クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

Fukase、プロとして10年 走り続けた“表現者”の苦悩と喜び コロナ禍で「音楽を続けるか迷ったことも」

映画

 2011年にSEKAI NO OWARIがメジャーデビューしてから10年。ボーカルのFukaseが菅田将暉主演の映画『キャラクター』で俳優デビューを果たし、周囲の励ましも糧に殺人鬼という難役を独特の存在感で演じ切った。インタビューでは「何事も真面目にやらないとつまらない」と実直な人柄をにじませたが、それは危険な“もろ刃”でもあるという。コロナ禍では自分を見失い、音楽活動を続けるかどうか迷ったことも明かしたFukaseが、表現にかける思い、喜び、苦悩、そして“もろ刃”という言葉の真意を明かした。

「SEKAI NO OWARI」Fukase

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv