三浦翔平 関連記事

  • 佐藤健

    佐藤健、三浦翔平、ワンオクTaka 豪華3ショットに「鼻血出る」

    エンタメ

     ロックバンドONE OK ROCKのTakaが18日、自身のインスタグラムに俳優の佐藤健、三浦翔平との3ショットを投稿。イケメン3人組の豪華ショットに「最強」「メンツが神」とファンから歓喜のコメントが殺到した。@@cutter 「久方ぶりのこの三人。楽しかったなー」とのコメントとともに3ショット写真を投稿したTaka。ワインを片手にし、ホロ酔い風の3人だ。Takaは以前にも三浦との2ショット写真をアップしていたことがある。  3人の豪華かつレアな1枚には歓喜の声が殺到。公開から1時間ほどで、1500を超えるコメントが書き込まれており、「最高の3人」「最強トリオすぎて鼻血でちゃった」と興奮はしばらく止みそうにない。 引用:https://www.instagram.com/10969taka/

  • 桐谷美玲、三浦翔平

    桐谷美玲&三浦翔平 「映画のワンシーンみたい」な結婚報告ショット

    エンタメ

     女優の桐谷美玲と俳優の三浦翔平が25日、それぞれのインスタグラムに相次いでドラマチックな2ショットを投稿。ファンからは「映画のワンシーンみたい」といった反響が寄せられている。@@cutter 7月に結婚を発表し、今月23日に結婚披露宴を行った2人。25日に2人はおそろいの写真を投稿し、桐谷は「支えてくださっているみなさんに心から感謝を込めて…これからもどうぞよろしくお願い致します」、三浦は「これからもどうぞ宜しくお願い致します!」とそれぞれシンプルにあいさつしている。  投稿された写真は、2人が青空、海、白い砂浜をバックに手を取り合い、笑顔で笑い合っているもの。これからの夫婦生活に対する晴れやかな期待が匂い立つものとなっている。  ファンからは祝福コメントのほか、写真にも「素敵」「なにこのいい写真」といった声が殺到。美男美女のウエディングショットには「映画のワンシーンみたい」といった反響が巻き起こっている。 引用:https://www.instagram.com/shohei.63/    https://www.instagram.com/mirei_kiritani_/

  • 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話場面写真

    今夜『リーガルV』大富豪の遺産を巡り“50歳年下妻”を弁護するが…

    エンタメ

     女優の米倉涼子が主演を務める木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第4話が今夜放送される。第4話では、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉)率いる「京極法律事務所」が、昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをする玲奈(島崎遥香)の弁護を担当する。@@cutter 本作は、米倉演じる弁護士資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子が、弱小弁護士集団「京極法律事務所」を率いて、大手法律事務所に対して無謀な戦いを繰り広げていくドラマ。  入院先の病院で深夜、「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死。その遺産は200億円あり、峰島会長は妻と離婚して遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続することで話は落ち着こうとしていた。ところが斎場に突然、見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎)が現れ、自分は峰島会長の妻だと告げる。玲奈は峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したため、遺産相続の権利があると主張する。  法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て。峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。一歩も譲らない構えで、友人の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、「京極法律事務所」に弁護を依頼。  裁判の日。玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷し、なかったはずの遺言書が存在することも露見する。最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなに金を欲しがるのか、翔子は疑問に思い始める。一方、原告側を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属する弁護士・海崎勇人(向井理)は、秘密裏に怪しい動きを見せ…。  ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話は、テレビ朝日系にて今夜11月1日21時放送。

  • 木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』制作発表記者会見にて

    「軽くてびっくり!」米倉涼子、吉田沙保里にお姫様抱っこされてご満悦

    エンタメ

     女優の米倉涼子が、2日に都内で開催された木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』制作発表記者会見に出席した。米倉は応援に駆け付けた女子レスリングの吉田沙保里選手にお姫様抱っこをされると「人生で女性に抱っこされるとは(笑)。光栄です。フッて浮きました」と満面の笑顔を見せた。@@cutter 本作は、弁護士資格を剥奪された小鳥遊翔子(米倉)が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせ、スカウトしたワケあり弁護士やパラリーガルをこき使いながら、様々な訴訟に身を投じる姿を描く。この日は共演する向井理、林遣都、菜々緒、荒川良々、安達祐実、三浦翔平、内藤理沙、宮本茉由、勝村政信、小日向文世、高橋英樹も出席した。  米倉は「久しぶりに新しいキャラクターの名前を言うので、ちょっと違和感がありますが」とニッコリ。初共演するキャストが多いことについては「ここ1週間くらいで、少しずつ打 ち解け合って、穏やかな空気が流れ始めたなという状況になっています」と充実の表情で明かした。  翔子率いる「京極法律事務所」に立ちはだかる「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士・海崎勇人に扮する向井は、初共演の米倉について「御覧の通りの容姿ですし、あとは気遣いもですね。内面と外見がとても素晴らしくて、直視できないくらい素敵な方」と絶賛。米倉に「ほとんどしゃべってません!」と返されると、向井は「なかなか近寄りがたいオーラがある」と言い訳しつつ、「座長らしく素敵な美貌と性格で。いいですか?これくらいで(笑)」と続けて共演者を笑わせた。  会見には、V(勝利)の象徴的存在として、女子レスリングの吉田沙保里選手も応援に駆け付けた。フォトセッションでは吉田選手が米倉をお姫様抱っこするひと幕もあり、米倉は照れ笑いを見せつつご満悦。吉田選手は「めちゃくちゃ軽くてびっくりしました。(普段は)坂道を上がっているので」と話して会場を沸かせていた。  ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は、テレビ朝日系にて10月11日より毎週木曜21時放送(初回15分拡大)。

  • 『リーガルV』への出演が発表された(上段左から)安達祐実、高橋英樹、三浦翔平、(中段左から)林遣都、向井理、小日向文世、(下段左から)内藤理沙、勝村政信、荒川良々

