小池栄子 関連記事

  • 映画『記憶にございません!』ティザービジュアル(表)

    三谷幸喜『記憶にございません!』、小池栄子&斉藤由貴&木村佳乃&吉田羊が豪華参戦

    映画

     俳優の中井貴一が総理大臣役で主演を務める、三谷幸喜の監督最新作『記憶にございません!』より、新キャストとティザーチラシビジュアルが解禁。新たに、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊が出演することが明らかとなった。@@cutter 三谷幸喜の映画監督8作品目となる本作の舞台は、“政界”。主人公は、国民から嫌われ、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣の黒田啓介(中井)。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、彼は記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通のおじさんに変貌してしまった啓介は、国政の混乱を避けるため、記憶を失ったことを隠し、直近の秘書官たちに助けられながら、なんとか日々の公務をこなしていく。やがて、あらゆるしがらみから開放され、真摯に政治と向かい合うことになった啓介は、次第に本気でこの国を変えたいと思い始める…。  すでに、黒田総理を支える首相秘書官・井坂をディーン・フジオカ、総理の妻・聡子を石田ゆり子、政界を牛耳る官房長官・鶴丸大悟を草刈正雄、総理をゆするタブロイド紙のフリーライター・古郡を佐藤浩市が演じることが発表されている。  そしてこの度、井坂と共に総理を支える熱い事務秘書官・番場のぞみを小池栄子、総理官邸で黒田一家に仕えるマイペースな官邸料理人、寿賀さんを斉藤由貴、記憶を失った総理の元にやってくるアメリカ初の日系女性大統領、スーザン・セントジェームス・ナリカワを木村佳乃、黒田総理と敵対する白いスーツの野党第二党首・山西あかねを吉田羊が担当することが明らかに。それぞれドラマや舞台では三谷作品への出演歴があるが、三谷映画に出演するのは初となる。  公開されたティザービジュアルは、イラスト版と写真版の両面仕様。イラスト版を手掛けたのは、三谷脚本のNHK大河ドラマ『真田丸』放映時、ファンとして描いたイラストで注目を集めたKEI‐CO。三谷監督がその技術とセンスを絶賛し、今回の抜てきとなった。写真版は、額に絆創膏を貼った“記憶喪失の総理大臣”を中心に、それぞれのキャラクターになりきったキャストたちが配置され、映画の世界観を構築したビジュアルになっている。  映画『記憶にございません!』は9月13日より全国公開。

  • 『大奥 最終章』場面写真

    今夜『大奥 最終章』、木村文乃が鈴木保奈美&小池栄子ら女の戦いの渦中に

    エンタメ

     女優の木村文乃が主演、俳優の大沢たかおが相手役を務めるフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』(フジテレビ系/3月25日20時)が、今夜放送される。平和に暮らしていた紀州から江戸城・大奥で暮らすことになった久免(木村)が、天英院(鈴木保奈美)や月光院(小池栄子)を中心に繰り広げられる女たちの覇権争いに巻き込まれていく。@@cutter 本作は、2003年から連続ドラマ3本と単発ドラマ6本、映画1本が放送・上映されてきた『大奥』シリーズの完結作。幕府財政の再建を目的とした享保の改革を行い「徳川中興の祖」と称され「暴れん坊将軍」としてもあまりに有名な徳川第8代将軍・徳川吉宗。その将軍就任の裏にある大奥の女たちの愛憎に満ちたさまざまな思惑の中で、吉宗を精神的支柱として陰ながら支え続けた側室・久免の半生を描いていく。  吉宗の生母・浄円院(松坂慶子)付きの女中であった久免は、吉宗が公家出身の病弱な正室・理子と死別した後に側室に迎えられ、素朴で優しい人柄を深く愛されていた。吉宗には、お須磨、お古牟(こん)、お梅という亡くなった3人の側室との間に、それぞれ長福丸(ながとみまる)、小次郎、小五郎という子供がいたが、久免は“なさぬ仲”の3人の子供たちをまるで自分の子供のように愛し、吉宗、浄円院と共にいつまでも仲むつまじい暮らしが続くものだと考えていた。  しかし、吉宗を第8代将軍に推挙するという江戸城からの命で、平凡ながらも幸せな久免の生活は一変。慣れ親しんだ紀州藩邸での暮らしを捨て江戸城・大奥に移ることに一抹の不安を感じていた久免だったが、吉宗の高い能力を紀州藩主で終わらせるのはもったいないと彼の背中を押す。  決断をしてからは、江戸城の絢爛豪華なふすま絵や家具調度品が楽しみと無邪気に考えていた久免。だが、天英院と月光院がさまざまな局面で覇権争いを繰り広げ、1000人もの美しく着飾った女たちが吉宗を誘惑しようとしのぎを削る大奥は、久免の甘い考えを打ち砕くには余りある存在だった。  果たして久免は、権謀術数が渦巻く大奥から、吉宗や3人の子供たちを守り抜くことができるのか…?  フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』は、フジテレビ系にて今夜3月25日20時放送。

  • フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見にて

    鈴木保奈美の「私は喧嘩っ早い」発言に小池栄子「カッコいい」

    エンタメ

     女優の木村文乃、鈴木保奈美、小池栄子が20日、都内でフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』の記者会見に出席した。「もし現実にドロドロな愛憎劇に巻き込まれたら?」との質問に鈴木が「私は喧嘩っ早いですが、ドロドロ引きずることなく、パッと行ってサクッと終わって帰ると思う」と答えると、小池が「カッコいい~」と感心していた。@@cutter 連続ドラマや単発ドラマ、劇場版、舞台版も製作された人気ドラマシリーズの最終章。暴れん坊将軍としてもあまりに有名な徳川第8代将軍・徳川吉宗の時代を舞台に、女たちのプライドをかけた戦いを描く。シリーズ初参加の木村は「率直に申しますと、『なぜ私が!?』という気持ちでした。でもご縁は運とタイミングなので、ありがたくお受けしました」と話した。  豪華絢爛な役衣装で登場したキャスト陣は、約15mの真っ赤な特製大奥ランウェイを闊歩。劇中で披露する着物について木村は「私だけで23ポーズもあって3時間の中で全部を着させていただき、ファッションショーみたいでした。帯も着物も全部新しく作ってもらいましたが、金額を聞いてビックリして尻込みしてしまう気持ちもあった」と恐縮。ところが竹姫役の浜辺美波の衣装は「トータルで2000万円超と聞いて、それを目の前にすると少しは気持ちが軽くいられるなぁと思いました」と笑わせた。  また「もし現実にドロドロな愛憎劇に巻き込まれたら?」と聞かれた木村は「逃げます! 私は庶民として生きていく、と、まず逃げます」と即答。小池は「戦う人だと思われがちだけれど、争いごとは好きではない」とパブリックイメージを否定し「太鼓持ち的な感じで『この人はこう言っていた』『あの人はこう言っていた』とみんなにいい顔をしてクラスで1人ぼっちになった経験があるので、同じように告げ口魔になって嫌われてハブられる」と自虐した。  一方の鈴木が「私は喧嘩っ早いですが、ドロドロ引きずることなく、パッと行ってサクッと終わって帰ると思う」と答えると、小池は「カッコいい~」と羨望の眼差しだった。  フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』は、3月25日20時放送。

  • フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』出演キャスト

    浜辺美波×小池栄子×鈴木保奈美、『大奥 最終章』に豪華女優陣集結

    エンタメ

     女優の木村文乃が主演、俳優の大沢たかおが相手役を務めるフジテレビ開局60周年特別企画のドラマ『大奥 最終章』より、新たに小池栄子、浜辺美波、南野陽子、岸井ゆきの、松坂慶子、鈴木保奈美の出演が発表された。小池以外の5人は今回が『大奥』シリーズ初出演となる。@@cutter 本作は、2003年から連続ドラマ3本と単発ドラマ6本、映画1本が放送・上映されてきた『大奥』シリーズの完結作。享保の改革を行い「徳川中興の祖」として知られる徳川第8代将軍・徳川吉宗の側室として、彼を支え続けた久免(くめ)の半生を描く。  小池が演じるのは、徳川第6代将軍・徳川家宣の側室であり、第7代将軍・徳川家継の生母・月光院。小池は自らの演じる月光院について「『大奥』らしく、例えば自分より若い久免のちょっとした言葉にイラッとするようなキャラクターになっていくと思います。月光院は自ら攻撃するというよりは、相手から受けて何かを返すという役どころですので、今後の撮影で林監督と相談しながら作り上げていきたいです」と話した。  権大納言・清閑寺熈定の娘・竹姫役の浜辺は「ずっとマネージャーさんに、着物を着て『大奥』に出たいと言っていたので、お話を頂いた際は本当にうれしかったです。今回、“最終章”ということで、年齢的にもギリギリ間に合って良かったです(笑)」と出演の喜びをコメント。  小池演じる月光院と骨肉の争いを繰り広げる家宣の正室・天英院役の鈴木は「何度か舞台を拝見していて、小池さんはとっても大好きな女優さんです。テクニックとパワーのある女優さんだと思っていますし、今回小池さんのメイクや衣装が濃厚だそうなので負けないように頑張りたいです(笑)」とコメントした。  南野は大奥総取締・高瀬を、岸井は将軍・吉宗に秘かに恋心を抱く女中の多喜を、松坂は吉宗の生母・浄円院を演じる。  フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』は、フジテレビ系にて3月25日20時放送。

  • 小池栄子

    小池栄子、誕生日を夫・坂田亘と祝う 篠田麻里子が夫婦写真を投稿

    エンタメ

     タレントの篠田麻里子が20日、自身のインスタグラムに女優の小池栄子と夫で元プロレスラーの坂田亘の2ショット写真を投稿した。ファンからは「素敵なご夫婦!!」「仲良し夫婦」といった反響が寄せられている。@@cutter 11月20日は小池の38歳の誕生日。映画『テラフォーマーズ』(2016)で共演するなど、以前から親交のある篠田は「私の大好き夫婦 坂田夫婦 栄子様お誕生日」という投稿とともに夫婦の写真を投稿。キメ顔の小池がポーズをとる後ろから、寄り添うように坂田が同じポーズをとっている。2人の前に置かれたバースデーケーキは、大きなゴリラが乗っているおちゃめな仕様だ。  誕生会もそんなケーキの雰囲気そのままの楽しいものだったようで、篠田は「夫婦漫才で2人いつも仲良しな夫婦 しあわせオーラいただきました ケーキゴリラだし 楽しすぎた」と振り返っている。  ファンからは小池に対する祝福のコメントのほか、「めちゃくちゃ素敵なご夫婦!!小池栄子さん好きだ」「仲良し夫婦と仲良しで麻里ちゃんも幸せだね」といったコメントが集まっている。 引用:https://www.instagram.com/shinodamariko3/

  • 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』完成披露舞台挨拶にて

    篠原涼子、爆弾発言「広瀬すず似に整形させてくださいと思った」

    映画

     女優の篠原涼子と広瀬すずが、30日に都内で開催された映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の完成披露舞台挨拶に出席。篠原が、自身の高校生時代を広瀬が演じると聞いた時、「広瀬すず似に整形させてくださいと言おうと思った」と打ち明けた。@@cutter 大根仁監督が監督・脚本を担当する本作は、映画『サニー 永遠の仲間たち』の物語の舞台を日本に移し、90年代に流行したJ‐POPやファッションをきらびやかに散りばめて再構築した、笑って泣ける青春音楽映画。企画・プロデュースは、『告白』『モテキ』『君の名は。』の川村元気、音楽は“TKサウンド”で90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当する。  会見には、豪華女優陣11名と大根監督が参加。篠原と広瀬、板谷由夏と山本舞香、小池栄子と野田美桜、ともさかりえと田辺桃子、渡辺直美と富田望生、池田エライザと大根監督と、池田以外の女優陣は現在・過去で同役を演じたペアで登場。劇中で使用された安室奈美恵の『Don’t wanna cry』など90年代の大ヒット曲にあわせ、ノリノリでレッドカーペットを歩いた。  トークでは、MCから「作品を見た関係者から似てるという声が多い」と言われた篠原と広瀬。篠原は「放送できないかも」と前置きしつつ、「広瀬すず似に整形させてくださいと言おうと思った。その後も監督にCG加工でと言ってました(笑)」と告白し、会場は爆笑。続けて「本当に申し訳ないって思うくらい、すずちゃんがかわいい」とそのかわいさを絶賛した。  それを受けて、広瀬は「結構はじけた役で、どうやったら篠原さんに繋がるんだろうってくらいはじけてしまって反省しています」と振り返ると、すかさず篠原は「何を言っても大丈夫です」と笑顔で返し、またもや会場の笑いを誘っていた。  劇中では小室の楽曲が使用されるが、22年ぶりに小室と同じ作品を作った篠原は「1990年にデビューして、歌うことのきっかけだった。またこうやってご一緒できてご縁を感じてますし、感謝してます」と感慨深げ。大根監督は小室がラインで甘えてくるといい、「女の子とラインしてるみたいだった(笑)」と明かしつつも、「素晴らしい映画音楽ができた」と感謝の言葉を贈った。  映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日より全国公開。

