アダム・マッケイ 関連記事

  • 『バイス』メインカット

    クリスチャン・ベイル、20~70代までを熱演『バイス』場面写真一挙公開

    映画

     俳優のクリスチャン・ベイルが主演を務める映画『バイス』より、場面写真が一挙公開。本作でクリスチャンは、体重を約20キロ増量、髪を剃り、眉毛を脱色するなどして、主人公の20代から70代までを完璧に演じ切り、第76回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞している。@@cutter 本作は、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領政権下で国防長官、その息子であるジョージ・W・ブッシュ政権下で2001年から2009年まで副大統領を務め、“事実上の大統領”としてアメリカ史上最も権力を持ったディック・チェイニーの裏側の姿を描いた社会派エンターテインメント。1月16日(日本時間)時点で20の映画賞を受賞、105のノミネートを記録し、今年度のアカデミー賞大本命とみなされている。  監督は映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で、第88回アカデミー賞脚色賞を受賞し、5部門にノミネートされたアダム・マッケイ。製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド・ピット本人がプロデュースを務めている。  公開された11点の場面写真では、眼鏡の向こうから鋭い視線を投げかける中年のチェイニーをはじめ、サム・ロックウェル扮するブッシュ大統領とホワイトハウスのミーティングルームで語り合ったり、たばこをくわえて野心的な表情を浮かべる姿など、さまざまな年代のチェイニーの姿をピックアップ。若者から老年まで七変化を遂げたベイルを通じ、『バイス』の世界観をうかがい知ることができる。  映画『バイス』は4月5日より全国公開。

  • 映画『VICE(原題)』場面写真より

    クリスチャン・ベイル、体重20kg増で変貌 ブラッド・ピット製作『VICE』公開

    映画

     俳優のクリスチャン・ベイルが主演を務め、ブラッド・ピットが製作を手掛ける映画『VICE(原題)』が、来年4月に公開されることが決定。映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で第88回アカデミー賞主要5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞したアダム・マッケイ監督がメガホンを取る。@@cutter 本作は、ジョージ・W・ブッシュ政権(2001~2009)において、アメリカ史上最も権力を持った副大統領となったディック・チェイニーに焦点を当てる社会派エンターテインメント。製作をプランBエンターテインメントが担当し、同社代表であるブラッド本人がプロデュースする。  チェイニー副大統領を演じるのは、映画『ダークナイト』『アメリカン・ハッスル』のクリスチャン。チェイニーの妻役には『アメリカン・ハッスル』『メッセージ』のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役は『フォックスキャッチャー』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のスティーヴ・カレル、ブッシュ大統領役は『アイアンマン2』『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェルと、オスカー候補常連の超豪華キャストが脇を固める布陣となった。  これまでに数々の作品で大幅な肉体改造を行ってきたクリスチャンは、本作でも体重を約20キロも増やし、髪を剃って眉毛を脱色するなど、その変貌ぶりが早くも話題を呼んでいる。マッケイ監督が「トランプ大統領よりも悪だ」と語る、アメリカを操った“影の大統領”にして“史上最強の副大統領”といわれたチェイニー副大統領は、どう描かれるのか。クリスチャンの熱演にも期待したい。  映画『VICE(原題)』は2019年4月全国公開。

  • 6年ぶりにテレビドラマで主演を務めるクリスティナ・アップルゲイト

    クリスティナ・アップルゲイト、ダークコメディでテレビドラマに復帰

    海外ドラマ

     映画『お!バカんす家族』などの女優クリスティナ・アップルゲイトが、Netflix製作のダークコメディ『Dead to Me(原題)』で主演と製作総指揮を務めるという。Deadlineが報じた。クリスティナは同作で、6年ぶりにテレビドラマシリーズにレギュラー出演する。@@cutter シーズン1は10話構成になるという『Dead to Me(原題)』。海外ドラマ『NYボンビー・ガール』シリーズのリズ・フェルドマンが脚本を執筆。米HBO局のヒットドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』のコメディ版といった作風になるとのことだ。  クリスティナが演じるジルは、ダークなユーモア感覚の持ち主で、怒りを自制できない問題を抱えている。特に夫がひき逃げで死亡して以来、不安定な状況が続いているという。そんな彼女と、自由奔放に生きている人物が友情を育むことになるか、その人物は衝撃的な秘密を抱えているという。  製作総指揮にはコメディ俳優のウィル・フェレルや、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の監督アダム・マッケイなどが名を連ねる。3人は映画『俺たちニュースキャスター』シリーズでタッグを組んだ仲だ。  1987~1997年に日本未上陸の海外ドラマ『Married with Children(原題)』に出演してブレイクしたクリスティナ。以後、活躍の場を映画に移したが、2007~2009年に海外ドラマ『サマンサWho?』で主演を務めた。テレビドラマのレギュラー出演は、2011~2012年の海外ドラマ『Up All Nigh(原題)』以来となる。

  • 新作コメディで同性愛者の女性大統領を演じるというジェニファー・アニストン

    ジェニファー・アニストン、新作政治コメディ映画で同性婚した大統領に

    映画

     人気海外ドラマ『フレンズ』のレイチェル役でブレイクした女優のジェニファー・アニストンが、Netflix製作の政治コメディ『First Ladies(原題)』で同性婚しているアメリカ初の女性大統領を演じるとDeadlineが報じた。@@cutter 本作は海外ドラマ『ワン・ミシシッピ ~ママの生きた道、ワタシの生きる道~』の女優で、プロデューサーでもあるティグ・ノタロが、映画『男ゴコロはマンガ模様』の女優ステファニー・オーリンと脚本を共同執筆する。実生活で同性婚している二人が、原案をNetflixに持ち込んで映画化に結びついたという。  同作はアメリカ初の女性大統領ビバリー・ニコルソン(ジェニファー)と、彼女の就任によりファーストレディーとなった妻ケイシー(ティグ)が、ホワイトハウスで奮闘する様子を描く。偉大な女性の影には必ず偉大な女性がいることを示す物語になるそうだ。  現時点で監督やほかのキャストは不明。ジェニファーはティグやオーリンと共に製作も務める。また、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイ監督やコメディ俳優のウィル・フェレルが、製作に名を連ねている。

  • マイケル・ルイス原作映画で豪華共演が実現!

