板橋駿谷 関連記事

  • NHK朝ドラ『なつぞら』に出演して話題の板橋駿谷(所属事務所WEBサイトより)

    『なつぞら』番長で話題の板橋駿谷 ゲイバーでバイトの過去を告白

    エンタメ

     俳優の板橋駿谷が14日放送の『有吉ジャポン』(日本テレビ系/毎週金曜24時20分)に出演。過去にゲイバーでバイトをしていたことを明かした。@@cutter  広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』で、34歳にしてヒロインが通う高校の番長・門倉努を演じて話題となった板橋。MCの有吉弘行が板橋に朝ドラ出演について「今までのキャリアで一番でかい仕事ですか?」と質問すると板橋は「間違いなく一番でかいです!」と断言。「これでちょっとでも話題にならなかったらやめようと思ってたんで!」と『なつぞら』出演へかけた想いを明かした。  朝ドラ出演後の反響について尋ねられた板橋は「すんごい勘違いしちゃって…」と話し、声をかけられても“ごめんね”と断る言葉を用意していたにもかかわらず、あまり声をかけられない現状に対して「俺の中でものすごい“ごめんね”だけが溜まっちゃって…」と悔しそうにコメント。  さらに、かつてゲイバーの店員として働いていたことを明かした板橋に、みちょぱこと池田美優が「ゲイの人にモテそう」と一言。ゲイバーで働いた理由について板橋は「人と会話するのが苦手だったりして…」と明かすと「そこで会話の勉強をするのと、社会経験で、いろんな役が来た時にできるようになるのも込みで“行っちゃおう!”という感じで…」と説明するも、有吉から「トークのベースが二丁目っていうのは…」と突っ込まれた。  有吉に板橋の印象を聞かれたみちょぱは「見た目の通りの感じで熱い」とコメント。これに有吉が「良い言い方だと“熱い”だよね。悪い言い方だと?」と水を向けると、池田は「ウザイ」とバッサリ。バラエティ番組初出演でその洗礼を受けた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝は冷たい態度の本田翼にショックを受ける

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が今夜放送される。第8話では、杏(本田翼)の冷たい態度にショックを受ける唯織(窪田)だったが、なぜかその唯織を見て裕乃(広瀬アリス)がモヤモヤを覚える。一方、杏も複雑な思いを抱えているようで…。@@cutter 甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。唯織らは、久美のCT検査を行ったが異常は見られなかった。だが、別の日にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われた。  杏は、久美への治療の効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。その席で、杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける唯織。それを知った裕乃は、何故かモヤモヤした気持ちになっていた。一方、杏が唯織を気にしていると見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に告げるが…。  小児科では、久美の強い希望により、季節外れのハロウィンパーティーを行うことに。枕元に願い事を書いた紙を置いて寝るとそれが叶うという言い伝えもあることから、唯織や小野寺(遠藤憲一)たちも久美から願いごとカードを手渡されていた。  同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子(佐藤めぐみ)の姿があった。陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。久美は陽子にも願いごとカードを手渡していた。  そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話は、フジテレビ系にて今夜5月27日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話にゲスト出演する板橋駿谷

    『なつぞら』番長・板橋駿谷、月9『ラジエーションハウス』に今夜出演

    エンタメ

     俳優の板橋駿谷が、今夜放送される俳優の窪田正孝が主演を務める『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話にゲスト出演することが分かった。先月、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、34歳で高校生“番長”役として初出演を果たして話題を呼んだ板橋は、月9ドラマに出演するのも今回が初となる。@@cutter 「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画『ラジエーションハウス』をドラマ化した本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  板橋が演じるのは、古びたアパートで妻の陽子(佐藤めぐみ)と2人暮らしをしている若井祐一。定職に就いておらず、アルバイトをしている祐一は、腹痛を起こして甘春総合病院で診察を受けた陽子を心配して病院にかけつける。家計を支えるために仕事を持っていた陽子は、そんな夫を気遣い、「盲腸だが薬で散らせるようなので普通に働ける」と伝える。陽子は、祐一との子どもを望んでいたが、金銭的な理由もあって祐一はまだそんな気になっていないようだった。さらに、祐一には、陽子に秘密にしていることがあり…。  今作で主演の窪田や広瀬アリスと初共演する板橋は、月9ドラマへの出演が決まったことについて「うれしさで体、爆発するかと思いました!!! 神さま、生きててよかった! って強く思いました。時間はかかったけど、その分、出会ったたくさんの人や時間が俺を作り上げてくれました」と率直に喜びを明かす。  続けて「“なつぞら”の現場でも監督をはじめ、たくさんのスタッフの皆様、キャストの皆様、たくさんの方々に助けてもらいました。現場での過ごし方、周りへの気配り、それぞれの芝居の仕方。目で見て、肌で感じることができたので、それをしっかりと形にできるよう生かしていきたいと思います」と抱負を語る。  祐一を演じることについては「感情は一つではないし、見えているところと見えないところがあると思うので、それを丁寧に掘り下げて、演じたいと思います」とコメント。最後に「“なつぞら”の番長とは違って、今回は実年齢に近い役です(笑)!日頃、月9を楽しみにしている皆様、“板橋駿谷”が初見の皆様、いつも応援していただいている皆様に新たな一面をお届けできるよう頑張りました。オンエアのその日まで楽しみにしていてください!」と視聴者へのメッセージも寄せている。  『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』第8話は、フジテレビ系にて今夜5月27日21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access