戸田恵子 関連記事

  • 『劇場版 シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』場面写真

    キャッツアイが奇跡の復活! 『劇場版シティーハンター』新予告解禁

    アニメ・コミック

     『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』に、人気漫画&アニメ『キャッツ・アイ』の美人3姉妹「怪盗キャッツアイ」が登場することが明らかになった。このほど解禁された新予告編には、瞳、泪(るい)、愛の3姉妹が、おなじみのメロディー『CAT’S EYE』をバックにレオタードを身にまとい、「久しぶりね」の声とともに新宿の街に再び現れるシーンが映し出されている。@@cutter 本作は、北条司の漫画『シティーハンター』が原作。新宿を舞台にさまざまな依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽りょうの活躍を、時にハードボイルドに、時にコメディチックに描く。りょうは超一流の射撃の腕を持つ裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。相棒の槇村香は、依頼人の女性に手を出そうとするりょうを時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとしてりょうを支え互いに成長していく。原作は1985年「週刊少年ジャンプ」で連載開始され、単行本は世界で累計5000万部を超えるベストセラーに。87年にTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっている。本作はそんな『シティーハンター』の舞台を<現代の新宿>に置き換えた完全新作オリジナルストーリーとなっている、  新予告編にも登場する「怪盗キャッツアイ」の3姉妹は、本作の原作者・北条の連載デビュー作となったラブアクション漫画『キャッツ・アイ』の主人公。同作は1981年の発表以降、漫画、TVアニメともに世界中で大ヒットし、近年もCMやドラマ、コントなどで数多くオマージュされるなど、今なお広い認知度と人気を誇っている。本作では北条のアイデアにより、3姉妹は海坊主と美樹が働く「喫茶キャッツアイ」のオーナーだったという設定。声は次女・瞳が戸田恵子、三女・愛が坂本千夏というオリジナルキャストに、長女・泪役は戸田が1人2役で演じる。  さらに今回の映像では、ゲスト声優・チュートリアルの徳井義実が、超個性的なファッションデザイナー“コニータ”を熱演している場面も映し出されている。  『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』は2月8日より全国公開。

  • 『僕らは奇跡でできている』第8話場面写真

    今夜『僕らは奇跡でできている』高橋一生と戸田恵子の関係が明らかに

    エンタメ

     俳優の高橋一生が生き物のフシギが大好きな大学講師・相河一輝役で主演を務めるドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第8話が今夜放送される。第8話では、一輝の家で20年以上住み込みの家政婦として過ごしてきた山田(戸田恵子)と、一輝の関係が明らかとなる。@@cutter 本作は、大学で動物行動学を教える相河一輝(高橋)が、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲を翻弄しながらも、緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。  予想もしなかった一輝からの「僕は山田さんから生まれたんですよね?」という一言に言葉を失う山田。一輝もまた、そんな山田の様子にどう反応していいのか分からず、眠れない夜を過ごす。翌朝、二人の間には気まずい空気が流れ、会話もままならない。眠れない夜を過ごした一輝は大学の講義にも遅刻し、熊野事務長(阿南健治)から嫌味を言われる。  その後、山田は一輝に「どうして私が産んだと思ったんですか?」と尋ねる。すると一輝は、真実を知ったきっかけと今までそのことを黙っていた意外な理由を明かす。そして一輝も山田に、今まで何も言わず家政婦として働いてきた理由を尋ねるが、山田は「一生、言わないと決めていた」と答えるだけ。一輝に過去について話すか悩んだ山田は鮫島(小林薫)の元へ行くが、鮫島から「本当のことを言っても言わなくても、2人はうまくいかないと思う」と言われてショックを受ける。鮫島の言葉で覚悟を決めた山田はその晩、一輝にすべてを打ち明ける。翌日、一輝はメモを残して姿を消してしまう…。  戸田は「山田さんが一輝にすべてを話すシーンでは、ただまっすぐな気持ちで『その時のことを話そうという時期が来たんだな』という風に思って演じました。山田さんにとって、一輝に告白した時はすごく精一杯の時間だったと思います」と撮影を振り返る。そして「“どんな呼ばれ方をしていても、どんな存在であろうとも、その人がそこに居るっていうことが、一番大事なんだ”ということを、この第8話で一輝が分からせてくれると思います」と見どころを語った。  ドラマ『僕らは奇跡でできている』第8話は、カンテレ・フジテレビ系にて今夜11月27日21時放送。

  • (左から)ムロツヨシ、戸田恵梨香

    俺が君を守るから… 戸田恵梨香、酔ったムロツヨシの意外な一面を暴露

    エンタメ

     女優の戸田恵梨香と俳優のムロツヨシが、18日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系/毎週木曜22時)に出演。ドラマ同様、息の合った掛け合いを展開した。@@cutter 戸田とムロは現在、金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(同系/毎週金曜22時)で恋人役として共演中の仲だ。そんな戸田は以前、サシではないもののムロと飲んだことがあるという。酒の席でのムロがどんな感じなのか聞かれると、「なんかすごいクールな顔をする」と暴露。それに対してムロは「してないよ! してない! してないよ!」「皆さん戸田にダマされないで!」と絶叫で否定。  しかし、意に介さない戸田はさらに、当時のムロの雰囲気について「俺がお前を守るから、みたいな」と明かすと、スタジオからは驚きの声が。この件についてムロは「これからはそういうつもり(恋人役で)でいますよ」と、今回のドラマでの向き合い方を説明しただけと釈明。ムロはよほど心外だったのか「戸田恵梨香は怖い」「何ちょっとそんなトーンで! ダメだよ!」と慌てていた。  番組では、戸田が先日、自身のインスタグラムの投稿を一度全削除したことも話題に。戸田はこの件について「過去のことは必要なくて、今からの私を見てもらいたいと思った」と説明。ここで、削除後に戸田が改めてアップした最初の1枚が、ムロとの2ショット写真だったという噂が浮上。ところが戸田本人は「違う」はあっさり否定。戸田は削除している最中、フォロワーがザワつき始め、さらにネットニュースにまでなり、「ここまで大事にするつもりはなかった」と思った戸田は、とりあえず何か1枚だけ残しておこうと選んだ写真が、たまたまムロとの2ショットだったという。  だが結局、戸田は「ちゃんとファンの方に説明したほうが良さそうだなと感じて、別の写真を載せたんです。その瞬間、ムロさんとの写真を消した」と笑いながら明かし、ムロは軽くショックを受けていた。

  • ドラマ『僕らは奇跡でできている』制作発表にて

    高橋一生、亡き愛犬との秘話を明かし「飼い主は犬に似る」と笑顔

    エンタメ

     俳優の高橋一生が、1日に都内で開催された新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の制作発表に出席した。高橋は自分を動物に例えると「犬」だと答え、亡き愛犬との秘話を明かした。@@cutter 生き物の“フシギ”に夢中な大学講師・相河一輝(高橋)と、彼に翻弄されながら影響を受ける人々の姿を描く本作。制作発表には榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、西畑大吾(ジャニーズJr.)、戸田恵子、小林薫も出席した。  民放のGP帯連続ドラマで初主演を務める高橋は「とても楽しい現場になっているので、きっとこの世界観の面白さみたいなものを、皆さんに共有していただけるかなと思っています」と手ごたえを感じている様子だ。  一輝がマイペースで変わり者であることに絡め、自分だけかもしれないと思う癖があるか聞かれると「入り口に入るときは左足から、出るときは右足から」と回答。「験担ぎなのか分からないですけど、所作として、とても必要なことらしい」と明かした。同じ質問を受けた榮倉は「私、あんまりないんですよね~」と困り顔を見せつつも「ちょっと左足からの、やってみようかなと思います」と白い歯を見せていた。  また、動物をテーマとした作品にちなみ、自身を動物に例えると何だと思うか問われた高橋は「犬だと思います。つい最近まで、犬を飼っていました。ちょっと前に亡くなっちゃったんですけど」とコメント。家に遊びに来た友人から、愛犬と自分が似ていると言われたことを振り返り「『犬は飼い主に似る』なんですけど、『飼い主は犬に似るね』っていうことを言われたことがあって」とにこやかに明かしていた。  『僕らは奇跡でできている』は10月9日より、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時より放送。

  • ドラマ『僕らは奇跡でできている』出演キャスト

    榮倉奈々『僕らは奇跡でできている』出演決定 高橋一生とは初共演

    エンタメ

     俳優の高橋一生が主演する10月スタートのカンテレ・フジテレビ系新ドラマ『僕らは奇跡でできている』に、女優の榮倉奈々の出演が決定。今作で7年ぶりにフジテレビ系連続ドラマにレギュラー出演する榮倉は「皆さまとの共演を今から楽しみにしています」と語っている。@@cutter 本作は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師・一輝(高橋)を主人公に、偏見や先入観にとらわれることのない彼の“毎日を心豊か”に過ごす自由な生き方が、周囲の人々に影響を与えていく姿を描いていく。  榮倉が演じるのは、高橋演じる主人公が通う歯科クリニックの院長・水本育実。若くして院長を務める一方で、真面目で頑張りすぎてしまう性格から周囲との摩擦も生んでしまう。話を聞かなかったり、時間を守らなかったりする一輝に腹を立てながらも、彼の何気ない一言に心を動かされていく。  榮倉は自身の演じる役柄について「人からうらやましがられるようなエリートではありますが、人との関係を築くことに不器用に見えました」と分析。さらに「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました」と語っている。  さらに追加キャストとして、一輝と同じ大学の研究室で働く准教授の樫野木聡役に要潤、一輝の同僚講師でアリを研究する沼袋順平役に「アンジャッシュ」の児嶋一哉をキャスティング。また一輝の祖父で陶芸家の相河義高役に田中泯、一輝の家に住み込みで働く家政婦の山田妙子役に戸田恵子、一輝が勤める大学の学部長・鮫島瞬役を小林薫が演じるなど、実力派俳優が顔をそろえている。  ドラマ『僕らは奇跡でできている』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月より毎週火曜21時放送。

