松原智恵子 関連記事

  • (左から)『長いお別れ』キャスト舞台挨拶付きプレミア試写会に登場した竹内結子、蒼井優

    蒼井優、“家族のルール”を明かすも「あれ?なんか変な空気」と照れ笑い

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督が15日、都内で開催された映画『長いお別れ』プレミア試写会に出席。蒼井や竹内は本作への思い、そして家族の中のルールについて語った。なお、この日は山崎努も出席予定だったが、体調不良により欠席となった。@@cutter 直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化した本作は、『湯を沸かすほどの熱い愛』で知られる中野監督がメガホンを取った新たな愛の感動作。認知症を患った元中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻・曜子(松原)、そして人生の岐路に立たされている2人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の姿と共に、ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間を描く。  竹内は「山崎さんのお父さんがいて、松原さんのお母さんがいて、蒼井優ちゃんがいて、北村さんの旦那様がいて。この作品の中で、そうやって同じ場所に立てるということが、嬉しいので、この作品に出演できたこと自体が幸せです。この作品を観て、家族って温かいなって、そういう時間を過ごしてもらえたら有難いなと思います」と心境を告白。  一方の蒼井は「出来上がった作品が、編集のお力もあって、もう一個上に上がった状態で、皆様にお届けできるっていうのが、映画作りって本当にたくさんの方が携わってできるんだなということを、改めて感じました」としみじみ。会場を見渡し「ここにいらっしゃる数だけ、家族観があると思うんです。そういうお話をするきっかけに、この作品がなったらいいなと思いますし、できれば家族というものに対して、ポジティブな感情を皆さんが受け取ってくださったら嬉しいです」と笑顔を見せた。  当日は、それぞれが家族のルールを発表する一幕も。蒼井は「うちの家族、やたらハグをするんです」と言い「ついこないだも、父親に会ったときに、『おお』って。普通にハグして。バイバイの時もハグして別れましたけど」と振り返るも、「あれ?なんか変な空気」と照れ笑いを浮かべた蒼井だが「父と母がいつも手を繋いで歩いている」と家族仲の良さを明かした。  これを受けて「素敵じゃないですか」と白い歯を見せた竹内は「竹内家は小さい頃から、どんな食事でも、お味噌汁が付いていました。カレーの日でも、シチューの日でもお味噌汁」と答えていた。  映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

  • 映画『長いお別れ』より

    “問題はここから始まる”『長いお別れ』父の誕生日を祝う食卓シーン本編公開

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努が家族を演じる中野量太監督の最新作『長いお別れ』より、本編映像が解禁。美味しそうな手料理が並ぶ食卓で、父・昇平の誕生日を祝う場面が収められている。@@cutter 本作は、直木賞作家・中島京子の同名小説を、日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野監督が、自身のオリジナル脚本により実写化。認知症を患った元中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻の曜子(松原)、人生の岐路に立たされている2人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の物語が描かれる。  今回解禁された本編映像は、父・昇平の70歳を祝う誕生日会のシーン。食卓には、カフェを開く夢を持つ次女・芙美が作った手料理が並び、母の曜子が久しぶりに実家にそろった娘2人の近況を聞き出す和やかなやりとりが流れる。  しかし、娘2人の視線は父の姿に釘付け。読書好きで厳格だった父がなぜか、ポテトサラダのアクセントとして入れていたレーズンをひたすら抜き出したり、芙美と麻里を間違えたり、自分の誕生日であるのを忘れてしまったりと、奇妙な行動を取り続ける。この日を堺に、昇平の記憶は少しずつ失われていく。  どこの家庭にもある平凡な食卓風景から物語をはじめることについて、中野監督は「問題はここから始まるぞ」というズレみたいなものを上手く演出したかったんです」と明かす。続けて「食べるという行為は、人が“生きる”行為ですよね。あと、“食卓を囲む”ということを、僕はこれまでの作品でもやってきたんです。誕生日に家族が昇平を囲みますよね、あれが基本なんですけれど、その基本が崩れるところから物語は始まるんです」ともコメント。映画の中で丁寧に“食”を描くという、中野監督作品の特徴のひとつがよく表れているシーンとなっている。  原作では三女がフードコーディネーターという設定だが、映画では芙美がカフェを開く夢を追いかけながら、フードトラックで移動販売をしているという設定に変更されている。撮影現場には、実際にフードコーディネーターの小森真梨子が立ち会い、家庭で作られる料理に対しても「美味しく見せたい」と細やかな演出が施されている。専門は卵料理の研究という経歴を持つ小森が作り出した、劇中前半に登場するアイテム“出し巻き玉子”にも注目だ。  映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

