【7月・都内開催】夏の夜空を彩る 花火大会に行きたい!

特集・レポート
2019年7月1日 14:30
【7月・都内開催】夏の夜空を彩る 花火大会に行きたい!
写真:昨年お台場で開催された「STAR ISLAND 2018」

 夏の風物詩と言えば、「花火」。今回は7月に都内で楽しめる花火大会をご紹介します。今年は令和元年”を祝う花火大会もあるそう。なお、来年のオリンピックイヤーは警備等の問題から例年通り夏にに行われない花火大会もあるようなので、この夏は是非見ておきたいですね。


<第41回足立の花火>


 東京の夏の大規模花火で一番早く開催されるまさに“花火シーズン”の到来を告げる役割の「足立の花火」。約1万3000発が1時間の短時間で打ち上るので初めから最後まで連打で大迫力の花火ショーが楽しめます。大好評のWナイアガラやスターマイン、レーザーと音楽を合わせたプログラムも魅力。荒川を挟んで千住側と西新井側で見ることができます。

荒川河川敷で行われる「足立の花火」はものすごい臨場感(写真は2018年開催の模様)
提供:一般財団法人足立区観光交流協会

「足立の花火」名物の「Wナイアガラ」は圧巻(写真は2018年開催の模様)提供:一般財団法人足立区観光交流協会

第41回足立の花火

2019年7月20日(土)19時30分~20時30分
東京都足立区千住大川町先 荒川河川敷
荒天中止 ※順延なし
打ち上げ数:1万3000発/来場者数:70万人
問い合わせ先:お問い合わせコールあだち 03‐3880‐0039
<来年の開催は?>2020年5月30日(土)開催予定

<未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2019」>


 日本の伝統花火と最先端テクノロジーである「3Dサウンド」「ライティング」「ショーパフォーマンス」を融合し、五感で感動体験ができる“感覚拡張型エンターテインメント”。4回目となる今年は、会場をお台場から豊洲へと移し、ベイエリアを一望する「大都市の摩天楼」を感じさせる絶景のロケーションで約200mの近さから大迫力で花火エンターテインメントショーを楽しめます。

今年は豊洲で開催される未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2019」
(写真はお台場で開催された「STAR ISLAND 2018」)

パフォーマーが魅せる“特別なショータイム”や花火と音に連動して光輝くLEDバンドが
幻想的な「STAR ISLAND」の世界を創造する(写真はお台場で開催された「STAR ISLAND 2018」)


未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2019」

2019年7月20日(土)開場16時00分/閉場21時00分(予定)
東京・豊洲ぐるり公園内(TOKYO STAR ISLAND)
東京都江東区豊洲6丁目5番先 
最寄駅:新交通ゆりかもめ「市場前駅」
要チケット購入 1万円~ ※無料観覧エリアなし
雨天決行/荒天中止 ※予備日 7月28日(日)
問い合わせ先:キョードー東京 0570-550-799
<来年の開催は?>未定

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

行きたい

花火大会

あわせて読みたい

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング