ホァン・シャオミン 関連記事

  • 映画『大脱出2』ポスタービジュアル解禁!

    シルヴェスター・スタローンが最強セキュリティの監獄に挑む『大脱出2』予告

    映画

     俳優のシルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーがダブル主演した映画『大脱出』から5年越しの続編となる『大脱出2』より、ポスタービジュアルと予告映像が解禁された。@@cutter 本作は、スタローン演じる脱獄のプロフェッショナル、ブレスリンが、海の上の監獄要塞を脱出した数年後を描くプリズン・ブレイク・アクション。前作のシュワルツェネッガーに代わり、米プロレス団体WWE出身のアクションスター、デイヴ・バウティスタがスタローンの新相棒を務めるほか、カーティス・“50セント”・ジャクソン、映画『イップ・マン 葉問』のホァン・シャオミン、『シン・シティ』のジェイミー・キングらも参戦する。  監獄要塞“墓場”を脱獄した数年後、ブレスリンは第一線から距離を置き、後進の育成のため一流のスタッフを集めた警備会社を新設。そんなある日、従兄弟ユシェンの警備にあたっていたスタッフのシューが姿を消す。ブレスリンはその足取りを追ううち、謎に包まれた監獄“ハデス”にシューが勾留されているとの噂を耳にする。そこは全てがコンピューター制御された、最強セキュリティの監獄。仲間を救うべく、ブレスリンはかつての友人デローサ(バウティスタ)の協力を得て、難攻不落の監獄に自ら収監される…。  解禁された予告映像では、厳しい監視が行き届いた“ハデス”について「完全無欠の監獄だ。だが弱点は必ずある」と笑みを浮かべたり、囚人の集団からリンチに遭うブレスリンの姿を活写。不敵な表情のデローサが「戻ってきた気分は?」と前線にカムバックした気分を問うや、「最悪だぜ」とすかさずうそぶくブリストンなど、新コンビの息の合った掛け合いも確認できる。  加えてポスタービジュアルは、細かく張りめぐらされた赤外線センサーの中、鋭いまなざしとともに銃を構えるブレスリンとデローサの姿をフィーチャー。2人の存在感が抜群のデザインに仕上がっている。  映画『大脱出2』は3月29日より全国公開。

  • シルヴェスター・スタローン主演『大脱出』続編、2019年3月公開決定!

    シルヴェスター・スタローン主演『大脱出2』公開決定 新相棒はWWE出身の超肉体派

    映画

     シルヴェスター・スタローン&アーノルド・シュワルツェネッガー共演の映画『大脱出』から5年。続編となる『大脱出2』の日本公開が2019年3月に決定し、前作のシュワルツェネッガーに続き、スタローンの新相棒を米プロレス団体WWE出身のアクションスター、デイヴ・バウティスタが務めことがわかった。@@cutter 『大脱出』は、スタローン主演のプリズン・ブレイク・アクション。第2弾では、世界唯一の脱獄のプロフェッショナル、ブレスリン(スタローン)が、海の上の監獄要塞を攻略してから数年後を描く。  ブレスリンは、第一線からは距離を置き、後進の育成のため一流のスタッフを集めた警備会社を新設。そんなある日、従兄弟ユシェンの警備にあたっていたスタッフのシューが姿を消す。足取りを追うブレスリンであったが、謎に包まれた監獄“ハデス”にシューが勾留されているとの噂を耳にする。そこは、全てがコンピューター制御された、最強セキュリティの監獄だった。デイヴ演じるかつての友人デローサの協力を得ながら、ブレスリンは再び難攻不落の監獄に挑むこととなる。  新キャストは、デイヴのほか、カーティス・“50セント”・ジャクソン、『イップ・マン 葉問』のホァン・シャオミン、『シン・シティ』のジェイミー・キングらが参戦する。  映画『大脱出2』は2019年3月公開。

