リンジー・ローハン 関連記事

  • 元子役といえば“お騒がせ”の時代は終了?今の子役出身者が進む道とは

    元子役といえば“お騒がせ”の時代は終了?今の子役出身者が進む道とは

    セレブ&ゴシップ

     子役からキャリアをスタートさせ、大人になっても俳優として活躍しているハリウッドスターは多い。だが、一昔前の子役は、若くして成功した結果、ドラッグとアルコールなどに手を出し、そのままゴシップスタートしてマスコミを賑わすか、正直、消えていく人が大半だった。しかし、最近の子役出身者はちょっと違う。どこがどう違うのだろうか。 @@cutter 一昔前のお騒がせ俳優といえば、『フォーチュン・クッキー』でティーンから絶大な支持を得たリンジー・ローハン、『ホーム・アローン』のスーパーヒットで日本でも人気作となったマコーレー・カルキン、海外ドラマ『The OC』の主人公マリッサ役で知られるミーシャ・バートン、『シックス・センス』でアカデミー賞にノミネートされたハーレイ・ジョエル・オスメント、『ターミネーター2』のジョン・コナー役で大ブレイクしたエドワード・ファーロングなどが有名だろう。  なかでも壮絶なのが、マコーレーとリンジーだ。マコーレーは、自分が稼いだお金を巡って両親が泥沼裁判を繰り広げ、その疲れもあって俳優業を引退。後に、ドラッグ所持で逮捕、激やせによる余命半年説や死亡ニュースまで流れてしまう。一方のリンジーは、アルコール依存症のリハビリ施設に入所し、禁煙セラピーに通い、ドラッグ所持や万引き、暴行容疑、引き逃げの疑いで逮捕。トラブルメーカーの名を欲しいままにしてきたが、最近では、何をしようが、ゴシップ誌にもスルーされてしまう状態に。@@separator では、最近の子役出身の俳優を見てみると、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で世界的人気を博したエマ・ワトソン、『シェキラ!』や『ティーン・スパイ K.C.』で知られるゼンデイヤ、『ネバーランド』『チャーリーとチョコレート工場』で様々な賞を受賞したフレディ・ハイモアなど、第一線で活躍する俳優がずらり。  そんな彼らのキャリアに共通するのが、子役時代のイメージを払拭しようと、予想外のキャラクターに挑戦するだけでなく、学業にいそしんだり、事業を立ち上げたり、慈善活動を行ったりなど、チャレンジを忘れない点。例えば、エマがイェール大学、ケンブリッジ大学を蹴って、ブラウン大学に進学。『ハリー・ポッター』シリーズで稼いだお金は不動産投資に回し、女性の権利についての活動を2014年からスタート。黒人の父と白人の母を持つゼンデイヤは人種問題に敏感で、多様性についての発言を続けるかたわら、2011年にシンガーとして音楽活動を開始。2016年には自身のオンラインアパレルブランドも立ち上げた。最後に、フレディ・ハイモアは一時期演技を離れてケンブリッジ大学ヘ進み、現在は海外ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』で主演を務め、地に足のついた生活を送っている。  一昔前の子役のように、お金があるからと浮かれて騒ぎ、薬物に手を出し、周りに流されて生きるのではなく、努力を続け、自分のやりたいことをきちんと見つけている、今の元子役たち。この堅実さと、自分自身を冷静に客観視できることが大切なのだ。セルフブランディングに長けた彼らが、実力派俳優として名を馳せる日も近いだろう。

  • リンジー・ローハン、『ハリポタ』ルパート・グリントと英コメディドラマで共演 ※「リンジー・ローハン」インスタグラム

    リンジー・ローハン、『ハリポタ』ルパート・グリントと英コメディドラマで共演

    海外ドラマ

     最近は一時期ほどお騒がせニュースが聞かれなくなった元ティーンアイドルの女優リンジー・ローハンが、映画『ハリー・ポッター』シリーズの俳優ルパート・グリントや映画『宇宙人ポール』(11)の俳優ニック・フロストが出演する新コメディドラマ『Sick Note(原題)』に出演するという。リンジーも、自身のインスタグラムにて報告した。@@cutter 英Sky 1局の『Sick Note(原題)』は、保険会社で働くしがないサラリーマンで、恋愛でもうまくいっていないルパート演じるダニエル・グラスが主人公。The Hollywood Reporterによると、リンジーが出演するのはシーズン2でダニエルの会社のボスの娘といった役どころだ。ボスは海外ドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』で一世を風靡した俳優ドン・ジョンソンが演じる。  シーズン1は今秋に放送予定で、現在シーズン2の撮影が始まっているという。シーズン1ではダニエルがニック演じる無能な医師に不治の病に冒されていると誤診された挙げ句、同僚や友人、家族に打ち明けてはならないと説得されたことでウソをつき、収拾のつかない事態になっていくさまを描くという。 引用:https://www.instagram.com/lindsaylohan/

