ブレイク・ライヴリー 関連記事

  • 映画『シンプル・フェイバー』ポスタービジュアル

    アナ・ケンドリック×ブレイク・ライヴリー『シンプル・フェイバー』予告公開

    映 画

     女優アナ・ケンドリック主演のサスペンス映画『シンプル・フェイバー』より、予告編が解禁された。アナ演じる主人公ステファニーに「ちょっとお願いがあるの」と受話器越しに言い残す親友エミリーの不可解な声が、サスペンスフルな展開と結末を予感させる内容となっている。@@cutter 本作は、ダーシー・ベルの小説『ささやかな頼み』が原作。その巧妙なストーリー展開から、原作の発売を待たずに映画化されることになった。ヒロインのステファニーをアナが演じるほか、謎に満ちたママ友のエミリー役を米ドラマ『ゴシップガール』シリーズのブレイク・ライヴリーが務める。監督は映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)、『ゴーストバスターズ』(2016)など女性が主人公のコメディで知られるポール・フェイグ。  保険金を切り崩しながら子どもを育てている気立てのいいシングルマザーのステファニー(アナ)は、同じクラスに息子を通わせるエミリー(ブレイク)と出会う。華やかなファッション業界で働く、どこか気だるくミステリアスなエミリー。対照的な2人だったが、互いの秘密を打ち明けあうほど親密な仲になっていく。そんなある日、ステファニーは息子を学校に迎えに行ってほしいとエミリーから依頼される。しかし、エミリーはそれを最後に姿を消してしまう-。  予告編は、降りしきる雨の中、エミリーがさっそうと現れる姿にステファニーが目を奪われるという2人の印象的な出会いのシーンから始まる。やがて2人は親友同士になるが、写真を撮られることをかたくなに嫌がるなど、どこか謎に満ちたエミリーの言動が映し出される。そしてある日、ステファニーに息子を預けたまま突然姿を消したエミリー。行方をつかむ手がかりを求め、ステファニーは彼女を知る人物を訪ねて回る。エミリーが愛する夫、エミリーに執着する女、無関心な上司など怪しい登場人物たちの思惑が交差する中で、秘密が徐々に暴かれていく様子が描かれている。  本作の前売り券は12月21日より発売。前売り購入特典は、本国アメリカ版のポスタービジュアルを使用したオリジナルクリアポストカードとなっている。  映画『シンプル・フェイバー』は2019年3月8日より全国公開。

  • 夫婦そろってヒュー・ジャックマンのカフェを訪問

    ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマンのカフェで妻とトラブル?

    セレブ&ゴシップ

     映画『デッドプール』シリーズの人気俳優ライアン・レイノルズが、公私ともに交流のある俳優のヒュー・ジャックマンのカフェに顔を出した模様。しかし妻で女優のブレイク・ライヴリーとモメるひと幕があったようだ。ヒューが写真付きでブレイクに公開謝罪した。@@cutter コーヒーのフェアトレードなどを推奨する自身の非営利団体の活動の一環で、ニューヨークにコーヒーショップ「Laughing Man Coffee Company」をオープンしているヒュー。店員側のカウンターで困惑顔のライアンがコーヒーの紙カップを持ち、その反対でブレイクが何か怒っているようにジェスチャーしている写真を、自身のインスタグラムに投稿した。  「当店のポリシーはお客様に喜んでいただくことで、激怒させることではありません」とヒュー。「証拠品A=ライアン・レイノルズ。ブレイク・ライヴリーさん、あなたのコーヒーは当店のおごりです。…永遠に」と、キャプションにつづり、ライアンに不手際があったことを認め、ブレイクに生涯のコーヒー無料を約束した。  ライアンとヒューはこれまでもイタズラの応酬やコメント合戦をSNSで繰り広げており、今回の写真とコメントも2人のおふざけにブレイクを巻き込んだと見て取れる。それにしても、何とも仲のいい2人だ。  ファンからも「最近の2人のやり取りが大好き」「ライアンの表情が笑える」「この写真ですごく幸せになれる」「彼なら私のコーヒーでどんなヘマをしても、私は文句を言わない」といったウケのいいコメントが届いている。 

  • 映画『シンプル・フェイバー』メインビジュアル

    アナ・ケンドリック×ブレイク・ライヴリー共演サスペンス 公開が決定

    映 画

     映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズで知られる女優のアナ・ケンドリックと、米ドラマ『ゴシップガール』シリーズのブレイク・ライヴリーがママ友役で共演するサスペンス映画『A Simple Favor』が、邦題を『シンプル・フェイバー』として2019年3月に公開されることが分かった。併せてポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は、ダーシー・ベルの小説『ささやかな頼み』が原作。その巧妙なストーリー展開から、原作の発売を待たずに映画化されることになった。監督は映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)、『ゴーストバスターズ』(2016)などの女性が主人公のコメディで知られるポール・フェイグが務める。  ステファニー(アナ・ケンドリック)は、事故で夫を亡くし、保険金を切り崩しながら子育てに奮闘するシングルマザー。ある日、同じ学校に息子を通わせるエミリー(ブレイク・ライヴリー)と出会う。華やかなファッション業界で働くエミリーとは、対照的なステファニーだったが、2人はお互いの秘密を打ち明けられるほど親しくなっていく。だがそんな中、エミリーはステファニーに息子を預けたまま失踪してしまう。やがて、エミリーを目撃したという情報が入るが…。  解禁となったポスタービジュアルには、ステファニー(アナ)とエミリー(ブレイク)の2人が映し出されている。どこか怪訝な表情で全身ブラックのワンピースに身を包んだステファニーと、全身をホワイトで統一し、クールに決めるエミリーの正反対な様子が際立つビジュアルだ。また、コピーは、「消えた女、消せない秘密。」とあり、失踪したエミリーと、それをさがすステファニーの女性同士のしたたかなサスペンスを思い起こさせる仕上がりとなっている。  映画『シンプル・フェイバー』は2019年3月8日より全国公開。

