斉藤和義 関連記事

  • 『家売るオンナの逆襲』主題歌を歌う斉藤和義

    北川景子『家売るオンナの逆襲』主題歌は、斉藤和義の書き下ろし!

    エンタメ

     シンガーソングライターの斉藤和義が、2019年1月9日スタートの新ドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の主題歌に、新曲「アレ」を書き下ろし提供することが明らかとなり、斉藤の最新アーティスト写真も解禁となった。@@cutter 2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』の新シリーズとなる本作。物語は、伝説の不動産屋・三軒家万智(北川景子)が、顧客の個人的な悩みや問題に容赦なく関わりながら、人生最大の買い物である家を、型破りな方法で売りまくる姿を描き出す。新シリーズには、万智のライバル役で松田翔太が出演するほか、仲村トオル、工藤阿須加、千葉雄大、イモトアヤコらお馴染みのメンバーも顔をそろえる。  斉藤が日本テレビの水曜ドラマに主題歌を提供するのは2011年10月に放送された『家政婦のミタ』での「やさしくなりたい」以来。斉藤は今回の楽曲について「踊れるコメディも、考えさせられるシリアスも、どちらの要素もあるドラマだと思ったので、そんな曲にしたいと思いました」と楽曲に込めた意図を明かしている。  一方、主演の北川は「斉藤和義さんが主題歌を担当してくださると聞き、とても嬉しかったです。世の中は不条理で、頑張っても報われることばかりではないけれど、それでも生きていくのが人間だ。うまくいくことばかりではないのが人生だ。という、ドラマのテーマにぴったりな歌詞に感動しました。心に響く楽曲でした。ドラマの世界観に合った楽曲を作ってくださり、さらに家売るオンナの逆襲が盛り上がること間違いなしです。楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。  新ドラマ『家売るオンナの逆襲』は、日本テレビ系にて2019年1月9日より毎週水曜22時放送。

  • 映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』初日舞台挨拶にて、有村架純と國村隼

    有村架純、斉藤和義のファンぶりに照れ笑い「光栄です」

    映 画

     女優の有村架純が30日都内で、主演映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の初日舞台挨拶に登壇。有村の大ファンだというミュージシャン・斉藤和義から「たまらないです」などと飾らぬ思いを打ち明けられて、照れ笑いを浮かべていた。@@cutter 本作は、映画「RAILWAYS」シリーズ最新作にして、有村と國村隼のダブル主演作。九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った血のつながりのない三人の家族の再出発を描く。  本イベントには有村や國村の他、桜庭ななみ、歸山竜成、青木崇高、吉田康弘監督が出席した。  鉄道運転士を目指す奥薗晶役の有村は、本作について「家族のあり方って何だろうと考えてもらえる作品。お家に帰ったら、皆さんの大切な人にたくさんの愛情を伝えてほしい」と話した。  晶の義父でベテラン鉄道運転士の奥薗節夫を演じた國村は「私は鹿児島にずっと住んでいる男(の役)だった。ネイティブの鹿児島弁を喋らないといけなかったので、けっこう大変な思いをした」と苦労を語った。  イベント後半には、本作の主題歌「カラー」を手がけた斉藤がサプライズで登場。有村の大ファンだという斉藤は、本人を目の前にして「いやぁもう…うれしいです」と喜び、さらに「たまらないですね」と感無量の様子を見せた。  コンサートで斉藤は、主題歌を担当したもののイベントに呼んでもらえないと愚痴をこぼしていたという。今回、念願叶って「言ってみるもんだなと思った」と笑みをこぼし、有村から「光栄です」と挨拶を受けると「興奮してしまいそう…」と本音をこぼした。  また有村は、斉藤の歌う同曲に関して「素敵。あの歌を聞いた時、阿久根で過ごした時間や風景が蘇ってくる感覚になる」と称賛した。

