悪人

妻夫木聡が殺人犯に扮したサスペンス

【解説/みどころ】
芥川賞作家・吉田修一の同名長編小説を映画化。九州北部の地方都市を舞台に、ある殺人事件を巡る加害者と被害者、そして残された家族たちの揺れ動く日常を背景に、殺人を犯してしまった青年と、共に逃げる女の切ない逃避行を描く。主演は原作を読んだ時から出演を熱望していたという妻夫木聡。脚本は吉田修一と李相日監督が共同で担当した。


【ストーリー】
保険外交員の女性の遺体が発見される。当初、捜査線上に浮かび上がったのは地元の大学生だったが、やがて容疑の焦点は土木作業員の清水へ。清水は警察の目を逃れ、光代という女を連れて逃避行に及ぶ。なぜ事件は起き、なぜ清水はその女と逃げるのか……。

キャスト
妻夫木聡深津絵里岡田将生満島ひかり柄本明樹木希林宮崎美子光石研余貴美子井川比佐志塩見三省松尾スズキ
スタッフ
監督: 李相日 脚本: 李相日 吉田修一 製作総指揮: 市川南 塚田泰浩 原作: 吉田修一
上映時間・制作年
139分/2010年
制作国
日本
映倫区分
PG-12
公式サイト
http://www.akunin.jp/
配給
東宝

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access