ダイアモンド☆ユカイ 関連記事

  • ※「布袋寅泰」インスタグラム

    内田裕也さん死去 布袋寅泰「僕も死ぬまでロックンロールします」

    エンタメ

     ミュージシャンのの内田裕也さんが17日、死去した。79歳だった。その知らせを受け、布袋寅泰、中村獅童、ダイアモンド☆ユカイが追悼のコメントを寄せている。@@cutter 内田さんと同じくロックミュージシャンである布袋は「R.I.P. Mr Rock’n roll. 内田裕也さんの訃報を聞き心よりお悔やみ申し上げます」と、自身のインスタグラムにてコメントを投稿。「こうして僕もR&Rのスピリットを僕なりに継承させて頂いてます、と伝えたく、昨年のツアー東京公演にご無理を言って来場していただきました。御体調優れず途中退場なさったものの『とても楽しかった』とスタッフの方から伝言頂き、本当に嬉しかったです」と内田さんとの思い出を回想。  「きっと天国でロックンロールの先駆者たちから盛大な歓迎会を受けていることでしょう。素敵なパートナーと手を繋ぎ踊ってください。ロックンロールとは『頑張ろうぜ!』の合言葉。僕も死ぬまでロックンロールします。ありがとうございました」と追悼の言葉をつづった。  続いて中村獅童は、インスタグラムに内田さんが毎年主催していたロックイベント「NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」で撮影した際のツーショットを披露。「可愛がっていただいた事一生忘れません、心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを残した。  一方、こちらもロックミュージシャンのダイアモンド☆ユカイは自身のオフィシャルブログにて「ロケンロール」というタイトルで記事を更新。「裕也様 とてもとても悲しい。ロック界の一つの時代が終わる…。本当に悲しい。俺があっちに行ったらまた酒を奢って下さい。本当に本当に本当にありがとうございました。ご冥福をお祈り致します」と記している。 引用:https://www.instagram.com/hotei_official/    https://www.instagram.com/shido_nakamura/    https://ameblo.jp/diamondyukai/

  • 森下悠里、『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』DVDリリース記念トークショーイベントに登場

    “妊婦”森下悠里、「いつ生まれてもおかしくない」 大きなお腹でイベントに登場

    海外ドラマ

     タレントの森下悠里とミュージシャンのダイアモンド☆ユカイが20日、都内で行われた海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』DVDリリース記念トークショーイベントに出席。現在妊娠中の森下は、大きなお腹をさすりながら「いつ生まれてもおかしくない。産気づいたらすいません!」とおちゃめに笑った。@@cutter 本作は、とある家族に焦点を当て、人生の岐路で迷いながらも未来へ前進するアラフォー男女4人が織りなすユーモアと優しさが溢れる心温まるヒューマンドラマ。『カーズ』『塔の上のラプンツェル』の監督、ダン・フォーゲルマンが製作総指揮を務め、日本語吹き替え版には俳優の高橋一生が参加している。  3月上旬に第1子出産予定の森下は、大きなお腹を支えながらゆっくり歩いて登場。3月8日が予定日であと2週間ほどでママとなる。まもなく出産というタイミングでイベントに登場した森下は「太り過ぎてしまって、先生にこれ以上太らないようにと言われた。すでに赤ちゃんは3キロを超えている」と話す。  緊急事態に備え、いつも母子手帳は持ち歩いてるが「まさか自分が妊娠するとは思っていなくて、気が付いたら妊娠していた」と感慨深げ。足元は妊婦らしくフラットシューズだったが、胸元はグラビア現役時代を彷彿させる露出の高い衣装で、ユカイも「こんなにかわいいママがいるなんて。なんでそんなにセクシーなの?」と驚いていた。  性別は「女の子」とのことで、周囲から女児用のピンク色の贈り物をもらっているようだが「これで男の子だったら面白い。産んでみて男の子だったってことはあるらしいので」と苦笑。妊婦だと「周りの方が優しくてありがたい。(旦那も)割と協力してくれる」と感謝した。  タイトルにある“36歳”という年齢について「第一期の結婚帝国の時代。一回目の結婚でバンドも再結成して、第2の青春時代みたいな。色んなことがあって大変だった」と振り返ったユカイ。人生の転機については「男の不妊治療で子供を授かったこと。これを機にいまは健康オタクロッカーですよ」と自虐しながら語った。  また2月20日が「夫婦円満の日」とあって、円満の秘訣を聞かれた2人。森下は「一緒にドラマや映画鑑賞をする。時間を共有できるので」と話し、ユカイは「サムシング&ステーキング。(夫婦には)色々ありますよね、波風あるし。そういうときはステーキを食べに行く」と明かした。  『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』は、2月21日よりDVDレンタル開始。同日、DVDコレクターズBOX発売(税抜1万4400円)。

