ジョン・トラヴォルタ 関連記事

  • ボウズ頭にする前のジョン・トラヴォルタ

    ジョン・トラヴォルタ、心機一転? 丸坊主であいさつ

    セレブ&ゴシップ

     映画『グリース』や『パルプ・フィクション』などで知られる俳優のジョン・トラヴォルタが、2019年の新年に向けてイメージチェンジを図った。自身のインスタグラムで丸坊主になった姿を披露し、ファンに新年の言葉をかけた。@@cutter 現地時間6日に写真を投稿したジョン。隣には、女優で妻のケリー・プレストンとの18歳になる娘、エラさんが写っている。2人ともドレスアップしており、ジョンは黒い蝶ネクタイをして、片手にマルティーニのグラス。キャプションには、「みんなが素晴らしい元日を迎えられたことを願っているよ」と、つづられている。  ジョンは以前、映画『パリより愛を込めて』で頭を丸めたが、今回の理由は不明。昨年の12月14日(現地時間)、歌手のピットブルがハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前を刻むセレモニーに、友人として出席した時点では髪の毛がフサフサだった。  一部では長い間、増毛やカツラ着用の疑惑がささやかれてきたジョン。写真を見たファンからは「そうだ! その頭を解放するんだ! 男の中の男のヘアカットだよ! キメてやれ!」「髪の毛がないほうがずっとステキ」「新しいルック、最高」「似合っている」と大好評のようだ。 引用:https://www.instagram.com/johntravolta/

  • 第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、トム・ヒドルストン主演『ナイト・マネジャー』が最多3冠!

    第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、『ナイト・マネジャー』が最多3冠

    海外ドラマ

     第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が現地時間8日、アメリカ・ロサンゼルスで開催。<テレビの部>では『ナイト・マネジャー』が最多3部門に輝いたほか、ドラマ部門作品賞は『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』といった有力候補を抑えて、『ザ・クラウン』が受賞した。@@cutter 『ナイト・マネジャー』は、ジョン・ル・カレの原作を基に、主人公ジョナサン・パインが悪名高い武器ディーラーのリチャード・ローパーと繰り広げる戦いを描くサスペンス。主演のトム・ヒドルストンがリミテッド・シリーズ&テレビムービー部門で男優賞を受賞したほか、オリヴィア・コールマンが助演女優賞、ヒュー・ローリーが助演男優賞を獲得している。  一方、ドラマ部門の作品賞では、動画配信サービスNetflixオリジナルドラマで、イギリス女王エリザベス2世の姿を描く『ザ・クラウン』が栄冠に輝いた。同作は、HBO局の『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』を抑えての受賞となり、主演のクレア・フォイが女優賞も受賞している。  ほかにも、『Atlanta(原題)』はミュージカル/コメディ部門で作品賞と、主演のドナルド・グローヴァーが男優賞を受賞。リミテッド・シリーズ&テレビムービー部門では、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が作品賞を獲得したほか、サラ・ポールソンが女優賞に輝いている。  第74回ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>主な受賞結果は以下の通り。(★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) 『ゲーム・オブ・スローンズ』 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 『This Is Us(原題)』 『ウエストワールド』 ★『ザ・クラウン』 ●女優賞(ドラマ) カトリーナ・バルフ『アウトランダー』 ★クレア・フォイ『ザ・クラウン』 ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』 ウィノナ・ライダー『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 エヴァン・レイチェル・ウッド『ウエストワールド』 ●男優賞(ドラマ) ラミ・マレック『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ボブ・オデンカーク『ベター・コール・ソウル』 マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』 リーヴ・シュレイバー『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 ★ビリー・ボブ・ソーントン『弁護士ビリー・マクブライド』 ●作品賞(ミュージカル/コメディ) ★『Atlanta(原題)』 『Black‐ish(原題)』 『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 『トランスペアレント』 『Veep/ヴィープ』 ●女優賞(ミュージカル/コメディ) レイチェル・ブルーム『Crazy Ex-Girlfriend(原題)』 ジュリア・ルイス=ドレイファス『Veep/ヴィープ』 サラ・ジェシカ・パーカー『Divorce/ディボース』 イッサ・レイ『Insecure(原題)』 ジーナ・ロドリゲス『ジェーン・ザ・ヴァージン』 ★トレイシー・エリス・ロス『Black-ish(原題)』 ●男優賞 (ミュージカル/コメディ) アンソニー・アンダーソン『Black-ish(原題)』 ガエル・ガルシア・ベルナル『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 ★ドナルド・グローヴァー『Atlanta(原題)』 ニック・ノルティ『Graves(原題)』 ジェフリー・タンバー『トランスペアレント』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『アメリカン・クライム』 『The Dresser(原題)』 『ナイト・マネジャー』 『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ★『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) ライリー・キーオ『ガールフレンド・エクスペリエンス』 ★サラ・ポールソン 『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 シャーロット・ランプリング『ロンドン・スパイ』 ケリー・ワシントン『アニタ ~世紀のセクハラ事件~』 フェリシティ・ハフマン『アメリカン・クライム』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) リズ・アーメッド『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ブライアン・クランストン『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』 ★トム・ヒドルストン『ナイト・マネジャー』 ジョン・タートゥーロ『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 コートニー・B・ヴァンス『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●助演女優賞(全部門) ★オリヴィア・コールマン『ナイト・マネジャー』 レナ・ヘディ『ゲーム・オブ・スローンズ』 クリッシー・メッツ『This Is Us(原題)』 マンディ・ムーア『This Is Us(原題)』 タンディ・ニュートン『ウエストワールド』 ●助演男優賞(全部門) スターリング・K・ブラウン『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ★ヒュー・ローリー『ナイト・マネジャー』 ジョン・リスゴー『ザ・クラウン』 クリスチャン・スレイター『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ジョン・トラヴォルタ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』