  • 映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』完成披露試写会の様子

    戸田恵子&中尾隆聖、映画『アンパンマン』30周年にしみじみ

    アニメ・コミック

     『それいけ!アンパンマン』劇場版30作目となる『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』の完成披露試写会が10日、都内で開催され、戸田恵子、中尾隆聖、ゲスト声優の杏、アンジャッシュ・渡部建、児嶋一哉らが出席。30周年にちなんで登壇陣の30年前の写真が公開され、劇場を沸かせた。@@cutter 記念すべき30作目の完成に、アンパンマンの声を務めてきた戸田は「みなさまのおかげをもちまして30周年を迎えることができました」と感慨深げ。中尾はこの日も壇上で、ばいきんまんの独特のしゃがれ声を響かせたが、30年前オーディションでこの役を射止めたことを明かし「やなせ(たかし/原作者)先生に『ばいきんまんは、誰もいないなら私がやりたいくらい』と言われて、プレッシャーでした。あの声を作ってしまって苦労してます」と苦笑交じりに語っていた。  戸田と杏は、CMで義理の親子を演じてるが、プライベートでも頻繁に戸田が杏の子どもたちの顔を見に家を訪れるなど、仲が良いそう。この日、登壇陣は約30年前の写真を持ち寄ったが、杏の1~2歳時の写真に戸田は「誰かに似てると思ったら、いまの杏ちゃんの子どもたちにそっくり!」とニッコリ。その杏が演じた、クルンちゃんについて戸田は「身内意識があるので、ドキドキして(完成作を)見ましたが、なんとも自然な声で、クルンちゃんがだんだん杏ちゃんに見えてきて、母のような気持ちで見ていました。クルンちゃんがついにアンパンマンに会えたシーンは感動しました」と“娘”の演技に太鼓判を押した。  中尾は30年前ではなく、15年前の『アンパンマン』メンバーが揃った記念パーティの写真を公開。中尾、戸田に、故やなせ先生、そして昨年、急逝した初代ドキンちゃん役の鶴ひろみさんの姿もあり、中尾は「みんな若い…」と思いにふけると、戸田も「中尾さんの隣が初代ドキンちゃんの鶴さんで。先生も笑顔で…」としみじみと過ぎし日に想いを馳せていた。  最後は、ドリーミングが駆けつけ、主題歌「アンパンマンのマーチ」を観客と一緒に歌って盛り上がった。

  • 『遺留捜査』第5シリーズより

    上川隆也主演『遺留捜査』第5シリーズ決定 新メンバーに梶原善

    エンタメ

     上川隆也が主演を務めるドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)が7月よりスタートすることが決定した。新シリーズからは新たなメンバーを迎え、上川演じる主人公・糸村聡がさらなる難事件に挑む。@@cutter 本作は、遺留品に込められた最後のメッセージに耳を傾け、被害者の想いと事件の真相に迫る刑事・糸村聡(上川)の活躍を描くサスペンスドラマ。昨年7月に放送された第4シリーズから一年、難事件を鮮やかに処理することから“火消し”と呼ばれる京都府警“特別捜査対策室”、通称“特対”に、捜査一課から引き抜かれた新メンバー・岩田信之が加入する。  猪突猛進タイプでプライドの高い岩田を演じるのは、確かな演技力に定評がある梶原善。栗山千明、戸田恵子、永井大ら、前シリーズの特対メンバーが再集結するほか、第1シリーズからレギュラー出演してきた甲本雅裕も引き続き登板する。  主演の上川は「『遺留捜査』という少し変わった刑事ドラマが、これまで続いてきた事が、既に希有な事だと思います。それがさらに一つシーズンを重ねる事ができる。やはり、有り難い以外の何物でも無いと思います」と、喜びを明かす。「これまでと変わることのない『遺留捜査』と、ほんのちょっと変わった『遺留捜査』。この物語はシーズンの毎に、こんな不思議な幕の開け方をしてきました。今回も、『変わらないけれど変わった遺留捜査』が5回目のシーズンを迎えますが、皆様はどうぞ変わらず、お楽しみ下さい」とメッセージを寄せた。  一方新メンバーの岩田を演じる梶原は「この『遺留捜査』は大人気シリーズで個性あふれるメンバーがそろう上、京都での撮影とあって、楽しみで仕方ないですね。僕は、寒い冬の京都より、夏の京都が大好き。空いてる時間は、町をプラプラするのが楽しみです」と撮影に期待を寄せる。また「上川さんとは約10年ぶりの共演ですが、その10年間の空白を少しずつ埋めていきたいと思います。新参者ですが、素早くチームに溶けこめるようがんばります」と意気込みを語っている。  ドラマ『遺留捜査』はテレビ朝日系にて、7月より毎週木曜20時放送。

  • 三谷幸喜作舞台『ショーガール Vol.2~告白しちゃいなよ、you~』決定! 日替わりゲストも発表

    三谷幸喜作舞台『ショーガール』上演! 日替わりゲストに長澤まさみ&斉藤由貴ら登場

    エンタメ

     三谷幸喜が手掛ける舞台『ショーガール』が、来年1月8日から1月14日まで上演することが決定。キャストに川平慈英とシルビア・グラブを迎えると共に、日替わりゲストとして、長澤まさみ、高嶋政宏、草刈正雄、斉藤由貴、新納慎也、中川晃教、竹内結子、戸田恵子、そして三谷自身が出演することも明らかになった。@@cutter 本作は、1974年から1988年まで、福田陽一郎の脚本・構成・演出のもと、木の実ナナと細川俊之の出演でPARCO劇場にてシリーズ上演された『ショーガール』に影響を受けた三谷が、ショートミュージカルとショータイムで構成する舞台作品。  今回が3度目の上演で、新作のショートミュージカルは「深夜の告白」。前回に続き、三谷が大人の「恋」をオシャレに書き綴る一方、ショータイムでは誰もが聞いたことのあるポピュラー・ナンバーを、圧倒的な歌唱力を持つ川平とシルビアが歌い上げる。  パルコ・ミュージック・ステージ KOKI MITANI’S SHOW GIRL『ショーガール Vol.2~告白しちゃいなよ、you~』 は、東京・EX シアター六本木にて2018年1月8日から1月14日まで上演。

