北川景子 関連記事

  • 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』ティザーポスタービジュアル

    松重豊、妻・北川景子の一言で“男の妊活”開始 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』特報

    映画

     俳優の松重豊が初主演し、女優の北川景子と年の差夫婦を演じる映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』より、特報映像とティザーポスターが解禁。映像は、松重と北川が、仲良し夫婦をコミカルに演じる姿が収められている。@@cutter 原作は、作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に、男性不妊をユーモアあふれる語り口で書き上げたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)。男性不妊という現実にショックを受けながらもそれを受け止め、全力で妊活に取り組む主人公ヒキタを松重が、そんなヒキタを懸命に支え、励ます妻・サチを北川が演じる。メガホンをとるのは、映画『オケ老人!』の細川徹監督。共演に濱田岳、伊東四朗、山中崇を迎える。  特報映像は、真面目な表情で水槽を見つめるヒキタのアップに「ヒキタクニオ、49歳。職業、作家」というナレーションが重なる映像からスタート。次いで、ヒキタが妻のサチとサウナやビールを楽しんだり、幸せに生活する姿がつづられていく。しかし、ある日突然「ヒキタさんの子どもに会いたい」というサチの一言が飛び出すと、ヒキタは呆然。それまでの生活が一変し、男の妊活に奮闘する。最後は、クリニックで医師から検査結果を見せられた後、うなだれながら「大変なことになってるぞ」とつぶやくヒキタの姿で幕を閉じる。  ティザーポスターは、道端に仲良く佇むヒキタ夫妻の姿を捉えたもので、2人のそばには、それぞれ「妊活」「ご懐妊」と描かれた矢印型の標識が立っている。「ご懐妊」の矢印が指す方向を向いて立っているヒキタ夫妻が、念願の“ご懐妊”に向けてどのように歩んでいくのかが気になる、印象的なビジュアルとなっている。  映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』は10月に全国公開。

  • 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』ビジュアル

    松重豊、映画初主演 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』で北川景子と年の差夫婦に

    映画

     俳優の松重豊が初主演し、女優の北川景子と年の差夫婦を演じる映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』が10月に公開されることが決定。本作は今年4月に開催される「第9回北京国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることが決定している。@@cutter 原作は、作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)。一般的になじみの薄い“男性不妊”を真正面から描きながらも、著者のユーモアあふれる語り口で展開される本作は大きな話題を呼んだ。映画『オケ老人!』の細川徹監督が、困難が立ちはだかっても明るく前向きに乗り越えていくヒキタ夫妻の姿を、ユーモアを交えながら抒情的に描き出す。  主演の松重が、男性不妊という現実にショックを受けながらも、夫婦で力を合わせて全力で妊活に取り組むヒキタを、時に頼もしく、時にコミカルに演じる。ヒキタと二回り近い年下の妻・サチを北川が担当し、懸命にヒキタを支え共に困難を乗り越えていく健気な妻を体現。そのほか、ヒキタの担当編集者・杉浦俊一を濱田岳、サチの厳格な父親・田野辺和夫を伊東四朗、ヒキタ夫妻の主治医・桑島を山中崇が演じる。  作家のヒキタクニオ(49歳)は、愛する妻・サチと仲良く2人で暮らしている。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。子どもは好きだけど、自分たちの子どもは作らずに2人だけで生きていくと決めていた。しかしある日「ヒキタさんの子どもに会いたい」という妻の言葉がきっかけで妊活を始めるも、なかなか結果は出ない。クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタ自身にあることが判明。そこからヒキタ夫妻の悲喜こもごもの妊活の日々が始まる…。  松重は「妊活モノというのは全く想定外の出演依頼でして、ひとくちに子作りと言っても、大変な苦労があるものだなと、読んではじめて知らされることばかりでした」と脚本の感想をコメント。撮影を振り返り「北川景子さんが奥さん役でしたので、この年齢差をどう成立させなきゃいけないのか、そればかり考えて現場に入りました。でもそこはさすが北川さん、実に自然な夫婦感を醸し出してくれました。思えば私にとって、夢のようなひとときでした」と充実感をにじませた。  北川は、これまで何度も共演経験があり、信頼関係が出来上がっていた松重と「クランクインしてすぐに、自然と夫婦になれたような気がしました」と回顧。続けて「私はこの作品に取り組んで不妊治療について詳しく知ったのですが、夫婦の心の絆と、困難にぶつかっても乗り越える強さがなければ到底できない、大変なことだと知りました。私は経験がありませんでしたが、サチさんの不妊治療に取り組む姿勢をリアルに表現したいと思いました。とても難しかったですが、この作品がたくさんの方に届いてほしいと思います」とメッセージを寄せている。  映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』は10月に全国公開。

  • (左から)天海祐希、米倉涼子、北川景子

    『家売るオンナの逆襲』北川景子もランクイン! 理想の“ビジネスウーマン”発表

    エンタメ

     女優の天海祐希、米倉涼子、北川景子が、就業女性1200名が選ぶ「働く女性のお手本となる理想のビジネスウーマン」のTOP3に輝いた。@@cutter 今回の結果は、「日本FP協会」が2019年2月15日~2月19日の5日間、インターネット調査を実施し、20代~50代の就業女性1200名の有効回答を集計したもの。  本ランキングでは、全国の就業女性に「働く女性のお手本となる理想のビジネスウーマン」のイメージにあてはまる女性有名人を聞いたところ、ドラマ『女王の教室』や『緊急取調室』などで知られる天海が、235票でダントツの1位に輝いている。  続く2位には『ドクターX ~外科医・大門未知子~』シリーズや『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の米倉、そして3位には先日最終回を迎えた『家売るオンナの逆襲』の北川がランクインしている。  さらに、4位に『アンフェア』シリーズの篠原涼子、5位に『コウノドリ』『コールドケース』の吉田羊と続き、6位に真矢ミキ、7位に有働由美子、8位に綾瀬はるか、松嶋菜々子、10位に石原さとみ、木下優樹菜が並んだ。