  • 池田エライザ、『チェリーボーイズ』場面写真

    池田エライザ、瓶ビールをゴクリ 『チェリーボーイズ』男心をつかむ?! 場面写真到着

    映 画

     2月17日に公開を迎える映画『チェリーボーイズ』から、ヒロインを演じた池田エライザの場面写真が到着した。瓶ビールを飲んだり猫を抱き寄せたり、池田の美しい魅力が詰まったシーンを捉えたビジュアルとなっている。@@cutter 古泉智浩による同名コミックを原作とする本作は、とある地方都市を舞台に、国森信一(林遣都)、吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)という、何事にも中途半端な童貞3人組が、自分を変えようと奮闘する姿を描く“性春”コメディ。池田は童貞3人組から脱童貞大作戦のターゲットにされてしまう釈笛子を演じている。  新たに解禁された場面写真では、暑い日差しのなか瓶ビールを飲み干そうと上を向く美しい横顔や、瓶ビールをくわえて車に寄りかかりながら、涼し気な表情を見せる笛子の姿が収められている。さらに、捨て猫を愛おしそうに抱き寄せる様子や、機関銃を両手で持ち激情の表情を見せるシーンも捉えられている。  メガホンを取ったのは、黒澤清や滝田洋二郎らに師事し、本作では自ら原作の実写映画化を熱望して長編映画デビューを飾った西海謙一郎監督。脚本は『アズミ・ハルコは行方不明』『アイスと雨音』などの監督を務め、独特な世界観のクリエイターとして注目を集めている松居大悟が手掛けた。エンディングを飾る主題歌は、斉藤和義と中村達也によるロックユニット、MANNISH BOYSの「GO! GO! Cherry Boy!」だ。  映画『チェリーボーイズ』は2月17日より全国公開。

  • 映画『夜明け告げるルーのうた』

    湯浅政明監督、完全オリジナル劇場アニメ公開決定! 躍動感溢れるPV解禁

    アニメ・コミック

     星野源が主人公の声優を務めることでも大きな話題となった、『夜は短し歩けよ乙女』の公開が4月7日に控えている中、湯浅政明監督によるもう一つのアニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』が、5月19日に公開することが決定。カラフルで躍動感溢れるPVも解禁となった。@@cutter 寂れた漁港の町・日無町に住む中学生の少年・カイと、人魚の少女・ルーが織りなすドラマを描く本作。タイトルにも登場する人魚の少女・ルー役には、ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍する谷花音。ルーと出会い、交流を深めることで次第に心を開いていくカイは、『くちびるに歌を』で 注目を集めた下田翔大が演じる。また、ルーのパパ役を柔道家でありバラエティに引っ張りだこの篠原信一、漁師役に人気絶頂のお笑いコンビ・千鳥の大悟とノブなど、多彩な声優陣が揃った。  谷は「私が演じた人魚・ルーは、天真爛漫で、歌とダンスが大好きなキャラクターです」とキャラクターの魅力を紹介。また、「友達と一緒に力をあわせて、海の仲間を助ける友情もありますし、ルーをはじめ、かわいい海の仲間たちがたくさん登場しますので、ぜひ見てください!」と物語の見どころをアピールしている。  キャラクター原案は『午前3時の無法地帯』などで人気の漫画家・ねむようこが担当。脚本を『けいおん!』シリーズや『ガールズ&パンツァー 劇場版』の吉田玲子が務め、音楽は『思い出のマーニー』『メアリと魔女の花』の村松崇継が手掛ける。また、主題歌には斉藤和義の名曲「歌うたいのバラッド」に決まった。  映画『夜明け告げるルーのうた』は5月19日より全国公開。

