緒形直人 関連記事

  • 映画『もみの家』場面写真

    南沙良、不登校の少女に 3作目の主演映画『もみの家』製作決定

    映画

     モデルで女優の南沙良が主演を務める映画『もみの家』が2020年春に全国順次公開されることが発表された。@@cutter 本作は、心の悩みから不登校になってしまった少女が、問題を抱えた若者を受け入れ自立を支援する施設「もみの家」での出会いや経験を通じて成長していく姿を描く。主演はこれで3作目となる南が、実年齢と同じ16歳の少女役を熱演。また、問題を抱えた若者を受け入れ自立を支援する施設「もみの家」の経営者・佐藤泰利を緒形直人、泰利の妻・恵を田中美里がそれぞれ演じる。メガホンをとるのは、監督デビュー作『真白の恋』で第32回高崎映画祭 新進監督グランプリなどを受賞した坂本欣弘。前作からタッグを組む脚本の北川亜矢子と共に、再びオリジナル脚本の映像化に挑む。  心に問題を抱えた若者を受け入れ共同生活を送る「もみの家」に、16歳の本田彩花(南)がやってきた。不登校になって半年、心配する母親に促され、うつむきながらやってきた彩花に、「もみの家」の主・佐藤泰利(緒形)は笑顔で声をかけた。「よろしくな、彩花」。周囲に暮らす人々との出会いや豊かな自然、日々を過ごす中で感じ取った大切な何かに突き動かされ、彩花は少しずつ自らの気持ちと向き合あっていく…。  坂本監督の前作同様、今作も監督の生まれ育った富山でのロケを敢行し、春夏秋冬それぞれの季節と人間模様を実際に1年間かけて撮影中。既に大半を撮影し終え、今春にクランクアップの予定だ。  「私が演じる彩花はきっと何かを強制する空気を窮屈に感じていて、自分で自分にロープを巻いているんだな、と思いました」という南。「撮影の初めの頃は、ずっと出口のないトンネルを歩いている気分でした。お芝居ができる嬉しさと同時に、彩花に対して少し近親憎悪に似た感情が生まれて、足並みを合わせていくのが大変でした。ですが一年を通し、自然に恵まれた環境の中、出会いと別れの眩しさや無数の刹那を強く感じ自分の中に取り込んでいくことで、自分も変化することがあると思えるようになりました」と撮影を通じた自身の変わりようを振り返る。  坂本監督は「主人公彩花と『もみの家』のメンバーのみんなの一年という時間がこの映画の中にしっかりとした息遣いとして映し出されています。そして彩花の繊細な感情を南さんが見事に演じてくれ、とても優しい温かい映画になると思います」としている。  映画『もみの家』は2020年春、全国順次公開。富山県では先行公開予定。

  • 映画『万引き家族』に出演する、(上段左から)池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、(下段左から)柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美

    是枝裕和監督最新作『万引き家族』 池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら実力派俳優陣集結

    映画

     是枝裕和監督の最新作のタイトルが『万引き家族』に決定し、新キャストに池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美が出演することが分かった。@@cutter 本作は、映画『誰も知らない』以来、様々な家族のかたちを描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身の新作。犯罪で生計を立てる一家をめぐり、新たな家族の物語を描く。  一家の父役をリリー・フランキー、父親と万引きに精を出す息子役を城桧吏、妻役を安藤サクラ、安藤サクラの妹役に松岡茉優が扮する。さらに、祖母役を樹木希林が担当し、父親が家に連れ帰る少女を映画初出演となる佐々木みゆが演じる。  今回新たに、松岡が働くJK見学店の常連客「4番さん」役で池松壮亮、主人公一家の「仕事」を捜査する刑事役に高良健吾と池脇千鶴、一家の子供たちを見守る駄菓子屋の店主役を柄本明が演じることが発表された。その他に、緒形直人、森口瑤子らベテラン俳優陣に加え、若手俳優の山田裕貴、片山萌美といった豪華俳優陣が集結する。  是枝組2度目の参加となる池松は「非常に短い時間で名前もない言葉も発しないという役でしたが、いつまでもこのままいれたらと思ってしまうような豊かな時間をいただきました」と撮影を振り返っている。  是枝組初参加の高良は、「これが是枝組かという演出を経験でき、興奮しました。現場に入ると必ずある緊張感ともいい距離感で接する事ができたのは、是枝組の雰囲気のおかげだと思います」と語り、同じく初参加となる池脇は、「監督は、現場で台詞を追加して、その台詞を他の俳優さんがアドリブで答えるという生の反応を欲しがる方なんだなと思いました。そしてそれをとても楽しんでやられていて、どう転んでも正解ということも分かった上で、すごく絶妙な質問を書かれたり、生きたお芝居を、各々が持っている感性を引き出されるのかなと思いました」と撮影の様子を明かしている。  本作のタイトルについて、是枝監督は「実は、万引きする人たちのお話であると同時に、万引きされた人たちの物語でもあるという二重の意味を込めたタイトルなのですが、そこは出来上がった映画を観て頂くとご理解頂けるのではないか、と思っています」と語っている。  映画『万引き家族』は6月より全国公開。

  • 緒形拳の孫・敦が『陸王』で俳優デビュー

    緒形拳さんの孫・敦が『陸王』で俳優デビュー「何事にも本気で、全力で挑戦するのみ」

    エンタメ

     名優・緒形拳さんの孫で、緒形直人の息子の緒形敦が、10月15日放送スタートのTBS日曜劇場『陸王』にて俳優デビューを果たすことが分かった。祖父、父と同じ俳優の道へ進むことに「覚悟がいること」と話す敦は、「何事にも本気で、全力で挑戦するのみ」と意気込みを語っている。@@cutter 『陸王』は、これまで数々のヒット作品を生み出している池井戸潤の同名小説が原作。主演に役所広司を迎え、創業100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一が、経営を立て直す打開策として、ランニングシューズ「陸王」の開発に挑む姿を描く。紘一の息子・大地役に山崎賢人、実業団の陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真ほか豪華キャストが顔を揃える。  本作でテレビ初出演、俳優デビューを果たす敦は現在21歳。山崎演じる大地の同級生であり、大地にとって心を許せる友人の一人、広樹役を演じる敦は「僕がやるべきことは、何事にも本気で、全力で挑戦するのみと思っています。一つ一つのシーンに全てを懸けて、力を入れて取り組んでいるつもりです」と決意。祖父、父、母の仙道敦子と身近に役者がいる環境で育ったことに感謝し、「僕も全力で俳優として頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。  日曜劇場『陸王』は、TBS系にて10月15日より毎週日曜21時放送(初回は2時間スペシャル)。

  • 岡田准一、西島秀俊と初共演 名作『散り椿』を木村大作メガホンで映画化

    岡田准一、西島秀俊と初共演 名作『散り椿』を木村大作メガホンで映画化

    映画

     岡田准一と西島秀俊が、日本アカデミー賞の最優秀撮影賞を5回受賞している木村大作がメガホンを取る映画『散り椿』で、初共演を果たすことが明らかになった。岡田は西島との共演について、「真っ直ぐで素敵な方。そんな西島さんに対峙してどう崩していけるかが自分の中でのポイント」と意気込みを語っている。@@cutter 映画『散り椿』は、藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田)が、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)の最後の頼みとして、良きライバルで、篠を巡る恋敵でもあった榊原采女(西島)を助け、過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する姿を描く。共演者には、黒木華、池松壮亮、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ら日本を代表する豪華俳優陣が名を連ねている。  「時代劇ではありますが、常に新しい物を生み出したいという監督の想いが込められた本作がどういう作品になるのかとても楽しみ」と語る岡田は、西島との共演に向け「真っ直ぐで素敵な方。そんな西島さんに対峙してどう崩していけるかが自分の中でのポイントだと考えています」とコメント。木村監督については「『追憶』でご一緒させていただき、俳優たちが束になってかかっても、すべてを受け止めてくれる方なので今回も全力で現場に臨めたらと思っています」と思いを語った。  一方、西島は「殺陣の稽古でお会いした時の岡田さんは、正に侍の様な佇まいて凄みがあり、とても心強い存在だと感じました」と岡田を絶賛。映画の撮影に向けては、「小泉堯史さんの脚本も素晴らしく、宿命を背負った侍たちの生き様か儚くも力強く描かれています。共演者の皆さんも錚々たる方々ばかりで、非常に楽しみです。采女という役を生き切る覚悟で撮影に臨みたいと思います」と期待を込めている。  映画『散り椿』は2018年全国東宝系予定。