  • ディズニーランド・パリを堪能したブレイク・ライヴリー

    ブレイク・ライヴリー、ディズニーランド・パリで魔法のようなひととき

    セレブ&ゴシップ

     ディズニーランド愛を公言する女優のブレイク・ライヴリー。以前、カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドで楽しそうにしている姿が写真に収められていたが、フランス滞在中にディズニーランド・パリを訪れていたことが明らかになった。@@cutter Mail Onlineによると、ブレイクはパリ・ファション・ウィークでフランスを訪れていたという。ディズニーランド・パリには現地時間9日に行った模様。同サイトには、ブレイクがピンクのミニーの耳とリボンをつけ、ハロウィン向けの衣装を身に着けたミッキーに笑顔で抱きついていたり、ポーズを取っていたりする写真が掲載されている。写真にはブレイクの3歳の娘ジェームズちゃんや、1歳の娘イネスちゃんは写っていない。夫で俳優のライアン・レイノルズは、同じ時期に新作『6 Underground(原題)』の撮影でイタリアにいたとのことだ。  ブレイクは今回、ピンクの縁のメガネをかけて、レンズにディズニーランド・パリの名物であるピンクのお城が反射している写真を投稿。キャプションで、「目に大きな2つの鏡を乗せて、本当の“マジック”を見ている時」とコメントしている。お城を見上げているブレイクは、その美しさに心を奪われている様子だ。  ディズニーランド・パリを堪能している様子のブレイクの写真を見たファンからは、「あなたって本当に綺麗で面白い人ね!」「あなたの笑顔こそ、魔法のように魅惑的」「あなたってオチャメ」「すごくステキなショット」などの反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/blakelively/

  • 映画『かごの中の瞳』失った視力を取り戻し、美しく変貌する妻を演じるブレイク・ライヴリー

    『かごの中の瞳』大胆に変化するB・ライヴリーの前後を捉えた新カット解禁

    映 画

     海外ドラマ『ゴシップ・ガール』でブレイクし、本日25日に31歳の誕生日を迎える女優のブレイク・ライヴリー。『チョコレート』のマーク・フォースター監督と組んだ『かごの中の瞳』から、失った視力を取り戻し、美しく変貌する妻を演じたブレイクの変化の前後を捉えた新カットが解禁された。@@cutter 本作は、幼い頃に失明したヒロインが視力を取り戻し、美しく変身していくことで、危うさを増していく夫婦の関係を描いたラブサスペンス。  幼い頃の事故で失明したジーナは、夫・ジェームズの献身的な支えもあり、タイ・バンコクで何不自由ない幸せな結婚生活を送っていた。そんなある日、角膜移植に挑戦したジーナは片目の視力を回復。しかし、喜びに震えるジーナの瞳が捉えたのは、想像と全く異なる、地味で平凡な中年男のジェームズの姿だった。心の奥底に眠っていた好奇心や冒険心が目を覚ましたジーナは、髪を染め流行のファッションで着飾り、外の世界に飛び出していく。一方のジェームズは、そんなジーナに嫉妬と疑念の思いを抱き始めていた…。  ブレイクがジーナ役を務め、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』でジョン・コナー役を演じたジェイソン・クラークがジェームズを演じる。  解禁された新カットは、ジーナの身に起こった視力回復前と後の変化を写したもの。失明時のジーナは白いTシャツに無造作にまとめたヘアスタイルか、夫と出かける時も露出の少ない地味な姿だったが、視力を取り戻したジーナは髪をブロンドに染め、胸元が開いた華やかなドレスを着るようになるなど、その心情の変化が装いから感じられるカットになっている。  私生活では2012年に俳優のライアン・レイノルズと結婚し、本作制作時には子どもが生まれたばかりだったが、脚本に惚れ込んで出演を決断したブレイク。“ジーナ”という役柄について、ブレイクは「小さい頃に交通事故で視力を失くしたことで、彼女の発達は止まってしまった。思春期の崖っぷちにいる女の子に、人生を変えるほどの大きなことが起こったのだから当然よね」と、視力を失うことで思春期から大人の女性へと変わっていく真の成長を阻まれてしまったと分析。  「(目が)見えるようになって初めて、自我の芽生えや性的な目覚めを経験しているのだけれど、感情はまだ子供だから、それらを抑える術を持っていないのだと思うわ」と、ジーナの劇的な変化の裏側について語っている。  映画『かごの中の瞳』は9月28日より全国公開。