  • 『長いお別れ』メインカット

    『長いお別れ』予告解禁 追加キャストに中村倫也&北村有起哉ら

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努が出演する、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督の最新作『長いお別れ』より、予告編が解禁。併せて、中村倫也、北村有起哉らの出演も発表された。@@cutter 本作は、直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化。認知症を患った元・中学校校長の東昇平(山崎)、献身的な妻の曜子(松原)、人生の岐路に立たされている二人の娘・芙美(蒼井)と麻里(竹内)の物語が描かれる。  父の70歳の誕生日に、久しぶりに帰省した娘たちに母は、厳格な父が認知症になったと告げる。姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは…。  今回発表された追加キャストとして、芙美の彼氏・道彦を中村倫也、麻里の夫・新(しん)を北村有起哉が演じる。成長した麻里の息子・崇役はオーディションで抜擢された杉田雷麟。さらに、松澤匠、清水くるみ、倉野章子、不破万作、おかやまはじめ、池谷のぶえ、藤原季節、小市慢太郎らが脇を固める。  予告編は、昇平が前に座る娘たちに対して「あんた誰だ?」と聞いてしまう場面からスタート。「(認知症は)縮んじゃうんですって。脳みそが」と娘たちに語る曜子。亡くなった同級生の葬式に参列して「ナニ、中村死んじゃったのか!」と叫んで周囲を呆然とさせたり、自宅にいるのに「そろそろ帰るとするかな」と言い出したりする昇平。そんな父に振り回されて困惑する家族の姿が描かれる。  その後「この頃ね、いろんな事が遠いんだよ」と昇平が語るシーンから、家族それぞれが父と向き合うことで、自分自身の人生とも向き合っていく場面が展開。「お父さん、つながらないって、切ないんだよ」と泣きながら語る芙美。昇平から「僕の両親に正式に紹介したい」と言われ、戸惑いながらも手を握り合う曜子。「お父さんと、お母さんみたいになりたかった」と涙ながらに語る麻里。次いで、さまざまな登場人物たち、家族が遊園地で楽しそうに過ごす姿が映し出された後、「東京オリンピック、また一緒に見られたらいいですね」と曜子から言われて、昇平が「はいっ!」と元気よく答える場面で映像は幕を閉じる。  また、予告編の中盤から流れている本作の主題歌は、シンガーソングライターの優河が本作のために書き下ろした楽曲『めぐる』。穏やかでありながらも力強く、深い余韻を残す楽曲となっている。  映画『長いお別れ』は5月31日より全国公開。

  • 『長いお別れ』ティザービジュアル

    『長いお別れ』蒼井優&竹内結子&松原智恵子&山崎努が家族に 特報&ビジュアル解禁

    映画

     女優の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努が、日本アカデミー賞主要6部門を含む国内映画賞計34部門を受賞した映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で知られる中野量太監督の最新作『長いお別れ』に出演することが発表された。併せて特報とティザービジュアルも公開となった。@@cutter 本作が描くのは、認知症を患った元・中学校校長の東昇平、家族への献身的な愛情を絶やさない妻の曜子、人生の岐路に立たされている二人の娘・芙美と麻里の物語。彼らは日に日に遠ざかっていく昇平の記憶の中に、それぞれの人生を生き直すために必要な、ある“愛しい思い出”が今も息づいていることを知ることとなる。  蒼井が演じるのは、東家の次女・芙美。カフェを開業する夢や恋愛もうまくいかずに悩む中、父・昌平が認知症を患ったことを知るという役柄だ。蒼井は、共演者ついて「お芝居とは何なのかを山崎努さんの御本で学んで来た私にとって、まさか山崎さんと同じ画面に入れる日が来るなんて思ってもいませんでした」と喜びを語っている。  竹内は、東家の長女で、夫の転勤で息子とアメリカに移り住んでいるという麻里を演じる。竹内は「姉妹の会話のシーンの撮影中、監督には『麻里さんがリズムを作ってほしい』と言われていました」と明かすと、続けて「監督の独特のテンポを指示されたので、新しいものが見られるのでは、と完成を楽しみにしています」とコメントしている。  特報は「ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間」というナレーションと共に、東家の面々の泣き笑いの表情が映し出されている。同時に公開されたティザービジュアルは、本作の印象的なシーンである遊園地のメリーゴーランド前にて、東家の記念写真を意識して撮り下ろされたもの。楽しそうな家族たちの中で、認知症により状況がわからずにひとりしかめっ面をする父親が印象的な仕上がりとなっている。  映画『長いお別れ』は5月全国公開。

