オスカー・アイザック 関連記事

  • 映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ポスタービジュアル

    ウィレム・デフォーがゴッホに 『永遠の門』自然と同化する姿を捉えたポスター解禁

    映画

     俳優のウィレム・デフォーが主演し、第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たした映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』より、ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きるゴッホが、唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、彼との共同生活の破綻、そして、いまだ多くの謎が残る死について描く。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、映画『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督が、圧倒的映像美で映し出す。  ジュリアン監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめたウィレムは、アカデミー賞、ヴェネチア国際映画祭以外にも、サテライト賞最優秀主演男優賞(ドラマ部門)に輝き、第76回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)、放送批評家協会賞主演男優賞、フロリダ映画批評家協会賞主演男優賞ほか、数々の賞にノミネートされるなど、世界で高い評価を獲得した。  解禁されたポスターは、ウィレム演じるゴッホが草原で手を広げ、空を仰ぎ、自然を全身で感じている姿が大きく描かれたもの。自然と同化することで、芸術に昇華させようとするゴッホの生き様そのものが表されている。その下には、オスカー・アイザック演じるゴーギャンや、マチュー・アマルリック演じるガシェ医師、ゴッホの代表作『ひまわり』のカットも見ることができる。「ゴッホが見た世界が、あなたの魂を解放する、圧倒的感動体験」というコピーからも、心を打つ感動を予感させるビジュアルとなっている。  映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』は11月8日より全国順次公開。

  • 『サバービコン 仮面を被った街』メインビジュアル

    G・クルーニー監督×コーエン兄弟脚本の最新作『サバービコン』公開

    映画

     ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本の最新作『Suburbicon(原題)』が、『サバ―ビコン 仮面を被った街』の邦題で5月4日より全国公開されることが分かった。主演はマッド・デイモンが務める。@@cutter 本作は1950年代アメリカの郊外住宅地で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに組み入れたヒューマンドラマ。理想的な家族、理想的な街、そして理想的なアメリカのメッキがはがれていく過程が、コーエン兄弟ならではのひねりの利いたプロットでスリリングに描かれる。  舞台はアメリカンドリームの街・サバービコン。明るい街に住み、幸せだったはずのロッジ家の生活は、自宅に侵入した強盗により一転。時を同じくして、この町に引っ越してきた黒人一家の存在が、笑顔あふれるニュータウンの住人たちのドス黒い一面をあぶり出していく。街の人々と家族の正体に唯一気がついたロッジ家の一人息子ニッキーを助けてくれるのは一体誰なのか。コーエン兄弟の脚本にサスペンスのスパイスを効かせたG・クルーニーの演出で、世界は見た目通りではないことを訴える。  M・デイモンは平凡な一家の父親の顔の裏に驚きの秘密を隠したクセモノを演じる。出演は他に、2014年の『アリスのままで』でオスカーに輝いたジュリアン・ムーア、そしてコーエン兄弟の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』で脚光を浴びたオスカー・アイザックら。  『サバ―ビコン 仮面を被った街』は5月4日より全国公開。

  • 2017年「世界で最もハンサムな顔100人」TOP50<フォト集>

    2017年「世界で最もハンサムな顔100人」TOP50<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    海外サイトTC Candlerが「世界で最も美しい顔100人」の男性版、2017年「世界で最もハンサムな顔100人」を発表。日本からは5年連続でランクインした赤西仁が66位だったほか、山崎賢人、岩田剛典、寺田拓哉の3人が初ランクインを果たした。今回は、1位から50位までを写真でご紹介します。