  • 『かごの中の瞳』ポスタービジュアル

    視力と引き換えに見失った、愛の真実とは…『かごの中の瞳』予告解禁

    映 画

     女優のブレイク・ライヴリーが主演を務める映画『かごの中の瞳』から予告編と場面写真が到着。公開された予告編では、視力を取り戻したヒロインの変化が繊細かつ大胆に描かれている。@@cutter 本作は、ドラマ『ネバーランド』『チョコレート』から、アクション大作『007/慰めの報酬』『ワールド・ウォーZ』、そして『くまのプーさん』を実写化する最新作『プーと大人になった僕』まで、多岐にわたるジャンルでメガホンをとってきたマーク・フォスター監督が、自身で執筆したオリジナルシナリオを映像化したヒューマン・サスペンス。  幼少期の事故で視力を失ったジーナを主人公に、角膜移植手術で片目の視力を取り戻し、好奇心や冒険心に目覚めたジーナと、そんな彼女に嫉妬と疑念を抱き始める夫の関係をサスペンスフルに描いていく。  このたび公開された予告編では、最初は夫に依存しきりのジーナが、視力を取り戻すことで、自信や好奇心が芽生え、二人の関係が変化していく様が収められている。ジーナがどんどん美しく、見た目や行動も大胆になっていく一方で、妻に疑いと嫉妬の目をむけるようになる夫。二人の間に、不穏な空気が忍び寄る過程が、繊細かつエロティックな映像でつづられていく。  また予告編と併せて公開された場面写真では、視力を取り戻す前の、ジーナと夫の仲睦まじい姿をはじめ、視力を取り戻し、洗練された姿に変身したジーナや、髪を金に染め、ギターを片手に歌う姿も収められている。  ジーナを演じたブレイクは「初めて読んだ時、本当に興奮したわ。目の見えるジーナと目の見えないジーナを行き来する表現が素晴らしかった」と語っている。  映画『かごの中の瞳』は9月28日より全国公開。

  • 映画『かごの中の瞳』メインビジュアル

    視力を取り戻し美しく変貌する妻…B・ライヴリー主演サスペンス9月公開

    映 画

     女優のブレイク・ライヴリーが主演を務める映画『ALL I SEE IS YOU(原題)』が、邦題を『かごの中の瞳』として9月より公開されることが決定。ライヴリーは、手術で視力を取り戻し、自身に降りかかる謎に立ち向かう公主人公を演じる。@@cutter 本作は、ドラマ『ネバーランド』『チョコレート』から、アクション大作『007/慰めの報酬』『ワールド・ウォーZ』、そして『くまのプーさん』を実写化する最新作『プーと大人になった僕』まで、多岐にわたるジャンルでメガホンをとってきたマーク・フォスター監督が、自身が執筆したオリジナルシナリオを映像化したヒューマン・サスペンス。  ジーナ(ライヴリー)は保険会社に勤める夫と、彼の赴任先のタイ・バンコクで幸せな結婚生活を送っていた。幼少期の事故が原因で失明していた彼女は、医師の勧めで角膜移植手術を受けることに。片目の視力を取り戻し喜びに震えるジーナは、好奇心や冒険心が目を覚まし、髪を染め流行りのファッションで外の世界へ。一方の夫は彼女に対して嫉妬と疑念を抱き始める。しかし突然、ジーナは再び視力を失い始める…。  夫のジェームズを演じるのは『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラーク。内気で清楚だった妻が、大輪の薔薇のように美しく官能的に咲き誇る姿に魅惑されながらも、ジェラシーをたぎらす複雑な男性の心理をリアルに演じる。  フォースター監督はこの映画について「見えていることと見えていないこと、真実と真実でないことについての映画」とコメント。本作の脚本を読み「かつて一度も読んだことのない物語」と語ったライヴリーは、再び光を失う恐怖と闘う主人公ジーナの心情を、繊細かつ力強い演技で表現している。  映画『かごの中の瞳』は9月より全国公開。

  • MET GALA2018

    リアーナ、ケイティ・ペリーら超個性的な“宗教”ファッションで登場

    セレブ&ゴシップ

     世界最大のファッションの祭典「MET GALA(メットガラ)」が現地時間7日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開幕。歌手のリアーナ、ケイティ・ペリー、そして日本の森星らスターたちの豪華絢爛、超個性的なファッションを紹介する。@@cutter 『プラダを着た悪魔』のモデルとなったVOGUEの名編集長アナ・ウィンターが主催する本イベント。今年は、『オーシャンズ』シリーズ最新作『オーシャンズ8』(8月10日公開)の女優アン・ハサウェイ、リアーナらが、映画本編で“盗み”の舞台となった本イベントに参加したことも話題だ。  並みいるセレブの中でまず注目したいのは、ローマ教皇のコスプレのようなドレスを見事に着こなすリアーナ。MET GALAの共同主催も務める彼女は、ジョン・ガリアーノのデザインのメゾン・マルジェラのドレスで今年のテーマ「ファッションと宗教(カトリック)」をこれでもかと体現した。  中世の皇帝を思わせるゴージャスなハットとコートにミニドレス、パールのアンクレットとビジューのネックレスを身にまとった彼女は「ドレスは重いけど」と前置きをしながらも「この場に来られて本当に幸せ。すべて手縫いなの。これを着ないと罪だと思ったわ!」とコメント。  ケイティも親友リアーナに負けていない。ヴェルサーチのミニドレスにハイヒールのロングブーツを合わせ、移動するのにも困難なほどのゴージャスな羽根を背負って会場に“降臨”。ショートヘアも含めて見事にゴールドでコーディネートされた姿が美しい。  ほか、歌姫アリアナ・グランデは天使の宗教画をゴールドのシフォンで覆ったドレス、マドンナは十字架の冠に教皇のような黒いロングドレス、ケンダル・ジェンナーは大きく肩を出した白いパンツドレス、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンは僧侶のような金の飾りがポイントの大きく胸の開いた紺のドレスで登場。  また、ヒュー・ジャックマンはラブラブの年上妻デボラ=リー・ファーネスと黒でそろえ、ジョージ・クルーニーはパンツ型のドレスを着こなした法廷弁護士の妻アマル・アラムディンを黒スーツでエスコートした。  アンは、バルーン型のシルエットと大きく開いた背中が印象的なヴァレンティノの赤いドレスを身にまとって登場。「アナ・ウィンター(VOUGE編集長)が、映画のセット、世界観をとても気に入ってくれてとてもうれしかった。その言葉をみんな待っていたの。だって、心の底ではみんな彼女にヒヤヒヤしていたから(笑)」と『プラダを着た悪魔』に主演した彼女だからこそ言えるジョークで会場を沸かせた。  その他にも、ベラ&ジジ・ハディッド姉妹やブレイク・ライヴリーら、豪華セレブがきらびやかな衣装でガラを彩った。

