『明日カノ』第3話に「マンガで見るより残酷」の声 “本当の友達とは”を考えさせられる回に

カルチャー
2022年4月27日 18:30
『明日カノ』第3話に「マンガで見るより残酷」の声 “本当の友達とは”を考えさせられる回に
リナ(横田真悠)と抱き合う雪(吉川愛) 『明日、私は誰かのカノジョ』第3話より  (C)「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS

 東京で生きる女子たちを、オムニバス形式で描くドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』(MBS、TBS/毎週火曜深夜)の第3話が4月26日(火)の深夜に放送された。雪(吉川愛)の“レンタル彼女”としての顔を知り戸惑うリナ(横田真悠)の姿や、秘密を打ち明けた雪とリナのやりとりから“本当の友達”について考えさせられた今回の放送。SNSでは「マンガで見るより残酷…」などの声も集めていた。(文=於ありさ) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください


■本当の友情を疑うリナに雄大が名言を連発

 第3話は、パパ活女子のリナが、雪が風俗で働いているといううわさを知るシーンからスタート。確定かもわからないうわさに対し、「誰だって隠し事の1つや2つくらいあるよね…」と済ませてしまいそうなことのようにも思えるが、リナは受け流すことはできなかった。

 その理由を、雪が以前言った「友達って呼べるのリナだけだし」という発言を引き合いに出し「妙に嬉しかったのに。結局私は雪のことを何も知らない。心でつながっていると思っていたのは私だけだった」と落ち込むリナ。

 さらに追い討ちをかけたのは、雪がリナのパパ活相手の飯田(神尾佑)と内緒で会っていたという事実。「リナへの誕生日のサプライズで…」と飯田から誘われていた手前、隠すしかなかった雪の計らいが裏目に出たのだが、リナはそんな雪の気も知れず「自分だって同じことしているくせに、心の中でリナのこと見下していたんでしょ? 隠れて会っていたみたいだし…」「雪はリナがいてもいなくても平気なんでしょ?」と怒りをぶつけた。

 なぜリナは雪に対して、たった1つの隠し事が許せないのだろう。それは、リナが雪に対して人一倍期待していたからのように思えた。第2話での雄大(井上想良)とのデートシーンで、雪を「自慢の友達」と紹介したリナ。だからこそ、自分が思い描いていない、まじめで勤勉で芯が強い以外の顔を持っている雪が許せなかったのだ。

リナ&雄大(井上想良) (C)カンテレ・フジテレビ
 そんなリナを優しく諭したのは、遊び相手だと思っていた雄大だった。リナがパパ活相手と体の関係を持ってることを雪には隠していることを指摘し「特大ブーメランじゃん」という雄大。続けて「なんでリナは言わなかったの? 雪ちゃんに引かれたくないからじゃないの?」「レンタル彼女をしていると言うことで、言いたくないことを言わなきゃダメになるかもしれない」「リナの尺度で雪ちゃんを決めつけるのは違うんじゃない?」と名言を連発した。

 さらに謝罪したいという雪と会うことを勧め、「怖いなら話が終わるまで待っててやるから」と雄大。この一連の行動に、SNSでは「雄大、めっちゃいいやつじゃん!」「雄大、最高」と絶賛の声が上がった。

次ページ:しかし、雪とリナが会うと、残酷な結果に

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

明日、私は誰かのカノジョ

於ありさ(ライター)

横田真悠

井上想良

吉川愛

宇垣美里

齊藤なぎさ

国内ドラマ

カルチャー

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング