ロイ・リー 関連記事

  • 映画『ポラロイド』ポスタービジュアル

    最高の瞬間が最期の1枚に…撮影されたら死ぬ『ポラロイド』公開&予告解禁

    映画

     ホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』プロデューサーのロイ・リーが製作を務め、リブート版『チャイルド・プレイ』(7月19日公開)で監督を務めるラース・クレヴバーグがメガホンをとった、絶望のノンストップ・フォト・ホラー映画『POLAROID(原題)』が、邦題を『ポラロイド』として、7月19日より公開されることが決定。併せて、本予告とポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、ラース監督が手掛けた15分のショートフィルム『POLAROID』(2015)がきっかけで制作がスタート。短編がスペインのトレモリノスファンタスティック映画祭で発表されると、“ポラロイドカメラ”=死の装置となる斬新なアイデアと恐ろしさで、「最優秀ショートホラーフィルム賞」を獲得。ハリウッドの目に留まり、セルフリメイクで、ラース監督にとって初の長編にして、ハリウッドデビュー作『ポラロイド』として新たに製作された。  女子高生のバードは、アンティークショップで偶然、年代モノのポラロイドカメラを手に入れる。シャッターを押せば写真が出てくる、その“新感覚”なカメラに夢中になるのだが、その後、撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げる。それらの死の元凶がこのカメラにあることに気付いたバードだったが、自らも写真に写り込んでいることが発覚し…。  解禁された予告編は、バード(キャサリン・プレスコット)がアンティークショップでポラロイドカメラを見つけたシーンからスタート。友人や密かに思いを寄せるコナー(タイラー・ヤング)たちと楽しい思い出の瞬間を撮り始めるバードだが、後日ポラロイドカメラで撮影した友人の一人が死亡したことが判明。死の連鎖が始まる。その後、被写体の傍に必ず写り込み、死ねば別の被写体に移動する不可解な影を発見する様子や、写真を燃やして処分しようと火をつけると、その写真の被写体の女性にも火がつくシーンも映し出される。  ポスタービジュアルでは、真っ暗な背景の中、ポラロイドカメラと、シャッターを押す手だけが浮かび上がり、その上には「このカメラで撮れば、最高の瞬間が最期の1枚になる。」というコピーが配置されている。ポラロイドからは、血に染まった集合写真が出てきており、彼らに訪れる悪夢を予感させるビジュアルとなっている。  映画『ポラロイド』は7月19日より全国順次公開。

  • ハリウッド版ドラマ『電車男(Train Man)』制作陣、MIPCOMにて

    『電車男』ハリウッドでドラマリメイク決定 エミー賞受賞スタッフら集結

    海外ドラマ

     2005年7月期にフジテレビで放送されたテレビドラマ『電車男』がハリウッドでドラマとしてリメイクされることが決定。日本の地上波放送局が制作したドラマが、ハリウッドでリメイクされるのは今作が初。スタッフ陣には、アメリカ・テレビ界でもっとも権威のあるエミー賞受賞者が集結している。@@cutter テレビドラマ『電車男』は、2004年3月にインターネットの巨大掲示板で生まれた実話を基に、オタク青年と外資系企業OLの出会いと恋を描いたラブストーリー。ヒロインのエルメスこと沙織を女優の伊東美咲が演じ、“電車男”のハンドルネームで、巨大掲示板に恋愛相談を書き綴る青年・剛司役を、俳優の伊藤淳史が務めた。  この『電車男』のハリウッド版・リメイクとなるドラマ『Train Man(原題)』は、アメリカ・グローバルロードテレビジョンが製作。フランス・カンヌで開催中の世界最大のコンテンツ見本市MIPCOMの中で発表された。  ハリウッド版ドラマ『電車男』の制作スタッフ陣には豪華顔ぶれが集結。制作総指揮を務めるのは、エミー賞を受賞したこともある、『HEY! レイモンド』のフィル・ローゼンタール。プロデューサーにはアカデミー作品賞を受賞した映画『ディパーテッド』やハリウッド版『ザ・リング』で製作総指揮を務めたロイ・リー。監督は『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマンが務める。フジテレビからは、コンテンツ事業室の久保田哲史氏が、プロデューサーの一人として参加する。  ハリウッド版リメイクに際して、「電車男」まとめサイト管理人の中の人は「電車男を応援していたネット住人は当時“いったい誰が、アレがあんな怪物にまで成長すると予想できただろうか”と語った。ましてや14年の時を経てハリウッドに進出するなど、微塵も想像しなかったに違いない」とコメントを寄せている。

  • 『トミーノッカーズ』映画版の脚本家が決定(テレビ映画版の場面写真)