  • ハリウッド実写版『ドラゴンボール』も余裕のランクイン

    納得のランキング!? 海外メディアが選ぶ「2000年代で最悪の映画TOP10」

    映 画

     『ロード・オブ・ザ・リング』(01)や『ダークナイト』(07)など、数多くの良作が生まれた2000年代。そんな2000年代では、数多くの駄作や珍作も生み出された。海外メディアの映画サイトWatchMojo.comは、2000年代で最悪の映画10本を、ランキング形式で選出している。@@cutter 意外なことに、人気漫画『ドラゴンボール』をハリウッドで実写映画化して“伝説”となった『DRAGONBALL EVOLUTION』(09)は8位止まり。オスカー女優ハル・ベリーのセクシーな衣装が際立った『キャットウーマン』(04)は5位に、過去に交際していたベン・アフレックとジェニファー・ロペスの共演作で、最低の映画に贈られるラジー賞に輝いた『ジーリ』(03)は4位にランクインした。  公開当時、数々の最新ヒット映画をパロディにした『ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う』(08)、同名ゲームを基に製作されて大コケした『アローン・イン・ザ・ダーク』(05)というライバルたちを抑えて、最悪の中の最悪、ワースト1に選ばれたのは、名優ジョン・トラボルタ主演のSFアクション『バトルフィールド・アース』(00)。同サイトはこの駄作を、「言うまでもなく、世界中の誰も興味を持たなかった作品」と酷評している。 WatchMojo.comが選ぶ「2000年代で最悪の映画TOP10」は下記の通り。 1位『バトルフィールド・アース』(00) 2位『アローン・イン・ザ・ダーク』(05) 3位『ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う』(08) 4位『ジーリ』(03) 5位『キャットウーマン』(04) 6位『マスク2』(05) 7位『プルート・ナッシュ』(02) 8位『DRAGONBALL EVOLUTION』(09) 9位『変身パワーズ』(02) 10位『ザ・フォッグ』(05)

  • セレブの恥ずかしモーメント特集

    セレブの恥ずかしモーメント<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    レッドカーペットでもプライベートでもフラッシュをたかれる事の多いセレブ達。ちょっとした油断で世間には見せたくなかった姿を撮られてしまったなんてことも…。そんな恥ずかしい瞬間を撮られてしまったセレブ達を紹介します。

  • ジョン・トラボルタ&デボラ・ウィンガー共演の映画版『アーバン・カウボーイ』(80)

    ジョン・トラボルタ主演『アーバン・カウボーイ』がテレビドラマ化

    海外ドラマ

     映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(78)でブレイクした俳優ジョン・トラボルタが、その後に出演した初期の作品『アーバン・カウボーイ』(80)のテレビドラマ化が進んでいる。米FOX局が1時間のパイロット版の製作をオーダーしたことを発表したという。TV Lineなど海外メディアが伝えた。@@cutter 映画『アーバン・カウボーイ』は同作で脚本を担当したアーロン・レイサムの原作がベース。テキサスの田舎町から都会ヒューストンに越してきた青年バドが遊技場のロデオマシンに熱中し、そこで出会った女性シシーと恋に落ちるというストーリー。ジェームズ・ブリッジス監督のもと、トラボルタがバド、 デブラ・ウィンガーがシシーを演じた。  テレビドラマ版は、活気のある音楽に乗り、運に恵まれない恋人同士カイルとギャビーが、時に安酒場でのラインダンスでかいた汗や石油精製所のすすにまみれ、時に現代テキサスの魅力に触れる中、自分たちの夢と情熱を追い求める姿を描く。家族や再出発、真実の愛、アメリカンドリームといったテーマを盛り込んだ、いかにもテキサスらしい、アメリカらしいドラマになりそうだ。    キャストは不明。パイロット版の脚本、監督、製作総指揮は、映画『ハッスル&フロウ』の監督クレイグ・ブリュワーが務める。シリーズ化が決まれば、映画版のプロデューサー、ロバート・エヴァンスらと共に、引き続き製作総指揮に名を連ねるそうだ。

  • ニール・パトリック・ハリス、第87回アカデミー賞授賞式にて

    <アカデミー賞ハプニング>司会者がパンツ一丁、J・トラヴォルタは不可解な行動!

