cutter この日、女優の水川あさみ、吉高由里子、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜らとともに、仲の良い女優・森矢カンナの誕生日を祝ったことを報告したベッキー。「森矢カンナ30歳のお誕生日会! おめでとう! いつも本当にありがとう! 素敵な一年がはじまりますように」と節目の1年を祝った。  ベッキーは、同日朝にプロ野球・巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチとの交際が報じられたばかりで、交際については双方の事務所が認めているという。それについて明言はしていないものの、ベッキーは「今日は朝から多くの方に温かいメッセージをいただきました」と報告し、「ありがとうございます。 ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」と抱負を述べている。  ファンからはベッキーに対する「おめでとう」「今度こそ幸せになって下さい」といった声が殺到。ベッキーを応援する声が相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/becky_dayo/

  • 主演時代劇『くノ一忍法帖 蛍火』で殺陣やお色気シーンに挑戦したベッキー

    ベッキーの入浴シーンも お色気シーン満載『くノ一忍法帖 蛍火』第1話

    エンタメ

     ベッキーが主演を務める『くノ一忍法帖 蛍火』(BSジャパン/毎週火曜20時)が、3日にスタート。根木組のくノ一に扮するベッキーらが駆使する奇想天外な忍術や、ふんだんに盛り込まれたお色気シーンに「戦隊っぽさがあって特オタも楽しめる」「クセになる」との声が続出した。@@cutter 作家の山田風太郎が1969年に発表した時代小説『忍法双頭の鷲』を原作とする本作。生真面目で正義感の強いくノ一忍者で、バテレンの母を生みの親に持つお螢(ベッキー)を主人公に、五代将軍・徳川綱吉の時代、幕府を脅かす諸藩に対して、3人の美人忍者「根来組」のくノ一が立ち上がる姿を描く。  第一話「瞳術開眼」では、公儀隠密のお螢、お美代(黒川芽以)、お玉(樋井明日香)の三人が、「若くて美しい女ばかりが自ら死ぬ」という噂の真相を確かめるために高田藩へ。道中で城の奥女中を探す「女あらため」の場面に遭遇。不穏な雰囲気を感じたお美代は、自ら色香を振りまき役人に見初められ、城に潜入することに成功する。だが、そこでは、好色な藩主・松平光長が、伊賀忍者・堤玄堂と手を組み、奥女中に乱暴する光景が繰り広げられていた。堤に正体を見破られたお美代は牢に捕らえられ、危険を察したお螢はお美代の救出に向かう。  番組は、くノ一スタイルのお螢らによるアクションシーンからスタート。劇中では「忍法 泥象嵌」「忍法 時縛り」「忍法 蜘蛛の糸」などさまざまな忍法が続々と登場。特に、お螢が必殺技として「お心、操らせていただきます」の決め台詞と共にお見舞いする「忍法 蛍火」。お螢の瞳を見つめると、お螢の思うがままに操られてしまうという忍術で、これには「ベッキーの忍法が心を操って自害させるので、コードギアスっぽい」「ベッキーの瞳の色で瞳術はなんか説得があるわ」などの反響が寄せられていた。  またお色気シーンも見どころの本作。藩主が奥女中を手籠めにしようと迫るシーンはもちろん、ベッキーの入浴シーンなど時代劇のお約束も登場した。「忍法 蛍火」は、相手の心に隙を作らないとかかりが浅くなってしまうため、ベッキーが着物をはだけて肩をあらわに相手を惑わすシーンもあり、「ベッキー頑張ってるな~」「ベッキーのくノ一姿がエロくてワロタ」など、次週以降の展開を楽しみにする声が見られた。

