マリサ・トメイ 関連記事

  • 『パージ:エクスペリメント』メインカット

    “パージ法”施行前に行われた悪魔の実験とは…『パージ:エクスペリメント』公開

    映画

     殺人を含む全ての犯罪が、一年に一晩だけ合法化されるアメリカを舞台にした映画『パージ』シリーズの最新作『The First Purge(原題)』が、『パージ:エクスペリメント』の邦題で6月に全国公開されることが決定した。@@cutter “ホラー映画の工場”と称されるブラムハウス・プロダクションが2013年に放った『パージ』は、1年に一晩(夜7時から翌朝7時までの12時間)だけ殺人を含む全犯罪が合法となるパージ法が施行されたアメリカで、市民たちが犯罪者から逃げ惑うという斬新な設定で全米初登場1位のヒットを記録した。  以降、パージ法が施行された街全体でサバイバルする群像劇を描いた続編『パージ:アナーキー』、パージ法を廃止しようとする大統領候補をパージの夜に殺害しようとする3作目『パージ:大統領令』が公開され、シリーズ累計興行収入は全世界で450億円を突破。最新作の公開に併せて、全10話のテレビシリーズ『パージ』も放映されるなど人気を博している。  その最新作となる『パージ:エクスペリメント』は、パージ法がなぜアメリカで施行されることになったのか、そのはじまりを描いた物語。経済が崩壊した21世紀のアメリカで政権を持った新政党NFFA(新しいアメリカ建国の父たち)は犯罪率を1%に抑止するため、メイ・アップデール博士が考案したパージ法をニューヨークのスタテン島内だけに施行する実験を開始。ギャングのボス・ディミトリーが愛する人を守るため、島に残ることを決意する中、住民たちは不安を抱えながらパージ当日を迎える。果たして、人々は人類史上最悪の実験から生き残ることができるのか…。  映画『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイと、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ、『ゲット・アウト』のジェイソン・ブラムが製作を務め、『パージ』のジェームズ・デモナコ監督が脚本を担当。メガホンを取るのは、映画『フルートベール駅で』の共同プロデューサーであるジェラード・マクマリー。  キャストは、新人のイラン・ノエルがディミトリー役を、映画『スパイダーマン:ホームカミング』で主人公ピーターの叔母メイ・パーカーに扮したマリサ・トメイがアップデール博士役を演じる。  映画『パージ:エクスペリメント』は6月に全国公開。

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』場面写真

    新『スパイダーマン』、アイアンマンに諭される!? 新場面写真解禁

    映画

     マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』にて、スパイダーマンの新たな劇中写真が解禁となった。@@cutter 憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツ姿で、NYの街の悪を裁く姿を夢見るスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーは、ヒーロー気分で街に繰り出しては、ビルの間や住宅街を飛び回る新米ヒーロー。ユーチューブで話題になり親友に正体がバレたほか、挙句、キャプテン・アメリカのシールドを盗んだと自慢話をする始末。  そんな彼の目標は“ヒーロー”として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを持つ不穏な影がNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけと言うスタークの忠告も聞かずに、スパイダーマンはひとり敵を倒しに行こうとするが、襲われたフェリーは今にも沈没寸前、ジェット機は墜落寸前。果たして、わずか15歳の新人ヒーローに世界を救うことはできるのか?そしてトニー・スターク/アイアンマンに認められる本物のヒーローになれるのか?  今回解禁となった写真は、スパイダーマンでありながらもまだまだ15歳の高校生であることが垣間見える場面のもの。黄色いリュックを背負い暗い倉庫に忍び込むスパイダーマン、さらにはトニー・スタークに何かさとされるように語り掛けられ、浮かない表情で歩いていたり、ピーターがスパイダーマンであることを知る友人ネッド・リードと校内の廊下を歩く様子、授業中の実験の一コマなど、スパイダーマンの素顔が15歳のどこにでもいる高校生であることを感じさせる内容となっている。  また、さらには本作でスパイダーマン最大の敵となるバルチャーことアドリアン・トーメスが暗い部屋の中、台に持たれながら何かを企んでいるかのように不気味な表情を浮かべている姿も披露されている。  『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国公開。

