クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

窪田正孝 関連記事

  • 窪田正孝、キャンプに意欲「サバイバルに強くなりたい」

    ゲーム・アニメ

     俳優の窪田正孝が25日、都内で開催された『映画 えんとつ町のプペル』初日舞台あいさつに、芦田愛菜、小池栄子、JO1・大平祥生と共に出席。本作で声優を務めた窪田は、芦田に「頭が上がりません」と感謝の気持ちを語ったほか、2021年にチャレンジしたいことを「キャンプ」と明かした。

  • 森山直太朗、窪田正孝らと笑顔の『エール』オフショットに反響 「素晴らしい役でした」

    エンタメ

     森山直太朗が28日に自身のインスタグラムを更新し、27日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合ほか)のオフショットを公開。窪田正孝をはじめとしたキャストとにこやかに並んだ姿にファンからは「ありがとう」「素晴らしい役でした」「最後まで見届けられて幸せ」といった声が集まった。

  • 窪田正孝『エール』ドキュメンタリー本 砂浜で佇む美しい表紙ビジュアル解禁

    エンタメ

     連続テレビ小説『エール』(NHK総合ほか)で主演を務めてきた俳優・窪田正孝の1年間に密着したドキュメンタリーブック(12月4日発売)のタイトルが、『Vreath ‐Documentary of 窪田正孝 in エール‐』に決定。併せて砂浜に置かれたオルガンの前で佇む窪田の姿を写した表紙画像と、収録カットの一部が解禁された。

  • 『エール』ラストは裕一と音が抱き合い「出会ってくれてありがとね」「幸せでした」

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の最終週「エール」(第119回)が26日に放送された。本編のラストシーンでは、美しい海辺で裕一(窪田)と音(二階堂ふみ)が抱き合い、共に歩んだ人生に感謝を述べる姿が描かれた。

  • 窪田正孝、「カレンダー2021」発売決定 表紙カットも解禁

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が、2021年版カレンダーとなる『窪田正孝×写真家・齋藤陽道 カレンダー2021』が12月28日に発売決定。柔らかい自然光の中で、透明感溢れる、ナチュラルな表情を浮かべた表紙カットなどが解禁された。

  • 窪田正孝、『エール』最後は「‘朝ドラ’史上例をみないカタチ」

    エンタメ

     来週最終回を迎える連続テレビ小説『エール』で主演を務める俳優の窪田正孝が、11月30日スタートの次作『おちょやん』の撮影が行われているNHK大阪拠点放送局のスタジオを訪れ、主演の女優・杉咲花とバトンタッチセレモニーを行った。

  • 『エール』土曜ナビゲーターの日村勇紀、ついに本編に登場

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演する連続テレビ小説『エール』(NHK総合/毎週月~土曜8時ほか)の土曜ナビゲーターを務めるお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が、11月16日放送の第111回で、ついにドラマ本編に登場する。

  • 『エール』“鉄男”中村蒼が壮絶半生を告白 ネット「予想以上にヘビー」

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第22週「ふるさとに響く歌」(第107回)が10日に放送され、裕一(窪田)と共に故郷・福島へ戻った鉄男(中村蒼)が、幼少期に味わった壮絶な体験を告白。ネット上には「想像以上に壮絶」「予想以上にヘビー」などの声が寄せられた。

  • 『エール』“久志”山崎育三郎と“ミュージックティーチャー”古川雄大の再会にネット歓喜

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第21週「夢のつづきに」(第105回)が6日に放送され、久志(山崎育三郎)と、音に歌を教えた“ミュージックティーチャー”こと御手洗(古川雄大)が再会を果たすと、ネット上には「良いねこの2人(笑)」「楽しそうで何より」などの声が集まった。

  • 『エール』“華”古川琴音の本音にネット共感「華ちゃんいい子すぎる」

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第21週「夢のつづきに」(第102回)が3日に放送され、長女・華(古川琴音)が、父・裕一(窪田)や母・音(二階堂ふみ)の前で打ち明けた本音に、ネット上には「気持ちはわかるわ」「華ちゃんいい子すぎる…」などの声が集まった。

  • 窪田正孝、朝ドラ『エール』クランクアップ「今後の財産になりました」

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『エール』の約13ヵ月に渡る撮影が、10月29日にクランクアップした。コロナ禍による約2ヵ月半の撮影休止期間を乗り越え、主人公の古山裕一を演じきった俳優の窪田正孝は「1年間、朝ドラの主人公を演じたことでふみちゃんをはじめとする共演者、スタッフの皆さんとのすてきな出会いをいただき、今後の財産になりました!」と感謝を語った。

  • 窪田正孝、芦田愛菜と2人きりに緊張「ポンコツなんでなかなか話できなくて」

    映画

     俳優の窪田正孝と女優の芦田愛菜、キングコングの西野亮廣が26日、都内で行われた『映画 えんとつ町のプペル』ハロウィンスぺシャルイベントに出席。窪田が、芦田と2人きりになる環境に緊張していたことを明かした。

  • 『エール』「自分が情けなくて」予科練生の本音 ネット涙ぐむ声

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第17週「歌の力」(第83回)が7日に放送され、予科練生の青年・風間(杉田雷鱗)が裕一(窪田)に語った言葉に、ネット上には「涙が溢れてくる…」「沁みた」といった声が寄せられた。

  • 『エール』裕一にも召集令状 重い沈黙に 「これから辛い展開」

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第16週「不協和音」(第80回)が2日に放送され、ラストシーンで裕一(窪田正孝)の元に召集令状が届くと、ネット上には「とうとうこの日が来ちゃったね」「これから辛い展開だな〜」などの声が相次いだ。

  • 『エール』“裕一”窪田正孝、娘・華の初恋に動揺 ネット「かわいい」の声

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第16週「不協和音」(第77回)が29日に放送され、裕一(窪田)と音(二階堂ふみ)の娘・華(根本真陽)が音楽教室に通う少年・弘哉への気持ち吐露。それを聞いた裕一が動揺する姿に、ネット上には「裕一さんかわいい」「父親だなぁ裕一笑」などの声が寄せられた。

  • 『エール』徳永えりの初登場に朝ドラファン歓喜「安心感」「信頼と実績」

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第15週「先生のうた」(第72回)が22日に放送され、女優の徳永えりが本作に初登場すると、ネット上には「安心感」「信頼と実績」「朝ドラに欠かせない」といった反響が巻き起こった。

  • 『エール』“裕一”窪田正孝のヒット曲に視聴者、複雑な思いも

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第15週「先生のうた」(第71回)が21日に放送され、裕一(窪田)の作曲、久志(山崎育三郎)による歌唱でヒット作を世に送り出すが、その作品について、ネット上には「このヒットで苦しむことになりそう」「少し複雑」といった声が寄せられた。

  • 『エール』第15週 “裕一”窪田正孝、戦時歌謡の旗手に 新曲で福島三羽ガラス始動

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める、NHKの連続テレビ小説『エール』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)第15週が9月21日より放送。9月21日〜25日放送の第15週「先生のうた」では、戦時歌謡の旗手となった裕一(窪田)の新曲で、ついに“福島三羽ガラス”が始動する。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access