  • 新時代劇『くノ一忍法帖 蛍火』試写&会見に登場したベッキー

    ベッキー、意外な特技“早脱ぎ”発覚「里見浩太朗さんの次に速いそうです」

    エンタメ

     女優でタレントのベッキーが28日、都内にて行われた主演ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火(ほたるび)』の会見に、共演の高橋光臣、黒川芽以、木下ほうかとともに登場。撮影現場でベッキーの意外な特技が発見されたエピソードなど裏話で盛り上がった。@@cutter 作家の山田風太郎が1969年に発表した時代小説『忍法双頭の鷲』を原作とする本作。生真面目で正義感の強いくノ一忍者で、バテレンの母を生みの親に持つお螢(ベッキー)を主人公に、五代将軍・徳川綱吉の時代、幕府を脅かす諸藩に対して、3人の美人忍者「根来組」のくノ一が立ち上がる姿を描く。くノ一たちのかっこいい立ち回りのほか、ちょっとセクシーなシーンや衣装も見どころだ。  これが初の時代劇主演となるベッキーは、「時代劇一年生なので、自分の感覚だけでなく、とにかく共演者やスタッフさんに相談して臨みました」と撮影を振り返った。  そんなベッキーは撮影時にそれまで意識しなかったことに気づいたという。それは「『着替えが速い』ということ。撮影現場の方から『里見浩太朗さんの次に速い』と言われました」と笑う。高橋がベッキーより速く着替えようと挑戦したら、衣装部屋ですでに私服に着替えていたこともあったとか。自身では「速いという意識はない」というが、黒川は「エレベーターの中でもう帯を外しています」と暴露した。  特に見てほしいポイントについては「最終話のクライマックス」と語る。「本当に魂を込めて撮影しました。リハとか本番とか関係なく、芝居ではなくずっとお螢になっていました。人生で一番魂を込めた芝居ができました」と熱く語ると、近くにいた木下はそんなベッキーを見て「めちゃめちゃ怖かったです。とにかく集中して雑談にも入ってこない。命がけの気概で芝居をしていた」と称賛した。  火曜ドラマJ『くノ一忍法帖 蛍火』は、BSジャパンにて4月3日より毎週火曜20時放送。

  • ベッキー、網タイツの美脚がセクシーな“くノ一”姿で寝落ち ※「ベッキー」インスタグラム

    ベッキー、網タイツの美脚がセクシーな“くノ一”姿で寝落ち

    エンタメ

     タレントのベッキーが、7日に自身のインスタグラムを更新し、網タイツの美脚がセクシーな“くノ一”姿で寝落ちする写真を公開した。ファンからは「寝顔天使」「くノ一の衣装が似合ってます」などのコメントが寄せられている。@@cutter 作家・山田風太郎が1969年に発表した時代小説『忍法双頭の鷲』(角川文庫)を原作とする4月スタートの連続ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』(BSジャパン)で時代劇初主演を務めるベッキー。この日の投稿で「『くノ一忍法帖 螢火』無事クランクアップしました。はじめての時代劇が太秦で撮れるなんて、私は贅沢者です。感謝感謝の日々でした。ありがとうございました!(原文ママ)」と近況を報告。  さらに「本日はくノ一仲間が撮ってくれた写真を。1枚目はロケ待機中。2枚目は深夜ラジオ明けで現場にて寝落ち」と言葉を添えて、毛布にくるまって温まる様子と、網タイツの美脚がセクシーな“くノ一”姿で寝落ちしている姿を収めた写真をアップ。写真はそれぞれ、お玉役の樋井明日香と、お美代役の黒川芽以が撮影したもののようだ。  また、7日に行われた同作のクランクアップ会見で、撮影中、右側頭部を2針縫うケガを負っていたことを明かしたベッキーは「ご心配ありがとうございます。怪我はカーンチ!しております」と回復していることを改めて報告している。  写真を見たファンからは「忍法寝落ちの術?」「くノ一が爆睡してたら襲われるよ」「くノ一の衣装が似合ってますね。かっこいい!」「怪我が大したことなくて良かったです」「寝顔天使ですね(笑)」「ベッキーの殺陣、楽しみです」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/becky_dayo/