    向井理&林遣都、新ドラマ『リーガルV』で米倉涼子と共演

    エンタメ

     向井理、林遣都をはじめとする豪華俳優陣が、米倉涼子主演の新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に出演することが発表された。米倉は「皆さんと一緒にこれから約3ヵ月、いいチームを作りたいと思います」と語っている。@@cutter 本作は、米倉が元弁護士のヒロイン・小鳥遊翔子を演じるリーガルドラマ。弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、ワケありの弁護士やパラリーガルをスカウト。彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも勝利を手にするために突き進む姿を描く。そんな翔子が率いる「京極法律事務所」の“弱小弁護士軍団”のメンバーを演じるのが、林遣都、高橋英樹ら豪華なキャストだ。。  弁護士資格を剥奪された翔子の熱弁にまんまと乗せられ、「京極法律事務所」の代表弁護士になる京極雅彦を演じるのは高橋。貫禄のある佇まいとは裏腹に、実務経験ゼロのペーパー弁護士を、茶目っ気たっぷりに演じる。そして京極弁護士に加えて、弁護士チームを演じるのは林と勝村政信。突出した演技力で次々と高評価を得ている林は、真面目で優秀…でも真面目すぎて不器用な弁護士・青島圭太を熱演。さらに、パラリーガル軍団に荒川良々、安達祐実、三浦翔平が顔をそろえる。林と勝村以外の4人は今回が米倉と初共演となる。  一方、「京極法律事務所」チームの前に立ちはだかる、翔子が以前所属していた大手法律事務所のエース・海崎勇人を演じるのは向井理。根っからのエリート男をスマートかつ嫌味たっぷりに演じながら、実は翔子の元カレとの噂もある海崎の“高いプライドの壁に隠れた人間性”を、繊細に表現する。この大手事務所の代表弁護士で、弁護士会会長も務める、日本弁護士界のドン・天馬壮一郎には小日向文世が扮する。人権派弁護士という表の顔を持ちながら、実はダークで非情な男を小日向が底知れぬ不気味さで演じる。  ほかにも、内藤理沙が、翔子が通う鉄道バーの店員・神保有希役で出演する。  ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は、テレビ朝日系にて10月より毎週木曜21時放送。

  • 『ごくせん』以来の仲良し(左から)三浦春馬、三浦翔平

    桐谷美玲も「いいね!」 三浦春馬&三浦翔平の“夏らしい”肉体美が話題

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が、同じく俳優の三浦翔平と海でサーフィンを楽しんだようだ。22日、それぞれのSNSにその様子を投稿して「W三浦ステキ カッコイイ」「え~これはヤバい」「映画のワンシーンみたい」と話題になっている。@@cutter 三浦春馬は「やっと友人と夏らしい事出来ました!」と、サーフボードを抱えてサーフスーツを半分脱ぎ、上半身裸でカメラを見据える三浦翔平とのショットを自身のインスタグラムに投稿。ツイッターにも、同じアングルから別のタイミングでシャッターを切ったと思われる一枚を投稿している。三浦春馬がキメ顔でVサインをし、隣の三浦翔平は腕を組んで顔がくしゃくしゃになるほど笑っている2ショットだ。  続いて三浦翔平も、少し引いて二人のほぼ全身が写った写真を自身のインスタグラムに投稿。こちらの三浦春馬は同じくしかめっ面で「いいね!」のハンドサイン。三浦翔平は裏ピースをしてカメラを覗き込むような体勢だ。  ファンからは「三浦同士でサーフィン楽しそうだね」「海が似合いすぎ」「ええ波きてたんちゃう?」といったコメントや、「サービスショットありがとうございます」「一瞬え??裸?って赤面してしまいました(笑)」「春馬さん色白っ!!!」「ヤバすぎです 妄想が膨らみすぎて…笑」といったコメントが殺到した。  三浦翔平の投稿に、先日結婚して夫人となった桐谷美玲の「いいね!」が押されていることに気づいたファンから、「美玲ちゃんがいいねしてる」「美玲ちゃんのイイねにほっこり」「美玲ちゃんがいいねしてるね!!ステキ」といった反響も寄せられていた。 引用:https://twitter.com/miuraharuma_jp    https://www.instagram.com/haruma_miura_info/    https://www.instagram.com/shohei.63/

  • RIZAPグループ「MARUKO」新CM発表会に出席した三浦翔平

    三浦翔平、妻・桐谷美玲への質問殺到で思わず前田敦子の結婚に言及

    エンタメ

     俳優の三浦翔平が、1日に都内で開催されたRIZAPグループ「MARUKO」新CM発表会に、モデルの石黒エレナと共に出席した。先月26日に結婚した女優で妻の桐谷美玲について三浦は「尽くしてくれています」と語ったほか、前日の31日に明らかになった前田敦子と勝地涼の結婚にも言及した。@@cutter 「MARUKO」は体型を補正するための下着。新CMでは、三浦が「MARUKO」を使ったボディメイクに石黒を導く様子のほか、二人のダンスシーンなども描かれる。三浦はまず最初に桐谷との結婚に関して祝福を受けると「先日入籍いたしました。まだあまり僕の中では、そんなに実感がないんですけども、たくさんの方からお祝いの言葉を頂きまして」とニッコリ。  体型維持で意識していることを聞かれると「趣味で格闘技とサーフィンとゴルフとかをやっているんですけど、基本的に体を動かすのは好きなので、そんなに気をつけてっていうのはないです」とコメント。「MARUKO」が女性向けの商品ということで、自分が女性だったらどんな女性を目指すかという質問を受けると、「家庭的な女性になりたいなと。尽くすタイプの女性になると思います」と答え、自分が女性だとしてどんな男性に惹かれるかを聞かれると「男らしい男性に尽くしたいなと思います(笑)」と明かした。  発表会後にはステージ脇にレポーターが殺到。「幸せですか?」と問われ、三浦は「はい、楽しいです」と笑顔に。桐谷が“尽くすタイプ”の女性かを問われると「そうですね。尽くしてくれると思います。尽くしてくれています」と言い、「本当にまだ何も変わっていなくて、これから幸せな家庭を築いていけたらなとは思っているんです」とも。  また「昨日あっちゃん(前田敦子)が結婚したので、皆さんそっちに行ってください(笑)」と、前日に俳優・勝地涼との結婚を発表した前田に言及し、会場を沸かせた。前田と三浦は過去にドラマ『花ざかりの君たちへ ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)で共演している。  三浦が出演するRIZAPグループ「MARUKO」新CMは、8月2日から随時放送開始。