  • 私のパートナーはお金持ち! 富豪とラブラブ・セレブ達<フォト集>

    私のパートナーはお金持ち! 富豪とラブラブ・セレブ達<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    愛と共にどんなにあっても困らないものはお金。と言うことで、大富豪と恋に落ちたセレブ達をご紹介!

  • 幸せそうに見えるエゴール・タラバソフとリンジー・ローハンの2ショット 

    リンジー・ローハン、婚約者から暴力 「愛だけでは交際できない」と告白

    セレブ&ゴシップ

     女優・歌手としても知られるリンジー・ローハンが、婚約者であるエゴール・タラバソフによって暴行を受け、インタビューでその背景を語った。海外メディアDaily Mail Onlineが報じている。@@cutter ローハンがタラバソフによって暴行を受けたのは、ローハンが30歳の誕生日を祝うために訪れていた、エーゲ海に浮かぶミコノス島でのこと。YJTUBEというユーザーがユーチューブにアップロードした動画には、ローハンを後ろから乱暴に羽交い絞めにするタラバソフの姿が収められている。  ローハンによれば、ことの発端は、酔ったタラバソフによって、ローハンの携帯電話が投げ捨てられたことだったという。これに腹を立てたローハンは、お返しにタラバゾフの携帯電話を車から投げ捨てて、ビーチめがけて走っていったのだが、ローハンはタラバゾフに追いつかれた結果、腕を掴まれて羽交い絞めにされたのだ。  ローハンはロンドンで受けたインタビューの中で、「どんな女性も攻撃を受けてはならないし、『ごめんね』と言うことができない男性とは一緒にいられない」とコメント。「愛だけでは交際できないことを悟ったわ」とも語るローハンは、タラバソフとの結婚、そして彼の子供を産むことを望んでいたそうだが、不安定で暴力的な2人の関係は、終わりを迎えているようだ。

  • セルフィー大好きセレブが大集合

    セルフィー大好きセレブが大集合<フォト特集>

    セレブ&ゴシップ

    携帯のカメラと写真共有アプリ「インスタグラム」の人気で、セルフィー(自撮り)に励むセレブが急増中です!

  • 保護観察を取り消され収監されるかもしれないというリンジー・ローハン

    リンジー・ローハン、保護観察違反で刑務所に?

    セレブ&ゴシップ

     人気子役スターから近年はお騒がせ女優として、ゴシップ欄を賑わわせているリンジー・ローハン。2012年に起こした自動車事故で保護観察処分となり、30日間の社会奉仕活動や心理カウンセリングなどが義務付けられていたが、保護観察違反を起こした可能性があり、刑務所に送られるかもしれないという。@@cutter InTouchによると、リンジーは舞台に立つため、ロンドンに滞在せねばならず、その間も引き続き滞在先のロンドンで社会奉仕活動に従事することになっていたが、社会奉仕した事実が確認できていないとのことだ。定められた社会奉仕活動の従事時間を達成できていない可能性があるという。  保護観察違反の有無を協議する公聴会が2月18日(現地時間)に予定されているとのことだが、ロサンゼルス当局は判事にリンジーの保護観察処分を取り消し、「社会奉仕活動の完了が不透明」という理由で収監する処分を求める予定でいるそうだ。そうなれば、リンジーは最低でも30日間の刑務所生活を送ることになるという。  ロンドンで生活する中、1月には地元の病院で治療を受けていたことが判明したリンジー。その理由がバカンスで訪れたボラボラ島でチクングニア熱に感染したためだったと伝えられており、公聴会では社会奉仕する時間がなかったという言い訳は通りそうにないようだ。

  • あれから10年…『ミーン・ガールズ』がゲームになって帰ってきた!

    リンジー主演映画『ミーン・ガールズ』、10周年記念でゲームアプリが登場!

    アニメ・コミック

     リンジー・ローハン主演の学園コメディ映画『ミーン・ガールズ』が、今年で全米公開から10周年を迎え、iOS版アプリゲームとなって登場。プレイヤーは映画の舞台・ノースショア高校で、“ティアラを守る”ためのさまざまなミッションが課せられる。@@cutter 本ゲームでプレイヤーは、映画に登場するケイディ、レジーナ、グレッチェン、カレン、ジャニス、ダミアンら8人の中から好きなキャラクターを選ぶことが可能。カフェテリア、教室、バスケットボールコートなど懐かしのロケーションを舞台に、ゲームをクリアし、学校での知名度を上げてゆく。  ゲームを開発したSo Much Drama Studiosの代表は自社のホームページで、「ゲームは絶妙なギャグや、学校での争い、“カルティーン・バー” “ペパーミント・フットクリーム” “BURN BOOK(悪口ブック)”など、映画のネタを満載しています」と明かしている。

  • どうにもこうにも気に入らない!? 不仲セレブ・フォト特集

    どうにもこうにも気に入らない!? 不仲セレブ・フォト特集

    セレブ&ゴシップ

    根も葉も無い噂か、あるいは事実か。方々で持ち上がったセレブの不仲説を、今となっては過去の話から今も続くバトルまで、まとめてみました。果たして不仲の裏にはどんな事情があるのでしょう。

  • リンジー・ローハン、ワガママぶりは健在!

    リンジー・ローハン、ワガママぶりは健在!イベントで男性ばかりのテーブルを要求?

    セレブ&ゴシップ

     かつてお騒がせセレブ代表として、連日ゴシップネタを世間に提供してくれていたリンジー・ローハン。最近では大人しくなったようだったが、そのわがまま振りは今も変わらないようで、先日イギリスで開催された、「GQメン・オブ・ザ・イヤー・アワード」では、男性ばかりのテーブルの席を用意するよう要求したという。@@cutter ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスで行われた同アワードに参加したリンジーは、ベスト・シェフ賞をトム・ケリッジに授与していた。しかしながら、リンジーが「自分は、女性よりも男性陣の方が気が合う」という理由で男性尽くしの席を要求。主催者側にドタバタを引き起こしていたと報じられている。  ある関係者はThe Daily Mirror紙に「リンジーのスタッフは、この長丁場のイベント中に男性に囲まれたがっているということを明確にしていました。彼女は男性の方が気が合いますし、セクシーな容姿に磨きをかけたので、そこに注目してもらいたかったんです」と語っている。  また主催者側は、リンジーが昔関係を持ったことがあり、現在はイギリス出身の女優アメリア・ワーナーと結婚しているモデルで俳優のジェイミー・ドーナンと引き離す必要もあったと言われている。  ヴァーチュ・ブレイキングスルー・アワードを受賞したジェイミーは、リンジーのリハビリ治療の一環として作った、「過去に関係を持った相手のリスト」に名前が挙がっており、上層部は2人が顔を合わせないようにしたかったようだ。

  • 元祖お騒がせセレブのニコール・リッチーとパリス・ヒルトン

    あの頃とはもう違う? 元祖お騒がせセレブたちの今

    セレブ&ゴシップ

     連日のようにゴシップニュースに登場するお騒がせセレブは、どこか憎めない存在だ。今では歌手のジャスティン・ビーバーがお騒がせセレブの代表格となりつつあるが、“元祖”と言えば、パリス・ヒルトンやニコール・リッチー、リンジー・ローハン、ミーシャ・バートンたちではなかろうか。以前ほど騒がれなくなった4人だが、彼女たちの過去と近況を振り返ってみよう。@@cutter まずはパリス。2000年前半は夜遊び、セックステープ流出、飲酒運転、逮捕、刑務所…と、あらゆることが話題になった。それでも不思議と、リハビリ施設への入所がないのがパリス。単に根っからのパーティー好きなだけなのか?  現在33歳のパリスは以前ほど騒がれないが、2012年頃から始めたDJ職で需要増。今年の夏はフランスやスペインなどを巡り、話では1時間で34万7000ドル相当(約3600万円)を稼いだとか。この7月には約2年間交際したモデルのリヴァー・ヴィーペリと破局したが、間もなく新恋人と噂される別のモデルとの熱愛が噂された。  パリスと出演したリアリティー番組『The Simple Life(原題)』が始まる前に、ヘロイン所持で逮捕歴があるニコール。番組開始後は世間の注目をますます浴びるようになったが、パリスとの間に溝が生じ2人は別々の道を歩き始めた。  ニコールは激ヤセし、2006年には飲酒運転で再逮捕されたが、大人の女性への脱皮を始める。現在の夫でバンド「グッド・シャーロット」のジョエル・マッデンとの間に2人の子供を授かり、2009年に自身のブランド「House of Harlow 1960 」を立ち上げ成功。この7月からは自身のリアリティー番組『Candidly Nicole(原題)』が始まった。  子役出身のリンジーは人気若手女優に成長したが、18歳になり交際を公にしたウィルマー・バルデラマと破局してから私生活が乱れ始めた。激ヤセや夜遊び、リハビリ施設の入退所を繰り返し、飲酒やドラッグ、無免許運転、逮捕・投獄という転落人生に。  現在28歳のリンジー。女優復帰を図るがパッとせず、雑誌のインタビューで妻子持ちの男性との交際を明かし、テレビ番組で流産を告白するなど、自分から話題を振りまくことも。近い将来、流出した「寝た相手」リストを含む暴露本を出版する予定だという。  海外ドラマ『The OC』でティーンアイドルになった子役出身のミーシャ。交際相手だったブランドン・デイヴィスと夜遊びし、パリスとの確執、激ヤセや激太りが話題に。  無免許の飲酒運転で逮捕され、2009年には精神科病棟に強制入院になったこともあるミーシャだが、現在も状況は厳しそう。自宅が差し押さえの危機にあるというニュースが伝えられた。現在はすぐにお金になる仕事を引き受けていると言われ、電子タバコやダイエットピルの広告塔に。それなのに、新作映画の撮影に現れず訴えられたとか。  同じように遊び無茶した4人だが、ニコールを除く3人は現在も迷走中の感がある。3人には是非、お騒がせセレブの汚名を返上し、復活を遂げてほしいものだ。