  • (左から)新垣結衣、北川景子

    新垣結衣、北川景子も!「白衣姿にキュンとしそう」女性有名人ランキング

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、男女1000名が選ぶ「『白衣姿をみたらキュンとしそう』と思うお医者さんのイメージにあてはまる有名人」ランキングで1位に輝いた。2位には北川景子、3位には石原さとみが選ばれている。また男性有名人の1位は福山雅治がトップとなっている。@@cutter 今回の結果は、「メディケア生命保険株式会社」が2019年2月15~18日の4日間、インターネットリサーチを実施。直近1年以内に病院・医院・診療所・クリニックを受診したことがある、全国の20歳~59歳男女(男性500名、女性500名、計1000名)の有効サンプルを集計したもの。  回答者1000名に「『白衣姿をみたらキュンとしそう』と思うお医者さんのイメージにあてはまる有名人」をきいたところ、ドラマ『コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』(フジテレビ系)シリーズのフライトドクター役で、ブルーのスクラブ姿を披露した新垣が1位。2位は北川、3位はドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の法医解剖医役で白衣姿を見せた石原がランクインする形となった。  続く4位は深田恭子、5位は米倉涼子、6位は綾瀬はるか、7位は有村架純、8位は橋本環奈、9位は戸田恵梨香、菜々緒が同率で名を連ねた。  一方、男性有名人の1位は、ドラマの物理学者役での白衣姿が印象深い福山。2位には、ドラマで小児科医を演じていた斎藤工と、フライトドクター役が記憶に新しい山下智久が同率でランクイン。続く4位は西島秀俊、5位は阿部寛、綾野剛、木村拓哉が同率、8位は高橋一生、竹野内豊が同率、10位は竹内涼真が並んでいる。

  • (左から)長澤まさみ、新垣結衣

    長澤まさみ&新垣結衣がランクイン!「汗をかく姿が美しそうなタレント」発表

    エンタメ

     女優・長澤まさみが、営業職女性が選ぶ「汗をかく姿が美しそうなタレント」の1位に輝いた。2位には新垣結衣、3位には土屋太鳳&北川景子が並んだ。@@cutter 今回の結果は、カネボウ化粧品が2019年2月12日、13日の期間にインターネットリサーチを実施。全国20歳~30歳の営業職女性500人の有効回答を集計したもの。  「汗」と関連して、「汗をかく姿が美しそうなタレント」を聞いたところ、最も票を集めたのは長澤。「汗をかいても清潔感があって、きれいだから」「明るくて元気でアクティブな感じがするから」「健康的でセクシーなイメージなので汗が似合いそう」という意見が集まり、清潔感、健康的なスポーティなイメージが今回の結果に繋がったようだ。  2位の新垣には、「青と白が似合う爽やかなイメージがある」「素肌が綺麗だから」「ナチュラルで薄化粧でも綺麗だと感じるから」といった、爽やかさや素肌の綺麗さを支持する声が。  さらに、3位の土屋には「体育会系のイメージがあるので」「天真爛漫で汗をかいても美しい感じがするから」など、同数票の北川には「働く女性からの支持が高そうだから」「健康的で、汗をかいても綺麗な印象」といった声が挙がった。また、ランキングでは続いて、5位に菜々緒、6位に上戸彩、本田翼がランクインした。

  • 北川景子

    北川景子の身に“Wサプライズ”! ファン歓喜の『家売るオンナの逆襲』最終話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)の最終話が放送され、三軒家万智(北川)に起きた2つの急展開について、視聴者から「最高」「おめでとう!!」などの声が殺到した。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  留守堂が万智たちの前から姿を消して1年後。テーコー不動産新宿営業所は外資系ライバル会社の急成長により消滅の危機を迎えていた。そんな中、住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群「新宿ガーデンハイツ」の部屋をリッチブラスト不動産が次々買い占めているという噂を聞き、万智と庭野(工藤阿須加)は現地を訪ねる。一方、客を装ってライバルを偵察した足立(千葉雄大)は、リッチブラスト不動産副社長にまで登り詰めた留守堂に遭遇する…。  リッチブラスト不動産による再開発案から、新宿ガーデンハイツを守ることに成功したテーコー不動産新宿営業所の面々。営業所で朝礼が行われると、契約社員の布施(梶原善)が、屋代(仲村トオル)に「部長! 昇進おめでとうございます!」と一言。さらに足立も課長に昇進したことが明らかになると、SNS上には「課長が部長に!!足立が課長に!!」「昇格したんかいww」などの反響が。足立が「部長! そろそろ社長がいらっしゃいますよ」と言うと、2人のSPを伴って社長に昇進した三軒家が登場。「テーコー不動産社長兼売買仲介営業部チーフ三軒家万智です!」と社員の前で改めて力強く自己紹介。ヒロインの社長への昇進にネット上には「まさかの社長www」「ついに社長!!」「最高」「家売る社長」などの声が寄せられた。  その後「BARちちんぷいぷい」で酒を飲んでいた足立が「社長もやってチーフもやって奥さんもやって、大変だなぁ」と三軒家について話すと、隣にいた屋代が「実はもう一つ増えることになりそうなんだ…」と三軒家の妊娠を報告。このシーンに視聴者からは「さんちー妊娠!!??」「サンチーがママに!!おめでとう!!」「おめでたい」などのツイートが殺到。放送終了後には「サンチーママバージョン見たすぎるぅ!」「ママになったサンチーも楽しみなので、ぜひ続編お待ちしてます」「続編はよ!!」などの声が多数寄せられた。