  • 上川隆也、『遺留捜査』の制作記者会見に登壇

    上川隆也、『遺留捜査』糸村の姿で登場「新しさと変わらないところ両方を楽しんで」

    エンタメ

     俳優の上川隆也が、5日に都内で行われた新ドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の制作発表会見に登場。この日は七夕前ということでキャストたちは色とりどりの浴衣姿で登壇するなか、上川は役柄スーツに鞄を斜め掛けした糸村の衣装で姿を見せた。@@cutter 本作は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁することで事件を解決するだけでなく、遺族の心情をも救う刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く第4シーズン。  糸村は警視庁月島中央署から、強行犯捜査を担う京都府警捜査一課の中にあって、特殊な事情のある案件に優先的に投入されるチーム“特別捜査対策室”、通称“特対”に着任し、様々な事件を解決していく。  上川は今回の見どころとして「舞台が京都に変わったうえで、それでも遺留捜査という変わらないものを進めていく。新しさと変わらないところの両方を楽しんでいただければと思います」と語る上川はキャストの中で唯一、役柄の糸村の衣装で登場。「変わらないものの象徴で」と微笑んだ。  七夕前ということで、登壇キャスト全員が短冊に願いごとを記入する場面も。上川が書いたのは“適度な暑さ及び降雨”で、「京都でのロケがスムーズに進み、かつ快適にみなさんが撮影に臨むことができるようにと願って」との思いとのことだ。  キャストたちが遺留捜査と同様にこだわりのあるものについて問われると、上川は「愛犬の健康です。メスなんですけど、彼女がいないと僕の毎日はもう立ちゆかないので」と熱く語った。  また栗山千明は「私は洋服などについているタグがないと眠れないタイプでして、そのタグにもこだわりがあって、硬めのアメリカ製のタグを触りながら就寝するのが日常です」とかなりマニアックな答えをし、周りを驚かせると、段田安則は「栗山さんのタグになりたい」と話し、笑いを誘った。なお記者会見には永井大、甲本雅裕、戸田恵子も登壇した。  ドラマ『遺留捜査』第4シーズンは、テレビ朝日系にて7月13日より毎週木曜20時から放送。

  • 清水富美加×松井玲奈『笑う招き猫』、豪華キャスト&予告編解禁!

    清水富美加×松井玲奈『笑う招き猫』、豪華キャスト&予告編解禁!

    映 画

     清水富美加と松井玲奈が漫才コンビ役に初挑戦した青春映画『笑う招き猫』から、ポスタービジュアルと出演者情報、予告編が解禁。清水と松井が漫才の練習をする姿や、ケンカをしている様子が一部明らかになった。@@cutter 第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久による同名小説の実写版である本作は、若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」が、お笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも、固く結ばれた女の友情のもと、夢を追いかける姿を描く。解禁となったポスタービジュアルに収められているのは、主人公のヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)が、青空のもと、お互いに笑顔でたたずんでいる姿だ。漫才の練習中なのか、二人の間にはマイクに見立てた木の枝が置かれている。  また、追加の出演者情報も解禁。アカコの幼馴染みとして落合モトキや荒井敦史ら若手注目俳優が出演し、アカコとヒトミの大学時代の先輩・和田として浜野謙太、友人の土井として前野朋哉ら個性派俳優も参戦。そして、アカコとヒトミが所属するお笑い事務所のマネージャー永吉役には、芸人から俳優まで幅広い活躍を見せる角田晃広(東京03)がふんする。さらに、アカコとヒトミの事務所の社長岩倉役に岩松了、ヒトミをいつも優しく見守る父親と母親役で菅原大吉と戸田恵子といったベテラン陣も脇を固める。  予告編には、アカコとヒトミのリアルなケンカの様子が収められているほか、衝突を繰り返しながらも、周囲の人たちとの関わりの中で成長していく二人の姿が、Mrs.GREEN APPLEの主題歌と共に爽やかに描かれている。併せて公開となったドラマ版の予告では、映画版とは一味違う、2 人が様々な事にチャレンジする様が面白おかしく描かれているので、こちらも要チェックだ。  映画『笑う招き猫』は4月29日新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。ドラマ『笑う招き猫』(全4話)は、MBSにて3月19日より毎週日曜日24時50分~ただし、初回は25時05分~、TBSにて3月 21日より毎週火曜日25時28分~ただし、初回は25時45分~。さらに、Amazon プライム・ビデオにて、3月22日水曜日より独占配信決定。

