矢田亜希子 関連記事

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子、ナチュラルメイクの接近ショット披露に「美しい」と反響

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が16日、自身のインスタグラムを更新し、ナチュラルメイクを披露。ファンからは「美しい」など絶賛の声が寄せられている。@@cutter 最近SNSでは、友人とディズニーシーに出掛け、かわいいミッキー帽姿を披露したり、髪の毛を切って新しいヘアスタイルを披露するなど、充実した様子を投稿してきた矢田。  今回は、ファンデーションとチークとハイライトのみという、ナチュラルメイクで出かけたことを報告。写真では、帽子をかぶり、頬に手を添えている矢田の接近ショットをみることができる。  ナチュラルメイクでも変わらない矢田の美しさに、コメント欄には「本日も美しい」「綺麗です!」「相変わらずの美貌ですね」「とても美しい素敵!」など反響の声があがっている。 引用:https://www.instagram.com/akiko_yada/

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子、“お尻の悩み”を告白「お尻パッド入れてました」

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が7日放送の『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜22時、同日は22時20分)に出演。自身の“ヒップ”について悩みをカミングアウトする一幕があった。@@cutter 今回の番組は“悩めるお尻の噂スペシャル”と題して、女性の関心が高いヒップにまつわる噂や美容法を検証していくという内容。  スタジオではゲストが、これまで一番だと思った美尻芸能人をそれぞれ発表していくという展開に。矢田は、美尻芸能人として女優の野際陽子さんの名を挙げると「普段着になると、おしゃれなスウェットを着ていて、そのスウェット姿でもお尻がキュッて上がってて、足も長いですし、いつも“お尻キレイだな”って思っていました」とコメント。  さらにお尻の悩みについて聞かれた矢田は「お尻がないんですよ」とヒップが小さいことを告白。続けて矢田は「ドレスを着た時にあまりにも凹凸がなさ過ぎて」と話し「仕事の時はお尻パッドとか入れていました」と明かすと、スタジオからは驚きの声が上がった。  そんな矢田にMCの有吉弘行が「黒ズミは気になりますか?」と聞くと、彼女は笑いながら「黒ズミはないです!ないです!」と否定。アシスタントの吉田明世から「ケアはされていますか?」と質問されると、矢田は「顔と同じクリームを塗ったりしています」と明かしていた。

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子、新ヘアスタイルを披露「けっこう短くしちゃいました」

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が6日、自身のブログを更新し、新しいヘアスタイルを披露した。@@cutter 「銀座airセントラルにて、カラー、トリートメント、カット!今回も暗めカラーに」と矢田が投稿したのは、ネイビーのカットソーを着用し、ブルーアッシュに染められた髪が美しい姿。鎖骨あたりまでカットされた髪はストレートに整えられており、清潔感溢れるスタイル。矢田は以前から栗色の髪のイメージが強いが、今回のカラーは大人っぽく、清楚な雰囲気を醸し出している。  続いて「しっかりトリートメントしてもらって、高田さんにカットもしてもらいました!けっこう短くしちゃいました」と報告した矢田。お気に入りのイメージチェンジとなったようだ。 引用:https://ameblo.jp/akiko-yada/

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子のミッキー帽姿がかわいい 12年ぶりに“子連れじゃない”ディズニーを堪能

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が24日、自身のブログに旧友と過ごしたディズニーシーでのひと時を投稿。12年ぶりに“子連れじゃない”ディズニーを堪能したことを報告した。@@cutter 「先日、息子をディズニーに誘ったら振られたので、、、旧友とディズニーシーに行ってきました!」という書き出しで始まるブログには、友人と2人でディズニーシーを楽しむ写真が投稿されており、コートにサングラス、ピンクの耳が付いたミッキーキャップという出で立ちの彼女の姿が収められている。  またブログの中で彼女は、長男に断られたことについて「なんだか、失恋気分の私です。。。」と明かすと、続けて「子連れじゃないディズニーなんて、12年ぶり!」と告白。さらに「昼間は暑かったーーなので、ショップで半袖Tシャツを買って着替えてしまいました」とつづり、購入したTシャツを着た写真も投稿している。  同様の写真は、矢田のインスタグラムアカウントからも投稿されており、ファンからは「息子さんは照れているんですね。お母さんが可愛すぎるのでは?」「いいなディズニー!!」などのコメントが多数寄せられている。 引用:https://ameblo.jp/akiko-yada/    https://www.instagram.com/akiko_yada/

