石原さとみ 関連記事

  • 北川景子、石原さとみ、菜々緒ら、「マスクをしても美しさが隠せない女性有名人」にランクイン

    北川景子、石原さとみ、菜々緒ら、「マスクをしても美しさが隠せない女性有名人」にランクイン

    エンタメ

     女優の北川景子が、30歳~59歳までの女性を対象にしたアンケート「インフルエンザ予防のマスクをしても、美しさが隠せない女性有名人」にて、1位に輝いた。2位以下には、石原さとみ、菜々緒などが名を連ねている。@@cutter 今回の調査は、養命酒製造株式会社が2018年11月29日~12月3日の5日間、中学生または高校生の子どもがいる全国の30歳~59歳の女性に対して、インターネットリサーチで実施。計1000名の有効回答を集計した結果に基づくもの。  「インフルエンザ予防のマスクをしても、美しさが隠せない女性有名人」の1位は、映画『スマホを落としただけなのに』で主演を務めた北川景子、2位は2018年放送のドラマ『高嶺の花』で月島もも役を演じた石原さとみ、3位はモデルをはじめCMなどマルチに活躍する菜々緒が上位に食い込んだ。  4位にはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『獣になれない私たち』の新垣結衣、5位は大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』に出演中の綾瀬はるかと『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の米倉涼子が同票という結果でランクイン。そのほかにも有村架純、松嶋菜々子、桐谷美玲、橋本環奈が選出されている。

  • 石原さとみ

    石原さとみが峯田和伸と再会! 『高嶺の花』カップルにファン歓喜

    エンタメ

     パンクバンド銀杏BOYZのボーカル・峯田和伸が16日、自身のインスタグラムで、女優の石原さとみと写った写真を投稿。2018年7月期のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)で共演していた峯田と石原の再会に、ファンは「この、幸せ者」「さとみちゃん激かわ」などの反応を見せている。@@cutter 15日に銀杏BOYZの単独公演「世界がひとつになりませんように」を日本武道館で開催した峯田は、インスタグラムに「日本武道館 銀杏BOYZの誕生日「世界がひとつになりませんように」から一夜あけて。まだ余韻が消えないままです」という言葉を添えて、ライブに来たと思われる石原との写真を投稿している。  「あの会場にいたすべての人たち。来ることができなかった人たち。知っているひとも知らないひとも。友人たちも家族も。ひとりひとりにひとりひとりの歌があって、聴こえてたらいいな。お礼を言わせてください。どうもありがとうございます」と、熱いメッセージで締めくくった峯田。  写真を見たファンは「峯田さん、お疲れ様でした。さとみちゃんもいらしてたんですね。この、幸せ者」「ももちゃーん」「『高値の花』が本当に好きでした」「石原さとみさんいらしていたらいいなぁ、、と思ってました」「さとみちゃん激かわ」などのコメントを寄せている。 引用:https://www.instagram.com/mine_minet/

  • 『新春大売出し!さんまのまんま』に出演する石原さとみ

    石原さとみ、明石家さんまからもらった“心に刺さる”一言とは?

    エンタメ

     女優の石原さとみと音楽グループのいきものがかりが、本日放送となる『新春大売り出し!さんまのまんま』(カンテレ・フジテレビ系/1月2日15時45分)に出演する。収録を終えた石原は「新年を明るく過ごしたいという方に、『“さんまのまんま”を見ていたらずっと笑ってられるよ』と自信をもって言えます」とコメントし、さんまとの共演を楽しんだ様子を見せた。@@cutter 艶やかな着物姿で登場した石原さとみに、明石家さんまは「きれいさが増してる!」とメロメロ。「一人暮らしで自炊をしている」という石原に、さんまはどうしても手料理が食べたいと迫る。また「20代では挫折もあった」と語る石原に、さんまは「うそやん!」と驚き、「そのとき会いたかった!」とちゃかしながらも、さりげなく「頑張ってること、俺は知ってるで」とささやき、石原の心に刺さる一幕も。さらに石原は今田耕司と共に、14回目を迎え毎年恒例となったオススメ芸人コーナーで若手芸人たちのネタも楽しんだ。  一方、いきものがかりは、2017年1月に「放牧宣言」を行い活動休止状態だったが、昨年11月に活動再開を意味する「集牧宣言」を発表。『さんまのまんま』に初登場となったいきものがかりとさんまは、以前から交流があり、さんまは2016年8月に水野と山下の地元である神奈川・海老名運動公園で開催された野外ライブ『超いきものまつり2016地元でSHOW!!』にシークレットゲストとして登場して話題を呼んだ。  さんまが当時を振り返り「俺が『絶対解散すんなよ!』っていうて、『はい』いうとったけど、あの時にはもう活動休止は決まってたんか?」と質問すると、3人は「はい…その節はすみませんでした」と気まずそうに返答。番組収録後、この件について水野は「あの時のことは覚えてます。ライブのステージ上で『解散すんなよ』って、僕の目を見て言われて。『変な表情しちゃったな…』と思っていました」と振り返った。  番組にはほかに、五木ひろし、田中将大、吉田羊、山田孝之もゲスト出演する。そして毎年恒例となった今田耕司の2019年オススメ芸人コーナーには、4組の芸人たちが登場する。  『新春大売り出し!さんまのまんま』は、カンテレ・フジテレビ系にて、本日1月2日15時45分放送。

  • 「2018年世界で最も美しい顔」で日本人最高の31位にランクインした小松菜奈

    「2018年世界で最も美しい顔」、小松菜奈ら日本人5人がランクイン!