  • ベッキー、ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』で時代劇初主演

    ベッキー、時代劇初主演でくノ一に 悪を斬るアクションシーンも挑戦

    エンタメ

     タレントのベッキーが、作家・山田風太郎が1969年に発表した時代小説『忍法双頭の鷲』(角川文庫)を原作とする連続ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』で主演を務めることが発表された。ベッキーは「この瞳の色があるから時代劇に出演するのはむずかしいと思っていたんですが、逆にこの瞳をいかした時代劇の役を与えていただき、本当に嬉しく思います」とコメントしている。@@cutter 五代将軍・徳川綱吉の時代を舞台に、3人の美人忍者・根来組のくノ一たちが、幕府を脅かす諸藩に対して立ち上がる姿を描く本作。一見すると普通の町娘に見える忍び・お螢に扮するベッキーは「時代劇のオファーをいただいた時、大変驚きました。この瞳の色があるから時代劇に出演するのはむずかしいと思っていたんですが、逆にこの瞳をいかした時代劇の役を与えていただき、本当に嬉しく思います」と喜びの思いを明かす。  劇中では、旅先で数々の敵との戦闘アクションを繰り広げ、その中では奇想天外な特殊忍法を使用するベッキー。撮影に向けては「人生初の時代劇の撮影が、京都の太秦で経験できるなんて、本当に贅沢なことです。ありがとうございます。スタッフ&出演のみなさんと、手を取り合い、最高の作品が撮れるよう、がんばります! ご期待ください!」と意気込みを述べた。  脚本を手掛ける土橋章宏は「くノ一の凛々しい勇気、おかしな友情も見所です。脚本陣もたっぷり新しい忍術を用意しました。素晴らしいキャストを迎えたくノ一3姉妹の活躍、ぜひご覧ください!」と見どころをアピール。プロデューサーを務めるBSジャパン制作部・瀧川治水は「今まで男性主役が多かったので、今回、女性主役が活躍できるもの。そして時代劇のおきまりに捉われず、“型破りな時代劇”を目指します」と抱負を語っている。  ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』は、BSジャパンにて4月より毎月前半火曜20時放送。

  • ベッキー、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』公開直前イベントに出席

    ベッキー、元カレの復帰に「わたしはわたしで、頑張ります!」

    映画

     ベッキーがテレビスポットでも出演している映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の公開直前イベントが5日、都内で行なわれた。イベント終了後に元カレが謹慎から復帰したことを問われたベッキーは「わたしはわたしで、頑張ります!」と明るい笑顔で応えた。この日は、ベッキーとタイトルにちなんで、お笑い芸人の大西ライオンも登壇した。@@cutter 本作は、25年間迷子だった男が、Google Earthで、生まれ故郷を探し、人生を取り戻すという実話が描かれ、その驚くべき真実とラストに待ち受ける圧倒的な感動が話題を呼んでいる。『英国王のスピーチ』の製作陣と、デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンらが出演する。  同作のテレビスポットに出演するベッキーは「自分の言葉でしゃべるということがあまり無いので、すごく新鮮でした」とオファーを受けた喜びを語った。作品については「家族の愛、母の愛、友情、いろんな愛が学べる映画。ラスト2秒で一番の驚きが来ます」と熱くアピール。  この日の試写会イベントには就活生約30名が招待されており、ベッキーが人生に悩める就活生からのQ&Aに人生の先輩として親身になってアドバイスするコーナーが設けられた。  人づきあいが苦手という男性には「周りに合わせすぎないで。自分らしさを持ってて欲しい」とアドバイス。ネガティブな女性には「落ち込んだ後はどこかで区切りをつけること。ダメだったらご縁が無かったんだと切り替えて」。タレントの道に進んだベッキーはマスコミ志望の女性に「どうせ仕事するなら、好きなものについたほうがいい。辛いことも頑張れるから」と自分の体験からくるアドバイスを悩めるフレッシャーズたちに伝え、「応援しています」と優しくほほ笑んだ。映画の主人公と同じように再出発を切ったベッキーの体験談にフレッシャーズたちは熱心に耳を傾けていた。  映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は4月7日より TOHOシネマズみゆき座ほかにて全国ロードショー。

