安里麻里 関連記事

  • 『アンダー・ユア・ベッド』に出演する高良健吾

    高良健吾、最新作で愛する女性をベッドの下から見つめ続ける異常者に

    映画

     俳優の高良健吾が、異常者のゆがんだ愛の形を描く安里麻里監督の映画『アンダー・ユア・ベッド』で、主演を務めることが発表された。高良演じる主人公が愛する女性の自宅に潜入し、ベッドの下から彼女をのぞき見る不気味な姿を写し出すカットも公開された。@@cutter 本作は、大石圭の同名小説が原作。他人から存在を無視されてきた男が、愛する女性をのぞき見し続けるというゆがんだ形で、悲惨な境遇にある彼女を救おうとする様を描く。KADOKAWAとハピネットの共同制作でホラーやサスペンスの先鋭的作品を開発・発信する「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第2弾作品となる。  家でも学校でも誰からも必要とされず、存在を無視されてきた三井直人(高良)は、学生時代に初めて「名前を呼んでくれた」女性との11年ぶりの再会を夢見て、追い始める。しかし、目の前に現れた彼女は別人のように変わっていた。彼女に何が起こっているのか。直人は彼女を監視するようになり、自宅に潜入してベッドの下で真上の彼女を思い始める…。  主演の高良は撮影を振り返り、「いつもより個人的な想いが多くある現場だった気がします。続けてこられたからこそご褒美が多かったというか。若い現場だったのでエネルギーもあって気持ちがいい組でした。この作品は心から痛々しくて不気味ですから、ご褒美、気持ちがいいという想いは現場中にはゼロ、むしろマイナスになるのですが、それでも、確かにあったと今でも思える日々、現場でした」と語る。また作品について、「観る人をなんともいえない気持ちにさせる作品なのかもしれませんし、R指定がついているので観る人を選んでいますが、笑えるか笑えないかは気分次第の不気味な愛と緊張がある作品だと思います」としている。  安里監督は「ただ『名前を呼んでくれた』という些細な事が、主人公・三井にとっては、かけがえのない幸せの記憶。その女を妄想的に想う。変質的であり、純粋でもある。この危ういキャラクターを描いてみたかった」と話す。主演の高良については「繊細な役どころで、同じシーンでもニュアンスを変えていくつか芝居をしてもらう事があった。こちらが一言投げかけるだけで、まるで別人のような顔つきに変わっていて、よく驚かされた。『目を離してる間に何か塗りました?』とメイク部に聞いたほど。とんでもない役者と出会ってしまったと思う」と激賞している。  映画『アンダー・ユア・ベッド』は今夏に全国公開。