  • “ビッグバード”と呼ばれた少女からハリウッド女優になったブレイク・ライヴリー

    ブレイク・ライヴリー、“ビッグバード”のあだ名で傷ついた過去

    セレブ&ゴシップ

     モデルのようなプロポーションとブロンドの長い髪が魅力的な女優ブレイク・ライヴリー。子供向けの教育番組『セサミストリート』に初出演を果たしたが、小学生の頃に同番組の有名キャラクターの“ビッグバード”というあだ名を付けられて、からかわれて傷ついたことがあるという。@@cutter ブレイクは大きな黄色い鳥のキャラクターであるビッグバードとのツーショットを、自身のインスタグラムに投稿。ビッグバードを見上げて嬉しそうに笑っており、「いまだに興奮冷め止まないわ」とコメントしつつ、「小学校の時にビッグバードというあだ名を付けられて、よくからかわれていたわ(私の“背が高すぎて”“黄色の”髪の毛だったからよ)。かつて自分を傷つけたものと、親友になれたことに乾杯」と、傷ついた過去とその傷が癒えていることを明かしている。  ブレイクのコメントには、「私もそうだった」という共感の声や、「成功が最高の復讐だね」「あなたはライアンをものにしたけど、彼らは違うわ!」とブレイクを称える声が寄せられている。  ビッグバードとのツーショットの前に、『セサミストリート』の撮影の様子をチラ見せする動画を投稿していたブレイク。エルモやクッキーモンスターたちも混ざって、楽しそうに踊っている彼女の横には、一緒に踊るビッグバードの姿があった。

  • ミッキーと満面の笑みでハグ! ※「ブレイク・ライヴリー」インスタグラム

    ブレイク・ライヴリー、ディズニー愛さく裂! 笑顔でミッキーにぎゅっ

    セレブ&ゴシップ

     歌手のブリトニー・スピアーズや俳優ライアン・ゴズリング、ジョン・ステイモスなど、ディズニーランドラブをさく裂させて、童心に返るセレブたち。海外ドラマ『ゴシップガール』の女優ブレイク・ライヴリーも間違いなくその1人だ。休日をディズニーランドで過ごし、ハジけている姿を自身のインスタグラムで披露した。@@cutter ブレイクが米カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドに現れたのは、現地時間15日。時にはインスタグラムのストーリー機能を使い、リアルタイムで楽しい1日を報告していた。ディズニーランドには女友達と来ている様子のブレイク。ジーンズにチェックのシャツ、スニーカーと、至ってカジュアルな装いで、テンションが上がっている様子だ。  頭にはミニーのように大きなリボンを着けたブレイクは、ミッキーマウスにぎゅっと抱きつき、満面の笑みを浮かべている。自分の興奮ぶりが分かっている様子で、キャプションに「Play It Cool(冷静に)」と綴った。『アナと雪の女王』のエルサとのツーショットでは、三つ編みの長さを競っている様子のおちゃめな姿を披露している。  子供のように、はしゃいでいる様子が伝わってくる写真を見たファンからは、「この写真を見たら、もっと彼女が好きになった」「彼女かわいすぎるわ」「だってミッキーよ!!! とことんクレイジーになって」などの反響が寄せられている。日本語でも「かわいい」というコメントが届いていた。 引用:https://www.instagram.com/blakelively/

  • ブレイク・ライヴリー、第2子出産後のダイエットを告白

    ブレイク・ライヴリー、第2子出産後に27キロ減量できたのは地道な運動のおかげ

    セレブ&ゴシップ

     ハリウッド女優のブレイク・ライヴリーが、ライアン・レイノルズとの間に授かった第2子の出産後に、27キロもの減量に成功した理由について、自身のインスタグラムで語った。Just Jaredなどが報じている。@@cutter 現在30歳のブレイクは、12日(現地時間)に自身のインスタグラムを更新。「インスタをスクロールしたり、『なんでビキニを着たモデルみたいに見えないわけ?』と考えているだけじゃ、妊娠している間に増えた27キロを減量することができないって分かったわ」という言葉を添えて、引き締まった肉体を収めた写真を投稿している。  また「私を鍛えてくれてありがとう@donsaladino。10ヵ月で増やして、14ヵ月かけて減らしたわ。とっても誇らしい」と、トレーナーに対する感謝の気持ちと、減量成功の喜びを綴っている。  ブレイクは第2子であるイネスちゃんを、2016年11月に出産した。ブレイクとライアンは、現在3歳の長女・ジェームズちゃんも育てている。

