山路和弘 関連記事

  • 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』日本語吹き替えキャスト

    『ワイルド・スピード』最新作に、山寺宏一&沢城みゆき初参戦

    映画

     全世界累計興行収入5000億円を超える人気アクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の日本語吹き替え版キャストとして、声優の山寺宏一と沢城みゆきがシリーズ初参戦することが決まった。山寺は世界の破滅をもくろむ超人的戦士ブリクストン、沢城はMI6の女性エージェント・ハッティの声をそれぞれ演じる。@@cutter 元FBI特別捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)というシリーズおなじみの2人を主役に新たな戦いを描く本作。2人の前に立ちはだかる史上最強の敵、ブリクストン役にイドリス・エルバを迎え、物語の鍵を握るショウの妹・ハッティ役でヴァネッサ・カービーが参戦する。  ホブスとショウの元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる肉体改造を施された超人的戦士ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組むことに…。  過去シリーズから引き続き、ホブス役を小山力也、ショウ役を山路和弘が務めるなど、おなじみの声優陣が再集結を果たす一方、山寺と沢城は初参戦。  山寺は「絶大なる人気を誇るシリーズに参加する事が出来て本当に嬉しいです! ブリクストンは人間離れした強さを持つ男で、体もデカく存在感がハンパない。しかも戦うのが小山さん山路さんのコンビなので、声の演技で負けてしまわないよう気合いを入れて頑張りました! これだけ自分とかけ離れた役を演じられるのは、声優としての醍醐味です」と話す。  沢城は「声優としての人生の中で、力也さん&山路さんと肩を並べて共闘し、山寺さんと戦うことができる日が来るだなんて、半ば夢かなぁと、受け止め切れず思わず苦笑したのが、台本を開いて最初のリアクションでした。敬愛する(!)御三方と、実際にマイク前、横一列で収録した時の高揚は、残念ながらどうにも文字ではお伝えしきれません」と収録を振り返っている。  映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は8月2日より全国公開。

  • 『GODZILLA 怪獣惑星』ティザービジュアル第三弾(ゴジラビジュアル)

    小野大輔、中井和哉ら参戦決定!アニメ『GODZILLA』追加キャスト発表

    アニメ・コミック

     公開を控えるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』に、小野大輔、三宅健太、堀内賢雄、中井和哉、山路和弘が出演していることが明らかになり、コメントが到着した。また、8月18日より 全国共通特別前売券が発売開始となり、劇場限定特典が特製メタリック クリアファイルになることも発表された。@@cutter 本作は、2万年ものあいだ地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”と、それに対峙する人類の因縁を描いた物語。巨大生物“怪獣”の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在“ゴジラ”と半世紀にわたり戦争を繰り広げた人類は、地球脱出を計画。しかし、移民船に乗る一人の青年・ハルオは4歳のときに両親をゴジラに殺されて以来、倒すことだけを考え続けていた…。  主人公・ハルオ(宮野真守)の上官で、本編で描かれる「地球降下作戦」の総司令を務めるリーランド役を務める小野は「リーランドは人間らしい熱量を胸に隠し持った野心家です。そのギラギラ感、熱さに共感を持ちました」とコメント。異星人「ビルサルド」のベテラン軍人でハルオたちの軍事教官を務めるベルベ役の三宅は「驚きもありましたが、嬉しさの方が大きかったです。異星人役なので、地球人との感情の流れの違いを出せると良いなと考えています」と心境を語った。  一方、ハルオが乗る移民船アラトラム号の船長モーリ役の堀内は「超大作劇場アニメということで身が引き締まる思いでした。船長という役なので、リーダーとしての責任感や決断をどう表現するか今から楽しみです」と期待を込める。そして移民船に同乗する異星人「エクシフ」の族長を務めるエンダルフ役の山路は「いろいろと解からない単語だらけの中、お受けした役どころですが、怪しげなエンダルフは魅力たっぷりです」とコメント。さらに、同じく乗船する「ビルサルド」族長のドルド役の中井は「オーディションの段階で様々な設定資料を読ませてもらって、スゴい作品になりそうな予感がプンプンと漂っていました。是非参加したいと思っていたので嬉しいです」と出演の喜びを語っている。  アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』は、11月17日より全国ロードショー。