    セレブ&ゴシップ

     毎年、数々のドラマが生まれるハリウッド映画の祭典アカデミー賞。現地時間22日に開催された第87回アカデミー賞では、昨年の名司会者エレン・デジェネレスからバトンを引き継ぎ、俳優のニール・パトリック・ハリスがアカデミー賞を盛り上げ、今年も笑いが巻き起こった。@@cutter 作品賞候補の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の場面をパロディにしたニール。白いブリーフ一丁のマイケル・キートン演じる主人公が人混みの中を突っ切る場面のように、楽屋のドアに着ていたローブがはさまってしまい、ドアが施錠されてしまったという設定で、仕方なくパンツ一丁のまま、ステージの上に。鍛え上げたボディに、明らかに“詰め物”が入っている白いブリーフ姿を披露した。  今年は昨年、ジョン・トラヴォルタに名前を間違えられたて話題になった『アナと雪の女王』のイディナ・メンゼルが、プレゼンターとして登場。相棒のプレゼンターをステージに呼ぶ際に「最愛なる友のグラム・ガジンゴです」と紹介し、会場から笑いがこぼれると、ジョンがさっそうと登場した。ハグをする2人だが、ここでジョンがまた不可解な行動に。  ジョンはイディナを抱き寄せたまま、右手でイディナの頬や顎を触って話さず、「君はなんて美しくて才能豊かなんだ、イディナ・メンゼル」と褒め称えた。いつまでも顔から手を離さないジョンの予想外の行動に、イディナは笑いながら切り抜けたが、そのおかしな光景はネット上ですぐに話題になったようだ。  マジックが得意というニールは式の始めに、何が起きるか予想を書いた紙をカバンにしまい、ガラス・ボックスに入れて施錠したが、作品賞発表前に取り出した紙にはそういったジョンの行動や、助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズのスピーチの内容などが書いてあり、ゲストを驚かせる場面もあった。

  • 「素晴らしき演技過剰の俳優トップ10」1位:ニコラス・ケイジ

    「素晴らしき演技過剰の俳優トップ10」 1位はオスカー俳優ニコラス・ケイジ

    映 画

     日本にはリアクション芸人がいるように、海外にはオーバーなジェスチャーとオーバーな表情で演技する俳優がいる!? とばかりに、カナダのエンタメサイトWatch Mojoが、“素晴らしき”演技過剰の俳優ランキングを発表。1位に『リービング・ラスベガス』(96)でアカデミー賞主演男優賞に輝いたニコラス・ケイジが選ばれた。@@cutter “素晴らしき”と付いているように、選出された10人の中の大多数がアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞などの賞レースの常連。今回のランキングでは、オーバーな演技が板に付いている俳優を模索したとのことだ。劇的なジェスチャーを好む俳優陣は、大袈裟すぎる演技の時もあれば、アカデミー賞級の演技の時もあるという。  1位に選ばれたニコラス・ケイジは、オスカー俳優であると同時に、カルトホラーのリメイク作『ウィッカーマン』を筆頭に、『ゴーストライダー』『スネーク・アイズ』などの怪演で一部の映画ファンから支持を集める稀少なタイプの俳優。  2位のジム・キャリーはハリウッド俳優の中でも一番のおかしな喜劇俳優という評価だ。『エース・ベンチュラ』(94)や『マスク』(94)、『ジム・キャリーはMr.ダマー』(94)など、彼の名前を世に知らしめた初期の作品で演じたキャラクターはどれも強烈で、得意の顔芸や身振りがキャラクターを際立たせてもいた。  ほか、名優として知られているアル・パチーノやジョン・マルコヴィッチ、ダニエル・デイ=ルイスらがランクインしている。  Watch Mojo選出「素晴らしき演技過剰の俳優トップ10」は以下の通り。 1位:ニコラス・ケイジ 2位:ジム・キャリー 3位:ウィリアム・シャトナー 4位:アル・パチーノ 5位:ジョン・トラヴォルタ 6位:ティム・カリー 7位:ジョン・マルコヴィッチ 8位:ロビン・ウィリアムズ 9位:ダニエル・デイ=ルイス 10位:サミュエル・L・ジャクソン