  • ベッキーがウィンク!妹との可愛すぎる2ショット披露 ※「ベッキー」インスタグラム

    ベッキーがウィンク! 妹との可愛すぎる2ショット披露

    エンタメ

     タレントのベッキーが27日、実の妹であり、現在アメリカでダンサーとして活躍しているジェシカとのツーショットを自身のインスタグラムで公開。可愛すぎる笑顔の姉妹ショットに、反響を呼んでいる。@@cutter 「behind the scenes(舞台裏で)」とのコメントともに公開されたこの日の写真では、若干ピンボケ気味ではあるが、ウィンクを見せるベッキーと、ジェシカの満面の笑みがはっきりと見て取れる、姉妹揃って仲睦まじい姿が披露されている。  この写真には「可愛い過ぎるー最高で最強の美人姉妹」「ベッキーちゃんちのなかよし美人姉妹は見る度にきれいになっていきますね~」「可愛すぎます~真ん中に入りたい」「ホント姉妹仲良しですよね。羨ましい」と二人の美人姉妹ぶりを絶賛する反響が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/becky_dayo/

  • ベッキー出演『モシモノふたり』

    ベッキー、ありのままの姿披露「これが私です」 妹ジェシカとも再会&共演

    エンタメ

     TVで見せることのない芸能人たちのありのままの姿をのぞき見するバラエティ番組『モシモノふたり』(フジテレビ系)にベッキーが出演することがわかった。番組では、ベッキーが“最も本音で話せる相手”と認める妹ジェシカ・レイボーンとの一泊二日の同居生活に密着。ベッキーを支えた2人の芸能人も登場し、ベッキーの休業中の全て、“素顔のベッキー”が明らかになる。@@cutter 妹のジェシカはアメリカでプロダンサーとして活躍中。今回、番組からの出演依頼で帰国し、ベッキーと3か月ぶりの再会をする。2人の話題は、一連の報道の後に休業していたベッキーについて及ぶ。どんな気持ちで毎日を過ごしていたのか、休業して変わろうとしたこと、変わったことなどがベッキーの口から赤裸々に告白される。また、お互いの過去の恋愛を振り返りながら、「結婚する相手は(姉妹お互い)似ている気がする…」と、姉妹だからこそ話せる本音の恋愛トークも飛び出す。  今回の同居生活についてベッキーは「この番組の今年最初の放送に出させてもらったことが本当にうれしいです。同居生活中では音声さんから、緊張で心臓の音が聞こえますと言われました。昔は毎日収録というスケジュールだったのですが、今はたまになので、一回一回がすごくドキドキしてしまって…ですが、とにかくナチュラルな自分でいようと思って一泊二日を過ごしました。これが私です。見ていただけるといいなと思います」と振り返り、感想を述べていた。  ベッキーが出演するバラエティ番組『モシモノふたり』は1月11日(水)22時から放送。

  • ベッキー、LINE発表会に登場

    ベッキー、LINEイベントに登場「ご迷惑をおかけしたのに…有難い」と感謝

    エンタメ

     タレントのベッキーが15日、都内で開催されたLINE年末キャンペーン発表会に登場した。ベッキーは今年1月、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫交際が報じられ、コミュニケーションアプリLINEでのやりとりが流出。因縁の同サービスとなるが、2011年以来、5年ぶりにCMナレーションに起用された。@@cutter ベッキーは第一声「因縁だと言われていますが、大丈夫ですか?」とLINE・舛田淳取締役に問いかけるも、「人間である限りは、因縁はあります」と即答。また、起用理由は、LINEスタート当初にCM出演した功労者であるベッキーに協力してもらいたいということで、取締役自らが出演依頼をしたという。  そのときの気持ちをベッキーは「すごく驚きました。このタイミングで? 私に?ただただ驚きましたね。ありがたいお話ですし。ぜひぜひとお受けいたしました」と心境を語り、「沢山ご迷惑をおかけしたはずなのに、それでもお声をかけていただいたのは有難いです」と感謝の気持ちを口にした。  司会者から「普段からLINEをお使いいただいておりますでしょうか?」と大胆な質問が飛び出すと、会場はざわついた。ベッキーは「ちょっと前に再インストールをさせていただいて、今は家族とやりとりをしているという感じですがが、年末に向けて、ほかの方ともつながることができればと思っています」と丁寧に答えていた。  また、今年一年を「一度立ち止まる機会があって、お仕事をいただけることの大きさを知りました。多くの方に支えていただき、自分の未熟さもわかりました」と振り返り、来年は「支えていただいた方々に恩返しができる一年にしたいと思います。初心を取り戻したので、仕事を頑張りたいです」と抱負を述べた。

  • ベッキーが『魔女宅』のキキに!?「無敵の可愛いさ」

    ベッキー、『魔女の宅急便』コスプレに反響「無敵の可愛さ!」

    エンタメ

     女優・タレントのベッキーが23日、自身のインスタグラムアカウントにて映画『魔女の宅急便』の主人公・キキのコスプレスタイルを写真にて披露した。その姿にファンからは「最高に可愛い」「めっちゃ可愛い」と反響が多く寄せられている。@@cutter この写真は22日に神戸で行われたロックバンドVAMPS主催のイベント『HALLOWEEN PARTY 2016』にベッキーが出演した際のもので、キャプションで「テーマは『魔女の宅急便~キキの20年後~』と記されている。  また、この日の観客の反応について「お客さまのやさしさにじーん。ありがとうございました!」と暖かく迎え入れてもらったことに感謝の言葉を綴っている。  この写真には「魔女子さん可愛い」「無敵の可愛さ!」「ステキ!似合ってます」「めっちゃかわいいです!ワンピースどこのですか?」「私も今年のハロウィンにキキになろうと決意しました!」と絶賛の反響が多く寄せられる一方で「完全復活待ってます」「これからも頑張ってね。応援しています」「無理せずに頑張ってね」「前も今もこれからもベッキー大好きだよ!応援してる!」と励ましの声が届いている。

  • 香取慎吾出演『おじゃMAP!! 』、SMAP解散後も継続の方針

    香取慎吾メインMC『おじゃMAP!! 』、SMAP解散後も継続の方針

    エンタメ

     フジテレビの10月期の番組改編説明会が5日、都内にて行われ、年内で解散することが決定しているSMAPのメンバー、香取慎吾がMCを務めるバラエティ番組『おじゃMAP!!』が、同グループの解散後も継続される方針であることが明らかになった。@@cutter 『おじゃマップ』は、香取と山崎弘也(アンタッチャブル)がMCを務める人気バラエティー番組。2人がゲストを迎えて、日本中のあちこちにいきなりおじゃまする、なんでもありのロケバラエティとして人気を博している。フジテレビの編成部長・宮道治朗は、「『おじゃMAP!!』については、何も改変する予定はございませんし、これからも水曜19時で放送させていただきたいと思っています」と語り、SMAPの解散後も、同番組を継続して編成する方針だと説明した。  一方で、同じく香取が出演しており、年内での放送終了が決定している月曜22時から放送中の『SMAP×SMAP』については、後番組が決まっているのかという質問が。これに対する宮道の答えは、「現在、鋭意調整中」というもので、年内最終月曜の12月26日が最終放送になるのかも明らかにしなかった。  また、現在フジテレビのレギュラー番組『人生のパイセンTV』(フジテレビ)および、同局系列の関西テレビで放送中の『にじいろジーン』への出演を自粛しているタレントのベッキーについても、10月の改編で復帰となるのかという質問が寄せられたが、これも未定であるとしか答えなかった。

  • ベッキー、ハマ・オカモトと『FULL CHORUS』インスタスタート

    ベッキー、ハマ・オカモトとの写真に「やっぱ笑顔が似合う」と応援の声

    エンタメ

     休業から復帰したタレントのベッキーが、23日、OKAMOTO’Sのハマ・オカモトとの番組『FULL CHORUS』の公式インスタグラムがスタートしたことを自身のインスタグラムアカウントで報告した。ファンからは「ベッキーその調子、がんば!」などの応援の声が寄せられている。@@cutter 「わい!『FULL CHORUS』の公式インスタスタートです」「いつもたくさんお写真撮ってるからどんどんアップされるはずです。みなさまぜひよろしくお願いします」と書き込んだベッキーは、ハマとのツーショットを掲載。『FULL CHORUS』は、毎週火曜21時放送のBSスカパー!の音楽番組で、二人はMCをつとめる。  ベッキーは7月5日、インスタグラムを再開。これまで幾度にわたり更新しているが、その度に「ベッキー、頑張って!」などの声が届いていた。今回もまた、「笑顔可愛い!やっぱりベッキーには笑顔が似合うよ!」「久しぶりの笑顔が見れて、嬉しいです」「ベッキーの笑顔がどんどん見られて嬉しい」「ハマくんとベッキーだ!」「ベッキーほんと綺麗。応援し続けます!」などの応援コメントであふれている。