  • 『家売るオンナの逆襲』最終回場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』最終回、北川景子ら新宿営業所VS松田翔太の行方は…

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が今夜最終回を迎える。万智(北川)に対する留守堂(松田翔太)の憎しみから消滅の危機に陥った新宿営業所だったが、メンバー一丸となってライバル会社に立ち向かう。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも関わりながら、人生最大の買い物である家を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  留守堂が万智たちの前から姿を消して1年。新宿営業所は外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産の急成長により業績が伸び悩み、消滅の危機を迎えていた。  そんな中、住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群「新宿ガーデンハイツ」の部屋をリッチブラスト不動産が次々買い占めているという噂を聞き、万智と庭野(工藤阿須加)は現地を訪ねる。しかし、そこで立ち退きに抵抗する住人の老兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)の姿を見た万智は突然しゃっくりが止まらなくなる。  一方新宿営業所では、リッチブラスト不動産が今まで万智が行った型破りな家の売り方を真似して家を爆売りしていることが発覚。庭野と共に客を装ってライバルを偵察した足立(千葉雄大)は、なんとAIに万智のノウハウを組み込み副社長にまで登り詰めた留守堂に遭遇する。万智への憎しみを露わにする留守堂は、新宿ガーデンハイツを都市型リゾートに再開発すると話す。ライバル会社の勢いを前に、屋代(仲村トオル)は一同に地道な営業を呼びかけるが売り上げは伸びず大苦戦。  そんな中、万智は明と譲の元を再び訪ね、ある計画を提案する。実は明と譲は昔一世を風靡し小学生の万智も大ファンだった大人気コミックマジシャングループ「マジック7」のメンバーだった。屋代は万智の計画実現のため、雲の上の存在だった社長(舘ひろし)に直談判を試みるが…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』最終回は、日本テレビ系にて今夜3月13日22時放送。

  • 北川景子

    北川景子、夫DAIGOの家庭的な変化を告白 料理が「帰ったらできてる」

    エンタメ

     女優の北川景子が、9日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系/毎週土曜21時)に出演。夫DAIGOの変化を明かした。@@cutter この日、主演ドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)で共演している松田翔太と共に登場した北川。身の回りで起きたニュースとして「最近、(DAIGOが)料理を始めました」と語ると、観客席から「エーッ!?」と驚きの声が。  嵐・櫻井翔から「そういうときはお手伝いするの?」と聞かれると、「今まで家事は私が完璧にやらなくちゃいけないと思って、全部自分でやっていたんですけど、最近はやってくれるようになった」と述べ、「最近は帰ったら(料理が)できてる」と夫の変化ぶりを告白。実に家庭的なDAIGOに対し、松本潤は「全然ロックじゃねーじゃん」と笑わせていた。  そんな北川と松田が挑戦したのが、クイズに答えて絶品グルメを食べる定番コーナー「グルメデスマッチ」。今回は、地方や海外から続々と東京に進出している料理を集めた「上京グルメデスマッチ」が企画された。    ただし北川は、あるクイズに不正解した相葉雅紀に続いて、「ほとんど相葉さんと一緒(の答え)になっちゃうんですけど」と切り出しながら答えようとすると、進行役の平成ノブシコブシ吉村崇から「じゃ違います」とバッサリ切り捨てられるなど、あまり活躍できず。  その後もなかなか正解を導きだせない北川。「惜しいんですけどね、ずっと」と強がると、またもや吉村から「北川さん全然ですよ、全然惜しくない!」とツッコまれていた。前回出演時も食べられなかったという彼女は、「今日こそ食べて帰ろうと…」と、もう1人居残った松田翔太をマジマジと見つめ、「負けないよ!」とライバル心むき出しにしたが、ラストも問題でも、松田にあっさり答えられてしまうありさま。北川は「一言でいうなら、KS」と、夫の「DAI語」で表現し、「悔しい…!」と残念がっていた。

