藤井美菜 関連記事

  • 映画『潤一』公開記念舞台挨拶にて

    志尊淳、ヌード初挑戦『潤一』劇場公開に「実現して幸せ」

    映画

     俳優の志尊淳が、4日、都内で行われた映画『潤一』の公開記念舞台挨拶に出席。志尊は初めてヌードに挑戦するなど新境地となる本作の撮影時、共演者とのコミュニケーションが少なくなるほど役に入り込んでいたことを明かした。@@cutter 同作は是枝裕和氏を中心に設立された制作者集団『分福』が手がけるプロジェクトで、井上荒野氏の連作短編集が原作。日本解禁前にも関わらず、フランス・カンヌの国際ドラマの祭典『カンヌシリーズ』のコンペティション部門に出品されるなど注目を集めている。志尊演じる青年・潤一と、様々な背景を持った6人の女性との刹那の愛を描いた作品。  舞台挨拶には志尊の他に藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  当初は放送と配信のみの予定だったが、カンヌでの高い評価を受けて映画館での上映が決まった本作。志尊は「ドラマとはいえど短編映画のように撮ってらっしゃって。いつか映画館でかけられたらいいねって話をしていたので実現して幸せですね」と胸を張った。  潤一を演じるためにキャスト陣とはあまりコミュニケーションをとっていなかったという志尊。「情ってものを感じたくなくて」と説明すると、それを聞いた夏帆は「今日はよくしゃべってるなあって。撮影のときと今じゃ全然イメージが違う」とコメント。  夏帆との共演シーンについて志尊は「夏帆さんとは一番最初に会ったシーンは衝撃的なシーンで。『はじめまして。よろしくお願いします』って言った10分後には『うわ~』みたいな(笑)不思議な空間でしたね」とエピソードを語り、会場を笑わせた。  最後に志尊は「この作品をこのように観てくださいって想いは僕には一切なく、みなさんが感じ取ったそのままの気持ちで感じ取ったものを楽しんでいただけたらと思います」とアピールした。  映画『潤一』は14日より丸の内ピカデリーにて1週間限定上映。ドラマ『潤一』は関西テレビにて7月12日より毎週金曜25時55分放送。日本映画専門チャンネルにて7月13日より毎週土曜23時放送。

  • 映画『潤一』メインカット

    志尊淳が6人の女優とセクシーに絡み合う 『潤一』予告編&場面写真解禁

    映画

     俳優の志尊淳が主演を務めるドラマ『潤一』より、志尊が豪華6人の女優陣と絡み合う、セクシーな予告編と場面写真が解禁となった。予告編は、メガホンを取った北原栄治監督自らが映像を制作している。@@cutter 本作は、直木賞作家・井上荒野による第11回島清恋愛文学賞受賞作の連続短篇集『潤一』を、是枝裕和監督を中心に設立された制作者集団「分福」が企画を手掛け実写化。カンヌの国際ドラマの祭典“カンヌシリーズ”のコンペティション部門に日本作品として初めて出品され、ドラマ配信・放送に先駆け、6月14日より1週間期間限定で丸の内ピカデリーにて公開されることが決定している。  女性たちを次々と虜にするミステリアスな青年・潤一を志尊が演じる他、潤一と出会い別れていく16歳から62歳までの孤独な女たちを、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子の6人の女優陣が演じる。  この度解禁となった予告編は、「何て言うの?下の名前」「潤一」というセリフからスタート。まるで少年のような儚げであどけない潤一の様子を写した後、6人の女性たちと出会い、輝かしくも刹那的な一夜を共にしていく。自身初となるヌードに挑戦した志尊を中心に、蒔田が制服を脱ぐシーン、夏帆や伊藤のキスシーン、藤井や江口のベッドシーン、さらに未亡人を演じる原田が自転車を漕ぐ潤一の背中で笑顔を見せる印象的なカットが捉えられている。  あわせて公開となった場面写真では、志尊の上半身バックショットをはじめ、予告編同様に本作の重要なシーンが切り取られている。寂しさを抱えた女性たちが潤一の魅力におぼれていき、それぞれ儚い時間を過ごす様子が写されている。  映画『潤一』は、丸の内ピカデリーにて6月14日より1週間限定上映。ドラマ『潤一』は、関西テレビにて7月12日25時55分放送。放送後見逃し配信予定。

  • 7月放送の新ドラマ『潤一』に主演する志尊淳

    志尊淳、主演ドラマ『潤一』7月放送 ベッドシーン&オールヌードに初挑戦

    エンタメ

     俳優の志尊淳が主演を務めるドラマ『潤一』(全6話)が、カンテレにて7月に放送されることが分かった。主人公・潤一を演じる志尊は、本作で初のベッドシーン、オールヌードに挑戦する。@@cutter また、本作が4月に開催されるフランス・カンヌ国際シリーズフェスティバル(カンヌシリーズ)のコンペティション部門の正式出品作品に日本ドラマとして初めて選ばれたことが、3月13日(フランス時間)、同シリーズ実行委員会より発表された。カンヌシリーズは2018年に始まった連続ドラマを対象とする国際的ドラマの祭典で、世界から応募されたドラマの中からノミネートされた作品が上映され、作品賞、主演賞、脚本賞、音楽賞、特別賞が選出される。  本作は、直木賞作家・井上荒野による第11回島清恋愛文学賞受賞作の連続短篇集『潤一』を実写化。女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一と、さまざまな背景を持った16歳から62歳までの女性たちとの一瞬の愛を描く。  主演の志尊のほか、潤一と一瞬出会って別れていく孤独な女たちを、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子の6人の女優陣が演じる。映画監督の是枝裕和、西川美和を中心に設立された制作者集団・分福により企画され、監督は分福に所属する北原栄治と広瀬奈々子。広瀬は全国公開中の映画『夜明け』で長編監督デビューを果たしている。  無職・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一(志尊)。出産を控えた妊婦・映子(藤井)。妹の旦那と寝る姉・環(夏帆)。亡くなった夫の不倫を疑う未亡人・あゆ子(原田)。夫に束縛された装丁家の女・千尋(江口)。処女を捨てたい女子高生・瑠依(蒔田)。毎日男あさりに出掛ける美夏(伊藤)…。それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れ、消える。彼はどこから来て、どこへいくのか…。  主演の志尊は「この度このお話を頂き、小説を読ませて頂き、今まで物事を理屈的に解釈をしようとしていた自分の概念が否定された気持ちになりました。人の関わり、感情には理屈だけではない、“何か”が潜んでいて、それを凄く体現しているのが“潤一”だと。明確にわからない“何か”を自分と見つめ合い、潤一と寄り添い、模索していきました」と撮影を振り返る。また、カンヌシリーズ出品決定の報を「嬉しい気持ちと夢の様な気持ちでいっぱいです」と喜んでいる。  ドラマ『潤一』はカンテレにて7月放送予定。

  • 『恋のツキ』に伊藤沙莉、江口のりこら実力派キャスト集合

    『恋のツキ』追加キャスト、伊藤沙莉&江口のりこら実力派集結

    エンタメ

     女優の徳永えりが、同棲中の彼氏と男子高校生の間で揺れ動くアラサー女性を演じるドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系/毎週木曜25時)。ドラマを彩る個性豊かなキャストに、伊藤沙莉、藤井美菜、池内万作、江口のりこらが発表された。@@cutter 本作は、新田章が“女の浮気心”を生々しく描き出した同名コミックを実写化したドラマ。彼氏のふうくんこと青井ふうた(渡辺大知)と同棲生活3年目を迎える31歳の平ワコ(徳永)は、バイト先の映画館で、高校生の伊古ユメアキ(神尾楓珠)と出会う。「ふうくんとの目先の結婚」か、「伊古くんとの焦がれるような恋愛」かに悩み、自分にとっての本当に幸せな生き方を探し続けるワコの等身大の姿を追っていく。  今回発表された追加キャストは、映画館イデヲン座でアルバイトをしている水野晴子役に伊藤沙莉、ふうくんの大学時代の先輩で良き相談相手・中村リサ役に藤井美菜、リサの夫・中村リョウタ役に池内万作、結婚しているワコの姉・塚原サチ役に山田キヌヲ、ふうくんの職場に新しく入った派遣社員・三村彩役に小倉優香、今後ワコが働く派遣先の同僚・照井役に江口のりこ、そして映画館イデヲン座の支配人・成瀬惠介役にきたろうと、実力派キャストが目白押し。  水野晴子役を演じる伊藤は「原作を読ませていただいた時、面白すぎて本当に一瞬で読み終わってしまいました。ドラマチックな出来事のはずなのに感情の部分がリアルすぎてキュンキュンしつつ、グサグサ突き刺さる大人な物語だなと思いました」と作品に対しての感想を明かし、「さまざまな状況、環境、人間関係、恋愛問題の狭間を楽しんでいただける作品だと思います」とアピール。  照井幸代役を演じる江口も「原作の漫画、夢中で読みました。とても面白かったです」と絶賛。「ドラマ化に参加できること嬉しく思います。私が演じる照井というキャラクターが少しでも、主人公ワコに影響を与えることができればいいなと思っています」と意気込みを語った。  ドラマ『恋のツキ』は、テレビ東京系にて7月26日より毎週木曜25時放送。