  • 『THE PROMISE/君への誓い』ポスタービジュアル

    『ホテル・ルワンダ』監督、アルメニア人大量虐殺事件を描く新作の公開決定&予告解禁

    映画

     『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督が、ナチス・ホロコースト以前に150万人が犠牲となったアルメニア人大量虐殺事件をテーマに、悲しみの歴史に翻弄された男女3人の運命を描く『THE PROMISE/君への誓い』の公開が決定し、ポスタービジュアルと予告編が解禁された。@@cutter オスマン帝国(現在のトルコ共和国)によるアルメニア人大量虐殺事件は、現在のトルコ政府が虐殺の事実を認めていないことから、これまで政治的タブーとして表立って語られることが少なく、多くの人にとって“知られざる歴史”であり続けてきた。本作はこの史実を基にした、壮絶な人生を生き抜いた3人の男女の狂おしくも切ないラブストーリーであり、正義を貫き通した人々のヒューマンドラマである。  “20世紀最初のジェノサイド”に正面から向き合ったのは、ルワンダ虐殺の真っ只中で人命を救うために尽力したホテルマンの実話を描き、日本では劇場公開を求める署名運動まで巻き起こった『ホテル・ルワンダ』の名匠テリー・ジョージ。悲劇を前に葛藤する人間を描き続けてきた才人が、再び歴史的な惨劇に光を当てる。  キャストには、主人公の医学生・ミカエルに『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のオスカー・アイザック、運命の女性・アナにはカナダ出身でフランスを拠点に活動する『イヴ・サンローラン』のシャルロット・ルボン、人道派のジャーナリスト・クリスには『ダークナイト』三部作の“バットマン”として知られ、『ザ・ファイター』ではオスカーを受賞したクリスチャン・ベイルを迎えた。さらにフランスからジャン・レノ、アメリカからジェームズ・クロムウェルとベテランの名優が参加し、それぞれに実在したフランス海軍提督とアメリカの外交官を演じている。    今回解禁された予告編では、激動の中で起きるアルメニア人の決死の抵抗と、男女3人のドラマ、そして彼らを救い出そうと奔走する諸外国の動きが壮大なスケールで描かれている。一方のポスタービジュアルは、悲劇に翻弄されながらも、運命に抗う強い意志を感じさせる3人の姿と「生き残る―。正義を貫き、すべてを語り継ぐために。」のキャッチコピーが印象的な仕上がりとなっている。  映画『THE PROMISE/君への誓い』は、2018年2月3日より公開。

  • ミスティークの首絞めシーンを使った広告が物議を醸して、配給元が謝罪(『X-MEN:アポカリプス』場面写真より)

    女性への首絞めシーンを使った『X-MEN』最新作の広告、米フォックスが謝罪

    映画

     人気映画『X-MEN』シリーズを制作・配給する米20世紀フォックスが、新シリーズ第3弾『X-MEN:アポカリプス』(2016年8月日本公開)の宣材用ビジュアルに、ジェニファー・ローレンス演じるミスティークがオスカー・アイザック演じる悪役アポカリプスに首を絞められている場面を使用して物議を醸し、謝罪するに至ったという。@@cutter Entertainment Weeklyによると、20世紀フォックスは声明を発表し、「アポカリプスの悪役ぶりを見せたいという一心で、そのイメージが印刷になった時に心触りなものになることに直ちに気づくことができませんでした」と説明。「無神経だったことに気づき、すぐに素材を取り除きました。我々の行動を謝罪し、女性に対する暴力を二度と許すことのないようにいたします」と謝罪したという。  問題になった場面は本編の第3幕に登場し、予告編でも大々的にフィーチャーされていたが、ポスターやビルボード広告でその場面がポスター化されると、オンライン上で大きな批判が上がったという。海外ドラマ『チャームド ~魔女3姉妹』の女優ローズ・マッゴーワンも批判していた1人で、The Hollywood Reporterとのインタビューで「広告に中身はなく、女性がただ首を絞められているだけ。このイメージが不快だと誰も注意しなかったなんて、ハッキリ言って愚かにもほどがある」と痛烈に批判していた。

  • 『X‐MAN:アポカリプス』最強のポスタービジュアル解禁!

    『X‐MEN』最新作、ウルヴァリン参戦か!? 最新予告編に“あの爪”が…

    映画

     「X‐MEN」シリーズの最新作『X‐MEN:アポカリプス』のポスタービジュアルと最新予告編が公開された。予告編では、サイクロップスとジーン・グレイが“助っ人”と呼んだ男の拳から“あの爪”が出ているシーンも映っており、ウルヴァリンの登場を匂わせる映像に注目が集まっている。@@cutter 本作は、『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』、『X‐MEN:フューチャー&パスト』のストーリーを締めくくる集大成となる作品。ついに、X‐MEN結成の秘話が明かされ、ミュータントの始祖にして最強を誇るアポカリプスが降臨する。  紀元前3600年、歴史上で最古のミュータント、アポカリプスは「神」として君臨していたが、裏切り者の手によって古代エジプトのピラミッドの中に封印されてしまった。時は移り、1983年、その眠りは覚まされた。核兵器開発など、人間の堕落を知ったアポカリプスは、マグニートーを始めとした4人のミュータントを招集し、世界を“浄化”しようとする。X‐MENは、最古最強の「神」アポカリプスを倒すため、全員のパワーを結集し、決戦に挑むのだった。  公開された予告編では、シリーズ最大級の決戦の様子が、迫力ある映像で次々と映し出される。さらに、クイックシルバーが「マグニートーは俺の父さんだ」と衝撃の告白をするシーンや、ウルヴァリンらしき爪が映される。ウルヴァリンの本作への登場は、世界中で噂されているが、その詳細は未だ謎のまま。この予告編を機に、さらに話題となりそうだ。  また、ポスタービジュアルでは、最強の敵に対しX‐MENが集結している緊張感溢れる姿が描かれており、激戦への期待が高まる。  映画『X‐MEN:アポカリプス』は8月11日より3D/2D全国ロードショー。