    セレブ&ゴシップ

     映画情報サイトTC Candlerが毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」を発表した。2018年は、昨年初ランクインだった女優の小松菜奈が日本人最高の31位となったほか、ランクイン常連の石原さとみ、韓国発の多国籍音楽グループ「TWICE」のサナこと湊崎紗夏や、女優・篠崎愛もランクインを果たした。@@cutter 1990年から続く「世界で最も美しい顔100人」。毎年、一般からの推薦を参考に、TC Candlerが候補者を絞り、最終決定し年末に発表する。今年は小松菜奈が31位で日本人最高位となった。石原が43位、湊崎が46位、NIKI丹羽が75位、篠崎が84位と続いている。  今年初めてノミネートされた女優の今田美桜、HKT48(現在はアイドルユニット「IZ*ONE」参加のために活動を休止中)の宮脇咲良は惜しくも100位圏外だった。  なお今年の1位に輝いたのは現在17歳、フランス出身のモデル、ティラーヌ・ブロンドーで、昨年2位だった。昨年1位の女優リザ・ソベラーノは4位となっている。  TC Candler発表、2018年「世界で最も美しい顔100人」トップ10は以下の通り。 1位 ティラーヌ・ブロンドー(フランス/モデル) 2位 ツウィ(台湾/「TWICE」歌手) 3位 ヤエル・シルビア(イスラエル/モデル) 4位 リザ・ソベラーノ(フィリピン・アメリカ/女優) 5位 オードリアナ・ミシェル(アメリカ/モデル) 6位 ナナ(韓国/「AFTERSCHOOL」歌手) 7位 ハンデ・アーチェン(トルコ/女優・モデル) 8位 オクティブリア・マクシモーバ(ロシア/モデル) 9位 リサ(タイ/歌手・モデル) 10位 バニータ・サンド(オーストラリア・インド/女優)

  • (左から)綾瀬はるか、新垣結衣

    新垣結衣、綾瀬はるか、北川景子「一日警察署長になってほしい女性芸能人」

    エンタメ

     女優の新垣結衣が「一日警察署長をやってほしい芸能人」の1位に輝いた。2位には綾瀬はるかが続いている。@@cutter 今回の結果はソニー損害保険株式会社が2018年10月19日~22日の4日間、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女に対し、「全国カーライフ実態調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得たもの。  回答者1,000人に「交通安全運動のPRのために一日警察署長をやってほしいと思う芸能人」を聞いた所、主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が大きな話題となった新垣結衣が1位、2位には綾瀬はるかがランクイン。  続いて3位には北川景子、同率4位には橋本環奈、石原さとみ、有村架純。7位には吉岡里穂、同率8位には広瀬すず、天海祐希、土屋太鳳と、爽やかなイメージを持つ女優の名が連なっている。

  • (左から)綾瀬はるか、新垣結衣

    綾瀬はるか1位、新垣結衣が2位 「かかりつけ薬剤師になってほしい」芸能人

    エンタメ

     女優の綾瀬はるかが、「かかりつけの薬剤師になってほしい芸能人」の1位に輝いた。2位には新垣結衣、石原さとみが続いている。@@cutter 今回の結果は2018年9月5日・6日の2日間、日本薬剤師会が全国の20歳~79歳の男女を対象に「健康サポートと薬剤師に関する意識調査」を実施し、1,000名の回答を集計した結果に基づくもの。  回答者1,000人にかかりつけ薬剤師になってほしいと思う芸能人を聞いたところ女性芸能人では、ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)にてまじめなキャラクターが印象的な義母を演じた綾瀬が1位を獲得。綾瀬は男女総合でも1位を獲得。2位にはドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)でヒロインを演じた新垣。同率で石原がランクインしたのは、今年冬に放送された『アンナチュラル』(TBS系)で法医解剖医を演じた影響もあるのだろうか。  4位には深田恭子、5位は北川景子。6位の米倉涼子は、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)シリーズでの天才外科医役を演じている。7位には有村架純と続き、8位は同率で吉永小百合、吉田羊、石田ゆり子、壇蜜、天海祐希と人気女優の名が連なった。  また、男性芸能人部門では佐藤健、林修、嵐の櫻井翔が同率1位を獲得。続いて4位にタモリ、福山雅治が並んだ個性あふれる結果となっている。

  • 新垣結衣

    新垣結衣が2年連続1位! “理想の彼女”のイメージに合う芸能人

    エンタメ

     20代男性が選ぶ“理想の彼女”のイメージに合う芸能人のランキングで、新垣結衣が2年連続でダントツ1位に輝いた。@@cutter 今回のランキングでは、ジュエリー・アクセサリーの企画・製造・販売を行う株式会社ザ・キッスが全国の20歳~29歳の未婚男女を対象に「いまどき20代の恋愛・カップルに関する調査2018」を実施。1000名の有効サンプルを集計した結果。  男性500名に“理想の彼女”のイメージに合う女性芸能人を聞いたところ、1位は新垣結衣、2位は有村架純、3位は広瀬すず、4位は本田翼、5位は綾瀬はるかという結果に。  また、女性500名に理想の彼女として“自分もこうなりたい”と思う女性芸能人を聞いたところ、1位は新垣結衣、2位は石原さとみ、3位は有村架純となり、6位には中条あやみ、8位には新木優子、10位には桐谷美玲がランクインした。  他方で、女性に“理想の彼氏”のイメージに合う男性芸能人を聞いたところ、1位は田中圭、2位は同率で竹内涼真・吉沢亮、4位は松坂桃李、5位は山崎賢人となっている。

  • 『石原さとみのすっぴん旅 in スペイン~世界一おいしい街で見せた女優の素顔~』にて

    石原さとみがスペインで“すっぴん”の旅 スーツケースの中身も公開

    エンタメ

     女優の石原さとみがスペインで“美食の旅”を堪能する『石原さとみすっぴん旅inスペイン~世界一おいしい街で見せた女優の素顔~』(カンテレ・フジテレビ)の放送が決定。すぐに現地の人に話しかけて質問し、密着カメラにもスーツケースの中身を見せることをためらわない彼女の性格や、旅のアイテムが明らかになる。@@cutter 普段から忙しい合間を縫って海外旅行に出ていくほど旅好きの石原が、スペイン・バスク地方を訪れた4日間に密着。“美食の街”として知られるこの地域で、石原がおいしい料理に舌鼓を打ったり、時間を忘れてショッピングに興じたりと、映画やドラマとは違う等身大の素顔を見せる。また、旅慣れした彼女ならではの“おいしい店の見つけ方”から、「10年後、どうなっていたい?」といった“将来の夢”まで語り尽くす。  旅は、バスク地方の中心都市ビルバオからスタート。歴史的建造物と現代アートが共存する街を気ままに散策し、スパイス専門店を発見した石原は「むちゃくちゃテンション上がる!」と感激の様子。「いつもすぐ聞いちゃう。人に聞いた方が早いから」という彼女は、ランチの店を探すため、突然高級ホテルの中へ入り、コンシェルジュにおいしいレストランを聞く。  また、番組スタッフから「スーツケースの中身を見せてください」と言われると、あっさりOK。オーダーメイドの枕や、ファッションにもこだわる石原ならではの旅のアイテムが次々と紹介される。  2日目は、ベレー帽発祥といわれるこの地方で素敵な老舗帽子屋を発見。帽子が大好きだという石原は、あまりのかわいさにまたテンションが上がる。種類の多さにどれを買おうかと悩むが、その値段の安さに驚き、さらに悩む。結局、45分悩んで石原が購入した帽子の数に、スタッフも驚くことに。  『石原さとみすっぴん旅inスペイン~世界一おいしい街で見せた女優の素顔~』は、カンテレ・フジテレビ系にて2019年1月3日14時30分放送。

  • 宮脇咲良

    宮脇咲良が「世界で最も美しい顔100人」に2年連続ノミネート!

    エンタメ

     映画情報サイトTC Candlerが発表している毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」。TC Candlerの公式インスタグラムの投稿により日本時間22日、HKT48での活動を休止中の宮脇咲良が、2年連続でノミネートされたことが分かった。@@cutter 1990年から続く「世界で最も美しい顔100人」。毎年、一般からの推薦を参考に、TC Candlerが候補者を絞り、最終決定し年末に発表する。2017年度のランキングでは、日本勢から21位にTWICEのサナこと湊崎紗夏、34位に女優の石原さとみ、38位に女優の小松菜奈、84位にタレント・モデルのNikiこと丹羽仁希がランクインしている。  今年も候補者の発表はすでにスタートしており、宮脇が昨年に続き2年連続でノミネートされたことが分かった。宮脇は現在はHKT48での活動を休止し、韓国のオーディション番組「PRODUCE48」で誕生したアイドルユニット「IZ*ONE」(アイズワン)に2年6ヵ月の期間限定で参加している。初のランクインへの期待がかかる。  日本からは、昨年ランクインした石原、湊崎、小松、丹羽のほか、タレントの篠崎愛、ローラもすでにノミネートされている。

  • (左から)新垣結衣、石原さとみ

    新垣結衣が1位、石原さとみが2位! 「回転寿司デート」をしたい芸能人

    エンタメ

     女優の新垣結衣が「回転寿司デートをしたい芸能人」の1位に輝いた。2位には石原さとみが続いている。@@cutter 今回の結果は、全国で寿司店を展開する株式会社京樽が、11月1日の「すしの日」にちなみ20~59歳の1000人の男女を対象に「すしに関する調査」を実施、回答を集計した結果に基づくもの。  回答者500人の男性に「カジュアルな回転寿司デートをしたい芸能人」を聞いたところ、現在、主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が話題沸騰中の新垣が1位で、2位には石原が入った。3位には綾瀬はるか、4位が有村架純、5位が吉岡里帆と続いた。2017年のアンケートでも同じく新垣と石原が1、2位を獲得しており、2人の人気の高さが伺えた。  一方女性回答のランキングでは1位が俳優の竹内涼真、2位に菅田将暉、3位に佐藤健、4位に松坂桃李、5位には明石家さんまで、お笑い芸人で唯一のランクインとなっている。