  • 飲酒、ドラッグ、リハビリ…珍事や事件のオンパレード!? お騒がせセレブの今

    飲酒、ドラッグ、リハビリ…珍事や事件のオンパレード!? お騒がせセレブの今

    セレブ&ゴシップ

    本業をそっちのけに(!?)ゴシップ欄を賑わせたお騒がせセレブの当時と今を振り返ります!

  • 勝手に私の真似したわね!?

    リンジー・ローハン、「無断で真似された」と人気ゲーム『GTA』メーカーを提訴

    セレブ&ゴシップ

     お騒がせセレブ=リンジー・ローハンが、人気ゲーム『グランド・セフト・オート』シリーズのメーカーを訴えたことが明らかになった。リンジーの承諾なしに、彼女のイメージが使われたというのが提訴理由のようだ。@@cutter US Weeklyによると、リンジーは28歳の誕生日だった7月2日(現地時間)、同ゲームソフトの発売・開発元テイクツー・インタラクティブと、その子会社ロックスター・ゲームスを相手取り、米ニューヨークのマンハッタンの裁判所に訴訟を提起したという。  リンジーが自分を真似されたと主張しているキャラクター=レイシー・ジョナスは、昨年発売された『グランド・セフト・オートV』に登場するセレブ女優。リンジーは昨年末にもキャラクターと自分との類似性を主張し、同メーカーを訴える構えを見せていたが、実行に移したようだ。同ゲームの表紙にも登場する赤いビキニ姿でピースサインを出しているレイシーが、かつて自分が掲載した写真に似ており、自分が以前住んでいたセレブ御用達ホテル=シャトー・マーモントが作中に登場するなどが根拠のようだ。  裁判所に提出された書類にはまた、キャラクターが身に付けている帽子やサングラス、ジーンズのショートパンツなどが、リンジーのファッションラインから販売されているものに似ている点も挙げられているらしい。  昨年にはレイシー・ジョナスのモデルとなった人物は自分だと、シェルビー・ウェリンダー(Shelby Welinder)という女性が名乗りを挙げていたが、リンジーは自分がモデルになっていると確信しているようだ。『グランド・セフト・オートV』ではほかに、アントニア・ボッティーノというマフィアの娘が登場するが、このキャラクターについても実存するマフィアの娘だという女性が自分の身の上に似ているとして、訴訟を起こしているという。

  • ケイト・モス、リンジー・ローハンとレストランで口論!?