  • 『やすらぎの刻~道』に出演する(左から)いしだあゆみ、大空眞弓、丘みつ子、笹野高史、ジェリー藤尾、松原智恵子、水野久美

    平均年齢74歳!『やすらぎの刻』いしだあゆみら7名の超大型“新人”出演

    エンタメ

     2019年4月スタートのテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻~道』に、いしだあゆみ、大空眞弓、丘みつ子、笹野高史、ジェリー藤尾、松原智恵子、水野久美が新たにレギュラー出演することが明らかになった。@@cutter 脚本家・倉本聰が手掛け2017年に放送された帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』の続編となる本作は、『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』の展開と共に、『やすらぎの郷』の“その後”も合わせて描く。物語の舞台となる『やすらぎの郷 La Strada』は、テレビの全盛期を支えた“テレビ人”だけが入居を許される老人ホーム。新たに出演が発表されたいしだ、大空、丘、笹野、ジェリー、松原、水野の7人は、この施設の“新規入居者”として仲間入りを果たす。なお、新キャストの平均年齢は74歳、最年少は70歳となっている。  いしだは桂木怜子の“妹分”的存在の元女優・中川玉子、大空はテレビ草創期の“よろめきドラマ”『鎌倉夫人』で大ブレークして“視聴率女王”の異名をとった大女優・桂木怜子、丘は明るく健康的なキャラクターでお茶の間の人気者だった元スター女優・香川さくらを演じる。笹野は大喜利番組で活躍した落語家・蒟蒻亭乙葉、ジェリーは“ハートの修”とよばれた元スター・辛坊修、松原はかつての大スターで“乃木坂テレビ”のワンマン専務の愛人だった九重めぐみ、水野は元人気女優の岸井さとみに扮する。  出演に際して、いしだは「『やすらぎの郷』は昨年、とても楽しく拝見させていただいておりました。今回、お仲間に入れていただけることになり、とてもうれしく、かつ緊張もしております。倉本先生の作品はいつも初心にかえってオーディションを受けるような気持ちで臨んでおりました。今回も初心にかえって心をこめて役柄に挑み、誠心誠意、頑張ってまいります」とコメント。  一方の笹野は「私は20代からおじいさんおばあさん役を演じておりますが、昨年、『やすらぎの郷』を拝見していて、なぜこのキャストに選ばれないのかと悔やんでおりました。『あぁ、私なんぞはまだこの作品に出演するには若いんだなぁ』『まだまだ修業が足りないんだなぁ』と思っておりました(笑)」と明かしている。  テレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻~道』は、テレビ朝日系にて2019年4月スタート。

  • 『ウツボカズラの夢』主演の志田未来

    志田未来、7年ぶり連ドラ主演! 『ウツボカズラの夢』で居場所を求め“悪女”へと変貌

    エンタメ

     女優の志田未来が、8月スタートの新ドラマ『ウツボカズラの夢』(東海テレビ・フジテレビ系)で主演を務めることがわかった。志田は、2010年放送の『秘密』以来、7年ぶりの主演となる。共演は、大塚寧々、国生さゆり、EXILE松本利夫、羽場裕一、松原智恵子ら実力派キャストが集結する。@@cutter 本作は、直木賞作家 ・乃南アサの同名小説が原作で、タイトルにあるウツボカズラは食虫植物の一種である。主人公は、長野で育った純朴な少女・斉藤未芙由(志田)。母の死後、父が愛人を家に引き入れたことから居場所を失ってしまう。そんな時、未芙由は叔母・鹿島田尚子(大塚)から声をかけられ東京にやってくるも、その裕福な生活を見て「世の中、理不尽だ」と感じ“ウツボカズラ女”として目覚める。  “持てる者” を養分に成長していくウツボカズラ女たち…物語には未芙由の他に、夫に逃げられた セレブ妻、男を財布に見立てる計算不倫女、妊娠で妻の座を得た地味女など、様々女たちが「夢=幸せ」を求め、それぞれの欲望を食い合っていく。  連ドラ主演7年ぶりとなる志田は、未芙由役について「ただただ自分の居場所を見つけること、幸せになるということを考えて必死に生きています。 その姿が、悪女であり、したたかでもありながら、そうしなければ一人で生きていくことができない孤独な女性だと思います」と説明すると、「今まで演じたことのない役柄ではありますが、新しい自分をお見せする気持ちで頑張ります」と意気込みを語っている。  新ドラマ『ウツボカズラの夢』は、東海テレビ・フジテレビ系にて8月5日より毎週土曜23時40分放送。