  • 芸能界に復帰したベッキー、インスタグラムとツイッターも再開

    波乱のエンタメ上半期を賑わせたタレントは? ネットニュース登場回数ランキング

    エンタメ

     メディアの調査・分析を行うニホンモニターが人気のニュースポータル「Yahoo!トピックス」と「LINE NEWS」を対象に、2016年1月から6月の上半期の間でニュースに登場したタレントを調査、その合計数がまとめられ、ネットニュース登場回数のランキングが発表された。@@cutter 1位はベッキー。 続く2位にランクインしたミュージシャン・川谷絵音との不倫交際報道を発端に、休業~芸能活動復帰に至る一連の動きが注目を集めた。4位の狩野英孝と6位の加藤紗里の二人も、交際から破局の流れが逐一ニュースとして登場回数を増やした。  一方、5位のDAIGOと7位の北川景子の二人は結婚報道によるランクイン。DAIGOが結婚披露宴で歌ったプロポーズソング「KSK」が反響を呼び急遽配信&CDリリースが決定したこともこの結果に影響したようだ。  3位は中居正広。 世間を驚かせたSMAP解散騒動と合わせ、ベッキー復帰に際し自身の冠番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ(TBS系列)』 で聞き手役を務めたその話術に称賛の声が上がったことや、熊本地震後に被災地を訪問し支援活動を行ったことなども話題となった。  8位は松本人志。「ワイドナショー(フジテレビ系列)」をはじめとする出演番組での発言が放送終了後すぐにネットニュースとなり拡散するという影響力は変わらず、2015上半期(4位)、2015年間ランキング(7位9 に続きランクインとなっている。  9位はHKT48の指原莉乃。 2015上半期(1位)、2015年間ランキング(2位)に続くランクインとなっており、「AKB48選抜総選挙」での史上初2連覇という大きなトピックはもちろん、各メディアで見せる対応力や番組における発言が都度ニュースとなり、ネットユーザーの間で話題となるなど、他に類を見ない活躍を見せた。  10位は元AKB48の高橋みなみ。AKB48卒業と直後の熱愛報道が主なトピックとなったが、テレビ・ラジオ・イベントの出演に関する話題や自身によるツイッター投稿も度々LINE NEWSでの掲載につながり登場回数を増やしている。 <2016上半期 タレント ネットニュース登場回数ランキング> ※ニホンモニター株式会社調べ 1位:ベッキー 2位:川谷絵音(ゲスの極み乙女。) 3位:中居正広(SMAP) 4位:狩野英孝 5位:DAIGO 6位:加藤紗里 7位:北川景子 8位:松本人志(ダウンタウン) 9位:指原莉乃(HKT48) 10位:高橋みなみ

  • 芸能界に復帰したベッキー、インスタグラムとツイッターも再開

    ベッキー、インスタ再開に「おかえり」「復活待ってました」の声

    エンタメ

     不倫騒動の影響で芸能界を休業していたタレントのベッキーが、BSスカパー!の『FULL CHORUS』で仕事復帰し、同時にインスタグラムとツイッターも再開した。ファンは大喜びで、「何があっても応援してるよ、ベッキー早く笑顔を見せてね!」などのコメントが相次いだ。@@cutter 「BSスカパー!の『FULL CHORUS』が今夜放送されました。みてくださったみなさま、ありがとうございました。来週もおたのしみに」と語ったベッキーは仕事復帰を報告。「お仕事リスタートです。インスタも再開します。これからもよろしくお願いいたします」と芸能活動再開を宣言した。  ネット上では、コメントは8000件、いいねは5万4000件を超える大きな反響があった。ほとんどが「おかえり」「復活待ってました」などの温かいコメントで、ベッキーの復帰を喜んでいる。