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』で共演中の(左から)北川景子、松田翔太

    北川景子と松田翔太にまさかの展開! 視聴者騒然の『家売るオンナの逆襲』第9話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が放送され、小学校の同級生だった三軒家(北川)と留守堂(松田翔太)だったが、留守堂の記憶違い発覚し、2人の関係が急展開を迎えるシーンに視聴者から「変な展開にwww」「笑ってしまった」「えぇ…(困惑)」などの声が殺到した。@@cutter 三軒家は、静江(松金よね子)と同居するための家を探す娘の馬場礼子(酒井若菜)を担当。一方、足立(千葉雄大)は新婚夫妻の家探しを担当し、留守堂は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。偶然、足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで、内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生する…。  第5話で、三軒家と留守堂が小学校の同級生であったことが発覚。イジメられていた留守堂に、三軒家が毎週餃子を届けてくれたことや、プールで溺れた際には彼女が救助し人工呼吸までしてくれたという想い出が彼の口から明かされた。  第9話では留守堂が思いを抑えられなくなり、三軒家と対峙する展開に。彼が真剣な表情で「もうパンパンなんです!」と語ると、三軒家は「何がパンパンなんですか!? …私への想いですか?」と返答。留守堂が「そうです!」と答えると彼女は喰い気味に「迷惑です!」とバッサリ。この会話にネット上には「よく笑わないでセリフ言えるな」「なに、このやり取りwww」などの反響が。  留守堂は三軒家に対して「すべて僕のものにしたい」と告白。それを聞いた三軒家は「あなたは人違いをしています」と答え、餃子を届けたのもプールで人口呼吸を下のも別人であると主張する。結局、留守堂の想い出が勘違いであったことが判明すると視聴者からは「留守堂さん、人生をかけたドジっ子やん」「なんちゅう勘違い(笑)」などのツイートが寄せられ、最終回を前にした急展開にSNS上には「変な展開にwww」「ヤバいwww笑ってしまったwww」「めっちゃ面白い(笑)」「えぇ…(困惑)」などのツイートが殺到した。

  • 『家売るオンナの逆襲』第9話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』、北川景子に対する松田翔太の愛が爆発!?

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が今夜放送される。今回は、万智(北川)と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂(松田翔太)の愛に、爆発へのカウントダウンが…。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも関わりながら、人生最大の買い物である家を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  万智は高齢の母・静江(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。庭野(工藤阿須加)は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力する。  今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。一方、絶好調の足立(千葉雄大)は新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。  偶然足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生し…。一方、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言。しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言う。  真壁の努力を無駄にしないため、庭野はなんとかしようと抵抗するが…。そして、売り上げの伸び悩む新宿営業所メンバーたちは現地販売で大奮闘。そんな中、万智と屋代の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話は、日本テレビ系にて今夜3月6日22時放送。

  • 北川景子

    北川景子の“サイレントGO”に反響「無言でも迫力」 『家売るオンナの逆襲』第8話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が27日に放送され、突如声が出なくなった三軒家万智が無言のまま決めゼリフの「GO!!」を披露するシーンに、視聴者からネット上に「無言怖いwww」「無言でも迫力ある」「GOはサイレントでも通用する」などの反響が寄せられた。@@cutter 庭野(工藤阿須加)は、父・茂雄から実家を売ってタコ焼き屋を始めたいと相談されるが猛反対。そんな庭野の元に、棟方母娘から自宅の売却依頼が舞い込む。「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」という母・幸子(南野陽子)に振り回される娘・すみれ(大後寿々花)に共感する庭野は、実家も棟方家も売らずに済ませようと決意する。  棟方母娘の自宅売却を自分が担当し、ケーキ屋の物件も売ると名乗り出た三軒家。彼女は庭野を伴って、棟方母娘が自宅売却後に購入するための物件へ案内する。そこで三軒家はすみれに自宅売却で得た資金で一人暮らしをするべきだと提案。三軒家はすみれに対して「お母様の犠牲…」と言いかけたところで、なぜか声が出なくなってしまう。異変に気付いた庭野に対して三軒家は通訳を要求。庭野は彼女の唇を読みながら「お母様の犠牲になってはいけません」とすみれに伝える。  自分と似た境遇の棟方母娘に対して庭野は「親一人子一人だと思うとなかなか突き放せないんですよね、でもそれって違うんじゃないですか!」と通訳以上のことを話すと、それを見た三軒家は彼に唇の動きで「あとは庭野が話せ」と意思表示。それを「自分には無理です!」と拒否した庭野に向かって、三軒家は唇の動きだけで「庭野GO!!」と発すると、彼は「はい!」と応じてしまう。このシーンに視聴者からは「サイレントGO!!」「サイレントモードwww」「無言GO!!」などのツイートが殺到。さらに「無言でも迫力ある」「GOはサイレントでも通用する」などの声がSNSに寄せられていた。

  • 北川景子

    北川景子の「手をつなぎたいです」に「萌える」の声殺到 『家売るオンナの逆襲』第8話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が27日に放送され、北川演じるヒロインの三軒家万智が仲村トオル扮する夫の屋代に「手をつなぎたいです!」と明かすシーンに視聴者から「可愛い」「最高最高!」などの声が殺到した。@@cutter 庭野(工藤阿須加)は職場に来た父・茂雄(泉谷しげる)から、実家を売ってタコ焼き屋を始めたいと相談される。商売に失敗しては食いつぶしてきた茂雄を反面教師としてきた庭野は反対するが、三軒家は“自分が売る”と宣言。そんな庭野は、自分の境遇を自宅の売却を担当している客・棟方母娘に重ねる。「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」という母・幸子(南野陽子)に振り回さる娘・すみれ(大後寿々花)に共感する庭野は、実家も棟方家も売らずに済ませようと決意する。  美加(イモトアヤコ)から屋代が浮気をしていると聞かされた三軒家は、彼を詰問。浮気の事実のない屋代は否定しながら、三軒家が彼に内緒で留守堂(松田翔太)と会っていたことを追求する。留守堂の正体を突き止めるために会っていた三軒家は「私が愛しているのは課長だけです!」と力強く告白。誤解のとけた三軒家と屋代は久しぶりに2人で帰宅することに。道すがら、三軒家は真剣な表情で「課長! 手をつなぎたいです」と気持ちを伝える。この三軒家の言葉に、視聴者からは「可愛いくて悶える」「直球サンチーかわいい」「まんちっちが甘えモード」「最高最高!」「8話鬼リピ確定」などのツイートが殺到。  三軒家の言葉に屋代が笑顔で応じると、2人は手をつなぐ。つないだ手を大きく降って足取り軽く歩く姿に、SNS上には「手繋いでブランブランしてるの何…萌え…」「キャー!仲良し!」「仲良さげでええなぁ」などの投稿が多数寄せられた。一方、それでも表情は堅い三軒家に対して「操り人形みたいなサンチー笑」「顔だけ真顔で首から下がルンルンなのはシュール過ぎるw」などの声も寄せられていた。