  • DAIGO、松嶋菜々子主演ドラマに出演決定「YYD!」 難しめ(!?)なDAI語で喜び表現

    DAIGO、松嶋菜々子主演ドラマに出演決定「YYD!」 難しめ(!?)なDAI語で喜び表現

    エンタメ

     DAIGOと原田泰造が、松嶋菜々子が『救命病棟24時 第5シリーズ』以来、久々に主演を務めるフジテレビ系の木曜劇場『営業部長 吉良奈津子』(7月放送開始)に出演することが決定した。DAIGOは、「YYD!(夢の よう です!)」と、さっそくDAI語で出演の喜びを語っている。@@cutter 本作は“産後復帰した女性が働く”というテーマをストレートに描いた作品。広告代理店のクリエイターとして活躍していたキャリアウーマンが40歳手前で結婚、出産し、3年の育児休暇を経て職場に復帰。一変した会社の状況の中で目の前に立ちはだかる数々の問題と対峙する姿を、“働く母親の本音”とともに描く。  主演の松嶋とともに、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』後初の連続ドラマ出演となる松田龍平が、クリエイティブディレクター・高木啓介役で出演することがすでに発表されているが、さらに松嶋が演じる主役の吉良奈津子、その夫・小山浩太郎役に原田、奈津子が配属された営業開発部の同僚・一条達哉役にDAIGO、その他に岡田義徳、中村アン、足立梨花、白洲迅、高木渉、板尾創路、ベビーシッター役で伊藤歩、奈津子の姑役で松原智恵子、常務役で石丸幹二、そして奈津子のママ友役で今井華といった個性豊かな面々が追加発表された。  今回の松嶋との共演に対し原田は「夫婦役と聞き 、うれしくてにやつきが止まりません」と喜ぶ。松嶋の印象については「美しく芯の強い、女優として幅広く活躍されている方」と語る。一方、DAIGOも松嶋との初共演に対し「YYD!(夢の よう です!)」と喜びをDAI語で表現。また、「フジテレビのドラマは初めてなので、キラっと輝くお芝居が出来るよう頑張ります!」と今回の出演に対し意気込みを語っている。  木曜劇場『営業部長 吉良奈津子』は7月よりフジテレビ系にて放送開始。

  • 『僕らのごはんは明日で待ってる』中島裕翔主演で映画化決定

    Hey! Say! JUMP中島裕翔、ラブストーリー初挑戦!ヒロインはゼクシィCMガール

    映画

     初主演作『ピンクとグレー』が大ヒット公開中のHey! Say! JUMP・中島裕翔が、映画『僕らのごはんは明日で待ってる』でラブストーリーに初挑戦することがわかった。ヒロインは、ゼクシィ8代目CMガールとして話題の女優・新木優子が演じる。@@cutter 本作は、笑って泣けるあたたかい世界観が若者に絶大な支持を受ける作家、瀬尾まいこの同名小説が原作(幻冬舎文庫、2月24日発売)。楽しい時もつらい時も、今日も一緒にごはんを食べることで恋を育てていく、正反対の性格のふたりが織りなすラブストーリーだ。体育祭の競技「米袋ジャンプ」をきっかけに付き合うことになった二人が、ファーストフードで恋を知り、ファミレスで愛に気づき、白いごはんを食卓で一緒に囲む家族になるまでの7年を描く。  中島は、イエスというあだ名を持ちながらも、他人に無関心な無口な主人公・葉山亮太を演じる。また、ヒロインの上村小春を、新木務めるほか、葉山に思いを寄せる鈴原えみり役を美山加恋、葉山の友人・塚原優介役を岡山天音、二人を繋ぐ山崎真喜子役に片桐はいり、小春の祖母・上村芽衣子役に松原智恵子と、実力派が揃う。  中島は、「脚本にある、きゅんとしてしまうようなシーンをちゃんと観客のみなさんにもきゅんとしてもらえるように演じたいと思っています」と意気込む。「自分のなかにある亮太を少しでも見つけて広げていって、撮影中も新木さんとお互い支えあって、自然な瞬間を大事にしたいなと思っています」と作品への思いを語った。  一方、新木は「中島さんは亮太よりもっと明るいんですが、純粋なところは亮太にとても似ていると感じました」と中島の印象を話す。そして、「『食』が二人をつないでいるのでそこも大切に演じられたらと思っています」とコメント、気合十分なようだ。  映画『僕らのごはんは明日で待ってる』は2017年新春全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access