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ポスタービジュアル

    新『スパイダーマン』、シビル・ウォー登場裏でまさかの自撮り! ユニーク映像解禁

    映画

     スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』より、新スパイダーマン初登場に隠された衝撃シーンが入った新映像が公開された。@@cutter マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦する本作は、一人前のヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになっていく成長と奮闘が描かれる。  今回、解禁となった最新予告映像は新スパイダーマンがヒーローデビューを果たした『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の舞台裏というユニークなもの。人類の平和を守る最強チーム・アベンジャーズは<チーム・キャプテン・アメリカ>と<チーム・アイアンマン>に二分され、禁断の戦いへと発展する中で、空港で両軍が対峙する最中、物陰に隠れて両軍の危機迫る様子を撮影する者が…それが、スパイダーマンだ。  隠し撮りをしながら興奮を抑えられない様子で「キャプテン・アメリカだ!アイアンマンもいる!あれは誰だ?」と実況をする姿は、ヒーローというよりも15歳のやんちゃな少年そのもの。そんな中、憧れの師とも言うべきアイアンマンから「新人!」とコールされ慌てる様子も自撮り。  さらに両軍の激しい戦いの最中、キャプテン・アメリカとの激闘を自撮りで語ろうとするも、巨大化したアントマンによって自軍のウォーマシンが捉えられ戦いに戻っていくスパイダーマンの姿も収められている。また戦いを終えても興奮冷めやらぬ様子で当時の状況をやっぱり自撮りで語るピーター・パーカーに、トニー・スターク(=アイアンマン)の運転手であるハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)が訪問とユニークな映像が満載だ。  さらに予告には、マイケル・キートン演じる敵バルチャーの最新映像も収録。また同時に解禁された最新ポスターでは、スパイダーマン、アイアンマン、そして敵バルチャーとの競演の様子が描かれている。  『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国ロードショー。

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ポスタービジュアル

    『スパイダーマン』最新映像解禁! 蜘蛛マークがスーツから飛び出す新ガジェット登場

    映画

     スパイダーマンとアイアンマンが競演することで話題の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の最新予告編が解禁された。映像は、「アベンジャーズに入るって試験とかあるの?」という若きスパイダーマンの素朴な質問から始まる。@@cutter NYにヒーローがいる、名はスパイダーマン。その正体は高校生ピーター・パーカー。彼は憧れのトニー・スターク(アイアンマン)にもらった特製スーツでNYを華麗に飛び回り、悪を裁く…といきたいところだが、理想のヒーローのような姿には少し遠い。ビルの間や住宅街を飛び回るがその姿はまだ初々しい。親友にも正体がバレてしまい、挙句にキャプテン・アメリカのシールドを盗んだと自慢話をする始末。  ある日、大富豪トニー・スタークにうらみを持つ不穏な影がNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけと言うスタークの忠告も聞かずに、スパイダーマンはひとり敵を倒しに行こうとするが、果たして、わずか15歳の新人ヒーローに世界を救うことはできるのか?  主人公ピーター/スパイダーマンを演じるのは、英国アカデミー賞でライジングスター賞を受賞したトム・ホランド。トニー/アイアンマンには同役が8作目となるロバート・ダウニー・Jr.。敵・バルチャーを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン、ピーターの叔母メイおばさん役には『レスラー』のマリサ・トメイらベテラン勢も見どころだ。  解禁された映像では、スタークお手製と思われる最新鋭のスパイダースーツを着用するピーターの姿や、親友に正体がバレてしまったことで、その親友の懇願によりスーツを着させてみたりなど、“高校生”という幼さが垣間見える。また、今回お馴染のスーツの蜘蛛マークが、ドローンのように飛び出すシーンも収録されており、新シリーズならではの最新ガジェットも登場している。    『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国ロードショー。

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ポスター3種

    『スパイダーマン:ホームカミング』新ビジュアルが続々解禁!