  • NHK連続ドラマで初主演を務める、瀬戸康史

    瀬戸康史、NHK連続ドラマ初主演!『幕末グルメ ブシメシ!』で草刈正雄&娘の共演も

    エンタメ

     俳優の瀬戸康史が、来年1月より放送のNHKドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』に主演を務めることがわかった。本作は、土山しげるによるコミック「勤番グルメ ブシメシ!」原作による幕末人情グルメドラマ。キャストは、同局の連続ドラマとして初主演となる瀬戸、共演には『真田丸』後、初のドラマ出演となる草刈正雄、田中圭、平田満らが発表された。@@cutter 『幕末グルメ ブシメシ!』、マイペースで気の弱~い勤番武士・酒田伴四郎(瀬戸)が、妻が荷籠に忍ばせた“献立”を使いながら、周囲の人々の悩みごとを解決する姿を描く、一話完結のほのぼの時代劇。キャストには、酒井若菜、三吉彩花、戸田恵子、徳井優、ほか草刈の娘・草刈麻有も名を連ねており、草刈親子の共演作としても注目を集めそうだ。  第1回では、伴四郎の叔父・平三(平田)が、出世のために殿(草刈正雄)に献上した干物を巡って騒動がぼっ発。 事態を収拾するため、なぜか伴四郎が殿のために料理を作ることになるのだが、伴四郎は料理が大の苦手。そんな夫のピンチを、愛する妻(三吉)の献立が救うことになるが…。  撮影は今年12月より、栃木県日光市ほかで行われる予定。演出は、山内宗信、金澤友也、雫石瑞穂が手掛け、脚本は櫻井剛が、音楽は辻陽が担当する。  ドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』(全8回)は、2017年1月10日~2月28日まで、BSプレミアムにて毎週火曜23時15分~23時44分に放送。

  • 舞台『不信~彼女が嘘をつく理由』に出演する、段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子

    三谷幸喜舞台『不信』上演決定 段田安則、優香ら4人で「嘘」が巻き起こす悲喜劇

    エンタメ

     2016年の話題をさらっている大河ドラマ『真田丸』の脚本を担当している作家・三谷幸喜の新作書き下ろしによる舞台『不信~彼女が嘘をつく理由』が、2017年3月に上演されることが決定した。キャストには段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子らが名を連ねている。@@cutter 数々の名作を生み出した三谷が、今回描く新作は「嘘」からはじまるサスペンス。ひとつの小さな嘘が、さらなる嘘を引き起こし、坂道を転がるように暴走を始めてしまう嘘。その結末は、誰も予想できない…。三谷は、密接な空間で緻密に計算されたサスペンスを描き出す。  出演は『ホロヴィッツとの対話』『国民の映画』で、その存在を常に解き放つ段田、『酒と泪とジキルとハイド』で初舞台を踏み、三谷作品2本目にして2度目の舞台出演の優香、現在放送中のNHK大河ドラマで草刈正雄演じる真田昌幸の弟・真田信尹を、その眼力とクールな面立ちで演じている栗原が初参加。そして戸田が久しぶりに三谷幸喜の舞台に戻ってくる。  今回の出演に関し段田は「僕にとっての三谷作品の魅力は、どの役も多面的に、そしてとても丁寧に描いているというところの面白さだと思います」とコメント。優香は「三谷さんからは『劇中で優香さんの驚く顔が沢山見たい』と言われました。どこまで出来るか分かりませんが、精一杯、驚く顔を皆さんにお見せ出来ればなと思います」と演技への意気込みを見せている。  また三谷作品初登場となる栗原は「今はまだ共演者の皆さんときちんとお話し出来ていないのですが、これからコミュニケーションを沢山重ねていきたいですね」と作品への参加を楽しみにしている様子。戸田も「段田さん以外の方は舞台では初共演です。4人という少ない人数のお芝居は、お互い身近に感じられ親密に稽古が出来ると思います」と期待を膨らませている。  狂言・虚言が巻き起こす悲喜劇、舞台『不信~彼女が嘘をつく理由』は2017年3月7日~4月30日に東京芸術劇場シアターイーストにて上演。

  • 戸田恵子、ミュージカル『わがまま』で“8歳”役に挑戦

    戸田恵子、舞台で“8歳少女”に変身 「色々ありまして…」“5歳の弟”と兼役

    エンタメ

     女優・声優の戸田恵子が21日、自身のブログにて「色々ありまして、8歳の役をやってます。(笑)」というコメントと共に、“8歳”役の写真を公開。この役は、戸田と渡辺えりがW主演を務めるミュージカル『わがまま』での役衣装とのことだ。@@cutter 戸田は「昨日、『わがまま』東京公演初日が開きました。一昨日のゲネプロからの昨日は2ステージ!全身、ぐったりんこになりまして、帰宅してマッサージを受けて撃沈でした」と疲労困憊な様子を語りつつ、“8歳”姿の写真を投稿。  「色々ありまして、8歳の役をやってます。(笑)追い追い、5歳の弟も紹介します。あっ、全部わたしがやってるんです。観ないと理由は分かりませんよね。すみません!」と、弟の存在も明かした。  ブログを読んだファンからは「すいません、今年初の大爆笑でした…笑」「可愛いじゃないの~」「おねーさま可愛すぎます!」「5歳の弟さん楽しみにしています」といった声や、「8歳、5歳、赤ん坊の3役同時に使い分け素晴らしかった!」「ホントに昨日は感動しました。とても一言では言い表せませんが、涙あり笑いありのとってもいいお話でした」など、観劇の感想も届いている。