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子、デビュー作の初々しい姿が「可愛すぎる」と話題に

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が20日、『ジョブチューン★平成のテレビ史★ドラマ&バラエティ貴重映像大放出!』(TBS系)に出演。デビュー作となったドラマの映像が放送されると、ファンからは反響の声が続々と寄せられた。@@cutter 番組では「視聴者1万人アンケート!記憶と記録に残る平成テレビ史SP」と題して、同局の名作主題歌ドラマ、伝説バラエティ番組をTOP20でランク付けし、過去の映像で振り返った。  その中で、最高視聴率28.1%を記録した豊川悦司と常盤貴子主演のドラマ『愛してると言ってくれ』(1995年)が7位にランクイン。主題歌に起用されたDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」が大ヒットしたことも話題になった。  そして、今回注目されたのは、同ドラマでデビューを飾った当時16歳の矢田の姿。出演シーンを振り返り「演技のレッスンもした事がなかったので毎日特訓させてもらって頑張りました」としみじみ語ったが、制服を着て豊川演じる主人公の妹役を演じた初々しい演技が映し出されると「やだー!本当に恥ずかしい」と思わず赤面。  デビュー間もない矢田の姿にネットには「これデビューなんだ。 矢田亜希子ちゃん、可愛すぎです…」「矢田亜希子はこの頃からマブかったぜ…」と絶賛コメントが寄せられたほか、「矢田亜希子が『やだーー』言ったwww」「当時も可愛いけど今のほうが可愛いな」などの声も集まった。

  • (左から)矢田亜希子、池内博之

    矢田亜希子、『ときメモ』で共演の池内博之と遭遇! ファン「懐かしい」の声

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が8日、自身のインスタグラムに、一色紗英と池内博之との3ショット写真を投稿。ファンからは「懐かしい」「楽しそう」「嬉しいお写真」などのコメントが寄せられた。@@cutter 「紗英とランチして帰り際にばったり池内博之くん!いけち、久しぶり〜!20年以上前?!に映画で共演してたよ」というコメントと共に投稿されたのは、女優の一色紗英と俳優の池内博之との3ショット写真。矢田と池内は、ゲームをもとにした映画『ときめきメモリアル』(1997)で共演した仲だ。  インスタグラムに投稿された貴重な3ショットに、ファンからは「懐かしいこの三人!」「懐かしいこの三人!」「何だかとてもとても嬉しいお写真です!」などのコメントが寄せられていた。また、池内がサングラスを掛けていることもあり「タモリさんにしかみえません」といった感想もあった。 引用:https://www.instagram.com/akiko_yada/

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子、共演俳優の“ヘタレっぷり”に不満「虫が現れたときに…」

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が、5日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系/毎週火曜19時56分)に出演。共演俳優の態度に不服を漏らす一幕があった。@@cutter 今回は「不満だらけの女性が言いたい放題SP」を放送。女性芸能人が集結し、男性に対する日頃の鬱憤を吐き出した。その中で矢田は、「ガキか!と言いたくなったとき」というテーマの際、「男性の役者さんに多いことなんですけれど、よくロケでいろんな森だったりあるじゃないですか」と切り出し、「普段すごい紳士的な素敵な男性に限って、ハチとか虫が現れたときに過剰な反応をする」と、ご立腹。  さらに矢田は、「(その俳優は虫が目の前に来たとき)『うわっ』って言って私のほうに追いやる」と暴露。女性陣は「えーっ!?」とドン引きしていたが、MCの明石家さんまは「それは仕方ない」と、虫嫌いはもともとの性格であると擁護。それでも矢田は、「そういうときは、(私が)か弱くなくても、かばってほしい」と求め、「(その人は)ハエとかも(ダメ)」と訴えていた。  それに対してさんまが「ダメな人はアカンと思う」「嫌いなものは仕方がないと思うわ」と繰り返すも、矢田は「そうですかねぇ」と納得しきれない様子。すると、同じくゲストの羽田美智子が割って入り、「誰? 誰?」と興味津々。矢田は「いっぱいいます」とだけ語っていた。