  • アクションシーンの撮影で手を負傷したブレイク・ライヴリー

    ブレイク・ライヴリーのスパイ映画、6月に撮影再開か

    映 画

     主演女優ブレイク・ライヴリーの負傷により、撮影が無期延期になっていたスパイ映画『The Rhythm Section(原題)』が、6月にスペインで撮影が再開される予定だという。Deadlineが伝えた。@@cutter マーク・バーネルの同名小説(邦題『堕天使の報復』)が原作の『The Rhythm Section(原題)』。飛行機事故で家族を失い、売春や麻薬、アルコールと身を滅ぼす生活を送っていた女性ステファニーが、飛行機事故がテロの仕業だったことを知り、報復に燃える暗殺者となって黒幕を追及する姿を描く。  ブレイクは昨年12月、ダブリンの撮影セットで手を負傷。撮影を一時中断し手術を受けたものの、再び手術することになり、1月末に撮影が無期延期になったと伝えられていた。  ブレイクのケガの回復に要する時間は不明であったが、Deadlineによると、複数の情報筋が6月にスペインで撮影再開の目処が立ったと語ったとのことだ。  監督は日本劇場未公開の映画『ミッシング・サン』のリード・モラーノが務める。キャストはブレイクのほか、映画『シャーロック・ホームズ』シリーズの俳優ジュード・ロウや、映画『ブルージャスミン』の俳優マックス・カセラなど。現地時間2019年2月22日より全米公開予定。

  • アクションシーンの撮影で手を負傷したブレイク・ライヴリー

    ブレイク・ライヴリー、2度目の手術で主演のスパイ映画が無期限延期

    映 画

     昨年12月に新作映画『The Rhythm Section(原題)』の撮影で手を負傷した女優ブレイク・ライヴリー。手術を受けたが予定通りの結果にならず、今回2度目の手術が必要になり、映画の制作が無期限で延期になったという。The Hollywood Reporterが伝えた。@@cutter マーク・バーネルの同名小説(邦題『堕天使の報復』)をベースにする『The Rhythm Section(原題)』。飛行機事故で家族を失った悲しみから自暴自棄になっていた主人公の女性が、事故の真相を知り復讐に燃える暗殺者になるというストーリーだ。ブレイクは昨年12月、アイルランドのダブリンでアクションシーンの撮影中に負傷した。  ブレイクの負傷とともに撮影が一時中断していたが、ブレイクは自身のインスタグラムに1月以降も撮影に向けて準備しているメイク室での写真を投稿していた。右手に包帯らしきものを巻いているのが見えるプライベートの写真などもあったが、笑顔を見せていて元気そうな様子だ。  製作側はブレイクの手の回復に時間がかかると判断したが、撮影再開の目処は立っていないという。情報筋の話では撮影は半分ほどしか終わっておらず、再開されるまでに5ヵ月ほどはかかるという見方もあるそうだ。  同作でメガホンを取るリード・モラーノ監督は、今月初めにThe Hollywood Reporterのインタビューで、ブレイクのケガにいて「通常は4~6週間のリハビリを行った後、固定具をつけるようなケガだ。スタントがあるから、いろいろと厄介なんだ」と、撮影が遅れる可能性を示唆している。  『The Rhythm Section(原題)』は現在のところ、現地時間2019年2月22日より全米公開予定。キャストには俳優ジュード・ロウが名を連ねる。

  • 新作の撮影で手を負傷したというブレイク・ライヴリー

    ブレイク・ライヴリー、新作スパイ映画撮影中にケガ 暗殺者役で出演

    映 画

     海外ドラマ『ゴシップガール』終了後は映画界に活躍の場を広げている人気女優ブレイク・ライヴリーが、新作のスパイ映画『The Rhythm Section(原題)』の撮影中に負傷、撮影が一時中断したという。DeadlineやUs Weeklyなどの海外メディアが伝えた。@@cutter レッドカーペットなどで見せる華やかさと違い、本作では一変、ショートヘアのまるで別人のような役作りをしていると話題のブレイク。「アクションシーンの撮影で手を負傷した」と、製作のパラマウント・ピクチャーズとグローバル・ロードが声明を発表し、撮影が一時中断されたようだ。ケガの程度は説明されていないが、できる限り早く撮影を再開させると伝えられている。  『The Rhythm Section(原題)』はマーク・バーネルの同名小説(邦題『堕天使の報復』)が原作。飛行機の事故で家族を失い、売春や麻薬、アルコールと身を滅ぼす生活を送っていた女性ステファニーが、ジャーナリストから飛行機事故がテロの仕業だったことを聞きつけ、報復に燃える暗殺者となって黒幕を追及する姿を描く。  ブレイクは、このステファニーを演じる予定で、俳優のジュード・ロウに出演交渉が入ったともされている。現時点で全米公開日などは決まっていない。

  • ブレイク・ライヴリー、『ゴシップガール』のリバイバルに前向き(※『ゴシップガール』セカンド・シーズンより)