    ブラッド・ピット、クリスチャン・ベイル、ライアン・ゴズリング、3大俳優が競演

    映画

     映画『マネーボール』の原作著者であるマイケル・ルイスが経済界を描いたノンフィクション『世紀の空売り』の映画化『The Big Short(原題)』で、ブラッド・ピット、クリスチャン・ベイル、ライアン・ゴズリングが豪華共演を果たすことが明らかとなった。@@cutter 本作はウィル・フェレル主演映画『俺たちニュースキャスター』(未)や『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などのコメディ映画で知られるアダム・マッケイ監督が長く構想を練っていたもので、2007年から2010年の世界経済破綻のきっかけとなった空売りを作りだし大金を稼いだ人々を描くサスペンス。  マッケイはこの新作で脚本兼監督を務める予定で、ブラッドと共にデデ・ガードナーがプロデュースを手掛けるという。ブラッドの製作会社であるプランBエンターテインメントのもとパラマウント・スタジオが製作に携わるようだ。撮影開始時期など、そのほかの詳細は明かされていない。

  • マーベルコミックのヒーロー「アントマン」実写映画化で監督選びが難航(※marvel.comのスクリーンショット)

    マーベル『アントマン』実写化、エドガー・ライトに続きアダム・マッケイも監督辞退

    映画

     マーベル・コミックの人気ヒーローの実写映画化が続く中、ポール・ラッドがタイトルロールの「アントマン」を演じる映画『Ant‐Man(原題)』から監督に決まっていたエドガー・ライトが降板したが、その後、現地時間5月30日に有力候補として交渉に入ったと伝えられたアダム・マッケイも急きょ交渉から手を引いたそうだ。@@cutter The Wrapなど複数のメディアが伝えた後、マッケイ監督も自身のツイッターでマーベルトとミーティングしたことを認め、「アントマン」の生みの親であるマーベル・コミックのアーティスト=ジャック・カービーと原作者のスタン・リーをジョン・レノンとポール・マッカートニーに例えてマーベルのファンであることを伝えつつ、「でも他にコミットしているプロジェクトがある。できるとは思えない」と監督しない理由を明かしている。  Varietyによると、『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』(14)などで知られるライト監督は2006年頃から本作の映画化に着手。映画『アタック・ザ・ブロック』(12)のジョー・コニッシュと共に脚本を執筆してきたが、「創造性の違い」を理由に降板したと伝えられた。しかし、マーベル側がライト監督らの知らないところで脚本を修正したことが降板の真相と、関係者は話していたそうだ。  一方、次候補として交渉に入っていたマッケイ監督は、日本劇場未公開映画『俺たちニュースキャスター』シリーズの監督・脚本で知られ、同作に出演したポールから強い推しがあり、声がかかったという。  これにより振り出しに戻ったマーベルの監督探しだが、次なる候補として、映画『なんちゃって家族』(14)のローソン・マーシャル・サーバーを筆頭に、映画『ピザボーイ 史上最凶のご注文』(11)のルーベン・フライシャーなどが近々マーベルと交渉に入ると予測されている。  『Ant-Man(原題)』は、体のサイズを自由自在に変えることのできる能力を持つスコット・ラングことアントマンが主人公。本作には、コミックで初代アントマンとして活躍したヘンリー・ピム博士をマイケル・ダグラスが演じることも決定している。2015年7月17日の全米公開予定。

  • 『原始家族フリンストーン』のアニメ映画版企画が進行中(※テレビ版『原始家族フリンストーン』の画像)

    ヤバダバドゥー!『原始家族フリントストーン』アニメ映画版の企画が進行中

    アニメ・コミック

     原始時代の家族をコミカルに描いたアメリカの往年の人気アニメ『原始家族フリントストーン』。日本でも過去にテレビ放送された本作のアニメ映画版の企画が、米ワーナー・ブラザースで進行しているという。@@cutter The Hollywood Reporterによると、製作総指揮はコメディ俳優としても活躍するウィル・フェレルと、映画『俺たちサボテン・アミーゴ』(13)の製作を務めたアダム・マッケイ。映画『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』(11)のクリス・ヘンチーが脚本を担当するそうだ。まだ企画の段階とのことで、監督やキャストは未定。  オリジナル作品はアメリカで1960年から1966年に放送。石器時代を舞台にフリンストーン家の主フレッドと妻のウィルマ、一家の親友家族バーニー&ベティ・ラブルを中心にしたドタバタ騒動を描く。「ヤバダバドゥー」の合い言葉や、フリンストーン家のペットの恐竜ディノなどもお馴染みだ。  過去にも映画版が2作製作されたが、どちらも実写版だった。1994年の『フリントストーン/モダン石器時代』には、ジョン・グッドマンやカイル・マクラクラン、ハル・ベリー、エリザベス・テイラーなど豪華スターが出演。第2弾の『フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス』(00)は、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮として参加し、マーク・アディやスティーヴン・ボールドウィンらが出演した。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access