  • ジョン・トラヴォルタがO・J・シンプソン事件を題材にする新ドラマに出演

    ジョン・トラヴォルタ、O・J・シンプソン事件を扱う新ドラマに弁護士役で出演

    海外ドラマ

     妻の殺害事件で殺人罪に問われた元プロのアメフト選手で俳優に転身したO・J・シンプソンの裁判を描く新ドラマ『American Crime Story:The People Vs. O.J. Simpson(原題)』。映画『キリング・ゲーム』(14)のジョン・トラヴォルタがO・J・シンプソンの弁護士ロバート・シャピロ役で出演することが明らかになった。@@cutter 『American Crime Story:The People Vs. O.J. Simpson(原題)』は、海外ドラマ『glee/グリー』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズを手掛けるライアン・マーフィーが企画するミニシリーズ。『アメリカン・ホラー・ストーリー』のスピンオフ的な位置付けで10話構成となり、FXでの放送が予定されている。TV Lineによると、ジョンは出演のほか、プロデューサーとしても名を連ねるという。  同ドラマはプロフットボール選手を引退後、俳優に転向して成功を収めたO・J・シンプソンが、元妻のニコール・ブラウンとその愛人フレッド・ゴールドマンを殺害した容疑で逮捕され、裁判で無罪になった事件を描く。  キャストはジョンのほか、『大統領の執事の涙』のキューバ・グッディング・JrがO・J・シンプソン役。人気海外ドラマ『フレンズ』のロス役でお馴染みのデヴィッド・シュワイマーが、リアリティスター=キム・カーダシアンの実父でO・Jと交流があり、裁判ではO・Jの弁護士団の1人として知られるロバート・カーダシアン役を務める。『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズの常連女優サラ・ポールソンは、裁判で主任検事を務めたマルシア・クラークを演じるという。

  • 俳優にとって作品選びは大事!? (左からジョン・トラヴォルタ、ブランドン・ラウス、デミ・ムーア)

    1回の作品選びが命取り、俳優たちのキャリアを潰した映画11本

    映 画

     出演する全ての作品でヒットを飛ばすのは得てして無理な話。どんな大物スターでも、大コケした作品や不評になった作品に出演したことが1回や2回、あるいは何回もあるかも。しかし中には、1回の作品選びのミスでキャリアを潰すほどの打撃を受けてしまうスターがいるのだとか…。ということで、映画情報サイトMovieFanaticが、一部のスターたちのキャリアを潰したという映画作品11本を選出した。@@cutter MoviewFanaticいわく、飛ぶように売れていたスターが、ある作品を境に姿を消したという。例えば、デミ・ムーア。80年代の青春スター=ブラッド・パックの一員として『セント・エルモス・ファイアー』(86)や『きのうの夜は…』(86)などに出演。ブルース・ウィリスと結婚し、1990年の『ゴースト/ニューヨークの幻』の大ヒットでトップスターになった。しかし、当時、女優としては最高額という1200万ドルとも1250万ドル(現在の円換算で約14億1300万円~14億7200万円)とも言われるギャラを手にし、ストリッパー役でヌードも見せた『素顔のままで』(96)が大コケ。その痛手から、女優としては未だに回復できていないとのことだ。  また、輝かしい未来が約束されていたはずが、スター街道の道に乗れなかったというパターンもあるという。例えば『スーパーマン リターンズ』(06)のブランドン・ラウス。映画公開前は名前があまり知られておらず、新スーパーマンとして大抜擢され、映画公開後は輝かしいキャリアを歩み始めると思われていた。が、配給側の予想売り上げに達しなかったため、続編製作は中止に。ブランドンのせいではないが、その結果、彼がハリウッド大作の主役を務める映画スターになることはなかったという。  MovieFanatic選出「一部のスターたちのキャリアを潰した大コケ映画11本」は以下の通り。 『素顔のままで』(96) デミ・ムーア 『スーパーマン リターンズ』(06) ブランドン・ラウス 『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』(97) クリス・オドネル 『カットスロート・アイランド』(96) ジーナ・デイヴィス/マシュー・モディーン/レニー・ハーリン監督 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(99) ジェイク・ロイド 『バナナ★トリップ』(未・04) キューバ・グッディング・Jr 『愛の伝道師 ラブ・グル』(未・10) マイク・マイヤーズ 『バトルフィールド・アース』(00) ジョン・トラヴォルタ 『プルート・ナッシュ』(03) エディ・マーフィ 『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』(03) ショーン・コネリー 『キャットウーマン』(04) ハル・ベリー