  • 映画『殺人鬼を飼う女』キービジュアル

    恐怖×狂気×エロティシズム「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」始動 2作公開

    映画

     KADOKAWAとハピネットの共同制作により、ホラーやサスペンスで先鋭的な作品を開発・発信するプロジェクト「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」が始動。第1弾はホラーの鬼才・中田秀夫監督による『殺人鬼を飼う女』、第2弾は安里麻里監督による『アンダー・ユア・ベット』が公開されることが発表された。@@cutter 「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」のコンセプトは“リミッターをはずせ”。クリエイターがハイコンセプトな題材、内容を思うままに作り、映倫審査R‐18となることも辞さない作品を目指していく。  『殺人鬼を飼う女』は、2010年に刊行された大石圭による同名タイトルの小説を映画化したもの。主演は、日活ロマンポルノ45周年を記念した「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」作品のひとつ『ホワイトリリー』(中田監督)で主演を務めた飛鳥凛。飛鳥は今作で中田監督と再タッグを組み、ビストロで働く美しいギャルソン・キョウコを演じる。  キョウコは幼い頃義父から性的虐待を受け続けたことで、解離性同一性障害を患い、自身の中に別人格を作ることで自分を守ってきたキャラクター。キョウコの中にいる別の人格を、女優の大島正華、松山愛里、中谷仁美がミステリアスかつ官能的に演じ、キョウコの憧れの小説家を水橋研二が演じる。  今作を自信作だと語る中田監督は「『殺人鬼を飼う女』は、エロス(恋愛)+サスペンスという、私が追求し続けたいジャンルの組み合わせで、原作の世界観を守りつつ、どのように鋭角的な映画に出来るかが私にとってのチャレンジでした。ラブシーンもクライマックスには男一人対女三人という場面があり、これもキャスト・スタッフ共に数日に渡る熱のこもったリハーサルを重ね、撮影に挑みました」とコメント。  一方、キョウコ役は非常に難解だったと語る飛鳥は「監督には『感情が内から湧き出るように!』『そこは獣のように!』など、かなり独特の表現で演出していただきました」と振り返る。そして「綺麗なうわべの部分だけでなく人間の本質をさらに追求することを念頭に置いて挑んだことで、自分の中の芝居の意識がより深いものになったのかなと。見せたくないような汚いところも沢山見せていると思います(笑)」とメッセージを寄せた。  今回の発表と併せて解禁された『殺人鬼を飼う女』のキービジュアルは、一人の女の中に共存する、4人の異なる人格たちが淫らに入り乱れている姿を描いたもの。横には「快楽の人格四重奏。」というキャッチコピーが添えられており、物語の展開に想像をかき立てられるビジュアルとなっている。  また、本プロジェクトの第2弾作品『アンダー・ユア・ベッド』も、大石圭の同名タイトル小説が原作。人生で家族を含む他人全てから存在を無視されてきた男が、愛する女性を覗き見し続けるという歪んだ形で、悲惨な境遇にある女性を救おうとする様を描く作品となっている。  映画『殺人鬼を飼う女』は4月12日より、『アンダー・ユア・ベッド』は今夏公開。

  • (左から)連続ドラマ『I”s』制作発表会・試写会に登場した白石聖、岡山天音

    白石聖、ヒロイン起用は「笑顔」 原作者の桂正和がドラマを太鼓判

    エンタメ

     伝説的な人気を博した桂正和原作のマンガを実写化したドラマ『I”s(アイズ)』の制作会見が13日、都内で行われ、主人公・瀬戸一貴役の岡山天音、葦月伊織役の白石聖、秋葉いつき役の柴田杏花、磯崎泉役の萩原みのり、麻生藍子役の加藤小夏、寺谷靖雅役の伊島空、ナミ役の春花、森崎祐加役の須藤叶希、豊島圭介監督、安里麻里監督、そして原作者の桂正和が登壇した。@@cutter 1997年から2000年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された『I”s』は、一貴とヒロインの伊織を軸に甘くて切ないラブストーリーを描く。過去にアニメ化はされたが、今回は初の実写化となり、大きな注目を集めている。  ヒロインの伊織は“圧倒的な美少女”として描かれている。白石は、その役を700人が参加したオーディションで勝ち取った。審査員を担当していた桂に起用理由を聞くと「笑顔ですね。ヒロイン感がすごくあったんですよ。そこかな?」と告白。横で聞いていた白石は「恥ずかしい」と赤面しながらも「本当にうれしい。ありがたい限りで、恐れ多い」と感謝した。  代表作の実写化となるが「僕は(制作側に)原作にこだわらないでいいよと話した」と桂。「ドラマとマンガは媒体も違って表現方法も異なる。面白いドラマになればいいと思って、どしどし変えてもらっていい」と伝えたという。完成した作品は「素晴らしかった。マンガは、脳内にある映像を切り取って原稿に描いている。ドラマを観て、自分のイメージに近いと思った」と太鼓判を押した。  主人公の一貴を演じた岡山は「こんなに1つの作品に同じ役で長く関わるのは初めて」といい、「戸惑ったり、壁にぶち当たったりした。撮影チームの皆さんに支えられて最後まで走り抜けた」と撮影を振り返った。白石は「高校時代の演劇部から芸能界に入っていく、伊織の成長を描いている。大人の世界に入って毎日知らないことだらけで、揉まれていく部分はリアルにリンクした。すごく楽しかった」と充実の表情だった。  ドラマ『I”s』はBSスカパー!にて12月21日より毎週金曜21時放送。

