クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ジョン・トラヴォルタ 関連記事

  • 最低映画を選ぶ“ラジー賞”、『キャッツ』が不名誉の最多6部門受賞

    映画

     毎年、その年の最低映画やキャストが選ばれる最低映画の祭典ゴールデン・ラズベリー賞。現地時間16日に第40回の受賞作品と受賞者が発表になり、トム・フーパー監督のミュージカル映画『キャッツ』が、最低映画賞、最低助演女優賞、最低助演男優賞、最低スクリーン・コンボ賞、最低監督賞、最低脚本賞の最多6部門に輝いた。

  • 英ダイアナ妃の“トラヴォルタ”ドレスがオークションに まさかの結果に驚き

    セレブ&ゴシップ

     生前、世界中の人々を魅了した英王室のダイアナ妃。1985年にホワイトハウスで行われた公式晩餐会でダイアナ妃が着用したドレスが現地時間9日、ロンドンで競売にかけられたが、最低落札価格に届かなかったという驚きの結果になった。

  • ジョン・トラヴォルタ、タランティーノの最後の監督作に出演熱望

    映画

     クエンティン・タランティーノ監督の初期の映画『パルプ・フィクション』に出演する俳優のジョン・トラヴォルタが、引退を示唆するタランティーノ監督の最後の作品に出演することを熱望しているという。

  • 最低映画を選ぶ「ラジー賞」、ジョン・トラヴォルタ主演映画ほか2作が最多6ノミネート

    映画

     アカデミー賞の前日に発表される最低映画賞のゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)。39回目となるラジー賞のノミネーションが発表になり、俳優ジョン・トラヴォルタが伝説のマフィアのドン、ジョン・ゴッティを演じる犯罪映画『ギャング・イン・ニューヨーク』、メリッサ・マッカーシー主演『パペット大騒査線 追憶の紫影』、俳優ウィル・フェレル&ジョン・C・ライリー共演『Holmes & Watson(原題)』が、最多6ノミネートを獲得した。

  • ジョン・トラヴォルタ、心機一転? 丸坊主であいさつ

    セレブ&ゴシップ

     映画『グリース』や『パルプ・フィクション』などで知られる俳優のジョン・トラヴォルタが、2019年の新年に向けてイメージチェンジを図った。自身のインスタグラムで丸坊主になった姿を披露し、ファンに新年の言葉をかけた。

  • 第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、『ナイト・マネジャー』が最多3冠

    海外ドラマ

     第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が現地時間8日、アメリカ・ロサンゼルスで開催。<テレビの部>では『ナイト・マネジャー』が最多3部門に輝いたほか、ドラマ部門作品賞は『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』といった有力候補を抑えて、『ザ・クラウン』が受賞した。

  • 納得のランキング!? 海外メディアが選ぶ「2000年代で最悪の映画TOP10」

    映画

     『ロード・オブ・ザ・リング』(01)や『ダークナイト』(07)など、数多くの良作が生まれた2000年代。そんな2000年代では、数多くの駄作や珍作も生み出された。海外メディアの映画サイトWatchMojo.comは、2000年代で最悪の映画10本を、ランキング形式で選出している。

  • セレブの恥ずかしモーメント<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    レッドカーペットでもプライベートでもフラッシュをたかれる事の多いセレブ達。ちょっとした油断で世間には見せたくなかった姿を撮られてしまったなんてことも…。そんな恥ずかしい瞬間を撮られてしまったセレブ達を紹介します。

  • ジョン・トラボルタ主演『アーバン・カウボーイ』がテレビドラマ化

    海外ドラマ

     映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(78)でブレイクした俳優ジョン・トラボルタが、その後に出演した初期の作品『アーバン・カウボーイ』(80)のテレビドラマ化が進んでいる。米FOX局が1時間のパイロット版の製作をオーダーしたことを発表したという。TV Lineなど海外メディアが伝えた。

  • <アカデミー賞ハプニング>司会者がパンツ一丁、J・トラヴォルタは不可解な行動!