  • ベッキー復帰の『金スマ』見て感じることを、ブログで綴った鈴木おさむ

    鈴木おさむ、騒動前のベッキーに「息苦しさ」 金スマ放送見て感じること

    エンタメ

     息子・笑福(えふ)くんの子育て模様を日々ブログに綴っている放送作家の鈴木おさむが、14日、「コントロール??」と題したブログをアップし、13日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)でのベッキー復帰の回についてコメントした。@@cutter 鈴木は「白い色に一度別の色が混じると白い色に戻ることはない。だけど、濁った色になっても、またそこから色んな色を混ぜていけば、一色しかない魅力的な色になることも出来る。黒という色でも色んな黒があり、輝きをもった格好いい黒だってあるわけで」と、スキャンダルで騒がれたベッキーを色に例えて、独自の表現方法で語った。  また、「この件が起きる前のベッキーを見ていて真っ白なイメージだったベッキーに息苦しさを感じたこともあった」と騒動前のベッキーへのイメージを明かしつつ「ここからはそのイメージにとらわれることなく時間はかかると思うけど素敵な色になっていってほしいな」と応援メッセージをおくる。さらに「自分の心がコントロール出来ないほど人を好きになってしまったこと、どのくらいの人が経験あるのでしょうか?」と読者に問いかけ、自身の若いころの恋愛体験などもつづり、恋愛感情のコントロールの難しさに共感を示した。  これにはフォロワーから「LINE流出とか本当にかわいそう。2人だけの事が世間に見られちゃうなんて、芸能人て辛いね」「なんか読んでよかった!ありがとう」「私はベッキーさんが反省し、引き返せる道を選ぼうとしている事に、エールを送ります!」「ベッキーの止められなかった気持ちも、わからなくはないですけどね」と様々なコメントが寄せられ、自身の恋愛体験を語る者もいた。

  • ベッキー、謝罪会見の嘘認める「報道後も気持ちはありました」と告白

    ベッキー、1月の会見の嘘認める「報道後も気持ちはありました」と告白

    エンタメ

     ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん)との不倫騒動で芸能活動を休止中のベッキーが、13日放送のトークバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)に出演し、騒動の真相を語った。@@cutter 番組冒頭でベッキーは、中居と対面しながら川谷の元妻に謝罪した経緯を語り、合わせてテロップで5月2日に謝罪したことも明かされた。そして番組ロケシーンでは中盤に登場し、開口一番「このたびは私事でご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした」と、涙声で謝罪。  番組ラストで、再び中居と二人での会話となり、1月に行った会見に対して嘘があったと告白。「恋愛関係でした。そこは子供の言い訳みたいでした。そうですね。気持ちが通った時点で不倫だと思いました」と、その関係を認めながら「夫婦関係は破たんしていると思っていたので、これは間違った恋だという認識もあったけど、でもそのうちお別れをするかもしれない、順番も違うかもという思いもあって」と、当時の心境を吐露。  また、会見前日に川谷と交わされたLINEでのやりとりについても「そのころは感情におぼれて、まだお付き合いしたいと思っていた」と、報道内容を全面的に肯定。  中居から現在の現在の気持ちを聞かれると、ベッキーは「好きではない」とキッパリ。報道直後は「正直気持ちはあったし、落ち着いたらまたそこから恋が始まるという思いもあった」と当時の思いを告白したが、「奥様の気持ちを知り、自分の罪の重さも知り、頭で『好きじゃない、好きじゃない』と考えて、心が追い付いていった」と心境の変化を語った。  最後に改めて「人としても最低なことをしてしまいました。いろんな人を傷つけてしまったことを深く反省しています。お許しはいただけないと思いますが、またこのテレビのお仕事をマイナスから頑張らせていただきたいと思います」と、涙ながらに謝罪。中居も「(話すことは)覚悟があったと思うし、今後も覚悟を持って頑張ろうね!」と励ました。

