高橋一生 関連記事

  • ドラマ『凪のお暇』記者会見に出席した黒木華

    『凪のお暇』初回 高橋一生のモラハラ元カレ役に「見事なクズ」の声

    エンタメ

     黒木華が主演を務めるドラマ『凪のお暇』(TBS系/金曜22時)の初回が19日に放送され、高橋一生演じるヒロインの元カレ役に対してSNS上に「怖い!!」「立派なモラハラ」「見事なクズ」などの声が殺到した。@@cutter 本作は、コナリミサトによる同名の人気漫画が原作。仕事も恋もすべて捨てたヒロイン・大島凪(黒木)が、人生のリセットを試みる姿を描いていく。凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生が扮し、凪の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。  家電メーカーで働く28歳の凪は、常に場の空気を読み、周囲に同調することで平和を保っていた。しかし、いつも人の顔色をうかがう凪の様子に同僚からのイジりや理不尽な仕事をふられることが絶えない毎日。そんな生活を送っていたある日、凪は付き合っていた我聞慎二(高橋)からの心ない一言で心が折れてしまう。それをきっかけに凪は人生のリセットを決意する。  東京郊外の古いアパート「エレガンスパレス」で新生活を送ることになった凪。ある日、そこに退職以来一切の連絡を絶っていた慎二が姿を表す。慎二は「どうした? その頭!」と声をあげると、彼は初めて見た凪の天然パーマに「ブスになったなぁ〜」と一言。慎二と凪の再会の瞬間にネット上には「慎二キターーー! 怖い!!」「怖い。ホラーじゃん」「うわー。殴りてぇこの男〜」などの声が寄せられた。  慎二は凪の新居に上がり込むなり、「酒買ってきたから呑も。なんかツマミ作ってよ」と要求。さらに慎二は凪の身体を求めようとするが、彼女はそれを全力で拒否。すると慎二は「もの捨てて引っ越ししたくらいで人生リセットできてたまるかよぉ」と凪に詰め寄り「いいか? お前は絶対変われない…」と断言する。この言葉に「立派なモラハラだよ〜!!」「お前凪ちゃんの気持ちなんて全然わかってねーだろ!」「まじもう出てけ!」などのツイートが多数寄せられると同時に、慎二に扮した高橋の演技について「うわっ高橋一生さん史上最ゲス! うまいなあ」「高橋一生さん、見事なクズっぷり笑」「高橋一生がクズ過ぎて素晴らしい」などの投稿がSNSに殺到した。  初回放送後には「結構原作を再現していていいぞ!」「キャストに違和感ない」と言った原作コミックファンからのツイートや「黒木華ちゃんめちゃくちゃ凪ちゃんだ」「中村倫也×タバコは色気やばすぎて死ぬ」などキャストへの賞賛の声もネット上に集まっていた。

  • 金曜ドラマ『凪のお暇』第1話場面写真

    今夜『凪のお暇』スタート 黒木華は人生をリセットし新しい生活を始動

    エンタメ

     黒木華主演の金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系/毎週金曜22時)が今夜スタート。第1話では、常に場の空気を読みすぎる凪(黒木)が、彼氏の慎二(高橋一生)からの一言がきっかけで自分を見つめ直し、人生のリセットを決意する。@@cutter 本作は、コナリミサトによる同名の人気漫画が原作。仕事も恋もすべて捨てた28歳のOLが人生のリセットを試みる姿を描く。  都内にある家電メーカーで働く、サラサラストレートヘアが特徴的な28歳の大島凪(黒木)。凪は、日々何事もなく平穏に過ごすため常に場の空気を読み、「わかる!」と周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に、同僚からはいじり、“良い意味”でのダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日だった。  そんな「なんだかなぁ~」な生活を送っていたある日、凪は付き合っていた彼氏・我聞慎二(高橋)からの一言で心が折れてしまう。それをきっかけに「わたしの人生、これでいいのだろうか…」と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。  会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNSをやめ、携帯も解約。そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した。コンプレックスの天然パーマを隠すため、毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることに。  仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる。凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン(中村倫也)、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。  金曜ドラマ『凪のお暇』第1話は、TBS系にて今夜7月19日22時放送(初回15分拡大)。