    ケイト・モス、夫に近づいたリンジー・ローハンにブチ切れ⁉ レストランで口論か

    セレブ&ゴシップ

     ミュージシャンのジェイミー・ヒンスを夫に持つスーパーモデル=ケイト・モスが、ジェイミーに近づいたというリンジー・ローハンと激しい口論になったという。@@cutter 昨年、ジェイミーと音楽の仕事でコラボしたというリンジー。最近、イギリス滞在中にジェイミーに連絡を取ったそうで、行きつけのレストランでリンジーと鉢合わせたケイトの怒りが爆発したそうだ。  「リンジーとケイトはチルターン・ファイヤーハウス(セレブ御用達のレストラン)で激しい口論になりました。周囲の人たちもケンカが始まったと気付きましたよ」と、目撃者がThe Sunに話したそうだ。ケイトはリンジーがジェイミーに連絡を取ったことがたいそう気に入らなかったようで、リンジーに相当イラついている様子だったとか。口論はしばらく続き、ケイトは一緒にレストランに来ていた連れにも、リンジーの文句を言っていたという。  関係者は、「ケイトはリンジーがイギリスに到着した時からハッピーではなかったんですよ。二人の間には何の愛情もありませんからね。ケイトは自分も彼女も外出好きなので、いずれは彼女に出くわすだろうと分かっていました」と続けている。  Mail Onlineによると、リンジーは昨年末、音楽スタジオの写真を幾つか自身のツイッターに掲載し、ジェイミーとの極秘プロジェクトを匂わすツイートをしていたそう。ジェイミーのバンド「ザ・キルズ」の曲『Satellite』のイメージ画像や、ジェイミーの名前をタグ付けし、ジェイミーのブーツらしきものを写した写真を掲載していたそうで、その時点からケイトは目を光らせていたのかもしれない!?

  • 流産したことを告白したリンジー・ローハン

    リンジー・ローハン、出演したドキュメンタリー番組で流産を告白

    セレブ&ゴシップ

     お騒がせセレブのリンジー・ローハンが、リハビリ施設を退所し芸能活動復帰後に出演したテレビのドキュメンタリー・シリーズで、流産していたことを告白した。@@cutter リンジーは芸能活動復帰後、アメリカのテレビの大物司会者オプラ・ウィンフリーがプロデュースする、Own TVのドキュメンタリー・シリーズ『Lindsay』に出演。そのシーズンフィナーレで番組を振り返っての感想を尋ねられ、番組を見て何度も泣いたと語ったリンジー。撮影が始まっても自分にスイッチが入らなければ撮影を続けられないと話し、働けないと言って休んだ2週間について語り始めた。  「誰も知らなかったけれど、休みを取った2週間の間に流産したのよ」とリンジー。少し間を置き「話せば長くなるけれど、それでなの。番組の中で“彼女が来たがらない”“彼女が来ない”と言っていたでしょ。私は動けなかったし気分が悪かった。精神的に参っていたわ」と打ち明けた。  Us Weeklyによると、リンジーは子供の父親については明かしていないという。  3月にはザック・エフロンやオーランド・ブルーム、アシュトン・カッチャーなどの有名セレブの名前が列挙された「寝た相手」リストが流出したリンジー。この件については別のトーク番組で自分が書いたことを認め、禁酒会の更生ステップの一環だったと話していたそうだ。  衝撃的な告白が続いているリンジーだが、ドキュメンタリー・シリーズでの経験で労働倫理を学んだとも語っており、仕事に対して意欲的になっているようだ。

  • セレブたちの衝撃逮捕写真はコレ!フォト集

    ジャスティンにキーファーも!セレブたちの衝撃逮捕写真はコレ!

    セレブ&ゴシップ

    今年1月、ジャスティン・ビーバーが飲酒運転の疑いで逮捕され、その時の逮捕写真(マグショット)が“笑顔”だったため、別の意味でも話題となったが、セレブだって法を犯せば逮捕される!飲酒、暴行、ドラッグetc…美少女セレブから大御所俳優まで揃った衝撃逮捕写真をご紹介します!

  • 総勢36名の「寝た相手」リスト流出中!?