  • 同性愛の噂が絶えないが…

    ジョン・トラボルタ「大して気にしていない」、絶えない同性愛の噂について言及

    セレブ&ゴシップ

     男性マッサージ師やジムのインストラクターなどにセクハラ行為を訴えられ、バイセクシャルや同性愛の噂が絶えない俳優ジョン・トラボルタ。そうした一連の噂に公にコメントすることが少なかったというジョンが、インタビューで心境を語ったそうだ。@@cutter 映画『エキスパーツ』(未)で共演した女優ケリー・プレストンと23年間連れ添うジョン。2012年にはジョンに性行為を強要されたという男性の訴えが相次ぎ、現在もジョンのもとで働いていたパイロットに訴訟を起こされている状態だが、The Daily Beastとのインタビューで「どの有名人にとっても弁慶の泣き所だと思う。世間にはお金を欲しがっている人がいるということに過ぎない」と、何度も訴訟を起こされることについてコメントした。  「それだけのことだ。様々なレベルで起こることだけどね。僕は大して気にしていない。他の人たちは僕よりも頻繁に反論するかもしれないが、もうだいぶ前にマスコミに書き立てられても気にしないことにした。自分ではコントロールできないことだし。そうやって放っていることがある意味、噂を助長する原因になっているんだろけど」。  それでもジョンは2009年、当時16歳だった息子ジェットの死去を伝えるニュースの中で、ジョンの男性の愛人が第一発見者だったとする記事にはどうしようもない怒りを覚えたという。「セックス絡みのネタを喜ぶ人は必ずいるが、家族を引き合いに出すのはやめるべきだ」と、一部のマスコミに嫌気が差したことを告白した。

  • エマ・ワトソンがボリウッドに進出か

    エマ・ワトソン、ボリウッド進出か!? 『エリザベス』監督のインド映画で出演打診

    映 画

     映画『ハリー・ポッター』シリーズの女優エマ・ワトソンが、映画『エリザベス』(99)や『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(08)などで知られるシェカール・カプール監督より新作への出演を打診されているらしい。@@cutter Digital Spyによると、エマに重要な役がオファーされたという話だが、カプール監督が脚本も手掛けるという新作のタイトルは、ヒンディー語で「水」を意味する『Paani(原題)』。水を巡る戦争が起きる未来が舞台で、国際的な巨大企業による水の支配に抵抗し、戦いを挑む若い恋人たちを中心にストーリーは展開するという。カプール監督が2010年にカンヌ国際映画祭で発表したプロジェクトで、2012年に出資会社が決まり映画化の目処が立った。  昨年9月には、インド映画『わが人生3つの失敗/Kai Po Che!(原題)』(大阪アジアン映画祭2013で上映)に出演したスシャント・シン・ラージプート( Sushant Singh Rajput)が主演に抜擢されたとVarietyが伝えた。  本作には映画『キリング・ゲーム』(14)のジョン・トラヴォルタも出演を打診されたとのことで、本件についてはジョン自身が認めている。「出演を打診された作品があるが、前向きに検討しているよ。真のボリウッド作品だと思うんだ」とジョン。「脚本には歌が含まれてないが、ボリウッドを堪能できる作品にするために必ず歌を加えるとシェカールが話していた。ストーリーと役が気に入れば、インド映画に出演してもいいと思っている」とコメントした。  ジョンは出演に乗り気のようだが、果たしてエマはいかがだろうか。『Paani(原題)』はインド各地のIMAX劇場で公開されることが決まっているそうだ。

  • 過ぎたことは忘れよう…!?

    ジョン・トラボルタ、アカデミー賞授賞式での“失態”についてコメント

    セレブ&ゴシップ

     数々の感動を呼んだ第86回アカデミー賞。式の模様が生中継され、感動と共にハプニングが付き物の同賞の授賞式で、今回は主題歌賞候補の曲を披露する歌手の名前を言い間違えたジョン・トラボルタがネット上の格好のネタに。当のジョンは自分の失態について、ある意味ユーモアがあるが、結果的に謝罪になっていない(!?)コメントを発した。@@cutter ジョンは現地時間2日に開催された第86回アカデミー賞で、ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go ~ありのままで~』を歌うイディナ・メンゼル(Idina Menzel)をなぜか「アデル・ダズィーム(Adele Dazim/Dazeem)」と紹介。  イディナは日本でも人気の海外ドラマ『glee/グリー』でレイチェルの実母シェルビーを演じ、ドラマの中でも抜群の歌唱力を披露したブロードウェイ舞台女優。アカデミー賞ではジョンからの紹介後、何事もなかったように熱唱し、同曲は主題歌賞を受賞した。  だが、ジョンの失態後、すぐにツイッターはその話題で持ちきりに。ジョンのように名前を勝手に変換する「Travoltify your name」(あなたの名前をトラボルタ化)なる機能が付いた特設ページ(Slate.comが開設)も出現。名前をローマ字入力すると、勝手に入れ替えてくれるジェネレーター付きのサイトが方々に登場した。  ジョンは授賞式直後、イディナの名前の言い間違えについて特にコメントしなかったが、Today.comによると、代理人を通して現地時間4日に声明を発表した。  「一日中、自分を責めています。でもその後こう思いました。イディナ・メンゼルだったら何と言うだろうと。彼女なら“Let it go,let it go!”と言うでしょう。イディナは素晴らしい才能の持ち主です。日曜日の夜、『アンナと雪の女王』が2つのオスカー像を受け取ったことを私はとても喜んでいます」。  「Let It Go」とは『アンナと雪の女王』の主題歌のタイトル。場合によって日本語訳は多少変わるが、この場合は「忘れなさい、忘れなさい!」という意味で使っていると取れる。主題歌のタイトルを使ってコメントするあたり、ジョンのユーモアのセンスが伺えるが、はっきり「失礼しました」と言わないことで、また話題になってしまいそうだ!?