  • 『家売るオンナの逆襲』第8話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』、工藤阿須加は父・泉谷しげるに振り回され…

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が今夜放送される。今回は、庭野(工藤阿須加)がお調子者の父・茂雄(泉谷しげる)から実家を売りたいと持ちかけられて反対するものの、万智(北川)は、自分が売ると宣言する。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも関わりながら、人生最大の買い物である家を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  庭野は突然職場に押しかけてきたお調子者でいい加減な父・茂雄から、実家を売って人生最後の勝負にタコ焼き屋を始めたいと相談される。  お金と女にだらしなく、商売に失敗しては食いつぶしてきた茂雄を反面教師として真面目に育ってきた庭野は、亡き母が残した実家を売れば茂雄の生活基盤がなくなると反対するが、突然現れた万智が自分が売ると宣言。頭を抱える庭野は、自分の境遇を自宅の売却を担当している客・棟方母娘に重ねる。  夢見がちな母・棟方幸子(南野陽子)の「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」というわがままに振り回されながらも、母を心配し家を売らない方がいいと主張する堅実な娘・すみれ(大後寿々花)に共感する庭野は、万智に逆らい実家も棟方家も売らずに済ませようと決意。“サンチーの犬”を脱したい庭野と、留守堂(松田翔太)に対してモヤモヤを抱える足立(千葉雄大)は、それぞれ万智と留守堂からの卒業を誓う。  しかし、茂雄を説得しようと実家に帰ると、すでに万智が家を売る算段をつけていて…。しかも買い手はなんと留守堂。万智のあまりの仕打ちに庭野は自暴自棄になってしまう。そんな中、美加(イモトアヤコ)から屋代(仲村トオル)と三郷(真飛聖)の浮気写真を見せられた万智は怒りに燃える。恐ろしい剣幕で庭野を呼びつけた万智は棟方母娘の元へ。しかし家を売ろうとしたその時、万智は突然声が出なくなってしまう…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話は、日本テレビ系にて今夜2月27日22時放送。

  • 北川景子

    北川景子の“独特すぎる”ボウリング姿に「萌えすぎる」の声 『家売るオンナの逆襲』第7話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第7話が20日に放送され、北川演じる三軒家が独特すぎるフォームでボウリングに興じるシーンに視聴者から「かわいい」「萌えすぎる」「斬新www」「投げ方のクセwww」などの声が殺到した。@@cutter 会社が立ち上げた『ウーマンプロジェクト』のメンバーに選ばれた三軒家は、キャリアウーマンの朝倉雅美(佐藤江梨子)と、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美)と共にプロジェクトを進めることに。しかし、既婚者だが子どもはいらない主義の朝倉と、ワーキングマザーである自分の価値観が絶対と信じる宇佐美の意見は衝突。三軒家に仲間意識を感じる朝倉は、自分の家探しを相談。宇佐美は足立(千葉雄大)の紹介で留守堂(松田翔太)に家探しを相談することに…。  朝倉からボウリングに誘われた三軒家は庭野(工藤阿須加)を伴ってボウリング場へ。朝倉と庭野が華麗なフォームで次々とピンを倒していく中、三軒家が投げる番に。気合十分の表情でジャケットを脱ぎ捨て、ボウリングの球を手に取ると三軒家は庭野を呼びつけ「この穴はなんだ!?」と質問。庭野が「ボウリング初めてですか?」と聞くと、三軒家は自信たっぷりに「初めてだ!!」と答える。このやりとりにSNSでは「初めてのボウリングwwwかわいい」「やったことないの?w」などの反響が。  驚きと戸惑いの表情の庭野と朝倉を尻目に、三軒家はレーンに歩み寄ると、両足を左右に大きく広げ、力士がシコを踏むような態勢になり、両手で持った球を「はぁっ!!」と気合を入れて前へ放り投げる。この独特すぎる投げ方に視聴者からは「ボウリングできないサンチーかわいい!」「フォームが最高すぎるw」「萌えすぎる」「斬新www」「投げ方のクセwww」などのツイートが殺到。  また、ボウリングが初めてで変なフォームのまま投げ続ける三軒家に誰もちゃんとしたフォームを教えようとしないことに対して「庭野、教えてやれよw」「教えたれや!笑」「サンチーかわいいからあえて投げ方教えていない説」などのコメントもネット上に寄せられていた。

  • 『家売るオンナの逆襲』第7話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』、北川景子と松田翔太がボウリング対決

