北原里英 関連記事

  • 映画『爆裂魔神少女バーストマシンガール』メインビジュアル

    『全員死刑』小林勇貴監督がカルト作『片腕マシンガール』をリブート 北原里英ら出演

    映画

     映画『全員死刑』の小林勇貴監督が伝説的カルト・ムービー『片腕マシンガール』をリブートさせた『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』の今秋公開が決定。海外版逆輸入予告編とメインカットも公開された。@@cutter 本作は、たった一人の弟を殺された女子高生の壮絶な復讐劇を描き、日本を飛び出してアメリカでもヒットした井口昇監督のカルト作『片腕マシンガール』(2008年公開)を基に、まったく新しいストーリーと世界観で描くクレイジー・パンク・バイオレンス・アクション。異形の者が跋扈(ばっこ)する無法地帯を舞台に、片腕にマシンガン義手を装着した姉妹“マシンガール”が血みどろの戦いを展開していく。  近未来の日本に存在するスラム街・イシナリ地区では、臓器売買の元締めダルマ屋が当地を支配し、貧乏人は肉体を切り売りしながら、何とか食いぶちを稼いでいる。幼い頃、親に身体を売られた姉妹のアミとヨシエは、ゴダイ一座の見世物小屋でアイドルとして舞台に立ちつつ、助け合って生きていた。そんなある日、ヨシエは臓器売買の現場で、失った片腕に装着したマシンガン義手でダルマ屋の女ボス・青山ダルマの息子カルマを半殺しにする。だが、激怒したダルマによって、ヨシエはダルマ屋に囚われる。アミは救出に駆けつけるが、ダルマ一味に捕まり、片腕を切断されてしまう。ダルマはゴダイ一座を皆殺しにするため、「殺し屋協会ランキング1位」の橘キキョウを送り込む。  ドラマ『下町ロケット』(TBS系)や『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演した搗宮姫奈がアミ役を、特撮ドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』のチャッキー役で女優デビューを果たした花影香音がヨシエ役を務める。2018年にAKB48グループを卒業し、女優として現在活躍中の北原が殺し屋の橘キキョウに扮するほか、ベテラン女優の根岸季衣が悪の元締めとなる青山ダルマ役を担当する。またアクション俳優の坂口拓が本作のアクション監督を務め、アウトローの殺し屋マツカタ役としても出演する。  プロデューサーは映画『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の千葉善紀と、『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』の特殊造形を務め、監督としても活躍する西村喜廣が務める。  本作が初主演作となる搗宮は、「関わっていただいたスタッフ、共演者の皆と最高のアクション映画を作れて私自身、心から幸せです」と、自身の思いを吐露。もう一人の主演を果たす花影は、「この映画は控えめに言って、アクションありパンチラありの仏恥義理極上エンターテイメントになってます! You should watch this! See you in the theater!」と、英語を交えて本作を推薦。  北原は「試写で初めて観たときの衝撃が今でも忘れられません。キャスト全員最高でした! みなさんにも早くその衝撃を味わっていただきたいです」とコメント。小林監督は「頭の先からつま先まで““““面白い””””を追求した映画です」と、本作の出来に自信をのぞかせている。  解禁された海外版逆輸入予告編では、片腕がマシンガン化したアミが「お控えなすって!」と口上を始める最中、片腕を長刀化したヨシエが大人数と対峙する姿、拳を突き出してくるダルマの恐ろしい形相、着物姿のキキョウが銃を構えるや、銃口から巨大なドラゴンがこちらに向かって飛び出す様子などが捉えられている。  映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』は今秋公開。

  • 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』製作発表記者会見に登場したISSA

    仮面ライダーファンのISSA、劇場版への出演に「涙が出ました」

    映画

     『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』製作発表記者会見が22日、都内で行われた。『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』にDA PUMPがゲスト出演&主題歌を担当すること、『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』に佐野史郎と北原里英がゲスト出演することが発表された。@@cutter 会見にはISSA、佐野、北原のほか、奥野壮、押田岳ら『仮面ライダージオウ』出演者、一ノ瀬颯、綱啓永ら『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の出演者が登壇した。  DA PUMPは『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』に歴史の管理者と名乗る謎の集団「クォーツァー」役で出演する。これまで「仮面ライダー」ファンを公言していたというISSAは「昔からずっと好きで、いつか自分も仮面ライダーになりたいと思って生きてきたので、今回、なれたことは非常に感慨深かったです。涙が出ました。それくらいうれしかったです」と真摯にその思いを語った。  しかし、ダンスを一切封印して挑んだ演技については「はたして僕らの演技がどうだったのかは分かりません。危ないかもしれない」と自信なさげで、撮影前日は「寝れませんでした」とも。これを受けて、本作の田﨑竜太監督から「めちゃくちゃ格好良かったですよ! ISSAさんの愛が出ている」と太鼓判を押されると、ようやく「それが出ていれば良かった」と笑顔を見せた。  主人公の常盤ソウゴを演じる奥野は「(ドラマシリーズを)観ている視聴者の方が、こんなことがあっていいのかと思う展開や見どころがたくさんある作品になると思います。この映画は、僕たちキャスト含めスタッフさんも、全力で撮影に臨んだ映画です。渾身の作品となっていますので、ぜひ足を運んでください」と力強くアピールした。  『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』にゲスト出演するのは、北原と佐野。リュウソウ族のユノ役での出演となる北原は「小さい頃から憧れで、絶対に誰もが通っている道である『戦隊シリーズ』に自分も関われることができて、本当にうれしかったです」と出演を喜ぶ。  一方ユノの父親ヴァルマ役の佐野は、本作が「戦隊シリーズ」3回目の出演。「ヒーローよりも悪役に感情移入してしまう子どもだったので、こうして、ヴァルマを演じさせていただくことは楽しかったです」とコメントした。さらに、「撮影現場は過酷でした。とにかく寒い! あまりにも寒くて、何をやっているか分からなくなった」と撮影の裏話を明かして会場を盛り上げた。  『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』は7月26日より全国公開。