    ブレイク・ライヴリー、『ゴシップガール』のリバイバルに前向き

    海外ドラマ

     2007年から2012年に6シーズンにわたり、米The CW局で放送された人気海外ドラマ『ゴシップガール』。最初の全米放送から10周年を迎え、セリーナ役のブレイク・ライヴリーやブレア役のレイトン・ミースターが、『ゴシップガール』のリバイバルについてそれぞれの意見を語った。ブレイクは企画の話があれば、前向きに検討する意向を示したという。@@cutter 米女性誌「Vanity Fair」のインタビューに答えたキャストは、ドラマのリバイバル新シリーズの企画が浮上したらどうするかという質問に答えている。ブレイクは「もちろん、よくできていて興味深い内容で必要と感じられる作品だったら喜んで受けるわ。みんなもそうだと思うけど、他の人たちを代弁することはできないわね。でも誰もがこのドラマのありがたみを分かっているから、それを認めないのはバカげてると思う」と、いい企画があれば出演を検討する意向を明かしている。  レイトンはブレイクよりも懐疑的だったようだ。「(リバイバル企画の)話は聞かない…というか、断片的に耳には入るけど、何とも言えないわね。みんなが乗り気でタイミングが良ければね。“絶対にない”とは言いたくない」と、冷静にコメントしたという。    一時期は『SEX AND THE CITY』のように、新バージョンで映画化の話もあったという『ゴシップガール』。近年は『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』や『プリズン・ブレイク』、『X‐ファイル 2016』のように、数々のヒットドラマのリバイバル新シリーズが実現している。『ゴシップガール』もいつか、その仲間入りを果たす日が来るのか、続報に期待したい。

  • 素敵な家庭を築いているライアン・レイノルズ&ブレイク・ライヴリー夫妻

    ブレイク・ライヴリー、夫ライアン・レイノルズとの円満結婚生活をおノロケ

    セレブ&ゴシップ

     2012年に映画『デッドプール』の俳優ライアン・レイノルズと結婚した女優ブレイク・ライヴリー。2人の子供にも恵まれ、仲むつまじさが増していく様子の2人だが、ブレイクいわく2人の関係がうまくいっているのは“揺るぎない友情”があるからだそうだ。@@cutter 女性誌「Glamour」とのインタビューでライアンとの関係を語ったブレイク。2010年に映画『グリーン・ランタン』の撮影でライアンと意気投合したが、共演後2年間は単なる友人だったという。  「他の恋愛では何かあったら女友達や姉に連絡して、“彼がこうしたの。どうすればいい?”と相談する感じだったけど」とブレイク。「ライアンとはデートする前に2年間友人同士だったの。それで彼とは女友達に接するみたいにできる。“こんなことが起きて、取り乱してる。私はこう感じてるの。どうしたらいい?”と相談できるわ。彼も私のことを親友のように接してくれるわ」と、ライアンに絶大の信頼を寄せていることを明かした。  現在、2歳の長女ジェームズちゃんと10ヵ月の次女イネスちゃんがいるライアンとブレイク。ライアンが子供達とのエピソードをおもしろおかしくツイートしているが、ブレイクはライアンのユーモアにも惚れ込んでいるそうだ。「彼が“僕の娘”と言う時は大抵、彼女のことじゃないのよ」とブレイク。ライアン流のジョークで殆どが創作らしい。ライアンは時々、ツイートする前に先にブレイクに見せて彼女を笑わせているそうだ。

  • 順調交際を続けている様子のテイラー・スウィフトとジョー・アルウィン(右/映画場面写真より)

    テイラー・スウィフト、R・レイノルズ&B・ライヴリー夫妻とダブルデート

    セレブ&ゴシップ

     今年の5月にアン・リー監督作『ビリー・リンの永遠の一日』の主演俳優ジョー・アルウィンとの熱愛を報じられた人気歌手テイラー・スウィフト。順調交際が続いているようで現在アメリカに滞在中のジョーと、ライアン・レイノルズ&ブレイク・ライヴリー夫妻とダブルデートを楽しんだという。@@cutter 情報筋がUs Weeklyに語ったところによると、テイラーとジョーはテイラーの米ロードアイランド州の邸宅に2日間ほど滞在。その時、ライアンとブレイクが2人を訪ねたとのことだ。4人がどのように過ごしたか詳細は伝えられていない。  テイラーとジョーはテイラーのニューヨークの高級アパートでも過ごしたが、この時は2人が揃ってフィットネスジムに行く姿がパパラッチされていた。「テイラーは大がかりな警護チームを配備し、正面のドアから行くかのように見せかけて、裏口に車をつけさせました。テイラーとジョーはお揃いのパーカーを身に着け、傘で姿を隠していました」と情報筋は語っている。  イギリスとアメリカでの遠距離恋愛を続けながら、時間が許す限りお互いの国を行き来して一緒に時間を過ごしているテイラーとジョー。交際発覚後イギリスでテイラーがジョーの家族にも会ったと伝えられたが、2人は6月にはナッシュビルを訪れ、テイラーがジョーを家族に紹介していたという。