  • 尾野真千子が殺人鬼に挑む『フジコ』は11月13日より配信。

    尾野真千子が狂気の殺人鬼に! 大ベストセラー「殺人鬼フジコの衝動」映像化決定

    エンタメ

     映像化不可能とも言われた真梨幸子の50万部を超える大ベストセラー小説「殺人鬼フジコの衝動」がドラマ化され、主演を尾野真千子が務めることがわかった。さらに、主題歌には斉藤和義の「シンデレラ」が決定した。@@cutter 本作は、一家惨殺事件の生き残りの少女フジコが、幸せだけを追い求め、いつしか殺人鬼となっていく姿を描いたミステリー。原作者の真梨は、「後味が悪い、イヤな気分になる」といった不快な読後感から生まれたミステリーの新たなジャンルである「イヤミス」の名手とも呼ばれている。本作も、その衝撃性と猟奇性はいかんなく発揮されており、地上波のみならず映画化すら「絶対不可能」と言われ続けてきた。  そんな本作に挑む尾野は、「最初、台本を読んだ時、『殺人はあってはならない悪いもの』という思いから断りたいと思いました。台本の読後感が『むごい、ひどい、つらい』の三拍子で、とてもひどかったからです」と本音を吐露する。しかしそんな時、脚本の高橋泉が過去に担当した映画『凶悪』を観て「できるかもしれない」との思いから、オファーを受けたという。  そして、「演じていてとても辛かったです。疲労感が凄まじかったです。私にとっては、それだけ全身全霊で入り込めた役ということです。どうなるんだろうと不安が90%でしたが、完成したものを観てみると、人の痛みもわかりますし、響くものがいっぱいあり実は泣けました。やってよかったなとやっと思えた」と作品への思いを語った。  また、本作には谷村美月、丸山智己、リリー・フランキー、浅田美代子、真野響子の出演も決定している。  Huluオリジナル製作の連続ドラマ『フジコ』は、11月13日よりHulu、およびJ:COMで全6話一挙配信。

  • 豪華アーティストと異色の対バンスターを行うPerfume

    Perfume 異色の対バンツアー実現 民生・和義・ホルモン参加

    エンタメ

     人気テクノポップユニットのPerfumeが、自身初となる対バンツアー「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」を開催することを発表した。5月から東京・名古屋・大阪の3か所で行う本ツアーは、メンバーの発案により地域によって異なるアーティストとの対バン形式で行うことになり、斉藤和義、奥田民生、マキシマム ザ ホルモンとの異色コラボが実現する。@@cutter メンバーがリスペクトするアーティストとの夢の対バンツアー、まさにジャンルを超えた異色のラインナップでのライブにPerfumeメンバーは「昔から、対バンするならこの人達!と心に決めていたマキシマム ザ ホルモンさん。レーザービームを厳島神社で唄ってくださった故郷の大先輩、奥田民生さん。一方的にずっと好きだったんだぜぇ~な斉藤和義さん。笑」と豪華対バン相手決定を喜び、「せっかく一緒にやらせていただけるんですから、ここは図々しく、なにかしらコラボレーションもさせていただきたい!と思っています!!」と意気込みを語った。  去年の「JPN」ツアーでは全国各地のアリーナクラスの会場で22公演、延べ20万人を動員しているが、今回の会場は全てライブハウス。国内では2010年のファンクラブツアー以来、一般のライブでは2008年以来となるためチケットはプレミア必至となりそうだ。 「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」公演スケジュール <東京公演> 日程:2013/05/29(水)、30(木) 会場:Zepp DiverCity 出演:Perfume/斉藤和義 <大阪公演> 日程:2013/06/04(火)、05(水) 会場:Zepp Nagoya 出演:Perfume/奥田民生 <名古屋公演> 日程:2013/06/17(月)、18(火) 会場:Zepp Namba 出演:Perfume/マキシマム ザ ホルモン

  • 紅白効果でAKB、金爆、ももくろほか歌唱曲ランク急浮上!