  • 『X‐MAN:アポカリプス』英プレミアにキャスト集結!

    『X‐MEN』最新作、英プレミアにキャスト集結! J・ローレンスがセクシー過ぎる

    映画

     世界的ヒットを続けてきた『X‐MEN』シリーズの最新作『X‐MAN:アポカリプス』のロンドンプレミアが現地時間の5月9日に行われ、出演のジェームズ・マカヴォイ、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ブライアン・シンガー監督ら豪華キャストが集結した。また待望の日本公開も8月11日に決定した。@@cutter 本作は『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』、『X‐MEN:フューチャー&パスト』からなる3部作の完結編。文明の誕生以前に“神”として世界を支配していたミュータント、アポカリプスが数千年の眠りから目を覚まし、人間の文明が間違った方向に発展したと考え、新たな秩序をもたらすため、マグニートーらを従え世界の破滅を計画する。その恐ろしい目論みを阻止すべく、プロフェッサーXをはじめ、ミスティークやジーン・グレイ、サイクロップス、クイックシルバーら若きX‐MENたちが立ち上がるストーリー。  マリリン・モンローを彷彿とさせるセクシー衣装で登場したジェニファーは本作について「どことなく恐い感じもあるわ。スリリングで、ちょっと恐い。だけど、とても感情的な作品だわ。ワクワクする」とコメント。また新キャスト、オリヴィア・マンとのファイトシーンについては「本当に凄くて、素晴らしいパフォーマンスを見せているわ 」と絶賛した。  また、メガホンをとるブライアン監督は「歴代のX‐MEN作品でも表現されている中心的なテーマ、忍耐について何か感じたり考えたりしてくれたら嬉しい。そして、過去の作品にも立ち返って観てもらえたらいいね」と、これまでのシリーズとの繋がりについて触れている。  あいにくの雨天だったにも関わらず、作品のイメージに合わせ、水色のカーペットが敷かれてた会場には大勢のファンやマスコミが集まり作品の注目の高さを見せつけたセレモニーとなったとなった。  『X-MAN:アポカリプス』は8月11日より全国ロードショー。

  • 映画『X‐MEN:アポカリプス』熾烈な戦いが明らかになった予告編解禁

    X‐MEN最強メンバーが結集! 新作予告解禁 “太古の神”の圧倒的パワーに立ち向かう

    映画

     マーベル・コミック原作映画『X‐MEN』シリーズの、過去5作を締めくくる集大成『X‐MEN:アポカリプス』。X‐MEN結成の秘話が明かされ、ミュータントの始祖にして最強を誇るアポカリプスが降臨する本作の最新予告映像が公開された。人間の想像を超えた太古の神が復活し、現代の恐るべき都市伝説と化す、シリーズ初の世界観が明らかになった。@@cutter 1983年、文明の誕生以前から“神”として君臨していたアポカリプスが数千年の眠りから目を覚ます。人間の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、新たな秩序をもたらそうと、マグニートーら強力なミュータント“黙示録(アポカリプス)の4騎士”を率いる。その流れを危険視したのはミスティーク、プロフェッサーX、サイクロップス、ストームらの若きX‐MENたち。最強の存在、アポカリプスをめぐり、X‐MENのかつてないバトルが始まった。  本作でメガホンをとった、シリーズ産みの親のブライアン・シンガー監督は、アポカリプスについて「とにかく、すべてを破壊し尽くすんだ」と明かす。その言葉を裏付けるように、到着した映像では、アポカリプスの攻撃により終末を予感させる数々の衝撃的なカット、瓦礫の山と化した世界での熾烈なバトルが描かれる。  さらに『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』『~フューチャー&パスト』に続いてプロデューサーを務めるサイモン・キンバーグもまた「アポカリプスはいろんな力を扱えるんだ。シリーズ中最も強力な悪役だ」とその強さを分析する。  史上最強のミュータント・アポカリプスに扮するのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザック。本年度のアカデミー賞にノミネートされた、マグニートーを演じるマイケル・ファスベンダー、そしてミスティークに扮するジェニファー・ローレンスも続投する。さらに、エグゼビアに扮するジェームズ・マカヴォイ、ビースト役のニコラス・ホルトらレギュラー陣も再結集している。  映画『X‐MEN:アポカリプス』は8月、3D/2D上映で全国ロードショー。

  • オスカー女優A・ヴィキャンデルが美しいAIロボットに!

