金子文子と朴烈

歴史的な裁判に身を投じたふたりの真実の物語

【解説/みどころ】
『王の男』や『王の運命…』などのイ・ジュンイク監督による歴史映画。1920年代、関東大震災発生時に軍や自警団によって行われた朝鮮人への残虐行為を告発しようと試みた朴烈と、彼の同志であり恋人・金子文子の姿を映し出す。ダブル主演を務めたのは、『建築学概論』のイ・ジェフンと『空と風と星の詩人…』で注目された新鋭チェ・ヒソ。


【ストーリー】
1923年の東京。社会主義者が集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、朝鮮人アナキストの朴烈と出会い、その強靭な意志と孤独さに共鳴。同志、恋人として共に生きる事を決める。だが関東大震災によって、ふたりは時代の大きなうねりに巻き込まれていく。

キャスト
イ・ジェフンチェ・ヒソキム・インウキム・ジュンハン山野内扶金守珍
スタッフ
監督: イ・ジュンイク 脚本: ファン・ソング 製作総指揮: キム・ジンソン
上映時間・制作年
129分/2017年
制作国
韓国
映倫区分
PG-12
公式サイト
http://www.fumiko-yeol.com/
配給
太秦

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access