    紅白効果!AKB、金爆、ももクロ、斉藤和義…出場歌手ランキング急浮上

    エンタメ

     大みそか恒例「第63回NHK紅白歌合戦」への出場歌手およびその歌唱曲が、1月14日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2012年12月31日~2013年1月6日)で軒並みランクを上昇させている。@@cutter 紅白では、メドレーで早着替えと二段階一文字を成功させたAKB48は、昨年12月発売で第3回じゃんけん大会で優勝した島崎遥香がセンターの最新シングル「永遠プレッシャー」が前週8位から2位し、10月発売「UZA」が12位から8位に上昇し、2作がTOP10入りした。  また、ももいろクローバーZも昨年11月発売の最新シングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」が10位から6位にアップ。NHKによる東日本大震災復興支援ソングで昨年の紅白の合唱曲にもなった、花は咲くプロジェクトの「花は咲く」(昨年5月発売)は前週20位から発売以来最高の11位を記録。  紅白初出場となった斉藤和義の2011年11月に発売された「やさしくなりたい」は48週ぶりにTOP30内に返り咲き28位。演歌勢では、AKBがバックコーラスで共演した五木ひろしの「夜明けのブルース」が55位から16位に、香西かおりの「酒のやど」が67位から24位と順位を上げた。  毎年マンネリ化や、さらに若者にとっては民放の音楽特番の出演者ラインアップの方が豪華だなどと比較されている紅白だが、後半視聴率が42.5%で昨年の全番組で唯一の40%越えを果たして年間最高視聴率に輝き、こうした出場歌手のランキング効果を考えると、まだまだ紅白は「国民的音楽番組」と言えそうだ。 <紅白効果でランクが上昇した出場歌手と歌唱曲> 2位(8位) AKB48「永遠プレッシャー」 4位(31位) ゴールデンボンバー「女々しくて」 8位(12位) AKB48「UZA」 11位(20位) 花は咲くプロジェクト「花は咲く」 16位(55位) 五木ひろし「夜明けのブルース」 22位(50位) 福山雅治「Beautiful life/GAME」 24位(67位) 香西かおり「酒のやど」 27位(81位) 水森かおり「ひとり長良川」 28位(200位圏外) 斉藤和義「やさしくなりたい」 30位(58位) きゃりーぱみゅぱみゅ「ファッションモンスター」

  • 安室奈美恵「Love Story」が3部門で1位に!

    安室奈美恵「Love Story」が3部門で第1位に!レコチョク年間ランキング2012発表

    エンタメ

     昨年12月1日からの1年間における集計結果をまとめた「レコチョク年間ランキング2012」が4日(火)発表され、安室奈美恵の「Love Story」が3部門で第1位に輝いたことがわかった。@@cutter 今回発表されたのは、2011年12月1日から2012年11月30日の期間、スマートフォン向け音楽ダウンロードストア「レコチョク」や「着うた(R)」「着うたフル(R)」等の主要携帯サイトにおけるランキング結果を集計した「レコチョク年間ランキング 2012」。毎年その年々の流行の色が垣間見えるとあり、話題を集めている。  中でも注目なのが、昨年10月期のフジテレビ系月9ドラマ「私が恋愛できない理由」の主題歌としても大ヒットした安室奈美恵の「Love Story」。世の女性たちから「切ない」「リアル」などと言った共感の声を多く集め、「ダウンロード(シングル)」部門であるレコチョクランキングをはじめ、「着うた(R)」や着信ムービーなど合計3部門において、自身初となる年間第1位を獲得した。  また、先日発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」でも年間大賞を受賞した、人気お笑い芸人・スギちゃんの「ワイルドだろぉ」が、着信ボイス部門でまたまた第1位の栄冠を手に。  その他、アーティストランキングとしては、「ダウンロード(シングル)」部門でAKB48が。「着うた(R)」部門では、西野カナ。新人アーティスト部門では、「ダウンロード(シングル)」「着うた(R)」部門ともに、家入レオが第1位に輝いている。  2012年を振り返るのにふさわしい、様々な音楽ランキングが次々と発表される中、株式会社レコチョクでは12月7日(金)にECサイト「レコチョク shopping」など全公式サイトの年間ランキングTOP100も発表予定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access