  • 『嵐が丘』DVDジャケット。

    結婚した堀北真希&山本耕史による壮大な“愛”の物語 名作舞台『嵐が丘』がDVD化

    エンタメ

     昨年結婚した女優・堀北真希と俳優の山本耕史。2人が結婚に至るきっかけとなった作品としても注目された舞台『嵐が丘』がブルーレイ&DVDとして登場。不朽の名作が新たな魅力をもって生まれ変わっている。@@cutter エミリー・ブロンテがその30年という短い生涯で唯一執筆した小説『嵐が丘』。19世紀、イングランド北部ヨークシャーの荒野に建つ“嵐が丘”という名の屋敷を舞台に、キャサリンと孤児・ヒースクリフの激烈な、そして不滅の愛を描き出した壮大な愛の物語。“世界の十大小説”のひとつと謳われるなど全世界で読み継がれ、刊行から150年以上の時空を超えていまなお輝き続ける永遠の名作だ。  本作で、愛に燃える主人公・キャサリンを演じたのは堀北。不朽の名作に、情熱的な新たなヒロイン像を作り出した。愛ゆえに復讐心に駆られるヒースクリフ役には山本。ほかにも戸田恵子ら充実のキャストが揃い、脚本・演出のG2による新たな『嵐が丘』の世界が展開される。  本作は、2015年5月に東京・日生劇場で上演された。ブルーレイ&DVDの映像特典として堀北のインタビューが収録されているのも注目だ。『嵐が丘』ブルーレイ&DVDは3月16日発売。ブルーレイ1枚組6800円(税別)、DVD1枚組5800円(税別)。

  • 『X‐ファイル 2016』公開アフレコの様子

    風間杜夫&戸田恵子、『X‐ファイル』13年ぶりコンビ復活もブランク感じず 

    海外ドラマ

     人気海外ドラマ待望の新作『X‐ファイル 2016』が、今夏日本で映像ソフトとしてリリースされる。それを記念した公開アフレコイベントが23日、都内にて行われ、主人公・モルダーとスカリーの吹き替えを担当した風間杜夫と戸田恵子が参加。落語経験もある風間は、落語とアフレコの共通点を問われたあと、関連付けて桂文枝の不倫騒動にも話を向けられたが、「知らない」と一言だった。@@cutter 世界中にオカルトブームを巻き起こし、日本での海外ドラマ人気の先駆け的存在となった『X‐ファイル』が新シリーズとなって遂に復活。それに伴い、テレビ放送時の声優として、今も深い印象を多くのファンに残している風間杜夫、戸田恵子の名コンビも13年ぶりに復活することになった。風間は「前シリーズの頃は初心者。でもこれだけ長く続いたので、今は私も声優気取り。余裕が出てきて楽しんでいます」と笑い、戸田は「本当に久しぶりですが、映像を見るとすっと中に入れる」と、ブランクは感じていないようだ。  新シリーズの映像を目にした風間は、モルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニーに対して「老けたなと思いつつ、俺も老けたなと(笑)。今や孫に囲まれる人生になりました」と苦笑いするが、戸田は「風間さんはいつお会いしても変わらない、若くて。そこが“超常現象”だなと思います」と作品に関連付いたフォローをし、笑いを誘っていた。  新シリーズは、完全オリジナルとなるストーリー6話で構成され、モルダーとスカリー役はデヴィッド・ドゥカヴニー、ジリアン・アンダーソンが演じる。物語はモルダーとスカリーが外国人拉致被害事件の容疑者を追うところからスタート。陰謀、未確認飛行物体、念動力、拉致、異星人、オカルト、未確認生物、都市伝説、超自然現象、神話などのテーマが網羅されている。  『X‐ファイル 2016』は今夏、デジタル配信、ブルーレイ&DVDリリース予定。

  • 月9ドラマ『5→9』で共演した恒松祐里・石原さとみ・戸田恵子

    戸田恵子、『5→9』娘役・石原さとみと再会 母娘3人が揃ってディナー

    エンタメ

     石原さとみ、山下智久の共演で昨年放送された月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』。本作で石原演じる桜庭潤子の母親役を演じた女優の戸田恵子が20日、石原、そしてその妹役の恒松祐里との久々の再会をブログで明かした。@@cutter 戸田は「一昨日、石原さとみちゃんに用があって連絡してたら『今夜、空いてますかー?』って」と石原からの誘いで、フードコーディネーター住川啓子氏の自宅でディナーをしたそう。  また「約束よりちょっと遅れて着いたら『お母さん!お母さん!』と娘2人が出迎えてくれました」とドラマが終了した後も続く、“母娘”の仲睦まじい雰囲気を綴り、「めっちゃ楽しかった」と振り返った。  3人揃ってのほほえましい写真に「大好きな3人です!また見れて嬉しい」「親子3ショット微笑ましい」「豪華な食事に豪華なメンバーだこと」「3人とも美人さんでブログみてなんだか幸せな気持ちに」と、ファンからコメントが寄せられた。

  • 『5→9~私に恋したお坊さん~』で共演した石原さとみと別れを惜しむ戸田恵子

    戸田恵子、“娘”石原さとみと別れ惜しむ『5→9』オールアップ

    エンタメ

     フジテレビ系列で現在放送中のドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』に出演している女優の戸田恵子が5日、自身のブログにて同作の撮影が一足早くオールアップしたことを報告。石原さとみほか、共演者との写真を公開し、撮影が終わり名残惜しい気持ちであることを明かしている。@@cutter ブログでは、ドラマで家族として共演している石原と上島竜平、恒松祐里それぞれとのツーショットと家族写真などを公開。石原について戸田は「さとみちゃんは、お洒落さんで可愛いです。そしてガッツがある。皆んなを気遣い、月9主演女優に相応しい!!大好きになりました」と、その魅力を絶賛。また「潤子(石原のドラマでの役柄)と別れるのも淋しいな」コメントをしている。  同ブログには「オールアップおめでとうございます」「戸田さんの お母さん役が、本当、もう第一話から明るくて楽しくて。見ていて元気をもらいました」「お身体お気を付けて、年末乗り切って下さい。」「撮影お疲れさまでした。そして次に向けて頑張ってください」と、戸田をねぎらう声が多く寄せられた。