  • (左から)松本まりか、石原さとみ

    松本まりか、石原さとみとの2ショット ”親友”への思いにファン感動

    エンタメ

     女優の松本まりかが26日、自身のインスタグラムに石原さとみとの2ショット写真を投稿した。ファンは「ふたりの関係がとてもすてきです」「可愛いが 過ぎる たまらん」などのコメントを寄せている。@@cutter 現在、ドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)に出演中の松本。「普段あまり親友たちについて書かないけれど 今日は少し。一緒に突破ファイルを見ていたら 1ヶ月半遅れのまさかの誕生日をしてくれました」「9月からいつ空いてるのと、ずーっとタイミング見計らってくれてたみたい。嬉しかった」と言葉を添え、ろうそくが立てられたバースデーケーキを、石原と共に持つ姿を収めた写真を投稿。松本の誕生日は9月12日だが、石原の念願叶って祝うことができたようだ。  25日に開催された「東京ドラマアウォード2018」授賞式にて、石原が主演を務めたドラマ『アンナチュラル』(TBS系)が主演女優賞など6冠に輝いたことにも触れ「数々の賞にふさわしい女優だと側にいて私は感じます。さとみがどれだけ自分と闘い、どれだけ仕事に真摯に向かっているか、私はその姿にいつも心を打たれ勇気をもらっています」と、石原を称賛。「私にとっては、仕事においても人生においても、どんな状況でもすべてまるごと理解してくれ常に支え続けてくれるとても大事な人」「台詞合わせも手伝ってくれたりね、なんであれ、悩んだ時は自分の時間を割いて寄り添い問題を解決しようとしてくれる、心の温かい人」ともつづっている。  投稿を見たファンは「ふたりの関係がとてもすてきです」「可愛いが 過ぎる たまらん」「二人の共演ドラマを今後観てみたい!!」「かわいいとかわいい最高の組み合わせです」「ずっとあざと可愛い二人でいてください」「そんな友人がいて、羨ましいな」などのコメントを寄せている。 引用:https://www.instagram.com/marika_matsumoto/

  • 「東京ドラマアウォード2018」にて『アンナチュラル』で主演女優賞を受賞した石原さとみ

    石原さとみ、主演女優賞受賞の『アンナチュラル』は「誇り」

    エンタメ

     女優の石原さとみが25日に都内で開催された『東京ドラマアウォード』授賞式にて、『アンナチュラル』(TBS)の演技が評価され、個人賞・主演女優賞に輝いた。石原は「この作品が、ずっと光のような感じがする。かけがえのないものだなと思いますね」と作品への思いを明かした。@@cutter 作品賞<連続ドラマ部門>・優秀賞、個人賞・脚本賞(野木亜紀子)も獲得した 『アンナチュラル』は、2018年1月期に放送。「不自然死究明研究所(UDIラボ)」に所属する法医解剖医・三澄ミコト(石原)をはじめ、死因究明のスペシャリストたちが、不自然な死の謎を解く姿を描いた法医学ミステリーだ。石原は「こんなにも、いい意味で頑張らずに、無理をせずに、プレッシャーを感じずに、のびのびと、ドキュメンタリーのようにいられる現場っていうのは初めてだったので、すごく貴重な経験でした」と回想。  授賞式後の囲み取材で、自身にとってどんな作品になったか問われると「誇りな感じはします。自信をもって見て欲しいといえる作品」と言い「(主題歌の)米津(玄師)さんの歌詞に沿うわけじゃないですけど、辛いこともいっぱいあったんですけど、それすらも全部今愛せているし、この作品が、ずっと光のような感じがする。かけがえのないものだなと思いますね」と笑顔で話していた。  一方の野木は「法医学がテーマということがあって、基本はものすごく取材が大変だったんですけども、その中でもエンターテイメントとしてのドラマと、実際の法医学というリアリティを、どれくらいの塩梅で見せていくかということは、かなり苦労しました」と、脚本の執筆を振り返っていた。 【東京ドラマアウォード2018 受賞作品・受賞者一覧】 ■作品賞<連続ドラマ部門> グランプリ 『おっさんずラブ』テレビ朝日 優秀賞『ひよっこ』NHK 優秀賞『過保護のカホコ』日本テレビ 優秀賞『アンナチュラル』TBS 優秀賞『コンフィデンスマンJP』フジテレビ 優秀賞『石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』WOWOW ■作品賞<単発ドラマ部門> グランプリ『眩(くらら)~北斎の娘~』NHK 優秀賞『あにいもうと』TBS 優秀賞『琥珀』テレビ東京 優秀賞『黒井戸殺し』フジテレビ ■作品賞<衛星・配信系ドラマ部門> 優秀賞『小さな橋で』スカパー 優秀賞『Miss Sherlock』Hulu ■ローカル・ドラマ賞 『You May Dream』NHK福岡放送局 『マザーズ2017~野宿の妊婦~』中京テレビ ■個人賞 主演男優賞 田中圭『おっさんずラブ』 主演女優賞 石原さとみ『アンナチュラル』 助演男優賞 吉田鋼太郎『おっさんずラブ』 助演女優賞 阿川佐和子『陸王』 脚本賞 野木亜紀子『アンナチュラル』 演出賞 塚原あゆ子『アンナチュラル』 特別賞『アンナチュラル』制作チーム ■主題歌賞 米津玄師『Lemon』(『アンナチュラル』主題歌) ■海外作品特別賞 『お花畑から来た少年』(台湾) 『閉じた心』(ベトナム) 『KADIN(WOMAN)』(トルコ)

  • 「東京ドラマアウォード2018」授賞式

    話題のTVドラマキャスト陣続々!「東京ドラマアウォード2018」授賞式<フォト集>

    エンタメ

    “世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード」。話題のTVドラマキャスト陣が登場した授賞式の様子をお届けします!