  • 『映画 としまえん』初日舞台挨拶にて

    北原里英、『としまえん』共演者と応援し合った1年に「出会えてよかった」

    映画

     女優の北原里英が10日、都内で行われた『映画 としまえん』の公開初日舞台挨拶に登壇。撮影から公開までのこの1年は、同世代の共演者たちとお互いの活動を応援しあっていたといい、「出会えてよかった」と語った。@@cutter 本作は遊園地「としまえん」の全面協力を受け、ほぼ全編を同所で撮影した“新感覚絶恐ホラー”。高校時代の仲良しメンバーと共にとしまえんにやって来た女子大生の辻本早希(北原)が、「としまえんの呪い」を軽い気持ちで試したところ怪現象に襲われていく姿を描く。この日の舞台挨拶には他に小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗、高橋浩監督が登壇した。  公開初日を迎えた気持ちを聞かれた北原は、この日の舞台挨拶が「としまえん」のすぐ近くにあるユナイテッド・シネマとしまえんで行われたこともあり「撮影がちょうど1年前の今頃だったので、あれから1年も経ったのかと不思議な気持ち。このユナイテッドシネマとしまえんも、(この映画の)聖地みたいになればいいなと」と語った。  浅川は「個人的に『としまえん』は小さい頃から身近に感じていた遊園地。今日もここに来るとき、小さい子どもたちがお母さんやお友達と来ている姿を見て、長年愛されてる遊園地っていいなと」と親しんでいた遊園地にまつわる映画に出られた喜びについてコメント。  また、小宮は「ホラー映画なので、夏にピッタリの作品。今日はすごくいい天気で夏日かなというくらい暖かかったので、この映画の公開初日にはピッタリの日だなと。この映画を見てヒヤッと涼しくなってもらえたら」と語った。  撮影から1年後の公開とあり、この1年間での成長を司会者に問われた出演者たち。北原は「この映画を通して同年代くらいの女の子たちと共演できたので、お互いの活躍が気になったり、応援しながらという1年でした。出会えて良かったなと思います」と話し、浅川と小宮が北原の舞台を観に行ったり、北原は小宮のライブを観に行ったりと、それぞれ共演者同士での交流があったことをそれぞれが語った。

  • 映画『としまえん』完成披露上映会に登場した北原里英

    北原里英、NGT卒業後初の主演作に意気込み 「ほぼすっぴん」撮影秘話を明かす

    映画

     元NGT48の北原里英が17日、都内で行われたホラー作『映画 としまえん』の完成披露試写会に共演の小島藤子、浅川梨奈、松田るか、高橋浩監督と共に出席。北原にとって、NGT48卒業後初の主演作となる本作で「ほぼすっぴん」の撮影秘話を明かした。@@cutter ホラー映画好きという北原は「ホラー映画は初めてで、しかも個人的にグループ卒業後初の主演映画で気合が入っています」と意気込み、「皆さんにとっての“令和”初のホラー映画にしてほしい」とアピール。  本作のポスタービジュアルは高校の制服姿のキャストによる集合写真という設定だが、北原が「学生時代の制服姿なのでほぼすっぴんに近い状態」と撮影秘話を明かすと、松田は「みんな顔色が悪い!」、浅川も「みんな顔が寒そう。まさかこれがポスターになるとは」と悲鳴をあげていた。  首都圏有数の規模を誇る老舗遊園地・としまえんにまつわるネット発の都市伝説を、本家本元のとしまえんの全面協力でホラー映画化。松田は「このタイトルで、としまえんがホラー映画を本当にやるの?と思った。この作品のせいでお客さんが減ったらしょうがない。大きな賭け。しかも、としまえん全面協力なので私も頑張らなければと思った」と笑わせた。  この日は、共演者で『ラブライブ!サンシャイン!!』の声優としても知られる小宮有紗が、体調不良で欠席。これに浅川は「小宮有紗こと浅川梨奈です!」と自己紹介する一幕もあった。  『映画 としまえん』は、5月10日より全国公開。

  • 『映画 としまえん』ポスタービジュアル

    北原里英主演『映画 としまえん』 老舗遊園地の都市伝説とは…最恐予告解禁

    映画

     元NGT48の北原里英が主演を務める『映画 としまえん』より、ポスターと予告編、場面写真が解禁された。ポスターにはひび割れた血染めのスマートフォンが写し出され、予告編映像では、タブーを犯した少女たちが次々と恐ろしい現象に巻き込まれる様子が収められている。@@cutter 本作は、実在する東京都内の老舗遊園地・としまえんを舞台にしたホラー映画。同遊園地は多くの家族連れでにぎわいを見せる一方、ネット上では「としまえんの呪い」が、まことしやかにささやかれている。そんな都市伝説をとしまえんの全面協力で映像化。人を乗せずに回り続ける不気味な回転木馬、園内の奥深くに実在するお化け屋敷など、シーンの90%以上を現地で撮影した。出演は北原のほか、小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗、竹中直人ら。  大学生の早希(北原)は、ある日、高校時代に仲の良かった女友達と、かつてよく遊びに行ったとしまえんを訪れる。ネットでうわさになっていた「としまえんの呪い」があるという古い洋館を見つけた早希たちは、うわさを冗談半分で試すが、その直後から恐ろしい現象が次々と起こり、一緒に来ていたメンバーが一人、また一人と次々に消えていく。仲間たちを必死に探すうち、早希は呪いが誕生した、恐ろしい過去の秘密を知ってしまう…。  ポスターでは、笑顔でポーズをとる6人の少女を写し出したスマートフォンが血まみれの手に握られている。その表面ガラスはひび割れており、「もう、帰れない。」というキャッチコピーとともに、少女たちに起こった恐ろしい出来事を予感させるデザインとなっている。  予告編では、としまえんの「1. 古い洋館の扉を叩くな」 「2. お化け屋敷で返事をするな」 「3. 秘密の鏡をのぞくな」という3つのタブー、そしてそれを破ると秘密の場所に連れて行かれるという都市伝説を紹介。これらの禁を犯した少女たちが次々にどこかへ引きずり込まれ、恐怖の叫びを上げる様子が、「この遊園地からは誰も逃れることはできない」というテロップとともに映し出されている。  映画の場面写真には、次々と起こる恐怖体験に身をすくめる少女たちの表情や、暗がりで何事かを相談し合う彼女らの様子、さらに、としまえんの従業員のものと思われるロゴ入りの青い帽子をかぶり、物陰からにらみつける竹中直人の姿などが収められている。  『映画 としまえん』は5月10日より全国公開。