  • ダイヤモンド☆ユカイ、ミュージカル『ミス・サイゴン』エンジニア役に決定

    ダイアモンド☆ユカイ『ミス・サイゴン』エンジニア役に! アメリカン・ドリーム叶う

    エンタメ

     ミュージシャン・俳優として活躍するダイアモンド☆ユカイが、ミュージカル『ミス・サイゴン』にエンジニア役として、市村正親、駒田一と共にトリプルキャストで出演決定。自身のブログにて、本作にかける思いを綴っている。@@cutter 『ミス・サイゴン』の舞台はベトナム戦争末期。両親を失った少女キムは陥落直前のサイゴンで、フランス系ベトナム人のエンジニアが経営するキャバレーでアメリカ兵クリスと出会い、恋に落ちる。お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、二人は無情にも引き裂れてしまい…。『レ・ミゼラブル』クリエイター陣が、“母子の愛と絆”“理想と悪夢”“戦争と平和”など現代に通じるテーマを壮大なスケールで描く。  1992年、帝国劇場での日本初公演以来、大好評を博す『ミス・サイゴン』。今回の再演でのキャスト第一弾として発表されたのが、物語の鍵を握る狂言回し的な存在も兼ねるエンジニアを演じるユカイ、市村、駒田の3人。  ユカイは自身のブログで「ミュージカル『ミス・サイゴン』を初めて観た時に劇の完成度、ストーリー、音楽の素晴らしさに魅せられて、挿入歌のアメリカン・ドリームには、少年の頃にビートルズのジョンの歌うツイスト&シャウトと出会った時のように釘付けになりました」と、同作との出会いを告白。  さらに、「ビートルズを知り、ロックスターになる事を夢見た日ように、帝国劇場の舞台に立ち、アメリカン・ドリームを歌うという夢を諦めきれず、密かにトレーニングを積み重ね、オーディションを受けて、今回、エンジニアの役をやらせて頂く事になりました」と出演に至った経緯を明かし、「私はミュージカルの世界では、新人です。市村正親さんを始め、サイゴンファミリー、スタッフの皆様にご指導頂き、精進して行く所存です」と意気込みを語った。  ミュージカル『ミス・サイゴン』は帝国劇場にて2016年10月開幕。

  • 山本裕典、ナンバー1が取れなかった芸能界を引退?

    山本裕典、ナンバー1を取れなかったら芸能界を引退!?

    エンタメ

     山本裕典と松下優也、上鶴徹、久保田秀敏、平田裕一郎ら出演者が24日、舞台『私のホストちゃん』の取材に応じ、ナンバー1争いについて熱く語った。@@cutter 本作は、人気モバイルゲームを舞台化した作品で、歌舞伎町のホストクラブを舞台にきらびやかで厳しい世界を面白おかしくドキュメンタリータッチで描く。注目すべきは、実際のホストクラブの指名制度を取り入れたポイントシステム。出演ホストの人気ランキングによってエンディングが日替わりで異なり、出演者と観客が一緒になってナンバー1を目指すことができるのだ。  会見に応じた5人は25日の初日のトップ5にランキングされているキャスト。ランキングは公演日第一幕の休憩時間終了時まで変動するため、今後も変動する可能性はあるが、現在のところ1位山本、2位松下、3位上鶴、4位久保田、5位平田となっている。    松下が「自分が何位になっているかで(エンディングの演出が)変わるから、1位かどうかよりも順位は気になる」と話し、上鶴、久保田らが同意する中、山本だけは「俺は(1位かどうかを)めっちゃ気にしてますよ。中間発表で、初日が上鶴くんが1位って結果が出た時があって、(その日の稽古で)こいつが真ん中でやっててイラッとしましたもん。絶対負けねえのにって」と笑顔で宣戦布告。  それを受けた上鶴から「『お前に負けたら芸能界を引退する』って言ってましたもんね」と暴露されると、慌てて「あれは現場のジョークで」と否定するも、ライバル心を燃やしているのは変わらないようだ。さらに山本は、「焦りすぎて、今回友達100人は呼びましたよ! 」と本気モードでナンバー1獲得を狙っていることを明かした。  出演陣が熱いバトルを繰り広げる一方で、舞台は「歌もダンスもあって、お客さんとの絡みもあります」と山本が話す通り、エンタテインメント性に富んだライブ感の高い作品となっている。  この日は、貴水博之、ダイヤモンド☆ユカイ、香寿たつきも出席。ダイヤモンド☆ユカイは、慣れない大阪弁を駆使し「イケメンの人たちもいるし、宝塚もいるし、締めていこうかな思っとるんで、1回といわず2回、3回! なかなか演出も凝ってるで! わしは大阪弁をもっと勉強するぜ! 」と作品をPRした。  クラブバニラに、新人ホスト・霧都(山本)がやってきた。霧都がホストのイロハを学んでいく中、歌舞伎町を揺るがす大事件が起こる。大阪・ミナミの人気クラブ「ビビッド」が歌舞伎町に移転してくるというのだ。ビビッドのナンバー1に君臨しているのは、以前バニラを追い出されたホスト・影規(松下)だった。こうして、東京VS大阪のバトルが幕を開く。  舞台『私のホストちゃん』は10月25日〜11月4日、青山劇場にて公演(全13公演)。