  • 映画『海底47m』、公開決定

    海底で檻に入れられ置き去りに… サメの恐怖『海底47m』公開決定

    映 画

     極限の海底密室で繰り広げられる、戦慄の深海パニックスリラー『47 METERS DOWN』が邦題を『海底47m』として、8月12日より全国順次公開されることが決定、あわせてポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter メキシコで休暇を過ごすリサとケイト姉妹。現地で知り合った男友達に、海に沈めた檻の中から野生のサメを鑑賞する“シャークケージダイビング”に誘われる。臆病なリサは尻込みするが、好奇心旺盛なケイトに強引に押し切られ、挑戦することに。姉妹を乗せた檻はゆっくりと水深5mの海へと降りていく。  初めて間近で見るサメの迫力に大興奮の二人だったが、突然ワイヤーが切れ、檻が水深47mの海底まで落下してしまう。そこは、無線も届かない海の底。急浮上すれば潜水病で意識を失い、海中に留まればサメの餌食になること必至。ボンベに残された酸素はあとわずかと、全てが極限状態の海底での脱出劇に、生還という結末はあるのか。  キャストは、海外ドラマ『オリジナルズ』シリーズのクレア・ホルトと、現在、アメリカで人気のテレビドラマ『THIS IS US』に出演中、同作で第74回ゴールデングローブ助演女優賞にノミネートされた『ウォーク・トゥ・リメンバー』のマンディ・ムーアが姉妹を演じる。ほか、『フルメタル・ジャケット』のマシュー・モディーンらが脇を固める。  今回解禁されたビジュアルでは、海底深くに落下した檻に閉じ込められた姉妹に、忍び寄る不気味な人食いサメの姿を捉えており、昨年ヒットしたブレイク・ライヴリー主演『ロスト・バケーション』を彷彿させる設定に、本作はどのような驚愕の展開が待ち受けているのかと、期待が膨らむデザインとなっている。  映画『海底47m』は、8月12日より全国順次公開。

  • ブレイク・ライヴリーがベストセラー小説の映画化で主演&製作総指揮

    ブレイク・ライヴリー、殺人ミステリーで製作総指揮&主演

    映 画

     海外ドラマ『ゴシップガール』のセリーナ役で人気を不動のものにし、俳優ライアン・レイノルズとの家庭や主演映画など、公私ともに順調な女優ブレイク・ライヴリーが、豪作家リアン・モリアーティのベストセラー・ミステリー『The Husband’s Secret(原題)』の映画化で製作総指揮と主演を務めるという。@@cutter The Hollywood Reporterによると、映画化はCBSフィルムズのもと進められ、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)の脚本を手がけたクリス・ワイツや海外ドラマ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』の製作総指揮のポール・ワイツらが製作を務める。監督は決まっていないとのことだ。  モリアーティは最近、小説『ささやかで大きな嘘』が米HBO局でミニシリーズ化され(邦題『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』)オスカー女優リース・ウィザースプーンやニコール・キッドマンらの出演で話題になった。  『The Husband’s Secret(原題)』は、愛しい夫と子供達に恵まれ幸せな家庭を築いていると思っていた女性セシリアが、封筒に入っていた夫の手紙を見つけたことから、自分の結婚生活が嘘と殺人の上に成り立っていたことを知るというミステリー。ブレイクはセシリアを演じる。他のキャストについては未定。続報を楽しみにしたい。

  • ブレイク・ライヴリー、エゴサーチで自滅「すごく落ち込むだけだった」

    ブレイク・ライヴリー、エゴサーチで自滅「すごく落ち込むだけだった」

    セレブ&ゴシップ

     人気俳優ライアン・レイノルズとの間に、2歳のジェームズちゃんと7ヵ月のイネスちゃんをもうけた女優のブレイク・ライヴリーが、エゴサーチを行った結果について「すごく落ち込むだけだった」と明かしている。海外メディアUs Weeklyが報じた。@@cutter Variety誌の『Power of Women NY』号の表紙の撮影でインタビューに応じたブレイクは、自分を検索したことがあるか質問されると、「前にしたことがあったけれど、すごく落ち込むだけだったの。インターネットって優しくないから、自分のことをググらないのは、良いルールよね」とコメント。  また、家族のこと、そして映画『オズの魔法使い』を観たことについても言及。「私の娘は『オズの魔法使』が大好きなのよ。もしかしたら、週に60回は観てるかもしれない」。  人気を博したテレビドラマ『ゴシップガール』シリーズでは豪邸に暮らしていたブレイクだが、ニューヨークでの最初の住まいは、ゴージャスではなかったそう。当時については「私のニューヨークでの最初のアパートは、すごく小さかったの。キッチンとクローゼットは同じ部屋にあったけれど、自分の場所を持てたことは、すごくうれしかったわ」と振り返っている。

  • 『ゴシップガール』ペン・バッジリーが結婚! ※「ドミノ・カーク」インスタグラム

    『ゴシップガール』ペン・バッジリーが密かに地味婚

    セレブ&ゴシップ

     人気海外ドラマ『ゴシップガール』のダン・ハンフリー役で人気を博した俳優ペン・バッジリーが、海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェッサ役で知られる女優ジェマイマ・カークの妹ドミノ・カークと3年の交際を経て結婚したことが明らかになった。@@cutter Us Weeklyによると、ペンとドミノは現地時間27日にニューヨークのブルックリン裁判所で家族や知人に囲まれる中、結婚したという。ドミノのインスタグラムにはシックなウェディングドレスに身を包んだ彼女自身と、結婚指輪をしたスーツ姿のベンが見つめ合っている写真が投稿されており、キャプションに「結婚した」と綴られている。  ジェマイマはTシャツにジーンズというカジュアルな出で立ちで式に参列。盛大な挙式ではなく宗派にとらわれない裁判所でささやかに結婚の誓いを行った2人に、「おめでとう。アホども!@ペン・バッジリーと@ドミノ・カーク。これからが下り坂よ。いい意味でね!」とツイートして祝福している。  ペンは2014年からドミノと交際。それ以前は2011年から2013年に女優ゾーイ・クラヴィッツと、2007年から2010年に『ゴシップガール』の共演者ブレイク・ライヴリーと恋愛している。ドミノは前のパートナーとの間に子供を1人授かっている。