  • 『64-ロクヨン-』完成報告会見に出席した佐藤浩市

    佐藤浩市、瑛太&綾野剛から「お寿司食べたい」 豪華共演陣が“おごって”アピール

    映画

     俳優・佐藤浩市が7日、主演をつとめた映画『64-ロクヨン-』の完成報告会見に出席。登壇時には、作品さながらの緊張感をみせていたが、先輩後輩問わず共演陣から“おごって”アピールに遭い、タジタジな様子を見せていた。@@cutter 前後編の2部で贈る本作は、横山秀夫の同名小説を原作としたミステリー作品。昭和64年に発生した「ロクヨン」と呼ばれる未解決の少女誘拐殺人事件をめぐり、14年の時を経て巻き起こる“ロクヨン”模倣事件を、県警に所属する広報官の葛藤とともに描き出す。  会見には、佐藤に加えて綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和、そして瀬々敬久監督と原作者の横山が出席。総勢17名による会見となった。主人公・三上義信役の佐藤は「やっとここまで来れたかな」と感慨深げ。“三上十番勝負”というくらい各演者と対決したと話し、「久しぶりに身を削らさせて頂きました」と充実感を滲ませる。  共演の椎名は「県警本部長という、とてもエラい役柄を仰せつかりました。日頃敬愛している佐藤先輩から頭を下げられる、お願いされるというシーンは、非常に恐縮に思いながら、とても楽しくやらせて頂きました」とニンマリ。また、「前乗りで新潟に入ったとき、佐藤先輩がお待ち頂いてくれまして、一緒に一杯飲みに連れて行ってくれました」とおもてなしエピソードを披露した。    瑛太は佐藤を褒めたたえつつも、「たまに出る親父ギャグが…」と先輩イジりを試みるも、笑いが起きずに不発。それに対して佐藤が「今、瑛太が言ったのは…“メシをおごれよ”という合図だと思います。まぁ、今の(褒め方)だったら…どこにしようかな。もうちょっと褒めたら…旨い寿司屋だったのにね」と低評価を下すと、瑛太は「甘かったです」と平謝り。続いて綾野が佐藤を褒め称えて果敢に“お寿司”アピールするも、「ごめん、 聞いてなかった」と一蹴の佐藤。  一方、佐藤の10歳年上の奥田は「この撮影中、誰とも酒を飲んでいません。誰も誘ってくれない。ま、(作中では)そういう役柄ですよね」とふてくされた様子を覗かせ、11歳年上の三浦は佐藤に「なんかおごってください」とおねだり。佐藤は度々“参ったな”という風に困り顔を見せていた。  映画『64-ロクヨン-』前編は5月7日、後編は6月11日連続公開。

  • 映画『64‐ロクヨン‐』(2016年公開)の豪華キャスト発表!

    綾野剛&榮倉奈々、佐藤浩市主演『64‐ロクヨン‐』に出演決定 豪華キャスト陣発表

    映画

     警察小説、人間ドラマの名手・横山秀夫によるベストセラーを原作に、鬼才・瀬々敬久が映画化を手掛ける『64‐ロクヨン‐』のキャストが遂に発表。既に発表されていた主演・佐藤浩市のほか、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、三浦友和、永瀬正敏ら、豪華俳優陣が名を連ねた。@@cutter 本作の鍵となるのは、昭和64年に起きた未解決の誘拐事件(通称“ロクヨン”)。それを起点に、県警記者クラブも巻き込んだ警察内部の対立、そして14年を経て新たに起きた“ロクヨン”模倣誘拐事件を、県警の広報官を中心に描く。ミステリーとしてはもちろん、総登場人物150名におよぶ壮大な人間ドラマとしても超一級のエンターテイメント大作に作り上げる。  佐藤浩市が演じるのは、警務部広報室に異動となった元刑事の「広報官・三上」。その部下「広報室係長・諏訪」に綾野剛、紅一点の「広報室婦警・美雲」に榮倉奈々。記者クラブを取りまとめ広報室と対立する「東洋新聞キャップ・秋川」に瑛太。三上の刑事時代の上司「捜査一課長・松岡勝俊」に三浦友和。“ロクヨン”被害者の父「雨宮芳男」に永瀬正敏と、豪華キャストが前後編2部作で重厚なドラマを繰り広げる。  綾野は、本作について「正義と不義の狭間で、ただ一つの真実に向かって闘い抜く所存です。64の世界を、諏訪を通して真っ当を振りかざさず、心に秘めて生きさせて頂きます」と力強くコメント。榮倉も「男性社会の中で、自分の役割を探し懸命に仕事と向き合う女性の役です。自分自身も、力強い役者の先輩方の中で美雲と向き合い、少しでも戦力になれますよう頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。  その他、吉岡秀隆、仲村トオル、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝らの出演も決定している。映画『64‐ロクヨン‐』は2016年全国公開。