  • 『ゼロ 一獲千金ゲーム』に出演する小池栄子

    加藤シゲアキの演技に反響『ゼロ 一獲千金ゲーム』

    エンタメ

     NEWSの加藤シゲアキが主演を務めるドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第1話が15日放送され、加藤が演じた主人公のクールな存在感と人間味あふれるキャラクターのギャップに視聴者から「可愛くてカッコいい」「反則」などの反響がSNSに寄せられた。@@cutter 社会で苦しむ弱者たちを救う「義賊」で、小学生に教鞭を執る塾講師の主人公・宇海零=ゼロ(加藤)が、命をかけたサバイバルゲームに挑戦する姿を描く本作。  振り込め詐欺で得た金を奪われた末崎(ケンドーコバヤシ)は、チカラ(加藤諒)、ヒロシ(岡山天音)、スナオ(杉野遥亮)を拉致するが、金を奪った首謀者がゼロ(加藤)であることを知る。末崎の居場所を突き止めたゼロは三人を助けにやってくるが、そこに資産100兆円を超える実業家・在全無量(梅沢富美男)と幹部の後藤峰子(小池栄子)が現れ、後継者を決めるゲームに参加するようゼロたちに持ちかける。  一同は、ゲーム会場へ。そこには末崎の弟・セイギ(間宮祥太朗)や、フリープランナーのユウキ(小関裕太)も参加。彼らを待ち受けていたのは、ランダムに振られたサイコロの目を当てるゲーム。間違えれば巨大な鉄球が落下、即死確実の「鉄球サークル」だった…。  福本作品といえば、登場人物の心理描写やギャンブルの緊張感を表す独特の擬音“ざわざわ…”がおなじみ。本作でも冒頭から効果音として「ざわざわ…」が描かれるとネット上には「めっちゃざわざわ…いうやん笑」「ざわざわの表現すげぇ」などの声が寄せられた。  また、1000億円の賞金を賭けたゲームをナビゲートし、参加者たちの射幸心をあおる後藤を演じる小池の演技力や存在感にも注目が集まり、視聴者からは「栄子ちゃんこの手の役を演じさせたら右に出るものはいないよね」「小池栄子様の超かっこいいお姉様演技見れて、幸せです」などの意見もSNSへ投稿された。  本作でゴールデン・プライム帯の連続ドラマで初主演を飾ることになった加藤。ドラマの冒頭、主人公・ゼロの表の顔である塾講師として、数学を教えるシーンでは視聴者からは「シゲに勉強教えてほしい」「こんなイケメンの先生に数学を教えてもらいたい人生でした」などの声が殺到。  さらにクールで飄々とした佇まいでありながら、仲間を助けようとする熱さや優しさも内に秘めているというギャップに「クールなシゲ…かと思いきや最後の笑顔反則」「可愛くてカッコいい」「零かっこよかったー!とくにチカラを助けるところが」などの賞賛ツイートも多数寄せられていた。

  • 『空飛ぶタイヤ』レッドカーペットに登場した長瀬智也

    『空飛ぶタイヤ』主演の長瀬智也、初の池井戸潤作品は「挑戦」

    映画

     TOKIOの長瀬智也が23日都内で、主演映画『空飛ぶタイヤ』のレッドカーペットセレモニーおよび完成披露試写会に出席。ディーン・フジオカや高橋一生、深田恭子ら豪華共演陣とトークを展開し、初出演となった池井戸潤作品に関して「なかなか慣れない社会派のドラマに挑戦させて頂いた。この作品のメッセージに非常に共感した」と熱い想いを語った。@@cutter 同作は、近年『半沢直樹』や『下町ロケット』『陸王』など人気ドラマの原作を多数手がけてきた池井戸の同名ベストセラー小説をもとにした社会派エンタメ映画。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われ、車両の欠陥に気づいた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)が、製造元のホープ自動車のリコール隠しの実態にたどり着く、というストーリー。  主人公・赤松を熱演した長瀬は「なかなか慣れない社会派のドラマに挑戦させて頂いた。この作品のメッセージに非常に共感した。このメッセージを届けるためだけに、今日まで頑張ってきた気がする。皆さんが感じる社会問題にちょっと触れられる作品になっているのでは」と話した。  赤松が再調査を要求するホープ自動車・カスタマー戦略課課長の沢田悠太を演じたディーンは、本作を「日本の社会のいろんな無念が表現されている。その中で逆転ホームランで最後スカッとする痛快なエンターテインメント」と紹介。ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS)で共演した深田と時おり談笑するなど、リラックスした表情を見せていた。  本作にちなんで、守りたいものは何か問われると長瀬は「やっぱり…愛する人じゃないですかね…いれば!」と照れ笑い。MCからTOKIOの仲間のことかと尋ねられると「ん!? 男を愛するっていうのも気持ち悪い。やっぱり赤松のように家族がいたりしたら、というのは思う。あとは…寺脇さんを守りたい」と、過去にドラマ『D×D』(日本テレビ)で共演経験のある寺脇康文を指名。「昔からお世話になった。昔から、寺脇さんの方から話しかけてくれたり合わせてくれたりした。大人になってからもありがたみを感じてる。長生きしてください」と笑って白い歯をこぼした。  同じ質問にディーンは「家族」と回答。「自分が頑張らないと、誰が彼らを導いていけるのかとか考えてしまう」などと真面目に語っていると、長瀬は「本当はオレもそれ言いたかった…!」と顔にシワを寄せていた。  ホープ自動車のグループ会社であるホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮役の高橋は、「想像力」だと言い、「これを言ってしまったらどうなるかとか、相手のこと(立場)に立って想像したい。人を思いやるのは、想像力が不可欠」などと説明した。  今回の試写会には、ほかにも、寺脇康文(舞台挨拶のみ)、小池栄子、阿部顕嵐(Love‐tune/ジャニーズJr.)、中村蒼、浅利陽介、本木克英監督が出席した。  映画『空飛ぶタイヤ』は、6月15日より全国ロードショー。