  • 映画『引っ越し大名!』及川光博場面写真

    “ミッチー以外考えられない”『引っ越し大名!』及川光博が演じる麗しの殿がハマり役

    映画

     俳優の星野源が主演を務め、共演に高橋一生と高畑充希を迎える映画『引っ越し大名!』。原作者から熱烈なオファーを受けて、及川光博が演じた実在の大名・松平直矩(なおのり)が、犬童一心監督から「まさに殿様キャラの頂点」と絶賛されている。@@cutter 本作は、映画『のぼうの城』を手がけた犬童監督が、土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』(ハルキ文庫刊)を実写化。参勤交代をはるかに上回る費用と労力のかかる国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、姫路藩の藩士たちがお国の一大事を救うために奮闘する様を描く。  星野は、周囲から「かたつむり」と呼ばれ、読書好きな書庫番で引っ越し奉行に任命される引きこもり侍・片桐春之介役。春之介の幼なじみであり武芸の達人・鷹村源右衛門を高橋、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を高畑が務める。  及川演じる松平直矩は、少しの悲哀を感じさせながらも、どこか飄々としているキャラクター。本作では向井理演じる江戸幕府小納戸役・柳沢吉保とのある出来事がきっかけで彼の恨みを買ってしまい、国替えを命じられる。しかし当の本人は恨みを買っていたことに気づかないなど少々鈍感なところもある憎めない人物だ。  映画化にあたり、「殿は美しくてはならない!」と直矩のキャスティングに及川の起用を希望していたのが原作・脚本の土橋。「直矩の気品、色っぽさは及川さんしかいない!と最初から思って書いていました。及川さんに演じてもらえて本当に嬉しく思っています」と熱烈オファーの末に実現したキャスティングだったことを明かした。  さらに、犬童監督も自身のツイッターで「めっちゃおおらかで、ナイーブな直矩は、世界で、ミッチー以外考えられない楽しいキャラになりました。まさに殿様キャラの頂点。好き」と及川の演技に太鼓判を押している。  また、歌手としても活躍する及川が、現在行っているワンマンショーツアー「PURPLE DIAMOND」は、ツアー名の通り紫色がテーマカラーとなっているが、今作でも及川は紫色の着物を着用。ワンマンショーとはまた異なる、和装で髷(まげ)を結った及川の麗しい殿様姿も要注目だ。  映画『引っ越し大名!』は8月30日より全国公開。

  • ドラマ『凪のお暇』記者会見に出席した中村倫也、黒木華、高橋一生

    中村倫也の「まだ見せていないモノマネ」に会場爆笑

    エンタメ

      女優の黒木華が15日、都内で行われたドラマ『凪のお暇』(TBS系/金曜22時放送)の記者会見に、共演の高橋一生、中村倫也と共に出席。中村が"寝起きのハムスター"のモノマネを披露し、会場を爆笑の渦へと巻き込んだ。@@cutter  コナリミサトの同名漫画をドラマ化した本作。TBSの連続ドラマでは『重版出来!』以来3年ぶりの主演となる黒木が、アラサーOLの主人公・大島凪を演じる。  黒木は、共演の高橋と中村について「良いですよね。おふたりとも纏う雰囲気といいますか、似ていて。現場でも頑張らなくていい感じが落ち着くなと」とコメント。一方、高橋は黒木について「華さんはとっても柔和な方なので、現場の雰囲気が和らいで、いいですよ」と笑顔をみせた。  また中村は、高橋演じる我聞慎二という役柄について「慎二やべぇっていう。"#慎二やべぇ"が流行るんじゃないかなと。やばかったよね」と回顧。高橋本人については「こうやって絡むのは初めてで、兄貴です。寡黙な方かと思ってたんですけどフランクで、現場の空気を循環させてくれますね」と語った。  同作の"空気を読みすぎてしまう"というテーマにちなみ、「誰が1番空気を読まないか」を選ぶ場面では、満場一致で中村に決定。高橋が「倫也くん自分でおっしゃってたので。しゃべりすぎて、どんどんみんなが離れてくって」と説明すると中村は「そんな反応も好きなんです」と笑わせた。  その後、同作の宣伝大使に就任したIKKOが登場。拍手に出迎えられながら「空気読まないじゃなくて空気読みすぎ~!そんな気持ちにお暇~!」と声を張り上げた。IKKOは「私でよかったら、盛り上げだけは上手ですからね。1話も観させていただいたんです。メイクしながらね」と話し、そのまま同作の魅力について熱弁。IKKOのロングトークに中村は「肺活量すごいですよね」と感心し、黒木も「メイク時間にそこまで深く観てくださって。心強いです」と笑った。  モノマネが得意で、現場で高橋とモノマネをしあうこともあるという中村。黒木・高橋にまだ見せていないという寝起きのハムスターのモノマネを披露すると、会場を爆笑の渦へと巻き込んだ。  ドラマ『凪のお暇』はTBS系にて7月19日から毎週金曜22時放送。初回は15分拡大版。