  • 『王妃の館』に出演する水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、緒形直人

    水谷豊、主演最新作は邦画初ベルサイユ宮殿ロケ敢行! 田中麗奈ら豪華12名共演

    映画

     浅田次郎の原作を元に、『相棒』などで知られる水谷豊が天才小説家・北白川“右京”を演じる話題作『王妃の館』(4月25日公開)。邦画初の“ベルサイユ宮殿”ロケを敢行したという本作に田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、安田成美、石橋蓮司、石丸幹二ら12名の豪華キャストの出演が明らかとなった。@@cutter 本作は、人気小説家・北白川右京(水谷豊)が新作執筆のため、パリツアーに参加するところからスタート。実はこのツアー、倒産寸前の旅行会社が苦肉の策として、1つの部屋を2つのツアー客に同時に提供する“二重売りツアー”であった…。  互いのツアーが鉢合わせしないよう注意を払う旅行会社社長の玲子役に田中麗奈、その添乗員の戸川役に尾上寛之。ツアー客のワケあり風OLに吹石一恵、成金実業家に緒形直人とその恋人のホステスに安達祐実。頭が固すぎるが故に、本ツアーに参加することとなった熱血警察官に青木崇高、同室となった警察官にちょっかいを出すショーパブの女装スターに中村倫也。パリまで右京を追ってきた編集者に山中崇史とその部下を野口かおるが扮するほか、元詐欺師の紳士に石橋蓮司と、一癖も二癖もありそうなツアー客が顔を揃える。  また、ツアー客だけでなく、劇中で右京が執筆する小説の人物として、実在のルイ14世役に石丸幹二、その“寵姫”ディアナに安田成美、ルイ14世とディアナの息子プティ・ルイを山田瑛瑠が演じる。このキャスティングにはルイ14世やディアナを日本人が演じることで“絵画的”に見せるという意外性を含んでいるという。  主演の水谷は、「パリを舞台に時にコミカルに、時に感動を誘う芝居を、素晴らしいキャストの皆様と一緒に作り上げることが出来ました」と自信を覗かせる。また、「ヴェルサイユ宮殿での撮影は夢のような贅沢な瞬間でした」と撮影を振り返り、「豪華絢爛な建物の中で我々にいったい何が起こったのか!楽しみにしてください」とアピールした。  『王妃の館』は4月25日より公開。

  • (左奥)脚本家の岡田惠和氏、緒形直人、石田ゆり子、若松節朗監督、(左手前)玉山鉄二、伊勢谷友介、松坂桃李

    松坂桃李が逆関白宣言?JAL123便墜落事故を描いたWOWOWドラマ「尾根のかなたに」舞台挨拶

    エンタメ

     10月7日から放送されるWOWOWのスペシャルドラマ「尾根のかなたに~父と子の日航機墜落事故~」の完成披露試写が4日都内で行われ、出演者の伊勢谷友介、松坂桃李、玉山鉄二、緒形直人、石田ゆり子らが舞台挨拶を行った。@@cutter 1985年8月12日に発生した民間航空史上最悪の惨事、日本航空123便墜落事故で大切な人を失った3つの家族の27年を描いた本作。豪華な出演者たちに加え、「沈まぬ太陽」で日本航空をモデルとした航空会社の内情を描いた若松節朗監督、「おひさま」「ちゅらさん」他数々の秀作ドラマで知られる脚本家の岡田惠和が参加したWOWOWらしい秀作ドラマだ。  歯医者である厳格な父親が123便に乗りあわせ、父のみならず多くの犠牲者の身元確認をすることになる若き歯科医を演じた伊勢谷は、「大きな災害というと、僕自身も現地に入って被災者の皆さんを支援した3.11をすぐに思い出しました。検視を通じて人の亡骸に接すると想像できないぐらい重い気持ちになりますが、美術が素晴らしかったこともあり、自分の中に気持ちが入って来ました」と、撮影を振り返る。「私達はどこでどうやって死ぬのか分からない中、今どうやって生きているのかがとても大切だと思います。もし僕が死んだら、残された人たちは絶望するかもしれませんが、残された人たちが生きていけるように精一杯生きていかないといけないと思います。心苦しい事故を描いていますが、そういったことを皆さんに伝えたいと思います」と、本作の魅力をPRした。  母親と妹を一緒に事故で失った9才の気弱な少年のその後を演じた松坂は、「僕が生まれる前の話で、父や母からすごい事故だったと聞きましたが、暗いだけではなく、未来に向かう役にしたいと思って参加しました」と役作りについて語ったが、3人の息子の父親役を演じたことを聞かれると、「男の子が3人いるとほんとうに体力を使いますね。僕の理想の父親像は子供が背中を見て育つようなタイプですが、実際の僕の父親は正反対の穏やかな性格なので、きっと僕も結婚したら尻に敷かれるようになると思います」と語り、場内は笑いに包まれた。  何でも頼りっきりだった夫が事故死、子育てに注力するあまり精神的なバランスを失ってしまう未亡人を演じた石田は、「岡田さんの書かれた脚本は辛い内容ですが、とても心を打たれてこれはやらせていただきたいと思いました。若松監督の率いるチームは本当に素晴らしくて、あたり前のことですがひとりひとりがプロで。最近はなかなかそういう現場がなくて…ごめんなさい、今のは失言ですが(笑)、そのぐらい素晴らしいチームでした」と、天然ぶりを発揮した。  ドラマWスペシャル「尾根のかなたに~父と子の日航機墜落事故~」は、WOWOWにて10月7日(日)夜10時前編、10月14日(日)夜10時後編を放送。