    オーランドやアシュトンも!? リンジー「寝た相手」リストでさらなる名前が判明

    セレブ&ゴシップ

     先週、お騒がせセレブ=リンジー・ローハンの「寝た相手」セレブ・リストの流出騒動があったが、36名いたうち、明かされていなかった有名セレブ男性の名前が公開された。@@cutter リンジー手書きの「寝た相手」リストを入手したとして、リストの名前を一部伏せつつ公開したIn Touch誌。最新号で新たに名前を公開し、スーパーモデル=ミランダ・カーと別れたオーランド・ブルーム、女優ミラ・クニスと婚約したアシュトン・カッチャー、ベニチオ・デル・トロ、ライアン・フィリップなどの有名俳優を挙げた。  「リンジーは、ハンサムで有名で成功している男性との関係をウワサされることが大好きなんです」と関係者。「彼女にとっては成功の目安なんですよ。自分はマリリン・モンローのようだと考えています。男性を虜にするハリウッドのセクシー女性というようにね」と話している。  「彼女はファンタジーの世界に生きているので、自分の行いが他の人にどう影響するかなど、気にしていません」。  今回、明らかになった名前にはほかに、お嬢様お騒がせセレブの代名詞パリス・ヒルトンと交際していたギリシャの富豪の御曹司スタブロス・ニアルコス3世や、以前ウワサになったモデルのピティ・ライト、映画製作者のジョシュ・モンドなどが含まれる。  36名の名前が書かれていたリストのうち、まだ6名の名前が伏せてあり、今後もしばらく続きそうなリンジーの騒動。不思議なことに、先に名前が明らかにされた男性セレブから、否定や肯定する反応が聞こえてこない。馬鹿らしすぎて何も言わないのか、墓穴を掘りたくなくて無視しているのか?リストの信ぴょう性を疑いつつ、何のコメントもないと、それはそれで気になってしまう!?

  • ちょっとリストにしただけ!?

    総勢36名!? リンジー・ローハン「寝た相手」セレブ手書きリストが流出か

    セレブ&ゴシップ

     元人気子役のお騒がせセレブ=リンジー・ローハンが手書きしたという「寝た相手リスト」を入手したとIn Touch誌が伝えた。そのリストには総勢36名の有名男性セレブの名前が記入されていたという。@@cutter リストに載った男性セレブはリンジーが過去に“寝たことのある相手”36名だそう。同誌のサイトに掲載されたリストの画像では、うち18名の名前が分からないように加工処理されているものの、ホアキン・フェニックス、ルーカス・ハース、エヴァン・ピーターズ、ザック・エフロン、ジャスティン・ティンバーレイク、コリン・ファレル、ヒース・レジャー、マックス・ジョージ(ザ・ウォンテッド)、ジェームズ・フランコ、アダム・レヴィーン(マルーン5)、ギャレット・ヘドランドなど、錚々たる男性スターの名前が挙がっている。  リストにはリンジーの元カレ、『ザット ’70s ショー』のウィルマー・バルデラマの名前もあったが、『チャプター27』(07)で共演し、ウワサになったジャレッド・レトや、元ビアン恋人サマンサ・ロンソンの名前は見当たらない。  「リストには大物の名前があり、未婚者でない人もいます。このリストが表に出れば、ハリウッドカップルの間で相当モメる人たちも出てくるでしょうね」と情報筋がInTouchに話しているそうだ。名前が加工処理されて伏せられているのは、その辺りの事情がある模様。  リストは昨年の1月30日(現地時間)にビバリーヒルズ・ホテルで書かれたもので、リンジーは女友達の前で名前を書き上げていたそうだ。当時の様子を目撃した人物は「彼女たちはクスクス笑いながら業界人についてあれこれ悪口を言っていました。彼女(リンジー)が“征服した”男性のリストだったんです。友人たちにいいところを見せようとして、(書いてから)ポイと捨ててました」と話している。  リストは昨年の1月に書かれたということだが、ジャスティンは現在、女優ジェニファー・ビールと結婚。エヴァンは女優エマ・ロバーツ、アダムはスーパーモデルのベハティ・プリンスルーと婚約している。ホアキンやギャレットにも恋人がおり、既婚者でなくても揉め事になりそうだ。本当にリンジーが書いたかは疑問の余地があるが、果たして真相はいかに。

  • 【2013年(第34回)】ムービー43

    愛すべき最低映画がズラリ 頂点を極めた歴代ラジー賞フォト特集

    映画

    出来れば受賞したくない? 日本でも大ヒットした超大作から、カルト映画まで…「最低」映画が選ばれるゴールデンラズベリー賞(通称:ラジー賞)の最低作品賞に輝いた歴代映画を一挙紹介!

  • 私をイメージしたキャラクターよね!?

    リンジー・ローハン、人気ゲーム『グランド・セフト・オートV』を訴える構え!?