  • 【2013年(第34回)】ムービー43

    愛すべき最低映画がズラリ 頂点を極めた歴代ラジー賞フォト特集

    映 画

    出来れば受賞したくない? 日本でも大ヒットした超大作から、カルト映画まで…「最低」映画が選ばれるゴールデンラズベリー賞(通称:ラジー賞)の最低作品賞に輝いた歴代映画を一挙紹介!

  • 初共演にして一騎打ち!ロバート・デ・ニーロVSジョン・トラボルタ

    閲覧注意! デ・ニーロ対トラボルタ、ドS級の拷問合戦“激痛”映像公開

    映 画

     ロバート・デ・ニーロとジョン・トラボルタが初競演にして一騎打ちに挑むサディスティック・アクション『キリングゲーム』。2014年1月11日の全国公開を前に、本作の“旨み”とも言える激痛シーンが詰まった特別映像が解禁された。@@cutter 二度のアカデミー賞に輝き、最近も『世界にひとつのプレイブック』で助演男優賞にノミネートされた大ベテランのロバート・デ・ニーロ。二度にわたるアカデミー賞主演男優賞ノミネート、近年はアクションを中心にますます幅広い役柄で活躍するジョン・トラヴォルタ。二人が初コラボレーションに選んだのは、全編ほとんど二人だけで展開される、全身で痛みを体感するサディスティック・アクション『キリングゲーム』。監督をマーク・スティーヴン・ジョンソン(『ゴーストライダー』シリーズ)、脚本をエヴァン・ドーハティ(『スノーホワイト』)が務める。  本作の大きな魅力は、VFX全盛のハリウッドの時流に逆行した“体当たり”のリアルアクション。デジタルでは決して表現できない本物の痛みを大物俳優二人が生々しい拷問シーンで体現している。  アメリカ東北部からカナダへと広がる広大なアパラチア山脈の大自然で、偶然出会った元アメリカ軍人のベンジャミン(ロバート・デ・ニーロ)とセルビア人元兵士のコヴァチ(ジョン・トラヴォルタ)。二人とその出会いを紹介する場面に続いて唐突に出てくるアテンションマークが、その後の映像の危険度を警告。戦場で負傷した脚をさらに狙う非道さや、両頬に貫通した矢を引き抜き、傷口に塩の入ったレモネードを注ぎ込む執拗さ…。視覚・聴覚的に、観る者が特に“痛い”と感じられる場面を厳選したドS映像となっている。あなたはこの痛みに耐えられるか!?  ボスニア紛争という過去に決着をつけるため、心にも肉体にも深い傷を抱えた男同士が繰り広げる壮絶な一騎打ちは、強烈な狂気と痛みをもって痛烈に伝わってくる。ふたりの壮絶な“キリングゲーム”の行方は、ぜひ劇場で見届けてほしい。

  • またピンチ

    ジョン・トラヴォルタがまたピンチ! 元同性恋人が6年間の交際を暴露

    セレブ&ゴシップ

      今年初め、過去のゲイ行為を次々と暴露され裁判沙汰にまで至ったハリウッドスター=ジョン・トラヴォルタ(58)。妻ケリー・プレストンとのおしどりぶりが有名だっただけにこのゴシップには世界が驚愕したが、本人は「事実無根」と否定、最近ようやく噂も下火になっていた矢先、元恋人を名乗る新たな男性が声を上げた。@@cutter  この男性=ダグ・ゴッテルバはジョンのプライベートジェットの元操縦士で、ジョンとは6年間付き合っていたという。そしてジョンから自分たちのセックスをビデオに撮りたいと言われたこともあったそうだ。   「ジョンの寝室で一緒にポルノビデオを見ていたとき、彼が『僕たちもセックステープを撮ろう』と言ってきたんです。私はもちろん断りましたよ」。   ダグいわく、二人はジョンが結婚する前の1981年2月に初めて出会い、すぐに恋人関係になったという。

  • 一生懸命しあわせアピール?