  • 西田敏行

    西田敏行、遺体安置所の世話役に。報道で伝えられなかった震災の実話を描く「遺体 ~明日への十日間~」

    映画

     東日本大震災の内側とその知られざる真実を描いた、「遺体 ~明日への十日間~」が、西田敏行を主演に迎え映画化されることがわかった。 @@cutter  「遺体 ~明日への十日間~」は、石井光太氏原作の壮絶なルポルタージュ本「遺体 震災、津波の果てに」の映画化。監督は、「踊る大捜査線 THE MOVIE」シリーズ(脚本)、「誰も守ってくれない」(脚本・監督)の君塚良一氏が務める。また、本作はモントリオール世界映画祭ワールドグレーツ部門への出品が決定し、西田のほか緒形直人、勝地涼、國村準、酒井若菜、佐藤浩市、佐野史郎、沢村一樹、志田未来、筒井道隆、柳葉敏郎らが顔を揃える。  映画化オファーに対し、主演の西田は「最初にルポの本を読ませていただいた時、『これを映像化するというのは大変難しいことだろう』と思いました」と語っている。だが、「ニュースの映像などで冷静な被害状況や数値は伝わってくる中、被災された方々の本当の気持ちや真実は、逆に劇化することによって“事実”とは違う“真実”が引き出せるのではという想いが沸き立ってきました。そういった想いがだんだんと大きくなり、この作品の映画化のオファーに対し『これは映画化しても良いものだろう』と、決心に変わりました」とコメントを寄せている。  また、君塚監督は「未曾有の災害に直面し、立ち向かった人たちの姿を多くの人に伝えたい、災害や被災地への関心を薄れさせてはいけない、その思いを胸にこの映画を作りました。被災者の心の傷みを忘れず、真実をありのままに描きました。あの日、日本で何が起きたのかを世界に伝える機会を与えていただき、感謝します。震災で亡くなった人の尊厳を守った日本人の良心を伝えることが、この映画の役目です」と語る。  さらに、原作者である石井氏は、映画化のオファーが来た当初の心境を「正直な話、嬉しいという気持ちとどうなるんだろうという気持ちがありました」と振り返る。「君塚さんから誠意を持って事実に基づいてきちんと作りたいという話をいただいたので、それであれば僕の方でも取材などで協力して一緒に作っていきたい、というお話をさせていただきました」とのことだ。  東日本大震災発生後、混乱状況の中、数多くの遺体が発見され、遺体安置所に運び込まれることになった。次々と運び込まれてくる多くの遺体に戸惑う警察関係者や市職員たち。そして遺体の検死作業にあたったのは、地元の医師や歯科医師たちだった。混乱する現場を訪れた一人の男・相葉常夫(西田)は、定年後、地区の民生委員として働いていた。定年前は葬祭関連の仕事についていた彼は、遺体の扱いにも慣れ、遺族の気持ちや接し方も理解していた。相葉は、数多くの遺体に初めて直面し、動揺している人たちを統率すべく、遺体安置所の世話役として働かせてくれるように、市長に嘆願し、ボランティアとして働くことになった。一人でも多くの遺体を人としての尊厳を守りながら、遺族のところに帰してあげたい。相葉たち旧ニ中で働く人たちは諦めないで頑張り続けていく…。  「遺体 ~明日への十日間~」は2013年3月公開予定

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access