  • 女子ーズ、久々の参上!? ※「高畑充希」インスタグラム

    高畑充希&桐谷美玲&有村架純ら、豪華『女子ーズ』5ショットに反響

    エンタメ

     女優の高畑充希が12日、自身のインスタグラムに2014年公開の映画『女子ーズ』メンバーと撮影した写真を投稿。高畑のほか桐谷美玲、藤井美菜、有村架純、山本美月といった豪華なメンツに、ファンから感動の声が上がっている。@@cutter 「今日も、今日とて こっそり地球を守っているのです。うはははは」というコメントと共に投稿されたのは、福田雄一監督によるアクションコメディー映画『女子ーズ』の出演者5人の集合ショット。「女子レッド」役だった桐谷、「女子ブルー」役の藤井、「女子グリーン」役の有村、「女子ネイビー」役の山本、そして「女子イエロー」役だった高畑という豪華な顔ぶれが体を寄せ合って笑顔を向けている。同じ写真を桐谷も投稿しており、公開から4年経っても変わらぬ仲の良さをうかがわせている。  コメント欄には「ゆるゆるな女子ーズがだいすきです!! 全員揃ったんですね」「何ですかこの美女メンツ!!」「可愛さの塊」といった興奮気味の声や「続編やってほしいい!!」「女子ーズ2お願いします(笑)」など、作品の続編を希望するファンの書き込みが殺到。投稿から2時間で既に10万を超える「いいね!」を集めている。 引用:https://www.instagram.com/mitsuki_takahata/

  • ドラマ『私たちの薩長同盟』に出演する剛力彩芽

    剛力彩芽、桐山照史、川栄李奈、『27時間テレビ』バカリズム脚本ドラマに出演

    エンタメ

     長編特別番組『FNS27時間テレビ』が31年目を迎える今年、“にほんのれきし”をテーマとして『FNS27時間テレビ にほんのれきし』となり、番組内で放送される3本のドラマの大トリとしてバカリズム脚本の幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』を放送することが決定。主演に剛力彩芽を迎え、桐山照史、川栄李奈、佐藤隆太、浜野健太、藤井美菜らが出演することが発表された。@@cutter 同作は、“薩長同盟の立役者は彼らの妻たちだった”という斬新な発想を描いた“バカリズム流薩長同盟”。時代は幕末、禁門の変を終え乱世に突入していた日本で、幕末のキーマンといわれる坂本龍馬は薩摩藩の西郷隆盛と京都の料亭で会うことに。  長州征伐の気運が高まる中、密談の中でこれからの動向を悩んでいた西郷と龍馬だったが、そんな中部屋に入ってきたのは、おニューのかんざしにウキウキなお龍が登場、女子ノリのお龍に面食らう龍馬と西郷だったが、お龍は「幕府はいまフランスともズブズブでしょ。長州をつぶしたあとは薩摩をつぶしにかかると思うんですよね。もういっそのこと同盟組んじゃえば?」と歯に衣着せぬ一言。そんな一幕にさらに西郷のいいなずけの糸子が登場し、「ねえ、今日このあとご飯どうする?」と女子トーク。こうして男たちに代わって、女たちが女子トークで歴史の一場面を塗り替えていくのだった…。  同作の主人公であり龍馬の妻・お龍を務めるのは、剛力。そして坂本龍馬を桐山、西郷輝彦を佐藤、その婚約者・糸子を川栄が演じる。さらに桂小五郎役を浜野、その恋人であとに正妻となる芸子・幾松役を藤井が担当する。  バカリズムの脚本作への出演を切望していたという剛力。自身の夫・坂本龍馬役の桐山との共演は「急に夫婦役となっても自然と良い空気感ができあがってます。まさに頼れる坂本龍馬という感じで、奥さんとしては好き放題やらせていただこうと」と息の合ったところを見せており、対して桐山も「とても気さくな方なので、ふだんしゃべっている感じをそのまま出せればと思います」と剛力の人柄に安心して取り組んでいるようだ。  『FNS27時間テレビ にほんのれきし』は、フジテレビ系列にて9月9日18時30分より放送スタート。

