クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

内田有紀、期待されるイメージに葛藤した過去 憧れ続けた悪女役に45年の人生をぶつける

ドラマ

 山崎豊子の傑作小説をドラマ化する『連続ドラマW 華麗なる一族』(WOWOWプライム、WOWOWオンデマンド/4月18日より毎週日曜22時)で、“悪女”の相子役を演じる内田有紀。90年代にはショートカットの元気なイメージで人気を集めた彼女だが、「実は10代の頃から、女の情念を体現するような役柄に憧れていた」そうで、「相子はまさしく“こういう役を演じてみたかった”というような女性。45年、紆余(うよ)曲折もあった自分自身の人生のすべてをぶつけなければ、太刀打ちできないような作品だった」と渾身(こんしん)の作品となったことを明かす。そんな内田が活発イメージに葛藤し、くじけそうになった過去。そして今、年齢を重ねたからこそ身に染みているという女優業の喜びを語った。

内田有紀

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv