クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

「ヤラセと演出の境界線はどこ?」フェイク・ドキュメンタリー白石晃士監督に聞く

映画

白石晃士監督が手掛けた『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版』 
(C)ニューセレクト

 映画でもテレビでも、発覚すれば何かと話題になり、炎上する“ヤラセ”。だが、ドキュメンタリーにも台本は存在し、やみくもに映像を撮って制作しているわけではない。では、“ヤラセ”と“演出”の違いはどこにあるのか。『ノロイ』『口裂け女』などの映画を手がけ、最新作『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版』の公開が5月3日に控える、フェイク・ドキュメンタリーの名手、白石晃士監督に話を聞いた。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access