  • 桐谷美玲、三浦翔平

    桐谷美玲&三浦翔平を水川あさみ、河北麻友子、ワンオクTakaらが祝福

    エンタメ

     女優の桐谷美玲と結婚した俳優・三浦翔平が30日、自身のインスタグラムに友人であるロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルTakaの写真を投稿。その数時間前に、Takaは自身のインスタグラムに三浦の結婚への祝福メッセージを寄せており、三浦はそれに対して感謝の言葉を示した。また、桐谷のインスタグラムにも女優の水川あさみ、モデルの河北麻友子が祝福のコメントを寄せている。@@cutter 25日に連名で入籍したことを公表した三浦と桐谷。28日に桐谷は自身のインスタグラムで「たくさんの暖かいコメント、メッセージありがとうございます。こんなにも祝福してもらえるなんて、、嬉しくて嬉しくてたまらないです」と感謝した。この投稿には彼女とドラマ『人は見た目が100%』で共演して以来、プライベートでも交流している水川が「おめでとうおめでとうおめでとう。うれしいきもち」とコメントし、モデル仲間で共にUSJに行くほど仲の良い河北も「本当に本当に本当におめでとう」と祝福のメッセージを残していた。  一方、三浦サイドはというと、帰国するたび必ず連絡を取り、誕生会を開催し合うほど仲のいいTakaが30日朝にまず、白Tシャツにサングラス姿であぐらをかいてソファーに座った三浦がスマートフォンを操作する写真を、「おめでとう(祝)」というシンプルなキャプションで投稿。  遅れること約4時間、今度はTakaが同じようにスマートフォンを持つ写真を三浦が、「ありがと&おかえり!」「お祝い頂いた皆様、ありがとうございます」との言葉を添えて投稿。それぞれのインスタグラムで似たような構図の写真を使い、メッセージを送り合うコラボレーションを完成させた。  これに対し、ファンは「おめでとうございます!めちゃくちゃ嬉しい~」「とてもお似合いの2人で末永くお幸せに」と祝福。Takaのインスタグラムには「翔平くんおめでとう」と祝福しつつ「Takaはまだまだ先でいいからね」と言ったコメントや、「Takaは翔平さん。翔平さんはTakaで。おふたりさんは恋人ですか??」と結婚後も変わらぬ男同士の熱い絆に注目したコメントも寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/mirei_kiritani_/    https://www.instagram.com/shohei.63/    https://www.instagram.com/10969taka/

  • 結婚した桐谷美玲と三浦翔平

    桐谷美玲と三浦翔平が結婚 「いつまでも笑っていられるような家庭を」

    エンタメ

     桐谷美玲と三浦翔平が結婚したことが26日、分かった。三浦は公式サイト上で、「いつまでもくだらないことで笑っていられるような家庭を築いていけたらと思います」と抱負を述べている。@@cutter 三浦は26日付で「ご報告」という記事を更新し、「この度、私たち三浦翔平と桐谷美玲は入籍したことをご報告させていただきます」と報告。交際に発展した経緯について「仕事仲間として同じ時間を過ごすうちに、お互いの人柄に惹かれ、結婚を意識したお付き合いをすることになりました」と記している。  「互いに自分にないものを沢山もっている2人なので、これから起こるであろう苦労や困難も、2人で補い助け合いながら乗り越えていこうと思います」と抱負も述べている。「仕事も今まで以上に邁進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します」と結び、文章末尾には二人の署名が仲良く並んでいる。  桐谷は2005年に映画『春の居場所』で女優デビュー。ファッション誌でモデルを務めるかたわら、『NEWS ZERO』(日本テレビ系/毎週月曜から金曜23時)ではキャスターを務めるなどマルチに活躍中。三浦はドラマ『ごくせん』第3シリーズ(日本テレビ系)に生徒役として出演して認知度を高め、その後も映画、ドラマ等に多数出演。二人は2016年にドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)で共演、三浦が桐谷の初恋相手を演じていた。 引用:https://shohei.fanmo.jp/

  • 三浦春馬

    三浦春馬がインスタ開設 “ダブル三浦”写真に『ごくせん』ファン歓喜

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が22日、自身のインスタグラムを開設した。ファンからは歓喜の声があがり、同日に投稿された三浦翔平との“ダブル三浦”写真には、二人が共演した日本テレビ系ドラマ『ごくせん』を想起するファンも多かったようだ。@@cutter この日、「やっとこさ。Instagram始めました!近況報告や日常を切り取って行きます。フォローして下されば嬉しく思います。宜しくです」という短いメッセージとともに、さわやかなバストアップの写真を投稿した三浦。ハングル文字など複数の外国語でも挨拶を公開しており、海外のファンも意識した自己紹介となっている。  人気若手俳優の待望のインスタグラム開設に、コメント欄では「春馬くんインスタ開設おめでとうございます!」といった祝福の声、「待ってました 楽しみにしています」「嬉しすぎる」といった歓喜の声が集まった。  続いて、「この間、遅ればせながら翔平君の誕生日を祝わせて貰いました」という投稿では、三浦翔平との2ショットを公開。二人は日本テレビ系ドラマ『ごくせん』第3シリーズで共演した仲だ。三浦は「ごくせん3から10年経つけど、こうして笑って未来の話が出来る…一重にファンの皆さん、気にかけて下さった皆さんのお陰だと思います。本当に有難う!」と、改めてファンへの感謝をつづった。  ファンからは“ダブル三浦”の2ショットに「格好良すぎで、どうしよう…」「2人とも大好きだから ホントに嬉しい」といった声が寄せられた。また、「ごくせんの時からずっと好きです!」「ずーっと続く友情。いいですねぇ」「ごくせん懐かしいです」「ごくせん、大好きでした」といった声が寄せられ、二人の写真を通して作品に思いを馳せるファンでにぎわっていた。   引用:https://www.instagram.com/haruma_miura_info/