  • 北原里英

    “デリヘル嬢”北原里英に「かわいすぎ」の声 『フルーツ宅配便』第6話

    エンタメ

     俳優の濱田岳が主演を務めるドラマ『フルーツ宅配便』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第6話が15日に放送され、女優の北原里英演じるデリヘル嬢が、主人公・咲田(濱田岳)から励まされるシーンに視聴者から「可愛すぎ」「癒し系」などの声が寄せられた。@@cutter 一番人気のみかん(徳永えり)がインフルエンザにかかり、イチゴ(山下リオ)も祖父の葬式でお店を休むことに。ほかの従業員も都合がつかず、出勤できるのはいまだに客を取ることができないレモン(北原里英)だけという状況に。毎回チェンジされ、落ち込むレモンだが、フリーの予約が入り、ホテルへ向かうと、そこには女性が苦手な客・関(黒田大輔)がいた。黒田はレモンをすっかり気に入り、指名をすることに。そして2人は恋に落ちてしまう…。  人とうまくコミュニケーションが取れない性格から、これまでチェンジを繰り返されていたレモン。そんな彼女が初対面の関に対して、初めてまともに接客できた帰り道。送迎車の中で咲田(濱田)はレモンに「僕も女の子と話すとき緊張しちゃうんだけど、その点レモンさんなら気楽な感じがするというか」と話すと、彼女は「私に魅力がないということでしょうか…?」とオドオドしながら意気消沈。咲田はレモンをフォローしようと「そういう意味ではなくて、癒やしてくれそうな感じがするっていうか」と声をかけると、彼女は笑顔に。このシーンに視聴者から「レモンちゃんかわいい」「きたりえ頑張れ!」「レモンちゃん可愛すぎでは」「癒し系だよね〜」などのツイートが殺到した。  その後レモンは、店外デートコースで自分を指名した関と外で会うことに。お互い、初めてのデートに緊張し、会話がおぼつかない様子に対してSNS上には「二人ともかわいい!」「ときめく」「恋だね」「胸がギュってなる」などのコメントが寄せられていた。

  • 『フルーツ宅配便』第6話場面写真

    今夜『フルーツ宅配便』、コミュ障・北原里英に初の指名が入り…

    エンタメ

     俳優の濱田岳が主演を務めるドラマ『フルーツ宅配便』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第6話が今夜放送される。今回は、コミュ障のデリヘル嬢・レモン(北原里英)が初めて指名してくれた客と禁断の恋に落ち、店長の咲田(濱田)はそれを応援しようと画策するが…。@@cutter 本作は「ビッグコミックオリジナル」(小学館)連載中の鈴木良雄による同名漫画が原作。子どもの学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLなど、デリヘルで働くワケあり女子の人間模様を、ひょんなことからデリヘルの雇われ店長になったごく普通の男・咲田真一(濱田)の視点から描き出す。  デリヘル店「フルーツ宅配便」の一番人気・みかん(徳永えり)がインフルエンザにかかり、イチゴ(山下リオ)も祖父の葬式で店を休むことに。他のデリヘル嬢も都合がつかず、出勤できるのはコミュ障でいまだに客を取ることができないレモン(北原)だけという危機的状況に。  そんな時に、よりによってクレームが多い要注意人物・安田(山中崇)からの予約が。咲田は仕方なく、レモンをつけることにするが、案の定、チェンジになってしまうレモン。「フルーツ宅配便」始まって以来のピンチに立ちあがったのは、伝説のデリヘル嬢!?  一方、毎回チェンジされ、お店に迷惑をかけていると落ち込むレモンだが、フリーの予約が入り、ホテルへ向かうと、そこには女性が苦手でうまく話せない客・関(黒田大輔)が。関はレモンを気に入り、指名をしてくれることに。2人は恋に落ちるが、店の規則を破ることになってしまうレモンは咲田に相談し、咲田はレモンの恋を応援しようと画策する…。  ドラマ24『フルーツ宅配便』第6話は、テレビ東京系にて今夜2月15日24時12分放送。

  • 山口真帆が暴行被害を明かしたツイッターのホーム画面

    NGT48山口真帆の暴行被害 これまでの経緯

    エンタメ

     アイドルグループNGT48のメンバー山口真帆が先月、自宅前で男性ファン2人に暴行を受けた事件が分かった。さらに、その事件に同じNGT48メンバーが関与しているという疑惑が浮上し、波紋を広げている。@@cutter■ 「SHOWROOM」、ツイッターでの告発  山口は今月9日朝にかけて、動画配信プラットフォーム「SHOWROOM」で、「私とまた同じ目に遭う人がいるのに、1ヵ月待っても、何も対処してくれなくて」「真面目にやってる子達が、私と同じ怖い目にするのは、もう耐えられない」「今回私は助かったから良かったけど、殺されてたらどうするんだろうって思う」などと涙ながらに告白。自身のツイッターでも「私は先月公演終わり帰宅時に男2人に襲われました」と投稿し、さらにこの件へのNGTメンバーの関与を告発していた(該当ツイートはすでに削除)。  同日にはNHKが警察を取材し、山口が先月8日、2人の男に新潟市内にある自宅に押しかけられ、顔をつかまれるなどの被害に遭っていたことを報道。2人は25歳の無職と男子大学生で、暴行の疑いで逮捕され、その後不起訴となり釈放されたという。 ■ NGT運営 事件を認め、関与メンバーに言及  NGT48の運営会社は10日、「山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告」という文章を公式サイト上に公開。2人の男による山口の暴行被害を認め、「そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も確認されました」と報告した。  また、NGTメンバーから山口の住所など個人情報が漏れたかについても「メンバーの関連性においては、メンバーの1名が男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と説明。「今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じる」としていた。 ■ 山口の“謝罪”に「なぜ被害者が?」の声 指原莉乃も言及  山口は同日、NGT48劇場で開催された同グループ3周年記念公演に出演。事件について、「この度は、たくさんお騒がせしてしまって、誠に申し訳ありません」と声を詰まらせながら謝罪する一幕があり、このことがネット上で報じられると、「被害者に謝罪させるのはおかしい」と疑問の声が殺到。  NGT48を昨年卒業したOG北原里英は自身のツイッターに「あなたは謝るべきではありません! 謝らないで。悪いことしてないです」「絶対に間違ってる。もう本当に悲しい」と投稿。  HKT48指原莉乃もツイッター上に「抜き出さずに推敲せずに、どうか全てそのまま記事にしてください」とした上で以下のようにコメントしている。  「防犯ベル、わたしは怖くて震えて、取り出すことさえできないと思う。。 ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくないし、でも本人発信だとしてもこうなってしまったことを謝らなきゃ!と思って自分を責めているんじゃないかと心配です。そこで謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います。 どうか彼女の気持ちの回復が少しでも早く訪れますように。同じことを繰り返してはいけない。 メンバーはこれからも応援してください、としか言えないと思うしそれが気持ち的に絶対に正解だとおもうけど、運営側はそうあってはいけない。現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう!というのはおかしい きっと強く言いたいメンバーも多いです。でも言いたいことも言えないと思うので、声の大きいわたしが言ってみました。 ワイドナショー出演しますが、こうなる前から事前に出演は決まっていたことだけご報告しておきます。 ファンの皆様のざわつきが1日でも早く解消しますように」