  • 鬼太郎声優・戸田恵子、水木しげるさんとの思い出明かす

    水木しげるさん「貴女らしく頑張って」 鬼太郎役・戸田恵子に贈った言葉

    アニメ・コミック

     アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』で主人公・鬼太郎役を務めた声優の戸田恵子が、同アニメの原作者である水木しげるさんの訃報を受け、思い出をブログに綴った。同役に決まった当時の心境や、水木さんにかけてもらった優しい言葉を振り返っている。@@cutter 1985年スタートの第3シリーズおよび劇場版で鬼太郎役を務めた戸田は「私が『ゲゲゲの鬼太郎』の3代目鬼太郎の声を演じられた事は大変、光栄なことでした。1、2代目の野沢雅子さんのすぐ後を務めたわけで、当然プレッシャーもありました」と当時を振り返る。  そんな中、水木さんと会ったそうで、「当時プレッシャーいっぱいの私に、優しく静かに、貴女らしく頑張ってくださいと励ましのお言葉を頂きました」とエピソードを明かし「結果、私らしく出来たのかどうかは分かりませんが、私にとってはとても勉強になった鬼太郎でした」と、鬼太郎役は貴重な経験となったようだ。  「天国で、目玉おやじの声・田の中勇さんや、主題歌をお歌いになった熊倉一雄さんが、ビックリされてますね…」と思いを巡らせ、「一緒に想い出話をされてください。(アンパンマン作者の)やなせ先生もいらっしゃいます。ご冥福、心よりお祈りいたします」と哀悼の意を表した。  水木さんは1922年生まれ。『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』を発表し、妖怪漫画の第一人者として知られるようになる。享年93歳。

  • 『まれ』横浜編出演者&ナレーション決定!

    柳楽優弥、『まれ』で土屋太鳳と恋の予感!?「横浜編」キャスト&語り発表

    エンタメ

     土屋太鳳主演で3月30日からスタートするNHK連続テレビ小説『まれ』。このたび、3週目より放送される「横浜編」の出演者が発表され、俳優の柳楽優弥、小日向文世、りょうなど7名が名を連ねたほか、戸田恵子が語りを、音楽をドラマや映画で活躍する作曲家・澤野弘之が担当することがわかった。@@cutter “世界一のパティシエになる”という夢を持ったヒロイン・津村希(土屋)は、修業のため、能登から横浜に移り住む。その修行先のフランス菓子店「マシェリシュシュ」のパティシエで、菓子のことになると他は何も目に入らなくなる変人・池畑大悟を小日向文世が、大悟の妻にして中国料理店「天中殺」のオーナー・輪子をりょうが演じる。  そして、その息子で定職に就かず遊んで暮らす生活を送る男・大輔役に柳楽が。スローライフを愛し、希から聞いた能登に興味を持つ一方、希自身にも興味を持ち、近づいていく。また、大輔の妹・美南役に『家族狩り』の演技で注目を集めた女優・中村ゆりかのほか、鈴木拓(ドランクドラゴン)、柊子、孫成順ら個性派が肩を並べる。  希のそばに常にある魔女姫人形の声として登場し、語りを担当する戸田は初めての朝ドラナレーションに「何だか自分が映る以上に大役を仰せつかった気分」と心境を語り「どんなナレーションになるのか自分でも楽しみです」と収録に期待を寄せている。    NHK連続テレビ小説『まれ』は3月30日より放送スタート。

  • 米倉涼子が“マル暴の女刑事”役に挑戦

    米倉涼子、“マル暴女刑事”に!ミニスカート、チャイナドレス姿も披露

    エンタメ

     深町秋生の人気小説「アウトバーン」を原作としたスペシャルドラマ『アウトバーン~組織犯罪対策課 八神瑛子~』の放送が決定。米倉涼子が、世界一ファッショナブルで、世界一アウトサイダーな刑事を演じる。@@cutter 数多くの刑事ドラマが存在する中、本ドラマは捜査一課でもなく、科捜研でもなく、組織犯罪対策課の刑事。いわゆる「マル暴の女刑事」ドラマ。  主人公を演じるのは、ヒットドラマへの出演が相次ぐ米倉涼子。美しくファッショナブルな容姿からは想像でもできないほど武道にたけており、天性の“人たらし”を武器に正義を貫く女刑事を演じる。劇中では“カメレオン”ぶりも話題になること必至。マフィア、暴力団、同僚など、相手によってキャラクターを変えるほか、ドレス、ミニスカート、チャイナ服を身に着け、抜群のプロポーションを惜しげもなく披露する。  「主人公・八神瑛子という人物と米倉涼子さんのコラボにより、前代未聞の女刑事ドラマを誕生させられると確信しています」と語るのは栗原美和子プロデューサー。「マル暴ならではの破天荒な女刑事と、それを取り巻く個性豊かな俳優陣。見応えあるエンターテインメントドラマが仕上がること間違いなしです!」と意気込む。  前例のない“マル暴の女刑事”という新キャラクターに挑戦する米倉は、「私も(役に)負けないようにC.S.B(Cool・Strong・Beauty)な八神瑛子を楽しみながら演じていきたいと思います!」と意欲を見せる。  共演は渡部篤郎、西田敏行、陣内孝則、斎藤工、戸田恵子、寺島進、青柳翔、西村雅彦、宮川一郎太といった豪華な面々。  スペシャルドラマ企画『アウトバーン~組織犯罪対策課 八神瑛子~』(仮)は、フジテレビ系にて今夏放送予定。

