ZEEBRA 関連記事

  • 早乙女太一、ホテル椿山荘東京で行われる「クリスマスディナーショー2014」に出演

    早乙女太一や氷川きよしが集結!ホテル椿山荘東京「Winter Fantasia」

    気になる

     ホテル椿山荘東京が、冬の限定プラン「Winter Fantasia」の一環として、12月に 早乙女太一やZEEBRAなどそうそうたるアーティストを招いた「クリスマスディナーショー2014」を開催することがわかった。@@cutter 「クリスマスディナーショー2014」は、最高のパフォーマンスを、思い切り贅沢で上質なディナーや特別ステイプランとともに楽しめる、この時期ならではのイベント。今年度は、各界から名立たるアーティストたちが集結する。  まずは、熊川哲也が主宰する「Kバレエカンパニー」のトップダンサーである宮尾俊太郎が座長を務める「Ballet Gents」によるステージだ。気鋭の若手実力派ダンサー5人組による初の本格的ステージが繰り広げられる。そして、東京でディナーショーをするのは実に4年ぶりとなる早乙女太一によるプレミアムショーも必見。「100年に1人の天才女形」の呼び名も高い早乙女の真骨頂を楽しめる。  また、「Newsweek」日本版「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれたサイレントコメディー・デュオのが~まるちょばの極上の世界観や、日本を代表するアコースティック・ジャズの旗手TOKUと、ヒップホップ界のカリスマZEEBRAによるコラボレーションステージ、デビュー15周年を迎える氷川きよしと、まさにトップアーティストたちが集うのだ。  「Winter Fantasia」期間中は、庭園に「森のオーロラ」も出現する。これは、光の演出を活用した都内初の試みで、通常、北欧や北米などの限られた地域でしかみることのできないオーロラを再現したものだ。青や緑の光のカーテンが都会の空に浮かび上がる光景は、幻想的で、イルミネーションとは違った感動を呼びさますだろう。  さらに、このオーロラにインスピレーションを受けたブッフェ「イヤーエンドブッフェ」の提供も開始される。オーロラにちなんで、北欧の食材であるサーモンやニシンなどを使用したメニューや、オーロラをイメージした美しいスイーツなど、ホテルならではの豪華なメニューが並ぶ。今年一年のご褒美にもピッタリのプランとなっている。  ホテル椿山荘東京の冬の限定プラン「Winter Fantasia」は11月15日より提供開始。

  • 林下清志(ビッグダディ)、『ワイルド・スピード EURO MISSION』ブルーレイ&DVD発売イベント「ワイルド・スピード EURO NIGHT」にて

    ビッグダディ、レゲエシンガーMetisとの熱愛を否定するも「世界観がいい」と絶賛

    映画

     7日、『ワイルド・スピード EURO MISSION』のブルーレイ&DVD発売イベント「ワイルド・スピード EURO NIGHT」が開催され、ビッグダディこと林下清志氏とヒップホップ・アクティビスト Zeebraのトークショーが行われた。@@cutter 「まったく場違いな場に来てしまった。芸があるわけでもなく、子どもが多いってだけで取材対象になった。ラッキーで面白い人生を送らせていただいております」と第一声からやや自虐的な林下氏。しかし、言葉とは裏腹に落ち着いた表情を見せていた。  プライベートではDVDを見ることがほとんどないというが、「この作品は、長男と一緒に見た。自分の年齢を考えると『どうかな』と思ったが、最後まで面白かった。ただ、長男はシリーズを全部見ていて、いちいち解説を入れてくるのでとてもウザかったですね」と会場からの笑いを誘った。  一部で女性レゲエシンガー・Metisとの熱愛が報じられたが、林下氏は「全くない。お友達にもなっていない」と否定。噂になったことについては「光栄です」と答えつつも、「Metisさんの曲は日本で一番聞いてるんじゃないかな。世界観がとてもいい」と絶賛していた。明日もコンサートに行くらしく、「じっくりと聞くために、子どもたちとは席を別にした」と明かしていた。  一方、今年でラップ25周年のZeebraは本作について、「今回、6作目ということですが、車の流行が変わってきていると感じた。今はスポーツカーにも光が当たってきましたね。シリーズものは、“2”あたりでコケるものが多いですが、この作品は色褪せないですね」と大人の感想を述べていた。  会場には、本作の劇中で登場するNISSAN GT‐Rのレース仕様車「NISSAN MOTUL AUTECH GT‐R」の実車も展示された。  本作は、人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第6作。今年5月24日の全米公開後「ユニバーサル作品歴代No.1」のオープニング成績を残し、全世界での興収は約786億円を記録。日本では20億円を突破している。  『ワイルド・スピード EURO MISSION』のブルーレイ(4190円/税込)&DVD(3360円/税込)は11月20日発売。