  • (左から)綾瀬はるか、新垣結衣

    綾瀬はるかが1位、新垣結衣2位! 「癒し系だと思う芸能人」ランキング

    エンタメ

     女優の綾瀬はるかが、「癒し系だと思う芸能人」ランキングの1位に輝いた。2位は新垣結衣、3位には井川遥がランクインしている。@@cutter 今回の結果はメディケア生命保険株式会社が9月7日から11日の5日間において、1都3県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)と2府2県(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)在住の20歳~59歳の働く男女1000名の回答を集計した結果にもとづくもの。  回答者1000名に聞いたところ、「癒し系だと思う芸能人」の1位が綾瀬、2位が新垣、3位が井川という結果に。この3人は、男性部門では1位が綾瀬、2位が新垣、3位が井川、女性部門では1位が綾瀬、2位が井川、3位が新垣となっており、性別を問わずに癒し系として認知されていることが伺える。  総合では4位に石原さとみ、5位に深田恭子と続き、6位には男性で唯一、ANZEN漫才のみやぞんがランクイン。7位には有村架純、同率8位に広瀬すずと土屋太鳳、10位は石田ゆり子となっており、10人中9人を女優が占める結果となっている。

  • (左から)新垣結衣、綾瀬はるか、石原さとみ

    綾瀬はるか1位、新垣結衣2位 「この人のドラマは見たいと思う芸能人」

    エンタメ

     女優の綾瀬はるかが「この人の出演するドラマは見たいと思う芸能人」の1位に輝いた。2位には新垣結衣、3位には石原さとみが続いている。@@cutter 今回の結果はスカパーJSAT株式会社が、2018年8月29日~30日の2日間「テレビ視聴に関する調査2018」をインターネットリサーチにより実施し、全国の15歳~69歳の1000名の回答を集計した結果に基づくもの。  男女1000人に「この人の出演するドラマは見たいと思う芸能人」を聞いたところ、トップに輝いたのは綾瀬。2位は新垣、次いで3位は石原となった。綾瀬は主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が、石原は主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)が9月に最終回を迎えたばかり。また新垣も10月スタートの主演ドラマ『獣になれない私たち』(TBS系/毎週水曜22時)が控えており、現在第一線で活躍する3人の女優がトップ3を占める結果となった。  4位には俳優の山崎賢人、5位に堺雅人、6位に阿部寛が続いた。7位には木村拓哉、同率の8位には菅田将暉、米倉涼子が入り、同率10位に山田孝之、小栗旬という結果となっている。

  • (左から)新垣結衣、北川景子、石原さとみ

    北川景子、石原さとみ、新垣結衣がトップ3 「美人だと思う女性芸能人」

    エンタメ

     女優の北川景子が「美人だと思う女性芸能人」の1位に輝いた。2位には石原さとみ、3位には新垣結衣が選ばれている。@@cutter 今回の結果は、スカパーJSAT株式会社が2018年8月29~30日の2日間、インターネットリサーチにより実施し、全国の15歳~69歳の男女1000名の回答を集計した結果に基づくもの。  回答者1000人に聞いたところ、「美人だと思う女性芸能人」の1位は北川、2位は石原、3位は新垣という結果になった。また、4位には綾瀬はるか、5位には深田恭子と、近年映画、ドラマなどで活躍する女優の名前が連なった。  続いて同率6位に桐谷美玲と広瀬すず、8位に米倉涼子、9位にはこちらも同率で佐々木希と土屋太鳳という結果となっている。

