クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ドナルド・サザーランド 関連記事

  • 『ミニミニ大作戦』、TVドラマシリーズ化を計画か

    海外ドラマ

     米パラマウント・テレビジョンが、映画『ミニミニ大作戦』のTVドラマシリーズ版を、米NBC局で企画していることが分かった。海外メディアEntertainment Weekly’s EW.comが報じている。

  • “U2”ラリー・マレン・ジュニア、映画俳優デビュー!いぶし銀のアウトロー役で熱演

    映画

     世界的ロックバンド“U2”のドラマーのラリー・マレン・ジュニアが念願の映画俳優デビューを果たした『マン・オン・ザ・トレイン』が、いよいよ10月11日より劇場公開される。名優ドナルド・サザーランドと互角に渡り合う余裕の風格…映画初主演とは思えぬラリーのいぶし銀のアウトロー役がかっこよすぎる!と早くも話題となっている。

  • 『マン・オン・ザ・トレイン』特集:U2のラリー・マレン・ジュニア、映画俳優デビュー! 傑作フィルムノワールをリメイク

    映画

    <link href="http://hc-cr.com/special/2014/manon/css/style.css" rel="stylesheet" /> <div id="manon_contents"> <div id="manon_contents_in"> <img alt="U2のラリー・マレン・ジュニア、映画俳優デビュー! 傑作フィルムノワールをリメイク、オリジナルを超える感動作に迫る 2014年10月11日(土)、シネ・リーブル池袋で緊急公開" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/main_img.jpg" width="630" /> <p> 世界的ロックバンド“U2”のラリー・マレン・ジュニアが念願の映画俳優デビューを飾った『マン・オン・ザ・トレイン』が、いよいよ10月11日より劇場公開される。プロデュースにも携わったラリーが本作で伝えたかった男の最後の旅路とは?(文:坂田正樹)</p> <div class="trailer_area"> <iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/2coReXPexMQ?list=UUxuN2t24MXVNGZr1c0rGVZw" width="560"></iframe></div> <!-- / .trailer_area --> <div id="m1"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m1_title.jpg" width="630" /> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m1_img01.jpg" width="630" /> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/intro.jpg" width="630" /> <p> 数々の栄光に輝く世界最高峰のロックバンド “U2”のドラマーのラリーが、初の映画進出に選んだテーマ。それは、男の熱き友情と、人生最後の旅路。フランスの名匠パトリス・ルコントの傑作フィルムノワール『列車に乗った男』(2002年)に惚れ込んだラリーは、『普通の人々』『スペース・カウボーイ』などで知られる名優ドナルド・サザーランドを相手役に指名し、初主演とは思えない見事なコンビネーションで同作を完全リメイクした。その味わい深い感動は、オリジナル版を超えた!</p> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/story.jpg" width="630" /> <p> ある小さな田舎町。第一線を退いた老教師(ドナルド)と、銀行強盗を計画する元IRAの囚人(ラリー)が偶然出会い、いつしか二人の間に奇妙な友情が芽生え始める。これまで人生というレールを脱線することなく実直に生きてきた老教師は、追われる身でありながら自由に生きるアウトローの姿に憧れを抱き、自分が果たせなかったもう一つの人生を重ね合わせる。出会うはずのなかった対照的な二人の男・・・。やがて、それぞれが掲げた人生最後の“決戦”に身を投じていく。</p> </div> <!-- / #m1 --> <div id="m2"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m2_title.jpg" width="630" /> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m2_img01.jpg" width="630" /> <p> かたや、黙ってそこにいるだけで危険な色気が香り立つ、筋金入りのアウトロー。かたや、人生に疲れ果てながらも、少年のように無邪気で純粋な心を持つ老教師・・・俳優デビュー作にして圧倒的な存在感を見せつけたカリスマロッカー、ラリーと、キャリア50年の名優ドナルドが奏でる魂の二重奏。ルコント監督のオリジナル版キャスト、ジョニー・アリディとジャン・ロシュフォールも絶賛した迫真の演技が観る者の胸を打つ。さらに、映画の世界観にマッチしたラリー作曲のしびれるテーマ音楽は、“U2”ファンならずとも感涙もの!</p> </div> <!-- / #m2 --> <div id="m3"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_title.jpg" width="630" /> <div class="m3_in"> <div class="special_left"> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_img01.jpg" /></div> <!--/.special_left --> <div class="special_right"> <img alt="ラリー・マレン・ジュニア" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_name01.jpg" /> <p> グラミー賞、ゴールデン・グローブ賞ほか数多くの受賞歴を誇る“U2”のドラマー。俳優として、早くも第2作目『おやすみなさいを言いたくて』(ジュリエット・ビノシュ主演)の12月日本公開が決定している。本作では、信念を持って自由を貫く元IRAのアウトロー役をナチュラルに好演。自分の殻をなかなか破れない小心者の老教師と接するうちに、心の奥底で眠っていた人間的な優しさが目覚め始める。</p> </div> <!--/.special_right --></div> <!-- /.m3_in --> <div class="m3_in"> <div class="special_left"> <img alt="ドナルド・サザーランド" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_name02.jpg" /> <p> 身の毛もよだつ恐ろしい悪役から、普通の父親、社会的地位のある老人まで、さまざまな役を完璧にこなすカメレオン俳優。近年も『プライドと偏見』『鑑定士と顔のない依頼人』『ハンガー・ゲーム』シリーズなど話題作が目白押し。本作では、田舎町で生まれ育ち、自分の殻を破れずに老いてゆく、生真面目で心優しい元教授をリアルに好演。自分と正反対のアウトローと出会い、一歩踏み出す勇気をもらう。</p> </div> <!--/.special_left --> <div class="special_right"> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m3_img02.jpg" /></div> <!--/.special_right --></div> <!-- /.m3_in --></div> <!-- / #m3 --> <div id="m4"> <img class="m_title" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m4_title.jpg" width="630" /> <div class="comment01"> <img alt="ロバート・ハリス(DJ・作家)" class="m_comment" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m4_name01.jpg" /> <p>  2011年にリリースされた、メリー・マックガン監督、カナダ・アイルランド合作となる『マン・オン・ザ・トレイン』は、パトリス・ルコント監督の『列車に乗った男』(2002年)の忠実なリメイクである。</p> <p>  ルコント監督のオリジナル版でフランスのロック・シンガーのジョニー・アリディが演じた流れ者には、なんと、ロック・バンド“U2”のドラマー、ラリー・マレン・ジュニアがキャスティングされ、一方、ルコント作品の常連、ジャン・ロシュフォール演じる町の名士には、名優、ドナルド・サザーランドが起用されている。</p> <p>  サザーランドは年齢を重ねるごとに味わいを増す俳優で、このリメイクでも、人生に疲れきってはいるが、どこかしら少年のようなあどけなさ、純粋さを持った男を見事なまでに演じている。</p> <p>  しかし、本作品のいちばんの魅力は、なんと言っても、俳優としては新人のラリー・マレン・ジュニアの思いも寄らない名演技である。ジョニー・アリディの流れ者がクールでハードボイルド過ぎるほどハードボイルドであるのに対し、ラリー・マレン・ジュニアのそれには、どことなく哀愁と、人間的な優しさがある。</p> <p>  リメイクとして申し分ない仕上がりである。出来ることなら両方の作品を見比べて、それぞれの良さや魅力を発見しながら楽しんで欲しいと思う。</p> </div> <!-- / .comment01 --><img alt="サエキけんぞう(作詞家・アーティスト)" class="m_comment" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/m4_name02.jpg" /> <p> "U2"のラリー・マレン・ジュニア…渋すぎる演技なのだ。男の人生の、最後の旅路の機微が、名優ドナルド・サザーランドとの共演で描かれる。一瞬一瞬の画面の向こう側に、大人の彼岸が見える。さて女性からは、そんな彼らが、われわれ男の人生がどう映るのだろう…?テーマ音楽もラリー作曲でイカすです。</p> </div> <!-- / #m4 --> <div id="dvd_area"> <img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/haishin.jpg" usemap="#Map" /><map id="Map" name="Map"><area coords="221,145,332,187" href="https://itunes.apple.com/jp/movie/man-on-za-torein-zi-mu-ban/id928492692?uo=4" shape="rect" target="_blank" /></map><img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/movie.jpg" usemap="#Map2" /><map id="Map2" name="Map2"><area coords="216,149,376,188" href="http://www.universal-music.co.jp/u2" shape="rect" target="_blank" /></map><img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/u2.jpg" usemap="#Map3" /><map id="Map3" name="Map3"><area coords="218,217,378,257" href="http://www.universal-music.co.jp/u2" shape="rect" target="_blank" /></map><img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/manon/images/footer.jpg" usemap="#Map4" /><map id="Map4" name="Map4"><area coords="22,176,303,247" href="https://www.facebook.com/themanonthetrain.jp" shape="rect" target="_blank" /> <area coords="327,176,609,245" href="http://www.ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/" shape="rect" target="_blank" /></map></div> <!-- / #dvd_area --><!-- / #manon_contents_in --></div> <p class="copyright"> (C)MOTT Productions Limited and Trainman Productions Limited All Rights Reserved 2010</p> <!-- / #manon_contents --></div> <br />

