やなせたかし 関連記事

  • 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』ロゴ

    映画『アンパンマン』第31弾公開決定 やなせたかしさん生誕100周年

    アニメ・コミック

     世代を超えて愛されるアンパンマンの劇場映画31作目で、原作者・やなせたかしさんの生誕100周年記念作品のタイトルが『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』に決定し、6月28日より劇場公開されることが発表された。@@cutter 1988年10月にテレビアニメがスタートし、翌年の1989年3月に劇場版が初公開され、30年以上にわたり日本中に「愛と勇気」を届けてきたアンパンマン。昨年、映画化30周年記念作品として公開されたシリーズ第30作目『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』は、シリーズ屈指のヒットを記録し、第27作目から4年連続で興収5億円超えを達成した。  2019年は、アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんの生誕100周年にあたる。シリーズ最新作では、アイスの国のお姫様「バニラ姫」と、アンパンマンたちがアイスの国を救うために奮闘する物語が描かれる。  バニラ姫は、国の主が魔法のスプーンを使ってアイスを作るアイスの国のお姫様。しかし、バニラ姫は「アイスの国のお姫様なのに、アイスが作れない」という悩みを持っていた。そのおかげで国中のアイスはすっかり無くなり、アイスの国は寂しい場所に。来る日も来る日も練習しているのに、全然アイスを作ることができないバニラ姫は、いら立ちからからついにお城を飛び出してしまう。  その途中でアンパンマンとコキンちゃんに出会ったバニラ姫は、「なぜ自分はアイスを作れないのか?」「何が自分に足りないのか?」をアンパンマン、そして仲間たちと過ごす中で少しずつ学んでいく。一方、バニラ姫のいなくなったアイスの国では、ばいきんまんが大暴れ。アンパンマンたちは、アイスの国を救うことができるのか。そして、バニラ姫はアイスを作ることができるようになるのか…。  映画の冒頭では、アンパンマンたちといっしょに手拍子で歌って楽しめるパートが登場。広大な海を舞台に“手のひらを太陽に”や“ドレミファアンパンマン”といった楽曲で、子どもから大人までいっしょになって楽しむことができる。  映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』は6月28日より全国公開。

  • 井上真央、『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』制作会見で、アンパンマンへの愛と、その一方でオファーを受けた際の本音を告白。

    井上真央「一番優しい人が一番強い人」 アンパンマンの魅力を力説

    アニメ・コミック

     映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの願い』の制作会見が20日に日本テレビで行われ、本作で声優に挑戦した井上真央が登壇した。@@cutter 同映画シリーズ第26弾の舞台は、かっこいいヒーローに憧れる男の子“りんごぼうや”のふるさと“アップルランド”。毒りんごに侵されたアップルランドを元通りにする“魔法の種”を手に入れるため、りんごぼうやとともに、アンパンマン、ばいきんまんが力を合わせ奮闘する。  アンパンマン、ばいきんまんとともに笑顔で登場した井上。本作のメインキャラクター、りんごぼうや役で声優初挑戦となったが「いつかは声優に挑戦してみたいと思ってましたが、本作はやなせ先生が“ふるさと”をテーマに、最後に書かれた作品だったので、ちゃんとした声優さんがやられた方が良いのでは?と思いました」とオファーを受けた際の本音を告白。  挑戦することとなった経緯として「以前、私が『アンパンマンのマーチ』が好きだということでラジオで流させてもらったことをきっかけに、声優のお話をいただき、たくさんのプレッシャーを抱えながらも私自身もアンパンマンの大ファンだったのでチャレンジしました。」と説明。  実際の収録は苦労が多かったようで「息づかいがすごく難しかったです。顔が濡れたアンパンマンのように、りんごぼうやもシナシナってなるときがあるんですが、“もうちょっとシナシナ感を”と指示されたときは本当に困りました(笑)」と苦笑いを浮かべながら収録の様子を振り返った。  また、アンパンマンは幼少期から憧れだったと言い「アンパンマンはかっこいいヒーローというより、その優しさこそ一番の強さなんだと思います。一番優しい人が一番強い人だというやなせ先生の哲学に大人になって改めて気づきました」とアンパンマンの魅力を力説。  「この作品には復興、希望、ふるさと、というテーマがあり、タイトルにもやなせ先生の願いが込められていると思います。この思いを子どもたちに伝える作品に自分自身が携われるのは本当に幸せ」と本作に込められたメッセージとともに出演の喜びを語った。  映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの願い』は7月5日より全国公開。

  • 井上真央が“りんごぼうや”役で声優初挑戦!

    井上真央、映画『アンパンマン』新キャラ“りんごぼうや”役でアニメ声優初挑戦!

    アニメ・コミック

     7月5日より全国公開する映画シリーズ第26弾『それいけ! アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』に登場する新キャラクター・りんごぼうやの声優を井上真央が務めることが決定した。@@cutter 井上が演じる“りんごぼうや”は、空に浮かぶ美しい島・アップルランドに住む、格好良いヒーローに憧れる元気いっぱいの男の子。大切なふるさと・アップルランドを守るために“魔法の種”探しに奮闘。そして、決して諦めずにみんなのために頑張るアンパンマンの勇気ある姿を見て、格好良いだけではない真のヒーローとは何かに気づく…という役どころ。  昨年10月13日に、94歳で逝去したやなせたかし氏最後の原作となった絵本「アンパンマンとりんごぼうや」をもとに、“望郷”と“故郷の再建”をテーマに制作された本作。井上は、りんごぼうやの前向きなイメージがぴったりで、今年1月に放送されたNHKスペシャル『みんなの夢まもるため~やなせたかし“アンパンマン人生”』でナレーターを担当した縁もあり、声優初挑戦ながら大抜擢された。  「アンパンマンの世界のヒーロー像や歌の中には、やなせ先生が残された深い哲学があり、私も大人になった今でも勇気や希望をもらっています」と作品に対する思いを語る井上。本作については「『やなせ先生が取り掛かった復興三部作のラスト』と聞いただけでも恐縮してしまいますが、先生の最後の作品に携われる喜びをやり甲斐に変えて、初挑戦ながらも精一杯務めさせて頂きます』と気概を見せた。  『それいけ! アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は7月5日より全国公開。