  • (左から)松本穂香、綾瀬はるか、石原さとみ

    綾瀬はるか、石原さとみ、松本穂香…夏ドラマ主演女優の活躍を総ざらい

    エンタメ

     7月~9月にかけて放送される夏の連続ドラマが、軒並み最終回を迎え始めている。定番の刑事モノからビジネス戦士モノ、漫画やアニメのヒット作のドラマ版など、バラエティーに富む作品が下半期の始まりを告げたが、まずは物語の面白さを牽(けん)引する華やかなヒロイン女優たちの活躍をクローズアップしてみたい。@@cutter■ギャップを巧みに演じる『義母と娘のブルース』綾瀬はるか  仕事能力は卓越しているが感情表現が苦手でまるでアンドロイドのよう…そんな難役を見事にこなしているのが、『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の綾瀬はるかだ。  「綾瀬が演じる亜希子は、能面のように表情が一定しているのが基本モードではあるものの、ふとしたきっかけで揺れ動く感情が表れる瞬間もあり、そのギャップが巧みに演じ分けられているのはさすがです」と評価するのは、テレビ情報メディアの40代男性編集者。  娘・みゆき役の上白石萌歌(幼少期は横溝菜帆)をはじめ、パン屋の店主・麦田章役の佐藤健ら共演陣の芝居も、そんな綾瀬を中心に回っている印象だ。 ■鬼気迫る演技が話題『この世界の片隅に』松本穂香  こうの史代による同名漫画が原作の『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)は、のんがヒロイン・すずの声を務めたアニメ映画版も人気だが、今クールの連ドラ版では松本穂香がすずを好演している。デビュー当初は所属事務所の先輩、有村架純の妹分と呼ばれた。神木隆之介と共演したauの意識高すぎCMで相手役の女子高生を演じ、人気が上昇気流に乗ったところで今作に恵まれた。  「物語前半のおっとりした嫁の雰囲気が、後半に差し掛かり時限爆弾で右手を失ってからは一転。どん底に叩き落とされたような鬼気迫る演技を見せて、その豹(ひょう)変ぶりが視聴者の間でも大きな話題を呼びました。尾野真千子や二階堂ふみら演技巧者を相手に、想像以上の出来だと思います」とは、スポーツ紙の40代女性記者だ。 ■食らいつく演技見せた『高嶺の花』石原さとみ  出演作が途切れない、今やトップクラスの人気女優に上りつめた感のある石原さとみ。先日12日に最終回を迎えた主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)で華道の家元の長女・月島ももを演じた。同ドラマ、前半は石原演じるももと、峯田和伸演じる下町の自転車店の店主との超格差恋愛を中心に物語が展開したが、やがて華道の家元の泥沼のお家争いが主軸になってきた感があった。  「もも役については当初、『性格が悪くて下品』といった声がネット上にも散見されましたが…脚本はトレンディドラマ全盛の90年代に、さまざまな問題作を放ち一世を風靡(ふうび)した野島伸司氏によるもので、石原も野島作品への出演を待望していたそうです。好みのはっきり分かれそうな役柄を、食らいつくように演じきっている印象があります」と称賛するのは、週刊誌の40代男性編集者。演じる役が必ずしも世間に好感を持たれるとは限らない中、頑張りを見せたようだ。@@separator■古き良きスポ根ドラマにハマリ役『チア☆ダン』土屋太鳳  NHK朝ドラ『まれ』で知名度を上げた土屋太鳳が主演したのは、チアダンスの部活を物語の舞台にした『チア☆ダン』(TBS系/毎週金曜22時)。昨夜最終回が放送された。本作は、全米制覇を果たした福島県の高校のチアダンス部を描いた広瀬すず主演の映画『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』がドラマのベースになっており、広瀬自身も同じ役で出演した。  「古き良きスポ根ドラマを思わせる内容に、健康的なイメージのある土屋がはまっています。明るくさわやかなスポ根モノは、数あるドラマの中でもホッとする存在感があります」とは、前出のテレビ情報メディアの40代男性編集者だ。 ■連ドラ初主演で好演『透明なゆりかご』清原果耶  さまざまな女優陣がヒロインとして活躍する中で、NHK総合ドラマ10『透明なゆりかご』(毎週金曜22時)の清原果耶も、大きな注目を集めている。清原はNHK朝ドラ「あさが来た」で女優デビューを飾った期待の新星だが、これが連ドラ初主演。小さな産婦人科医院を舞台に、さまざまな登場人物たちと生と死をはじめとする深い物語を織りなしていく。  「沖田×華(おきたばっか)さん作の人気漫画のドラマ化ですが、清原のキャラクターがいい。重いテーマを扱いながらも、どこかほっこり、救われるんですよ。原作漫画もふんわりした絵のタッチなんですが、清原はナイスキャスティングではないかと思います」とは、前出のスポーツ紙40代女性記者。  華やかな女優という職業は、いつまでも人々のあこがれ。ドラマは脚本、演出が大事だが、誰がどう演じるのか、ヒロインの活躍が人気を大きく左右することも珍しくない。今クールもさまざまなヒロインの芝居ぶりを、最終回まで見届けたい。(文:志和浩司)

  • 『高嶺の花』主演の石原さとみ

    『高嶺の花』最終回 石原さとみがラストに見せた“美しさ”に称賛の声

    エンタメ

     女優の石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の最終回が12日に放送され、クライマックスで石原演じるヒロインが、笑顔で花を生けるシーンに「美しさは今期1」「花のような笑顔」「綺麗すぎて鳥肌もの」などの声がSNSに殺到した。@@cutter もも(石原)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聞いていた。しかし、直人はももへの思いを貫き通す。  全てを失った龍一(千葉雄大)と共に生きていくと決めたなな(芳根京子)は、家元の座を降りて月島家を離れたいと市松(小日向文世)に申し出る。ところが龍一は消息を絶ってしまう。  月島家に戻ったももは、正式に次期家元として認められる。ももは直人に、これまでの感謝を語り、別れを告げる…。  冒頭、千秋の誘惑に対して直人は「今も浮かんじゃってるんです…ももさんの顔が」と語り、ももへの消えない思いを吐露。誘惑を断ち切り、純愛に徹する直人に対して、ネット上は「心がイケメンだよね」「どこまでもまっすぐだ」「ぷーさんみたいな人と結婚したい」など称賛の声が相次いで寄せられた。  クライマックス、ももは月島流を離れ、自身の流派を立ち上げることを決意。そして直人への思いを受け入れ、華道家として“もう一人の自分”に固執していた過去とも決別する。  ももは、これまでのストイックな姿から一転、花を愛でるような穏やかな笑顔と、慈しむような手つきで花を生けていく姿を市松や兵馬(大貫勇輔)の前で披露する。このシーンに対し、SNS上には「この笑顔はまさに『花のような笑顔』」「石原さとみはやっぱり美しい」「まじで可愛い綺麗半端ない」などの声が殺到。そして生け花が完成し、ももが達成感に満ちた笑顔を向けると視聴者からは「美しさは今期1」「石原さとみが綺麗すぎて鳥肌もん」などの声も寄せられた。  放送後、視聴者は主演を務めた石原への賛辞を続々と投稿。「石原さとみ美しかった。高潔」「石原さとみはかわいい。最終回は最強だった」「最強に無敵のかわいさになった」などの声が上がっていた。