  • 『フルーツ宅配便』にデリヘル嬢役で出演する(上段左より)徳永えり、山下リオ、北原里英、内山理名、(中段左より)成海璃子、うらじぬの、内田慈、筧美和子、(下段左より)中村ゆり、松本若菜、松岡依都美、阿部純子

    内山理名&成海璃子&筧美和子、『フルーツ宅配便』デリヘル嬢役女優陣発表

    エンタメ

     俳優の濱田岳が主演を務める2019年1月クールのドラマ24『フルーツ宅配便』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の追加キャストとして、女優の内山理名、成海璃子、筧美和子ら、デリヘル嬢役の豪華女優陣が発表された。@@cutter 「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の鈴木良雄による同名漫画を基にする本作は、子どもの学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLなど、デリヘルで働くワケあり女子の人間模様を、デリヘルの店長になったごく普通の男の目線を通して描き出す。主演の濱田をはじめ、仲里依紗、前野朋哉、原扶貴子、荒川良々、松尾スズキら個性豊かな共演者陣が脇をかためる。  このたび出演が発表されたのは、濱田演じる主人公が勤めるデリヘル店「フルーツ宅配便」に在籍するデリヘル嬢役の女優陣。デリヘル嬢・みかんを演じるのは、ドラマ『恋のツキ』で主演を務めた徳永えり。イチゴ役に、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『寝ても覚めても』などに出演している山下リオ。レモン役には、元NGT48の北原里英がキャスティングされている。  さらに、各話に物語の軸として登場するデリヘル嬢を演じるゲストキャストとして内山理名、成海璃子、うらじぬの、内田慈、筧美和子、中村ゆり、松本若菜、松岡依都美、阿部純子の出演も決定。第1話に登場するゆず役の内山は「朝から一日中ラブホテルでの撮影というのは新鮮でした。何故デリヘル嬢として働くのか…シングルマザーのゆずの日常を見て何か感じて頂けたら嬉しいです」と語っている。  ドラマ24『フルーツ宅配便』は、テレビ東京系にて2019年1月11日より毎週金曜24時12分放送。

  • ※「高橋みなみ」インスタグラム

    AKB歴代メンバーが秋元康の還暦祝いに集結! 「豪華すぎる」と話題

    エンタメ

     AKB48グループ歴代の人気メンバーが、総合プロデューサーの秋元康の還暦パーティーに集結した。ファンからは、そのそうそうたる顔ぶれに対して「豪華すぎる」といった声が集まっている。@@cutter 25日、AKB48グループの初代総監督、高橋みなみが自身のインスタグラムに投稿したのは、5月2日に還暦を迎えた同グループ総合プロデューサー秋元の誕生日会の模様だ。「先日はサプライズで秋元さんの 還暦バースデーパーティー 久しぶりに集合できて楽しかった」といったコメントとともに投稿した集合写真には、AKB48グループのOG、現役メンバーのそうそうたる面々が顔をそろえている。  秋元を囲んでいるのは、高橋をはじめOGの前田敦子、小嶋陽菜、板野友美、北原里英、島崎遥香、宮澤佐江、河西智美、現役メンバーからは今年のAKB選抜総選挙で初の1位となったSKE48の松井珠理奈、中間発表で2年連続の1位となったNGT48の荻野由佳、AKB48チームB現キャプテンの高橋朱里、AKB48現役唯一の1期生、峯岸みなみといった顔ぶれだ。そのほかにも、AKB総選挙で前人未到の3連覇を達成した指原莉乃が写る写真もある。  歴代の人気メンバーに囲まれた秋元は花束を抱え、「祝還暦」の文字が入ったバースデーケーキを前にしてニッコリ。還暦らしく赤いちゃんちゃんこを着ている写真も。高橋は「秋元さんがいたから 今があります 感謝してもしきれません」とこれまでの活動への感謝を記し、「お忙しいとは思いますがお身体には気をつけて 長生きして下さい!!」と、還暦を迎えた秋元の健康を気遣った。  ファンからは「秋元さんおめでとう」といったお祝いの言葉が殺到。また、秋元の還暦という機会に集結した歴代の人気メンバーにも注目が集まり、「参加メンバーが豪華すぎる」「豪華メンバーだ」といった声も。「AKBがあったから楽しい毎日があった ある意味青春のすべてをAKBに捧げた感ある」と、思い出にひたるファンも見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/taka37_chan/

  • NGT48夏フェス参戦に自身も「参加したい」とツイートした北原里英

    北原里英、NGT48の夏フェス参戦に「卒業撤回」で出演希望

    エンタメ

     4月にNGT48を卒業した北原里英が、NGT48が夏フェスに参戦することを知り、6日に自身のツイッターで「卒業撤回」とツイートした。これにファンも「きたりえNGT復帰大歓迎」「4/14、18の記憶消しました」「撤回、全員一致で可決されました」と喜んでいる。@@cutter 北原は、6日に発表されたNGT48の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」初参戦の発表を受けて、「えーーーーーーっ!!!待って!!!NGT48ロッキン出るの?!ちょっと待って!!!!卒業撤回ーーーー!!!出たいよーーーー!!!!!」と涙マークを添えて冗談っぽくツイート。  これに対してファンからは、「ガチで撤回して――!」「新潟に戻ってきてほしい」というコメントや、「乱入するのは ロックだと思うの!」「サプライズで出てください!」「1日限定で復活しましょう」と夏フェスでの限定復活を求める声が続出した。  さらに、このツイートに、NGT48の公式ツイッターも「kissの天ぷらで、どうぞ。」と反応。「kissの天ぷら」は昨年開催されたAKB48グループユニットじゃんけん大会のために結成した北原とAKB48の宮崎美穂、大家志津香によるガールズバンド。ロックフェスということもあり、ファンからは、「その手があったか!」「友情出演のOK出ました」と北原の出演に多くの期待が寄せられている。  「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」は、茨城県・国営ひたち海浜公園にて8月4日、5日、11日、12日の4日間開催され、NGT48は4日に出演する。 引用:https://twitter.com/rie_kitahara3    https://twitter.com/official_ngt48