    映画

     スパイダーマンとアイアンマンとの競演が話題の、映画版スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日より全国公開)にて日本時間の25日に、新スパイダーマン役のトム・ホランドの公式ツイッターおよびインスタグラムで、スパイダーマンがアベンジャーズ・タワーに登っているポスターが初解禁となった。合わせてスパイダーマンの新たなポスターが続々と解禁されている。@@cutter 本作は部活のノリで街を救うヒーロー気取りの15歳の高校生ピーター・パーカーがスパイダーマンとなり、その能力を見出したトニー・スターク/アイアンマンに導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘を活写している。果たしてスパイダーマンはアベンジャーズになれるのか!?  主人公のピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるのは英国アカデミー賞でライジングスター賞(新人賞)を受賞したホランド。トニー・スターク/アイアンマン役は同役が8作目となるロバート・ダウニー・Jr。敵・ヴァルチャーを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン、ピーターの叔母であるメイおばさん役には『レスラー』のマリサ・トメイなど、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に加わったスパイダーマンをベテラン勢が支える。  今回解禁となったのは、さらに新たなスパイダーマンのポスター。ひとつは、スパイダーマンが高校の制服のような黄色いジャケットをスーツの上に着て、川べりでヘッドフォンをしながら寝転んでいるいかにも高校生らしい姿だ。しかし川を挟んだマンハッタンの摩天楼には、あのアベンジャーズ・タワーがひときわ高くそびえ立っているのが見える。  もうひとつは、ブルックリン区とクイーンズ区を走るハイウェイの緑の交通標識に登り、どこかへ向かってポーズを取るスパイダーマンの姿。この2点のポスターと先に解禁されたポスターとを繋げていくと、スパイダーマンがアイアンマンらの拠点であるアベンジャーズ・タワーに近づいていることがわかる。  映画『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国公開。

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』コンセプトアート

    『スパイダーマン』新シリーズ日本公開日が決定、敵キャラのコンセプトアート解禁

    映画

     映画『スパイダーマン』の新シリーズとなる『スパイダーマン:ホームカミング』が、日本全国公開が2017年8月11日に決定。新しいスパイダーマンと、敵キャラクターのコンセプトアートも解禁となった。@@cutter 主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役は、『インポッシブル』の熱演で脚光を浴び、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではスパイダーマン役を演じた若手俳優トム・ホランド。  さらに『アイアンマン』のトニー・スターク=ロバート・ダウニー・Jr.、メイ叔母さん役のマリサ・トメイ、その他トニー・レヴォロリ、ゼンデイヤら豪華キャストの顔合わせも実現。監督を務めるのは、『クラウン』『COP CAR/コップ・カー』のジョン・ワッツ。  先日サンディエゴで開催されたコミコンでは、“世界初”となる本編映像が上映され、ピーター・パーカーは15歳の少年でその高校時代のストーリーであることと、敵であるヴァルチャーが世界初お披露目となった。  さらには今回は、人気が高い敵キャラ、ヴァルチャーの姿が収められた本作のコンセプトアートも解禁された。ファンの間では早くもヴァルチャーを演じる俳優が誰なのか注目が集まっている。

  • トム・ホランドのスパイダーマン参上!

    新『スパイダーマン』トム・ホランド、高所からのお茶目なセルフィーが話題に

    映画

     高校生のピーター・パーカーがスパイダーマンとなって活躍する新『スパイダーマン』でタイトルロールを演じるトム・ホランドが、スパイダーマンのコスチュームに身を包み、まさに“らしい”セルフィーを自身のインスタグラムに投稿した。@@cutter 地上にいるスタッフが見上げる中、どこかの建物の上にいるらしきトムがポーズを決めている一枚。新スパイダーマンの衣装の詳細が見える近さだ。トムはキャプションに「『Spiderman:Homecoming(原題)』の劇場公開まで1年あるけど、心構えはできてる?僕がちょっと前に撮ったセルフィーを見たいと思ってさ」と綴っている。  2017年7月7日(現地時間)より全米公開の『Spiderman:Homecoming(原題)』。監督はホラー『クラウン』(15)のジョン・ワッツが務める。キャストはトムの他、ロバート・ダウニー・Jr.がアイアンマン役、映画『レスラー』(09)のマリサ・トメイがメイおばさん役、海外ドラマ『シェキラ!』のゼンデイヤがミシェル役、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)のマイケル・キートンが悪役ヴァルチャー役…と、豪華スター陣が勢揃いする。  トムのスパイダーマン写真を見たファンからは、「最高のスパイダーマン!」「この写真を見て大喜びしたよ。スパイダーらしいね」「スパイダーマンは適役だな。きっと凄いだろうね。ブラボー」「待てない!」といった熱いコメントが寄せられた。