  • 『トレース ~科捜研の男~』第5話場面写真

    今夜『トレース~科捜研の男~』、ゲストに矢田亜希子&山本舞香登場

    エンタメ

     関ジャニ∞の錦戸亮が主演する『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が今夜放送。今回はゲストに矢田亜希子と山本舞香を迎え、18年前の幼児誘拐事件に絡んだ殺人事件の謎を追う。@@cutter 本作は、「月刊コミックゼノン」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)で連載中の古賀慶によるコミック『トレース~科捜研法医研究員の追想~』をドラマ化した本格科捜研サスペンス。主人公の科捜研法医研究員・真野礼二を錦戸が演じ、真野に振り回される新人法医研究員・沢口ノンナを新木優子、真野に鑑定を依頼するベテラン刑事・虎丸良平を船越英一郎が演じる。  スナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)の殺害遺体が発見される。死因は頭部を強打したことによる脳挫傷で、死後3日が経過していた。遺体の周辺から見つかった毛髪のDNA鑑定を行ったノンナ(新木)は、それが18年前に誘拐され、今なお行方不明になっている乳児のものと鑑定する。  虎丸(船越)は、今も娘の行方を捜してビラ配りをする乳児の母・彩花(矢田亜希子)と父・彰(山中聡)に事情を伝え、協力を要請。そんな折、遺体で見つかった奈津美が、18年前に誘拐事件が発生した町に住んでいたことが発覚する。  一方、真野(錦戸)は、明日が休日だというノンナに、予定がないなら付き合ってほしい、と声をかけ…。  『トレース~科捜研の男~』第5話は、フジテレビ系にて今夜2月4日21時放送。

  • (左から)織田裕二、矢田亜希子

    『SUITS/スーツ』織田裕二&矢田亜希子 “元カノ”発言にファン大ウケ

    エンタメ

     ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の公式インスタグラムが26日、主演・織田裕二とゲスト出演した矢田亜希子の2ショットを公開。以前、月9ドラマで共演した2人の14年ぶりの再共演にファンから反響が相次いだ。@@cutter 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。26日放送の第8話では、甲斐(織田)が担当した集団訴訟の原告団代表の水原美咲役として矢田が登場した。  同アカウントは「今夜はあのラストクリスマスの名カップル健次と由季こと、織田裕二さんと矢田亜希子 さんが‬14年ぶりに再共演しますよ~~」という告知とともに、2ショットを投稿。矢田が織田の肩に手を置き、にっこりとほほ笑む様子が映し出された、キュートな1枚だ。  2004年に放送された月9ドラマ『ラストクリスマス』で恋人役を演じた2人。織田は『SUITS/スーツ』にて、すでにドラマ『東京ラブストーリー』で恋人役を演じた鈴木保奈美とも共演中であり、同アカウントは「『俺の元カノ何人でてくんだよ~』と 笑っていた織田さんでした」とも報告している。  コメント欄には「本当に!!恋おおき男ですね」「東京ラブストーリーも大好きですが、ラストクリスマスも大好きなのでお二人の再共演とてつもなく嬉しいです」「俺の元カノw 織田さん最高」といった好意的な声が多数寄せられており、中には「次は柳葉敏郎さんのコンビ待ってます!」と、織田の代表作であるドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)シリーズキャストの再会を願うファンも見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/drama_suits/

  • 『SUITS/スーツ』第8話場面写真

    今夜『SUITS/スーツ』甲斐が手掛ける訴訟に情報漏えいの疑いが…

    エンタメ

     俳優の織田裕二が主演を務める月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が今夜放送される。第8話では、織田演じるエリート弁護士が携わる集団訴訟に、情報漏えいの疑いが浮上する。@@cutter 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。  甲斐(織田)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らと共に、烏丸建設を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。しかし一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。  甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。それには、烏丸建設の顧問弁護士で、甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示。  一方、大輔と共に甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。  そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが…。  ドラマ『SUITS/スーツ』第8話は、フジテレビ系にて今夜11月26日21時放送。

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子、共演俳優の「今じゃこんなオバちゃん」発言にショック

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が、20日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系/毎週火曜19時56分)に出演。共演俳優の言葉にショックを受けたことを告白した。@@cutter 矢田が披露したのは、ある新作映画の撮影でのエピソード。オファーされた役どころは「お母さん役」で、監督からも「すごくオバサンにしてくれ」と注文されたという。そこで衣装の着こなしも、いわゆる「オバチャン」風に。さらにメイクもほぼせずに撮影に臨んだという。  そんな作品で、ある俳優と20年ぶりに再会することになった矢田。「すごい久しぶりにお会いできてうれしい」と思いながら、その衣装のまま対面したそう。するとその俳優は、「いやーもう本当にかわいかったんだよー」と、20年前の彼女についてしみじみ語ったあと、「今じゃこんなオバチャンになってもうてー」と残念そうに感想を漏らしたという。それはスタッフなど大勢がいる前だったとのことで、矢田は「すごい悲しかったです」と振り返った。  すると、同じくゲストで来ていた風間俊介が、「でもオバチャンの格好してて、『いや~、全然変わんないですね』って言われるほうがイヤじゃないですか」とフォロー。矢田も「そうですね、そっかそっか」と共感していた。  スタジオでは風間のフォローに注目が集まり、ヒロミから「コメント、ちゃんとしてんな」と褒められれば、明石家さんまも「偉い!」と絶賛。さらにジャニーズ事務所の王道ではない路線を進んでいる風間に、さんまは「隙間、隙間で…お前、風間辞めて、隙間にせえよ」と改名を提案。本人も「隙間俊介にします!」と宣言していた。