  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演する三浦春馬

    三浦春馬、90年代イケメンの象徴・ロン毛に 映画『SUNNY』出演

    映画

     三浦春馬が篠原涼子、広瀬すず出演の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演することが分かった。さらに、リリー・フランキー、新井浩文、矢本悠馬の男性キャストも発表。90年代の象徴であるロン毛のイケメン役を嫌味なく演じた三浦に、大根仁監督は「むしろ私が恋心を抱きました」と最大の賛辞を送っている。@@cutter 本作は、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を大根監督たっての希望とアイディアで日本版にリメイクしたもの。かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーが、それぞれ問題を抱える大人になりながらも、約20年の時を経て友情の絆と人生の輝きを再び取り戻すために奮闘する姿を描く。  現代パートのサニーメンバーを篠原、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美という豪華なキャストが演じ、90年代パートの高校時代を広瀬、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生が演じる。  三浦が演じるのは90年代を謳歌するロン毛のイケメン大学生・藤井渉。美しいロン毛を書き上げ、90年代を代表するファッションと佇まいで女子高生たち、特に広瀬演じる主人公の奈美を魅了する役どころだ。  三浦は「素晴らしいキャストの皆さんと共に、90年代を振り返るような作品に携われてとても嬉しかったです!」と喜びをにじませ、「当時の流行りであった【ロン毛】を何度もかき上げ(笑)、嫌味がない感じをどこまで自然に出せるかが難しいところでありました(笑)」とコメント。  大根は「春馬君とは初めての仕事だったのですが、90年代を象徴するイケメンという微妙な役を完璧に演じてくれました。脚本に書かれている『カッコ良く登場』とか『とにかくカッコ良い』とか『さりげないがカッコ良い』という無茶な要求に見事に応えてくれて、むしろ私が恋心を抱きました」と三浦の演技力を絶賛。  なお、大根組常連のリリーは奈美(篠原)の依頼でサニーメンバーを探す探偵・中川役、同じく常連の新井は梅(渡辺)が務める不動産店の陰険な上司・新井役として出演。初参加の矢本は高校時代の梅(富田)の兄を演じている。  映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日より全国公開。

  • テレビ東京新ドラマ『ヘッドハンター』会見

    江口洋介のロックな願望が判明! 小池栄子は秘書? 新ドラマ『ヘッドハンター』会見

    エンタメ

     江口洋介、小池栄子、杉本哲太が、26日に都内で開催されたテレビ東京の新ドラマ記者会見に出席。同局の新枠「ドラマBiz」の第1弾となる『ヘッドハンター』で主演を務める江口は、転職するならどんな仕事がしたいか問われて、「日本のセックス・ピストルズになりたいですね」と語った。@@cutter ビジネスにおける人材のスカウトを生業とするサーチ会社「SAGASU」の社長・黒澤和樹(江口)が、人のため、企業のため、そして自分のために奮闘する姿を描く本作。小池は業界最大手の転職斡旋会社に勤める赤城響子を、杉本は「SAGASU」の総務・経理担当である灰谷哲也を演じる。  同局の『ガイアの夜明け』に出演中で、テレビ東京のドラマに初出演となる江口は「まず『好きにやってください』と言われて。これだけ縛りが多い中でいろいろなドラマをやっていますと、そう言われると本当にいいんですかってなりますけれども(笑)、今までにないドラマになると思って、非常に楽しみです」と笑顔でコメント。  一方、同局の『カンブリア宮殿』に出演中の小池は、「キャスターから女優業にヘッドハンティングされたみたい(笑)」としつつ、「テレビ東京さんの強みを最大限に活かした、こんな面白い企画はない、すぐ『やらせていただきたい』と思いましたね」と回想。「なんせこんなに渋くて素敵な先輩方とやれるのに、断る理由がないです」と江口や杉本との共演に期待を寄せていた。  タイトルに絡めて、ヘッドハントされるならどんな業種がいいか問われた江口は、「普遍的なものに携われるようなことをやってみたい」と答えながらも、「日本のセックス・ピストルズになりたいですね」と意外な願望を告白。小池は「アシスタントの仕事は、よくバラエティと『カンブリア宮殿』でもやらせていただいているので、もしその力が活きるのであれば、社長秘書みたいなものをやりたいですね」と明かし、これには江口や杉本も納得していた。  新ドラマ『ヘッドハンター』は、テレビ東京系にて4月より毎週月曜22時放送。

  • 広瀬すず、池田エライザらルーズ&ミニスカ“最強”コギャル姿披露 『SUNNY』最旬女優が集結

    広瀬すず、ルーズ&ミニスカ“最強”コギャル姿披露 『SUNNY』最旬女優が集結

    映画

     広瀬すずが主人公の高校生時代を演じる映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生ら旬な若手女優たちが集結していることが明らかとなった。また、6人が演じる女子高校生たちの、ルーズソックスにミニスカートといった当時の“コギャル姿”に扮したビジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク版。かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーが、約22年の時を経て、それぞれ問題を抱える大人になりながらも、強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する姿を描く。広瀬が演じるのは、篠原涼子が演じる主人公・奈美の高校生時代だ。  奈美にとって憧れの存在で、とにかく美人でクールな奈々を演じる池田は「監督が時代背景や当時の価値観をクランクインまでに学ぶ機会をつくってくださったので、みんな良い感じにコギャルになれました」とコメント。また、板谷由夏が演じる“サニー”のリーダー・芹香の高校生時代に扮する山本は「高校生サニーチームはみんな自分の役を演じる上で、大人サニーチームの方々に負けないよう一生懸命向き合い、毎日笑顔が耐えなくて楽しい現場でした!」と撮影を振り返っている。野田が演じるのは、小池栄子が演じる裕子の高校生時代。田辺はともさかりえが演じる心の高校生時代に扮し、富田は渡辺直美が演じる梅の高校生時代を演じる。  解禁となったビジュアルには、ミニスカートにルーズソックスを履き、90年代に女子高生の間で大ブームとなったファッション雑誌「egg」から採った“エッグポーズ”をキメるコギャル女子高生6人の姿が収められている。広瀬らは自分の役に合わせて髪を明るく染め、眉を細くし、全身にメイクを施して小麦色の肌を作り込むなど、徹底した役作りを実行。また、クランクイン前にはコギャル講座を受け、コギャル精神と90年代の文化を学んだ。メガホンを取った大根仁監督も、元コギャルたちへの強力取材と現場監修のもと、ルーズソックスの長さやたるみ具合にまでこだわったという。  映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日より全国東宝系にて公開。

  • 映画『空飛ぶタイヤ』

    長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生出演、池井戸潤原作『空飛ぶタイヤ』特報解禁

    映画

     池井戸潤による累計150万部突破の同名小説を基に、長瀬智也が主演を務め、共演にディーン・フジオカ、高橋一生を迎えた映画『空飛ぶタイヤ』から、30秒の特報が初解禁となった。映像には、長瀬演じる主人公の赤松徳郎をはじめとする男たちが、巨大企業によるリコール隠しに立ち向かっていく様子が収められている。@@cutter 池井戸の作品で初の映画化となる本作は、トレーラーの脱輪事故をきっかけに、整備不良を疑われた運送会社の社長・赤松(長瀬)が、トレーラーの製造元であるホープ自動車が行ったと思われる“リコール隠し”に対し、その真相を追及していく姿を描く。原作は、2009年に仲村トオル主演で連続ドラマ化もされている。  解禁となった映像は、これまでの池井戸作品のタイトルとともに、物語の端緒となるトレーラーの脱輪事故のシーンを映し出す。そして、赤松をはじめ、ホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン)、ホープ自動車のグループ企業であるホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋)が、巨大企業の闇にそれぞれの立場から迫っていく姿を捉えている。  ほかに、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼ら豪華キャストも共演。2018年の公開に向けて、今から期待が高まる内容となっている。  映画『空飛ぶタイヤ』は、2018年6月15日公開。