  • ※『高嶺の花』ツイッター

    今夜『高嶺の花』最終回 石原さとみ&峯田和伸の“見納め”ショット

    エンタメ

     いよいよ本日12日の放送で、最終回を迎えるドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式ツイッターが、石原さとみと峯田和伸の2ショットを投稿。「見納め」という2ショットには、ファンから「素敵な作品をありがとうございました」「22時になるのが寂しくて怖くて、本当に終わらないでって思います(涙)」といったコメントが集まっている。@@cutter 同日、石原と峯田は朝から日本テレビの生放送番組『ZIP!』『スッキリ』『PON!』『ヒルナンデス!』に出演し、最終回をアピールした。峯田は『スッキリ』に出演した際に、同作の仕事で石原と一緒になるのはこの日が最後だと明かし、名残惜しそうにしていた。  『ヒルナンデス!』終了後、同アカウントは「#峯田和伸 さん絶好調でした!笑 もも(#石原さとみ)と直人の2ショットも見納めです…!泣」という言葉を添えて、2ショットを投稿した。  ファンからは、朝から昼にかけてテレビに出演し続けた2人に対するねぎらいの声のほか、「素敵な作品をありがとうございました」「泣いても笑っても最終回 期待しています」「夜まで待ちきれないくらいたのしみです!」「22時になるのが寂しくて怖くて、本当に終わらないでって思います(涙)」といった声が寄せられている。 引用:https://twitter.com/takanehana_ntv/

  • (左から)石原さとみ、峯田和伸

    「それカツラだったの!?」石原さとみ、峯田和伸の暴露に頭を抱える

    エンタメ

      女優の石原さとみとミュージシャンで俳優の峯田和伸が、12日の『スッキリ』(日本テレビ系/毎週月曜~金曜8時)に出演。共演するドラマ『高嶺の花』(同系/毎週水曜21時)クランクアップ時の話題などで盛り上がった。@@cutter 番組には石原と峯田がゲスト出演し、今夜放送となる最終回の見どころについてトーク。石原は最終回について「1話からずっとつながっていた伏線が全部回収されているので、(視聴者は)『おおお!』ってなると思います」と語った。  その中で、峯田の“髪”にまつわる裏話が明かされる場面も。この日が石原との最後の仕事になるという峯田は、名残惜しそうに「今日で終わりなんですよ。(衣装の)つなぎ着て、このカツラも、今日が最後なんですよ」と発言。これに司会の加藤浩次らが「それカツラなの!?」とびっくり。石原も「なんで今言うの? ここまで引っ張ったのに!」「ずっと(カツラを)隠してたわけじゃん?」と頭を抱え、スタジオは爆笑に包まれた。峯田によると、カツラの下は坊主頭とのこと。  一方の石原は峯田について「うーん、最後の最後までよく分からなかったんです」とコメント。続けて「私が先にクラックアップしたんですけど、私が泣く前に(峯田が)号泣しちゃって(笑)。それを見て爆笑しちゃって(笑)。『私よりなんで先に泣くの?』と思って」と峯田にツッコんでいた。  峯田は、石原のクランクアップで泣いた理由について、「現場ですっごい大変だったんですよ!」と振り返る。演技に苦心する石原について「苦しんでるところを見てきた」と明かし、花束を渡すとき、心からの「お疲れ様でした!」という気持ちになったと回想した。峯田によると特に「8話、9話の撮影中」がキツそうだったそうで、石原も「そこ限界だったんですよ」と認めていた。  劇中さながらの石原と峯田のやり取りが好評のようで、ツイッターには「峯田と石原さとみのカップル感可愛いな~」といったコメントが殺到。最終回についても「楽しみ」という期待の声が集まっていた。

  • 『高嶺の花』最終回場面写真

    今夜『高嶺の花』最終回、ももと直人の恋の行方は…

    エンタメ

     女優の石原さとみが主演を務めるドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の最終回が今夜放送される。最終回では、石原演じるももが峯田和伸扮する直人に別れを告げる様子、そして芳根京子演じるななが千葉雄大扮する龍一と共に生きる決意を固める姿が描かれる。@@cutter 本作は『高校教師』『101回目のプロポーズ』など、多くの話題作で知られる脚本家・野島伸司の最新作。抜群のルックスと圧倒的な才能を併せ持つ華道家・もも(石原)と、平凡な自転車店店主・直人(峯田)が織りなす運命の恋を描いてきた。  ももは千秋(香里奈)が直人を誘惑する様子を電話で聴いていた。あの手この手で誘いをかける千秋に対して、直人は…。  一方、龍一(千葉)と共に生きる決意を固めたなな(芳根)は、月島を離れたいと市松(小日向文世)に申し出ていた。市松は即座にななを破門。ななの決断を知ったももは、思い留まらせようとするのだが、ななの決意は変わらない。  その頃、龍一は市松と対面していた。市松はももとの縁談を龍一に持ち掛けるが、その直後、龍一は姿を消してしまい、ななにも連絡が取れなくなる。一方、月島家に戻ったももは、次期家元と正式に認められる。  その後、ももは直人を呼び出し、月島流を継ぐことになったと知らせる。彼女はこれまでの感謝の思いを伝え、直人に別れを告げるのだった…。  ドラマ『高嶺の花』最終回は、日本テレビ系にて今夜9月12日22時放送。