  • 漫画『シティーハンター』より

    『シティーハンター』中国で実写映画化決定! 主演はホァン・シャオミン

    映画

     かつて読売テレビ・日本テレビ系列にてテレビアニメ版が放送された、北条司作品の人気漫画『シティーハンター』が、中国で実写映画化されることが決定。主演を女優のアンジェラベイビーの夫で、映画『イップ・マン 葉問』などで知られるホァン・シャオミンが務めることも明らかになった。@@cutter 漫画『シティーハンター』は、一流のスイーパー(殺し屋)・冴羽リョウの活躍を描く作品。1985年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始されると人気を博し、1987年からは読売テレビ・日本テレビ系列にてTVアニメ版が放送された。全世界での累計発行部数は5000万部を超え、2015年には連載30周年を迎えている。  本プロジェクトでは、漫画の著作権を管理するノース・スターズ・ピクチャーズをはじめ、読売テレビ放送、上海海日宸宇形象創意発展、上海華厳文化芸術の4社が参加。上海華厳文化芸術の企画・プロデュースのもと、映画の製作準備が進められるという。  10月11日に行われた会見には、エグゼクティブプロデューサーを務めるスタンリー・トン、主演のホァン・シャオミンらが出席し、2018年12月以降に中国全土で公開を予定していることを発表していた。脚本は、映画『DETECTIVE CHINATOWN(原題)』で脚光を浴びた気鋭の脚本家チェン・ジアカが執筆する。

  • チョウ・ユンファ&ホァン・シャオミンのW主演『ラスト・シャンハイ』日本公開決定!

    チョウ・ユンファ&ホァン・シャオミンW主演! 『ラスト・シャンハイ』公開決定!

    映画

     香港が世界に誇るアジアの大スター、チョウ・ユンファと、中国で人気が高いホァン・シャオミンのダブル主演が大きな話題となったチャイナ・ノワール巨編『ラスト・シャンハイ』。上海黒社会を舞台に、野望と愛の狭間で生きた男を描いた本作が、9月下旬に日本公開することが決まった。@@cutter 『男たちの挽歌』(87)で香港ノワールのヒーローとして大人気となり、90年代にはハリウッドに進出して世界的スターの仲間入りをしたチョウ・ユンファ。人気を得るきっかけにもなったTVシリーズ「上海灘」では、1930年代の上海を舞台に裏社会のトップへ登りつめていく男を演じ、香港にて80%の高視聴率を獲得した。その後、同作はレスリー・チャン&アンディ・ラウでリメイクされた『上海グランド』(98)、ホァン・シャオミン主演で再TVシリーズ化された『新・上海グランド』(08)が放送されるなど、香港では常に人気を集める作品となっている。  その人気作が今度は新旧TVシリーズで同じキャラクターを演じたチョウ・ユンファとホァン・シャオミンのダブル主演で映画化され、中国・香港・台湾で大きな話題となった。主人公の壮年期をホァン、中年期をチョウが演じるという、ファンにとっては夢のようなキャスティングが実現した。  共演は、『イップ・マン 葉問』のサモ・ハン、『エグザイル/絆』のフランシス・ン、『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』の倉田保昭といった顔ぶれ。製作を『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ、監督を『ゴッド・ギャンブラー』のウォン・チンが手がけるなど、香港映画界のトップスターとスタッフがタッグを組み、1930年代の上海を見事に描いている。  貧しい家庭に生まれ、果物屋で働くチェンは、ある騒動がきっかけで上海マフィアの1つ・青幇に入会する。そこで権力者だった黄金栄の妻に気に入られたチェンは、上海の権力者として名をはせるようになる。そんな時、初恋の女性と再会したチェンの心は揺れ動く。そして世の中は戦争となり、上海にも日本軍が侵攻してくる。上海マフィアも日本軍との対応を迫られ…。  アジアの人気スター、チョウ・ユンファ&ホァン・シャオミンのダブル主演が話題のチャイナ・ノワール巨編『ラスト・シャンハイ』は、9月下旬より全国順次ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access