  • 新水曜ドラマ『正義のセ』囲み取材にて

    吉高由里子、三浦翔平らに褒められご満悦「あとでちょっとお金を…」

    エンタメ

     女優の吉高由里子が4日、都内で行われた新ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系/4月11日スタート、毎週水曜22時)の取材に、共演の安田顕、三浦翔平、塚地武雅、原作者・阿川佐和子と共に出席した。@@cutter 『正義のセ』は、阿川の同名小説を基に、吉高演じる新米検事の竹村凜々子が、持ち前の正義感で事件解決に挑み、同僚や家族に支えられながら一歩ずつ成長していく様を描いたストーリー。  検事という役柄から、撮影ではセリフの難しさなどに現在悪戦苦闘中という吉高。同い年の三浦がスラスラと演技をこなしている様子にもプレッシャーを感じているらしいが、「凜々子と一緒に、私もめげずにワンクールをやっていきたいと思います」とドラマに向けた自身の思いを語った。「数字がどうであれ、見てくださる方が一人でもいる限り、尽力するということが『正義のセ』にとっての正義かと思っています」。  対して凜々子のサポートをする担当事務官の相原勉役の安田は、吉高に対し「とにかく愛される方。他の人だったら『ふざけるなよ!』というところでも、この人がやると明るくなる。それが座組みとし和気あいあいとする原因ではと」と評した。  安田は「別に吉高さんがいつも失敗しているわけじゃないですよ!」と笑い、塚地も「とにかく気取ってない」とコメント。三浦も「非常に自然体で天真爛漫」と吉高への好印象を口にした。そんな皆の言葉をうれしそうに聞いていた吉高は「あとで、ちょっとポケットからお金をこう…」と冗談で返し、笑いを誘っていた。  新ドラマ『正義のセ』は、日本テレビ系にて4月11日より毎週水曜22時放送。

  • 宮野真守&福士蒼汰、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 制作発表記者会見に出席

    福士蒼汰、初舞台に“若さ”で意気込むも宮野真守は「体にムチ打って」と自虐

    エンタメ

     俳優の福士蒼汰が25日、都内で行われた劇団☆新感線が上演する舞台『髑髏城の七人』Season月の制作発表記者会見に出演者と共に出席。24歳らしく「勢いや若気の至りというものを出していければ」とフレッシュに回答した一方、同じく主演を飾る10歳年上の宮野真守は、ハードな演出を予告されて「体にムチ打って頑張りたい…」と戦々恐々の様子を見せた。@@cutter 本作は、戦国の世を舞台とするエンタメ時代劇。キャストは上弦の月・下弦の月の2チームに分かれ、日別に上演を行う。演出はいのうえひでのり・脚本は中島かずきが手がけ、360度回転する円形の客席を配置する「IHIステージアラウンド東京」で上演する。    主人公の捨之介をつとめる福士(上弦の月)と宮野(下弦の月)は、白い巨大バルーンの中から二人一緒に登場。駆けつけた大勢の女性ファンから黄色い悲鳴を浴びた。  24歳の福士は、今回初舞台。冒頭で「緊張はしています」と挨拶し、「どこを緊張していいのか分からないくらい無知。その中で、頼もしい仲間に支えてもらいながら、でも“その場所で何が出せるのか”と考えて、自分らしくその場にいられれば」と話した。  同じ主演にして10歳年上の宮野は、いのうえが「若さは出していきたい。(キャストに)無理を言うかもしれない」とハードな演出を予告したことに言及。「意外と若くない髑髏なりに、体にムチ打って頑張りたい…」と切り出して笑いをとり、「まさかまさかのお声がけだった。自分が出演できるなんて本当に思ってもみなかった。普段声優のお仕事をさせて頂いて、こういう大きなチャレンジができるというのは、自分の人生においてプラスになるんじゃないか」と期待を露わにした。   報道陣からあらためて意気込みを問われると、福士は「超・若髑髏ということで、20代の方がかなり多い。勢いや若気の至りというものを出していければ」とニコリ。宮野は「不安もあるけど、皆の凄まじいエネルギーに頼りながらも、現場で本気をぶつけられる、そんな座長でいられれば」と語った。  今回の会見にはいのうえや中島、上弦の月から福士や早乙女太一、三浦翔平、須賀健太、平間壮一、高田聖子が、下弦の月から宮野や鈴木拡樹、廣瀬智紀、木村了、松岡広大、羽野晶紀が出席した。  舞台『髑髏城の七人』Season月は、IHIステージアラウンド東京(豊洲)にて2017年11月23日から2018年2月21日まで上演予定。

  • 『僕たちがやりました』

    永野芽郁「一番楽しかったのは水族館デート」 本日放送『僕やり』の場面写真が到着

    エンタメ

     本日12日放送のドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第9話より、窪田正孝と永野芽郁の水族館デートシーンなどを収めた場面写真が到着。永野は水族館でのシーンについて、「トビオとデートをする最初で最後感が強かった。楽しかったけれど、トビオの背中を見て“離れてどっか行っちゃうのかな”と感じたところは切なかった」とコメントを寄せている。@@cutter 金城宗幸と荒木光による同名漫画を基にした本作は、凡下(ぼけ)高校に通う増渕トビオ(窪田)たちが、向かいにある矢波高の不良に襲われた仲間のために復讐を企てたものの、誤って大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながら成長する姿を描く青春ドラマ。先週放送の第8話は、トビオとの友情を築いていた矢波高校のリーダー市橋(新田真剣佑)の死という衝撃的な展開で幕を閉じた。トビオと付き合っている蓮子(永野)は、市橋の死に錯乱するトビオを見て、トビオがただならぬ秘密を隠していると確信する。  第9話について永野は「トビオと蓮子の関係の深さが出ている回。お互いの事を考えるからこそ、言い出せないこともある。なので、やっぱり蓮子ってトビオの事を本気で好きなんだな。本心をあまり語らないトビオを優しく受け止める姿に、蓮子って本当に強いなと思いました」とコメント。蓮子をどう演じたのかに関しては「根本的には、芯の強さを忘れずに演じたかった。原作には寄せたいとは思いましたが、原作に寄せただけではリアルな蓮子にはならないなと思ったのと、窪田さん演じるトビオの反応をリアルに返せる蓮子でいたいなと思って演じた」と述懐する。  撮影で一番楽しかったシーンに話が及ぶと「全部楽しかった。でも一番は第9話の水族館デートですね。トビオとデートをする最初で最後感が強かった。楽しかったけれど、トビオの背中を見て“離れてどっか行っちゃうのかな”と感じたところは切なかった」と明かした。また、作品を通して感じたことについては「私自身は何かに向き合うことに抵抗はない方ですが、改めて向き合うことには責任が伴い、恐くて勇気がいることだなと思いました」と語っている。  今夜放送の第9話では、トビオが刑事・飯室(三浦翔平)からの執拗な追及を受け精神的に追い込まれていくなか、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)と再会し、パイセンの全財産をつぎ込んだ“最高の自首”をすることを決心する。果たして、もみ消し工作により逮捕は免れるものの、“真実を偽った罪は消えない“と気がついた4人が行う“最高の自首”とは何か。 そして蓮子との関係にトビオが下す結論にも注目だ。  ドラマ『僕たちがやりました』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時から放送中。