    セレブ&ゴシップ

     最近は際立ったトラブルやゴシップが聞かれなくなった、お騒がせセレブ=リンジー・ローハンが、人気ゲーム『グランド・セフト・オートV』の開発元を訴える構えを見せているらしい。@@cutter どうやらリンジーは彼女の許可なしに、『グランド・セフト・オートV』に自分をモデルにした女性キャラクターが登場していると思っているようだ。E! Onlineによると、リンジーの弁護士が同ゲームソフトの開発元であるロックスター・ゲームス社を相手に訴訟を起こす準備を進めているとか。  リンジーが自分がベースになっていると思っているキャラクターは、同ゲームのカバー(表紙)にも登場するという、浜辺で携帯を持った赤いビキニの女性のようだ。同ゲームの中には、パパラッチに追い回されるレイシー・ジョナスというセレブも登場する。  ところが赤いビキニの女性キャラクターに関しては、既に誰がモデルになっているか判明しているという。New York Daily Newsによると、2012年後半にシェルビー・ウェリンダー(Shelby Welinder)という女性が同キャラクターのモデルになったと名乗っており、同ゲームのポスターの前で同じポーズを取っている写真を自身のインスタグラムに掲載しているとか。  ロックスター・ゲームス社からは特にコメントはないようだが、訴訟を起こしてもリンジーに勝ち目はなさそうだ。

  • 生前のマリリン・モンローの秘蔵映像が満載!

    マリリン・モンロー自筆のメモ公開! 死後明らかになった彼女の真実の姿とは…?

    映画

     ハリウッドが作り上げた世紀の女優、マリリン・モンロー。死後50年たって公開された彼女の自筆のメモや日記など私的な文書を基にしたドキュメンタリー映画『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』が、10月5日より全国ロードショー。それに先立ち、その貴重なマリリン自筆のメモや詩の一部が初公開された。@@cutter マリリンは、詩のような文章や思いの断片を手帳やルーズリーフに書き留め、親しい友人たちだけに見せていた。劇中で明らかになるこれらのメモは、彼女を精神的に支え続けた恩師、アクターズ・スタジオのリー・ストラスバーグが、彼女の死後、人知れず保管し続けた遺品にあったもの。  メモの中には、「人生―、私はあなたの二つの方向に引き裂かれている/(中略)ああ人生よ、あの人たちはもう一人のあたしを欺いた」「alone!! 私は一人ぼっち いつだって ひとりぼっち、どうしようもなく。」など、華やかな女優、マリリン・モンローが決して人には見せなかった暗く淋しい影を感じる一遍となっている。また、アクターズ・スタジオで演技をはじめた頃のメモには、「自分がマリリンだって感覚を持つこと」「稽古に行く/いつでも私自身のため/間違いなく」「私のお道具の手入れをする―女として体のすみずまで(鍛錬)」 など、自分に課したタスクを几帳面に綴るなど、真面目な一面も垣間見られる。  これらの内容から見えてくるのは、「マリリン・モンロー=おバカなブロンド娘」ではなく、自らの意志で精一杯“マリリン・モンロー”を演じようとしていた一人の女優の姿だ。そして、純粋すぎるほどに夢や理想を追いかけ、悩み苦しみ、愛を求める等身大の女性の生き方に共感を覚えずにはいられないだろう。  ドキュメンタリー映画『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』では、世界的ベストセラー「マリリン・モンロー 魂のかけら―残された自筆メモ・詩・手紙―」(青幻舎刊)を基に、秘蔵映像や私的な文書を紹介。また、マリリンに扮したユマ・サーマン、リンジー・ローハン、グレン・クローズら年齢も立場も違う現役女優たちが、彼女の想いを朗読し、マリリンの生い立ちから最期までを丁寧にたどっている。  『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』は、10月5日より全国ロードショー。

  • 実はウエスト・ハリウッドに住んでた!?

