ASIAN KUNG-FU GENERATION 関連記事

  • 映画『ピンクとグレー』で主題歌を務めるASIAN KUNG‐FU GENERATION

    アジカン、書き下ろし楽曲が中島裕翔主演『ピンクとグレー』主題歌決定!

    映画

     現役アイドル加藤シゲアキ(NEWS)が芸能界の嘘とリアル描いた問題作を原作に、中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が映画初出演・初主演を務める映画『ピンクとグレー』。早くも話題を呼ぶ本作の主題歌が、ASIAN KUNG‐FU GENERATION(通称:アジカン)の書き下ろし楽曲に決定した。@@cutter 2012年に発売された『ピンクとグレー』は、芸能界を舞台に、2人の青年が体験した光と影を描いた青春小説。大人気スター俳優・白木蓮吾の突然の死…第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴だった。動揺する大貴は、6通の遺書を手にし、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表。一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れるが次第に自分を見失っていく。なぜ蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは…。  大人気スターでありながら突如謎の死を遂げる主人公・白木蓮吾役に中島。蓮吾の親友であり死の真実を追う河田大貴役には菅田将暉。そして、2人の初恋の人であり幼馴染・サリー役には夏帆…と、人気・勢い・実力を兼ね備えた旬の俳優陣が名を連ねている。  さらに今回、本作の主題歌がアジカンに決定。原作を読み、映画の映像を観ながら書き下ろしたというリーダー・後藤正文は「原作の良い意味で裏切る展開に驚きました。映画を観て、それぞれの生活に戻ってゆく観客たちのことを考えながら、曲を書きました。参加できて光栄です」とコメント。『ピンクとグレー』の世界観にぴったりな楽曲に仕上がることが期待される。  『ピンクとグレー』は2016年1月9日より全国ロードショー。

  • アジカンメジャーデビュー10周年記念ライブは横浜スタジアム2Days

    アジカン、メジャーデビュー10周年記念ライブ 横浜スタジアム2Daysが決定

    エンタメ

     今年メジャーデビューから10周年を迎えたASIAN KUNG-FU GENERATIONが、アジカンの原点ともいえる横浜の地にてデビュー10周年記念ライブを開催することが決定した。会場は初となる横浜スタジアムで、9月14日(土)、15日(日)の2日間の開催ということで、大規模なお祭りとなりそうだ。@@cutter 昨年、「BEST HIT AKG」アリーナ公演全箇所即日完売、そして自身主催のライブイベント「NANO-MUGEN FES.2012」開催、アルバム「ランドマーク」をリリース後、22公演の全国ホールツアーと進み続けたアジカン。  10周年イヤーとなる今年も、2月20日(水)に今年第1弾シングル「今を生きて」をリリースした後、3月13日(水)には、昨年の全国ツアーの東京国際フォーラム ホールAでのライブの模様を収録した約3年半ぶりとなるLIVE DVD「映像作品集8巻 ~Tour 2012 ランドマーク~」のリリースをするなど精力的に活動する。  デビュー10周年記念ライブ ASIAN KUNG-FU GENERATION「タイトル未定」は、9月14日(土)、15日(日)。横浜スタジアムにて開催。2月1日(金)よりチケット先行予約の受付が開始される。

  • アジカン新曲が「横道世之介」主題歌に決定 

    アジカン×高良健吾3度目のタッグ!新曲「今を生きて」が映画「横道世之介」主題歌に決定!

    映画

     2010年本屋大賞3位、第23回柴田錬三郎賞を受賞した吉田修一著の話題作を高良健吾主演で実写映画化した「横道世之介」の主題歌に、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「今を生きて」が決定した。@@cutter 先月、2年3ヵ月ぶりとなるオリジナル・アルバム「ランドマーク」をリリースしたばかりのASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)から早くも新曲情報が到着。タイトルは「今を生きて」。来年2月23日より公開される話題の映画「横道世之介」の主題歌として書き下ろされたこの曲は、魅力的な主人公のキャラクターを象徴するような祝祭感に満ちたミディアムナンバー。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新たな一面も垣間見える楽曲に仕上がっている。  今回の決定を受けて、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル後藤正文からは次のようなコメントが到着。  「映画を観て、今このときを生きていることを、もっと喜びたいなと思いました。家族や友達や恋人や、世界そのものが、愛おしくなるような、そんな作品でした。そういう想いに、そっと花を添えるような、そんな楽曲を作ることができたと思います」。  実は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONと高良のタッグはこれが3度目。1度目は2009年発表のASIAN KUNG-FU GENERATIONのシングル「新世紀のラブソング」で、このプロモーションビデオに高良が出演。2度目は高良が主演を務めた2010年の映画「ソラニン」でASIAN KUNG-FU GENERATIONがメインテーマを手掛けた。  3度目のタッグに高良からも、「アジカンはいつも、僕をキュンとさせてくれる。ふと忘れている感情をいつも生ものにしてくれる。今回も横道世之介にぴったりな、いえいな曲です。心が舞う。いつもいつもありがとうございます」とコメントが届いている。  「横道世之介」は2月23日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

  • アジカンが「NARUTO」とコラボ! (C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版NARUTO製作委員会2012

    アジカンが映画「NARUTO」の主題歌担当! 「遥か彼方」以来、9年越しのコラボ実現

    映画

      人気漫画「NARUTO -ナルト」の劇場版アニメ「ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」の主題歌にASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「それでは、また明日」(7月25日発売)が起用されることが分かった。主題歌起用の経緯は、原作者・岸本斉史氏の希望で実現した。ASIAN KUNG-FU GENERATIONは、2003年にデビュー間もなくして「遥か彼方」がNARUTOのアニメ版オープニングテーマに大抜擢された過去を持つ。 @@cutter   岸本氏は「主題歌を誰に歌って頂きたいかと考えた時に、アニメ最初期にOP曲を担当して頂き、疾走感溢れるサウンドがぴったりだったASIAN KUNG-FU GENERATIONさんが浮かび、お願いできればと思いました。この映画はこの曲が入ることによって初めて完成したと思っています!」とアジカンをベタ褒め。   一方、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文は、「NARUTOのお陰で、南米やヨーロッパ、アジアでも僕らの音楽を聴いてくれるファンが現在でも沢山います。今回は劇場版の主題歌に我々を選んでいただき、とても光栄です」と喜びのコメントを寄せている。   今年の劇場映画には、原作者の岸本氏が満を持してフル参戦。自ら企画、ストーリー、キャラクターデザインを手がけたオリジナル作品となる。主人公のNARUTOが、死んだはずの両親とともに悪と戦う渾身のストーリーで、岸本自ら「僕にしか描けないNARUTO映画です」と断言している。   そして今回、全国の劇場入場者先着150万名を対象に入場者特典としては史上初となる、スペシャルDVD原作者・岸本斉史監修MOTION COMIC「NARUTO」のプレゼントを実施することも決定した。原作の画をCG合成し「NARUTO」の世界を再構築したモーションコミックや、原作者自身が本作の構想やNARUTOの今後に対する熱い思いを語ったロングインタビュー、映画公式Twitterで募集したファンから原作者への質問に対する岸本氏の答え「一問一闘」、作画風景などを収録。収録時間は34分と言う長尺で、パッケージの表紙も岸本自らが書き下ろすという力の入れよう。   「ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」は7月28日全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access