  • 石川恋、橋本環奈と『いきもの係』オールアップを報告 ※「石川恋」インタグラム

    石川恋、橋本環奈と『いきもの係』オールアップを報告!「大好きだよかんちゃん」

    エンタメ

     女優の石川恋が、7日に自身のインスタグラムを更新し、放送中のドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系/毎週日曜21時)のオールアップを報告するとともに、共演している橋本環奈との2ショット写真を公開。「大好きだよかんちゃん」と橋本への想いを綴っている。@@cutter 『警視庁いきもの係』は、警視庁総務部総務課・動植物管理係、通称“いきもの係”を舞台に、元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎)と、動物マニアの新米巡査・薄圭子(橋本)が、動物の生態をもとに事件解決に奔走する姿を描いている。キャストには三浦翔平、長谷川朝晴、横山だいすけ、寺島進、浅野温子も名を連ねており、石川は、変わり者である圭子の数少ない理解者で、警察博物館の受付を務める三笠弥生を演じている。  石川は「警視庁いきもの係、先ほどオールアップしました!先輩方から学ばせていただいたことが本当にたくさんあり、スタッフさん方にはいつも優しく支えていただき、、3ヶ月間こんなにも暖かく素敵な現場でこのドラマに参加させていただけたことを心から幸せに思います」とオールアップを報告。また、「そしてかんちゃん!いつも現場を明るく照らしてくれてありがとう 年の差関係なく自然に一緒に笑い合えて、そんなかんちゃんにいつもどれだけ元気をもらっていたことか、、大好きだよかんちゃん、これからもずっと」と橋本への感謝の想いを綴っている。  写真を見たファンからは、「恋ちゃん~お疲れさまでした」「1話からずっと観てたのであと少しで最終回寂しいです」「また連ドラ決まったら絶対に見ます」「最終回楽しみ!」「弥生ちゃんの役柄可愛かったです」「また宝物が増えましたね」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/ren_ishikawa/

  • 『僕たちがやりました』第2話

    窪田正孝が永野芽郁に「キスしない?」 『僕たちがやりました』で11歳差のキスシーン

    エンタメ

     本日25日放送のドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第2話にて、主演の窪田正孝と、ヒロイン役の永野芽郁が、11歳差のキスシーンに挑んでいることが明らかになった。@@cutter 金城宗幸と荒木光による同名漫画を基にした本作は、凡下(ぼけ)高校に通う増渕トビオ(窪田)たちが、向かいにある矢波高の不良に襲われた仲間のために復讐を企てたものの、誤って大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながら成長する姿を描く青春ドラマ。先週に放送された第1話は、トビオと同級生の伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、高校OBのパイセン(今野浩喜)の4人が、火の海に包まれた矢波高を前に呆然とした表情を浮かべるシーンで幕を閉じた。  第2話では、警察が爆発を事件と断定して捜査に乗り出す。疑いの目を向けられたトビオたちは、大爆発の原因も分からないまま、刑事の飯室(三浦翔平)から厳しい追及を受けることに。追い込まれ、ヤケになったトビオは、大胆にも想いを寄せる幼なじみの蓮子(永野)に「キスしない?」と迫り、二人っきりのカラオケボックスで念願の初キスをする展開に。  28歳で高校生役に挑んでいる窪田は、先日に行われた会見で「ヒロインと11歳差だし。結構しんどいよ」と本音をこぼしていたが、今夜に放送されるキスシーンは、誰もがドキドキしてしまう刺激的なシーンに仕上がっているとのこと。第2話では、容疑者として追われるサスペンス部分とともに、トビオと蓮子の初キスにも注目してほしい。  ドラマ『僕たちがやりました』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時から放送中。

  • 窪田正孝、主演ドラマでの初体験を告白「役者人生で初めてケツ出しました」

    窪田正孝、主演ドラマでの初体験を告白「役者人生で初めてケツ出しました」

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が13日、都内で実施された7月18日スタートの新ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の完成披露試写会&制作発表会見に、共演の永野芽郁、 新田真剣佑、間宮祥太朗、 葉山奨之、今野浩喜、川栄李奈、水川あさみ、三浦翔平とともに出席。窪田は物語に絡めて“最近やらかしてしまったこと”を聞かれると、「この作品で、役者人生で初めてケツ出しました」と告白した。@@cutter 金城宗幸による同名コミックを基にする『僕たちがやりました』は、主人公のトビオ(窪田)ら高校生が、不良に襲われた仲間のために復讐を企てた結果、起きるはずのない大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながらも、成長する姿を描く青春ドラマ。  「自分なんかが真ん中にいるのが恐れ多いです」と自虐した窪田は、物語に絡めて“最近やらかしてしまったこと”を聞かれると、「この作品で、役者人生で初めてケツ出しました」と告白。「この先、お楽しみにいただければ。ケツなんか見ても、しょうがないと思いますけど(笑)。役者をやって、まだ十数年ちょっとですけど、もう恥ずかしいとか、一切なくなっちゃいましたね。見たければどうぞ、みたいな感じで。今は出せないですけどね」と明かし笑いを誘った。  過去に映画で共演した永野については「全然変わらず。まっすぐな目で見つめてくるので、時々、生きててごめんなさいという気持ちになったりします」と苦笑。その永野は出演者の中で誰が兄になってほしいか聞かれると、悩みながらも「窪田さん」と回答。理由を聞かれると、「お兄ちゃんっぽいから」とニッコリ。しかし、映画『ひるなかの流星』で教師と生徒役で共演した三浦からの熱い視線を受けた永野が「いつまでも先生でいてほしいなって」とコメント。すると三浦は「この間も現場で、『先生』って!」と永野の天然エピソードを暴露し、「かわいいですね~。ずるいよね。今日帰ったら、カルピス飲もう」と永野が出演しているCMを絡めたジョークを飛ばし、会場を沸かせていた。  新ドラマ『僕たちがやりました』は、カンテレ・フジテレビ系にて7月18日より毎週火曜21時放送(初回15分拡大)。

  • 橋本環奈、『警視庁いきもの係 』記者会見に登場

    橋本環奈、ヘビとの共演に向けて緊張を告白「ドキドキしちゃってます」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が7日、都内で実施された新ドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系/毎週日曜21時)の記者会見に、渡部篤郎、三浦翔平、長谷川朝晴、横山だいすけ、寺島進、浅野温子、ネコのティティと共に出席。橋本は翌日にヘビとの共演シーンを控えていることを明かし、「ドキドキしちゃってます」と語った。@@cutter 『警視庁いきもの係』は、警視庁総務部総務課・動植物管理係、通称“いきもの係”を舞台に、元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部)と、動物マニアの新米巡査・薄圭子(橋本)が、動物の生態をもとに事件解決に奔走する姿を描く。  主演の渡部は「嫌な事件とかニュースがあるなか、少しでも心が温かくなるような作品をお届けしたいと、みんなで頑張っております」とコメント。連ドラで初のヒロイン役を務める橋本は「今はペットを飼っていないんですけど、この撮影を始めて、飼ってみたいなって思ってます」と明かし、飼ってみたい動物については「(現場に)五つ子の子猫ちゃんたちがいるんですけど、すごく可愛くて。写真を撮りまくってます」とニッコリ。  これを聞いた浅野から「木下(高男)監督が3匹飼うって」と教えられると、「先越されましたね~」と残念そうな表情を見せるも「ちょっと話し合わなきゃいけないですね!」と子猫を飼うことには前向きな様子。また、撮影時の印象的な出来事については、「この前、ヘビショップにも行ってきまして。動物は好きですけど、ヘビはやっぱり、ちょっと怖かったですね」と振り返り、「明日あるんです、ヘビとのシーンが。ドキドキしてます」と胸中を明かした。  一方、台本を読んだ感想を聞かれ「やっぱり高校を爆破して…」と同じく7月クールに出演するドラマ『僕たちがやりました』に絡めたジョークを飛ばして笑いを誘ったのは、須藤の元相棒である石松和夫役の三浦。三浦は飼いたい動物を問われると、「リスザル」と回答し、その理由を聞かれると「なんかいろいろ仕込ませて、リモコン持ってきてもらったり。明日のスケジュール、どこかな? みたいな」とマネージャー的な役割を担わせるつもりであることを明かして橋本たちを笑わせていた。  ドラマ『警視庁いきもの係』はフジテレビ系で7月9日より、毎週日曜21時に放送。

  • 三浦翔平&新田真剣佑、にらみ合いからのバッグハグ ※『僕たちがやりました』インスタグラム

    三浦翔平&新田真剣佑、にらみ合いからのバッグハグ

    エンタメ

     新ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)の公式インスタグラムが更新され、同作に出演する三浦翔平と新田真剣佑のユニークなツーショットが連続で披露され、反響を呼んでいる。@@cutter 『僕たちがやりました』は、累計120万部突破の人気マンガが原作の新ドラマ。ヤンキー高校生たちに仲間をボコボコにされた高校生のトビオらが、イタズラ心で復讐に及んだことがきっかけで大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながらも、成長していく様を描く。三浦は爆破犯を追う刑事・飯室成男役、新田はトビオらを威圧するヤンキー高校生・市橋哲人役を務める。  1度めの写真では三浦と新田がお互いに睨みを利かせている姿が披露されており、対照的に2度めの写真ではウィンクする新田に三浦がバックハグしキスをしようとしている姿が映し出されている。  この写真には「もっとこの2人みたいです」「ありがとうございますごちそうさまです」「市橋に愛されすぎて困りたい」「最高すぎる!僕やりさん最高すぎます!」「やばいむり!このツーショは強い」「このツーショは過去イチやばい」とツーショットを喜ぶ声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/bokuyari_ktv/

  • 再共演の永野芽郁&三浦翔平『ひるなか』2ショットに反響「最強コンビ」

    再共演の永野芽郁&三浦翔平『ひるなか』2ショットに反響「最強コンビ」

    エンタメ

     映画『ひるなかの流星』のインスタグラムが、21日に更新。新ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系)で共演することになった永野芽郁と三浦翔平の2ショット写真を公開し、ファンからは「最強コンビで頑張って」などのコメントが寄せられた。@@cutter 『ひるなかの流星』は、漫画家・やまもり三香による同名漫画の実写版。劇中では、東京の高校に転校してきた田舎育ちの女子高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)が、一見するとチャラそうな教師・獅子尾五月(三浦翔平)、女嫌いのクラスメイト・馬村大輝(白濱亜嵐)と織りなす恋模様が描かれた。  一方の『僕たちがやりました』は、高校生のトビオ(窪田正孝)が、不良たちにやられた仲間のために復讐を企てた結果、起きるはずのない大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながらも、成長していく様を描く。永野はトビオの幼馴染・蓮子役を務め、三浦は刑事・飯室に扮する。  『ひるなかの流星』のインスタグラムでは、撮影中のオフショットが公開。写真には、向かい合って談笑する永野と三浦の姿が収められている。また三浦も自身のインスタグラムを更新し、「ちゅんちゅんは転校してグレました」との冗談を添えて、同じ写真を投稿した。写真を見たファンからは、「可愛すぎかよ」「最強コンビで頑張って」「最高の2ショット」「ひるなかロスすぎて早くDVDみたいです」「最高すぎてやばい」といったコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/hirunaka_movie/    https://www.instagram.com/shohei.63/

