ピーター・ファレリー 関連記事

  • 映画『グリーンブック』場面写真

    ゴールデン・グローブ賞 最多3部門受賞『グリーンブック』予告到着

    映画

     俳優のヴィゴ・モーテンセンとオスカー俳優のマハーシャラ・アリが共演し、第76回ゴールデン・グローブ賞で作品賞・助演男優賞・脚本賞の3部門を受賞した映画『グリーンブック』から、予告編が到着。予告編は、ガサツなイタリア系用心棒と、インテリな黒人天才ピアニスト、という正反対の2人がぶつかり合いながらも強い絆で結ばれていく姿がさわやかに描かれている。@@cutter 本作は、映画『メリーに首ったけ』をはじめ、数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務める、実話に基づく感動のヒューマンドラマ。人種も育った環境も異なる2人の男の友情を、ユーモアを交えて描く。ゴールデン・グローブ賞3部門のほか、トロント国際映画祭で観客賞を、第30回全米製作者組合賞(PGA)で作品賞を受賞している。  1962年、人種差別が色濃い時代。黒人天才ジャズピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ)は、粗野で無教養だが人間的魅力あふれるイタリア系の男トニー・リップ(ヴィゴ)を用心棒兼運転手として雇うことに。2人は当時の黒人が安全に旅をするために欠かせなかった旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、偏見と差別が根強い南部へのツアーへと旅立つが…。  今回到着した予告編は、独自の音楽センスを持つドンが、華麗にピアノを演奏する場面からスタート。次いで、ドクターから「私と南部へツアーに行ってくれ」と言われ、一緒に旅をすることになったトニーが、ピザを1枚まるごと持ってかじりついたり、運転中道にゴミを捨てたり、ドクターとは正反対に自由気ままにふるまう姿がユーモラスに描かれる。  続くシーンでは、トニーがドクターのピアノを聴いて心を打たれたり、高級店でドクターの入店を断られトニーが憤慨したり、ドクターがトニーの愛妻への手紙を指南したり、2人の距離が徐々に近づいていく姿が映し出される。2人がある事件をきっかけに衝突し、「アンタは他の黒人とは違うからな!」と非難するトニーに、「黒人でも白人でもなく…どう生きるのが正解だ?」と悲痛に叫ぶドクター。「人の心を変えられる」と信じるドクターに「アンタにしか出来ないことがある。それをやるんだ」と語りかけるトニー。2人の胸を打つセリフでのやりとりの後、最後は車中で2人が楽しそうに笑い合う姿で映像は締めくくられる。  映画『グリーンブック』は3月1日より全国公開。

  • 映画『グリーンブック』場面写真

    正反対の2人の友情に笑い、胸を熱くする『グリーンブック』場面写真公開

    映画

     俳優のヴィゴ・モーテンセンとオスカー俳優のマハーシャラ・アリが共演し、第76回ゴールデン・グローブ賞で5部門ノミネートされている映画『グリーンブック』から、場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、映画『メリーに首ったけ』をはじめ、数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務める、実話に基づく感動のヒューマンドラマ。人種も育った環境も異なる2人の男の友情を描く。本年度のトロント国際映画祭では観客賞を受賞。現在もゴールデン・グローブ賞5部門のほか、第24回放送映画批評家協会賞では7部門、第25回米俳優組合賞では2部門にノミネートされている。  1962年、人種差別が色濃い時代。黒人天才ジャズピアニスト、ドン・シャーリー(マハーシャラ)は、粗野で無教養だが人間的魅力あふれるイタリア系の男トニー・リップ(ヴィゴ)を用心棒兼運転手として雇うことに。2人は当時の黒人が安全に旅をするために欠かせなかった旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、偏見と差別が根強い南部へのツアーへと旅立つが…。  今回解禁された場面写真6点は、登場人物のキャラクターが生き生きと伝わってくるようなショット。その中のひとつ、トニーのあまりにも拙い妻への手紙をみかねたドンが、ロマンティックなラブレターをトニーに指南する場面は、正反対の二人のやりとりが笑いを誘うものとなっている。ほかには、ツアーへ旅立つトニーの頬に触れ優しく気遣う愛妻ドロレスの姿や、入店を断られたドンとそのことに憤るトニーの姿を捉えたもの、さらに華麗にピアノを演奏するドンの姿、くわえタバコで稼いだ小銭を片手にほほ笑むトニーの姿にくわえ、カーネギーホールで貴族のような生活をするドンの姿を写したものとなっている。  映画『グリーンブック』は2019年3月1日より全国公開。