  • 『SUITS/スーツ』に出演する矢田亜希子

    矢田亜希子『SUITS/スーツ』で織田裕二と14年ぶり共演

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が、俳優の織田裕二が主演を務める月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話(11月26日放送)に出演することが発表された。織田と14年ぶりの共演を果たした矢田は「撮影の合間などでは、織田さんとたくさん思い出話をさせて頂いて楽しかったです(笑)」と語っている。@@cutter 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。  甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らと共に『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却する。甲斐たちは、原告団代表の水原美咲(矢田)らから話を聞く。そこで甲斐たちは、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る…。  第8話で矢田が演じるのは、集団訴訟の原告団代表の水原美咲。裁判に関するある大きな秘密を抱えている物語の鍵を握るキャラクターだ。  矢田と主演の織田は、2004年のドラマ『ラストクリスマス』以来、14年ぶりの共演。このことについて矢田は「“ラストクリスマス”では濃密な時間を一緒に過ごさせて頂いた方なので、本当に14年前にタイムスリップした感覚です」と語ると、続けて「久しぶりに共演させて頂いて、改めて織田さんは、安心感があって、ゆだねられる方だなと思いました」とコメント。「何年たっても、やっぱり織田さんはステキでした」と絶賛した。  矢田亜希子がゲスト出演する『SUITS/スーツ』第8話は、フジテレビ系にて11月26日21時放送。

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子&小沢真珠&一色紗英の「変わらない美しさ」をファンが称賛

    エンタメ

     女優の矢田亜希子、小沢真珠、一色紗英の3ショットを、矢田のアパレルブランド公式インスタグラムが2日、公開した。ファンからは「いつまでも変わらない美しさですね」といった声が届いている。@@cutter 矢田は小沢と共に、一色のブランド「archi」(アーキ)の展示会を訪れた模様。「ステキなもの沢山ありそう 何かコラボしたいなぁー」との言葉を添えて投稿されているのは、矢田、一色、小沢の3ショットだ。  小沢も自身のインスタグラムを更新し、「昨日はあっこと、さえのブランドarchiの展示会へ。可愛かった」と報告。矢田との2ショットを投稿している。  1990年代、2000年代を駆け抜けた3人も、今やアラフォーの大人の女性だ。ファンからは「ずっと変わらず綺麗で本当に凄いです…羨ましい」「美人が揃ったー」「美人さんが揃いました~皆さん輝いてて素敵ね」と、今もなお美しい3人を讃えるコメントが集まった。 引用:https://www.instagram.com/webalamoda_by_akikoyada/    https://www.instagram.com/maju_ozawa/

  • 矢田亜希子

    矢田亜希子の高校生時代が「レベルが違うかわいさ!」と評判

    エンタメ

     女優の矢田亜希子が18日、自身のブログで女子高生のころなど子どものときの写真を複数アップ。ファンからは「レベルが違う可愛さ!」といった反応が送られている。@@cutter 「仕事で昔の写真が必要ということで、 ずっと探していました」という矢田。幼少期の写真は母親が管理していたものの、女子高生時代のものはなかなか見つからず、友人の力を借りたそう。「これは16歳の頃かな。やっとあった高校生の私」とのコメントとともに矢田が投稿したのは、友人らと写ったセピア色の1枚。女子高生ながら、その端正な顔立ちは今の矢田の美貌を彷彿とさせる。  そのほかにも、成人式のときの振り袖姿や、兄と笑顔で写った4歳のころの写真や、抱っこされてつぶらな瞳をカメラに向ける赤子のころの写真などを投稿し、「昔の写真を見始めるとついつい眺めてしまいますね」と思い出に浸った矢田。最後に、写真収集に協力してくれた友人たちへの感謝で締めくくっている。  ファンからは、「このころから美人!」「レベルが違う可愛さ! 同級生にいたら 確実に好きになってる」といった反応が寄せられている。 引用:https://ameblo.jp/akiko-yada