  • 「第八回声優アワード」受賞メンバー

    梶裕貴「魂込めて、心臓捧げて頑張っていきたい」声優アワード2年連続主演男優賞

    アニメ・コミック

     「第八回声優アワード」授賞式が1日、都内にて行われ、同賞初となる2年連続主演男優賞を受賞した梶裕貴をはじめ、歌唱賞受賞の宮野真守、特別賞を受賞した『それいけ!アンパンマン』の戸田恵子、中尾隆聖ほか受賞者が一堂に会した。@@cutter 「声優アワード」は、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な「声優を対象とするアワード」として2006年に創設。日本音声製作者連盟、KADOKAWA、文化放送、小学館、小学館集英社プロダクション、アーイメージがアニメ業界各社と協力し、声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優地位の向上に寄与することを目的としている。  2年連続で主演男優賞受賞となった梶は、昨年の初受賞時を振り返り「また、このような賞を頂くのは難しいかもしれないと思っていました」と語る。また、2013年は“縁”というものの大きさを感じた1年だったと話す。「これからも一つ一つの作品、役との出会いを大切に、新しく出会う共演者の方、スタッフの方、応援してくれるみなさんとの出会い、すべてを大切にして一人の役者として精進していきたいと思います。魂込めて、心臓捧げて頑張っていきたいと思います」と決意を新たにした。  特別賞『それいけ!アンパンマン』から、代表として授賞式に登壇したアンパンマン役の戸田は「昨年10月に、やなせたかし先生がサッとマントをつけて、天国へパトロールに行ってしまいました」と“アンパンマン”の生みの親らしい例えを用い、やなせ先生に思いを馳せる。さらに、やなせ先生が天国へと旅立ち、日の浅い頃は、その喪失感があまりにも大きく正直やる気が出なかったと当時の思いを口にする。だが、そんな当時の戸田の気持ちとは裏腹に、アンパンマンをキラキラした瞳で見つめる子どもたちの姿に接し、気持ちに変化が生まれたとも明かした。「私達一人ひとりは小さい傘しかさせませんが、声優チーム、スタッフとつなげて、(やなせ)先生のような大きな傘になるように、これから頑張っていきたいと思います」と思いを定めた。 ■第八回声優アワード受賞者一覧 主演男優賞:梶裕貴 主演女優賞:佐藤利奈 助演男優賞:細谷佳正 助演女優賞:石川由依 新人男優賞:石川界人/山下大輝 新人女優賞:内田真礼 歌唱賞:宮野真守 最多得票賞:神谷浩史 特別功労賞:内海賢二/来宮良子 功労賞:キートン山田/納谷六朗 シナジー賞:『ガールズ&パンツァー』渕上舞 富山敬賞:三木眞一郎 高橋和枝賞:三石琴乃 キッズ・ファミリー賞:比嘉久美子 特別賞:戸田恵子/中尾隆聖 パーソナリティ賞:授賞条件を満たす方が不在のため、該当者なしとなりました

  • 豪華絢爛の女優たち

    前代未聞のあいうえお順!?最年少は鼻血を出した?豪華絢爛過ぎる舞台「8人の女たち」

    エンタメ

      この冬、話題をさらうこと間違いなしの豪華女優陣8人が共演する舞台「8人の女たち」の製作発表が都内にて開かれ、演出のG2、浅野温子、荻野目慶子、加賀まりこ、大地真央、戸田恵子、マイコ、牧瀬里穂、南沢奈央が一同に会した。 @@cutter  「8人の女たち」は、フランス戯曲「Huit Femmes(8人の女たち)」が原作であり、02年に公開された映画版ではベルリン映画祭において8人の女優全員が銀熊賞を獲得したという名作。本舞台では、豪華女優陣8人のほかに、近年、良質な舞台を数多く手掛けているG2が演出するというところも見どころのひとつとなっている。  豪華絢爛の女優たちが一同に会した本舞台、誰が主役でもない、誰もが主役となる内容から業界では前代未聞の五十音順で出演者表記されており、本舞台の豪華さをうかがい知ることができる。  だが、やはり気になるところはやはり8人の女たちの関係。浅野が語った出演経緯「加賀まりこさんが出ているのでやります」と言ったことから端を発し、出演依頼理由を「怪しいから!」の一言だったと暴露した荻野目、「まさかこんな大きな娘2人(大地と戸田)がいる役を演じるとは思いませんでした」と若干怒り気味(?)の加賀など製作発表の場であるにも関わらず思い思いの発言をする大女優たち。  一方、牧瀬はそんな思い思いの発言をする先輩女優たちを前に「(全員と顔合わせして)こんなに不安な気持ちで大丈夫かなと。でも今はやらない後悔より、体当たりでぶつかってコナゴナに散るほうがいいやと思ってます」と語る。  また8人の中で最年少である南沢は、なんとあまりの緊張で朝、鼻血が出たと言い「デビュー当時の緊張感というかそれくらい緊張していて…。寝坊して出れなかったという夢も見て、早く起きちゃったり…」と本音を語った。  舞台「8人の女たち」は2011年12月9日(金)~25日(日)までル テアトル銀座にて公演

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access