  • 『私に乾杯~ヨジュの酒』『ワカコ酒 Season2』DVDリリース&レンタル開始決定

    『ワカコ酒』韓国でドラマ化 日本版ドラマ主演の武田梨奈も第1話に登場

    エンタメ

     大ヒットグルメ漫画を武田梨奈主演で実写化した人気テレビドラマ第2弾『ワカコ酒 Season2』のDVDリリースが4月27日に決定 (5月3日よりレンタル開始)した。さらに、韓国版『ワカコ酒』としてイ・ジェユン主演で製作された『私に乾杯~ヨジュの酒』も同日にDVDリリース&レンタルを開始することが決まり、日韓“ワカコ共演”に注目が集まっている。@@cutter 新久千映原作の同漫画は、“酒呑みの舌”を持って生まれた26歳のOL・村崎ワカコが、今宵も居場所を求めてさすらい、“女ひとり酒”を堪能するグルメドラマ。2011年より「月刊コミックゼノン」にて連載がスタートし、現在コミックスの累計発行部数は100万部を超える。  日本版のドラマシリーズ第2弾『ワカコ酒 Season2』は、前作に続き武田が主演を務め、各話には駿河太郎、山中崇、吉沢悠を始め、豪華キャストがゲスト出演。お酒と美味しい肴の相性がぴったりと合わさった至福の瞬間、武田演じるワカコが魅せる「ぷしゅ~」という感嘆の表情は最大の魅力となっている。  また、韓国版の『私に乾杯~ヨジュの酒』では、美味しい料理と1杯のお酒で1日の疲れとストレスを癒す主人公ラ・ヨジュ(ジェユン)のアフター5が描かれる。そもそも韓国には女性が1人でお酒を飲みに行く習慣がなく、本作は「今夜は仕事の後に誰にも気を使わず自分だけの贅沢な時間を」という新たなライフスタイルの提案というコンセプトのもとドラマ化。『ゴハン行こうよ』『あなたを注文します』など、近年「食」をテーマにした“モクパンドラマ”が注目を集める中、新たな魅力を持った作品として話題を集めた。また今回、劇中に登場するお店&料理は全て韓国に実在するものばかり。料理の美味しさをより引き出すために高画質4Kで撮影された。  また、韓国版ドラマ第1話には武田梨奈が登場し、日韓“ワカコ”共演も実現!その他、韓国でも人気を集める日本人女優・藤井美菜も特別出演している。  テレビドラマ『ワカコ酒 Season2』『私に乾杯~ヨジュの酒』は4月27日よりDVDリリース、5月3日よりレンタル開始。

  • 『女子ーズ』ポスター解禁!