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第7話が今夜放送される。今回は、キャリアウーマンとワーキングマザーの家探しから、万智(北川)とライバルの留守堂(松田翔太)がボウリング対決で勝負をつけることに…。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。北川演じる伝説の不動産屋・三軒家万智を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  輝く女性社員の活躍をアピールするために会社が立ち上げた『ウーマンプロジェクト』のメンバーに選ばれた万智は、キャリアウーマンの朝倉雅美(佐藤江梨子)と、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美)と共にプロジェクトを進めることに。  しかし、既婚者だが子どもはいらない主義の雅美と、ワーキングマザーである自分の価値観が絶対と信じるサキの意見は衝突。さらに時短勤務のサキが打ち合わせ中に平然と帰ることに雅美は苛立ちを覚える。万智に仲間意識を感じる雅美は、自分の家探しを相談。サキは同期である足立(千葉雄大)の紹介で留守堂に家探しを相談していた。  一方、連日仕事で帰りが遅い万智に密かに不満を抱く屋代(仲村トオル)は美加(イモトアヤコ)のバイト先の上司・三郷楓(真飛聖)に再会し、距離を縮める。そんな中、万智が雅美に勧めた物件と留守堂がサキに勧めた物件がバッティング。保育園に近く育児がしやすいという理由で家を手に入れたいサキは、雅美が馴染みの鍼灸院に近いという理由で家を買おうとしていると知り憤慨する。  家を巡る二人の争いは、留守堂の提案で万智vs留守堂のボウリング対決で決着をつけることに。万智がボウリングがド下手であることを知る庭野(工藤阿須加)と雅美が負けを確信する中、対決の日が近づき…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第7話は、日本テレビ系にて今夜2月20日22時放送。

  • 北川景子

    北川景子、“女優の卵”時代のエピソード「全然お金がないから…」

    エンタメ

     女優の北川景子が13日、情報番組『ZIP!』(日本テレビ系/月曜〜金曜5時50分)に出演。17歳でデビューした“女優の卵”時代の秘話を明かした。@@cutter 番組では水曜日メインパーソナリティーを務める俳優の工藤阿須加が、自身も出演するドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)で主演を務める北川景子をはじめ、仲村トオルや千葉雄大を招いて座談会を展開。  座談会では、ドラマのモチーフの1つである“家”にちなんで、一人暮らしの思い出が話題に上がった。すると千葉は「大学で上京してきたんですけど、大学が始まって2週間くらいはお弁当作っていたんですよ」」と上京当時のエピソードを披露。「ちなみに今は?」と尋ねられた千葉は「2019年に入ってからは毎日」と返答。さらに「冷蔵庫に保存したりするんで」と語ると、北川は感心した表情で「私と同じじゃない主婦みたいじゃない」とコメント。  工藤と共に進行役を務めたタレントの團遥香から一人暮らしの思い出を聞かれた北川は「私は初めて一人暮らしをしたのが17歳のときだったんですけど、全然お金がないから、近所の八百屋さんとかがくれてました(野菜を)」と明かすと、共演者一同は驚きの表情に。北川はさらに「撮影が終わって閉店間際に通ると、俳優の卵だっていうのが分かっているから」と若手時代のエピソードについて話すと、仲村トオルは「いい話だねぇ」とシミジミ。さらに團が「そういうのがあるんですね東京にも」と話すと、北川は笑顔で「そうです、それがあって今の私がある。ありがたかったです」と当時を振り返った。

  • (左から)新垣結衣、綾瀬はるか、北川景子

    綾瀬はるか、北川景子、新垣結衣がトップ3 「転勤しても不安を感じない理想のパートナー」

    エンタメ

     女優の綾瀬はるかが「この人と一緒ならどこへ転勤しても不安を感じない、理想のパートナー」のイメージの有名人ランキングの1位に輝いた。2位には北川景子、3位には新垣結衣が続いている。@@cutter 今回の結果は、2018年12月25日~2019年1月7日の14日間、転勤を経験した既婚男性ビジネスパーソン500名と、夫の転勤に伴い一緒に引越しをした経験のある既婚女性500名の計1000名を対象に「ビジネスパーソンの転勤事情に関する調査」を実施し、集計したもの(東急住宅リース調べ)。  回答者のうち500人の「転勤経験のある既婚男性」に「この人と一緒ならどこへ転勤しても不安を感じない、理想のパートナー」のイメージの有名人を聞いたところ、ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)にて母親役を演じたことが記憶に新しい、綾瀬が1位を獲得。2位には北川がランクインした。  続いて同率3位には新垣、石原さとみ、5位には吉田羊、6位には米倉涼子と、キャリアウーマンのイメージが強い女優が勢ぞろい。同率7位には天海祐希、北斗晶、友近と、芯のあるパワフルな女性が名を連ねている。そして10位は深田恭子、有村架純、小泉今日子、黒木瞳、石田ゆり子、竹内結子らが選ばれる結果となった。