  • 平田広明、『ワンピース』TVアニメ化前のセリフ披露「いずれアニメでも言いたい」

    平田広明、『ワンピース』TVアニメ化前のセリフ披露「いずれアニメでも言いたい」

    アニメ・コミック

     『ONE PIECE FILM GOLD』初日舞台挨拶が23日、都内にて行われ田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明らレギュラーキャストと劇場版ゲストの満島ひかり、濱田岳、菜々緒らが登壇。人気キャラクター・サンジを演じる平田が「野郎共へ 女に会って来る 必ず戻る」と、まだTVアニメ化されていないサンジのセリフを披露。緊張して心臓がバクバクしたという平田だが「いずれアニメでも言いたいと思います」と言い、ファンから大歓声を受けた。@@cutter 本作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)での連載開始から19年を迎える『ONE PIECE』の劇場版最新作。前作から3年半ぶりの映画であり、総合プロデューサーは前作に続き原作者・尾田栄一郎が務める。  劇場版ゲストの満島は、16年前にFolder5としてTVアニメと映画『ONE PIECE』の主題歌を歌っていたことを振り返り、「また先輩たちの背中を見ることができて、とても嬉しく思ってます」とコメント。また「個人的には、ブルックの『寂しい~っ!』と言うセリフが好きです」と、本作のお気に入りのセリフを告白。満島の告白を受けてブルック役のチョーは、「寂しい~っ!」と生披露し会場を盛り上げた。    また、まもなく開幕するリオオリンピックとタイトルにかけて本作が狙うメダルの色を聞かれた田中。迷わず「ゴールドでしょー!」と力いっぱい叫び、「金メダルを頂きます!」と胸を張った。    最後は、田中の発案で会場に集まったファンから「お前たちは俺の仲間だ」と言ってもらい、キャスト陣がそれに「オー!」と応えるというコール&レスポンスが行われた。キャストとファン、会場が一体となり舞台挨拶は幕を閉じた。    このほか、本舞台挨拶には大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、チョー、山路和弘、ケンドーコバヤシ、北大路欣也が登壇した。    『ONE PIECE FILM GOLD』は絶賛上映中。

  • 満島ひかりが歌声披露!映画『ONE PIECE FILM GOLD』新映像が解禁 

    満島ひかり、歌声披露! 映画『ONE PIECE FILM GOLD』新映像が解禁

    映画

     7月23日公開の映画『ONE PIECE FILM GOLD』30秒TVスポットが披露され、歌姫カリーナ役のゲスト声優・満島ひかりと、ギルド・テゾーロ役の山路和弘の歌が吹きこまれた新映像が解禁となった。満島と山路の2人は、シンガーソングライター小島麻由美による劇中曲「GOLD & JIVE~SILVER OCEAN」を見事に歌い上げている。@@cutter 何度も歌を録り直しをしたという満島は「歌うのがとても楽しかった」と収録を述懐。収録時には、本作で総合プロデューサーを務めている『ONE PIECE』原作者・尾田栄一郎からは「キーは下げないで作曲時のキーのままで」という指示もあったが、作詞も手掛けた小島から「透明感のある歌声がとても素敵」と最終的に仕上がった満島の歌唱力を絶賛した。  このTVスポットでは、2人の歌に合わせ、一面ゴールドに埋め尽くされた政府公認の独立国家グラン・テゾーロで楽しそうにはしゃぐルフィ率いる麦わらの一味や、ショーで歌うテゾーロの姿、「騙された方が負けなのよ」という意味深なセリフとともにカリーナが映し出される。  3年半ぶりの劇場版シリーズ最新作となる究極のエンターテインメント大作『ONE PIECE FILM GOLD』。グラン・テゾーロを物語の舞台とし、主人公・ルフィたちの活躍ぶりが描かれる。満島のほかにも濱田岳や菜々緒、ケンドーコバヤシ、北大路欣也といった豪華なゲスト声優陣がキャスティングされていることも話題を呼んでいる。

  • 満島ひかり、『ワンピース』キャラのような“爆乳”熱望「一度体験したい!」

    満島ひかり、『ワンピース』キャラのような“爆乳”熱望「一度体験したい!」

    アニメ・コミック

     女優の満島ひかりが6日、映画『ONE PIECE FILM GOLD』完成披露会見・舞台挨拶に登場。浴衣姿で笑顔いっぱいの満島は、七夕にちなんだ願い事として、共演した菜々緒と共にそれぞれが演じたキャラクターの“肉体美”を熱望した。@@cutter 本作は人気マンガ『ONE PIECE』の映画最新作。世界最大のエンターテイメントシティ「グラン・テゾーロ」へ乗り込んだ麦わら一味が、「史上最高額の天上金」の存在をめぐって戦いを繰り広げる。イベントには満島や菜々緒の他、濱田岳、北大路欣也、田中真弓 、中井和哉 、岡村明美、山口勝平、平田広明 、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹 、チョー 、山路和弘、宮元宏影監督(監督は舞台挨拶のみ)が出席した。  歌姫カリーナ役の満島は、アニメのアフレコ初挑戦。フォルダー5の一員として2代目オープニングテーマを歌って以来、「16年前ぶりに同じ作品に戻ってこられて嬉しい」と感激の様子。また今回のゲスト出演にあたってレギュラー声優陣の仕事を見学したとのことで「(16年前と変わらず)同じ役をずっと続けていることに感動した」という。ゆえに「皆さんの素晴らしさに“ちょっとマズイぞ!”と本当に泣きそうになって、お家に帰りたくなった」と弱気な発言を口にする。  同じくアニメ声優初体験の菜々緒は、触れた者の運気を吸い取る“ラキラキの実”の能力者・バカラを演じる。自身の役どころに関して「罠をしかけるシーンで、監督に『もっと色っぽく!もっと色っぽく!もっとセクシーに!』と言われて“セクシーさが足りないのかな?”と思った」と反省の弁。  続けて七夕にちなんだ願い事を発表する段になると、満島は「カリーナのおっぱいを!」と発表。「本当にすっごい大っきいんですよ!一度体験してみたい。最初キャラクターをもらったときに“こんなにおっぱい大きくなったことない”と思って、どういう感じで喋るんだろ?どんな感じで人と距離感があるんだろう?とか考えた」と発言。  菜々緒も「バカラのような体になれますように」と書いた短冊を披露した。「一生に一度でいいからなってみたい。ボン!キュッ!ボン!ですね。私はボン!は諦めているので、キュッ!ボン!だけでも近づけるようにトレーニングなどを頑張りたい」と語った。するとルフィ役の田中が「菜々緒さんの体になりたい!」と本音を暴露して会場を沸かせた。  映画『ONE PIECE FILM GOLD』は、7月23日全国ロードショー。