  • 映画『不能犯』完成披露試写会に登壇した松坂桃李と沢尻エリカ

    松坂桃李、自身が犯した愚かな行為を告白 沢尻エリカから“ワル認定”受ける

    映画

     俳優の松坂桃李が21日、都内で開催された主演映画『不能犯』の完成披露試写会に、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督と共に登壇。本作にちなんでプライベートで犯した“愚かな行為”を告白すると、沢尻から「悪ぅ!」と“ワル認定”を受けた。@@cutter 本作は、青年漫画誌「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を原作とするスリラー・エンターテインメント。絶対に立証不可能な方法で依頼されたターゲットを殺す主人公・宇相吹正(松坂)と、彼が唯一コントロールできない正義感溢れる女刑事・多田友子(沢尻)の対立を軸にストーリーが展開する。  宇相吹役の松坂は、自身の役どころについて「純粋に楽しかった。僕の役どころは、人間の欲や業にまみれた人たちを死に誘っていく立ち位置。『あなたも逝ってしまうんですね、そちら側に』という瞬間に立ち会えると、(宇相吹の顔に)笑みがこぼれる理由が分かる」と振り返った。  友子を演じた沢尻は、松坂が扮した宇相吹の姿が「スゴい怖かったです。初めてお会いした時もキャラクターがそのまま出てきたんじゃないかと思うくらいイメージがピッタリ。近づきにくいオーラがあって、喋りかけられないし、どう接していいのか最初全然分からなかったです」と述懐。それを聞いて横で笑顔を振りまく松坂に、笑みをこぼしていた。  新人刑事・百々瀬麻雄役の新田は、宇相吹の印象を問われて「僕、(劇中などで宇相吹に)お会いしたことないんですよね…」とポロリ。松坂が、もし自身が宇相吹と対峙したら「自分の弱い意志に勝てる?」と尋ねると、新田は小さな声で「うん」と回答。黄色い声援を浴びていた。  イベント後半には、宇相吹の「愚かだね、人間は」というセリフにちなんで、登壇者がそれぞれ“愚かな行為”を明かすことに。松坂は「小っちゃい話なんですけど」と前置きして、東京・渋谷区の鎗ヶ崎交差点でのエピソードを披露。「あそこって、スケボーやってる人がいるんですよね。『危ね~な~』って思いながら歩いて見てて『転ばね~かな~。転べ、転べ! お~転べ! …はい、転んだ! よっしゃ~!』みたいなことを思った」と告白。会場から笑いが漏れる中、沢尻は「悪ぅ!」とツッコミを入れていた。    映画『不能犯』は、2018年2月1日全国公開。

  • 映画『不能犯』ティザーポスター

    松坂桃李、真っ赤に染まった“最恐”の目にゾクリ 主演作『不能犯』特報&ポスター解禁

    映画

     松坂桃李がダークヒーローを演じる映画『不能犯』のティザーポスターと特報映像が解禁された。ポスターでは、松坂演じる目で人を死に導く主人公・宇相吹正がそのキャラクターとは対称的な純白のソファに足を組んで深々と腰掛けており、異様な妖しさが際立たせている。@@cutter 『ウロボロス‐警察ヲ裁クハ我ニアリ‐』などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名漫画が原作となる本作。誰もが持つ妬みや嫉妬といった心理に警笛を鳴らす新感覚のスリラー・エンターテインメントとなっている。    ポスターに記載されている「上映開始5分、あなたの心(マインド)が支配される」という意味深なコピーは、観る者に強く印象づけ、期待と不安感を煽られる。宇相吹に翻弄される人々として、新田真剣佑、間宮祥太朗、菅谷哲也、真野恵里菜、忍成修吾、今野浩喜、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍ら豪華キャストが登場する。    特報では、「愚かだね。人間は」という松坂演じる宇相吹の不気味な一言から始まり、死に導かれる人々と宇相吹を追う正義感の強い女刑事・多田(沢尻エリカ)の姿が映し出される。“視線一つで、すべての人間を死に導く男”という言葉と共に、真っ赤に染まった不気味な瞳を持つ宇相吹と、そんな宇相吹に翻弄・死に導かれる人々が映し出されていく。  都会で次々と変死事件が起きていた。警察が証拠を一切見つけられない中、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の“電話ボックスの男”宇相吹正だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。しかも、その犯行はすべて立件不可能。警察がようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始めるのだが、次第に取り調べをする多田の上司・夜目(矢田)の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放されてしまう。彼の正体とは一体…。  映画『不能犯』は2018年2月1日より全国ロードショー。