  • 北原里英

    「セクシーすぎる…!」北原里英、“胸元”見せるオフショット披露

    エンタメ

     今月NGT48を卒業する北原里英が9日、自身のインスタグラムに大胆なバストトップの写真を投稿。「セクシー過ぎる」とファンを悶絶させている。@@cutter 「#週刊少年チャンピオン」「オフショット」と記されたこの日の投稿。現在発売中の雑誌「週刊少年チャンピオン」グラビア撮影の合間に撮ったようで、上目遣いの北原が大胆に肩を露出。鎖骨のあたりの色っぽいホクロも露わになっている。  ファンからは「見た瞬間ドキってした」「セクシー過ぎる」「改めて惚れ直した」「ホ、ホ、ホ、ホクローーーーーーーー!!」といった称賛のコメントが殺到。その色気で今後もファンを夢中にさせていくようだ。 引用:https://www.instagram.com/rie_kitahara_3/

  • 佐々木希、土屋太鳳ら女性芸能人の“お花見”SNS投稿を一挙紹介

    佐々木希、土屋太鳳ら女性芸能人の“お花見”SNS投稿をイッキ見

    エンタメ

     東京はすっかり春の暖かさで桜は満開。花見の名所、目黒川などには大勢の人々が訪れている。エンターテイメントの世界で活躍する女性芸能人たちも花見に訪れ、SNS上に思い思いの投稿をしているようだ。今回はそんな彼女たちの投稿を一挙紹介!@@cutter 女優の佐々木希は25日に自身のインスタグラムに、女優の大政絢らと共に目黒川へ花見に訪れた際の写真を投稿。一同そろって笑顔を見せ、楽しい時間を過ごしたことが見て取れる。  女優の土屋太鳳は26日より、たびたび桜の花を撮影した写真を投稿。「目黒川のそばを通ることが出来たので 素敵な桜をひとりじめできた気分」とコメントを寄せた。自分の姿は写さず桜の花だけを撮影しているのが彼女らしい。  またインスタグラムのフォロワー日本一を誇る渡辺直美は27日、北越谷の桜と共に笑顔を見せるショットをアップしている。  ほかにも清野菜名、高橋みなみ、北原里英、板野友美、玉城ティナ、深川麻衣、恒松祐里、岡本夏美、ざわちん、久慈暁子、近藤千尋らが、それぞれSNSに桜や花見の写真を投稿し、楽しんでいるようだ。 引用:https://www.instagram.com/taotsuchiya_official/

  • 北原里英『サニー/32』インタビュー

    北原里英、初主演映画『サニー/32』を経て“新しい自分”に

    映画

     「これをもって卒業できるということが、すごく幸せなことだなと思います」。初主演映画『サニー/32』についてそう語るのは、今春でのNGT48卒業を発表し、女優としてのスタートを切る北原里英だ。撮影を通じて「4回死ぬかと思った」という北原に、キャラクターに対する思いや芝居に対する向き合い方、女優としての新たな一歩を踏み出す心境について話を聞いた。@@cutter 白石和彌監督と脚本家・高橋泉が手掛けた完全オリジナル脚本に基づく本作は、24歳の誕生日に誘拐された中学教師・藤井赤理(北原)と、彼女を「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」“サニー”と崇拝する狂信者たちの姿を描く。赤理を「地味な普通の女性」と評する北原は、その地味さの裏に別の側面が潜んでいることを指摘する。「地味だからこそ、ストーカーに遭うような、そういうちょっとした非日常にすごく期待してしまっている部分が大きいんです」。  劇中では、誘拐犯である柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)によって非日常に放り込まれた赤理が、それまでの“地味な自分”を捨て去り、“新しい自分”に変わっていくさまが鮮烈に描かれる。その過程で、暴行を受けたり雪山を歩いたりといった過酷な芝居も務めた北原は「4回死ぬかと思った」と苦笑するが、「出し切れなくて悔しい思いをしたくないと思っていたので、自分の中で覚悟を決めて臨んだのもあって、『やれ』と言われたことは『何も断らないぞ!』という気持ちで臨みました」と振り返る。  苦労を重ねた撮影では、芝居に対する新発見もあった。「すべてのキャラクターに、役者本人が反映された役になっていたように感じるほど、時間を重ねれば重ねるほど、皆それぞれ元々の性格が少しずつ役に出てきて」。そう回想する北原は、「この映画をやるまでは、誰かになり切ること、自分を全くなくすことがお芝居だと思っていました」というが、「『サニー/32』をやってみて、役者さんの性格は嫌でも出てしまう。出したくなくてもにじみ出てきてしまうものだから、それを含めて役を魅力的にしなくてはいけないということを学びました」と語る。@@separator NGT48からの卒業を前に公開される本作は、女優・北原里英にとっての試金石となるが、自身にとってはどんな意味を持つのだろうか。「自分の人生を代表する作品になったと思うので、今は棺桶に入れたいくらいの気持ち(笑)。ただ、ここで終わってはいけないという思いもあるので、これをはっきりと“人生の一本”ですという風には、あえて言わない方がいいのかな」と冷静だ。それでも、「今までの自分の芸能・AKB48グループでの人生の中では、間違いなく一番の事件だし、一番のチャンスだと思うので、この作品で主演をさせていただいたことは、すごく幸せなことだなと思います」と達成感に満ちた笑顔を見せる。  これまでは将来設計や目標に縛られることが多かったと吐露する北原だが、NGT48卒業を前にそうした思いは霧散した。「良い意味で、卒業後の自分が全然浮かばなくて、今はスッキリした気分でゼロみたいな状態にいれていると思います。今までの自分とは違うので、気持ちも変わったのかなと思います」。劇中で赤理が“地味な自分”から“新しい自分”に変化したように、アイドル・北原里英もまた、女優・北原里英という“新しい自分”に変わりつつあるようだ。「いろいろな作品にスッとなじめるような俳優さんになりたいと思います」。そう語る北原の表情は、まぶしいほどに晴れやかだった。(取材・文・写真:岸豊)  映画『サニー/32』は2月17日より全国公開中。