  • 『ワンパンマン』 10月よりテレビ東京ほかにて放送決定

    『ワンパンマン』10月よりテレ東ほかアニメ放送開始! 主要メンバーのコメント到着

    アニメ・コミック

     3月にTVアニメ化を発表した『ワンパンマン』が、10月よりテレビ東京ほかにて放送が決定した。また、原作コミックス第9巻(8月4日発売)同梱のドラマCD収録を終えたキャスト陣からのコメントも届いた。@@cutter 本作の主人公は、趣味でヒーローを始め、3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた男・サイタマ。だが、あまりにも強くなりすぎてしまったゆえに、どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」と、情熱と毛髪を失った平熱系ヒーローの前に、今日も新たな敵が現れる…。  サイタマ役には古川慎、ジェノス役には石川界人、音速のソニック役には梶裕貴、戦慄のタツマキ役には悠木碧、無免ライダー役には中村悠一、シルバーファング役には山路和弘、キング役には安元洋貴、ゾンビマン役には櫻井孝宏、タンクトップマスター役には小西克幸…と、人気声優が勢揃い。コミックス第9巻同梱のドラマCDでは、まさかのスピンオフ「桃太郎」を演じている。  ドラマCDのアフレコを終えた古川は、「収録ではサイタマ、ジェノスの他、力強い先輩方とご一緒できるとのことで前日から緊張しっぱなしでした!」と胸中を明かし、「今回はキャラクター紹介を兼ねたお話になっているので、各キャラクターを良く知らない人でも楽しめるオーディオドラマとなっております!」とアピール。  また、櫻井は「初ゾンビマンはセルフパロディでした。なんと!あの桃太郎をワンパンマンテイストでお送りします。なんというか…ワンパンかましたようなドラマでとても楽しかったです!」とコメント。中村も「まだアニメ本編の収録に参加していませんが、現場の空気を少し感じることができ、楽しかったです」と、これからのアニメ収録への期待を寄せた。

  • 『ハミングバード』『バトルフロント』公開記念ニコ生特番に登場した山路和弘

    ジェイソン・ステイサム ニコ生特番放送!声優・山路和弘「アクションが常人と違う」

    映画

     ジェイソン・ステイサム主演映画『ハミングバード』『バトルフロント』公開記念ニコ生特番が6日に放送され、ステイサムの吹替え声優を務める山路和弘と、プロレスラーのザ・グレート・サスケの2人が、コトブキツカサの司会進行でトークを繰り広げた。@@cutter 自身が吹替えを務めた作品が20本以上あると知った山路は「そんなにやってたのか」と驚きの表情。きっかけについては、「知り合いのプロデューサーが舞台を見に来てくれて、その時に誘ってくれたんです。声がたまたま似ていたからね」と、謙遜。ちなみに、一番好きな作品は『アドレナリン』だそうで、「セリフが多くて、現場がものすごいキツかった。酸素ボンベが必要なくらいでした」と、振り返った。  また、ステイサムの魅力について「彼のアクションは普通の人とは違うんです。この人の肉体には何かあるんだろうと、いつも気にしながら見ています」と、興奮気味。サスケは「筋肉がナチュラルでキレがある。『エクスペンダブルズ』を見ているとよくわけるけど、スタローンはしなやかな動きができないけど、ステイサムはしなやか。スカウトしたいくらいです」と、プロレスラーの視点で評価した。  主演映画が2作連続で公開されるステイサムだが、ゲストの2人はすでに両作を鑑賞したそう。『ハミングバード』についてサスケは「オープニングのロン毛のホームレス姿が衝撃的でした。イギリスの作品なので、ステイサムらしさが出ていましたね」とコメント。  山路は「空気が好きでしたね。なんか洒落てるんですよ」と、感想を語った。また、『バトルフロント』について山路は、「スタローンが脚本だからわかりやすい映画かと思ったけど、意外性があった」、サスケは「スタローンの、彼への気持ちがわかる作品でしたね」とそれぞれ語った。  また、コトブキは「彼の主演作のDVDのパッケージは、だいたい頭が見切れていますね」と、薄毛ネタでスタジオを沸かせる。山路とサスケは笑いながらも「あれはセクシーだよ」「女性ファンもついていますしね」と、それぞれフォロー。『ハミングバード』のカットを使った山路による「生アテ」なども行われ、大いに盛り上がった。  『ハミングバード』は6月7日、『バトルフロント』は8月9日より公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access