  • レイトン・ミースター、『ゴシップガール』を述懐

    レイトン・ミースター、『ゴシップガール』を述懐「出演するのは楽しかった」

    セレブ&ゴシップ

     女優のレイトン・ミースターが、Rogue誌によるインタビューで、出演していた人気海外ドラマシリーズ『ゴシップガール』について「出演するのは楽しかった」と語った。海外メディアUs Weeklyが報じている。@@cutter 『ゴシップガール』は、ニューヨークで最もリッチな地区アッパー・イースト・サイドを舞台に、セリーナ・ヴァンダーウッドセン(ブレイク・ライヴリー)とブレア・ウォルドーフ(レイトン)ら、ヤング・セレブたちの世界をとびきりおしゃれに贅沢に、スキャンダラスに描き、世界中でセンセーションを巻き起こしたドラマ。全米では、2007年に第1シーズンが放送開始し、2012年の第6シーズンまで製作された。  2015年に、夫であるアダム・ブロディとの間に第1子アーロちゃんを出産して以降あまり露出がなかったレイトンは、「私は変わったのだと思う」とコメント。「『ゴシップガール』を20歳だった10年前にスタートさせたけれど、今は30歳よ」とも話しており、年齢を重ねたことを実感しているようだ。  また「私は『ゴシップガール』に出演するのは楽しかったし、今はまた別の作品に取り組んでいて、それは私が成長して30歳という年齢のテイストを出した、新しいものになっているわ」と2017年全米放送予定のテレビシリーズ『Making History(原題)』への期待も語っている。

  • 公私ともに支え合うライアン・レイノルズ&ブレイク・ライヴリー夫妻

    ライアン・レイノルズ、妻ブレイク・ライヴリーにメロメロ「僕の正気を保ってくれる」

    セレブ&ゴシップ

     2016年12月に米ハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」の歩道に星を刻み、ハリウッドスターの殿堂入りを果たした俳優ライアン・レイノルズ。妻で女優のブレイク・ライヴリーとの間に2人の娘ジェームズとイネスを授かり幸せいっぱいだが、映画『デッドプール』の仕事ではブレイクが心の支えだったそうだ。@@cutter ライアンはVariety紙とのインタビューで『デッドプール』に巡り会う前は「荒波を進んでいた」と語り、「『デッドプール』が決まった時には大きな安堵感があった。やっと的確に捉えられる役に巡り会えたと思った」と、『デッドプール』がキャリアの転機だったことを明かした。  しかしファンの期待を裏切れないという思いから寝る間も惜しんで働いたというライアンは、かなりのプレッシャーを感じていたようだ。「ポストプロダクションの作業に入り、コミコンに参加する頃には人々が熱狂していた。みんなの期待が僕にとっては生き地獄だった」と当時を振り返り、「ブレイクがその時期の僕を支えてくれた。僕の正気を保ってくれる彼女が居て僕はラッキーだ」とブレイクに感謝した。  2016年9月に結婚4周年を迎え、思い出のレストランでお祝いしたというライアンとブレイク。今年には『デッドプール』続編の撮影が始まる予定だが、精神的な支えとなってくれるブレイクがいれば、ライアンは何も心配する必要がなさそうだ。

  • 米ハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」式典に出席した、ライアン・レイノルズ一家

    ブレイク・ライヴリー&ライアン・レイノルズ、次女の名前は「イネス」

    セレブ&ゴシップ

     12月15日に米ハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に星を授かった俳優ライアン・レイノルズ。式典には妻で女優のブレイク・ライヴリーだけでなく、公の場でのデビューとなる長女と次女も参列し、親子4人の姿を公式にカメラの前で披露したが、生まれて2ヵ月の次女の名前が「イネス」であるとUs Weeklyが伝えた。@@cutter プライベートについてはほとんど公にしないブレイクとライアン。現在2歳になる長女ジェームズちゃんの時も名前をすぐに公表しなかったが、最初は“バイオレット”と伝えられ訂正するに至った。ジェームズちゃんの時はライアンの亡き父から名前を取ったと伝えられたが、イネスちゃんの名前の由来は不明だ。  これまでインスタグラムに後ろ姿の写真がたまに披露される程度だったジェームズちゃんとイネスちゃんは、15日に開催された「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」で愛らしい姿をばっちりお披露目。マイクを持って楽しそうに駆け回り、愛嬌たっぷりだったジェームズちゃんが話題をさらった。写真撮影では、イネスちゃんを抱えたライアンが、彼女の頭に優しくキスする姿もカメラに収められた。  ライアンは愛娘達を初めて公の場に連れてきたことについて、ハリウッド殿堂入りという「滅多にないことだったから、これは一家総出だと思ったんだ。そうしなかったら20年後には後悔していると思ってね」とExtraとのインタビューで説明している。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access