  • 『凪のお暇』でスナックの個性的なママを演じる武田真治

    武田真治、15年ぶりTBS連ドラ出演 『凪のお暇』で個性的なスナックのママに

    エンタメ

     俳優の武田真治が、7月19日にスタートする黒木華主演のドラマ『凪のお暇』(TBS系/毎週金曜22時)に、スナックのママ役で出演することが発表された。武田のTBS連続ドラマ出演は『砂の器』(2004年)以来15年ぶり。@@cutter 本作は、コナリミサトによる同名の人気漫画が原作。仕事も恋もすべて捨てた28歳のOLが人生のリセットを試みる姿を描く。  主人公の大島凪(黒木)は、都内の家電メーカーで働く28歳。場の空気を読みすぎて他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまった彼女は、自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、住んでいたマンションも解約し、付き合っていた彼氏の我聞慎二(高橋一生)もろとも、関わっていたすべての人たちとの連絡も絶ち、コンプレックスだった天然パーマもそのままに、幸せになるため人生の再生を図る。  スナック「バブル」は、慎二の行きつけ。凪への思いをうまく本人へ伝えることができない慎二に、武田演じるママと中田クルミ演じる店員の杏が優しくも厳しくアドバイスする。慎二にとって、素になり本音で話せる唯一の場所だ。  本作の出演について武田は「僕が演じるママという役は、なかなか思い切ったキャラクターですので、主人公たちの背中を押せるように丁寧に演じていきたいと思っています」と語っている。  ドラマ『凪のお暇』はTBS系にて7月19日より毎週金曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 金曜ドラマ『凪のお暇』に出演が決まったファーストサマーウイカ

    ファーストサマーウイカ、『凪のお暇』で連ドラ初レギュラー!

    エンタメ

     女優・黒木華の主演で7月19日にスタートする金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系/毎週金曜22時)の追加キャストとして、歌手・タレントのファーストサマーウイカの出演が発表された。連続ドラマへのレギュラー出演は初めてで、1話ごとに違う役柄を演じる。@@cutter 本作は、コナリミサトによる同名の人気漫画が原作。仕事も恋もすべて捨てた28歳のOLが人生のリセットを試みる姿を描く。  主人公の大島凪(黒木)は、都内の家電メーカーで働く28歳。場の空気を読みすぎて他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまった彼女は、自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、住んでいたマンションも解約し、付き合っていた彼氏の我聞慎二(高橋一生)もろとも、関わっていたすべての人たちとの連絡も絶ち、コンプレックスだった天然パーマもそのままに、幸せになるため人生の再生を図る。  5人組音楽グループBILLIE IDLEでの活動のほか、舞台やバラエティー番組でも活躍するファーストサマーウイカは、出演決定に「人生初の連続ドラマレギュラー出演が、好きで読んでいた『凪のお暇』だなんて! やったー!! うれしすぎる! あの物語の、作品の一部になれるということにとても興奮しました」と熱くコメント。1話ごとに異なる役柄についても「どのシーンにどんな役で登場するか“ウォーリーを探せ”のような感じで面白がってもらえたらうれしいです。全話分、ぜひ見つけてください!」と語っている。  第1話でファーストサマーウイカが演じるのは、主人公の凪が訪れる激安スーパー「ヤオアニ」のヤンキー風で一見怖そうな店員。物語のスパイスとなる重要な人物を務める。  金曜ドラマ『凪のお暇』はTBS系にて7月19日より毎週金曜22時放送。