    またも男性から訴えられた渦中のジョン・トラヴォルタ、妻を伴いプレミアに登場

    セレブ&ゴシップ

      今年5月以降、複数の男性マッサージ師から続々と過去の性的暴行容疑で訴えられているジョン・トラヴォルタ(58)が、またも別の男性から訴えられた。 @@cutter   今回ジョンを訴えたのは、クルーザー従業員のファビアン・ザンジ。事件は2009年に起きたそうで、ジョンの個室に食事を届けに行くと、ジョンがいきなりバスローブを脱ぎ彼に迫ってきたのだという。またジョンは口止め料として1万2000ドル(約95万円)支払うと持ちかけてきたそうだ。   ファビアンはこの一件で心身共にダメージを受けたとして今月21日、ロサンゼルス裁判所に訴状を提出。これに対しジョンの弁護士は、「今回の訴えも、今までと同じくバカげたたわごとです。彼らは一瞬でも有名になりたいがためにこのような話を作り上げたのです」と完全否定している。   この訴えの直後である26日、ジョンは最新主演作「Savages(原題)」のプレミアに、21年間連れ添う妻ケリー・プレストンと登場。二人は取材陣の前で堂々とキスしてみせ、一連の醜聞にも夫婦仲が揺らいでいないことをアピールしていた。

  • ついに別居か

    性的暴行疑惑のジョン・トラヴォルタ、妻ケリー・プレストンとは既に別居!?

    セレブ&ゴシップ

      複数の男性マッサージ師に対する性行為強要と性的暴行が今月初めに報じられ、今なお疑惑が払しょくされない俳優ジョン・トラヴォルタ(58)だが、妻で女優のケリー・プレストン(48)が既に家を出て別居状態であると一部タブロイド誌が報じている。 @@cutter   ケリーと親しい友人の話によれば、ケリーは夫に関する一連のスキャンダラスな報道に言葉もなく、ジョンとの結婚生活は終わり、これ以上あの家に住みたくないと漏らしていたそうだ。   「ケリーは何十年も、ジョンの二重生活に耐えていました。でも今回世間に知られたことで、彼女にとってこれ以上の辱めはないのです。彼女は本当に参っていますよ」。   またタブロイド誌には、ジョンが1997年に女装している写真も掲載。ブラジャーが透けて見える白のドレスに、金髪のウィッグとアイライナー、ピンクの口紅を塗って着飾ったジョンの姿が写っている。   ジョンとケリーは1992年に結婚。ハリウッドでも屈指のおしどり夫婦として知られ、12歳の娘と、昨年生まれたばかりの男の子がいる。長男がいたが、2009年に心臓発作により16歳の若さで亡くなっている。

  • 一体何人と…

    性的暴行疑惑のジョン・トラヴォルタ、3人目の被害者が現れる

    セレブ&ゴシップ

      性的暴行及び性行為を強要されたとして、今月初め、二人の男性マッサージ師から訴えられた俳優ジョン・トラヴォルタ(58)だが、ここへきて3人目のマッサージ師が自分も被害に遭ったと訴えを起こす構えであることを明らかにした。 @@cutter   3人目の“自称・被害者”はニューヨーク在住の男性マッサージ師で、2年前、五つ星ホテルでジョンにマッサージを行っている最中、“マッサージ以上の行為”を強要されたそうだ。   これまで原告側は全員素性を明かしていなかったが、二人目の原告は先週末、アトランタ在住のマッサージセラピスト、ジョン・トゥルースデイル(40)であることが判明。「身分を明かすつもりはなかった。この件に関してこれ以上話すことはできない」とNew York Daily News紙にコメントしている。   ジョンの弁護士はこれまで、「今回の件に関してはすべてがデタラメでバカげた言いがかり。彼らに対し1ドルも支払うつもりはない」と声明を発表している。

  • 波乱の展開

    性的暴行疑惑のジョン・トラヴォルタ、一人目の原告が偽証言!? 弁護士が弁護を降りる!