  • ホスト山本裕典として、観客からの指名数に早くもプレッシャー

    ホスト・山本裕典、指名数に脅える日々!? 観客参加型の舞台にラストが毎回変更

    エンタメ

     人気モバイルゲームとしてスタートした『私のホストちゃん』。2011年の10月には深夜ドラマ化された同作が、今度は舞台に! 6日、舞台版の製作発表が六本木のナイトクラブで開かれ、主演の山本裕典らが登壇。製作発表後の囲み取材には、総合プロデュースを務める鈴木おさむほか、山本、共演の松下優也、貴水博之、ダイアモンド☆ユカイが出席した。@@cutter 歌舞伎町の他店No.1を次々と引き抜いたクラブバニラを舞台に、ホストクラブの世界を緻密にリサーチしたリアリティある業界設定のなか、生き残りをかけた凄まじいバトルが展開する本作。ドラマ設定を元にしつつ、舞台ならではの臨場感を加えたオリジナルストーリーで、大阪・ミナミからやってきた人気クラブビビッドとの対決も描かれる。また実際のホストクラブに倣い、お客様からの指名ランキング制度を導入し、その日のNo.1ホストが決定するRPG感覚の観客参加型という新感覚舞台になっており、毎回エンディングが変わる。  ドラマ版の演出を手掛け、舞台版では総合プロデュースを担当する鈴木は「僕自身も楽しみにしています。イケメンがたくさん出る舞台は多くありますが、こちらは指名システムという新しい試みもあり、スタッフも商魂たくましい人々なので楽しみにしてほしいです(笑)」と挨拶。また「今はセンターに山本くんがいますが、日によってはセンターが山本くんじゃないかもしれないというのが本作のおもしろいところ。それも含めて引き受けてくれた彼にも感謝です」と話すと、山本は「これまで主演舞台も多くやらせていただきましたが、いつもは周りの方が盛り立ててくれました」と口を開き、「毎日、No.1になれるように頑張ります。実はまだ稽古も始まっていないのに、5番くらいになる変な夢を毎晩見るんです」とすでにプレッシャーがかかっていることを告白した。  ホストの衣装を身に着け、ずらり集結したキャストたちを前に、大阪から東京へ乗り込んでくるビビッドのオーナーに扮するダイアモンド☆ユカイは、「ホストのファッションはロックが作ったようなもの。つまりは俺が作ったようなものだね」と堂々とした態度を見せていたが、一転、役作りに関しては「大阪から来たって役なんだけど、俺、関西弁とか喋れなくて、喋ろうとすると外国人の片言の日本語みたいになっちゃうんだけど、大丈夫かな」と演出の村上に真面目な顔で相談していた。  最後に鈴木が「ネームバリューだけで勝ち抜けるわけではないのが、ホストの、この舞台のおもしろいところ。結構波乱が起きるんじゃないかと思っています。1幕の休憩まで投票できるので、システムを確認してお気に入りに貢いじゃってください」と宣伝すると、山本は「休憩中に自分で自分に投票しちゃうかも」とドキドキを隠せない様子だった。  なお、製作発表には他に吉村卓也、上鶴徹、久保田秀敏、松本寛也、五十嵐麻朝、平田裕一郎、塩川渉、鶏冠井孝介、長濱慎、向井毅、廣瀬智紀、町田宏器、オキャディー(甘王)と、脚本・演出の村上大樹が出席した。  舞台『私のホストちゃん』は2013年10月25日(金)~11月4日(月・祝)まで青山劇場にて上演。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access