  • 『警視庁いきもの係』に出演する渡部篤郎と橋本環奈

    橋本環奈、異色“アニマル”ミステリーで連ドラ初ヒロイン! 渡部篤郎と31歳差コンビ

    エンタメ

     俳優・渡部篤郎が7月スタートの新ドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)で橋本環奈と初共演することがわかった。橋本がテレビドラマでヒロインを務めるのは本作が初。ほかにも、三浦翔平、石川恋、清原翔、でんでん、寺島進、浅野温子など個性あふれるキャストが名を連ねている。@@cutter 本作は警視庁総務部総務課・動植物管理係の鬼警部補と新米巡査のコンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走する異色コメディーミステリー。とある事件で負傷し、前線の捜査から外された元捜査一課の鬼警部補・須藤友三(渡部)が配属されたのは、容疑者や行方不明者などのペットを保護する窓際部署の“警視庁総務部総務課・動植物管理係”(通称=警視庁いきもの係)。そこで須藤が出会ったのは、獣医学部卒の動物マニア女子・薄圭子(橋本)巡査だった。人間よりもむしろ動物をこよなく愛し、わが道を突き進む圭子だが、豊富な知識と鋭い観察力から驚くべき推理を展開し、結果、須藤と圭子のコンビは次々と事件を解決することになる。  初ヒロインとなる橋本は「最初に聞いた時には、本当にびっくりしました。1クールまるまる出演することもなかったですし、そんなに長期間撮影することもなかったので、今からワクワクしています」と心を弾ませる。そんな橋本について、渡部は「とにかく彼女のことを支えていきたいです。まだお若いので大変だと思います。プレッシャーも感じていらっしゃるでしょうから、キャリアのある人たちが、彼女のことを守っていかなくてはいけないと思っています」と意気込んでいる。実年齢31歳コンビが日曜21時に降臨する。  ドラマ『警視庁いきもの係』はフジテレビ系で7月スタート。毎週日曜21時より放送。また、橋本は本作で圭子を演じるにあたり髪を切るが、この模様を6月6日に「LINE LIVE」で生中継する予定となっている。

  • ドラマ『僕たちがやりました』出演者

    窪田正孝、28歳にして高校生役!永野芽郁、真剣佑と青春逃亡サスペンスで連ドラ主演

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が、累計120万部を突破する人気マンガを原作とした新ドラマ『僕たちがやりました』で主演を務めることが発表された。窪田はフジ系ゴールデンプライム帯の連続ドラマでは初主演となる。@@cutter 高校生のトビオたちは、何事も“そこそこ”で生きていければいいと思っている、イマドキの若者たち。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされてしまったトビオたちは、ちょっとしたイタズラ心で、復讐を企てる。  計画実行の日、トビオたちが目にしたのは、起きるはずのない大爆発。向かいのヤンキー高校が火の海に。トビオたちはあっという間に“爆破事件の容疑者”になってしまう。本作はそんな現実に向き合えない少年らが右往左往しながらも、成長していく様を描いた青春逃亡サスペンス。ドラマでは原作とは異なる結末が用意されているという。  窪田が演じるのは、何事も“そこそこ”でいいと思っている現代っ子、凡下(ぼけ)高校2年生のトビオ。逃亡の中で現実逃避を繰り返すが、一方で罪の意識にさいなまれ、もがきながらも自分の生きる道を模索していく。  このほかトビオの幼なじみ・蓮子に現役女子高生の永野芽郁、トビオと対立する矢波(やば)高校イチの不良・市橋に改名後初ドラマとなる新田真剣佑、トビオの同級生・伊佐美に間宮祥太朗、同じく同級生のマルに葉山奨之、エロかわ系な伊佐美の彼女・今宵に川栄李奈、凡下高校のOBパイセンに今野浩喜がそれぞれ起用されている。  さらに、クールで冷酷な刑事・飯室に三浦翔平、ドラマオリジナルのキャラでトビオの担任教師・菜摘に水川あさみ、裏社会の弁護士・西塚に板尾創路、その西塚をアゴで使う、謎に包まれた裏社会のドン・輪島に古田新太が名を連ねる。  今回、28歳にして制服姿の高校生役に挑戦する窪田は、「立場的には主役というポジションですけども、今だからこそ、制服を着て年下の方々と高校生という役をさせてもらえるんだなと思いました」と共演者への思いを語るとともに、「皆さん勢いのある方々ばかりなので、先輩方に自分がして頂いたことを返していかなきゃいけない年齢になってきたのかなと思います。より責任感も生まれますし、自分にできる事は全部したいなと思っています」と意気込みを見せている。  『僕たちがやりました』はカンテレ・フジテレビ系にて、7月より毎週火曜21時から放送。

  • 三浦翔平、ハワイでムッキムキな肉体美を披露「ちょっとやだ、筋肉もりもり!」 ※「三浦翔平」インスタグラム

    三浦翔平、ハワイでムッキムキな肉体美を披露「ちょっとやだ、筋肉もりもり!」

    エンタメ

     俳優の三浦翔平が今月14日、自身のインスタグラムを更新。ハワイとみられる南国のリゾート地でのオフショットをアップし、ファンからは「しょーへいさんやばい」「ちょっとやだ、筋肉もりもり!」など筋肉美に興奮(!?)するファンの声が寄せられている。@@cutter この日の投稿にて、ハッシュタグで「hawaii」「surf」と伝えた三浦。雲間からわずかな青空がのぞく環境のもとサーフィンへ興じていた様子で、写真では、下半身にタオルを巻くのみのセクシーな姿を披露。自慢のムキムキなボディを見せる、貴重なオフショット公開していた。  この投稿に対して、コメント欄では「ムキムキっ! トレーニングの成果が出てますね」「筋肉やばい~。なんか少しエロく見えます」「バキバキすぎてヤバい」「ムキムキな姿にきゅんとする」「顔と筋肉のギャップがヤバい!」など、ドラマとはまた違った三浦の魅力に多くの反響が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/shohei.63/