  • 長澤まさみ、ニコール・キッドマンらが登場!「第67回カンヌ国際映画祭」フォト集

    映画

     5月14日から開催されている「第67回カンヌ国際映画祭」。今年は、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』がオープニング作品となり、主演のニコール・キッドマンらが登場。また、日本からは、ジョン・ウー監督最新作『太平輪(The Crossing)』に出演の長澤まさみも登場。レッドカーペット&会見の様子をお届けします!

  • 『ハンガー・ゲーム2』予告映像ついに解禁!前作を超える壮絶なサバイバル・バトル

    映画

     全世界が熱狂するサバイバル・アクションシリーズ第2弾『ハンガー・ゲーム2』の衝撃的な予告映像と、シリアスな表情が印象的な主人公カットニスの新メイン画像が解禁された。

  • 『ニュー・シネマ・パラダイス』の名匠トルナトーレ監督、TIFF参加&来日決定!

    映画

     『ニュー・シネマ・パラダイス』はじめ数々の名作を世に送り出してきたジュゼッペ・トルナトーレ監督と音楽のエンニオ・モリコーネが再タッグを組んだ、極上のミステリー『鑑定士と顔のない依頼人』の全国公開が決定。さらに10月22日、第26回東京国際映画祭(TIFF)で特別招待作品として上映、トルナトーレ監督が来日&舞台挨拶をすることがわかった。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access