    S・キング『トミーノッカーズ』映画化、『エクソシスト』製作者が脚本

    映画

     米ユニバーサル・ピクチャーズが進めているスティーヴン・キング原作のSFホラー『トミーノッカーズ』映画化。海外ドラマ『エクソシスト』シリーズの企画・総指揮を務めたジェレミー・スレイターが脚本を執筆すると、Varietyが報じた。@@cutter 1993年にはテレビ映画化された『トミーノッカーズ』。アメリカの田舎町ヘイヴンを舞台に、元恋人のボビを訪ねてきた主人公ジム・ガードナーが、緑の発光に包まれた町の住民の奇行に気づき真相を突き止めようとする物語だ。テレビ映画版では海外ドラマ『CSI:科学捜査班』の女優マージ・ヘルゲンバーガーがボビ、海外ドラマ『24:レガシー』の俳優ジミー・スミッツがジムを演じた。  スレイターは『トミーノッカーズ』について、「自分のお金で初めて買った本だった。1988年のことで、僕は10歳だった」とツイート。「30年後、『トミーノッカーズ』を映画化するチームのメンバーになれて、興奮しているなんてものではない。しっくりくる…。まるで実家に戻るみたいにね。みんなに早くヘイヴンを訪ねてもらいたい。すごい町だよ。ただ森にだけは行ってはダメだ」とコメントし、作品に携われる喜びと興奮を露わにしている。  映画版はホラー映画『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン監督と、キング原作の大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作ロイ・リーが手がけると報じられている。キャストなどの詳細は続報が待たれるところだ。

  • ゲーム『マインクラフト』のハリウッド実写版は2019年5月に全米公開予定

    人気ゲーム『マインクラフト』実写映画化、2019年5月全米公開決定

    映画

     レゴブロックの世界を描いたヒット映画『LEGO(R)ムービー』のロイ・リー製作、海外ドラマ『フィラデルフィアは今日も晴れ』のロブ・マケルへニーが監督する人気ゲーム『マインクラフト』実写映画版が、2019年5月24日より全米公開されることが決まったという。同ゲームの開発会社Mojangの公式ブログで発表された。@@cutter 2014年頃より米ワーナー・ブラザースで企画が進められていた『マインクラフト』実写版。当初、監督に決まっていた映画『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィが、方向性の違いから監督を降板するなど紆余曲折があったが、昨年7月にマケルへニーの起用が決まった。  ゲーム『マインクラフト』はMojangのサンドボックス型ゲームで、プレイヤーは草原や砂漠、洞窟などにブロックを好きに配置し、自分だけの世界を創造できる。また、モンスターと戦ったり仲間と共同作業を行ったりして、インタラクションを楽しめる。  あらすじやキャストなどの詳細は明らかになっていないが、3D&IMAX作品になるそうだ。公開は数年先の話になるが、十分な時間をかけて素晴らしい作品に仕上げたいという。

  • ステルスアクションシリーズ『Thief』が実写映画化

    スクウェア・エニックス『シーフ』、ハリウッドで実写映画化

    アニメ・コミック

     スクウェア・エニックスの人気ステルスアクションシリーズ『Thief』が、ハリウッドで実写映画化されるという。ジョニー・デップ主演SF映画『トランセンデンス』(14)を製作したストレート・アップ・フィルムズが映画化権を取得したと、DeadlineやThe Hollywood Reporterなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 2009年にスクウェア・エニックスに買収された英アイドス社が開発し、1998年にステレスアクション・ジャンルの先駆けとして最初のシリーズが発表された『Thief』。日本では後進となったが、中世とヴィクトリア朝時代が融合したような街並みの架空の都市「シティ」を舞台に、プレイヤー達はマスターシーフ(盗みの名人)の異名を持つ盗賊「ギャレット」となり、シティに眠る財宝を見つけるミッションに繰り出すという。  映画『トランセンデンス』(14)のケイト・コーエンとマリサ・ポルヴィーノと共に、アニメ『LEGO(R)ムービー』(14)のロイ・リーが製作に名を連ねる。脚本はホラー『JIGSAW デッド・オア・アライブ』(07・未)のアダム・メイソンとサイモン・ボーイズが手掛けるそうだ。  あらすじやキャストは未定。ゲームの方は2014年にリブートされた最新シリーズが発表されており、実写版はその世界観を反映するものになることが予想されるが、今後の展開に注目したい。

  • 「バトル・ロワイアル」はリメイクされるのか?

    「バトル・ロワイアル」ハリウッドリメイク化について「オールド・ボーイ」プロデューサーがコメント

    映画

     ハリウッド版「オールド・ボーイ」のプロデューサーを務めるロイ・リーが、「ポルターガイスト」(82)や「リング」(98)のリブート製作を進行中のようだ。 @@cutter    リーが今一番力を注いでいるという「ポルターガイスト」のリブートについては現在MGMと交渉中で、2012年の完成を予定しているそう。「呪怨」に関しても新バージョンを考えており、数人の脚本家と新バージョンの可能性を話し合ってはいるが、まだ公式には決定してないとのこと。「リング」についても状況はほぼ同じで、第3作目とするかリブートとするか検討している最中なのだとか。  さらに現在、アメリカで好評の「Hunger Games(原題)」が、アメリカ版「バトル・ロワイアル」のお株を奪ってしまったことから、現実的に考えて今後ハリウッドでリメイクされる可能性はないだろうと言及している。  リーはこれまでに「リング」「呪怨」「仄暗い水の底から」「the EYE【アイ】」などJホラーを含むアジアンホラーだけでなく、「猟奇的な彼女」(03)をリメイクした「猟奇的な彼女in NY」(08未)、「インファナル・アフェア」(03)のリメイクでアカデミー賞4部門を制覇した「ディパーテッド」(07)などを手がけている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access