  • Zeebraが映画「ネイビーシールズ」イメージソングを書下ろし!「2012年らしい楽曲」

    映画

      米国海軍に所属するわずか0.5%の精鋭(エリート)達で構成されているNAVY SEALSを題材にしたアクション映画「ネイビーシールズ」のイメージソング「I Do It」を、ヒップホップアーティストのZeebraが書き下ろしていることが分かった。@@cutter  物語はフィクションながら、現役のSEAL隊員が出演、最新の兵器や戦術、すべてが本物という「ネイビーシールズ(原題:Act Of Valor/訳:勇気ある行動)」のために、楽曲提供をしたZeebra。プロのアーティストとして、夫として父親として、男の真の姿を見せ続けるZeebraは、本作に出演する現役ネイビーシールズ隊員のように戦場へ赴き命をかけて家族や国を守る彼らの姿と重なり、今回のタイアップが実現したという。   今回のイメージソング「I Do It」についてZeebraは、「色々なモノを背負いながらも覚悟を決めて我が道を行く、そんな心情をサビにまとめてみました。まぁ、自分もそんなようなもんなんで、バースはいつもながらのストレートヒップホップです。色々と細かい挑戦をして2012年らしい楽曲になりました」と仕上がりに自信を見せている。「I Do It」は6月15日からOAされるTVスポットや、6月23日開催予定の渋谷Harlemでのリリースパーティなどで披露される。   無名のキャストながら初登場No.1ヒットを記録した「ネイビーシールズ」。ベストセラー作家のトム・クランシー(「いまそこにある危機」、「レッド・オクトーバーを追え!」)が製作協力で参加していることでも話題になっている。6月22日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー。

  • 「龍が如く」の世界がパチンコに! 記者会見に登場した名越監督、ZEEBRA

    「龍が如く」がパチンコに進出、名越総合監督・ZEEBRAも太鼓判

    アニメ・コミック

      人気ゲームシリーズ「龍が如く」が初めてパチンコに進出した「CR龍が如く 見参!」がタイヨーエレックから発売されることが決まり、「龍が如く」シリーズの名越稔洋総合監督、楽曲を提供したZEEBRAらが記者会見を行った。 @@cutter   これまで、劇場公開映画、テレビゲームソフトなど、様々な形で増殖してきた「龍が如く」だが、パチンコとのコラボは今回が初めて。競争の激しいジャンルに進出するだけに多くの注目が集まっていたが、遂に詳細が明らかに。グループ会社であるセガが500万本以上売り上げたキラーコンテンツを元に、新たな筐体も得て、斬新なステージが用意されている魅力的なゲーム機となった。   「正直すごいプレッシャーで、当社としても社運をかけたプロジェクトでしたが、全身全霊をかけて開発しました」と語るタイヨーエレック開発本部の都築部長は、若干緊張ぎみ。   「龍が如く」生みの親である名越総合監督は、「パチンコにすることは考えてみたこともなかったので、どんなものが出来るのか興味津々でした。日本人が共感できる人間ドラマを作りたいというのが、ゲーム版のスタート地点。パチンコも日本人が作る日本人のためのエンタテインメントなので、楽しさや面白さが見ただけで伝わるエッセンスを受け継いでもらいたいと思ってお預けしました」と、出来栄えにも満足気な表情。   途中から登場したZEEBRAは、既にゲーム版で「龍が如く」とはコラボ済。今回使用されたナンバー「BUSHIDO」のPVは名越が演出している。「ゲームの『龍が如く』は大好きで、始めると止まらなくなるぐらいですが、自分の音楽とマッチする世界観なので、今回もやりがいがありました。日本らしい自分の曲のテーストが台の画像とピッタリでした」と、うれしそうにPRした。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access