  • 映画『グリーンブック』ポスタービジュアル

    ヴィゴ・モーテンセン×マハーシャラ・アリ共演、感動の実話『グリーンブック』公開

    映画

     映画『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヴィゴ・モーテンセンと、『ムーンライト』でアカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリが共演する映画『GREEN BOOK(原題)』が、邦題を『グリーンブック』として、来年3月1日に公開されることが決定した。併せてポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は、映画『メリーに首ったけ』をはじめ、数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務める、実話に基づく感動のヒューマンドラマ。本年度のトロント国際映画祭で、映画『ルーム』『ラ・ラ・ランド』『スリー・ビルボード』に続き、最高賞となる観客賞を受賞した。  物語の舞台は、1962年のニューヨーク。がさつで無学だが、周囲から愛されるナイトクラブの用心棒トニー・リップ(ヴィゴ)は、ある日ホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ)のツアー運転手として雇われる。人種も育った環境も異なる二人は、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、ツアーに向けて旅を始める。  本作のタイトルにもなっている「グリーンブック」とは、1936年から1966年までに毎年出版されていた、黒人を受け入れてくれるビジネスやサービス機関のリストが記載された旅行ガイドブックのこと。  解禁されたポスターには、「行こうぜ、相棒。あんたにしかできないことがある。」というコピーと共に、ターコイズブルーのキャデラックを運転するトニーと、後部座席にどっしりかまえるシャーリー、そしてアメリカ南部の穏やかな自然が写されている。白人のブルーカラーであるトニーと、黒人でインテリのシャーリーという、当時では珍しい組み合わせの2人の、それぞれの生き方の違いを連想させる佇まいが印象的なビジュアルとなっている。  映画『グリーンブック』は2019年3月1日より全国公開。

  • ロイドとハリーの伝説のおバカ・キャラが復活!

    ジェフ・ダニエルズがマヌケ面!ジム・キャリーと希代のバカ者コンビ復活を写真で公開

    映画

     全米を笑いの渦に巻き込んだドタバタコメディ『ジム・キャリーはMr.ダマー』(95)の続編『Dumb and Dumber To(原題)』の撮影がついに始動。エミー賞主演男優賞に受賞したばかりのジェフ・ダニエルズが、ジム・キャリー扮する相棒ロイドとのツーショット写真を公開した。@@cutter「復活だ!」  9月24日(現地時間)にそうツイートしたジェフは、第65回エミー賞授賞式でドラマシリーズ部門の主演男優賞に輝いた時のスーツ姿とは裏腹に、すっかり役柄のハリーになりきり髪の毛ボサボサのマヌケ面を公開。『スター・トレック』のスポック博士のようなトレードマークの髪型をしたロイド役ジム・キャリーとともに、間の抜けた笑顔を披露した。  『ジム・キャリーはMr.ダマー』は『メリーに首ったけ』(99)のピーター・ファレリー監督の監督デビュー作(ボビー・ファレリーは脚本で参加)。ファレリー兄弟により2012年に製作が発表された後、主演のジムが作品を降板、製作・配給を手掛ける予定だった米ワーナー・ブラザーズが製作を取りやめるなど、紆余曲折を経て、今年6月に再び米ユニバーサル・ピクチャーズによって製作されることが明らかになった。  第一弾では、空港にスーツケースを忘れた女性に、ロイドとハリーがスーツケースを届けるまでの珍道中を描いたが、二人の20年後が描かれる続編では、腎臓に問題を抱えているハリーに娘がいることを知った二人が、腎臓移植の提供をお願いするために娘を探す旅に出るというストーリーになるとのこと。  エミー賞授賞式でジェフはUS Weeklyに対して、こう語っていたそうだ。  「ジム・キャリーとまた仕事できることにすごく興奮している。あの男はコメディの天才だ。続編について今言えることは、僕たちは中年でバカさ加減は当時のままということ! 早くジムと仕事をしたいよ。本当に待ち遠しい。僕たちは中年だっていうのに、未だにホント、大バカなんだ」。  ジェフが本作ほどのコメディ作品に出演することは珍しいが、実力のある二人のこと。前作以上に息の合ったバカぶりを発揮してくれることは必至。  続編には『ウォーキング・デッド』のアンドレア役で知られるローリー・ホールデンや、キャスリーン・ターナーの出演も予定されている。

  • おバカコンビ復活!

    ジム・キャリーのおバカ演技が復活!「Mr.ダマー」続編製作が始動

    映画

     最近では演技派としても活躍するようになったジム・キャリーの、ドタバタコメディ「ジム・キャリーはMr.ダマー」(95)の続編が動き出しているようだ。前作の監督・脚本を務めたピーター・ファレリーがキャリーの参加を明らかにした。 @@cutter   エンタメサイトTHE WRAPによると、ファレリーはキャリーと共演のジェフ・ダニエルズが続編の出演契約を結んだことを明かしたという。「9月の撮影に向けて準備を進めているところだ。ジム・キャリーとジェフ・ダニエルズが出演する“初めての続編”だよ」。  キャリーは続編に出演したがらないことで知られ、同作の前章編「新 Mr.ダマー ハリーとロイド、コンビ結成!」(03未)にも出演していない。こちらはキャリーの役をエリック・クリスチャン・オルセン、ダニエルズの役をデレク・リチャードソンが引き継ぎ、監督もファレリーではなくトロイ・ミラーが務めていた。  ファレリーいわく、キャリーとダニエルズは続編の製作に意欲的だったが、スケジュールの都合上なかなか実現に至らなかったのだという。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access