    オスカー女優A・ヴィキャンデルが美しいAIロボットに!『エクス・マキナ』日本公開

    映画

     オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルが出演、先日行われた本年度アカデミー賞にて視覚効果賞を受賞した新作SFスリラー映画『エクス・マキナ』が6月11に日本公開されることが決定、邦題が『エクス・マキナ』となることが発表された。@@cutter 『エクス・マキナ』は、検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”で働くプログラマーが、巨万の富を築く社長が所有する別荘で、美しい女性型ロボットに搭載される世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力する中に巻き起こる不可解な出来事を描く。本作のタイトルとなる“エクス・マキナ”はラテン語で“機械仕掛けの”という意味を表す。  美しい女性型ロボット“エヴァ”役は、『リリーのすべて』で本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞、ルイ・ヴィトンの2015年秋冬キャンペーンのミューズとしても活躍する女優アリシア・ヴィキャンデル。  また、主人公のプログラマー・ケイレブ役を、日本でも大ヒットを記録した『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』でタイムトラベル能力を持つ主人公のティムを演じ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でファースト・オーダーを指揮するハックス将軍を担当したドーナル・グリーソンが務める。一方、“ブルーブック”社長のネイサンには、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』で数々の映画賞にて主演男優賞にノミネート、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではレジスタンスで宇宙一のパイロットのポー・ダメロンなどを演じるオスカー・アイザックがキャスティングされている。  監督を務めるのは『ザ・ビーチ』の原作者で、『28日後…』『わたしを離さないで』で脚本を務めるなど、数多くの話題作を手掛けているアレックス・ガーランド。本作で監督デビューを果たし、本年度アカデミー賞にて脚本賞にノミネートされている。

  • 『X‐MEN:アポカリプス』予告編、ついに解禁

    『X‐MEN』最新作、8月に日本公開決定! 過去5作の“集大成”となる映像解禁

    映画

     世界的ヒットを続けてきた『X‐MEN』シリーズの最新作『X‐MEN:アポカリプス』。過去5作を締めくくる集大成となる同作の、待望の日本公開が8月に決定した。さらにポスター画像と予告編も公開、今まで一切明かされてこなかったタイトルにもある“アポカリプス”のビジュアルとストーリーの一部が明らかになった。@@cutter 1983年、文明の誕生以前から、「神」として君臨していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ます。人間の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、新たな秩序をもたらそうと、マグニートーら強力なミュータント4人“黙示録の4騎士”を率いる。その流れを危険視したのはミスティーク、プロフェッサーX、サイクロップス、ストームらの若きX‐MENたち。最強の存在、アポカリプスをめぐり、X‐MENのかつてないバトルが始まる。黙示録が現実となり、現代文明は終末を迎えしまうのか…。  史上最強のミュータント・アポカリプスに扮するのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザック。マグニートーを演じるマイケル・ファスベンダーや、ミスティークに扮するオスカー女優、ジェニファー・ローレンスも続投する。さらに、映像の最後には、エグゼビアに扮するジェームズ・マカヴォイがプロフェッサーXと同じような見た目で映し出される。そして、メガホンをとるのはもちろんブライアン・シンガー監督だ。  『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』『X‐MEN:フューチャー&パスト』に続いてプロデューサーを務めるサイモン・キンバーグは、「シリーズの中で最大の作品になるよ。これまでにないような大胆な設定で、世界全体が破滅の危機にさらされるという物語なんだ。そして、シリーズ中最高の感動作になると思う」と自信を見せている。  『X-MEN:アポカリプス』は8月、TOHOシネマズ スカラ座ほかで全国ロードショー。

  • 第73回ゴールデン・グローブ賞

    豪華俳優陣が集結!第73回ゴールデン・グローブ賞<フォト集>

    映画

    現地時間1月10日、アメリカ・ロサンゼルスにて「第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式」が開催。続々と集まった豪華女優・俳優陣の様子をお届けします!