  • 篠原涼子&広瀬すずら、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』で豪華共演

    篠原涼子、広瀬すずで韓国映画『SUNNY』リメイク 大根仁のメガホンに豪華女優集結

    映画

     2011年に韓国で745万人動員の驚異的な大ヒットを記録した映画『サニー 永遠の仲間たち』が、篠原涼子、広瀬すずら豪華女優陣の共演で『SUNNY 強い気持ち・強い愛』としてリメイクされることがわかった。今作では、舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめ再構築する。監督・脚本は、『モテキ』『バクマン。』などで知られる大根仁。企画・プロデュースは、数々のヒット作を世に放つ川村元気氏が務める。@@cutter 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、かつて青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーが、さまざまな事情を抱える大人になり、約22年の時を経て再会を果たす姿を描く群像劇。  阿部奈美(篠原)は、仕事ができる夫と高校生の娘を持つ40歳の専業主婦。ある日、ガンで余命1ヵ月となったかつてのリーダー・芹香(真木よう子)から「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」と告げられ、かつてのメンバーたちを捜し始める…。  主演の篠原は、本作の見どころについて「脚本も大根監督ならではの演出が満載で、原作のノスタルジックな雰囲気を残しつつ、日本版としてのアレンジが加わって、更にカッコ良くキラキラとした主人公達になっております」と紹介。「そんな主人公達を豪華な共演者の方々と一緒に作って行けるということで嬉しさと、楽しさと、心強さでいっぱいです」と思いを伝える。大根監督とは2001年のドラマ以来のタッグとなり、「成長した自分を監督にお見せできたら」と撮影への意欲を示す。  また、ミニスカートにルーズソックス姿で奈美の女子高校生時代役を演じる広瀬は、「原作映画が大好きで、リメイクされるなら絶対にこの役をやりたい!って思っていたので、出演のお話を聞いたときは、嬉しくて叫びました!」と興奮気味に喜びを語り、「3年前に大根組のオーディションを受けたことがあり、それからずっと映画でご一緒したいと思っていたので、念願叶って本当に嬉しいです」と、“大根作品”への参加は念願だったことを明かしている。  この他、お笑い大好きな女子高生で現在は豊胸セレブ妻として暮らす裕子役に小池栄子、夫と離婚し、生活苦から風俗で働き続ける心役にともさかりえ、高校時代は“自称”グループの副リーダーだった梅役に渡辺直美の出演も決定している。  「“コギャル”のことはいつか物語にしたいと思っていました」と語る大根監督は、「ベスト&ゴージャスなキャスティングに武者震いしていますが、恋しさと切なさと心強さに溢れた、最高に楽しいパーティームービーを目指します!」と意気込みを見せる。  映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、2018年に公開。

  • 小池栄子×吉沢亮W主演『恋する香港』放送決定! オール香港ロケで10月放送

    小池栄子×吉沢亮W主演『恋する香港』放送決定! オール香港ロケで10月放送

    エンタメ

     小池栄子と吉沢亮がダブル主演する、オール香港ロケの“サスペンス×ドキュメント×ラブストーリー”ドラマ『恋する香港』(MBS/TBS)が、10月よりスタートすることが発表された。@@cutter 物語の舞台は2017年秋の香港。日本人タレント、エリーを追いかけるドキュメンタリー番組を撮影中のディレクター・山田健太とAD・平川彩だったが、突然エリーが謎の香港人・ダニエルにさらわれてしまう。混乱する現場で、健太は日本から観光に来た真樹という女性に出会う。真樹はマッチングサイトでやりとりをしている香港人の男性に会うためにやって来たが、その男性とはまだ顔を合わせたことがないという。  一方、エリーをさらったダニエルはエリーを自分の恋人と勘違い。実は自分に自信が持てなかった真樹が、アイコンにエリーの画像を使用していたため、ダニエルはたまたま香港に来ていたエリーを真樹だと思い込んでしまったのだ。背景も国籍もバラバラで、まったく接点のなかった男女5人が、事件をきっかけに出会い、巻き込まれ、予想だにしないゴールへと香港の街を駆け抜けていく…。  ドラマ、映画、舞台と活発な活動を展開する小池がヒロインの真樹、映画『銀魂』『トモダチゲーム』の吉沢がディレクターの健太を演じる。その他のキャストには、健太の後輩AD・彩役に馬場ふみか、タレントのエリー役に最上もが、健太の先輩のプロデューサー・阿久津役に柳下大、ダニエル役にMAG!C☆PRINCEの永田薫、現地の日本人ブローカー役に岩松了と、個性派俳優陣が顔をそろえる。  「日本を離れ香港で撮影出来ることに興奮しています」と海外ロケにワクワクしているという小池は、初共演の吉沢に対し「どんな芝居の空気感になるか、とっても楽しみです。年下ですが、物語の中心には彼が常に居ますので引っ張って貰えると嬉しいです」と共演を楽しみにしている様子。  海外ロケ初体験となる吉沢も「中々ハードなスケジュールになるとは思いますが、香港の街を堪能しつつ、皆さまにとても楽しい作品を届けられるようがんばります」と意気込んでいる。  ドラマ『恋する香港』はMBSにて10月8日より毎週日曜24:50(初回は25:24)、TBSにて10月10日より毎週火曜25:28(初回は25:58)放送。

  • 『パーフェクト・レボリューション』 完成披露舞台挨拶にて

    リリー・フランキー、小池栄子に洗髪してもらい「男としては、ある種のアガリ」

    映画

     俳優のリリー・フランキーが7日、都内で行われた主演映画『パーフェクト・レボリューション』の完成披露舞台挨拶に、共演の清野菜名、小池栄子、 松本准平監督、熊篠慶彦(企画・原案)、峯田和伸(楽曲提供)とともに出席。劇中で小池に髪を洗ってもらうシーンがあることに言及したリリーは「小池栄子に髪を洗ってもらえるっていうね。男としては、ある種のアガリですよ(笑)」とコメントした。@@cutter 本作は、障害者への理解を求める活動を続ける熊篠の実体験を基に、脳性マヒの影響で車椅子生活を送るクマ(リリー)と、人格障害を抱える風俗嬢のミツ(清野)が、「生まれも性別も、職業も能力も、お金も年齢も関係ない、本当の幸せ」を証明するため、立ちはだかる壁をぶち壊して突き進む姿を描いたラブストーリー。  “Hなイベント”で熊篠と出会ったと明かしたリリーは「(障害者を描く作品は)重くなりがちで、どこかで重くなくてはいけないみたいな変なところがありますけど、こういう風にゲラゲラ笑えたり、楽しめたりする、障害を持った主人公の映画が、ない方が今まで不思議だったっていうか」とコメント。また「そういうことが不謹慎だって言う人も多分いるんでしょうけど、その不謹慎だという言葉こそが、一番の差別」と力説した。  一方の清野も「内容がちょっと暗いかなって思うかもしれないんですけど、本当にばかげている部分もあったりとか、楽しくハッピーな作品ではあるので、皆さん構えずに、楽しんで最後まで見てください」とニッコリ。清野は監督から出演オファーの手紙をもらったことも明かしたが、これを聞いたリリーは「もらってないなあ...」と寂しそうにコメント。しかし、介護士の恵理を演じた小池に話が及ぶと、髪を洗ってもらうシーンを振り返り「小池栄子に髪を洗ってもらえるっていうね。男としては、ある種のアガリですよ(笑)」と満足そうに語っていた。  映画『パーフェクト・レボリューション』は9月29日全国公開。