  • 『家売るオンナの逆襲』に出演中の工藤阿須加

    工藤阿須加が壊れた!? 渾身の“変顔”に反響 『家売るオンナの逆襲』第6話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が放送され、庭野(工藤阿須加)が、万智(北川)に迫る留守堂(松田翔太)への嫉妬心のあまり変顔になってしまうという熱演に、ネット上には「壊れた笑笑」「かわいい」「アツいな」などの声が寄せられた。@@cutter 留守堂(松田翔太)が万智(北川)に愛を告白する様子を盗み見て衝撃を受けた屋代(仲村トオル)は、スーパーで優しげな女性店長・三郷楓(真飛聖)に出会う。そんな中、万智と庭野(工藤)は美容院を経営する八十多湊人(武田航平)・つぐみ(内山理名)夫妻を担当。家は売れそうだが、お互いの不倫を公認しているという八十多家の突飛な夫婦観に新宿営業所メンバーの価値観が揺さぶられる。一方、留守堂は大学教授の尾田から家探しの相談を受ける。  屋代(仲村)は庭野(工藤)に、万智と留守堂が密会していたこと、そして留守堂が顔や名前を変えた万智の小学校の同級生だったことを明かす。すると庭野は目を剥いて「うええ~~!!」と絶叫し、なぜ万智と密会をしていたのか、自分が留守堂に直接確かめると豪語。さらに上司の屋代を留守堂に見立てて、あろうことか彼の胸ぐらを両手で乱暴に掴むと、怒りで顔を真っ赤にし、鬼気迫る表情で「これ以上、三軒家チーフに近づくなぁ~!!」と怒鳴り、その勢いのまま営業所を飛び出していってしまった。このシーンに視聴者からは「庭野が壊れた笑笑」「庭野、アツいな…」「庭野、ゆでダコみたいだよ」「工藤阿須加の顔芸、日に日に激しくなってるw」などの声がSNSに寄せられた。  バーで留守堂と対面した庭野だったが、三軒家への思いにシンパシーを感じてなぜかすっかり意気投合。2人で仲良く飲んでいる様子を写真に撮り、留守堂に想いを寄せる足立(千葉雄大)に送ってしまう。このシーンに対してネット上には「庭野かわいい」「庭野おもろい」「男の三角関係が始まるのかな~笑」「三角関係になってほしい」などのコメントも投稿されていた。

  • 『家売るオンナの逆襲』第6話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』松田翔太から北川景子への告白に仲村トオルは…

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が今夜放送される。ライバルである留守堂からの衝撃の告白で締めくくられた前回に続き、第6話では“不倫”の嵐が吹き荒れる展開に。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。北川演じる伝説の不動産屋・三軒家万智を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  同級生の“ドジスケ”こと三瓶良雄であることが発覚した留守堂(松田翔太)から、万智は愛の告白を受ける。その様子を盗み見て衝撃を受けた屋代(仲村トオル)は、帰り道に立ち寄ったスーパーで優しげな女性店長・三郷楓(真飛聖)に出会う。そんな中、万智と庭野(工藤阿須加)は美容院を経営する八十多湊人(武田航平)・つぐみ(内山理名)夫妻を担当。二人は、お互いの不倫を公認する“友達夫婦”という突飛な価値観を持つ夫婦だった。  一方、留守堂は大学教授の尾田順平(橋爪淳)から家探しの相談を受ける。妻・まり(筧美和子)の愛を独占したいと話す順平だが、夫婦関係は新鮮味を失っている様子。その夜、留守堂の正体を知った庭野は、留守堂が万智に近づくことに激しい抵抗を覚え、本人に直訴する。しかし、『密かに思う心の自由』は誰にも侵すことはできないと諭され、いつの間にか留守堂と意気投合。  心を許した庭野から八十多家の話を聞いた留守堂は、自分の客・順平の妻と万智の客が不倫関係にあることに気付く。翌日、契約のために来店する湊人だが、妻の不倫に気づいた順平が乗り込んで来て刃傷沙汰が勃発。二組の夫婦の家探しが暗礁に乗り上げる中、万智が協力を呼びかけたのは、なんと留守堂だった。手を組んだ二人の天才の下、新宿営業所をあげて驚愕のプロジェクトが始動しようとしていた…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第6話は、日本テレビ系にて今夜2月13日22時放送。

  • 『家売るオンナの逆襲』第5話場面写真

    『家売るオンナの逆襲』北川景子の過去発覚!? ゲストに柄本時生&知英

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話が今夜放送される。第5話では、北川演じるヒロイン・三軒家万智の過去が明らかになる。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  留守堂(松田翔太)に敗北を喫した万智(北川)は休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消す。そんな中、庭野(工藤阿須加)は残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生)とその婚約者で奥ゆかしい美人・宮寺奈々(知英)を担当。見栄えのいい家が欲しいという竜司は、チラシに載っていた万智の似顔絵を見て小学校の同級生『マンチッチ』だと言い出す。  その夜、庭野と屋代は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレてしまう。万智との関係を尋ねる屋代に、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話す。万智の同級生・竜司が留守堂のことも知っていると思った庭野と屋代は竜司の家へ。そこで二人が見たのは卒業アルバムに写った衝撃的な万智の姿だった。  翌日、竜司と奈々に内見案内をしていた庭野は、シャワーの誤作動で奈々をびしょ濡れにしてしまう。化粧が落ちた奈々はさっきとは別人のような容姿。実は奈々は神がかった化粧で素顔を隠していた偽装美人。その正体を知った竜司は婚約を破棄すると言い出すが、そこに姿を消していた万智が現れ、家を売ると宣言し…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第5話は、日本テレビ系にて今夜2月6日22時放送。

  • 北川景子

    北川景子が“キメ顔”で「私に過去はいらない」 夫DAIGOが明かした素顔に驚がく

    エンタメ

     タレントのDAIGOが、29日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系/毎週火曜21時)に出演し、妻で女優の北川景子のすがすがしい性格が分かるエピソードを披露。MCの中居正広らを驚かせた。@@cutter ゲスト出演したDAIGOはトークパートで妻・北川の潔い性格を話題に。北川は、使い終わった台本、過去の写真をどんどんシュレッダーにかけるそう。2人の思い出の写真はとってあるそうだが、昔の写真でも容赦なく捨ててしまうと明かされるとスタジオは騒然。その行為に対し、DAIGOが「大丈夫? 大事じゃないの?」と聞いた際には、北川は“キメ顔”で「私に過去はいらない」と告げたそう。  MCの中居はそんな北川を「それ言われたら俺、キスしちゃうなあ」と称賛。お笑いコンビ千鳥らから「なんでキスしちゃうん」などとツッコミを浴び、スタジオは大きな笑いに包まれた。

  • 『家売るオンナの逆襲』第4話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』、北川景子が新人・草川拓弥に敗北!?