  • 松坂桃李主演『不能犯』新田真剣佑、間宮祥太朗ら追加キャスト発表

    松坂桃李主演『不能犯』、新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜ら豪華キャスト出演決定

    映画

     「グランドジャンプ」(集英社)に連載中の大人気マンガを実写映画化した『不能犯』の追加キャストが発表された。主演・松坂桃李、ヒロイン役の沢尻エリカに続き、新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍ら、豪華キャストが集結する。@@cutter 本作は、都会のど真ん中で次々と起きる変死事件をきっかけに展開する物語。事件現場で必ず目撃される黒スーツの男こと宇相吹正(松坂)は、とある電話ボックスに書かれた依頼により“病死”や“自殺”、“事故”に見せかけて殺す“不能犯”。多田(沢尻)や百々瀬(新田)ら刑事がようやく宇相吹の身柄を確保するも、彼のペースに惑わされる捜査陣であったが、唯一、多田だけがコントロールされないことが判明する……。  さらに、更生した元不良少年・川端タケル役に間宮。宇相吹に仕事を依頼する木村優役に真野。ジュエリーデザイナー・夢原理沙役に芦名。多田の先輩刑事であり、ベテランながら宇相吹に手玉に取られてしまう夜目美冬役に矢田。鑑識官・河津村宏役に安田。そして、宇相吹の依頼者が住む街の町内会会長・鳥森広志役を小林が演じる。  また、多田の上司・赤井芳樹役としてテッド・ワダ。多田の同僚刑事である若松亮平役に菅谷哲也。河津村の後輩鑑識官役として岡崎紗絵、妻のために宇相吹への仕事を依頼する羽根田健役として忍成修吾と、その妻である桃香役として水上京香。宇相吹のターゲットとなる悪徳金融マン・木島功役として水上剣星。川端が務める店の料理人・櫻井俊雄役に今野浩喜。夢原に彼女の婚約者の医師との関係を疑われる看護師・西冴子役として掘田茜の出演が発表されている。  映画『不能犯』は、2018年全国ロードショー。

  • 矢田亜希子、小原裕貴『ぼくらの勇気』出演決定! “スズコとキイチ”も帰ってくる

    矢田亜希子、小原裕貴『ぼくらの勇気』出演決定! “スズコとキイチ”も帰ってくる

    エンタメ

     KinKi Kids主演で、20年ぶりに復活するスペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』に、1997年の放送当時に出演していた矢田亜希子、小原裕貴が再び出演することが決定した。@@cutter 『ぼくらの勇気 未満都市』は、微生物汚染により子どもたちだけが取り残された街を舞台にした群像劇。暴力にまみれた街で、秩序を築こうと戦いを挑むヤマト(堂本光一)やタケル(堂本剛)たちは「20年後の今日、俺たちでまたこの場所に集まろう」と決意。スペシャルドラマ版では、その登場人物たちの20年後が描かれる。  本作で矢田は高校時代のヤマトの恋人スズコ役、小原はヤマトが汚染された街に行くきっかけとなった親友キイチ役を演じる。矢田は20年の時を越え、再び同作に出演することに「とにかく、現場に行くのが楽しみでもあり、同じ役柄を20年という月日が経ってから演じるということに、もうドキドキでした!」と振り返る。  また小原も「話を聞いた時は驚きましたが、KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました」と明かす。現在は会社員として働く小原だが、KinKi Kidsの記念すべき作品ということもあり、オファーを快諾したようだ。  一方、新キャストとして、ヤマトやタケルたちと対立する組織のキーマン役に向井理、教師となったヤマトの生徒役として関西ジャニーズJr.の道枝駿佑の出演も決定。向井は「20年の時を経たこのドラマ。参加させていただくことに感謝です」と出演への嬉しさを語っており、道枝も「KinKi Kidsさんの20周年記念に携われるということですごく嬉しかったです!」と先輩グループとの共演を喜んだ。  スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』は、日本テレビ系で7月21日21時より放送。