  • 映画『空飛ぶタイヤ』

    長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』 深田恭子、岸部一徳、ムロツヨシら追加キャスト発表

    映画

     池井戸潤による同名小説を、長瀬智也の主演で実写化する映画『空飛ぶタイヤ』から追加キャストが発表され、深田恭子、岸部一徳、ムロツヨシ、中村蒼らが出演することが明らかになった。@@cutter 池井戸の作品で初の映画化となる『空飛ぶタイヤ』は、1台のトレーラーが起こした事故をきっかけに、事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬)が、トレーラ―の製造元であるホープ自動車が行ったと思われる“リコール隠し”の真相に迫る姿を描く。原作は2009年に仲村トオル主演で連続ドラマ化されており、映画には赤松役の長瀬のほか、ホープ自動車の自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太役でディーン・フジオカ、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱くホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮役で高橋一生が出演する。  新たに出演が明らかになった深田が演じるのは、赤松の妻・赤松史絵。深田は「今回初めての池井戸潤さんの作品で、このような豪華なキャストの方々と共に参加させて頂き、とても光栄でした」と喜びのコメント。「撮影は短い期間でしたが、長瀬さんと8年振りに共演させて頂き、昔と変わらず優しいお人柄で、息子役の高村佳偉人くんは照れ屋で可愛らしく、家族3人でとても楽しく撮影させて頂きました」と撮影を振り返り、「仕事で闘う夫、学校で闘う息子を支える温かい妻を演じさせて頂きましたので、微笑ましい家族のお話も是非楽しみにして頂けたらと思います」と見どころを語った。  深田に加えて、ホープ自動車常務取締役・狩野威役で岸部一徳、赤松運送専務・宮代直吉役で笹野高史、港北中央署刑事・高幡真治役で寺脇康文、週刊潮流記者・榎本優子役で小池栄子、赤松運送整備士・門田駿一役で阿部顕嵐、ホープ自動車車両製造部・小牧重道役でムロツヨシ、ホープ自動車品質保証部・杉本元役で中村蒼らの出演も発表。さらに、柄本明、佐々木蔵之介、木下ほうか、浅利陽介、六角精児、津田寛治、升毅、谷村美月らも物語を彩ることになっている。  映画『空飛ぶタイヤ』は2018年公開。

  • 福士蒼汰、小池栄子に突っ込まれアワアワ「主役しかやらないってこと?」

    福士蒼汰、小池栄子に突っ込まれアワアワ「主役しかやらないってこと?」

    映画

     映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の完成披露舞台挨拶が、9日に都内で行われ、キャストの福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎、メガホンを取った成島出監督が登壇。福士は「ちょっと今からやめたいもの」を聞かれると、「人見知り」と答えた。@@cutter 本作は、北川恵海による同名ベストセラー小説の実写版。ブラック企業で働くサラリーマンの青山隆(工藤)と、謎の男ヤマモト(福士)を軸に、「長時間労働」「パワハラ」「自殺」といった現代社会の問題を描く。5ヵ月にわたって福士とリハーサルを行ったという工藤は、「福士君と距離を近づけたいなと思って、僕の家でたこ焼きパーティを開きました」と報告。焼く係は工藤だったそうで、「ちょっと遅刻してきた」という福士は「僕は見てました。くるくるくるくるやってくれるのを」とにっこり。これを受けた工藤は「福士君は僕のベッドでずっと横になってました…」とやんわり苦言を呈して会場を沸かせた。  当日はタイトルに絡めて、一同が「ちょっと今からやめたいと思っているもの」を発表する一幕も。小池の「ネットショッピング」という答えを受けた福士は「自分用に救急箱を買おうと思ったんですよ。かわいいのあったと思ってポチっとしたら、ミニチュアのやつが来て、『何を入れるんだろうこれ!?』っていう(笑)。だからいまは、バンドエイドだけを入れています。バンドエイドしか入らない(笑)」と天然なエピソードを告白し、これには会場も爆笑。  自分がやめたいことについては「人見知り」と答え、「主役だと、引っ張っていかなきゃなって思えるから話しかけようと思うんですけど、主役じゃない現場とか、ごはんとか食べに行くと、全然自分から話しかけられなくて…」と悩みを吐露。これを聞いた小池は「それって主役しかやらないってこと?」と突っ込まれ、福士は慌てて否定。続いて吉田は「福士誠治くんと福士蒼汰くんを間違えちゃったことがあって」と告白し、「それ以来口をきいてくれない」と明かして笑いを誘っていた。    『ちょっと今から仕事やめてくる』は5月27日より全国公開。

  • 沢尻エリカ、『母になる』での熱演に「泣かされた」の声続出!

    沢尻エリカ、『母になる』での熱演に「泣かされた」の声続出!