  • 新番組『人生のパイセンTV』で司会を務めるベッキーと若林正恭

    『ヨルタモリ』後番組に『人生のパイセンTV』ベッキー&オードリー若林がMC

    エンタメ

     フジテレビ10月期番組改編説明会が3日に行われ、『ヨルタモリ』の後番組としてベッキーとオードリー・若林正恭司会による『人生のパイセンTV』がスタートすることがわかった。同番組は過去に2度、特番として放送され、好評を博した現代の若者が尊敬すべき、“おバカ”な先輩たちを紹介する異色バラエティ。ロケレポーターにはオードリー・春日俊彰ほかお笑いタレントが担当する。@@cutter スタッフも“おバカ”で“チャラい”メンツが顔をそろえる。中嶋優一プロデューサーは「今、フジテレビは若干他局の後塵を拝している状況でございます。3年後、5年後、他局に追いつき、追い越すためには若手のスターディレクターを育成することが絶対条件であると思っています」と語り、演出を務める萩原啓太は29歳の若手ディレクターを紹介した。  萩原ディレクターは「私の唯一のとりえは若さと筋肉です。すべりましたね(笑)。この番組の主役は一見、見た目がおばかなオトナなんですけれども、人からバカにされてもポリシーを持っている人生のパイセン(先輩)です。そのパイセンから人生を楽しむコツを学べればと思っています。この番組を通して少しでも元気とか勇気を伝えられればと思っております」とチャラくアピールをしていた。  現代の若者が尊敬すべきおバカなパイセンが贈る予測不能な異色バラエティ『人生のパイセンTV』は10月18日より毎週日曜23時15分放送。

  • TBS10月期番組改編説明会で「既存のレギュラー放送を強化していきたい」と明かす

    TBSがバラエティ強化、『モニタリング』2時間枠に拡大で「新クールの目玉は木曜日」

    エンタメ

     TBSの10月期番組改編説明会が1日、同局で行われ、キー局では初めての試みとなる『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』を拡大した2時間の連続バラエティや、今後日本に上陸するNetflixへの意識などについて触れた。@@cutter 同局伊佐野編成局長は、「今回は小幅な改編となった。今は体力をつける時期。『マツコの知らない世界』や『水曜日のダウンタウン』が定着してきている。既存のレギュラー放送を強化していきたい」と明かし、石丸編成部企画統括は「新クールの目玉は木曜日。『プレバト!』、『モニタリング』、『櫻井有吉アブナイ夜会』と縦の流れを強くしていきたい」と語った。  ほかにも平日昼のワイドショー『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』は2時間枠に拡大。これまでの柱である生活情報に加え、そのとき起きている事件・事故など、視聴者の最大感心事に応える番組を目指す。同番組はCBC製作だが、TBSも協力体制をつくり、東京の情報を取り入れていくという。  報道陣から「Netflixに対しての意識」について聞かれた伊佐野編成局長は「アメリカなどでは生活に浸透している。日本では地上波がまだ浸透している。どういう形になるかわからないが、状況をみつつ、動いていこうと思う」とコメントした。  ほか、10月の特番は『オールスター大感謝祭’15秋』(3日)、『キングオブコント2015』(11日)、TBSテレビ60周年特別企画『TBSもさんまも60歳 伝説のドラマ&バラエティ全部見せます!夢共演も大連発SP』(12日)を予定している。

  • ベッキの妹がダンスで快挙!

    ベッキー妹、全米ダンスオーディション番組でトップ10入り!

    エンタメ

     タレント・ベッキーの妹で、米ロサンゼルス在住のダンサーであるジェシカがアメリカのダンスオーディション番組『SO YOU THINK YOU CAN DANCE』のトップ10まで勝ち進む快挙を達成。ベッキーはツイッターで喜びをあらわにした。@@cutter 今月はじめより妹の応援で、父・母とともにロサンゼルスに来ていたベッキー。先週にはジェシカが同番組でトップ14まで勝ち進み喜びを述べていたが、8日のツイートで「信じられない!ジェシカTOP10入りました!信じられない!」とさらなる快挙を報告。  「今週は4人落とされる回だったんですが、勝ち抜きました!これで全米ツアー決定です!みなさまありがとうございます!」と興奮とともにサポートするファンへ感謝の気持ちを語った。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access