  • 石原さとみと峯田和伸

    石原さとみが『高嶺の花』クランクアップ 峯田和伸は渾身の熱唱

    エンタメ

     石原さとみと峯田和伸が、出演しているドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)のクランクアップを迎えたことを同作の公式インスタグラムが報告。石原は「こんなにスタッフに支えてもらって、愛した事はないです」と心境を明かしていたという。@@cutter 8日に撮影終了を迎えたという石原。赤いドレスで花束を抱えている。同アカウントは、「月島ももという、難しい役を悩みながら演じぬく姿を近くで見ていました。‬本当に本当に、お疲れ様でした!」とコメントしている。  翌9日には、峯田もオールアップ。パンクバンド・銀杏BOYSとしても知られる峯田は「本当に最高の一言でした!うまく喋れないので歌います!」とギターを出し、バンドの曲である『BABY BABY』を熱唱したことが伝えられ、スタッフも大感激の締めくくりであったことが報告されている。こちらの写真でも、石原と峯田の2ショットはもちろん、熱唱中の峯田や、花束を持ってほほ笑む美しい石原の写真などが披露された。  コメント欄には「次回で最終回とか嫌です」「終わらないで欲しいけど…本当お疲れ様でした」といった最終回への名残惜しさを伝える声や、自身の曲を演奏した峯田に対し「ベビベビききたいなー」「聴きたい!!!青春の一曲」「ぷーさん(峯田が演じる風間直人の愛称)のBABY BABY聴きたい!!!」などの反響が数多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/takanehana_ntv/

  • 『高嶺の花』第9話場面写真

    今夜『高嶺の花』龍一と兵馬の次期家元争い、ももとなながキーマンに

    エンタメ

     女優の石原さとみが主演を務めるドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が今夜放送される。第9話では、石原演じるヒロイン・月島ももと、芳根京子扮する妹のななが、京都神宮流の次期家元争いのキーパーソンとなる様子が描かれる。さらにももは自身の出生の秘密に直面する。@@cutter 本作は、『高校教師』や『101回目のプロポーズ』など多くの話題作を手がけてきた脚本家・野島伸司の最新作。抜群のルックスと圧倒的な才能を持つ華道家と、平凡な自転車店店主の運命の恋を描く純愛エンターテインメント。  もも(石原)は、次期家元を決める“俎上”でなな(芳根)に敗れたことで、すべてを失ってしまう。一方のななは、自分がももより優れているという確証が持てないでいた。ななは、父・市松(小日向文世)に、俎上でなぜ自分を選んだのか尋ねると、市松はももが実の娘でないことを明かす。  そんな中、京都神宮流の次の家元を決める“俎上”が行われ、龍一(千葉雄大)と兵馬(大貫勇輔)が対決。龍一は密かに過半数の票を固めていたが、月島流から市松ではなく、ももとななが出席したことで、票が読めなくなってしまう。  そして直人(峯田和伸)は、千秋(香里奈)との交流を深めていく。千秋は直人の優しさに惹かれ始める。一方ももは、龍一の口から自分の出生の秘密を聞かされる。衝撃の事実に直面したももはひどく動揺してしまい…。  ドラマ『高嶺の花』第9話は、日本テレビ系にて今夜9月5日22時放送。

  • 『高嶺の花』主演の石原さとみ

    石原さとみの美しい“入浴姿”に「息止まった」の声 『高嶺の花』第8話

    エンタメ

     女優の石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が29日に放送され、石原演じるヒロインが、傷心を抱えて“湯あみ”をするシーンに「息止まった」「美し過ぎる!!」「綺麗だ」などの声がSNSに多数寄せられた。@@cutter もも(石原)は兵馬(大貫大輔)の生け花に魅了され、彼と交流を深める。兵馬は、華道家のももにとって必要な“もう一人の自分”を取り戻すには、誰もいない場所に一人ぼっちで咲く覚悟が必要だと助言する。  一方の直人(峯田和伸)は、千秋(香里奈)と親しくなっていく。商店街の人々も直人を思い、二人を結びつけようとする。そんな中、直人はももの苦悩を理解しようと、生け花の本を読みふける。  月島家では、ももとなな(芳根京子)の技量を見極める“俎上(そじょう)”の日を迎える。俎上で審査をする師範たちはルリ子(戸田菜穂)の息がかかった者ばかり。しかし市松(小日向文世)は、ももとななが花を生ける様子を非公開に。どちらの作品か分からない状態での審査をさせると宣言する…。  本編の冒頭、兵馬が花を生ける姿を穏やかな表情で見つめるもも。と、そこに真っ白いバンドカラーシャツを着た青年が登場。兵馬は「この子はモブ。私のアシスタントだ」と紹介。いきなりのイケメンの登場にネット上は「美少年出てきた...」「白い服のコは誰だ...」などの声が。ちなみにモブ役は、ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバー、山中柔太朗が演じている。  ももとななの対決は、ななの作品に軍配が。そのため次期家元にはななが指名される。この裁定にショックを受けたももは、すべてを払拭するために兵馬に抱かれることを決意。兵馬のマンションを訪れたももは、花びらが浮かべられた浴槽に身を沈める。石原の美しい背中が画面に映し出されると、視聴者から「息止まった」「美し過ぎる!!」「こわいくらい石原さとみが綺麗だ」などのツイートが殺到した。 しかし直人への思いが消えないももは、兵馬に抱かれる前に気絶。兵馬の自宅に乗り込んだ直人が、ももを“お姫様抱っこ”で助け出すと、SNSには「ぷーさん、かっこい...」「イケメン!」などの声が寄せられた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access