    エンタメ

     沢尻エリカが主演を務めるドラマ『母になる』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第1話が12日に放送。子どもが誘拐されてしまう母親という難しい役どころを熱演した沢尻の演技に、「エリカ様やっぱりすごいわ…この人はやっぱり女優だわ…」「とにかくエリカの演技が流石だった」「沢尻エリカの演技ヤバイ泣かされた」と多くの反響が寄せられた。@@cutter 本作は、3歳になる息子を誘拐された母を演じる沢尻、そして共演の小池栄子と板谷由夏が「母になる」ことに疑問を抱きながらも、「母」として成長する姿を描くドラマ。  第1話は、2008年の春、結衣(沢尻)の3歳になる息子・広がこつ然と姿を消してしまうところから物語が始まる。時は戻って、2001年の春。両親を亡くし北海道から単身上京した結衣(沢尻)と大学講師の柏崎陽一(藤木直人)が出会う。2人は時間をかけながらも距離を縮め、やがて結衣が息子の広「コウ」をお腹に宿したことをきっかけに結婚。陽一の上司の妻であり、キャリアウーマンの莉沙子(板谷)の妊娠も発覚し、結衣は互いに励まし合いつつ、幸せな日々を送っていた。そして、2008年、3歳になった広(吉武歓)は、ある日、目を離した一瞬の隙にいなくなってしまう。時を同じくして、とあるアパートに暮らすOLの門倉麻子(小池)は、隣の部屋から聞こえてくる音に不審を抱き、覗き込んでみると…。  息子を思い泣き崩れる、必死の形相でチラシを配って息子を捜すなど、第1話から名演技を見せた沢尻。母親としての思いがにじみ出るその演技に、「もうほんとに泣いた。1話目でこんなに泣いてて大丈夫かな」「第1話からかなり感動」「やばい。1話から泣いた笑。最終回並みに泣いた」と号泣する視聴者が続出した。  また、13歳になった広を演じる関西ジャニーズJr.の道枝駿佑の存在感とイケメンっぷりも話題に。道枝のあだ名である「みっちー」は、ツイッターのトレンド入りも果たし、「イケメンすぎて辛かった... 出てきた瞬間叫んでしまった笑 」「道枝くん!いいよ!すごくいい表情してた」「ぎゅーってなってきゅーんってなるわ。 愛しいよ。道枝氏イケメンすぎ」と絶賛コメントが相次いだ。

  • 小池栄子、沢尻エリカと「仲を深めたい」と訴えるもタイプの違いに苦戦

    小池栄子、沢尻エリカと「仲を深めたい」と訴えるもタイプの違いに苦戦

    エンタメ

     新ドラマ『母になる』(日本テレビ系/4月12日より放送)で主演を務める女優の沢尻エリカが、同作で初共演となる小池栄子とともに10日放送のバラエティ特番『しゃべくり×深イイ売れっ子緊急出演合体SP』に出演。沢尻と親睦を深めたいという小池は、“夏フェス”を巡るタイプの違いに苦戦しMCの上田晋也からツッコミを入れられる場面もあった。@@cutter この番組の収録時、少し前にドラマ撮影で一度だけ絡んだだけで、沢尻に対してまだとっつきにくさを感じるという小池。「番組で仲を深めたい」と訴える小池だが、「(沢尻は)夏のフェスで楽しんでいるというイメージがあるけど、私は超インドアでフェスは苦手で…」と自身とのギャップを話しはじめ、MCの上田晋也から「仲良くする気はあるのか!」とツッコミ。  そんな小池に対し「何でも話せそう」と好印象を感じているという沢尻。また、芸能界で普段仲良くする人もあまりいないためと、MC陣の芸人たちの飲みの席にも「是非誘ってくださいよ」と積極的な姿勢を見せた。  また、この日の企画「ちょっと苦手なX(エックス)な女007」にて、沢尻、小池がそれぞれの苦手な女性のタイプを一つずつ挙げていく際に、小池が「いつも遅刻してくる女」というタイプをあげると「初めから30分遅刻するっていうのに、小ウソをつく。そういう子って、携帯の返事って遅くて…」と理由を話すと、沢尻は同調しながら「私はメッチャ時間守りますね。ただ、メールは返さないですね…」と語尾を濁すと、小池「出た!ハイ来た来た!これなんだよ!」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

  • コブクロ、福士蒼汰主演映画の主題歌担当! “元サラリーマン小渕”の書き下ろし

    コブクロ、福士蒼汰主演映画の主題歌担当! “元サラリーマン小渕”の書き下ろし

    映画

     音楽ユニットのコブクロが1年半ぶりに発表するニューシングル「心」が、福士蒼汰の主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の主題歌に決定。自身の経験を基に同曲を書き下ろした小渕健太郎は「『心と生きること』。それが、自分の人生を変えるという事をこの曲を通して、感じてもらえたら嬉しいです」と語っている。@@cutter 本作は、60万部を突破した人気同名小説の映画化。劇中では、ブラック企業で働く青山隆(工藤阿須加)と、青山の命を救った謎の男ヤマモト(福士)が織りなすドラマが、「長時間労働」「パワハラ」「自殺」などの現代的なテーマとともに描かれる。キャストには、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎も名を連ねた。  本作の主題歌となった「心」は、18歳から4年間サラリーマンとして働いた過去がある小渕が、自身の体験を込めて書き下ろした曲だ。「働く事で、自分を知り、楽しい経験も数多く出来ました。しかし、心はボロボロなのに、身体だけで出社している様な日もありました」と当時を述懐する小渕は、「この映画を見て、リアルに思い出した事が沢山ありました。その記憶が突き刺さった場所には、あの頃、うまくコントロール出来なくなっていた『心』がありました」とコメント。「『心と生きること』。それが、自分の人生を変えるという事をこの曲を通して、感じてもらえたら嬉しいです」とも語っている。  小渕の想いが込められた同曲について、主演の福士は「映画を包み込んでくれるような優しい歌で、感動しました。登場人物の心にそっと寄り添うように書かれた詩が演じ手の僕の心にも届き、聴いていて心地よかったです」と絶賛。さらに「この映画を観て、この音楽を聴くと絵と詩が重なり合うと思います」と楽曲の魅力を語っている。  映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は2017年5月27日に全国公開。

  • 沢尻エリカ、4月期ドラマ主演で母親役に

    沢尻エリカ、4月期ドラマで主演 息子を誘拐された女性が“母になる”姿を描く

    エンタメ

     女優の沢尻エリカが、4月スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ『母になる』で主演を務めることがわかった。3歳の息子を誘拐された母を演じる沢尻を中心に、共演の小池栄子と板谷由夏の3人が「母になる…ってどういうこと?」と疑問を抱きながら、「母」として成長する姿を描く。@@cutter 本作は誘拐事件に直面した家族を通して、ある3人の女性が、様々な葛藤に傷つきながらも“母になる”姿を描いた物語。沢尻演じる主人公の柏崎結衣は、3歳の息子の幼稚園の帰り道に誘拐されてしまう。しかし、9年後、ある日突然、13歳になった息子が現れる。果たして、結衣は空白の9年間を埋められるのだろうか…。  共演の小池は、9年間の空白ののち、結衣のもとに戻ってきた息子が母と慕う門倉麻子を、板谷は結衣のママ友で結衣の息子が行方不明になった後も、結衣を励ます西原莉沙子を演じる。  まだ母親というシチュエーションを経験したことがなく、今回のキャスティングに対し不安を感じたという沢尻は、プロデューサーの励ましから「思い切ってぶつかって演じていきたい」と決意し、「難しいテーマも含んでいると思いますが、明るいテンションで臨んで、家族の温かさを伝えていけたらと思っています」と意気込みを見せる。一方で「小池さんとは初共演、板谷さんとは前にもご一緒しているのですが、お二人とも一緒にいてリラックスできるし、あうんの呼吸でお芝居ができそうです」と期待を寄せる。  実生活でも“母”である板谷は、「『お母さんって何だろう?』と、私自身いつも考えていますし、永遠のテーマでもあります」とドラマの本質についても触れ、小池はストーリーに同調しながらも「私自身としては、一人でも産みたいと考えていて、その気持ちが高まっている時期でもあり、母親になる覚悟はできています」と心境を明かした。  新ドラマ『母になる』は、日本テレビ系にて4月より毎週水曜22時放送。