  • やなせたかし氏死去、緒方恵美・古川登志夫・新田恵海らが追悼コメント

    アニメ・コミック

     『アンパンマン』の原作者で知られる、やなせたかし(本名:柳瀬嵩)氏が10月13日、心不全のため94歳で死去。この報道を受けて、各界から哀悼の声が相次いでいる。@@cutter コメントを発表した著名人は以下のとおり。 ●声優・緒方恵美(『エヴァンゲリヲン』シリーズ。『ダンガンロンパ』) 「大切なことをたくさん教えて下さった先生。ご冥福を心からお祈り申し上げます…」。(ツイッターにて) ●漫画家・種村有菜(『神風怪盗ジャンヌ』『31☆アイドリーム』) 「やなせたかし先生…一度だけお会いしたことがあります。 私にも優しくお話して下さって、本当に暖かい方なんだと思いました。どうか安らかに。素晴らしい作品をありがとうございました」。(ツイッターにて) ●アニメ監督・大地丙太郎(『DD北斗の拳』『おじゃる丸』) 「やなせたかしさんの作品で、大地が一番好きなのはこの詩です。http://www.geronimo.jp/column/00_kibou.htm … ありがとうございました。安らかに」。(ツイッターにて) ●声優・新田恵海(『ラブライブ!』) 「やなせたかしさんの訃報を受けて..:。たくさんの愛と勇気をありがとうございました!心よりご冥福をお祈りいたします」。(ツイッターにて) ●声優・水島裕(『獣電戦隊キョウリュウジャー』『聖闘士星矢オメガ 新生聖衣(ニュークロス)編』) 「アンパンマンは、凄い作品です。今の若い人は、みんな、アンパンマンを通って大人になっているでしょう。『アンパンマン』や『ドラえもん』『サザエさん』『ちびまる子』など、長く愛されている作品って、本当に凄いですね。心よりご冥福をお祈りいたします」。(ブログにて) ●声優・古川登志夫(『うる星やつら』『ドラゴンボール』) 「漫画家・やなせたかし先生の訃報に接しました。慎んで哀悼の意を表します」。(ツイッターにて) ●アニメ監督・神山健治(『攻殻機動隊』『009 RE:CYBORG』) 「やなせたかし先生がお亡くなりになられたと知る。94歳でしたか。ご冥福をお祈りいたします。アンパンマンの凄いところは、小さな子供たちを夢中にさせるも、必ずアンパンマンから卒業させる。でも必ずまた新しいお子さんがファンになるからずっと子供に愛されるところ。素晴らしいヒーローです」。(ツイッターにて) ●漫画家・村田雄介(『アイシールド21』『ワンパンマン』) 「やなせたかし先生がアンパンマンを大ヒットをさせたのは50代後半。作品の素晴らしさもさることながら人間の可能性も教えて頂いた気がします。ご冥福をお祈りします」。(ツイッターにて) ●映画館シネ・リーブル池袋 「当館でも毎年上映しておりましたアンパンマンシリーズ等の原作者 やなせたかし先生が逝去されたとのこと・・毎年お会いできるのを楽しみにしておりました。素敵な作品、キャラクターを生んで下さりありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。(スタッフ一同)」。(ツイッターにて)  絵本から生まれた『アンパンマン』はテレビアニメ、映画、ゲームソフトなど幅広いメディアでも展開。「アンパンマンミュージアム」や「アンパンマンこどもミュージアム&モール」といった関連施設も誕生し、ファミリー層から絶大な人気を博している。

  • 「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」

    アンパンマン最新作、興行収入4億突破の大ヒット!やなせたかし先生からのコメントも

    映 画

     現在公開中の映画「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」が、8月12日付けで興行収入4億円突破し、22年ぶりの快挙を成し遂げた。また、これを記念して原作者やなせたかしからのあたたかいメッセージも届いた。 @@cutter シリーズ24作目となる映画「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」。南の国のバナナ島が舞台という夏らしくかわいい設定と、いつもと違うばいきんまんが大活躍をするおもしろさが話題を呼び、公開当初から歴代No.1スタートの大ヒット。アンパンマン映画歴代興行収入2位であり、シリーズ第一作目の「キラキラ星の涙」の記録を超えることは確実となってきている。   アンパンマンの原作者やなせたかし(93歳)がかかげた今年の映画のテーマは“復興”。3.11の“東日本大震災の被害から立ち直ろうとしている日本”を、そして“震災で傷ついた子どもたち”を、元気づける手伝いをしたいとのことで制作にとりかかった。  やなせは「アンパンマンの映画を1人でも多くの方々に観てもらい、元気になってくれるとうれしいです。来年は映画もテレビアニメも25周年になります。みなさんがこんなにもアンパンマンを必要としてくださるなら、まだまだ頑張らないといけないなと思って、ぼく自身も元気をもらっています。今年のテーマ“復興”に続き、来年の映画のテーマは"希望"。人間“希望”持って生きていかなくてはいけないことを、作品を通して伝えていければと思っています」とコメントを寄せた。  「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」と同時上映「リズムでてあそび アンパンマンと不思議なパラソル」は元気100倍!大ヒット上映中

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access