  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最新映像、第2弾公開!

    『スター・ウォーズ』最新映像公開! ハン・ソロ&チューバッカ、新キャラも登場

    映画

     全世界待望のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の特報映像第2弾が、アメリカ西海岸で開催の公式ファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」にてサプライズ公開。新キャラクターをはじめ、ルーク・スカイウォーカーと思われる人物の語り、そしてハリソン・フォード演じるハン・ソロとチューバッカも登場し、ファンを熱狂の渦に巻き込んだ。@@cutter 「スター・ウォーズ・セレブレーション」では、J.J.エイブラムス監督が登壇し、本作を語るパネル・ディスカッションを実施。その終盤、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザックら新キャストと、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャー、C‐3PO役のアンソニー・ダニエルズ、チューバッカ役のピーター・メイヒューが登場し、さらに特報第2弾を突如公開。  “ジャクー”という場所に墜落しているスター・デストロイヤーの姿が映し出され、「フォースは私の一族と共に」というナレーションに合わせて現れたのは、ダース・ベイダーの朽ち果てたマスク。そして、「父がそうであり、そして、お前にも」と、“フォースの覚醒”を思われる言葉の後には、新ヒロインのレイ、追ってから逃げるフィン、X‐ウイングファイターを操縦するポー・ダメロンと、新キャラクターが続々と登場する。  また、“赤い十字のライトセイバー”を持った後ろ姿が話題を呼んだカイロ・レンや、新デザインのストームトルーパー、ミレニアム・ファルコン号を追う謎のパイロットも映し出され、最後には「チューバッカ、帰ってきたぞ」という言葉と共にハン・ソロとチューバッカの姿が。この特報映像は、16日10時(L.A.時間)にインターネット上で公開され、世界中で大きな話題を呼んでいる。

  • ヴィゴ・モーテンセン最新主演作『ギリシャに消えた嘘』公開決定

    ヴィゴ・モーテンセン主演サスペンス『ギリシャに消えた嘘』予告編公開!

    映画

     『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで知られるヴィゴ・モーテンセン最新主演作『ギリシャに消えた嘘』(4月11日公開)の予告編が公開され、クラシカルで上質なサスペンスの全容が明らかとなった。@@cutter 本作は、『太陽がいっぱい』(60)『リプリー』(00)の原作者として名高い作家パトリシア・ハイスミスの傑作『殺意の迷宮』を、本作が監督デビュー作となる『ドライヴ』(11)の脚本家ホセイン・アミニが映画化したクラシックサスペンス。  映像では、ダンディな紳士(ヴィゴ)と、その魅惑的な妻(キルスティン・ダンスト)、そして図らずとも彼らの犯罪に加担してしまった青年(オスカー・アイザック)が、それぞれの秘密を抱えながら犯罪に手を染め深みにはまってゆく様子が時に叙情的に時に激しく描かれ、映画への期待を誘う。  1962年、アテネでツアーガイドをしている米国人青年ライダルは、パルテノン宮殿で旅行中のアメリカ人紳士チェスターとその妻コレットと出会う。リッチで洗練された夫妻にたちまち魅了されたライダルは、彼らのガイドを自ら引き受け、楽しい夕食のひとときを共にする。ところがその夜、チェスターはホテルの部屋に現れた探偵を誤って殺害、ライダルがその後始末を手助けしてしまう。実はチェスターの正体は、大勢の投資家を欺き大金を奪う詐欺師だったのだ…。