  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』ポスタービジュアル

    福士蒼汰、大阪弁に初挑戦!『ちょっと今から仕事やめてくる』予告編解禁

    映画

     俳優の福士蒼汰が主演を務める人気小説の実写化映画『ちょっと今から仕事やめてくる』にて、初の本編映像となる予告編が解禁。映像中で福士は、初挑戦の大阪弁を披露している。@@cutter 本作の原作は、第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作で、50万部を突破した北川恵海著の同名人気小説。仕事のノルマが厳しく、精神的に追い詰められていた青年・青山隆がある日、疲労のあまり駅で意識を失い倒れるところを、間一髪で“幼馴染み”と名乗る謎の男=ヤマモトが救う。大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせるヤマモトだが、隆にヤマモトの記憶はない。果たしてその男は一体何者なのか…?  監督・脚本は、『八日目の蝉』で第38回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀作品賞を受賞し、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』でも高い評価を受けた成島出が担当し、主演の福士は、謎の男・ヤマモトを演じる。また、青山を演じるのは、ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』『あさが来た』とヒット作に出演し続ける注目の若手俳優・工藤阿須加。  さらに、映画『母と暮らせば』でも第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞受賞、ドラマ『重版出来!』では初の連ドラ主演を務めるなど今最も勢いに乗る女優・黒木華や、映画『八日目の蝉』『草原の椅子』など成島組には欠かせない小池栄子、ドラマ『半沢直樹』や映画『アンフェア the end』など幅広く活躍する俳優・吉田鋼太郎ら、豪華キャストが集結している。  今回、東京出身の福士にとっては難易度の高い大阪弁への挑戦にあたり、漫才コンビ・やすしきよしのDVDや、テレビで関西の芸人を注意して観察することで見事にクリア、その結果を予告映像にて披露している。  『ちょっと今から仕事やめてくる』は、2017年5月27日より全国公開。

  • 映画『彼らが本気で編むときは、』ビジュアル

    生田斗真&桐谷健太が恋人役を演じる『彼らが本気で編むときは、』予告編公開

    映画

     生田斗真と桐谷健太が恋人役を演じることで話題の映画『彼らが本気で編むときは、』より、本編映像が初公開となる予告編が公式サイトにて解禁となった。トランスジェンダーの女性という難役に挑戦した美しい生田の姿や、そんな恋人を支える優しいマキオを演じた桐谷の新しい魅力溢れる映像になっている。@@cutter 本作はトランスジェンダーの女性リンコ(生田)と、彼女のすべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷)、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)の3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描いた作品。『バーバー吉野』『かもめ食堂』『めがね』などを手掛けた荻上直子監督がメガホンをとり、文部科学省の選定作品にも選出されている。  映像では、食卓を彩るリンコの手料理や初めてのキャラ弁、髪を可愛く結んでもらったりと、家庭の温もりと愛情を受け、戸惑いながらも徐々に心を開いていくトモが描かれる。また他にも11月11日に逝去したシンガーのりりィさんをはじめ、ミムラ、小池栄子、門脇麦、田中美佐子ら、豪華女優陣の顔ぶれも見られる。  さらにイメージソングである、ゴスペラーズによるカバーソング「True Colors」も予告編と同時に解禁。1986年にシンディ・ローパーが発表したこの曲は、ビルボード・ホット100で2週間1位を記録、世界中で大ヒットし幅広い世代から愛されている楽曲だ。  また、今まで劇場などに設置されていたポスターやチラシ、公式ウェブサイトで使用されていたキービジュアルは、リンコ役の生田一人が大きく配置され、海辺でひとり佇み目を伏せた意味深な表情が評判を呼んでいたが、今回解禁された新しいキービジュアルは、リンコに加えマキオとトモも登場。まるで「家族」のように寄り添う姿が写し出されている。  『彼らが本気で編むときは、』は2017年2月25日公開。

  • 中村倫也、小池栄子『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』囲み取材にて

    生田斗真、SMAP解散発表で「時が止まった」 事務所先輩への思いを明かす

    エンタメ

     生田斗真が17日、主演舞台『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』の囲み取材に小池栄子、中村倫也、神山智洋(ジャニーズWEST)とともに出席。所属事務所の先輩で、年内解散を発表したSMAPに関して「報道があった日から、なんだか時が止まってしまったような気がしてます」と胸の内を明かした。@@cutter 本作は宮藤官九郎が脚本、いのうえひでのりが演出を手がける劇団☆新感線の新作舞台。平安時代から生き永らえ、愛するかぐや姫を追い求めるヴァンパイアの生き様を描く。  生田が扮するのは、現代でビジュアル系バンドのボーカリストにして1028歳のヴァンパイア。ド派手な衣装で報道陣の前に姿を現した生田は、「エンターテイメンメントの全てが詰まっている。僕も客席から見たい舞台」と自信をみせる。だが、劇中で生バンドの演奏にのせてロックを歌うのは「大変」とのことで、苦労をにじませる。  かぐや姫役の小池は、「座長(生田)が頼もしい。ちょっと転んだだけでものすごい心配してくれる」と話し、「愛されている感じがヒシヒシと感じます」とニコリ。ナメクジ連合のリーダーを演じる中村も「2コしか年齢が変わらないけど、すごい優しくて懐が深い。スターなのにこんなに気を配れて。本当にね……大好きです」と生田を絶賛。また「(生田が)毎日のように肉をおごってくれる」そうだ。  生田は、解散を発表したSMAPについても言及。「僕は事務所の後輩ではあるんですけど、その前にSMAPのファン。すごく残念な気持ちというか、寂しい思いがあります。本当に、報道があった日から、なんだか時が止まってしまったような気がしてます。すこし間が空くと、SMAPのことを考えてしまう日々」と、現在の心境を明かす。  また同グループのメンバーには連絡は取っていないと言い、「SMAPの皆様がいなければ僕はこの仕事をしていないし、ここには本当にいないと思っています。日本の芸能の世界で、前人未到の地に達してる方々。皆さんが下した決断は、僕らには到底理解できない域に達していると思います」と口にした。    『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』は、8月17日から9月18日まで赤坂ACTシアターで上演。その後10月より富山、大阪にて上演。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access