  • メイおばさん役キャスティングが話題に!左がサリー・フィールド、右がマリサ・トメイ

    新『スパイダーマン』メイおばさん役にマリサ・トメイか キャスティングに物議

    映画

     米ソニー・ピクチャーズとマーベルによる新『スパイダーマン』で、19歳俳優トム・ホランドが主役のスパイダーマンことピーター・パーカーを演じることに決まったが、映画『レスラー』(09)のマリッサ・トメイがピーターの育ての親で伯母のメイおばさんを演じる可能性が出てきたという。@@cutter 本件についてソニーとマーベルはノーコメントだったそうだが、先週マリサがメイ・パーカー役のオファーを受けたと、関係者の話としてVarietyが伝えた。The Wrapによると、マリサは契約交渉で最終段階までに進んでいるとのことだ。  マリサがメイおばさん役に決まりそうだというニュースはネット上で素早く様々な議論を呼んでいるという。The Wrapによると、現在50歳のマリサがメイ・パーカーを演じるには“若すぎる”という声が多いとのことだ。サム・ライミが監督し、トビー・マグワイアが主演した映画『スパイダーマン』(02)では当時74歳のローズマリー・ハリスが、マーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演『アメイジング・スパイダーマン』(12)では当時66歳のサリー・フィールドがそれぞれメイ・パーカーを演じた。  また、マリサがメイおばさんを演じるには「セクシー過ぎる」「魅力的すぎる」という意味での反対意見もあるそうだ。ハリウッドの方程式でいけば、マリサがメイおばさんなら、ベンおじさんを演じられるのはクリント・イーストウッド(くらいの年齢)だというジョークも。  人気スーパーヒーロー映画や世代交代のキャスティングでは、常に是非を問う議論が生まれるが、近々、マリサ出演決定の正式発表が届くかもしれない。

  • まだ売れる前、レディー・ガガではなく本名で活動していた頃

    レディー・ガガ激動の半生がテレビ映画化!ガガ役演じる女優は誰に?

    映画

        世界的ポップスター、レディー・ガガの半生が米ライフタイムでテレビ映画化されることになった。タイトルは「Fame Monster: The Lady Gaga Story(原題)」。 @@cutter   エンタメサイトShowbiz411.comが伝えたもので、製作はイレーン・カーン・パワー、脚本はノーマン・スナイダーが執筆。内容は“ガガへのラブレター”とでもいうべきもので、10代の挫折からトップスターに上りつめるまでの彼女の激動の半生を描くという。   現在、ガガを演じる女優探しが始まっており、「彼女はダークヘアでオフビート、とてつもない才能と野心溢れるティーンでした。我々はレディー・ガガに容姿が似ていて、16歳から22歳の彼女を演じることができる女優を探しています。歌唱力はある方が望ましいですが、必須ではありません」とのこと。   ちなみに米芸能サイトPeople.comでは、「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」のリア・ミシェル、マドンナの娘ルルド、ニッキー・リード、エヴァ・アムリを候補に読者投票をスタート。また、ガガ本人の第一希望は、21歳も年上の女優マリサ・トメイだと伝えている。ガガは以前、「私の友達は、私が怒ってミューヨーク訛り丸出しになると私のことを“マリサ”って呼ぶのよ」と語ったことがあるという。   マリサはあり得ないとしても、誰に決まるか注目が集まりそうだ。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access