  • 『凪のお暇』主題歌を担当するmiwa

    黒木華×高橋一生×中村倫也『凪のお暇』、主題歌はmiwaに決定

    エンタメ

     女優・黒木華が主演し、俳優の高橋一生と中村倫也が共演するドラマ『凪のお暇』(TBS系/毎週金曜22時)の主題歌が、シンガーソングライターのmiwaの新曲「リブート」に決まった。@@cutter 『重版出来!』以来3年ぶりのTBS連ドラ出演となる黒木は、場の空気を読みすぎて他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまう主人公・大島凪を演じる。凪の元カレ・我聞慎二役は高橋が、人生をリセットした凪が新たな生活先に選んだアパートの隣の部屋に住む男・安良城ゴンは中村が演じる。ほかに、市川実日子、片平なぎさ、吉田羊、三田佳子らが脇を固める。  主題歌に決まった「リブート」は、28歳OLの人生リセット物語をテーマにmiwaが書き下ろした楽曲。人間が日々かかえているモヤモヤやストレス、そして自立することの厳しさと喜びに揺れ動く気持ちが描かれた。良いことも悪いこともすべて投げ捨てて“リブート(再起動)”する、活力がみなぎってくる楽曲に仕上がっている。  miwaは「大人の女性が放つ、長い人生を踏まえた上での理性的で前向きな叫びを意識して、楽曲制作をしました。今何か断ち切りたいことがある人、何か変えたくてもなかなか変えられずにいる人や、何か始めたいという人の背中を押せる曲になったらうれしいです」とコメントした。  主演の黒木は「miwaさんの力強い歌声と歌詞が、凪のお暇を後押ししてくれているようでした」と、楽曲を聴いた感想を述べている。  金曜ドラマ『凪のお暇』はTBS系にて7月19日より毎週金曜22時放送。

  • 映画『引っ越し大名!』(左から)振付を担当する野村萬斎と本編ナレーション担当の立川志らく

    『引っ越し大名!』野村萬斎が劇中の合唱曲振付&立川志らくが本編ナレーションを担当

    映画

     俳優の星野源が主演を務め、共演に高橋一生と高畑充希を迎える映画『引っ越し大名!』より、劇中で出演キャストたちが合唱する映画オリジナル曲『引っ越し唄』の振り付けを狂言師・野村萬斎が担当することが決定。さらに、マルチに活躍する落語家の立川志らくが本編のナレーションを務めることがわかった。@@cutter 本作は、映画『のぼうの城』を手がけた犬童一心監督が、土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』(ハルキ文庫刊)を実写化。参勤交代をはるかに上回る費用と労力のかかる国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、姫路藩の藩士たちがお国の一大事を救うために奮闘する様を描く。  星野は、周囲から「かたつむり」と呼ばれ、読書好きな書庫番で引っ越し奉行に任命される引きこもり侍・片桐春之介を演じる。春之介の幼なじみであり武芸の達人・鷹村源右衛門には高橋、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を高畑がそれぞれ務めるほか、及川光博、濱田岳、小澤征悦、西村まさ彦、松重豊ら俳優陣が集結する。  犬童監督がメガホンをとった『のぼうの城』でも主演を務めた野村は、「振付を担当するに当たって、犬童監督から最初に頂いたお題は、素振りの練習、引っ越し、歌の3つ。これらをミックスしたものを作ってほしいというものでした。素振りは本来、一人でするものですが、あれこれと思案していく中で下ネタも頭の中をよぎりつつ、最終的に素振りしながら2人で荷物を運ぶということになりました(笑)」と語った。  本編のナレーションを担当する志らくは、「『ふざけた中に真実が時折転がっている』。これは私の持論。落語という江戸の世から300年ふざけ続けてきた娯楽の中に身を置いているからこそわかる事だ。現代において時代劇は思いっきりふざけた所から真実を探すのが一番正しいのかも知れない。その答えが『引っ越し大名』である。この作品の中に大名の、いや、人間の生活する事の真実、つまり答えが入っているに違いない」とコメントを寄せている。  映画『引っ越し大名!』は8月30日より全国公開。