    セレブ&ゴシップ

     毎年、数々のドラマが生まれるハリウッド映画の祭典アカデミー賞。現地時間22日に開催された第87回アカデミー賞では、昨年の名司会者エレン・デジェネレスからバトンを引き継ぎ、俳優のニール・パトリック・ハリスがアカデミー賞を盛り上げ、今年も笑いが巻き起こった。

  • 「素晴らしき演技過剰の俳優トップ10」 1位はオスカー俳優ニコラス・ケイジ

    映画

     日本にはリアクション芸人がいるように、海外にはオーバーなジェスチャーとオーバーな表情で演技する俳優がいる!? とばかりに、カナダのエンタメサイトWatch Mojoが、“素晴らしき”演技過剰の俳優ランキングを発表。1位に『リービング・ラスベガス』(96)でアカデミー賞主演男優賞に輝いたニコラス・ケイジが選ばれた。

  • ジョン・トラヴォルタ、O・J・シンプソン事件を扱う新ドラマに弁護士役で出演

    海外ドラマ

     妻の殺害事件で殺人罪に問われた元プロのアメフト選手で俳優に転身したO・J・シンプソンの裁判を描く新ドラマ『American Crime Story:The People Vs. O.J. Simpson(原題)』。映画『キリング・ゲーム』(14)のジョン・トラヴォルタがO・J・シンプソンの弁護士ロバート・シャピロ役で出演することが明らかになった。

  • 1回の作品選びが命取り、俳優たちのキャリアを潰した映画11本

    映画

     出演する全ての作品でヒットを飛ばすのは得てして無理な話。どんな大物スターでも、大コケした作品や不評になった作品に出演したことが1回や2回、あるいは何回もあるかも。しかし中には、1回の作品選びのミスでキャリアを潰すほどの打撃を受けてしまうスターがいるのだとか…。ということで、映画情報サイトMovieFanaticが、一部のスターたちのキャリアを潰したという映画作品11本を選出した。

  • ジョン・トラボルタ「大して気にしていない」、絶えない同性愛の噂について言及

    セレブ&ゴシップ

     男性マッサージ師やジムのインストラクターなどにセクハラ行為を訴えられ、バイセクシャルや同性愛の噂が絶えない俳優ジョン・トラボルタ。そうした一連の噂に公にコメントすることが少なかったというジョンが、インタビューで心境を語ったそうだ。

  • エマ・ワトソン、ボリウッド進出か!? 『エリザベス』監督のインド映画で出演打診

    映画

     映画『ハリー・ポッター』シリーズの女優エマ・ワトソンが、映画『エリザベス』(99)や『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(08)などで知られるシェカール・カプール監督より新作への出演を打診されているらしい。

  • ジョン・トラボルタ、アカデミー賞授賞式での“失態”についてコメント

    セレブ&ゴシップ

     数々の感動を呼んだ第86回アカデミー賞。式の模様が生中継され、感動と共にハプニングが付き物の同賞の授賞式で、今回は主題歌賞候補の曲を披露する歌手の名前を言い間違えたジョン・トラボルタがネット上の格好のネタに。当のジョンは自分の失態について、ある意味ユーモアがあるが、結果的に謝罪になっていない(!?)コメントを発した。

  • 愛すべき最低映画がズラリ 頂点を極めた歴代ラジー賞フォト特集

    映画

    出来れば受賞したくない? 日本でも大ヒットした超大作から、カルト映画まで…「最低」映画が選ばれるゴールデンラズベリー賞(通称:ラジー賞)の最低作品賞に輝いた歴代映画を一挙紹介!(随時更新)

  • 閲覧注意! デ・ニーロ対トラボルタ、ドS級の拷問合戦“激痛”映像公開

    映画

     ロバート・デ・ニーロとジョン・トラボルタが初競演にして一騎打ちに挑むサディスティック・アクション『キリングゲーム』。2014年1月11日の全国公開を前に、本作の“旨み”とも言える激痛シーンが詰まった特別映像が解禁された。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access