『チェリまほ』で人気沸騰・赤楚衛二、“26歳の素顔”リラックス法&理想のデートを明かす

特集・レポート
2020年12月3日 06:30

■思わず「うんまっ!」となる食べ物は?

――赤楚さんは普段から食べることをとても大事にされているとか。

 1日3膳のことですね。3善ならぬ3膳。食事はしっかりと摂る方です。


――『チェリまほ』で演じている安達が何か食べるときに「うんまっ!」とおいしそうに食べるシーンがあります。赤楚さん自身は、美味しいものを食べたとき、どんな感じになりますか?

 実は僕も「うんまっ!」って言うんです。現場でも「それ、安達じゃん」と言われてましたし、普通に「うんまっ!」と言ってる自分に気づいて、「あれ、これってもともと自分の言葉だっけ、それとも安達の影響?」とわからなくなってます(笑)。

――そうなんですね。特に好きな食べ物をあげるなら?

 焼肉とお寿司、あとはキムチと納豆です。

――赤楚さんは大阪生まれですよね。関西では納豆が苦手な人も多いかと。

 両親はダメなんです。でも僕は、小学生のときに友達の家で手巻き寿司パーティーがあって、そこで初めて納豆を食べて、それこそ「うんまっ!」って衝撃を受けまして。そこから大好きです。

――赤楚さんの理想のデートプランを教えてください。

 もうベタにドライブと温泉旅行がいいです。って、ベタなのかな? ドライブが好きなので、たとえば伊豆のほうに行って、サンセットが見える場所なんかでデートできたりしたら最高なんじゃないかな。


――最後に、初の写真集の見どころを教えてください。

 長年行きたいと思っていた沖縄で撮影は本当に嬉しくて、すごく自由に26歳なりの自分を表現させていただきました。自分自身、出来上がったものを見て、本当にいろんな表情をしているなという感想です。自分も知らなかったような顔もあって、ちゃんとしたひとつの作品になったと思います。ぜひ手に取ってご覧ください。

【プロフィール】
赤楚衛二(あかそえいじ)
生年月日:1994年3月1日/出身:愛知県
趣味・特技:剣道、ピアノ/サイズ:身長178cm・靴27.5cm

2017年にAmazonプライムビデオ『仮面ライダーアマゾンズ』に長瀬裕樹役で出演。同年『仮面ライダービルド』で万丈龍我/仮面ライダークローズを務め、『仮面ライダー』シリーズ2作品に出演。昨年、ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ)に出演のほか、ドラマ『ねぇ先生、知らないの?』(MBSほか)で馬場ふみかとダブル主演を務め、フジテレビヤングシナリオ大賞受賞の単発ドラマ『パニックコマーシャル』でも主演を務めた。今年は、8月公開映画『思い、思われ、ふり、ふられ』、9月公開『映像研には手を出すな!』に出演し、注目を集めている。

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

赤楚衛二

インタビュー

写真集

俳優

カルチャー

特集・レポート

あわせて読みたい

[ADVERTISEMENT]

Hulu | Disney+ セットプラン

おすすめフォト

【行きたい】今読まれている記事

【欲しい】今読まれている記事

【イチオシ】今読まれている記事