汚れた心

ブラジル日系社会のもうひとつの戦争を描く

【解説/みどころ】
モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門ノミネート作。第二次大戦直後のブラジル日系社会で、日本の敗戦を信じない“勝ち組“と、敗戦を受け入れた“負け組“が起こした臣道連盟事件をブラジル人監督が描き出す。対立に巻き込まれる農夫・タカハシに伊原剛志、その妻ミユキに常盤貴子が扮しポルトガル語をまじえ演じている。


【ストーリー】
第二次大戦直後のブラジル。多くの日系移民が暮らすサンパウロの小さな町で、タカハシは、妻のミユキや隣人たちと仲良く暮らしていた。そんな中、元陸軍少佐ワタナベらが当局に禁じられている集会を開き、高圧的なガルシア伍長との間で一触即発の状況に……。

キャスト
伊原剛志常盤貴子余貴美子菅田俊大島葉子セリーヌ・フクモトエドゥアルド・モスコヴィス奥田瑛二
スタッフ
監督: ヴィンセンテ・アモリン 脚本: ダヴィド・フランサ・メンデス 製作総指揮: イリアーニ・フェヘイラ オリヴァー・クォン ベルナルド・ダ・フォンセカ 原作: フェルナンド・モライス
原題
DIRTY HEARTS
上映時間・制作年
107分/2011年
制作国
ブラジル
映倫区分
PG-12
公式サイト
http://www.kegaretakokoro.com/
配給
アルバトロス・フィルム=インターフィルム

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access