  • 映画『氷菓』初日舞台挨拶に出席した山崎賢人

    朝が苦手な山崎賢人、目指すは“起きちゃう主義”!本郷奏多から意外なアドバイスも

    映画

     山崎賢人、広瀬アリス、小島藤子、岡山天音、天野菜月、本郷奏多、安里麻里監督が、3日に都内で行われた映画『氷菓』の初日舞台挨拶に出席。朝が辛いという山崎は、二度寝をしない「起きちゃう主義」を目指すと語り、これを聞いた本郷は意外な朝対策を山崎に授けた。@@cutter 映画『氷菓』は、IQ未知数の省エネ男子=折木奉太郎(山崎)と好奇心MAXのお嬢様=千反田える(広瀬)を中心に描かれる謎解き青春学園エンターテインメント。部員ゼロ&廃部寸前の“神谷古典部”にそれぞれの思いから入部してきた部員たちは、33年前に起きたある事件の真相へと迫り始める…。  奉太郎が省エネ主義であることに絡めて、主義を問われた山崎は、「思い立ったら即行動主義にしたいなと決めてきました。今はなかなか、だらだらしちゃって、やらなかったりすることもあるので。思い立ったらすぐやろうっていう。考える隙も自分に与えないっていうの、どうですか!?」と逆質問。その後、二度寝をしないと宣言してから、「すぐ顔を洗って、起きちゃう。起きちゃう主義かもしれない」と語って、広瀬や岡山を笑わせた。  劇中で物語の鍵を握る役どころを務めた本郷は「自他ともに認める合理主義者だと思いますね」とコメント。山崎に「奉太郎ですよね?」と聞かれると、「奉太郎は、けっこう無気力じゃん?なるべくいろんなことをしたくないみたいな。僕は自分のやりたいことはしたいタイプの合理主義なので、奉太郎くんとは違います!」と否定。  朝が苦手だという山崎には、「僕は目覚ましの時間を、家を出なきゃいけない2分前に設定しているんですよ。そうすると、絶対起きなきゃいけないじゃん。だから起きんの」と明かしたうえで、「30分前とかにやって、余裕を持たせようとするから二度寝しちゃうの。だから2分前にすれば、多分起きちゃう主義になれるよ」とアドバイス。「(考える隙を)与えてない。最終通告」とも話し、山崎は「流石です…!」と感心していた。  映画『氷菓』は全国公開中。

  • 『氷菓』、広瀬アリスが一喜一憂する場面写真

    広瀬アリス、キラキラ輝く大きな瞳が一喜一憂 『氷菓』魅力いっぱい場面写真到着

    映画

     累計発行部数230万部を突破する米澤穂信原作の同名小説を、山崎賢人と広瀬アリスのダブル主演で映画化した『氷菓』から、好奇心MAXお嬢様・千反田えるを演じた広瀬アリスの場面写真が到着した。@@cutter 本作は1冊の文集『氷菓』が導く、10年前の失われた少女の記憶と33年前の消された学園史をめぐる謎解き学園エンターテインメント。NHK連続テレビ小説『わろてんか』に出演し注目を集める広瀬と、『斉木楠雄のΨ難』など主演作が相次ぐ山崎がダブル主演し、小島藤子、岡山天音といった若手俳優が集結。『リアル鬼ごっこ』シリーズ、『劇場版 零~ゼロ~』の安里麻里監督がメガホンをとる。  広瀬が演じた千反田えるは、一度好奇心を刺激されると、「わたし、気になります!」と誰にも止められない常に一直線なキャラクター。一身上の都合で廃部寸前の古典部に入部し、IQ未知数の省エネ男子・折木奉太郎(山崎)を振り回しながら、奉太郎の潜在的な推理力を目覚めさせていく。  この度解禁された場面写真では、印象的な大きな瞳をキラキラと輝かせ、エネルギッシュにえるを演じる姿が映し出されており、一喜一憂する広瀬のくるくる変わる表情が見るものを惹きつける。本作で挑戦した泣きの演技では、安里監督が「涙のスイッチはどこにあるのか」と驚いたほど、圧倒的な演技力を見せている。  原作の米澤から、「元々えるは謎を持ってくる機械的な役割で、そこに血を通わせるため人間味のあるキャラクターを考えた。映画の役者が誰になっても、その方に合わせたえるを作ってほしい」と依頼された安里監督は、広瀬の芯のある、思いの強い人という印象から、奉太郎を引っぱるポジティブなえる像を作り上げた。  映画『氷菓』は、11月3日より全国公開。

  • 広瀬アリス、山崎賢人、『氷菓』完成披露試写会舞台挨拶にて

    山崎賢人、岡山天音との蜜月を暴露されるも「全部好き」と大胆告白!

    映画

     俳優の山崎賢人が11日、都内で行われた映画『氷菓』完成披露試写会舞台挨拶に、広瀬アリス、岡山天音、安里麻里監督とともに登壇した。山崎は、広瀬から「岡山への溺愛ぶりが気になる」と指摘されると「人間性を含めて全部好き」とストレートに愛の告白(!?)をして会場を沸かせていた。@@cutter 本作は、米澤穂信の青春学園ミステリー「古典部シリーズ」の第1作でテレビアニメ化もされた「氷菓」を実写映画化。何事にも積極的に関わることをしない「省エネ主義」を信条としている古典部の高校生・折木奉太郎(山崎)が、同じく古典部に入部してきたお嬢様・千反田える(広瀬)に巻き込まれ、ある謎解きに挑む姿を描いた物語。  安里監督も「山崎くんと岡山くんはモニタを見るときも二人で肩を組んでいる」と現場での蜜月ぶりを暴露すると、広瀬も「ロケバスでも絶対隣に座るんです。今日も前厄とか本厄とかの話で盛り上がっていました」と証言。実際、プライベートでも仲が良いという二人だが、岡山が「待ち合わせすると、1~2時間僕を待たせるんです。その間、連絡は常に取り合っているんですが『もう少し』と言いつつ、全然来ない」と山崎にクレームを入れると、山崎は「準備をしていると遅くなってしまう」と天然回答。しかし、そんな山崎にも「全部が好き」と岡山も愛(!?)を訴える。  やや呆れ顔で二人を見ている広瀬だったが、山崎から、作品で高校生役を演じていることにちなみ「制服まだいける?」と突っ込まれると「いけることならいきたいです」と語りつつも「『氷菓』の撮影の前が『新宿スワン2』という映画だったのですが、その作品ではキャバ嬢の役をやっていたので、キャバ嬢のあとに制服を着るというのがすごく抵抗があったんです。それにプラスして、この業界に顔が似ていて背が小さめの制服が似合う子がいて、その子を良く見ているので、大丈夫かなってソワソワしていましたね」と妹の広瀬すずを引き合いに出し、客席の笑いを誘っていた。  「学園ものというと恋愛映画が多いですが、この作品は学園ミステリーということで新しい青春が描かれています」と広瀬が見どころをアピールすると、山崎も「作品には集団に潰される個が描かれていたりとメッセージ性やテーマがあります。そのあたりを感じ取ってもらえたら」と力強く語っていた。  映画『氷菓』は11月3日より全国公開。