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第4話が今夜放送される。今回は、ダメ新人営業マンの鍵村(草川拓弥)が、万智(北川)を出し抜いて家を売ったと宣言するが…。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも関わりながら、人生最大の買い物である家を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  4月に始まる働き方改革に向け、新宿営業所では労働時間の見直しをすることに。残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代(仲村トオル)は、何とか鍵村を成長させたいと思い、庭野(工藤阿須加)を頼る。  一方、万智は、定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫(佐野史郎)から、資金援助する娘夫婦の家のことを相談される。勤労を美徳とする功夫とは対照的に、娘婿の健太郎(田村健太郎)は会社で責任あるポストに就くことを拒む上昇志向のない若者。さらに娘の花(北原里英)は、功夫の薦める資産価値のある家がダサいと気に入らず、家探しは難航の予感。  勉強のため万智の接客に同席していた鍵村は、その夜、花と健太郎に遭遇し、もっとオシャレな家を探してほしいと頼まれる。一方、万智に勝ちたい足立(千葉雄大)は、労働時間を縛られ、頑張ることを許されない会社での働き方に不満を感じ、留守堂(松田翔太)のようなフリーランスの働き方に憧れる。  そんな中、なんと鍵村が、万智ではなく自分が花と健太郎に家を売ったと宣言する。驚く一同だが、万智は顔色も変えずにどこかへ出かける。そして、水面下で怪しく動き出した留守堂が、家売るオンナ史上最大の事件を引き起こすべく、怪しく万智に近づいてきていた…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第4話は、日本テレビ系にて今夜1月30日22時放送。

  • 北川景子

    LGBTをめぐる、北川景子の名言に視聴者感動『家売るオンナの逆襲』第3話

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が放送され、北川演じるヒロインが“トランスジェンダー”を解説する際に放った言葉に、視聴者から「名言でた」「感動した」などのツイートが殺到した。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智(北川)を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、型破りな方法で家を売りまくる姿をコミカルに描いていく。  新宿営業所では、庭野(工藤阿須加)が家を売った客が同性愛者だったことから、LGBTが話題に上がる。一方、女性2人組の担当客に内見案内をしていた足立(千葉雄大)は、バスルームでキスを交わす2人を目撃。2人が同性愛者であることを知った売主に、販売を拒否されてしまう。そんな中、庭野は夫と娘の3人で住む家を探している木村真奈美(佐藤仁美)を担当。彼女の夫・剛史(池田鉄洋)は、自分の性別に違和感を抱きながらも男性として生きてきたトランスジェンダーだった。  新人営業マンの鍵村(草川拓弥)からトランスジェンダーの意味を聞かれ、答えに困ってしまう屋代(仲村トオル)。そこに現れた三軒家が、屋代に代わり「トランスジェンダーとは生まれたときに割り当てられた性とは違う性を生きる人、あるいは生きたいと思う人を言います!」とずばり解説。このセリフに対してSNSには「めっちゃ分かる」「サンチー、流石だ!」などの反響が。  さらに三軒家は「誰のことを好きになるかという“性的指向”がマイノリティな男性がゲイであり、自分自身をどう認識するかの“性自認”がマイノリティなのがトランスジェンダーです。したがって、トランスジェンダーの中にもゲイはいます!」と解説。続けて彼女は「皆さんが理解できにくかったとしても、この世に生まれ出た者の命は同じ重さです! LGBTの人々の命もそうでない人々の命も同じ重さであることを今、その胸に刻みなさい!」と喝破。  この三軒家のセリフに、視聴者からは「名言でた」「解説がとても熱くて正しくて感動した」「『LGBTは生産性がない』とか言ってた人はサンチーの言葉を胸に刻め!」などのツイートが殺到した。

  • 『家売るオンナの逆襲』第3話場面写真

    今夜『家売るオンナの逆襲』、北川景子の営業所にLGBTの顧客案件が

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が今夜放送される。第3話では、北川演じるヒロイン・三軒家万智と、工藤阿須加扮する庭野がセクシャルマイノリティの顧客を担当する姿が描かれる。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  新宿営業所では庭野が家を売った客が同性愛者だったことからLGBTが話題に上がる。一方、女性二人組の担当客に内見案内をしていた足立(千葉雄大)は、バスルームでキスを交わす二人を目撃。二人がレズビアンであることを知った売主に販売を拒否されてしまう。  別の物件を探す足立だが、万智は自分が家を売ると横取りを宣言。ストレスを抱える足立は留守堂(松田翔太)を頼ることに。一方庭野は、夫と娘の3人で住む家を探している木村真奈美(佐藤仁美)を担当。家探しを一任されていると話す真奈美だが、万智はなぜか会社帰りの真奈美の夫・剛史(池田鉄洋)を尾行し、あるアパートへ。そこで万智と庭野が見たのは、なんと女物の着物を着た剛史の姿。剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも男性として生きてきたトランスジェンダーだった。  夫の抱える“性別違和”を受け入れられない真奈美は、家を買うことで家族をつなぎとめようとしていた。出口の見えない夫婦関係に、万智が驚きの家哲学を提案。そして、万智に忍び寄る留守堂もまた、意外な方法で家を売ろうとしていた。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話は、日本テレビ系にて今夜1月23日22時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access