  • マスクを被ったまま熱唱する『FRANK -フランク-』のマイケル・ファスベンダー

    歌声もイケてる!映画で美声を披露したハリウッドスター

    映画

     第85回アカデミー賞で3部門を受賞した大ヒット映画『レ・ミゼラブル』でヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイなど、豪華キャストが圧巻の歌唱力を披露したが、演技力はもちろんのこと歌唱力までも高いスターたちが数多く存在する。2014年に公開された新作から懐かし名作まで、作品と共に振り返る。@@cutter 2014年に公開された映画『FRANK ‐フランク‐』で天才バンドフロントマンを演じ、深みある声で魅了したマイケル・ファスベンダー。映画終盤まで“マスク”をかぶっているが、顔を隠してもイイ男はイイ男。セクシーな歌声にホレボレしてしまう。  『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(14)でボブ・ディランが敬愛したとされる男を演じたオスカー・アイザック。そのギターの腕と歌声に、フォーク好きで知られる監督のコーエン兄弟が脱帽したほどだ。  そして忘れてはならないのが、映画『ムーラン・ルージュ』(01)のユアン・マクレガー&ニコール・キッドマン。エルトン・ジョン、マドンナなどの名曲の数々をミュージカルで披露。また、カントリーミュージックの伝説、ジョニー・キャッシュの半生を描いた『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(08)では、ホアキン・フェニックス&リース・ウィザースプーンがペアで驚きの歌唱力を見せつけている。  そのほか、『天使にラブソングを…』(92)でソウルフルな歌声でブレイクしたウーピー・ゴールドバーグ、『シカゴ』(03)で舞台女優を演じたキャサリン・ゼタ=ジョーンズとレニー・ゼルウィガー。映画『Country Strong(原題)』(未)でフォークシンガーを演じ、海外ドラマ『glee/グリー』にゲスト出演しプロ顔負けの歌唱力を披露したグウィネス・パルトロウなどがいる。 俳優たちの歌声を堪能できる映画で、年末年始を過ごしてみてはいかがだろうか。

  • 歌唱力にメロメロ、歌えるハリウッドスターたち

    <フォト特集>歌唱力にメロメロ、歌えるハリウッドスターたち

    映画

    そのスター性もさることながら、歌唱力まで兼ね備えた俳優&女優が数多く存在します。そんなハリウッドスターたちを、作品と共に振り返ります!

  • ウィノナ・ライダーが社会派ドラマに出演決定!

    ウィノナ・ライダー、ジョン・バーンサルらとHBOの社会派ドラマに出演

    海外ドラマ

     映画『バトルフロント』の女優ウィノナ・ライダー、人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のシェーン役で知られる俳優ジョン・バーンサル、映画『スパイダーマン2』の俳優アルフレッド・モリナが、人種問題に揺れるニューヨーク州ヨンカーズを舞台にした社会派ドラマ『Show Me a Hero(原題)』に出演することが明らかになった。DeadlineやThe Hollywood Reporterなどが伝えた。@@cutter 本ドラマは、米HBO局が7月に製作へのゴーサインを出した6時間のミニシリーズとなる。J・J・エイブラムス監督の『スター・ウォーズ』最新作に出演するオスカー・アイザックが主演。ほか、『かいじゅうたちのいるところ』のキャサリン・キーナーや、映画『ゴーストライター』のジェームズ・ベルーシなどの出演が決まっている。   リサ・ベルキン原作の同名タイトルのノンフィクションをベースに、海外ドラマ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』のデヴィッド・サイモンとウィリアム・F・ゾルツィが脚本を共同執筆し、映画『フェイク』のゲイル・マトラックスや映画『007/慰めの報酬』のポール・ハギスらと共に製作総指揮を務める。ハギスは監督も兼任する予定とのこと。  本ミニシリーズは、1980年代のニューヨーク州ヨンカーズを舞台に、連邦裁判所の命令により白人の居住地区に低所得者層の公共住宅を建築することになった街の混乱と、その渦中に立った市長(アイザック)を中心に描くとのこと。ウィノナとアルフレッドは市議会議員、ジョンは全米黒人地位向上協会(NAACP)側の弁護士を演じる。放送時期は不明。

  • 俳優業も順調なジャスティン・ティンバーレイク

    ジャスティン・ティンバーレイクがコーエン兄弟の新作に主役級の役で出演か

    映画

      近年は俳優としてのキャリアも順調の歌手ジャスティン・ティンバーレイクが、コーエン兄弟の次回作「Inside Llewyn Davis(原題)」の主要キャストのオファーをされていることがわかった。 @@cutter   同作は20世紀アメリカで一時代を築いたフォーク歌手デイヴ・ヴァン・ロンクの回顧録「The Mayor of MacDougal Street(原題)」の一部をもとにした映画で、コーエン兄弟が脚本も執筆。1960年代ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジを舞台に、ボブ・ディランやジョニ・ミッチェルとも交流のあったヴァン・ロンクの人生を描き出す。   ヴァン・ロンク役にはすでにオスカー・アイザックが決まっており、ジャスティンはジムという名の別のフォークミュージシャン役のオファーが来ているという。ジムの妻ジーン役には若手演技派キャリー・マリガンが決まっている。現時点でこれ以上のキャラクターの詳細は明らかになっていないが、オスカーの常連でもあるコーエン兄弟の新作ということで、俄然注目が集まりそうだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access