  • 「『零』最新作/『零』メディアミックス発表会」に出席した森川葵、中条あやみ

    『零』シリーズ新作タイトルは『零~濡鴉の巫女』、“美しすぎる”映画キャストも登壇

    アニメ・コミック

     2001年の第1作発売から13年。和風ホラーアドベンチャーゲーム『零』シリーズの新作、及びメディアミックス展開の発表会が、17日にラフォーレミュージアム六本木にて行われた。Wii U向けの新作発表や小説刊行、映画化などの新たな展開が発表されると共に、会場では、ゲーム最新作のプロデューサー、劇場版の監督やキャストなども登壇した。@@cutter 数ある日本のホラーゲームの中でも一線を画す『零』シリーズは、心霊をテーマにしたホラーアドベンチャーである。舞台となっているのは、おどろおどろしさを醸し出す日本家屋や廃村など。プレイヤーは“射影機”と呼ばれるカメラを片手に進む中、怨霊と対峙していく。じわじわと恐怖を煽るような独特な世界観は海外でも評価が高く、シリーズ累計で130万本超のセールスを記録している。  今回の発表会では、最新作のWii U専用ソフト『零~濡鴉の巫女』の詳細が伝えられると共に、様々なメディアミックス展開も発表。  『多重人格探偵サイコ』の原作者である民俗学者・大塚英志氏による小説『零 女の子だけがかかる呪い』や、小説を原作とした映画『劇場版 零~ゼロ~』への派生。さらに、『金田一少年の事件簿』で知られる天樹征丸こと樹林伸によるコミック『零 影巫女』のリリースや、ハリウッド映画『FATAL FRAME』の製作も告知された。  また会場では、『劇場版 零~ゼロ~』を手がけた監督の安里麻里、キャストの中条あやみと森川葵によるトークセッションも開催。安里監督は「大人の一歩手前である十代の女の子たちの“内的な世界”を楽しんでもらうと共に、美しいのに怖いという映像美を味わってもらいたい」と語った。  『劇場版 零~ゼロ~』は9月26日全国公開。

  • 『劇場版 零~ゼロ~』予告&ポスタービジュアル解禁!

    『劇場版 零~ゼロ~』恐怖と美が共鳴する特報&ポスタービジュアル解禁!

    映画

     『劇場版 零~ゼロ~』(9月26日公開)の劇中映像を含む予告映像とポスタービジュアルが初公開となり、さらには、主題歌に若い世代を中心に支持を集めている注目の歌手・JAMOSA(ジャモーサ)が起用されることが決まった。@@cutter 大塚英志の小説を原作に、累計130万本を記録した大ヒットホラーゲーム『零』の映画化。閉塞感漂う山間の町にある女学園で生徒が次々と失踪。やがて、失踪した生徒たちが水死体となって発見される。生徒たちに共通していたのは、美しくミステリアスな女生徒・アヤにそっくりな少女が写っている1枚の写真を見たということだった…。  少女のヒソヒソ声と劇中のほの暗い学園風景が見る者の恐怖をあおる特報映像。セブンティーン専属モデルの中条あやみと森川葵の美しさが全面に出ている。併せて解禁となったポスターは、少女たちの死体に囲まれた六人の美少女たちがこちらを見つめる怪しく恐ろしいビジュアルとなっている。  主題歌に起用されたのはシンガー・JAMOSA。2011年にドラマ『美咲ナンバーワン!!』の主題歌として、発表された「何かひとつ」は世代を超えた応援ソングとして160万ダウンロードを記録し、配信ランキングなどで複数1位を獲得するなど、今大注目のアーティストだ。  『リアル鬼ごっこ』シリーズや『バイロケーション』など繊細な恐怖演出に定評のある安里麻里監督が贈る、美しくミステリアスな新しいKADOKAWAホラーの誕生に期待が膨らむ。  『劇場版 零~ゼロ~』は9月26日より全国公開。