  • 長谷川博己、サスペンス主演に初挑戦! ミステリーの傑作“法月綸太郎”役に

    長谷川博己、サスペンス主演に初挑戦! ミステリーの傑作“法月綸太郎”役に

    エンタメ

     長谷川博己主演で、作家・法月綸太郎による傑作誘拐ミステリー『一の悲劇』が、『誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇』としてテレビドラマ化されることが決定した。@@cutter 物語は、とある住宅地で身代金目的の誘拐事件が勃発するところから始まる。しかし誘拐は連れ去るべき子供を間違えた悲劇的な誤認。結局、身代金の受け渡しは失敗し、少年は無残な姿となって発見されてしまう。劣悪非道な罪を犯した犯人は誰か? 用意周到な誘拐計画にもかかわらず、なぜ誤認は起きたのか? やがて浮かんだ男には鉄壁のアリバイがあった。容疑者は、推理作家・法月綸太郎と共にいたという…。  長谷川は、主演の法月綸太郎役。話題の大ヒット映画『シン・ゴジラ』や、月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』など、多彩な役柄を演じてきた長谷川だが、意外にも本格サスペンスで主人公の探偵役をやるのは初の試み。  一方、綸太郎の父で警視庁捜査一課の法月貞雄を演じるのは、ベテラン俳優の奥田瑛二。さらに原作にはないオリジナルのキャラクターで、法月家に通って22年のベテラン家政婦・小笠原花代を個性派女優の渡辺えりが務める。  事件関係者には、息子と間違って誘拐された他人の子の命を救うべく、身代金受け渡しに奔走する不動産会社常務の山倉史朗役に伊原剛志、史朗の妻・和美役に富田靖子。誘拐された子供の母親で、元看護師の専業主婦・冨沢路子に矢田亜希子、貞雄の部下・久能晴路をモロ師岡と個性あふれる実力派俳優が出そろう。  長谷川は綸太郎という人物を「ある種の天才だけど、単に頭が切れる人というのではなく、普段はちょっと何を考えているかわからない、ひょうひょうとした軽妙さがある人物で、得体が知れない男」と分析。  また「とらえどころのない不思議な感じが彼の魅力。複雑な家庭環境という背景もあって、人間としてものすごく深みがある」と演技プランの狙いを定めるとともに「原作を大切に制作されておりますので、原作ファンの方にも楽しんでいただけると思います」と作品をアピールしている。  『誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇』はフジテレビ系列にて9月23日21時より放送。

  • 「イオンシネマ新サービス&夏休みキャンペーン記者発表会」に登場した矢田亜希子とショッカー

    矢田亜希子、やんちゃな息子に手を焼く!? イオンシネマ新サービス発表会に登場

    映画

     1日、イオンシネマ板橋でイオンシネマ新サービス&夏休みキャンペーン記者発表会が開催され、矢田亜希子、おちまさと、イオンエンターテイメントの大島学代表取締役社長、株式会社カジタクの楠見敦美取締役 COO&CFO、さらに「仮面ライダー」でお馴染みのショッカーが登壇した。@@cutter 現在、5歳になる息子をもつシングルマザーの矢田。幼稚園が夏休みに入るということで「これからどう1日を過ごせばいいのかと困っている。息子はサッカーをしたり、とにかく体を動かすのが好きなので、毎日へとへとになる」と愚痴をこぼしていた。  しかし、カジタクが行っている家事代行・生活を支援する家事育児サービスの内容を聞くと表情が一変した。「私の場合は、育児で困ったときは両親が近くにいるのですぐに相談できる。でも、すぐに相談ができないママさんたちはとても大変だと思う。いろんな人の経験を聞くことで安心ができる。一人で抱え込まずに育児を楽しんでいただければ」と矢田。全国のママたちにエールを送りつつ、有料サービスも考慮に入れた無理のない育児を呼びかけた。  イオンシネマの新サービス「ママコンシェルジュ」は、掃除や片づけ、料理などの家事全般を代行するカジタクのノウハウを用いて、シネマやショッピングセンター内の案内など、来館者が生活にかかわることを気軽に相談できるサービス。「お片付けを習慣にする」などの住育プログラムとスクリーンを使った「えほんのよみきかせ」をセットにしたイベントなど、母親が参加しやすいイベントを実施する予定だという。  また、夏休みキャンペーン「イオンシネマ×ショッカー シネマ救出キャンペーン」は、イオンがショッカーとコラボレーションし、SNSと連携した体験型キャンペーン。参加者は劇場のどこかに現れたショッカーとのツーショット写真を投稿する。全国から1万枚集まると、ショッカーの侵略を阻止できるというもの。抽選で100人にイオンシネマ無料鑑賞券を贈呈する。  「ママコンシェルジュ」は2013年9月中旬から展開予定。  「イオンシネマ×ショッカー シネマ救出キャンペーン」の開催期間は、8月3日(土)~8月31日(土)まで。