    セレブ&ゴシップ

      先週、男性マッサージ師二人から「性的暴行及び性行為の強要を受けた」として立て続けに訴えを起こされたハリウッドスター=ジョン・トラヴォルタ(58)だったが、原告の弁護を一手に引き受けていた弁護士が一人目のマッサージ師の弁護を降りるという波乱の展開になっている。 @@cutter    一人目のマッサージ師から訴えを受けた直後、ジョンの弁護士は「件の2012年1月16日、ジョンはニューヨークにおり、事件が起こったとされるロサンゼルスのホテルにはいなかった」と主張、それを証明する証拠を提出した。   これを受け一人目のマッサージ師は、「事件が起きた日にちを間違えた。数日早かった」と言いだし、二転三転する彼の証言に原告側のオコリー・オコロチャ弁護士が「自分の手に余る」と弁護を降りたというのが経緯らしい。   「オコロチャ弁護士は、一人目の原告の証言があまりに変わるため、これ以上引き受けることは難しいと判断を下しました。彼には別の弁護士に依頼するよう進言したそうです」と情報筋は語る。   オコロチャ弁護士は二人目のマッサージ師については引き続き弁護を続けているというが、この件に関しオコロチャ弁護士からのコメントは取れていない。

  • ジョンと妻ケリー・プレストン

    ジョン・トラヴォルタ、性的暴行疑惑で二人目の男性が訴えを!

    セレブ&ゴシップ

      性的暴行及び性行為を強要されたとして男性マッサージ師から訴えられているジョン・トラヴォルタ(58)だが、「まったくの作り話」と声明を発表した直後、今度は別の男性マッサージ師が同様の被害を受けたと裁判所に訴状を提出した。 @@cutter    二人目の原告は、アトランタのリゾート施設でジョンにマッサージを施していた最中、“不適切な行為”を強要されたという。彼は、一人目のマッサージ師と同じオコリー・オコロチャ弁護士を通し裁判所に訴状を提出している。   新たな訴えに対しジョンの弁護士は次のようなコメントを発表している。   「二人目の“匿名”の人物からの訴えについても、前回同様ただただバカげているとしか言えません。先日も申しましたように、一人目のマッサージ師がジョンに会ったという日、彼はカリフォルニアにはいなかったのです」。   二人のマッサージ師の弁護を担当しているオコロチャ弁護士は、次のように語っている。   「私の依頼人が名前を明かさないのは、これがデリケートな問題だからです。こちらには決定的な証拠がありますが、現段階でそれを出すつもりはありません」。   オコロチャ弁護士いわく、二人目のマッサージ師とジョンが一緒にいる写真があり、目撃者もいるという。

  • 本当なのか!?

  • 良かったですね

    ジョン・トラヴォルタ、路上で盗まれたベンツが見つかる

    セレブ&ゴシップ

      昨年9月にヴィンテージもののメルセデスベンツを路上で盗まれたハリウッド俳優ジョン・トラヴォルタだったが、その車が見つかったそうだ。 @@cutter    ジョンのベンツが盗まれたのは昨年9月半ばの週末。サンタモニカの路上に愛車のベンツを停め、近くのディーラーショップで10分ほどジャガーを見て戻ってくると、車は跡形もなくなくなっていたという。   二人の男がこの窃盗事件に関連があるとして、警察に逮捕されている。

  • お宝ベンツを盗まれる

    J・トラヴォルタ、駐車中のヴィンテージベンツを10分で盗まれる!

    セレブ&ゴシップ

      ジョン・トラヴォルタがヴィンテージもののメルセデスベンツを盗まれてしまった。 @@cutter   伝えられるところによれば、週末ジョンがカリフォルニア・サンタモニカの路上に車を停め、ディーラーショップでジャガーを見ていたわずか10分の間に愛車を盗まれてしまったという。   ジョンの代理人はこの件に関しコメントを発表していないが、サンタモニカ警察署は盗まれたベンツはジョンの車であることを認めている。現在、犯人の手掛かりはなく、依然調査中とのことだ。   カーマニアで知られるジョンだが、今回盗まれたのは1970年代に製造されたMercedes-Benz 280 SLで、推定5万ドル(約382万円)から10万ドル(約760万円)はするとみられている。

  • シュワ、ウィリス「エクスペンダブルズ2」に続投!

    S・スタローン主演「エクスペンダブルズ2」シュワ、B・ウィリス揃って続投決定!

    映 画

     州知事引退後、俳優復帰宣言するも新作より愛人問題で世間を賑わせたアーノルド・シュワルツェネッガーがブルース・ウィリスと共に、盟友シルヴェスター・スタローン主演のアクション「エクスペンダブルズ2」に続投することが決定した。 @@cutter  シュワルツェネッガーとウィリスは前作ではカメオで顔見せ程度の出演だったが、続編となる「エクスペンダブルズ2」では、ちゃんとしたキャラクターとして登場するという。  「エクスペンダブルズ2」のキャストについては未確認情報が飛び交っており、往年のアクションスター、チャック・ノリスやジョン・トラヴォルタ、ドニー・イェン、ジャン=クロード・ヴァン・ダムらの出演も噂されている。  監督のサイモン・ウェストはブルガリアで撮影に入っていると伝えられているが、中国の配給会社と共同製作するという話もあり、今後中国ロケが追加される可能性もあるとのこと。「エクスペンダブルズ2」の全米公開は2012年8月17日。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access