  • 『劇場版 零~ゼロ~』劇中ビジュアル

    『劇場版 零~ゼロ~』美しすぎる劇中ビジュアル初解禁! 前売り特典も決定

    映画

     大ヒットホラーゲームの映画化、『劇場版 零~ゼロ~』の公開日が9月26日に決定。劇中ビジュアルが公開された。@@cutter 累計130万本を記録した大ヒットホラーゲーム『零』シリーズの小説・大塚英志原作の『零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い』を原作に、待望の映画化となった本作。主人公・アヤ役には中条あやみ、クラスメイトのミチ役に森川葵とティーンに絶大な人気を誇るセブンティーン専属モデルの2人が演じる。  舞台は、閉塞感漂う山間の町にある学園寮。そこで暮らすアヤが部屋にこもってしばらく経ったある日、学園内で事件が起こった。生徒たちが、忽然と姿を消していき、後日、生徒たちは水死体となって発見された。クラスメイトのミチはアヤが事件に関係しているのではないかと疑い、部屋を訪ねる。しかし扉は堅く閉ざされたままだった。この学園に伝わる女の子だけがかかる呪い、午前零時の呪い、アヤが皆に呪いをかけている…。学園に起こる “神隠し”の謎に2人は迫ろうとしていた。  本作では、『リアル鬼ごっこ』シリーズや『バイロケーション』などセンセーショナルにして繊細な恐怖演出に定評のある安里麻里監督が、禁断の謎がひも解かれていく恐怖と衝撃を美しく幻想的に描く。『リング』、『らせん』、『貞子3D』などに続く、KADOKAWAホラー映画の系譜に新たな1作が加わる。  6月28日より発売を予定している前売券「ムビチケ」の前売特典が、ゲーム版『零』シリーズとコラボしたクリアファイルに決定。映画のヒロイン2人とゲームの歴代ヒロインがプリントされた両面仕様の数量限定版となっている。  映画『劇場版 零~ゼロ~』は、9月26日より全国公開。

  • 大ヒットホラーゲーム『零』が待望の映画化!

    人気の和風ホラーアドベンチャー『零』最新作がWii Uに登場!実写映画化も決定

    アニメ・コミック

     和風ホラーアドベンチャー『零』シリーズの最新作がWii U専用ソフトとして任天堂から発売されることがわかった。さらに、本タイトルの発売にあわせ、『零』のマルチメディアミックス展開が決定され、その一環として映画化されることが発表された。@@cutter 『零』シリーズは、霊を映すカメラ“射影機”を手に、廃屋となった日本家屋や地図から消えた廃村を探索しながら霊と戦う和風ホラーアドベンチャー。映画では、『零~zero~』を原案に、民俗学者で『黒鷺死体宅配便』『多重人格探偵サイコ』の原作者・大塚英志氏が小説化。それを原作として『リアル鬼ごっこ』シリーズや『バイロケーション』など話題のホラー映画を手掛ける安里麻里監督が、日本家屋から古びた学生寮に舞台を置き換え、そこで起こる不可解な死の連鎖を描き出す。  主人公・月守アヤ役は、TBSドラマ『黒の女教師』(12)で女優デビュー、本作でスクリーンデビューとなる中条あやみ。女子高の学生寮に伝わる“呪いのおまじない”の当事者となり、クラスメイトたちの失踪と連続死という不可解な事件に巻き込まれていく女子高生を演じる。同寮に暮らすアヤのクラスメイト・風戸ミチ役には、若手実力派の森川葵。アヤと共に学生寮の“神隠し”の謎に迫る。7月末の完成を目指し、現在撮影中。  そのほか、『金田一少年の事件簿』『サイコメトラーEIJI』等、数々の人気作品の原作者・樹林伸氏によるコミック化も実現。ハリウッドからは10年前より映画化のオファーが複数入っており、本プロジェクト終了後、ハリウッドでの映画化も始動する。新たな切り口で大型メディアミックス展開する『零』の世界。今後の発表に期待したい。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access