  • 桐谷美玲、理想の愛は“飾らない愛”と語る

    桐谷美玲、理想は“飾らない愛” 「スッピンにTシャツ・ジャージ姿でもOK」と明かす

    エンタメ

     BeeTVで放送がスタートした連続ドラマ「ラブ・スウィング~色々な愛のかたち~」の配信開始記念クリスマス女子会パーティーが、22日、都内で行われ、桐谷美玲、矢田亜希子、中村ゆりが出席した。 @@cutter クリスマスツリーのハート型オーナメントに「理想の愛の形」を書き込んだ桐谷は「“飾らない愛”です。一緒にいて楽で、気を使わない関係。スッピンでもいいし、Tシャツにジャージ姿でもいいような関係が理想」と説明。気になるのは今年のクリスマスの予定だが「友達とパーッとしたかったけれど、24日も25日も生放送。皆さんはパーティーしながら見てくださいね」と肩を落としていた。  同作は、恋人を作らない女、勢いで結婚してしまった夫婦、不倫をやめるために新しい男を探す女など、19人の男女が織りなすそれぞれの愛の形を描くコメディードラマ。桐谷主演の第一話がクリスマス当日を舞台にしているため、この日のイベントは一般女子を招いた女子会という設定で行われた。  矢田はハート形のオーナメントに「家族愛」と書き入れ、「離れていても思いやる気持ちが大切かなと思う」と意味深コメント。今年のクリスマスは「お友達をたくさん呼んで、パーティーをします」とのこと。お題を「愛とは何か?」だと勘違いしたという中村は「家族とか、何かを愛しているから強くなれる。自分を強くさせてくれるのが理想の愛ですね」と上手くまとめながらも、苦手というクリスマスの予定については「何も決めていなくて、普通に家にいます。呼ばれれば行きますけど、変わりなく普通に過ごすと思います」と淡々と明かしていた。  その一方で、桐谷は「小さい頃から現実主義者で、サンタさんなんて絶対にいないと思っていた子供でした」と現実的な幼少期を告白。両親がプレゼントにわざわざ英語の手紙を付けてくれたそうだが「この手紙とペンは家にあるやつだと言いつけて、クリスマス直前になるとプレゼントを先に見つけてやろうと、家じゅうの押入れを探し回っていましたね」と苦笑い。そんな桐谷を横目に矢田は「小さい頃から信じていて、12月に入ったらワクワクしている子供でした。枕元にはとりあえず大きな靴下を飾っていましたね」と乙女チックに振り返る。23日に34歳の誕生日を迎えるが「誕生日がクリスマスに近いので、12月は大イベント。ケーキも連続していますよ」と嬉しそうだった。

  • 「嘆きの美女」完成披露試写会に登場した、(左から)中村静香、矢田亜希子、森三中の黒沢かずこ、横山めぐみ

    森三中・黒沢と矢田亜希子が自身の“ブス”エピソードを披露!NHK新ドラマ「嘆きの美女」完成披露会

    エンタメ

     NHK BSプレミアムよるドラマ「嘆きの美女」完成試写会が10日、東京都内で行われ、出演した森三中の黒沢かずこと矢田亜希子、中村静香、横山めぐみが登場した。@@cutter ドラマは、「美」に悩むすべての女性に贈るライト・コメディ作品。容姿へのコンプレックスから家に引きこもり、ネットに悪口ばかり書き込む池田耶居子。ある日、美女のための美女によるウェブサイト「嘆きの美女」を発見した。やがてひょんなことから、その美女たちと同居するハメになる。  黒沢演じる耶居子は、ダサいジャージにボサボサ頭、お菓子を食べ散らかして悪態をつくという、まさに見た目も中身もブスな女だが、不思議と親近感を覚えるキャラクターだ。黒沢は、「吉本にいたんで、自分っていけてるもんだって思ってたから、何で私がブス(の役)なの?とか思ってました。けど、実際に外に出たら、ひどいな~って。あ、私ブスだなって思った」と自身の配役について話して、会場を笑わせた。さらに、主演の依頼があった時は「最初はドッキリだと思ってたんですけど、クランクアップした時に本当にやるんだ、ヤバイ!!って」と振り返り、主演連続ドラマに普段以上のハイテンションだった。  第一話は「ブスVS美女」という衝撃のタイトルがつけられた今ドラマ。自身のブスだと思う瞬間を聞かれた矢田は、「寝る直前にラーメンを食べてしまって、次の日、自分の顔にびっくりした」というエピソードを話したが、矢田はその他の出演者からも「大食い」として知られているようで、横山からは「矢田さんは特殊体質。ものすごい食べる」、黒沢からは「親しみが持てる感じ(に食べる)」と暴露される場面もあった。  「嘆きの美女」は、2013年1月12日から、BSプレミアムにて毎週土曜日11時15分より放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access