    ジョニデやアンジーの秘密が露わに!? ボディーガートたちが明かすセレブの実態

    セレブ&ゴシップ

     パパラッチや興奮して押し寄せてくるファンから、セレブたちを守っているボディーガード。公の場だけでなく、プライベートでもセレブと行動を共にする彼らは、場合によってセレブの実態を最も知る人物だ。そして時には意図的に、時にはつい口が滑り、隠されていたセレブの実態や秘密を暴露してゴシップを提供してくれる。@@cutter と言うことで、エンタメ・ゴシップサイトRader Onlineがまとめた元ボディーガードや元スタッフのセレブ暴露話をここに抜粋して紹介する。内容にどこまでの信憑性があるかは疑問の余地を残すが、セレブの隠れた性格が伺えるかもしれない。 ●ジョニー・デップ  元ボディーガード曰わく、ジョニーはヴァネッサ・パラディとの事実婚の間、実はフランスではなくウエスト・ハリウッドに構えた隠れ家で家族と過ごすことが多かったという。警備に大金をかけ、隠しカメラが12台近く設置してあったとか。また、自分では買い物に行かず、ボディーガードが高級ブティックから持ってきた服を自宅で試着し、買う服を決めていたという。 ●ジェニファー・アニストン  元ボディーガード曰わく、ジェニファーは肌の露出を気にしない。朝、彼女を迎えに行くと、キャミソールとパンティの姿でドアを開けることがよくあったという。ジェニファーは見られることを特に気にする様子もなく、みんなも見慣れていたとか。 ●ジュリア・ロバーツ  元スタッフ曰わく、ジュリアは完全なヒッピー。節水を心掛けていてシャワーを何日も浴びなくても平気な、かなりのエコ派だそうだ。夫のダニー・モルダーも気にする様子はなく、彼自身もヒッピー気質だとか。 ●マイリー・サイラス  元スタッフ曰わく、マイリーはかなりのワイルドガール。リムジンで移動中のときも派手に車内で騒ぎ、音楽をガンガンに鳴らして、世間に公表されたら大騒ぎになること確実の際どい写真を撮りまくっていたとか。 ●リンジー・ローハン  元スタッフ曰わく、リンジーはまるで死にたいかいのように薬物やアルコールに染まっていたという。「誰よりもずぼら」とは、元ボディーガード。素敵なホテルの部屋を1時間で豚小屋のようにしてしまうらしい。 ●ニコール・リッチー  元ボディーガード曰わく、ニコールは夫のジョエル・マッデンと熱い関係を維持するために、着ている下着のことや帰って彼に会ったら何をしたいかなど、セクシーな内容のテキストメーセージを携帯から頻繁に送っていたという。 ●アンジェリーナ・ジョリー  複数のボディーガード曰わく、ブラッド・ピットとのケンカが過熱すると、壁にナイフを投げつける癖があったとか。またボディーガードをこき使い、朝の4時にハンバーガーを食べるために、ファーストフード店まで運転させたこともあったらしい。

  • ちょっと話が違うじゃない!? 裁判所命令で追加治療が決定。

    リンジー・ローハン、リハビリ施設を退所するも裁判所命令で15ヵ月の追加治療が決定

    セレブ&ゴシップ

     7月30日(現地時間)に90日間の治療を終えてリハビリ施設を退所したリンジー・ローハンだが、退所早々追加で15ヵ月間の心理療法を受けることになりそうだ。@@cutter TMZによると、リンジーが入所していたリハビリ施設「クリフサイド・マリブ」の代表が裁判所に書簡を送り、リンジーに追加治療が必要であることを進言。  「ローハンさんにとって裁判所命令による治療を受けることが極めて重要です。特に今後15ヵ月にわたり、50分の治療セッションを1週間に3回行うことです」。  現行の取り決めでは、リンジーは退所後の治療は月1回でよいことになっているようで、それでは「ほぼ確実に失敗する」(再発する)と施設側は主張し、リンジーが市内にいるなら対面治療、いないならスカイプか電話で遠隔治療を行うことを進言した。  担当の裁判官は施設側の進言に納得したようで、リンジーに対し、2014年11月まで15ヵ月間に及ぶ継続治療を命じたという。  退所後のリンジーの計画については、誘惑の少ない街への引っ越しや友人との旅行など、様々な憶測が飛んでいたが、今回の裁判所命令がどう影響するのか? リンジーの反応は現在のところ不明だ。

  • セレブ達の衝撃★ビフォー&アフターフォト特集

    セレブ達の衝撃★ビフォー&アフターフォト特集

    セレブ&ゴシップ

    整形、すっぴん、幼少期のイケてない時代など、セレブ達が隠しておきたい衝撃のビフォー&アフターフォト大公開!

  • 今度こそ更生したいの!

    リンジー・ローハン、リハビリ施設退院後に引っ越しを計画!?

    セレブ&ゴシップ

     リハビリ施設への入退院を繰り返す、お騒がせセレブのリンジー・ローハン。現在も裁判所命令による90日間のリハビリ生活を続行中だが、8月に退院した後は再発防止のために、しばらく身を潜める計画を立てているようだ。@@cutter 米TMZがリンジーに近い情報筋から得た情報によると、リンジーは問題行動を繰り返してしまう原因は、誘惑の多いニューヨークやロサンゼルスにあると悟った。そのため、すぐにでも街を出る必要があると感じているそうだ。  8月初旬に予定通り退院できた暁には、アメリカのどこか、パパラッチが一人もいないような街に移り住み、本来の自分を取り戻せるまで隠居生活に入りたいらしい。  情報筋の話だと、リンジーは12ステップ・プログラム(アルコールや薬物依存症などの回復支援プログラムの一つ)を順調に進めている。とにかく逆戻りだけはしたくないと思っているらしく、そのためにも都会を離れることを決意しているそうだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access