  • 初写真集『そして』発売記念イベントを開催したNGT48・北原里英

    北原里英、NGT48卒業で恋愛解禁も「27歳になるので恋愛というより婚活」

    エンタメ

     NGT48のキャプテン・北原里英が初写真集『そして』の発売記念イベントを22日、都内にて開催。下着姿などこれまでのグラビアでは見られなかった大胆露出カットも含まれているが、北原は「あまり抵抗がなくて、自然体な感じで撮れました」と笑顔で語った。@@cutter 意外なことに北原にとってこれが1stソロ写真集。卒業直前の今回のタイミングでの発売となった。ベトナム・ホーチミンで撮影が行われた本作は、一人旅をしているような、北原のナチュラルな表情を切り取っている。アオザイ姿も披露。チャームポイントは「唇」という北原だが、だが表紙はその唇がリンゴで隠れている。「あえてチャームポイントを隠しているところもいいのかな」と苦笑い。  そんな表紙や写真集の内容はNGT48の後輩にも好評だったようで、「荻野由佳ちゃんは荻野家で10冊買ってくれたそうで」と嬉しそうに語り、また中井りかからは下着カットを見て「『これどういう気持ちで撮影してるんですか』と質問されました」と語った。  卒業後の進路については「AKB48に入る前から女優さんになりたくてこの世界に入ったので、卒業後はお芝居をやりたいなと思います」と語る北原。2月17日には主演映画『サニー/32』の公開も控えている。そんな北原の目標は「小池栄子さんを目指しています! 」とのこと。「小池さんはグラビアアイドルやバラエティで活躍された後、今は女優として活躍されています。私にとって元AKB48というのは一生拭えないと思うんですけど、昔の肩書きが気にならないくらい女優として活躍ができたらと思います」と意気込んだ。  また気になるのは卒業後の恋愛解禁についてだが、「もう私27歳になるので、卒業後の恋愛は婚活ですよね(笑)。婚活はしたいなと思っております。理想のタイプは、言葉のチョイスやお話が面白い方がいいな」と微笑んだ。  AKB48グループのメンバーとしてはやりたいことはほぼやり尽くしたという北原だが、ただ「NGT48で北陸ツアーをやりたかったのと、HKT48との合同コンサートを(指原)莉乃ちゃんとやりたいねと話していて、それができなかったのは心残りですね」と少し残念そうな表情で語っていた。  北原の卒業コンサートは、4月14日に新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターにて開催されることが発表されている。

  • 『サニー/32』完成披露イベントに登壇した、ピエール瀧、北原里英、リリー・フランキー、門脇麦

    北原里英、顔を舐められたり雪原を薄着で歩いたり… 「寒くて泣いたのは初めて」

    映画

     NGT48・北原里英が18日、都内にて行われた主演映画『サニー/32』の完成披露イベントに、共演したピエール瀧、リリー・フランキー、門脇麦、白石和彌監督とともに登壇した。北原にとって、NGT48、AKB48グループからの卒業を発表して初の主演映画。薄着で雪原を歩いたり、顔を舐められたり殴られたりなどハードなシーンもあったが、スタントはいっさい使わず、体当たりでチャレンジしたという。北原は「初めて寒くて泣きました」と苦笑いしていた。@@cutter 本作は、『凶悪』の監督・白石和彌と脚本・高橋泉のタッグによるオリジナル作品。新潟のある町で、中学校教師・藤井赤理(北原)は、24歳の誕生日を迎えた日、突然、柏原(瀧)と小田(リリー)に拉致され山小屋に監禁されてしまう。2人は14年前、「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」と呼ばれた小学生による同級生殺害事件の犯人、通称“サニー”の狂信的信者だった。  拉致する役を演じたリリーは「ネット上のアイドルを自分だけのものにしたいという思い。それはネット犯罪でよくある間抜けな部分とピュアな部分が共存している」とその役柄を分析するが、相棒を演じた瀧は、その内容に「ぶっとんでいて、やっているほうもよくわからなかった」と呆れていた。また門脇も「こんなに誰にも感情移入できない映画は初めて。何回台本を読んでも理解できませんでした」と苦笑い。  そんななかハードなシーンを演じた北原に白石監督は「北原さんはやってといったことは全て受け入れてやってくださった。雪原を歩くシーンも、見てるだけで申し訳ないことした」と語ると、リリーは「よく死ななかった。雪の中をあの服で歩いているのは逃げ出した風俗嬢みたい。座長としての根性を感じた」と褒めていた。  イベントでは、北原を3Dコピーした“サニー人形”がステージに登場。北原が縄を縛り、リリーと瀧が檻に閉じ込めるという、不思議な“儀式”も行われたが、北原は「そっくり」と喜びつつ、観客は若干引いているという、独特な空気となっていた。  最後に北原は「誰にも予想できない怒涛の展開が待ってると思うので、1秒も目を離さずに最後まで楽しんでください」と観客にメッセージを贈った。  映画『サニー/32』は2月9日に新潟・長岡で先行公開、2月17日全国ロードショー。

  • 北原里英ファースト写真集『そして』から先行解禁カット到着

    NGT48・北原里英、ファースト写真集で過去最大露出 先行カット到着

    エンタメ

     今春にグループ卒業を発表しているNGT48のキャプテン・北原里英が全編ベトナムロケを敢行した、初の写真集『そして』(ワニブックス)から先行カットが到着した。2月公開の主演映画『サニー/32』で本格女優への一歩を踏み出す北原にとって、アイドル人生の集大成ともいえる仕上がりになっている。@@cutter 2007年にAKB48に加入以来、シングル選抜常連メンバーとして活躍した北原は、2015年よりNGT48に移籍しキャプテンを務め、現在の躍進の礎を築き上げてきた。グループ加入当初からビジュアルメンバーとしても評価される彼女の初めての写真集は、アイドル“きたりえ”のすべてが詰まった一冊となった。  112ページで構成される本作のロケはベトナムのホーチミンで行われ、1人旅をしているような街に佇むナチュラルさや、無邪気にはしゃぐ表情などバラエティにとんだショットを収録。アオザイ姿のカットではまるで現地の女性のようなハマりぶりを見せている。さらに過去のグラビアでは絶対見られないほどの最大露出カットも披露するなど、本格女優を目指す北原の意気込みが伝わってくる内容となっている。  北原里英ファースト写真集『そして』(撮影:細居幸次郎)は、ワニブックスより17日発売。価格は、1944円(税込)。