  • 金曜ドラマ『凪のお暇』に出演する中村倫也

    中村倫也、『凪のお暇』で黒木華の隣人に 物語をかき乱すキーパーソン

    エンタメ

     女優・黒木華の主演で7月にスタートするドラマ『凪のお暇』(TBS系/毎週金曜22時)に俳優の中村倫也が共演することが決まった。主人公・凪(黒木)が人生をリセットして住むアパートの隣人で、物語をかき乱すキーパーソンとなるゴン役を演じる。@@cutter 本作は、コナリミサトによる同名の人気漫画が原作。仕事も恋もすべて捨てた28歳のOLが突然失踪し、追いかけてきた元カレや新しく出会う人たちを巻き込み人生のリセットを試みる姿を描く。原作は月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)連載中で、単行本は1~5巻累計250万部を突破している。  主人公の大島凪(黒木)は、都内にある家電メーカーで働く28歳。いつも人の顔色をうかがいながら周囲に合わせることで、日々何事もなく過ごすことを目標にしている“真面目で気が弱く優しい”良い人代表の女性だ。しかし、場の空気を読みすぎて他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまう。「私の人生、これでいいのだろうか…」と自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、住んでいたマンションも解約し、付き合っていた彼氏の我聞慎二(高橋一生)もろとも、関わっていたすべての人たちとの連絡も絶ち、コンプレックスだった天然パーマもそのままに、幸せになるため人生の再生を図る。  中村が演じるゴンは、出会う全ての女子が彼を好きになってしまう人たらしのイベントオーガナイザーで、腕には入れ墨があり、毎晩クラブ仲間と部屋で飲み騒いでいて、どこか危険な匂いのする男。その風貌に最初は警戒する凪だが、ゴンが持つ優しく温かい空気に次第に心を許していく。  中村は役どころについて「凪が住んでいるアパートのお隣さんで、一見やばそうな雰囲気を醸し出しているのですが、実はとても優しく穏やかな性格。悩みなんてないように見えますけど、実は周りから自分を理解してもらえないという悩みがあって。表面だけではわからないゴンが抱えている孤独感をしっかり背負いながら演じていけたらいいなと思っています」と語っている。  金曜ドラマ『凪のお暇』は、TBS系にて7月より毎週金曜22時放送。

  • (左から)松坂桃李、田中圭

    松坂桃李1位、田中圭が2位「結婚したい男性俳優」トップ10!

    エンタメ

     7日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系/毎週月曜~金曜11時55分)内のコーナー「超限定マーケティング」で、「20~30代女性に聞いた 結婚したい男性俳優 トップ10」が発表された。@@cutter 第1位は現在放送中のドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で主演を務めている松坂桃李。松坂は現在公開中の時代劇映画『居眠り磐音』のほか、さらに6月28日公開の映画『新聞記者』など主演作の公開ラッシュで、まさに絶好調。    第2位は2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレイクを果たした田中圭。田中も現在放送中のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で主演を務めるほか、夏には主演を務める『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の公開が待機中。また9月には三谷幸喜が監督・脚本を務めるコメディ映画『記憶にございません!』への出演も決定している。    第3位には連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)やドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)でブレイクした竹内涼真がランクイン。2019年9月には映画『初恋ロスタイム』、2020年には『太陽は動かない』の公開が予定されている。  続く第4位は連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の天陽役で注目を集める吉沢亮。2020年には『一度死んでみた(仮)』、『さくら』の2本の映画への出演がすでに決定。第5位には、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)での内田聖陽との共演も話題の西島秀俊。現在公開中の映画『空母いぶき』で主演を務めているほか、9月公開予定の『任侠学園』でも主役を務める。  以下第6位は高橋一生、第7位には中村倫也の名前が。第8位〜第10位には菅田将暉、窪田正孝、竹野内豊がランクインしている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access