    有村架純、山本美月も戦隊ヒロインに加入!『女子ーズ』豪華オールキャスト発表

    映画

     「勇者ヨシヒコ」シリーズ、『コドモ警察』の福田雄一監督最新作となる戦隊ヒーローコメディ『女子―ズ』(ジョシーズ)のポスターが完成。あわせて、女子ーズのメンバーを含むオールキャストが発表された。@@cutter  福田監督が長年の人生経験から学んだ、不条理かつ理解を越えた「女子」を描くにあたり、それぞれに女子特有の個性が与えられた5人のヒロインたち。  既報の、生真面目な性格から女子―ズのリーダーとなるレッド(赤木直子)役の桐谷美玲に加えて、かなりギャルなブルー(青田美佳)に、『武士の家計簿』『MONSTERZ モンスターズ』等に出演、最近では韓国でも活躍している藤井美菜。極貧のイエロー(黄川田ゆり)に、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で、主人公の義理の妹役で注目を集めている高畑充希。夢見る劇団員グリーン(緑山かのこ)に『あまちゃん』で大ブレイクを果たした有村架純。すこぶるお嬢なネイビー(紺野すみれ)に、映画・ドラマに引っ張りだこの現役モデル・山本美月が決定。二度と見られないかも知れない華やかな共演を果たす。  特撮ヒーローの聖地である採石場での怪人や戦闘員との戦いでは、スタントコーディーネーター指導による本格的な格闘シーンもありつつ、5人の女子力を活かした口撃も見どころ。意外性のキャスティングと独自の演出に定評のある福田監督のもとに繰り広げられる驚異の変身ぶりは必見だ。  解禁されたポスターでは、女子ーズがぞれぞれの決めポーズを披露。コスチュームは熱血漫画家・島本和彦氏がデザインを担当。石ノ森正太郎氏を師と仰ぎ、「ウルトラマンG」「仮面ライダーZO」などの特撮ヒーロー漫画の第一人者ともいえる島本デザインにより、昭和の特撮ヒーローを彷彿とさせる、懐かしくも可愛らしい戦隊ヒロインが誕生した。これには福田監督も「カッコ良くも、とても美しくてかわいい」と大満足。  ポスター背後にぼんやり浮かぶ司令官チャールズを演じる佐藤二朗をはじめ、安田顕、皆川猿時など福田作品常連メンバーの安定した怪演、妙に完成度の高い怪人と対峙する、若干チープな女子―ズロボなど、ディテールにこだわりつつも、脱力感溢れる福田雄一ワールドの全開の『女子―ズ』に乞うご期待。  世界征服を企み、地球に襲いくる邪悪な怪人を倒すため、“名字に色が入っている”という理由だけで司令官チャールズの元に集められた5人の女たち。不本意ながら“女子―ズ”となった5人は、この展開に疑問を持ちつつも、全員がで繰り出す無敵の必殺技“女子トルネード”を武器に怪人との戦いに挑む。しかし、恋に仕事に、美容にヤボ用と、なにかと多忙な女子たちはなかなか揃わない。なぜなら女子とは、そういうものだから…。果たして、次々と現れる怪人たちを片手間で倒し、世界の平和を守れるのか!?  『女子―ズ』は6月7日より全国公開。

  • 『MONSTERZ モンスターズ』ポスタービジュアル

    藤原竜也×山田孝之初共演『MONSTERZ』正式タイトル決定&ビジュアル解禁

    映画

     中田秀夫監督、藤原竜也、山田孝之という日本映画界のトップクリエイターが集結した、新時代のサスペンスアクション大作の正式タイトルが『MONSTERZ モンスターズ』に決定し、第1弾ビジュアルも解禁された。@@cutter 公開されたビジュアルは、二人の男の激闘を描く本作を象徴するように、藤原と山田を大きく捉えている。凛とした表情と力強い眼差しが、それぞれの強い信念を感じさせる。また、二人以外の一切の情報を省いたシンプルさから、彼らに立ちはだかる宿命の大きさ、その闘いのスケール感を想像できる斬新なデザインとなっている。  正式タイトル『MONSTERZ モンスターズ』の決定にあたり、佐藤貴博プロデューサーは、「『MONSTER(仮)』から複数形になったのは、人間を操る能力を持つ男(藤原)がMONSTER=怪物であること、そして、その怪物に対峙する男・終一(山田)も怪物であることを意味しています。そして複数形をSではなくZとしたのは、二人の闘いと存在がZ=究極だから。また、Zは並行する2本の直線と、それに交差する斜線で形成されています。つまり交わるべきではなかった二人の男が出会ってしまう宿命を表しています」と説明した。  本作では、藤原と山田の豪華初共演に加え、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三浦誠己、藤井美菜、松重豊、木村多江といった、実力派俳優が脇を固め、極上のエンターテイメントを紡ぎ出す。  ひと目見るだけで全ての人間を思い通りに操れる男がいる。世界を支配できる能力にもかかわらず、彼はたった一人で静かに生きてきた。必要な時だけ力を使い、相手は操られたことも男の存在にも気づかない。だが、死ぬまで続くと思われた孤独な人生が、ある日一変する。いつものように男が周りの人間を静止させた時、一人だけ自由に動く男がいた。彼の名は田中終一。愕然とする男にやがて怒りが生まれ「思い通りにならない奴はいらない」と終一を消し去る決意をする…。  『MONSTERZ モンスターズ』は2014年全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access