  • 映画『サニー/32』予告編解禁

    北原里英がスタントなしで雪の中にダイブ! 『サニー/32』予告編公開

    映画

     NGT48のキャプテンで、来春にAKB48グループの卒業を発表している北原里英が主演を務める映画『サニー/32』の予告映像が解禁された。北原自身が「死ぬかと思った」と回想する熱演シーンも収録されている。@@cutter 本作は、『凶悪』の監督・白石和彌と脚本・高橋泉のタッグによるオリジナル作品。拉致や監禁といった衝撃的な展開がサスペンスフルに繰り広げられる。新潟のある町で、仕事も私生活もふるわずに日々を過ごしていた中学校教師・藤井赤理(北原)。24歳の誕生日を迎えた日、突然、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)に拉致され豪雪が積もる山小屋に監禁されてしまう。2人は14年前、「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」と呼ばれた小学生による同級生殺害事件の犯人、通称“サニー”の狂信的信者だった。  解禁された予告編では、監禁された赤理が、柏原と小田によって「サニー」と呼ばれ、息もつかせぬ勢いで「サニー」に何かしらの縁を持った人間たちが次々に赤理に近づいてくるシーンが続く。戸惑う赤理だったが、映像の後半では一転、ある出来事をきっかけに“覚醒”した赤理が逆転を始める姿が。先の展開が読めないパワフルな予告編となっている。  今回北原は、監禁された山小屋の2階から、高々と降り積もった2、3メートルの雪に、スタントなしで飛び降りるという熱演を披露。雪世界を1人ひたすら逃げる体当たりの演技を行った北原は、当時を「死ぬかと思った」と回顧している。  12月30日より一部を除く全国上映劇場で、全3種類の絵柄が用意されたムビチケカードが発売される。  映画『サニー/32』は、2018年2月17日より全国公開。9日には新潟・長岡で先行公開。

  • 北原里英、セクシーなランジェリーショットに「目のやり場に困る」と反響 ※「北原里英」インスタグラム

    北原里英、セクシーなランジェリーショットに「目のやり場に困る」と反響

    エンタメ

     NGT48の北原里英が20日にインスタグラムを更新し、素肌があらわとなったセクシーなランジェリーショットを公開した。艶めく表情の一枚に、ファンからは「綺麗です」「色っぽすぎ」「目のやり場に困るなぁ」など絶賛の声が上がっている。@@cutter この日の投稿で、来年1月17日に初のソロ写真集を発売することを報告した北原。今年8月には来春をめどに卒業することも発表しているが、「卒業前に写真集をだすことができてとても嬉しいです」と現在の心境を語り、胸元がはだけたグレーのトップスに下着を身に付けたセクシーな姿をアップ。「わたしの10年間の集大成」と、写真集への思いを綴った。  この投稿に対して、コメント欄では「可愛いし、セクシー」「スタイル抜群ですね」「りえちゃんほんと綺麗」「下もちゃんと服着てください(笑)」といった感想や、写真集について「楽しみです」「めっちゃ気になる」「写真集発売おめでとう!」といった声も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/rie_kitahara_3/

  • 映画『サニー/32』ポスタービジュアル

    北原里英をピエール瀧&リリー・フランキーが監禁!『サニー/32』ビジュアル解禁

    映画

     北原里英が主演を務め、2018年2月に公開する映画『サニー/32』より、ピエール瀧とリリー・フランキーふんする男たちに監禁された北原の姿を収めた、衝撃的なポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、白石和彌監督と、脚本・高橋泉の映画『凶悪』タッグによる完全オリジナルのサスペンス。物語は、仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理(北原)が、24歳の誕生日に誘拐されることから幕を開ける。誘拐犯は、ピエールとリリーが演じる“サニー”の狂信的信者だった。“サニー”とは、ネットなどで神格化した殺人犯である11歳の少女の愛称だったが、2人はなぜか赤理のことをと呼び…?  解禁となったポスターでは、いまや日本映画界の顔となったピエールとリリーが見せる表情が印象的だ。不気味に笑みを浮かべるリリーとは対照的に、ピエールは表情一つ変えず、北原が縛られた異様な写真を持ちながら、こちらをじっと見つめている。  ほかに、まだ役どころが明かされていない実力派女優の門脇麦、白石組の常連で毎作品ごとに個性的な役を務めてきた音尾琢真、さらには赤理の同僚にふんする駿河太郎など、確かな演技力を持つ俳優陣も出演する。捨て身で撮影を乗り切り、本格女優として覚醒した北原をはじめ、キャストたちの「凶悪」な芝居に注目したい。  映画『サニー/32』は、2018年2月9日より新潟・長岡にて先行公開、2月17日より全国公開。

  • 北原里英主演映画『サニー/32』

    北原里英、グループ卒業発表後初の主演映画が決定! 『凶悪』白石和彌監督の最新作

    映画

     来年春にAKB48グループ卒業を発表しているNGT48のキャプテン・北原里英が2018年2月公開の映画『サニー/32』で自身初の主演を務めることが分かった。卒業も控える中、「待ちに待った瞬間を迎えて、震えるほど嬉しい気持ち」と明かした北原は、「この作品で新しい一歩を踏み出します!」と意気込みを示す。@@cutter 映画『サニー/32』は、白石和彌と脚本・高橋泉の『凶悪』タッグによる完全オリジナルのサスペンス。物語は、仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理(北原)が24歳の誕生日に誘拐されるところから展開。犯人は、ピエール瀧&リリー・フランキー演じる「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」“サニー”の狂信的信者であったが、2人はなぜか赤理を“サニー”と呼んでいた…。  初の主演映画を通して「新たな人生を歩み始められることをとても幸せに思います」と思いを口にした北原は、本作の脚本について「本を読むだけでこれはとんでもないものになりそう…という予感と、自分に『これができるのだろうか?』という心配とで、ワクワクドキドキしました」と感想をつぶやく。  また、共演する瀧とリリーに対して「わたしの大好きな『凶悪』コンビだったので、初めてお二人の2ショットを見たときは、こっそりテンションが上がりました!」と告白。「映画などでは怖い印象の強いお二人ですが、実際はとても面白くてお茶目で可愛くて、瀧さんは少年のようで、リリ ーさんは包容力溢れる大人で、タイプの違うお二人なのですが 2人がとても仲良しで癒されました」と撮影現場での様子を語っている。  北原の初主演が発表されたほか、特報映像も解禁となった映画『サニー/32』は、2018年2月全国ロードショー。