  • 『ひるなかの流星』永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐インタビュー

    永野芽郁「天然じゃないです!」 三浦翔平&白濱亜嵐からの“天然認定”に反論

    映画

     出演映画が続々公開され注目度上昇中の女優・永野芽郁が田舎から上京した高校生に扮し、初恋相手の担任教師と同級生の間で揺れる胸キュンムービー『ひるなかの流星』。今回、主人公・すずめ役の永野、すずめの恋の相手を演じる三浦翔平、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)の3人に、役への取り組みや撮影でのエピソードについて聞いた。@@cutter 本作は「マーガレット」で連載され累計250万部を突破した、やまもり三香による同名コミックの映画化作品。田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめ(永野)が、東京の転校先で出会った担任教師・獅子尾(三浦)と、クラスメイト・馬村(白濱)に挟まれ、初めての恋を経験し成長していく姿を瑞々しく描く。  10代の女の子の繊細な感情表現に定評がある永野だが、こんなふうに演じようとプランを考えたり頭で難しく考えることはほぼしなかったという。「現場に入ってカメラの前に立って、先生や馬村と会話して感じたものをそのまま素直に出そうと思いました」とのことだ。その芝居により天真爛漫で、かつセンシティブなすずめを見事に表現している。  白濱はそんな永野と掛け合い芝居について、「特に前半では、すずめ発信で馬村が受けて、という芝居の繰り返しなので、芽郁ちゃんがどう来るかということに僕は身を任せていました。自分なりに演技をしっかり考えていたのですが、現場に行ったら考えていたことがほとんど意味がなかったくらいで…」という。だが「そのイメージの違いが面白かったです」と、永野とのセッションに刺激を受けていたようだ。  三浦に対しても永野は「先生の出方を考える前にすずめは行動しちゃうタイプだと思うので、すずめの行動によって先生の気持ちが動いたらいいなと思って演じていました」といい、三浦は「僕は常に心を動かされていました」と微笑む。  心動かされたという三浦だが、演じるにあたってとまどう部分もあったという。「教師として、また一人の男性として、与謝野すずめという人間に恋心を抱いているのが、現実的には僕自身、?(はてな)が多かった」とのこと。それは、一回りほども年下で、しかも教え子に恋する気持ちに対して。「だけど立場は違えど心が動く瞬間というのは誰にもあると思ったので、ましてや原作があるので逆算して作っていかないと…と思って、その都度、監督と相談していました」という。@@separator 劇中、“壁ドン”“頭ポン”など少女漫画的なキュンキュンシーンが随所に散りばめられているが、三浦は「女子中高生にいかにキュンとしてもらうかということがカギになる作品なので、そういうシーンは芽郁ちゃんに『こうしたほうがいい?』『高校生ならどう思う?』などと聞きまくって演じました」と永野にアドバイスを求めたと明かす。一方、永野も「予告編にもある、先生に後ろからハグされるシーンでは、前からがいいのか後ろからがいいのかとか、抱きつくタイミングだったり抱きつき方も何度も話し合いました」とのこと。  劇中では先生に恋する女子高生を演じた永野。実生活では…と訪ねると「先生のことを恋愛対象として好きになったことはないですけど、中学生の時に大好きな先生がいて、卒業式の日に『ハグしてください』と言いに行きました。体育の先生でむっちゃカッコいいんです」と振り返った。  本作が初共演の3人だが、撮影が進むに連れすっかり打ち解け、和気あいあいとした雰囲気で進行したそう。「永野芽郁は天然ですね」という三浦に、「天然じゃないです!」と反論する永野。しかし「芽郁ちゃん天然じゃなければヤバいです」と白濱が笑う。  現場では「芽郁ちゃんはいつも昆布食ってました」(三浦)とのことだが、永野は「昆布食べている人が天然というわけじゃない!」とムキになる。また白濱について三浦は「亜嵐さんはたまに女子になっていました」と。「女性スタッフと話す時には女性言葉になっていたかもしれません」と笑う白濱だった。  最後に本作について三浦は、「キュンキュンする10代のリアルな青春模様が描かれた作品。人生の中で一回しかない大切な時間を描いた話ですので、高校生はもちろん、大人の方たちにもその時の気持ちを思い出して観てほしいと思います」、白濱は「恋のすばらしい部分も、難しい部分も描かれていて、登場人物それぞれに共感できると思います」とアピールした。そして永野は「家族だったり、友達だったり、好きな人だったり、その大切さがすごく実感できる作品です」と語った。(取材・文・写真:田中裕幸)  映画『ひるなかの流星』は3月24日より全国公開。

  • 『ひるなかの流星』場面写真

    『ひるなかの流星』、公開直前“ひるなかの流星タイム”実施決定

    映画

     映画『ひるなかの流星』(3月24日公開)の公開直前ツイッター特別企画「#ひるなかの流星タイム」の開催が決定した。公開直前となる3月21日19時から21時の間に公式アカウントをフォローし、ハッシュタグ「#ひるなかの流星タイム」をつけてツイートすると、公式アカウントからランダムで流星ツイート(返信リプライ)が到着。その流星ツイートが届いた10人には『ひるなかの流星』ペア鑑賞券(ムビチケオンライン券)がプレゼントされる。@@cutter 本作は2011年~2014年まで「マーガレット」(集英社)で連載され、累計発行部数は212万部を突破したコミックスの映画化。田舎育ちでマイペースな女子高生のすずめ(永野芽郁)が、担任教師・獅子尾(三浦翔平)と、女嫌いのクラスメイト・馬村(白濱亜嵐)の間で揺れ動く“ピュアで切ない三角関係”を描く。獅子尾に「好きです」とまっすぐな気持ちを告白したすずめ。そんなすずめにクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”な馬村は告白する。果たしてすずめの初恋の行方は…。  公式SNSでは撮影現場のレポート写真やキャスト同士の仲の良いオフショットなどを掲載。2月18日よりスタートした「キュン極の選択キャンペーン」では「先生に恋したい?」、「同級生に恋されたい?」という質問と共に、本編シーンを元にした”キュン極映像”の拡散キャンペーンを実施している。現在で合計2万7000件を超える応募ツイートが投稿。また、公式ツイッターと公式インスタグラム、合わせてフォロワー数20万人を突破しており、ティーン女子たちの中では人気がうなぎのぼりとなっている。  映画『ひるなかの流星』は3月24日より全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access