  • NHK紅歌合戦 初出場歌手発表」記者会見に出席した、桐谷健太

    <紅白歌合戦>桐谷健太、初出場に感謝「本当にありがたい」 宇多田、欅坂46も決定

    エンタメ

     今年の大みそかに放送される『第67回 NHK 紅白歌合戦』(19時15分から放送)の出場歌手発表記者会見24日、都内で行われ、総勢46組の紅白歌合戦出場歌手、アーティストが発表された。またこの日は、初出場となるKinKi Kids、欅坂46、桐谷健太、RADIO FISH、PUFFY、市川由紀乃が登壇し、出場への意気込みなどを語った。@@cutter 今回初出場が決まったのは、登壇した以外にも宇多田ヒカル、大竹しのぶ、THE YELLOW MONKEY、RADWIMPSら計10組。  普段は東京ドームで年越しライブを行っており、意外にも初出場のKinKi Kids堂本光一は「この大事な時に紅白出場させていただくことを本当に喜ばしく思っており、出場される方、お茶の間の皆様と大切な時間を共有できることを楽しみにしております」と出演への思いを語る。  また、今年グループとしてデビューしたばかりながら、快進撃を続けている欅坂46の平手友梨奈は「最高のパフォーマンスをお届けできるよう全員で力を合わせて頑張ります」とその意気込みを語った。  今年「海の声」で歌手として大きな注目を浴びた桐谷健太は、今回司会を務める有村架純とCM以来の共演であり、同じくCMの共演者である松田翔太と濱田岳には今回の出場の報告を「まだしてません、すぐします!」と応え、笑いを誘った。さらに「経験フェチの僕からすると、出場できるということは、本当にありがたい」と感謝の言葉を述べた。  現在大ヒット中のアニメ映画『君の名は。』の音楽を担当し話題となったRADWIMPSとTHE YELLOW MONKEYは同会見には欠席したが「小さいころからずっとテレビで見てきたステージ、楽しみにしています」(RADWIMPS)、「最高の2016年を締めくくれるように演奏させていただきます」(THE YELLOW MONKEY)と一年の総決算に向けたメッセージがそれぞれ届いた。また、宇多田も会見欠席とはなったが、宇多田ヒカルSTAFF公式ツイッターでは「第67回NHK紅白歌合戦への初出場が決定。生歌唱で出演します」と報告している。  この日は特別ゲストとしてAKB48の横山由依、渡辺麻友、北原里英、入山杏奈、川本紗矢が登場。紅白に向けての特別企画として、今回紅白歌合戦に出場するAKB48のメンバーを総選挙にて決定するという催しが発表。この場で初めてその話を聞いたという5人は不安そうな表情を見せるも、渡辺は今年の総選挙のリベンジとばかりに「一位を狙います」と宣言していた。  『第67回 NHK 紅白歌合戦』出場者は以下の通り。 <紅組> AI (2) 絢香 (8) E-girls (4) いきものがかり (9) 石川さゆり (39) 市川由紀乃 (初) 宇多田ヒカル (初) AKB48 (9) 大竹しのぶ (初) 欅坂46 (初) 香西かおり (19) 坂本冬美 (28) 椎名林檎 (4) 島津亜矢 (3) 高橋真梨子 (4) 天童よしみ (21) 西野カナ (7) 乃木坂46 (2) PUFFY (初) Perfume (9) 松田聖子 (20) 水森かおり (14) miwa (4) <白組> 嵐 (8) 五木ひろし (46) X JAPAN (7) 関ジャニ∞ (5) 桐谷健太 (初) KinKi Kids (初) 郷ひろみ (29) 三代目 J Soul Brothers (5) THE YELLOW MONKEY (初) SEKAI NO OWARI (3) Sexy Zone (4) TOKIO (23) AAA (7) 氷川きよし (17) V6 (3) 福田こうへい (3) 福山雅治 (9) 星野源 (2) 三山ひろし (2) 山内惠介 (2) ゆず (7) RADWIMPS (初) RADIO FISH (初)

  • 久々のNot yet!ゆいはんだけ変顔なし!?

    大島優子、指原莉乃ら「notyet」メンバー集結 「復活して~」と反響

    エンタメ

     NGT48のcが28日、自身のインスタグラムアカウントにて、AKB48から派生した4人組アイドルユニットNot yetのメンバーである大島優子、HKT48の指原莉乃、AKB48の横山由依との集合ショットを公開。「ノイエ大好き!」と反響の声が多くあがっている。@@cutter 「だーいすき!」という北原のコメントとともに公開された写真では、横山以外の3人が変顔という楽しそうな様子が見て取れる。また、大島も同様に“ノイエ会”の様子を自身のインスタグラムにて公開し「心地いいー懐かしーすんばらしー」とのコメントを添えている。さらに指原、横山も自身のツイッターにて同様に写真を公開、楽しいひと時を振り返った。  この写真には「Not yet写メ待ってました! 変顔ステキ」「キャー!大好き大好き」「凄い!豪華メンバーだぁ」「久々に見た。ノイエのショットですね~ぇ」と絶賛の反響の声が多くあがる中、グループに対し「復活して~」「またliveしてほしい」「またNotyetで活動みたいです」と、復活を願う声が多くあがっている。

  • 『ひぐらしのなく頃に』NGT48メンバーの配役が決定!

    連ドラ『ひぐらしのなく頃に』、NGT48加藤美南、北原里英ら主要メンバー配役決定

    エンタメ

      BSスカパー!にて放送されるオリジナル連続ドラマ『ひぐらしのなく頃に』の主要キャストに、アイドルグループNGT48メンバーより加藤美南、中井りか、清司麗菜、本間日陽、北原里英、高倉萌香の出演が決定。27日に開催されたNGT48新潟劇場昼公演後にオーディション結果が発表された。@@cutter 本作は、漫画、小説、アニメ、実写映画など広くメディアミックスが行われた同名ホラーゲーム初のドラマ化作品。昔から伝わる「綿流し」という神事を行う村・雛見沢村を舞台に巻き起こる凄惨な連続怪死・連続失踪事件の謎を描く。  今回の配役はオーディションにより決定し、ドラマ公式サイト上でオーディションの模様・稽古風景をファンが見てメッセージを投稿できる試みがなされ、話題となった。  主人公・前原圭一のクラスメイトであり、世話好きで可愛いものに目がない竜宮レナ役の加藤は、「選ばれたからには NGT48の代表として、恥をかかない演技をすることを覚悟しながらやっていきたいです。少しでもこのチャンスをものにして、NGT48を多くの人に知ってもらえるよう頑張ります!」と強い意気込みを語る。  入江診療所に勤める看護婦・鷹野三四(みよ)役の北原は「今回、ひぐらしの主要キャストはいずれも学生だったので半ば諦めてたのですが…大人だからこそ、挑戦できる役に選んでいただいたので、色気を出して頑張りたいです」と本作にかける覚悟を見せた。  BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『ひぐらしのなく頃に』は5月スタート。毎週金曜21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access